バスケット・ケース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バスケット・ケース
グリーン・デイシングル
初出アルバム『ドゥーキー
リリース
録音 1993年
ジャンル パンク・ロックポップ・パンクオルタナティブ・ロック
時間
レーベル リプライズ・レコード
作詞・作曲 グリーン・デイ
ビリー・ジョー・アームストロング
プロデュース グリーン・デイ
ジェフ・フィン
グリーン・デイ シングル 年表
ウェルカム・トゥ・パラダイス
(1994年)
バスケット・ケース
(1994年)
SHE
(1995年)
ミュージックビデオ
「Basket Case」 - YouTube
テンプレートを表示

バスケット・ケース」(Basket Case)は、アメリカロックバンドグリーン・デイの楽曲。アルバム『ドゥーキー』からシングル・カットされ、モダンロックトラックスチャートで5週連続1位を記録した。

作詞はBilly Armstrong、作曲はBilly Armstrong, Michael Pritchard and Frank Wright。

概要[編集]

イントロはビリー・ジョー・アームストロングの弾き語りで始まり、1コーラス目の終わりの部分からトレ・クールによるドラムマイク・ダーントによるベースが加わったバンドサウンドで演奏される。

タイトルは、アメリカのスラングで「不安やストレスなどで全く無力な人を」指しており、歌詞も「不安との闘い」をテーマにしている。制作当時、ビリーはパニック障害を患っており、後に彼は「自分の身に何が起きているのかを知るためにできる唯一のことと言えば、この曲を書くことだった」と回想している。

ミュージック・ビデオが作成され、『インターナショナル・スーパーヒッツ・ビデオ!DVDで視聴できる。 また、バンドのコンピレーション・アルバムインターナショナル・スーパーヒッツ!』に収録されており、バンドのライブ・アルバムブレット・イン・ア・バイブル』には、2005年に行われたライブでの演奏が収録されている。

2番の歌詞に「whore」(娼婦)が登場するが、代名詞が「She」(彼女)ではなく「He」(彼)になっており、ジョーク気味ではあるが特定の関係を匂わせるものとなっている。