安田章大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やすだ しょうた
安田 章大
生年月日 1984年9月11日(31歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県 尼崎市[1]
国籍 日本
血液型 A型[1]
職業 ミュージシャン、[俳優]、ギタリスト
ジャンル 音楽番組テレビドラマ
活動期間 1997年 -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品

テレビドラマ
ドラゴン青年団
ROMES/空港防御システム
0号室の客
七人のサムライ J家の反乱

『自転車少年記』
映画
ばしゃ馬さんとビッグマウス』『スキャナー記憶のカケラを読む男
備考
アイドルグループ関ジャニ∞のメンバー

安田 章大(やすだ しょうた[1]1984年9月11日[1] - )は、日本の歌手俳優アイドルであり、関ジャニ∞のメンバーである。

兵庫県尼崎市出身[1]ジャニーズ事務所所属。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 手話に興味を持ち、2011年3月に手話検定3級を取得した[4]。関ジャニ∞がメインパーソナリティを務めた『24時間テレビ34』ではろう者の子どもたちとパントマイムショーを行った。
  • ダイビングが趣味で、小型船舶免許1級を所持している。ダイビングは2009年にCカードを取得、以降2011年11月時点でダイビング本数は150本。レスキュー・ダイバーのライセンスも持っており、ダイブマスターを目指している[5]
  • グループのツアーをはじめ、様々な場でグッズのデザインをしている。村上信五のキャラクター「バブーンマン」の衣装デザインも安田である[6]
  • 動物好き。小さい頃は将来、絵描きや動物園の飼育員になりたかった[3]
  • ジャニーズJr.時代には「やめたい」と悩んだこともあったが、ファンレターに励まされ思いとどまったという。当時はファンから直接手紙を受け取る場が設けられており、雨の日でもファンが待ってくれていることに「ありがたいなって。ぬくもりがめっちゃ伝わってきました」と語っている。また、関ジャニ∞の下積み時期については「ただただ、社長に感謝です。お客さんが入らへんのわかってて(舞台を)やらせてくれた」、「踏ん張れたのは、上3人(横山、渋谷、村上)が引っ張ってくれた事が大きい」と話している[3]
  • 内博貴のグループ脱退に関して、動揺があったと同時に、グループに戻ってこられるように自分たちが大きくなろうと思い活動していたこと、一方で、「ほんまに戻ってくると思っていたけど、もしそうならなかった時のことを考えると怖くて、結局、内のことについて自分からは事務所の人に一度も聞けなかった」と心境を明かしている[7]

エピソード[編集]

  • 大阪城ホールでのコンサート中、村上のソロ曲(千年メドレー)でダンスに付いていた際に脇のステージから落ちたことがある。その様子は2作目のDVD『Spirits!!』にも収録されている。はっきりとは映っていないが舞台から消え、客席から悲鳴が上がっている。下にいたスタッフが抱きとめてくれたおかげですぐにステージに戻れた。
  • 同じく松竹座でリハーサル中に、ダンスをしている際に奈落に誤って落下。下で見ていた横山裕の上に落ち、横山に向かって「大丈夫ー!?」と言い放ち、横山に「お前が大丈夫か?」と心配された。幸い2人とも大きな怪我はなかった。
  • 2009年10月3日に体調不良を訴え、A型インフルエンザに感染していることが発覚。4日には横山裕、6日には大倉忠義もA型インフルエンザに感染しており、6日に行われたドラマ「ROMES」の記者会見にW主演の安田と大倉が欠席し、主演がいないまま会見が行われた。9日の「関パニ」の収録から復帰した。同年8月にも錦戸亮24時間テレビ直後に山下智久と共にインフルエンザに感染している。
  • 中学時代の担任の教え子は同じく尼崎出身のダウンタウンである。(浜田は3年生の時。松本は不明だが担任だったと本人が語っている。)担任はダウンタウンが入部していた放送部の顧問であり、安田がいた当時も放送部の顧問だった。(「HEY!HEY!HEY!」にて)後にダウンタウンとは「アカン警察」で共演している。

音楽活動[編集]

  • 今後やってみたいこととして、ジャニーズのグループへの楽曲提供を挙げている[3]
  • 関ジャニ∞の中では主にリードギターを務めている。使用しているギターはGibson/ES-335 2006年製(赤)、Fender USA Custom Shop Master Build Jason Smith/Stratocaster Relic、Gibson/Les Paul Classic2000年製など複数[8]

出演[編集]

