西条満 (振付師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西条 満(さいじょう みつる、1938年 - 2010年4月25日[1])は、日本振付師。本名は岩崎 恒雄(いわさき つねお)。1970年代の歌謡界を代表する振付師として名高い。「みつる」が正式名称だが音読みで「まん」と呼ぶ向きもある。

経歴[編集]

1957年大阪府江川バレエスクール入学後1959年に振り付け師の山田卓に師事。 その後アイドルを中心に歌手の振付、コンサートなどでの振付、ステージングを担当、テレビ番組でもTBSトップミュージック』やNHKNHK紅白歌合戦』『レッツゴーヤング』などの音楽番組での振り付けを担当。

また1980年代になってからはフジテレビ夜のヒットスタジオ』では専属振り付け師として番組全体の演出もサポートし、自らのプロデュースによる番組オリジナルダンサーDeeDeeを誕生させスクールメイツと共に番組に出演させた。

1981年株式会社ダンシング・オフィス西条を設立。

弟子三浦亨菊地ヒロユキがいる。

専属振付契約[編集]

渡辺プロダクションジャニーズ事務所バーニングプロダクションの所属タレントの振り付けを専属で担当していた。 またスクールメイツの講師でもあった[2]

エピソード[編集]

山口百恵の引退コンサートの振り付けも担当し最後にステージ上にマイクを置くという伝説のシーンは西条満の発案による演出であった[3]

またダーツの腕前もプロ級で大のダーツ好きで知られ渋谷と原宿にダーツBARを出店していた[4]

大磯ロングビーチで行われていた番組フジテレビ「オールスター水泳大会」ではプログラム競泳のときにスターター役を務めMCから紹介されていた。[5]

主な振付作品[編集]

主な振付担当番組[編集]

主な振付担当CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西条満氏 - 日本振付家協会
  2. ^ アサヒ芸能』(発行:徳間書店、1988年5月7日GW特大号)「ヒット番組を支える人物」122 - 124頁より
  3. ^ 『テレビ50年inTVガイド』発行:東京ニュース通信社(2000年12月10日)「'80ひらがなの世界へ戻りますと言って山口百恵は栄光の舞台を降りて行った。」212頁。
  4. ^ テレビ東京アド街ック天国』(2003年3月29日放送)「渋谷公園通り」編で補足情報として紹介された。
  5. ^ 『テレビ50年inTVガイド』発行:東京ニュース通信社(2000年12月10日)「情報とエンターテイメントのフジテレビ」415頁。
  6. ^ ムー DVD-BOX
  7. ^ 1973年8月28日、麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」がオリコン1位を獲得~当時マイノリティだった“左きき”ニッポン放送 2019-08-28
  8. ^ 伊藤蘭インタビュー 第2回「振り付けはキャンディーズ以前、中学生のスクールメイツ時代に基礎を学びました」Re:minder
  9. ^ 32年ぶりの太川陽介さん!SAGASEIKO Sound Mail Box 2014年9月7日
  10. ^ 第602回 私の生き方 伊東四朗・喜劇役者公研 2020年4月号
  11. ^ 田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018
  12. ^ 名倉ジャズ・ダンス・スタジオ第2回公演⑪Can't Stop Dancin 田原俊彦 - YouTube
  13. ^ 松田聖子、中森明菜…伝説アイドルの振付師が語る80年代アイドルたちの「ダンス☆ウォーズ」EX大衆 2019年11月号
  14. ^ 薬丸裕英が明かすジャニーさん秘話「陰でほめられていたらしい」女性セブン 2021.08.12

関連項目[編集]