ベストカラアゲニスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベストカラアゲニストは、日本唐揚協会が実施している、唐揚げ好きの有名人に関する表彰。2009年開始。

概要[編集]

基本的には、日本唐揚協会が毎年行っている「からあげグランプリ」の中で、人気の唐揚げ店を選ぶ投票などと合わせる形で、唐揚げをこよなく愛する「カラアゲニスト」について一般からの投票を受け付け、投票上位の人物に対し表彰を行っているもの。2009年に単発イベントとして開催された後(この際は安久鉃兵が選ばれた[1])、2012年に声優の下野紘を表彰してからは毎年表彰が行われ、翌年の2013年からは部門別に人物を選ぶようになっていた。なお部門は固定ではないため、年によって表彰される部門は変化しているほか、部門によって表彰者なしとなる場合もある。表彰は毎年4月頃に「からあげグランプリ」の席上にて行われる。

2020年は「役目を終えたのではないか」として投票を行わないこととなったが、2020年時点で2021年より新たな形で再開予定であるとしており、[2]。2021年から再開されている[3]。2021年はアーティスト部門・アイドル部門・芸人部門での表彰が行われなかった代わりにタレント部門で5人表彰された[3]

過去の表彰者[編集]

※2009年、2012年は本来部門別に分かれていない表彰。2021年はタレント部門は男性・女性を分けなかったが、過去の受賞者との比較のため便宜的に男性・女性を分けて表記する。

俳優・女優部門 アーティスト部門 声優部門 アイドル部門 タレント部門 芸人部門
俳優 女優 男性 女性 男性 女性 男性 女性 男性 女性 男性 女性
2012年 下野紘
2013年 ヒャダイン 下野紘 田野優花 ケンドーコバヤシ
2014年 高橋愛 ヒャダイン JUJU
AI
下野紘 相葉雅紀 ケンドーコバヤシ
2015年 西島秀俊 高橋愛 ヒャダイン 加藤登紀子 下野紘 有野いく [注 1] 渡辺麻友 タモリ ケンドーコバヤシ 渡辺直美
2016年 桐谷美玲 下野紘 有野いく 相葉雅紀 渡辺麻友 石塚英彦 渡辺直美
2017年 鈴木亮平 桐谷美玲 加藤シゲアキ 佐々木彩夏 下野紘 有野いく 相葉雅紀 生田絵梨花 ケンドーコバヤシ おのののか 石塚英彦 たんぽぽ
2018年 鈴木亮平 桐谷美玲 佐々木彩夏 下野紘 有野いく 相葉雅紀 生田絵梨花 石塚英彦 ケンドーコバヤシ
2019年 鈴木亮平 川口春奈 加藤シゲアキ 佐々木彩夏 下野紘 南早紀 相葉雅紀 生田絵梨花 石塚英彦 有野いく ケンドーコバヤシ
2021年 久獅 黒川鮎美 下野紘 相葉雅紀
石塚英彦
香取慎吾
有野いく
渡辺直美
料理研究家部門 アスリート部門 モデル部門 その他
2009年 安久鉃兵
2013年 粉川拓也
2014年 平野歩夢 桐谷美玲 沼田萌花(ミス部門)
2015年 桐谷美玲 マツコ・デラックス(コラムニスト部門)
2016年 やすひさてっぺい YAMATO マツコ・デラックス(コラムニスト部門)
2017年 やすひさてっぺい カラ松(アニメキャラクター部門)
2018年 やすひさてっぺい
2019年 やすひさてっぺい まなみっきー 藤井聡太(棋士部門)
2021年 やすひさてっぺい まなみっきー

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ からあげグランプリ中間発表のお知らせでは、相葉雅紀の名前が挙げられている[4]が、表彰者一覧では名前が載っていない[5]

注釈[編集]

  1. ^ 2009年ベストカラアゲニスト - 日本唐揚協会
  2. ^ ベストカラアゲニスト投票について - 日本唐揚協会・2020年3月9日
  3. ^ a b 2021年ベストカラアゲニスト - 日本唐揚協会・2022年1月9日閲覧
  4. ^ 2015からあげグランプリ中間発表”. 日本唐揚協会 (2015年3月25日). 2015年3月25日閲覧。
  5. ^ 2015年ベストカラアゲニスト”. 日本唐揚協会. 2021年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]