ギブソン・J-45

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギブソン・J-45
1967 Gibson J45 Guitar.jpg
Gibson J-45 (1967年製)
メーカー/ブランド ギブソン
製造時期 1942年-
構造
ボディタイプ ラウンド・ショルダー
スケール長 24 3/4インチ
フレット 20
ネックジョイント 14
材質
ボディ トップ: ソリッド・シトカ・スプルース/
バック&サイド:ソリッド・マホガニー
ネック マホガニー
フィンガーボード マダガスカル・ローズウッド/インディアン・ローズウッド
ハードウェア
ペグ ホワイト・ボタン・ニッケル・ゴトー/ニッケル・グローバー
ブリッジ マダガスカル・ローズウッド
カラーバリエーション
ビンテージ・サンバースト
テンプレート | カテゴリ

J-45は、1942年ギブソンが発売を開始したアコースティックギターである。「45」は発売時の価格が45ドルであったことにちなむ命名とされる。

概要[編集]

ライバルであるマーティンのD(ドレッドノート)モデルに対抗すべく、ギブソンが1934年から製造を開始したラウンドショルダー型大型アコースティックギターであるJ(Jumbo)シリーズの一つである。J-45はギブソン製のアコースティックギターの中ではもっとも有名で広く使われたモデルであるとされる。

発売以来、1969年までのモデルは、ラウンドショルダーと呼ばれる、ボディのネックサイドが丸みを帯びた形を持つことで有名なモデルである。1955年のモデルからはピックガードが大きくなり、ブリッジは調整が可能なアジャスタブル・ブリッジとなった。その後はギブソン社製アコースティックギターである「ダヴ」「ハミングバード」と同様のスクエアショルダー型のギターとなり、1982年まで細かいスペックを変更しながら生産が続けられた。

同年に発売されたサザンジャンボ(Southern Jumbo)は、本モデルの上位機種である。違いは、大型のピックガード、ヘッドに刻まれたインレイ、ネックのバインディング、ポジションマークが平行四辺形となった所。1956年に発売されたカントリーウエスタン(Country Western)は、本作のナチュラル・フィニッシュ・カラーモデルであり、ピックガードがハミングバードと同様の形状となっている。

1947年に発売されたJ-50は、本モデルのナチュラル・フィニッシュ・カラーモデルである。

10年以上の空白期間を経て、1996年より、モンタナ州ボースマンに新設された工場で生産が再開され、現在も販売中である。1996年以降に生産されたJ-45は、すべてラウンドショルダー型である。

多くのミュージシャンが愛用していることでも知られる。

愛用ミュージシャン[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]