森成利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
森成利
Mori Ranmaru.jpg
『太平記英雄伝』における森蘭丸(落合芳幾画)
時代 安土桃山時代
生誕 永禄8年(1565年
死没 天正10年6月2日1582年6月21日
改名 長定[注釈 1]
別名 乱、乱丸、乱法師、蘭丸、長定、長康
戒名 月江宗春居士
瑞桂院殿鳳山智賢居士[1]
正翁定是禅定門
墓所 阿弥陀寺可成寺大徳寺
主君 織田信長
氏族 森氏
父母 父:森可成、母:妙向尼
兄弟 可隆長可成利長隆長氏忠政
安土城にある森成利邸跡
本能寺で討ち死にする森蘭丸
右田年英画)
森蘭丸・坊丸・力丸の墓(可成寺)

森 成利(もり なりとし)は、安土桃山時代武将森 蘭丸(もり らんまる)という名で知られる織田信長の近習である。本能寺の変で主君と2人の弟と共に討死した。

名前については異説が多く、幼名を(らん)とするものや、長定(ながさだ)や長康(ながやす)とするものなど幾つかあるが、本記事においてはとして有力とされる成利で統一する。

名前に関して[編集]

文書では、「乱」あるいは「乱法師」という名が用いられている。は『寛政重修諸家譜』に長定(ながさだ)とあるが、当時の古文書の署名では「成利」である[2]

生涯[編集]

永禄8年(1565年)、織田信長の家臣・森可成の三男として尾張葉栗郡蓮台[注釈 2]に生まれる。

天正5年(1577年)5月、織田信長に小姓として弟らと共に召し抱えられる[3][4]。以後、信長の側近として活動する。天正9年(1581年)4月20日には近江国に500石の知行を与えられた[5][3]

特に『信長公記』によれば、使者としての活躍も見られ、天正7年(1579年)「四月十八日 塩河伯耆守へ銀子百枚遣はされ候、御使森乱(蘭丸)、中西権兵衛相副へ下され、過分忝きの由候なり」、天正8年(1580年)「正月廿六日、森乱御使にて、濃州岐阜御土蔵に、先年、鳥目一万六干貫入れおかれ侯」などの例がある。また、母である妙向尼は織田信長と石山本願寺との争い(石山合戦)の和睦成立に奔走した際に、成利を通じて情報を得て信長と直談判をしたとされる。なお信長は当時、本願寺との和睦に際して「金山城下に浄土真宗の寺院を建立、子息(妙向尼の子)の一人を出家」させることを条件に和睦を提示した[6]

天正10年(1582年)、甲斐武田氏滅亡後は甲州征伐に貢献したとして信濃川中島に領地替えとなった兄・長可に替わって美濃兼山及び米田島を与えられた(『信長公記』)[7]。『寛永伝』には5万石とある[8][3][注釈 3]。ただし成利は在城せず、長可の家老・各務元正 が成利に付けられ、城代を務めた。

同年、本能寺の変において本能寺明智光秀の軍1万に囲まれて健闘するも、信長に槍で傷を負わせた明智配下の安田国継(天野源右衛門)によって討ち取られた。享年18。討たれる際、成利は白小袖を着て修善寺の平元結びで髪を茶筅髷に結っていたといわれる 。ただし、これは源右衛門本人の証言によるものであり、信長に槍で傷を負わせたという証言にも疑問が残っており[9]確証はない[10]。『本城惣右衛門覚書』ではまた異なる記述がなされてある。[11]さらにルイス・フロイスの『日本史』では信長はしばらく戦ったが、腕に銃弾を受けると、自ら部屋に入り、襖を閉じてそこで自害したとされている。このように信長や成利の最期も諸説が入り乱れており、確たる事実は明らかになってはいない。

人物像・逸話[編集]

  • 信長は爪を切り終えると扇子の上に爪を載せて、成利に捨ててくるように命じた。成利は命令に従って次の間に移ると爪が9つしかなかった。このため成利は信長の部屋に戻って残りの爪を捜したという[3]
  • あるとき、信長は成利に隣の座敷の障子が開いているから閉めてくるように命じた。実際には座敷の障子は閉まっていたが、成利はそのうちの1つの障子を自ら開けて、ぴしゃりと音を立てて閉めた。その上で信長に閉まっていた旨の報告をし、音がしたのはどういうわけかと問う信長に、開いていると信長が言ったにも関わらず閉まっていたとあっては信長の粗忽と思われるから、閉めた音を周囲に聞かせたのだと言ったという[3]


遺品の甲冑について[編集]

『決定版 図説・戦国甲冑集』(学習研究社、2003年)に「森蘭丸所用」とされる伊予札胴具足が掲載されているが、この具足は日本甲冑史学研究会会長の井伊達夫(当時中村姓)が彦根で発見して川越の古美術商奥平長良に譲ったものであり、両人とも名前を公表することを承知した上で「真実を記しておかないと誤ったことが歴史事実のようになる」、「発見当時には名号の前立なども存在しなかった」と成利所用のものであることをはっきりと否定している[12]。また、この具足を修理した甲冑師明珍宗恭も、同様に成利の用いた品ではないという趣旨の発言をしている[13]。なお、明珍は付随する兜は自身で別に手に入れて鎧に合わせたとも語っているが、前出の井伊達夫によれば具足は一領分揃っており、兜を他から取り合わせたと言うのは明珍の記憶違いであるとしている[14]

森成利を題材とした作品[編集]

テレビドラマ・映画

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 信長の諱を一字もらい改名したという説がある。
  2. ^ 成利の出生当時、葉栗郡は尾張国に属しており、天正14年(1586年)の木曽川氾濫で流路が変わったことにより、美濃となっている。
  3. ^ 『信長公記』『兼山記』では長可に代わって金山城の城主となっており、『遠山来由記』、『巌邑府誌』では森蘭丸が岩村城を、団忠正が金山城を与えられたと記されている。

出典[編集]

  1. ^ 可成寺
  2. ^ 谷口克広『織田信長家臣人名辞典 第2版』(吉川弘文館、2010年)
  3. ^ a b c d e 歴史群像シリーズ20 激闘・織田軍団. 学習研究社. (1990). p. 170~173. 
  4. ^ 『兼山記』
  5. ^ 谷口克広『織田信長家臣人名辞典 第2版』(吉川弘文館、2010年)
  6. ^ 森嵩正『森蘭丸の母とその流れ~妙願寺史に沿って』近代文芸社、1996年
  7. ^ 谷口克広『織田信長家臣人名辞典 第2版』(吉川弘文館、2010年)
  8. ^ 谷口克広『織田信長家臣人名辞典 第2版』(吉川弘文館、2010年)
  9. ^ 『天野源右衛門覚書』
  10. ^ 『名将言行録』
  11. ^ 『本城惣右衛門覚書』
  12. ^ 井伊達夫 『赤備え-武田と井伊と真田と』 宮帯出版社2011年(原著2007年)、普及版、39頁。
  13. ^ 石田謙司 『甲冑師・明珍宗恭と語る-黒沢明が愛した最後の職人』 小学館スクウェア2007年、51頁。
  14. ^ 井伊達夫 『戦国甲冑うらばなし』 甲冑同考会2016年、70頁。


外部リンク[編集]