相葉雅紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あいば まさき
相葉 雅紀
本名 相葉 雅紀
生年月日 (1982-12-24) 1982年12月24日(34歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県千葉市[1]
身長 175 cm[2]
血液型 AB型[3]
職業 アイドル歌手俳優タレント司会
ジャンル テレビドラマ映画舞台バラエティ番組音楽番組スポーツ番組CM
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品

テレビドラマ


映画


舞台

  • 『燕のいる駅』
  • 『忘れられない人』
  • 『グリーンフィンガーズ』
  • 『君と見る千の夢』
備考
アイドルグループのメンバー[3]

相葉 雅紀(あいば まさき[3]1982年12月24日[3] - )は、日本歌手俳優タレント司会者であり、男性アイドルグループのメンバーである[3]

千葉県千葉市出身[1]ジャニーズ事務所所属。 メンバーカラーは緑。

概要

男性アイドルグループ」のメンバーとして、1999年にCDデビューを果たした[4]。嵐としての音楽活動以外にも、『新宿少年探偵団』、『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』といった映画主演を務めるなど、俳優としても活動している。また、『トーキョーライブ22時』、『〜突撃!はじめましてバラエティ〜イチゲンさん』といったバラエティー番組の司会進行を経験しており、近年では『グッと!スポーツ』でスポーツ番組のMCを担当[4]、2016年の日本放送協会NHK紅白歌合戦』において、嵐としては5回担当した白組司会に個人として抜擢された[4]。これは、2016年時点では紅白歌合戦の司会者としては21世紀以降で最多記録となった。

経歴

ジャニーズ事務所に入所

1982年12月に生まれ[4]千葉県にて育った[4]1996年8月15日[要出典]ジャニーズ事務所に入所した。1997年7月23日、『Stand by Me』で舞台初出演を果たした[3]。また、同年10月18日には、『ぼくらの勇気 未満都市』でドラマ初出演を果たした。さらに、1998年4月29日には、『新宿少年探偵団』で映画初出演、および、初主演を果たした。これらの経歴から、1999年には第五回『myojo明星』ジュニア大賞にて1位に輝いた。

嵐結成後

1999年9月15日、嵐が結成され、メンバーとして参加した。同年11月3日、「A・RA・SHI」でCDデビューを果たした[3]。しかし、2002年3月、肺気胸のため入院を余儀なくされた[5]手術を受け、全治1ヶ月と診断されたが、5日で退院した[要出典]

バラエティー番組への出演も多く、2004年4月15日、『天才!志村どうぶつ園』に単独でレギュラー出演することになった[3]。さまざまな動物と触れ合い、動物たちを楽しませる道具を作り出している[要出典]。2013年4月21日には、テレビ朝日系『相葉マナブ』で初の単独冠番組を持つ。2016年4月5日からは、NHKのスポーツ番組『グッと!スポーツ』にて、MCに挑戦している。同年11月12日、2016年の第67回NHK紅白歌合戦の司会に抜擢された[6]

俳優としても活動しており、2014年11月22日に公開された『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』で、単独での映画初主演をはたした。テレビドラマへの出演も多く、2006年8月1日に放送された『トリプル・キッチン』で準主役を務めた。2009年10月から12月にかけて放送された『マイガール』は、連続ドラマ初主演となった[3]。2011年2月から4月にかけて放送された『バーテンダー』で主演を務めた。本作は、金曜ナイトドラマ枠では『マイガール』以来の主演となった。2012年4月から6月にかけて放送された『三毛猫ホームズの推理』では、ゴールデンタイムの連続ドラマとしては初主演となった。2013年1月から3月の『ラストホープ』では、フジテレビ系連続ドラマに初主演し、医師役に挑戦した。2015年4月から6月に放送された『ようこそ、わが家へ』では、月9枠のドラマ初出演・初主演を果たした。

