髙橋海人

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

たかはし かいと
髙橋 海人
生年月日 (1999-04-03) 1999年4月3日(23歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県[1]
身長 174 cm[2]
血液型 A型[1]
職業 アイドル歌手俳優タレントダンサー漫画家
ジャンル J-POP舞台バラエティ番組ダンス漫画振付師
活動期間 2013年7月[3] -
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > King & Prince
主な作品
テレビドラマ
部活、好きじゃなきゃダメですか?
ブラック校則
姉ちゃんの恋人
ドラゴン桜
映画
ブラック校則
バラエティ番組
Rの法則
坂上どうぶつ王国
テンプレートを表示

髙橋 海人(たかはし かいと、1999年〈平成11年〉4月3日 - )[1]は、日本アイドル俳優漫画家King & PrinceおよびMr.KINGのメンバー[4]

神奈川県出身[1]ジャニーズ事務所所属。

来歴

保育園の年長からダンスを始め、2008年にダンスグループを結成してコンテストに参加。全国大会の静岡予選で優勝したことがあり、毎週土日にコンテストに参加し、1年間で10数回優勝した経験を持つ[5]。その後ダンスグループを抜け、中学時代はダンサーのNOPPO(s**t kingz)のもとでダンスを学んだ[6][7]。また2010年にはバックダンサーとしてSMAPの5大ドームツアーにも参加した[5]

親が履歴書を送り[8]、オーディションを経て[9]2013年7月にジャニーズ事務所に入所[3]。2015年6月にテレビ朝日のイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の公式応援サポーターとして期間限定ユニット・Mr.King vs Mr.Princeが結成され、Mr.Kingのメンバーに選ばれる[10]。ユニットは継続することが発表され[11]、2016年以降はMr.KINGのメンバーとして活動を続ける[4]

2018年5月23日、King & Princeとしてシングル『シンデレラガール』でCDデビューした[12]

同年5月号から小学館のコミック『ベツコミ』で、漫画家にインタビューを行うなどして漫画の描き方を学び、漫画家を目指す「アイドル、ときどき少女まんが家。」を連載していたが、その集大成として、2019年5月号の同誌に14ページの描き下ろしの少女マンガ「僕のスーパーラブストーリー!!〜王子と男子は紙一重!?〜」を掲載[13]。ジャニーズで初めて少女マンガ家デビューを果たした[14]

2022年1月1日放送のバラエティー番組『King & Princeる。』(日本テレビ系)で「非ニュートン流体の上で走り続けた最長タイム」に挑戦し、1分6秒49の新記録を達成、ギネス世界記録保持者となった[15]

人物

2歳上の姉[16]が踊っていたよさこいを、叱られても「我慢できなくて踊って」しまうため、父親の一言でダンスを習うきっかけになった[17]

「海人」という名前は父親が命名。祖母が「玲音(れおん)」という名前を考えていたが、父親が海好きだったことから「海人」になった[18][19]

幼少期は、父親が帰ってきた時にダンスの練習をしていないとぶっ飛ばされるなど厳しく、裸足で家を抜け出していた。デビュー後は優しくなったという[17]

出演

グループでの出演はジャニーズJr.#出演King & Prince#出演を参照。個人での出演のみ記載。

舞台

バラエティ

テレビドラマ

CM

映画

ラジオ

コンサート

  • ガムシャラ J's Party !! Vol.1(2014年2月1日 - 2日、EXシアター六本木[21]
  • ガムシャラ J's Party !! Vol.3(2014年4月16日 - 17日、EXシアター六本木)[46]
  • ガムシャラ Sexy 夏祭り !!〔チーム武〕(2014年7月30日 - 8月10日、EXシアター六本木)[21]
  • サマステ ジャニーズキング〔髙橋海人・Snow ManLove-tune〕(2016年8月17日 - 25日、EXシアター六本木)[47]

ミュージック・ビデオ

雑誌連載

漫画

  • 僕のスーパーラブストーリー!!〜王子と男子は紙一重!?〜(『ベツコミ』2019年5月号、小学館)[13][14]
  • ジャニーズと僕(『ベツコミ』2019年8月号 - 2022年5月号、小学館)[49][50]

振付楽曲/コレオグラフィー

King & Prince
Travis Japan


脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 神宮寺勇太岩橋玄樹とのトリプル主演。
  2. ^ ナレーションも担当[35]

