この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

亀梨和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

かめなし かずや
亀梨 和也
生年月日 (1986-02-23) 1986年2月23日(33歳)
出身地 日本の旗 日本東京都江戸川区[1]
身長 171 cm[2]
血液型 B型[3]
職業 歌手俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1998年[4] -
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > KAT-TUN
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生 第5シリーズ』(1999年)
ごくせん 第2シリーズ』(2005年)
野ブタ。をプロデュース』(2005年)
サプリ』(2006年)
たったひとつの恋』『1ポンドの福音』(2007年)
妖怪人間ベム』(2011年)
セカンド・ラブ』(2015年)
怪盗 山猫』(2016年)
ボク、運命の人です。』(2017年)
FINAL CUT』(2018年)
ストロベリーナイト・サーガ』(2019年)
映画
ごくせん THE MOVIE』(2009年)
映画 妖怪人間ベム』(2012年)
俺俺』(2013年)
バンクーバーの朝日』(2014年)
ジョーカー・ゲーム』(2015年)
PとJK』(2016年)
美しい星』(2017年)
備考
KAT-TUNのメンバー
テンプレートを表示

亀梨 和也(かめなし かずや、1986年2月23日[3] - )は、日本歌手俳優タレントで、男性アイドルグループKAT-TUNのメンバー。

東京都江戸川区出身[1]ジャニーズ事務所所属。

来歴

人物

野球に関するエピソード

  • 小学校時代にリトルリーグで活躍し、世界大会にも出場した経験をもつ[16]
  • 1999年12月18日に千葉マリンスタジアムで行われたジャニーズ事務所主催「J2000台湾大震災チャリティー野球大会「MARCH OF 2000」」に出演[要出典]。2003年には亀梨をリーダーとして阪神タイガースのサポーターユニット・タイガースJr.が結成された[17]。また、ジャニーズ野球大会でもピッチャーを務める[16]
  • 2010年4月から、日本テレビ系『Going!Sports&News』でスポーツキャスターを務め、“ベースボールスペシャルサポーター”として[18]、コーナー「亀梨和也のプロ野球プロジェクト」を担当[19]。番組内で「ホームランプロジェクト」と題して2年半に渡ってホームランに挑戦し、2013年1月14日の放送で見事達成した。後続企画の「剛速球プロジェクト」では、プロ野球投手らに指導を受け球速アップを目指した[19]
  • 2011年から2018年まで日本テレビ系プロ野球中継の「ベースボールスペシャルサポーター」に就任している[20]

受賞歴

2005年
2010年
2011年
  • 第71回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞『妖怪人間ベム[24]
  • 第15回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ賞 主演男優賞『妖怪人間ベム』[25]

出演

単独出演・レギュラー出演のみ。グループでの出演はKAT-TUN#出演参照。

※主演作品は太字表記

テレビドラマ

映画

スポーツ番組

ドキュメンタリー

  • 高校野球100年 レジェンドが語る 名勝負の秘密 - ナビゲーター(NHK総合)[36]
    • 第1回 太田幸司「日本中が釘付け!激闘の延長再試合」(2015年8月6日)
    • 第2回 桑田真澄「敗北こそが、わが思い出!エースの悔しき敗戦」(2015年8月7日)
    • 第3回 荒木大輔「初々しさの快進撃!無名1年生投手の大活躍」(2015年8月10日)
    • 第4回 金村義明「最後まであきらめない!奇跡の逆転劇」(2015年8月11日)

舞台

ラジオ

CM

ソロコンサート

  • KAT-TUN KAZUYA KAMENASHI CONCERT TOUR 2017 The一〜Follow me〜(2017年7月13日 - 10月30日)

作品

シングル

  1. Rain(2019年5月15日)[15]

参加作品

ソロ曲

作詞

  • Dancer(山下智久との共作、ソロアルバム『UNLEASHED』に収録)[48]

連載

  • Johnny's Web ※公式携帯サイト
    • K.KAMENASHI(不定期)(2016年7月14日 - )
    • KAT-TUN'S MANUAL(2005年6月4日 - 2016年6月26日)
    • Kazuya Kamenashi 1986(2009年1月13日 - 3月10日、期間限定)
  • MAQUIA集英社
    • 亀カメラ(2011年2月号 - )
  • POTATO学研パブリッシング
    • 亀梨和也のGoing my way(2011年2月号 - )