また、舞台への出演も多く、2005年9月6日には『燕のいる駅』で舞台初主演を果たした。2007年10月から11月にかけては、『忘れられない人』で舞台主演を務めた。2009年2月から3月にかけては、『グリーンフィンガーズ』で舞台主演を務めた。2010年5月には『君と見る千の夢』で舞台主演したが、この舞台のDVDはオリコンチャートの週間DVDランキングにおいて、ミュージカル以外では演劇作品として史上初の総合首位を獲得した[7]

なお、2011年6月28日[要出典]、胸の痛みを訴え入院した。翌日には「左自然気胸」で、1週間程度入院の必要ありと診断され[5]、7月2日から3日に放送の『体操ジャパンカップ2011』中継番組の出演を取りやめた[8]。同年7月4日、左自然気胸のため入院していたが退院した。翌5日の『VS嵐』の収録にて現場に復帰した[9]

2011年10月、ベストジーニスト一般選出部門を受賞した[10]。翌年10月には、ベストジーニスト一般選出部門で2年連続で受賞した[11]。さらに、2013年10月には、ベストジーニスト一般選出部門で3年連続受賞となったため、史上6人目の殿堂入りを果たした[12]。また、『Yahooきっず』2012年人気ランキングにおいては、男性芸能人1位を獲得している。2014年の『CM起用社数ランキングニホンモニター』では、上半期起用社数で男性有名人1位を獲得している。2015年には『CM起用社数ランキングニホンモニター』で上半期起用社数の男性有名人1位になるとともに、年間起用社数でも男性有名人単独1位を獲得した。2016年の『CM起用社数ランキングニホンモニター』においても、同様に上半期起用社数で男性有名人1位となり、年間起用社数でも男性有名人1位を獲得した。また、2016年には『オリコンORICONSTYLE』恋人にしたい男性有名人1位にも選ばれている。