出典

  1. ^ a b c d Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年5月29日閲覧。
  2. ^ “佐藤勝利が映画単独主演、キンプリ高橋海人と初共演”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年7月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907140000505.html 2021年3月18日閲覧。 
  3. ^ a b ジャニーズJr.カレンダーRED 2018.4→2019.3 DATA BOOK31ページ、集英社 (2018/3/9)
  4. ^ a b ジャニーズの新星“King & Prince”をおさらい!今春CDデビューへ〈記者会見レポート/メンバーコメント〉”. モデルプレス (2018年1月18日). 2018年3月17日閲覧。
  5. ^ a b c 『Myojo』2018年7月号8ページ、集英社
  6. ^ King & Prince高橋海人「A-Studio+」に出演、大スベリした小学校時代の一発ギャグ披露”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年4月22日). 2021年4月25日閲覧。
  7. ^ 高橋海人のダンスの実力を師匠&藤ヶ谷太輔が高く評価「ほかの練習生とは全然違う」”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2021年4月24日). 2021年4月25日閲覧。
  8. ^ “キンプリ”ことKing & Prince「虜にしてみせます!」ついにデビュー、意気込みを明かす(3/4ページ)”. AERA dot.. 朝日新聞出版 (2018年5月29日). 2020年12月13日閲覧。
  9. ^ “キンプリ高橋海人 小学時代「日本一」になった特技「全国大会で優勝させていただいて」”. Sponichi Annex. (2021年4月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/04/30/kiji/20210430s00041000585000c.html 2022年2月5日閲覧。 
  10. ^ “ジャニーズJr.平野紫耀、永瀬廉ら新ユニット『Mr.King vs Mr.Prince』結成”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年6月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2053852/full/ 2016年6月9日閲覧。 
  11. ^ 活動継続決定のキンプリが『Mステ』出演!アクロバットに生歌でファンを魅了”. T-SITE (2015年8月22日). 2015年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月6日閲覧。
  12. ^ キンプリ、5・23「シンデレラガール」でCDデビュー決定 ファン1000人に生披露”. ORICON NEWS. オリコン (2018年3月15日). 2018年3月17日閲覧。
  13. ^ a b “キンプリ高橋 少女漫画家デビュー 主人公は自分!友人は岸優太”. Sponichi Annex. (2019年4月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/05/kiji/20190404s00041000421000c.html 2019年5月19日閲覧。 
  14. ^ a b “キンプリ髙橋海人:ジャニーズ初の少女マンガ家デビュー 「ベツコミ」に14Pのマンガ掲載”. MANTANWEB. (2019年4月5日). https://mantan-web.jp/article/20190405dog00m200050000c.html 2019年5月19日閲覧。 
  15. ^ King & Prince永瀬廉&高橋海人がギネス世界記録を更新”. テレビドガッチ (2022年1月3日). 2022年1月4日閲覧。
  16. ^ King & Prince [@kingandprince_j] (2022年3月31日). "今にも雨が降りそうな天気のなかの海人は二つ上のお姉ちゃんがいたからか、保育園でかけっことかそういう遊びではなく、おままごとをよくしていました。". Instagramより2022年8月22日閲覧
  17. ^ a b King & Prince高橋海人、父親に殴られ家抜け出した過去「雨めっちゃ降ってる時に裸足で」”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年8月21日). 2022年8月22日閲覧。
  18. ^ 平野紫耀 [@kingandprince_j] (2022年3月30日). "真ん中で廉と俺に挟まれてるカイトは2768gで元気に生まれました。". Instagramより2022年8月22日閲覧
  19. ^ King & Prince高橋海人、名前の由来&出生体重公開 “誕生日シリーズ”スタートに「ほっこり」「素敵」の声”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年3月30日). 2022年8月22日閲覧。
  20. ^ a b 2014年12月13日『日刊スポーツ』Saturdayジャニーズプロフィール
  21. ^ a b c Biography(King&Prince) 2014年”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2018年7月11日閲覧。
  22. ^ 帝国劇場『DREAM BOYS』”. 東宝 (2014年). 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月9日閲覧。
  23. ^ ジャニーズ・ワールド出演の平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人の抱負”. NEWSポストセブン. 小学館 (2014年12月25日). 2016年6月9日閲覧。
  24. ^ ジャニーズJr.がクリエ公演で初座長!”. ザテレビジョン (2015年4月26日). 2016年6月9日閲覧。
  25. ^ 『ジャニーズ銀座』当日券に1000人の行列 平野紫耀「愛されている」”. ORICON STYLE (2015年4月26日). 2016年6月9日閲覧。
  26. ^ “期間限定スペシャルユニット『Johnnys’5』結成 Mr.KING・髙橋海人ら”. ORICON STYLE. (2016年6月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2074243/full/ 2016年7月3日閲覧。 
  27. ^ 『ガムシャラ!』公式サイト”. 2016年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月9日閲覧。
  28. ^ R'sメンバー紹介”. Rの法則.  NHK. 2016年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月9日閲覧。