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b “KAT-TUN、来年5月にも再始動!亀梨、地元・江戸川凱旋ライブで語った”. SANSPO.COM. (2017年10月31日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171031/joh17103105030002-n2.html 2018年3月22日閲覧。 
  2. ^ 「Saturdayジャニーズ」日刊スポーツ、2019年5月11日に紙面より。
  3. ^ a b 亀梨和也のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. 2012年1月13日閲覧。
  4. ^ 亀梨和也 プロフィール”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2016年11月24日). 2018年3月23日閲覧。
  5. ^ “亀梨の“運命の人”は「○○くんのお母さん」…出会いなければKAT-TUNなかった”. スポーツ報知. (2017年2月20日). オリジナルの2017年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171015154642/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170220-OHT1T50107.html 2017年10月15日閲覧。 
  6. ^ a b c d “亀梨&渋谷&手越 “黄金トリオ”フライング”. 中日スポーツ. (2009年9月5日). オリジナルの2009年9月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090907034318/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2009090502000135.html 2019年5月4日閲覧。 
  7. ^ “仲間主演「ごくせん」制作発表”. nikkansports.com. (2004年12月27日). オリジナルの2004年12月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041230020039/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-041227-0018.html 2018年12月13日閲覧。 
  8. ^ a b c “亀梨&山下がW主演ドラマ”. Sponichi Annex. (2005年7月23日). オリジナルの2008年3月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080312215515/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050723005.html 2019年4月15日閲覧。 
  9. ^ “スカッと啖呵…仲間由紀恵「ごくせん」ヒット祈願”. SANSPO.COM. (2004年12月28日). オリジナルの2004年12月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041231032228/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200412/gt2004122805.html 2018年12月13日閲覧。 
  10. ^ “「青春アミーゴ」が'05初のミリオン突破!”. SANSPO.COM. (2005年11月29日). オリジナルの2006年1月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060126232130/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200511/gt2005112906.html 2018年12月13日閲覧。 
  11. ^ 『ズームイン!!サタデー』公式Twitter@ntv_zumusataの2018年12月18日のツイート2018年12月13日閲覧。
  12. ^ a b “亀梨&倖田がベストジーニスト5連覇 史上初の男女同時殿堂入り”. ORICON NEWS. (2010年10月5日). http://www.oricon.co.jp/news/80726/ 2017年10月15日閲覧。 
  13. ^ "亀梨和也、映画初単独主演作で一人20役以上!「時効警察」三木聡監督の最新作『俺俺』!" シネマトゥディ(2012年5月3日)2017年2月16日閲覧。
  14. ^ “亀梨和也、ソロコンサートの開催を発表〈開催日程一覧〉”. モデルプレス. (2017年4月27日). https://mdpr.jp/news/detail/1682322 2017年10月15日閲覧。 
  15. ^ a b 亀梨和也、『ストロベリーナイト・サーガ』主題歌収録の1stソロシングルが首位 初週10万枚超え【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. オリコン (2019年5月21日). 2019年6月6日閲覧。
  16. ^ a b KAT-TUN亀梨、もうひとつ人生があったら?「野球でどこまでいけたのかな」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年2月20日). 2018年10月12日閲覧。
  17. ^ タイガースJr.初甲子園!翼クンも感激!”. tv asahi 芸能&ニュース. テレビ朝日 (2003年5月18日). 2018年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月27日閲覧。
  18. ^ a b くりぃむ上田と亀梨和也が生放送で野球づくし”. お笑いナタリー. ナターシャ (2010年6月18日). 2018年10月12日閲覧。
  19. ^ a b 高橋梓 (2017年2月7日). “KAT-TUN 亀梨和也はなぜ好感度高い? 野球に打ち込む姿勢で見せたストイックな一面 (1/2)”. Real Sound. http://realsound.jp/2017/02/post-11266.html 2017年10月15日閲覧。 
  20. ^ 亀梨和也、今季も日テレプロ野球中継の顔 KAT-TUN新曲がテーマソングに”. ORICON NEWS. オリコン (2018年3月26日). 2018年10月12日閲覧。
  21. ^ “ザテレビジョン ドラマアカデミー賞:【第44回 助演男優賞】亀梨和也”. ザテレビジョン. オリジナルの2007年10月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071029193029/http://blog.television.co.jp:80/drama/academy/2005/05/post_97.html 
  22. ^ a b “主演男優賞は亀梨和也/日刊ドラマGP”. 日刊スポーツ. (2010年4月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100427-622976.html 2017年10月15日閲覧。 
  23. ^ “ザテレビジョン ドラマアカデミー賞:【第47回 主演男優賞】亀梨和也”. ザテレビジョン. オリジナルの2007年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071025020541/http://blog.television.co.jp:80/drama/academy/2006/01/post_64.html#more 
  24. ^ “ザテレビジョン ドラマアカデミー賞:【第71回 主演男優賞】亀梨和也”. ザテレビジョン. オリジナルの2012年5月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120510200022/http://blog.television.co.jp/drama/academy/2012/02/post_781.html#more 