人物

芸能界入りの動機
ジャニーズに入りたいと思ったきっかけはテレビ番組『愛ラブSMAP』で、「SMAPと一緒にバスケットボールをしたい」という理由である[13]
身体的特徴
嵐のメンバーのなかで唯一の千葉出身のAB型である。ちなみに、他の4人のメンバーは、全員東京出身のA型である。
生まれつき左肩に大きなあざがあり、本人は気に入っており、雑誌などで修正されたりするのは不本意だと言っている[14]
趣味・嗜好
地元が千葉出身ということもあり、千葉ロッテマリーンズのファンとして、有名である[要出典]
紅白歌合戦
日本放送協会の『紅白歌合戦』の司会を何度も務めたことで知られている。2010年2011年2012年2013年2014年は嵐として白組司会を務め、2016年は相葉単独で白組司会を担当した。
2016年の『第67回NHK紅白歌合戦』については、当初、制作スタッフは白組司会として櫻井翔を単独で起用する予定であった[15]。ところが、櫻井は他局でキャスターを務めていたため、日本放送協会会長籾井勝人がこの点を問題視し、待ったをかけた[15]。その結果、制作スタッフはやむを得ず、不本意ながら相葉を白組司会として起用することにした[15]。2016年11月12日、日本放送協会により、相葉が単独で白組司会を担当することが正式発表された[16]
6度目の白組司会となる『第67回NHK紅白歌合戦』放送前には、初の紅組司会となる有村架純に対し「衣装の着替えもあるし、ご飯の時間は気をつけろ!!」[17]など助言していた。早着替えが必要と聞き不安がる有村に対し「5分はありすぎ。俺らは1分でいける。嵐レベルはね!! 30秒でやったこともあります」[17]などと述べるなど、経験者としての余裕と自信を見せていた。また、従来の紅白歌合戦は12月29日からリハーサルを始めていたが[18]、第67回は前倒しして12月28日からリハーサルを始めており[18]、例年より余裕をもって準備が進んでいた[18]
しかし、実際に生放送が始まると、中継出演する歌手へのインタビュー時に紹介を忘れたり[19]、ラジオ中継の紹介を忘れて進行しようとしたりするなど[19]、相葉がミスを連発した[19][20]の紹介では、自分なりの言葉で説明せず、カンペ棒読みに終始した[21]。進行も度々「何? 何? 何だったの今の」[21]を連呼するだけで場を捌こうとしたり[21]、話題を変える際には「さあっ」[21]「はいっ」[21]「それではっ」[21]の3つの接続詞のみで強引に次に繋げようとするなど、語彙力のなさが露呈した[21]。紅組司会の有村との息も合わず[22]、掛け合いもうまくいかなかった。また、相葉がステージ上からいなくなった有村の姿を探すという設定のシーンでは、「あれ? 架純ちゃんどこ?」[21]という台詞を発しながら、既に視線が有村の方を向いてしまっているなど[21]、稚拙な演技を披露した。さらに、生放送中であるにもかかわらず、相葉が番組中に号泣するという状況となった[19]
これら稀にみる拙い司会進行や番組の演出内容に対し[20]、批判が殺到する事態となった[22][23][24]インターネット上では、著名人をはじめとする多くの視聴者によって、今回の紅白の問題点がさかんに論じられた[22]ツイッターにおいても相葉の司会進行を批判するツイートが相次ぎ、検索欄に「グダグダ」と入力すると最初に表示される関連ワードが「紅白」となるほどであった[23]。日本放送協会にも視聴者から多数の意見が寄せられており、そのうち批判的な意見が78パーセントにまで達する事態となった[25]。2015年の前回放送時と比較しても、批判的な意見の件数は2.16倍に激増していた[25]。今回の紅白について、劇作家鴻上尚史は「紅白の『シン・ゴジラ』や『タモリマツコ』の強引な挿入は受け手の人間生理を完全に無視しているとしか思えない」[26][27]と指摘したところ、この発言は多くのメディアに取り上げられ[27]、賛同する意見が多数投稿されるなど[23]、大きな共感を呼んだ。特に司会の混乱について、鴻上は「映像の後、司会者がどうすれば、混乱せず、次の段取りにスムーズにいけたか。感情が流れることを第一の基本に、仕掛けを考えるのが演出家なのです」[27]と指摘している。相葉の司会ぶりについて、コラムニスト今井舞は「処理能力の低さ」[21]ボキャブラリー貧困[21]「自分なりの咀嚼ゼロの曲紹介」[21]の悪さ」[21]などの問題点を指摘したうえで「純度の高いでくのぼうが検出されただけで、『中居クンは巧かったのにねぇ』と、遠い目の世間にますますSMAPの神格化を促す結果となった」[21]と論じるとともに「泣くほどの仕事は何一つしてないというのに、目を潤ませて男泣き。それ何の涙?」[21]と評した。
そのため、放送終了後に相葉が「ポンコツ司会者でした」[18][19]と反省の弁を述べて非を認め[24][28][29]、有村らに「すいませんでした」[19]と謝罪した。なお、生放送中に泣いた理由について、のちに相葉は「ホッとした。“One Love”を歌ったときに何も考えられなくて、感動しちゃいました」[19]と説明している。また、過去の紅白歌合戦との落差について「ボリュームが多かった。すごい詰め込んだ紅白という気がした」[19]などと釈明している。
紅白の問題点がインターネット上で大きな話題となったこともあり[22]、結果的に平均視聴率は前半が35.1%、後半が40.2%となり、2年ぶりの40%台となった[30]。関東地区の最高視聴率は、嵐が『One Love』を歌い始め相葉が泣きそうになったシーンの43.7パーセント、関西地区の最高視聴率は『One Love』を歌い終えた瞬間の45.8パーセントだった[31]

