ジーザス・オブ・サバービア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジーザス・オブ・サバービア
グリーン・デイシングル
初出アルバム『アメリカン・イディオット
リリース
ジャンル パンク・ロック
ポップ・パンク
オルタナティブ・ロック
時間
レーベル リプリーズ・レコード
作詞・作曲 グリーン・デイ
ビリー・ジョー・アームストロング
プロデュース ロブ・カヴァロ
グリーン・デイ
グリーン・デイ シングル 年表
ウェイク・ミー・アップ・ホウェン・セプテンバー・エンズ
(2005年)
ジーザス・オブ・サバービア
(2005年)
セインツ・アー・カミング
(with U2)
(2006年)
ミュージックビデオ
「Jesus Of Suburbia 」 - YouTube
テンプレートを表示

ジーザス・オブ・サバービア」(Jesus of Suburbia)は、アメリカロックバンドグリーン・デイの楽曲。7作目のアルバム『アメリカン・イディオット』に収録。シングルカットされた。

作詞はビリー・ジョー・アームストロング、作曲はグリーン・デイ。

概要[編集]

5つのパートによって構成される組曲になっている。ビリーによるギターマイク・ダーントによるベーストレ・クールドラムなどによるバンドサウンドを中心に演奏されている。歌詞は、アルバムの主人公として扱われているジーザスの葛藤、心情の変化を中心に構成されている。一部では、パンクオペラと評している。

また、サミュエル・ベイヤーによるミュージック・ビデオが作成されている。内容は、ある若い男性を軸に、歌詞に合わせるように場面が展開していく作品になっている。

ライヴでも演奏され、2005年ライブ・アルバム、及びDVDブレット・イン・ア・バイブル』にも収録されている。

収録曲[編集]

  1. ジーザス・オブ・サバービア - "Jesus of Suburbia"
  2. シティ・オブ・ダムド - "City of the Damned"
  3. アイ・ドント・ケア - "I Don't Care"
  4. ディアリー・ビラヴド - "Dearly Beloved"
  5. テイルズ・オブ・アナザー・ブロークン・ホーム - "Tales of Another Broken Home"