丸山隆平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まるやま りゅうへい
丸山 隆平
別名義 HANNYA MAN[1]
生年月日 (1983-11-26) 1983年11月26日(35歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市[2]
身長 175 cm[3]
血液型 A型[4]
職業 歌手
ベーシスト
俳優
ジャンル 音楽番組
テレビドラマ
活動期間 1996年[2] -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
七人のサムライ J家の反乱
自転車少年記
歌のおにいさん
0号室の客
フリーター、家を買う。
ストロベリーナイト
ボーイズ・オン・ザ・ラン
泣くな、はらちゃん
地獄先生ぬ〜べ〜
映画
ワイルド7
エイトレンジャー
エイトレンジャー2
ストロベリーナイト
円卓 こっこ、ひと夏のイマジン
泥棒役者
備考
関ジャニ∞のメンバー
テンプレートを表示

丸山 隆平(まるやま りゅうへい、1983年11月26日 - )は、日本歌手俳優であり、アイドルグループ[5]関ジャニ∞のメンバー。

京都府京都市出身。ジャニーズ事務所所属。

関ジャニ∞では主にベースを担当[6]

来歴[編集]

出演[編集]

グループでの出演はB.I.G. WESTV.WEST#出演および関ジャニ∞#出演参照。個人での出演のみ記載。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

バラエティ番組[編集]

情報番組[編集]

コンサート[編集]

  • 関ジャニ∞-丸山隆平 Solo Concert 2006冬(2006年12月18日 - 20日、大阪松竹座)[21]

舞台[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

作品[編集]

楽曲制作[編集]

※HANNYA MAN=丸山隆平[1]

曲名 収録CD 作品コード 備考
作詞・作曲
ホシイモノハ。 9th Single
無責任ヒーロー』(初回限定盤B 特典DVD)
151-0951-8 ユニット曲
元気が出るSONG 8th Full Album
関ジャニ∞の元気が出るCD!!
713-6625-3 関ジャニ∞として作詞・作曲
my store 〜可能性を秘めた男たち〜 8th Full Album
『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』
214-6958-0 関ジミ3として作詞
作曲はTAKESHIとの共作
ユニット曲
ふわふわポムポム 37th Single
NOROSHI』(初回限定盤A)
223-7392-6
作詞
∞SAKAおばちゃんROCK 4th Single
∞SAKAおばちゃんROCK/大阪ロマネスク
2nd Full Album
KJ2 ズッコケ大脱走
132-2489-1 関ジャニ∞として作詞し、久保田洋司と共作
WHO'S FOODS? 未収録 137-0147-9 村上・安田と共作
ユニット曲
MAGIC WORD 〜僕なりの…〜 2nd Full Album
KJ2 ズッコケ大脱走
141-2094-1 HANNYA MAN名義で作詞
ソロ曲
∞o'clock 08 9th Single
無責任ヒーロー
126-6072-8 関ジャニ∞として作詞
fuka-fuka Love the Earth 9th Single
『無責任ヒーロー』
151-1016-8 関ジャニ∞として作詞し、TAKESHIと共作
ワンシャン・ロンピン♬ 3rd Full Album
PUZZLE
500-4205-0 HANNYA MAN名義で作詞
ソロ曲
YOU CAN SEE 3rd Full Album
『PUZZLE』(初回限定盤 特典DVD)
158-1298-7 村上・佐伯youthKと共作
ユニット曲
∞レンジャー 21st Single
ER
128-7152-4 関ジャニ∞として作詞し、磯崎健史と共作
7th Full Album
関ジャニズム
205-5674-8 渋谷との共作
ユニット曲
夏の恋人 33rd Single
前向きスクリーム!
713-0212-3
エイトエイターOh! 35th Single
罪と夏
715-1798-7

ソロ曲[編集]

CD・DVD収録曲[編集]

  • MAGIC WORD 〜僕なりの…〜(作詞:HANNYA MAN、作曲:コモリタミノル) - JASRAC作品コード:141-2094-1(関ジャニ∞名義曲)。アルバム『KJ2 ズッコケ大脱走』収録。
  • ワンシャン・ロンピン♬(作詞:HANNYA MAN、作曲:磯崎健史) - JASRAC作品コード:500-4205-0。アルバム『PUZZLE』(通常盤のみ)収録。
  • kick(作詞・作曲:サイトウヨシヒロ) - JASRAC作品コード:500-5709-0。シングル『Wonderful World!!』初回限定盤B 特典DVD・アルバム『8UPPERS』(通常盤のみ)収録。

カバー曲[編集]