音楽

ソロ曲

CD収録曲

CD未収録曲

カバー曲

受賞歴

  • 2010年 日刊スポーツ・ドラマグランプリ秋ドラマ主演男優賞:『マイガール
  • 2011年 第28回 ベストジーニスト 一般選出部門 男性1位[10]
  • 2012年 第29回 ベストジーニスト 一般選出部門 男性1位[11]
  • 2013年 第30回 ベストジーニスト 一般選出部門 男性1位(殿堂入り)[32]
  • 2014年 ベストカラアゲニスト アイドル部門[33]
  • 2015年 ベストカラアゲニスト 男性アイドル部門[34]
  • 2016年 第25回 TVLIFE年間ドラマ大賞2015 主演男優賞 『ようこそ、わが家へ』[35]
  • 2016年 ベストカラアゲニスト 男性アイドル部門[36]

出演

※主演作品は太字表記

テレビドラマ

映画

テレビアニメ

舞台

  • STAND BY ME(1997年7月23日 - 8月21日) - ゴードン・ラチャンス(ゴーディー)
  • ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO(1997年8月29日・9月7日)
  • 燕のいる駅(2005年9月6日 - 10月9日) - 高島啓治
  • 忘れられない人(2007年10月22日 - 11月11日、16日 - 18日) - アダム
  • グリーンフィンガーズ(2009年2月23日 - 3月10日、20日 - 23日) - コリン
  • 君と見る千の夢(2010年5月2日 - 24日) - 池辺春也

バラエティ番組

現在出演中
過去の番組
  • 愛LOVEジュニア(1996年 - 1998年9月28日、テレビ東京
  • ミュージック・ジャンプ(1997年4月6日 - 1999年、NHK-BS2)
  • SHOW-NEN J(1997年10月 - 1998年3月、テレビ朝日)
  • Gyu!と抱きしめたい!(1998年4月5日 - 9月27日、日本テレビ)
  • 8時だJ(1998年4月15日 - 1999年9月22日、テレビ朝日)
  • アイドル☆スーパーステージ~レッツゴーヤング'98 (1998年10月23日、NHKBS2)
  • 京都ビストロジャーニー(1998年11月 - 1999年3月、テレビ朝日)
  • 知らないほうが幸せだった事実(2009年4月3日、TBS)
  • 相葉雅紀のオランダ取材奮闘記(2010年10月23日、フジテレビ)
  • 本当のエコを考える地球旅行〜明日へのチカラ〜(2011年6月3日、日本テレビ)
  • 21人の輪 〜震災のなかの6年生と先生の日々〜(2011年6月4日 - 2012年4月8日、NHK Eテレ) - ナレーション
  • 相葉雅紀のバーテンダー大作戦(2011年1月14日、テレビ朝日)
  • 土曜のアイバちゃん(2012年4月14日、日本テレビ)
  • 相葉雅紀のデビュー・キッズ(2012年9月20日、フジテレビ)
  • トーキョーライブ24時 〜ジャニーズが生で悩み解決できるの!?〜(2014年4月2日・4月9日、テレビ東京) - MC [注 3]
  • 相葉雅紀のNFJ(ニッポン・フード・ジャーナル)(2014年4月29日、NHK総合) - キャスター
  • 21人の輪 〜あれから5年後の子どもたち 福島県相馬市〜(2016年3月19日、NHK Eテレ) - ナレーション

スポーツ番組

  • 体操JAPAN CUP 2009(2009年7月18日・19日)フィールド・ナビゲーター
  • 相葉雅紀の夏休みSP スポ根!サイエンスラボ 〜真相究明・スポーツのナゾ!〜(2009年7月20日)
  • 世界体操選手権2009 イギリス・ロンドン(2009年10月18日)ナビゲーター
  • 体操JAPAN CUP 2010 <男子団体総合決勝>(2010年7月3日・4日)ナビゲーター
  • 世界体操選手権2010 オランダ・ロッテルダム(2010年10月20日 - 24日)ナビゲーター
  • 体操JAPAN CUP 2011 対談内村航平選手(2011年7月2日)ナビゲーター
  • 世界体操選手権2011 東京大会(2011年10月7日 - 16日)ナビゲーター
  • グッと!スポーツ(2016年4月5日 -) MC

