中村哲平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむらてっぺい
中村哲平
生年月日 (1979-08-18) 1979年8月18日(43歳)
出生地 日本の旗 日本
血液型 B型
職業 映画監督
ジャンル 映画監督脚本家写真家
公式サイト teppeinakamura.com
主な作品
映画
8UPPERS FEATURE MUSIC FILM
UVERworld DOCUMENTARY THE SONG
悪と仮面のルール
プロモーションビデオ
『A LITTLE STEP』
テンプレートを表示

中村 哲平(なかむら てっぺい、1979年8月18日 - )は、日本映画監督千葉県浦安市出身。

来歴[編集]

日本の映画学校を卒業後、単身渡米し、ロサンゼルス・シティ・カレッジのシネマ科を卒業。以後、映画監督として数々の作品を制作。

2009年、俳優の伊原剛志と共に脚本を共同執筆した作品『A LITTLE STEP』を監督する。

2010年、関ジャニ∞主演の音楽長編映画『8UPPERS FEATURE MUSIC FILM』の監督・脚本を担当[注 1]

2011年からは福山雅治出演のアサヒスーパードライテレビCM監督を担当(2011年 ‐ 2014年)。

その他MV等の映像作品を手がけつつ、関わり合いの深い関ジャニ∞のライブ『KANJANI∞ 五大ドームTOUR EIGHT×EIGHTER おもんなかったらドームすいません』にてOP映像を監督する。

2012年、ロックバンド・UVERworldの長編ドキュメンタリー映画監督作『UVERworld DOCUMENTARY THE SONG』でDVDランキング映画部門において発売初週第一位を獲得し、ドキュメンタリー映画ではマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT」以来の快挙となった。

アメリカの大学で学んだ際の語学力を活かし、マイケル・ベイ(『アルマゲドン』『トランスフォーマー』シリーズ等)やジョン・ウー(『レッドクリフ』シリーズ『M:I-2』nado等)といった著名な映画監督と共にCM制作を行うなど、国際的な作品にも多く携わる。

2014年、全編ロサンゼルスで撮影した『ZEDD』を監督・脚本し、日本語・英語・韓国語・中国語の四カ国語を使用したインターナショナルな作品として高い評価を受ける。

2015年、中村原案の小説「一億分の一の小説」がKADOKAWAから出版。物語の舞台となった屋久島を撮りおろした写真集も同時に発行。

2017年、玉木宏主演で『悪と仮面のルール』の映画化が発表。公開は2018年を予定。原作は芥川賞作家・中村文則氏の同名小説で、2013年ウォール・ストリート・ジャーナルアメリカ版にてミステリーベスト10に選ばれた話題作。

2019年、新しい事務所、【BASIC.】を開設する。中村を社長とし、それぞれ個性のある新人タレント、女優、俳優が所属している。

2020年、朗読劇型 短編映画【暁の記憶】をつくりあげる。3人の朗読者が想い浮かべる物語の世界を一緒に体感する、新しいタイプの映像作品。 主演の2人と、現役女子高生の女優の活躍に期待がつのる。

主な監督作品[編集]

ミュージックビデオ[編集]

コマーシャル[編集]

  • アサヒスーパードライ 福山雅治 出演
    • 「SILVER SIZZLE篇」(2011年)
    • 「RED EARTH篇」(2011年)
    • 「BLUE LIVE篇」(2011年)
    • 「鮮度実感パック篇」(2011年)
    • 「BLUE SHOUT篇」(2011年)
    • 「うまい!を明日へ!篇」(2011年)
    • 「HUMAN HEAT篇」(2011年)
    • 「DEPARTURE篇」(2012年)
    • 「GRAND SHOUT篇」(2012年) with マイケル・ベイ
    • 「鮮度実感パック ファクトリー篇」(2012年)
    • 「Carnival篇」(2012年)
    • 「Premium Gift篇」(2012年)
    • 「REAL篇」(2012年)
    • 「FOR, FUN.篇」(2013年)
    • 「Creation篇」(2013年)
    • 「Crank up篇」(2013年) with ジョン・ウー
    • 「Market篇」(2013年) with ジョン・ウーt
    • 「SILVER WAVE篇」(2013年)
    • 「GO NEXT篇」(2013年)
  • ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー
    • 「フローズン篇」(2013年)
  • LIXILグループ
    • 松下奈緒・アイフルホーム」(2015年)
    • 「山崎賢人 登場篇・アイフルホーム」(2017年)
  • adidas
    • 「TOKYO RUN +5 CHALLENGE」(2017年) 

プロモーションビデオ[編集]

長編映画[編集]

その他映像作品[編集]

書籍[編集]

  • 小説『一億分の一の小説』(2015年)‐ 原案担当

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同映画と連動している各メンバーのソロ曲のミュージック・ビデオも同様に監督を担当。

出典[編集]

  1. ^ a b c 関ジャニ∞のシングル『Wonderful World!!』初回限定盤の特典DVDとしてMVが、アルバム『8UPPERS』通常盤にCD音源が収録された。
  2. ^ a b c d シングル『LIFE〜目の前の向こうへ〜』に初回限定盤の特典DVDとしてMVが、アルバム『8UPPERS』通常盤にCD音源が収録された。
  3. ^ GENERATIONSの『NEXT』のMVを作りました。YouTubeで少し公開中です。 #涙を流せないピエロは太陽も月もない空を見上げた”. TEPPEI NAKAMURA 中村哲平∞. Twitter. 2017年7月5日閲覧。
  4. ^ シングル『7th Trigger』に初回限定特典として収録された。
  5. ^ EXILE SHOKICHIさんの『白夜』のSpecial Videoを作りました。 アルバム「1114」に収録されてます #EXILE #SHOKICHI #白夜 #BYAKUYA #MV #SpecialVideo”. TEPPEI NAKAMURA 中村哲平∞. Twitter. 2019年6月14日閲覧。
  6. ^ 関ジャニ∞「8UPPERS FEATURE MUSIC FILM」10.11(月・祝)プレミア上映決定!”. TOHOシネマズ (2010年9月29日). 2010年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月31日閲覧。
  7. ^ “関ジャニ7人裏社会に生きる始末屋”. 日刊スポーツ. (2010年9月13日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/p-et-tp0-20100913-677798.html 2022年5月31日閲覧。 
  8. ^ 2010年10月11日に1日限定で上映され[6]、同年10月20日発売の関ジャニ∞のアルバム『8UPPERS』にDVD特典として収録された[7]
  9. ^ a b c 同題名ライブDVDに収録された。

   

外部リンク[編集]