小杉理宇造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小杉理宇造(こすぎ りゅうぞう、本名同じ、1947年11月10日 - )は、日本実業家音楽プロデューサースマイルカンパニー元代表取締役社長。ジャニーズ事務所元顧問[1]、元ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役社長。 長男は作曲家でスマイルカンパニー代表取締役社長の小杉周水[2]

来歴[編集]

  • 1947年 - 練馬区にて出生。六人兄弟の5番目で四男であった。
  • 1966年3月 - 専修大学附属高等学校を卒業。
  • 1967年 - 馬飼野康二らとブルー・シャルムを結成。「春城伸彦(はるき のぶひこ)」の芸名でドラムを担当。CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)からデビュー(1970年頃まで活動)。解散後渡米、ニューヨークマンハッタンに滞在。
  • 1973年 - 帰国後、日音入社。得意の英語を活かし、頭角を現し山下達郎の海外レコーディングを実現させる。
  • 1975年4月 - RVC(のちのBMG JAPAN)入社後は近藤真彦を担当。この際にジャニーズ事務所からの信頼を得てその後、ジャニーズ事務所子会社入社。
  • 1982年2月 - RVCから独立。
  • 1984年4月 - スマイルカンパニー代表取締役社長就任。
    • 5月 - グループ企業であるスマイル音楽出版社長も兼務となり、スマイルグループ代表に就任。
  • 2003年11月 - ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役社長就任。
  • 2004年 - スウェーデンの音楽出版社「リアクティブ・ソングス・インターナショナル(RSI)に投資する。
  • 2005年 - ジャニーズ事務所早稲田大学との演劇コラボレーション「@ザ・グローブ・プロジェクト」を発表する。
  • 2006年 - スペースシャワーネットワーク社外取締役に就任(2008年退任)。
  • 2017年6月 - スマイルカンパニーおよびスマイル音楽出版の代表取締役社長退任。スマイル音楽出版の代表取締役社長には長男の周水が就任した(2022年1月よりスマイルカンパニーの代表取締役社長も兼任)。
  • 2019年5月31日をもってジャニーズ・エンタテイメントは事業を終了し、ジェイ・ストームへ事業譲渡。同6月1日より社内レーベル「Johnny's Entertainment Record」として存続し、全所属アーティストはジェイ・ストームへと自動的に転籍・編入した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]