音楽番組

ラジオ

  • ちゃぱら☆FIGHT ジャニーズJr.の月曜日(1997年4月14日 - 1999年5月10日、文化放送)
  • 真夜中の少年たち(1997年10月 - 1999年9月、ABCラジオ)
  • ジャニーズJr.DOKIDOKIアフタースクール(1998年4月 - 1999年9月、ニッポン放送)
  • 嵐・相葉雅紀のLIPS アラシリミックス(2001年10月5日 - 2003年6月、文化放送)
  • 嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(2003年7月 - 、文化放送)
  • ムテキの相葉クン! presented by コーセー・エスプリーク・プレシャス(2009年5月17日、TOKYO FM

CM

イベント

  • ローソン PRESENTS ALLジャニーズJr. 1st CONCERT(1998年2月1日・11日・15日)
  • ジャニーズJr. Summer Concert '98(1998年7月29日・8月5日・24日)
  • 第80回全国高等学校野球選手権大会開会式(1998年8月6日)
  • ジャニーズ大運動会'98(1998年10月25日)
  • ジャニーズJr. Winter Concert(1998年12月27日 - 1999年1月6日)
  • Fresh Spring Concert'99 Johnny's Senior Junior(1999年5月2日 - 6月20日)
  • 台湾大震災チャリティー野球大会マーチオブ2000(1999年12月18日) - 「J2000」として参加

書籍

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 新エンディングテーマとなった「ナイスな心意気」の紹介として本編前に少しだけ登場。
  2. ^ 2014年3月 - 4月放送の『トーキョーライブ24時 〜ジャニーズが生で悩み解決できるの!?〜』をレギュラー番組としたもの[37]
  3. ^ 2週間の特別番組として放送[38]