  25. ^ “〈第15回ドラマグランプリ 主演男優賞〉亀梨和也「妖怪人間ベム」で脱アイドル”. nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/entertainment/award/ns-dramagp/15/actor.html 2017年10月15日閲覧。 
  26. ^ 仲間由紀恵、亀梨和也の成長に感激「頼もしい…亀ちゃん」 「ごくせん」トークにファン歓喜”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年4月21日). 2018年12月13日閲覧。
  27. ^ “「3代目金田一少年」亀梨和也が演じる”. Sponichi Annex. (2005年7月14日). オリジナルの2008年3月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080312215422/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050714008.html 2019年4月15日閲覧。 
  28. ^ “KAT-TUN田中主演ドラマに亀梨ゲスト出演”. スポーツ報知. (2018年12月28日). オリジナルの2008年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522070236/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070530-OHT1T00067.htm 2018年12月28日閲覧。 
  29. ^ “亀梨、稲垣に続けワイン道極める…日テレ「神の雫」13日スタート”. スポーツ報知. (2009年1月9日). オリジナルの2009年2月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090207204341/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20090109-OHT1T00046.htm 2018年12月14日閲覧。 
  30. ^ “亀梨和也 天才怪盗に!連ドラで“山猫”役 ド派手アクションも”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/16/kiji/K20151116011518920.html 2015年11月16日閲覧。 
  31. ^ 主演:亀梨和也 ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」:テレビ東京” (日本語). テレビ東京. 2018年5月4日閲覧。
  32. ^ 二階堂ふみ×亀梨和也、W主演で新「ストロベリーナイト」 江口洋介が天敵に〈ストロベリーナイト・サーガ〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年2月10日). 2019年2月21日閲覧。
  33. ^ 亀梨和也が『ごくせん』で映画初出演! 教育実習生として再登場”. ORICON NEWS. オリコン (2009年4月30日). 2018年12月13日閲覧。
  34. ^ “「PとJK」実写映画化!亀梨和也&土屋太鳳が警察官と女子高生のカップルに”. コミックナタリー. (2016年5月7日). http://natalie.mu/comic/news/186269 2016年5月7日閲覧。 
  35. ^ “吉田大八、三島由紀夫「美しい星」を大胆脚色で映画化!リリー×亀梨×橋本愛が宇宙人に”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年3月1日). http://eiga.com/news/20160301/2/ 2016年3月1日閲覧。 
  36. ^ 亀梨和也、高校野球100年記念番組でナビゲーター. nikkansports.com (2015年7月21日) 2017年10月14日閲覧
  37. ^ “亀梨ビックリ KAT-TUN改め勝運 ミュージカル「DREAM BOYS」”. 中日スポーツ. (2011年6月15日). オリジナルの2011年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110616154857/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2011061502000082.html 
  38. ^ “亀梨 客席フライング3年ぶり復活”. DAILY SPORTS ONLINE. (2012年9月3日). オリジナルの2012年9月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120915052754/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/09/03/0005351181.shtml 2019年5月4日閲覧。 
  39. ^ 『ヤマナデ』×LOTTE GhanaコラボCMが実現!”. TBS金曜ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」公式サイト|お知らせ (2010年). 2017年7月閲覧。
  40. ^ 「カメと仁があの上戸彩ちゃんが出演するオロナミンCドリンクの2005年TVCM第2弾ゲストキャラクターに!」『Wink up』2005年9月号、ワニブックス、2005年、 157頁。
  41. ^ “亀梨満足「脱いでよかった」全裸でCM撮影”. スポーツ報知. (2010年3月17日). オリジナルの2010年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101124105908/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20100317-OHT1T00057.htm 2019年2月27日閲覧。 
  42. ^ “エナジードリンク「RAIZIN(ライジン)」新発売 CMキャラクターに亀梨和也さんを起用” (プレスリリース), 大正製薬, (2015年4月3日), https://www.taisho.co.jp/company/release/2015/2015040301.html 2019年2月27日閲覧。 
  43. ^ “亀梨、KAT-TUN亀梨和也のソロ楽曲がCMソング初起用”. ザテレビジョン. (2015年11月30日). https://thetv.jp/news/detail/68623/ 2017年10月15日閲覧。 
  44. ^ “亀梨和也、番長&白衣のギャップで魅せる新CM完成”. ORICON STYLE. (2016年10月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2080311/full/ 2016年10月24日閲覧。 
  45. ^ “亀梨和也、JR博多シティ7周年イメージキャラに! CMはKAT-TUN新曲も”. マイナビニュース. (2018年2月23日). https://news.mynavi.jp/article/20180223-587998/ 2018年3月15日閲覧。 
  46. ^ a b 亀梨和也のCM出演情報”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年6月6日閲覧。
  47. ^ “「雪国にしかつくれない、まいたけです。」雪国まいたけ「極(きわみ)」新作CMのご案内” (プレスリリース), 雪国まいたけ, (2019年2月12日), http://www.maitake.co.jp/press/index_18.php 2019年2月27日閲覧。 
  48. ^ 山下智久、4年ぶり新アルバムに亀梨和也が参加”. ORICON NeWS. オリコン (2018年11月30日). 2018年12月13日閲覧。

外部リンク