21世紀のブレイクダウン (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
21世紀のブレイクダウン
グリーン・デイシングル
初出アルバム『21世紀のブレイクダウン
リリース
録音 オーシャン・ウェイ・レコーディング
ジャンル パンク・ロック
オルタナティブ・ロック
時間
レーベル リプリーズ・レコード
作詞・作曲 グリーン・デイ
ビリー・ジョー・アームストロング
プロデュース ブッチ・ヴィグ
グリーン・デイ
グリーン・デイ シングル 年表
イースト・ジーザス・ノーウェア
(2009年)
21世紀のブレイクダウン
(2009年)
ラスト・オブ・ジ・アメリカン・ガールズ
(2010年)
ミュージックビデオ
「21st Century Breakdown」 - YouTube
テンプレートを表示

21世紀のブレイクダウン」(21st Century Breakdown)は、アメリカロックバンドグリーン・デイの楽曲。バンドの8枚目のアルバム、『21世紀のブレイクダウン』の2曲目に収録され、アルバムからの4枚目のシングルとしてカットされた。シングルは、ビルボードの"Japan Hot 100"チャートで92位、フランスのシングルチャートで41位、ドイツのシングルチャートで71位にランクインしている。

作詞はビリー・ジョー・アームストロング、作曲はグリーン・デイ。

概要[編集]

アコースティックギターピアノによるイントロで始まり、トレ・クールによるドラム、ビリーによるギターマイク・ダーントによるベースによって演奏される。曲の中盤にはドラムのテンポが変わり、ギターの調子も激しくなり、盛り上がっていくようになっている。

また、本曲にはプロモーション・ビデオが制作されている。このプロモーション・ビデオはコンピュータグラフィックスを利用しており、ビデオにはバンドメンバーも登場する。加えて、本曲は2009年以降のグリーン・デイのツアーのオープニングで演奏されている。