出典

  1. ^ a b 相葉雅紀、TOWER RECORDS ONLINE、2015年6月18日閲覧
  2. ^ PROFILE(相葉雅紀)-Johnny's web”. Johnny's web. 2016年1月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 相葉雅紀のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2012年3月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e 嵐・相葉雅紀:個人で初の紅白司会 大役に「本当に悩みました…」 - MANTANWEB(まんたんウェブ) (HTML)” (日本語). 嵐・相葉雅紀:個人で初の紅白司会 大役に「本当に悩みました…」. MANTAN (2016年11月12日). 2016年11月12日閲覧。
  5. ^ a b “嵐・相葉が緊急入院…肺の左自然気胸で1週間安静”. スポーツ報知. (2011年6月30日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110630-OHT1T00012.htm 2014年3月3日閲覧。 
  6. ^ “紅白司会発表!相葉雅紀と有村架純コンビ”. スポーツ報知. (2016年11月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161112-OHT1T50177.html 2016年11月12日閲覧。 
  7. ^ “嵐・相葉雅紀、主演舞台DVDが史上初の総合首位”. オリコン. (2011年4月13日). http://www.oricon.co.jp/news/86540/full/ 2014年11月9日閲覧。 
  8. ^ “相葉、入院でフジ系「体操」出演キャンセル”. nikkansports.com. (2011年7月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110701-798104.html 2012年3月9日閲覧。 
  9. ^ “嵐・相葉が仕事復帰…肺の左自然気胸回復”. スポーツ報知. (2011年7月6日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110706-OHT1T00024.htm 2012年3月9日閲覧。 
  10. ^ a b 日本ジーンズ協議会. “2011年 ベストジーニストアワード受賞者”. Best-Jeans.com. http://www.best-jeans.com/jeanist/index.shtml 2012年3月9日閲覧。 
  11. ^ a b “嵐・相葉雅紀が2年連続ベストジーニスト ジーンズは「生き物です!」”. Billboard JAPAN (ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード). (2012年10月4日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/7502 2014年3月12日閲覧。 
  12. ^ “相葉雅紀ベストジーニスト殿堂入り”. 日刊スポーツ. (2013年10月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131002-1198580.html 2014年3月12日閲覧。 
  13. ^ 『アラシゴト : まるごと嵐の5年半』 集英社2005年、46頁。
  14. ^ 『嵐04150515―嵐のピカ☆ンチな日々』 M.Co.、2002年、44頁。
  15. ^ a b c 紅白司会は桜井翔だった? NHK籾井氏の仰天ちゃぶ台返し (HTML)” (日本語). 紅白司会は桜井翔だった? NHK籾井氏の仰天ちゃぶ台返し. 日刊現代 (2017年1月27日). 2017年1月27日閲覧。
  16. ^ 紅白歌合戦の司会は有村架純、嵐の相葉雅紀に決定 - 芸能 : 日刊スポーツ (HTML)” (日本語). 紅白歌合戦の司会は有村架純、嵐の相葉雅紀に決定. 日刊スポーツ新聞社 (2016年11月12日). 2016年11月12日閲覧。
  17. ^ a b 嵐・相葉 有村架純に先輩風? “司会の心得”伝授/芸能/デイリースポーツ online (SHTML)” (日本語). 嵐・相葉 有村架純に先輩風? “司会の心得”伝授. デイリースポーツ (2016年12月30日). 2016年12月30日閲覧。
  18. ^ a b c d 梅田恵子 (2017年1月2日). “ドタバタだった紅白、リハーサルもドタバタだった - B面★梅ちゃんねる - 芸能コラム : 日刊スポーツ (HTML)” (日本語). ドタバタだった紅白、リハーサルもドタバタだった. 日刊スポーツ新聞社. 2017年1月2日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h 【紅白】嵐・相葉 ソロ初司会に「ポンコツでした」と猛省…歌唱中涙も/芸能/デイリースポーツ online (SHTML)” (日本語). 嵐・相葉 ソロ初司会に「ポンコツでした」と猛省…歌唱中涙も. デイリースポーツ (2017年1月1日). 2017年1月1日閲覧。
  20. ^ a b 阿蘭澄史 (2017年1月5日). “嵐・相葉雅紀に酷評?”紅白”で評価を上げたヒト・下げたヒト - デイリーニュースオンライン (HTML)” (日本語). 嵐・相葉雅紀に酷評?”紅白”で評価を上げたヒト・下げたヒト. メディアシンク. 2017年1月5日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 今井舞「今井舞(毒)ブッタ斬り! ――紅白〝空中分解〟――埋まらなかったSMAP喪失感、勘が悪すぎる相葉司会、恋ダンス不完全燃焼、YOSHIKIの赤っ恥…」、『週刊文春』第59巻第2号、文藝春秋2017年1月19日、 128頁。