※グループでの出演は関ジャニ∞参照。個人での出演のみ記載。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 818(2008年2月10日 - 2月20日、東京グローブ座・2月23日 - 2月26日、大阪厚生年金会館芸術ホール)
  • カゴツルベ(2009年3月16日 - 3月31日、青山劇場・4月16日 - 4月19日、NHK大阪ホール) - 佐野次郎左衛門役
  • トラストいかねぇ(2011年7月9日 - 8月1日、東京グローブ座・8月4日 - 8月7日、シアター・ドラマシティ) - 野森正役
  • ジュリエット通り(2014年10月8日 - 10月31日、シアターコクーン・11月20日 - 11月22日、コスモスシアター・11月27日 - 11月30日、シアターBRAVA!) - 田崎太一役

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

作品[編集]

ソロ曲[編集]

  • 君と僕
  • それぞれの君と
  • 人様の光
  • わたし鏡(2007年)
  • アイライロ(2009年)
  • TOPOP(2010年)

作曲・作[編集]

すばるBANDまたは三兄弟についての活動も含む。

  • ONE
  • High Position
  • Down up↑
  • Soul way

いずれもすばるBAND内の曲。作詞は渋谷。

  • アメちゃん
  • オニギシ
  • プリン
  • みかん

いずれも三兄弟内の曲。作詞は長男であるユウ(横山)。

  • desire(TOUR 2008での渋谷とのユニットにて披露。作詞は渋谷)
  • Kicyu(アルバム『PUZZLE』にPVが収録。横山とのユニットで、作詞は横山)
  • Snow White(シングル『GIFT〜緑〜』に収録。関ジャニ∞として披露。錦戸との合作)
  • cHocoレート (『横山YOUがヤっちゃいます 第3弾コンサート 2010春』で披露。横山裕のソロ曲。作詞は横山)
  • 『って!!!!!!!』(アルバム『8UPPERS』Disc2に収録。関ジャニ∞として披露。作詞は大倉との合作)
  • Eightopop!!!!!!!(シングル『365日家族』に収録。ソロ曲『TOPOP』を自身でアレンジしなおし関ジャニ∞として披露。作詞・作曲ともに担当)
  • Dye D? (アルバム『FIGHT』に収録。関ジャニ∞として披露。作詞・作曲ともに担当)
  • 夜な夜な☆ヨーNIGHT (アルバム『FIGHT』に収録。村上、大倉とのユニット。作詞は村上・大倉との合作)
  • クルトン(ベストアルバム『8EST』に収録。初回限定盤BにPV収録。関ジャニ∞として披露。作詞は横山)
  • Your WURLITZER(アルバム『JUKE BOX』に収録。曲は錦戸亮との合作。作詞は錦戸亮)
  • All is well(アルバム『JUKE BOX 通常盤』に収録。関ジャニ∞として披露。作詞は関ジャニ∞)
  • ゆ(アルバム『関ジャニズム 』に収録。関ジャニ∞として披露。作詞は渋谷)
  • アイスクリーム(アルバム『関ジャニズム 』Disc2に収録。初回限定盤BにPV収録。錦戸とのユニット。錦戸との合作)
  • バリンタン(アルバム『関ジャニ∞の元気が出るCD‼』に収録。関ジャニ∞として披露。作詞は村上)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Johnny's net 関ジャニ∞、2014年7月24日閲覧。
  2. ^ ただし、丸山はこの時点で2回目のオーディションを受けており、1回目のときは同じオーディションに渋谷すばるがいた。
  3. ^ a b c d e Myojo』2012年6月号10000字ロングインタビュー「裸の時代~僕がJr.だったころ~」より。
  4. ^ 2011年6月11日『日刊スポーツ saturdayジャニーズ』より
  5. ^ 2011年11月号『月刊ダイバー』より[要ページ番号]
  6. ^ DVD『関ジャニ∞ TOUR 2∞9 PUZZLE』Bパッケージ特典映像
  7. ^ 『∞祭 僕らも8っちゃい 8っちゃけ祭』パンフレットのインタビューより
  8. ^ オフィシャル・スコア『関ジャニ∞/バンド・セレクション』より[要ページ番号]
  9. ^ 関ジャニ∞・安田、余命1年の患者役で迫真の演技「全てを出し尽くした」”. ORICON STYLE (2016年1月29日). 2016年1月29日閲覧。
  10. ^ 関ジャニ・安田、刑事役に初挑戦!物語の重要なキーマンを熱演”. シネマトゥデイ (2015年9月2日). 2015年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]