  29. ^ 過去のオンエア情報 第128回”. 痛快TVスカッとジャパン. フジテレビ (2018年). 2018年5月29日閲覧。
  30. ^ キンプリ髙橋海人、イケメン優等生役で『胸キュンスカッと』初出演”. ORICON NEWS. オリコン (2018年5月27日). 2018年5月29日閲覧。
  31. ^ King & Prince髙橋海人、民放ゴールデン初レギュラー決定〈坂上どうぶつ王国〉”. モデルプレス (2018年9月3日). 2018年9月3日閲覧。
  32. ^ 虫が苦手なキンプリ髙橋海人「坂上どうぶつ王国」のレギュラーに、頼みは“なぎさ姉さん””. 音楽ナタリー. ナターシャ (2018年10月6日). 2018年10月13日閲覧。
  33. ^ キンプリ高橋&神宮寺&岩橋、リアル部活男子役でドラマ初主演【コメント全文】”. ORICON NEWS. オリコン (2018年8月31日). 2018年9月1日閲覧。
  34. ^ a b 佐藤勝利×髙橋海人で、令和版『野ブタ』!? 映画&ドラマ『ブラック校則』”. マイナビニュース. マイナビ (2019年7月15日). 2019年7月27日閲覧。
  35. ^ “King & Prince高橋海人、自身も出演のドラマ「姉ちゃんの恋人」で初ナレーション”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年10月16日). https://natalie.mu/music/news/400854 2020年10月27日閲覧。 
  36. ^ “King & Prince高橋海人:有村架純の弟役で「姉ちゃんの恋人」出演 藤木直人、小池栄子、奈緒らも”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年9月18日). https://mantan-web.jp/article/20200917dog00m200100000c.html 2020年9月18日閲覧。 
  37. ^ “King & Prince高橋海人、有村架純の弟役に 「姉ちゃんの恋人」キャスト発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年9月18日). https://mdpr.jp/news/detail/2227760 2020年9月18日閲覧。 
  38. ^ King & Prince高橋海人、『ドラゴン桜』で東大目指す “令和”の生徒キャスト全員解禁”. ORICON NEWS. オリコン (2021年3月18日). 2021年3月18日閲覧。
  39. ^ “高橋海人、ボクシング部部長役で木村拓哉主演ドラマに出演「宝くじに当たったような感覚」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年3月20日). https://natalie.mu/music/news/470403 2022年3月20日閲覧。 
  40. ^ “高橋海人、テレ朝土23時半枠で単独初主演 桜井ユキ&田中みな実と12歳差ラブコメ”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年8月20日). https://news.mynavi.jp/article/20220820-2429611/ 2022年8月20日閲覧。 
  41. ^ “高橋海人主演「ボーイフレンド降臨!」の役ビジュアル到着、PR映像の解禁も決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年9月3日). https://natalie.mu/eiga/news/492241 2022年9月3日閲覧。 
  42. ^ キンプリ高橋海人、初の単独CMで“ミルク屋さん”に やってみたい職業は「動物園の飼育員さん」”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年10月7日). 2021年10月7日閲覧。
  43. ^ “キンプリ平野紫耀&高橋海人&岸優太、41台のバイク・車を率いて走行「一生乗っていられる!」「帰りたくない~」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年8月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2244647/full/ 2022年8月5日閲覧。 
  44. ^ “キンプリ高橋海人「熱くて勇気の出る作品に」映画「アキラとあきら」で御曹司社長役に初挑戦”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年3月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202203080000657.html 2022年3月9日閲覧。 
  45. ^ King & Princeの髙橋海人と神宮寺勇太、七夕にナオト・インティライミ迎えJ-WAVE特番”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年6月24日). 2019年7月27日閲覧。
  46. ^ 2014年4月スケジュール”. EX THEATER ROPPONGI 公式サイト. テレビ朝日 (2014年4月). 2017年11月16日閲覧。
  47. ^ SUMMER STATION ジャニーズキング”. テレビ朝日 (2016年). 2016年11月15日閲覧。
  48. ^ “キンプリ髙橋海人 少女漫画家デビュー目指す 「ベツコミ」で連載開始”. スポーツニッポン. (2018年4月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/14/kiji/20180414s00041000041000c.html 2018年9月1日閲覧。 
  49. ^ キンプリ髙橋海人『ベツコミ』で連載作家デビュー ジャニーズの日常描き岩橋玄樹も登場”. ORICON NEWS. オリコン (2019年7月13日). 2019年7月14日閲覧。
  50. ^ “桜小路かのこが「南総里見八犬伝」題材に描く新連載、高橋海人の連載は完結”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年4月13日). https://natalie.mu/comic/news/473761 2022年4月13日閲覧。 
  51. ^ 『MyojoLIVE!』2021夏コン号、集英社、2021年10月5日。[要ページ番号]
  52. ^ King & Princeの2年ぶりツアーがDVD/BD化、特典映像はメンバー別密着企画ほか”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年11月17日). 2022年2月9日閲覧。
  53. ^ キンプリ、5月26日5時26分に“ティアラ”4歳誕生日を一斉祝福 “キンプら”も公開しファン歓喜”. ORICON NEWS (2022年5月26日). 2022年5月29日閲覧。
  54. ^ King & Prince高橋海人、Travis Japanのカバーダンス振付担当していた「Kaitoの正体は僕でした」”. モデルプレス (2022年1月5日). 2022年1月7日閲覧。

外部リンク