  22. ^ a b c d 中川淳一郎「紅白歌合戦に賛否両論噴出。「メディア二元論」の行く末」、『週刊スパ』第66巻第3号、扶桑社2017年1月10日、 32頁。(発行日未記載、2017年1月10日は発売日)
  23. ^ a b c 全文表示 | 今回の紅白「グダグダ感」の正体 鴻上尚史氏「人間の生理無視」 : J-CASTニュース (HTML)” (日本語). 今回の紅白「グダグダ感」の正体 鴻上尚史氏「人間の生理無視」. ジェイ・キャスト (2017年1月1日). 2017年1月1日閲覧。
  24. ^ a b 嵐が年末年始に「限界」を露呈!? 松本潤スキャンダルに相葉雅紀グダグダ司会、トドメは櫻井翔ドラマ...... | ギャンブルジャーナル | ビジネスジャーナル (HTML)” (日本語). 嵐が年末年始に「限界」を露呈!? 松本潤スキャンダルに相葉雅紀グダグダ司会、トドメは櫻井翔ドラマ....... サイゾー (2017年1月9日). 2017年1月9日閲覧。
  25. ^ a b 「ピックアップ」、『視聴者対応報告』、日本放送協会広報局視聴者部2016年12月、 2頁。
  26. ^ 鴻上尚史 (2016年12月31日). “鴻上尚史さんのツイート: "演劇の演出家から見ると、今の紅白の「シン・ゴジラ」や「タモリ・マツコ」の強引な挿入は受け手の人間の生理を完全に無視しているとしか思えない。アイデアがいかに面白くても、それを受けるのは人間であり、人間の感情はアイデアより現実として存在している。それを無視はできない。" (HTML)” (日本語). ツイッター. 2016年12月31日閲覧。
  27. ^ a b c 鴻上尚史「小正月も明けましたが……年末の紅白歌合戦へのツイートのこと」、『週刊スパ』第66巻第4号、扶桑社2017年1月24日、 34頁。(発行日未記載、2017年1月24日は発売日)
  28. ^ 谷川周平写真、久保貴弘・伊藤修「嵐、TOKIO、V6、関ジャニが新・女帝と合流して…ジャニーズ結集――『SMAPの厄除け』初詣」、『フラッシュ』第1407号、光文社2017年1月5日、 13頁。
  29. ^ 谷川周平写真、久保貴弘・伊藤修「嵐、TOKIO、V6、関ジャニが新・女帝と合流して…ジャニーズ結集――『SMAPの厄除け』初詣」、『フラッシュ』第1407号、光文社2017年1月5日、 14頁。
  30. ^ 「紅白」後半視聴率40・2% 2年ぶり大台回復 歴代最低の前年上回る― スポニチ Sponichi Annex 芸能 (HTML)” (日本語). 「紅白」後半視聴率40・2% 2年ぶり大台回復 歴代最低の前年上回る. スポーツニッポン新聞社 (2017年1月2日). 2017年2月10日閲覧。
  31. ^ 紅白歌手別視聴率、1位は嵐相葉雅紀の「男泣き」 - ジャニーズ : 日刊スポーツ (HTML)” (日本語). 紅白歌手別視聴率、1位は嵐相葉雅紀の「男泣き」. 日刊スポーツ新聞社 (2017年1月5日). 2017年2月10日閲覧。
  32. ^ “ベストジーニスト : 第30回で嵐・相葉雅紀が殿堂入り 30歳で達成「ラッキーナンバーは30」”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (毎日新聞デジタル). (2013年10月2日). http://mantan-web.jp/2013/10/02/20131002dog00m200001000c.html 2013年10月2日閲覧。 
  33. ^ 2014年ベストカラアゲニスト”. 日本唐揚協会 (2014年4月25日). 2014年4月25日閲覧。
  34. ^ 2015からあげグランプリ中間発表”. 日本唐揚協会 (2015年3月25日). 2015年3月25日閲覧。
  35. ^ 2015年「年間ドラマ大賞」作品賞(大賞)は相葉雅紀主演『ようこそ、わが家へ』!相葉は「作品賞」「主演男優賞」「主題歌賞」のトリプル受賞!”. TV LIFE (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  36. ^ 2016年ベストカラアゲニスト”. 日本唐揚協会 (2016年4月25日). 2016年4月25日閲覧。
  37. ^ “テレ東、ジャニーズと“日10”枠で10年ぶり生放送バラエティー”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年8月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2041234/full/ 2014年9月19日閲覧。 
  38. ^ “ジャニーズ5人に悩み相談…日替わり生放送”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年3月31日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/tv/tnews/20140331-OYT8T50134.html 2014年9月19日閲覧。 
  39. ^ “嵐・相葉、CM撮影でお肉愛全開 一人ですき焼き「めっちゃ食いました!」”. ORICON STYLE. (2016年10月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2080677/full/ 2016年10月31日閲覧。 
  40. ^ “嵐・相葉雅紀、“じゃがいも”になりきる 演技にも細やかなこだわり”. ORICON STYLE. (2016年7月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2074806/full/ 2016年7月11日閲覧。