  • Go Now To The World(作詞:相田毅、作曲:オオヤギヒロオ) - JASRAC作品コード:111-4945-1(関西Jr.名義曲)。DVD『Spirits!!』収録。
  • 愛・革命(作詞:滝沢秀明、作曲: Mark Davis,Johan Fransson,Tim Larsson,Niklas Edberger,Tobias Lundgren) - JASRAC作品コード:0Z5-6930-8(滝沢秀明名義曲)。DVD『十祭』収録。
  • わたし鏡(作詞・作曲:安田章大) - JASRAC作品コード:141-2004-6(安田章大名義曲)。DVD『十祭』収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 関ジャニ∞〔PUZZLE:〕TECI-8007 / TECI-8008”. PRODUCT INFORMATION. テイチクエンタテインメント. 2018年2月14日閲覧。
  2. ^ a b c 丸山隆平”. CDJournal. 2016年9月10日閲覧。
  3. ^ PROFILE(関ジャニ∞) - Johnny's web”. Johnny's web. ジャニーズ事務所. 2018年12月27日閲覧。携帯で直接URLにアクセスした時のみ確認可能。Johnny's webからはリンクされていません。
  4. ^ a b c d “関ジャニ丸山隆平単独映画初主演「全エネルギーを」”. 日刊スポーツ. (2017年1月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1766679.html 2017年6月14日閲覧。 
  5. ^ 「大切なお知らせ」がトラウマワード化 “あおりタイトル”に求められる変化とは ORICON NEWS (2018.04.22)
  6. ^ a b 関ジャニ∞丸山、“ベーシスト”として送るラジオ第2弾決定”. ORICON NEWS. オリコン (2018年12月21日). 2018年12月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e Myojo』2012年2月号158-159P 10000字ロングインタビュー「裸の時代〜僕がJr.だったころ〜」より
  8. ^ a b “関ジャニ丸山が仕事に呼ばれないジュニア時代にとった行動にジャニー社長は?”. スポーツ報知. (2016年9月8日). オリジナルの2016年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160909145346/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160908-OHT1T50067.html 2017年11月26日閲覧。 
  9. ^ 「J.J.J. ジャニーズ ジュニア ジャーナル」『Kindai』1998年8月号、近代映画社、1998年、 108頁。
  10. ^ 関ジャニ∞のレアなデビュー前映像が公開!テレ東「Ya-Ya-yah」も(1/2)”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2019年3月19日). 2019年7月15日閲覧。
  11. ^ “第6回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 内博貴「関西」初、目標はSMAP”. nikkansports.com. (2003年). オリジナルの2003年6月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030608230416/https://www.nikkansports.com/ns/entertainment/drama_gp/2002/dgp-0501shinjin.html 2017年12月24日閲覧。 
  12. ^ “関ジャニ∞・丸山隆平、映画初出演のために大型二輪免許取得”. ORICON NEWS. (2011年4月23日). http://www.oricon.co.jp/news/85721/full/ 2017年6月14日閲覧。 
  13. ^ “関ジャニ丸山 連ドラ初主演で童貞ダメ男”. 日刊スポーツ. (2012年5月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120528-958309.html 2017年6月14日閲覧。 
  14. ^ “関ジャニ∞丸山、「地獄先生ぬ〜べ〜」で連ドラ初主演!”. サンケイスポーツ. (2014年8月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140818/joh14081805030001-n1.html 2017年6月14日閲覧。 
  15. ^ “関ジャニ∞・丸山隆平、生情報番組初MC そつなくこなす”. ORICON NEWS. (2015年4月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2051132/full/ 2017年6月14日閲覧。 
  16. ^ a b “関ジャニ丸山隆平、映画単独初主演作で1人4役に挑戦”. シネマトゥデイ. (2017年1月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0088998 2017年6月14日閲覧。 
  17. ^ 『13歳のハローワーク』に関ジャニ∞・丸山隆平がゲスト出演 先輩・松岡昌宏と初共演”. ORICON NEWS. オリコン (2012年3月2日). 2017年12月24日閲覧。
  18. ^ 関ジャニ・丸山隆平、松嶋菜々子と初の法廷ドラマ!「いままで演じたことのない役柄」”. cinemacafe.net. イード (2018年9月18日). 2018年12月27日閲覧。
  19. ^ 関ジャニ∞丸山隆平、真木よう子と初共演で「銀行マン」に”. oricon news. オリコン株式会社 (2018年12月14日). 2019年1月15日閲覧。
  20. ^ 浜田雅功&丸山隆平が初タッグ「距離感わからないっすよ〜」”. マイナビニュース. マイナビ (2018年12月20日). 2018年12月27日閲覧。
  21. ^ “チラシ”. 関ジャニ∞ソロコンサート2006冬 / BAD・BOYS・OSSaN・TOP Kids・Little Gangs ファーストWinterコンサート2006 (大阪松竹座). (2006年). オリジナルの2006年12月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061221071855/http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/061213/chirashi.html 2017年7月2日閲覧。 
  22. ^ 関ジャニ、丸山隆平が初舞台で初主演。舞台『ギルバート・グレイプ』”. チケットぴあ (2010年12月1日). 2017年12月24日閲覧。
  23. ^ 丸山隆平; 平愛梨; 片桐仁 (2012年5月10日). 関ジャニ丸山隆平が主演する舞台『BOB』初日囲みインタビュー. インタビュアー:桜井麻子. 演劇キック.. http://kangekiyoho.blog.jp/archives/51796589.html 2017年12月24日閲覧。 
  24. ^ “関ジャニ丸山「マクベス」で4年ぶり舞台主演「ワクワク」”. スポニチアネックス. (2016年3月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/19/kiji/K20160319012240590.html 2016年3月22日閲覧。 
  25. ^ 関ジャニ横山&丸山、新CMは浴衣で熱唱「大成功じゃないかな」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年6月18日). 2019年7月15日閲覧。
  26. ^ 関ジャニ∞・丸山隆平、CMで保育士を疑似体験「体が3つくらいあったら務まるかも」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年4月4日). 2019年5月19日閲覧。
  27. ^ 関ジャニ丸山、TBSラジオで初冠番組 ハマ・オカモトと“ベース”談義”. ORICON NEWS. オリコン (2017年12月15日). 2017年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]