虹 (L'Arc〜en〜Cielの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > 虹 (L'Arc〜en〜Cielの曲)
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『HEART
B面 THE GHOST IN MY ROOM
リリース
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル Ki/oon Sony Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
ken (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
CHOKKAKU、秦野猛行
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(CD
  • ゴールド(シングルトラック)
※ いずれも日本レコード協会認定
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1997年10月度月間5位(オリコン)
  • 1997年11月度月間10位(オリコン)
  • 1997年度年間53位(オリコン)
  • 登場回数25回(オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
Lies and Truth
1996年

1997年
winter fall
1998年
HEART 収録曲
Shout at the Devil
(4)
虹 (Album Version)
(5)
birth!
(6)
Clicked Singles Best 13 収録曲
Lies and Truth
(3)

(4)
winter fall
(5)
テンプレートを表示

」(にじ)は、L'Arc〜en〜Cielの7作目のシングル。1997年10月17日発売。発売元はKi/oon Sony Records

解説[編集]

同年の2月にドラマーのsakuraが逮捕され、活動休止状態となっていたL'Arc〜en〜Cielの活動再開シングル。

hydekentetsuyaの3人構成のL'Arc〜en〜Cielとして唯一発表されたシングルであり、このことについてメンバーは「この曲は3人で出さなければならない」と語った。タイトルはバンド名である「L'Arc〜en〜Ciel」を日本語に訳したものである「空にかかる弧=」と付けられ、奇しくもこのシングルがラルクにとって7作目にリリースするシングルであり、虹の色数である「7」とリンクしたものとなった。

また、本来7作目のシングルになるはずだったのは「the Fourth Avenue Café」で、このシングルはフジテレビアニメるろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』エンディングテーマのタイアップがつき、同年3月26日に発売される予定だった。しかし、前述のsakura逮捕を受け、発売・タイアップ共に白紙となり、アニメでも曲が差し替えられた。今作は、「the Fourth Avenue Cafe」のタイアップの縁もあって劇場版『るろうに剣心』の主題歌に起用された(詳細は収録曲参照)。なお、「the Fourth Avenue Cafe」は2006年8月30日、他シングルの再発と共にリリースされた。

レコーディングには、サポートドラマーとして元DIE IN CRIESZI:KILLで、後にラルクの正式メンバーとなるyukihiroが初参加している。それまでのsakuraの重く響くドラムから、yukihiroの緻密なドラムへとサウンド面で大幅な変化を見せている。

前年の11月21日に発売された「Lies and Truth」以来のシングルで、シングルでは自身初のオリコンチャートTOP3入りを果たした。初動売上はシングルでは初の30万枚を突破し、累計72.3万枚を売り上げた(オリコン調べ)。

また、本作のミュージック・ビデオは、「SPACE SHOWER Music Video Awards 97」で「BEST GROUP CLIP」を受賞している。

前作までは、ボーカルを除いた"hydeless version"が収録されていたが、本作は収録されていない。

収録曲[編集]

  1. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給映画『劇場版 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌オープニングテーマ
    活動休止中、リフレッシュのためメンバー全員でイギリスに行った際、kenが買ったアコースティック・ギターギブソン・J-45で作曲されたものである。ken曰く、その楽器屋の店員にせがまれて購入、帰国後のレコーディング・スタジオで弾いてみたところ、この「虹」が出来たという。
    詞は、全体的にhydeが得意としている叙情的な詞であるが、歌詞中の「全ては真実と共にある」というフレーズはアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』中のセリフを意識したもので、その部分はtetsuyaがリクエストしたものである。また、tetsuyaは本作のジャケットも同アニメの雰囲気を意識したと述べている[1]。間奏中の台詞は復活ライブ「1997 REINCARNATION」のグッズTシャツに書かれている。また、CD音源で読み上げているのはhydeだが、ライブではkenが読み上げることもある。
    2005年に出演したテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』で、司会のタモリに「ラルクの中で大切にしたい曲はある?」と聞かれた際、hydeはこの曲を挙げた。また、2011年末に放送された同局の特別番組『ミュージックステーションスーパーライブ』において、14年ぶりにテレビで披露された。なお、その際、イントロのアコースティック・ギターの部分をエレクトリック・ギターで演奏していた。
    5thアルバム『HEART』には「Album Version」が収録され、シングルと少しミックスが異なる。PVのバージョンも違っており、間奏のhydeの語りの部分のみが聞き取りやすいアレンジになっている(他の部分はアレンジ無しのシングルバージョン)。シングルバージョンは、2001年発売のベスト・アルバムClicked Singles Best 13』に収録されている。
    近年ライブで演奏されることは少なくなっているが、「21世紀に残したい曲は?」と質問された際にこの曲を挙げるほど、メンバーにとって非常に思い入れの深い曲であるため、特に記念となるライブでは本編のラスト曲やアンコールのラスト曲として演奏される事が多い[2]
    1999年7月7日にはシンガーソングライター平井堅がライブ「Ken’s Bar」においてこの曲をカバーしている。
  2. THE GHOST IN MY ROOM
    • 作詞・作曲:hyde 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Takeyuki Hatano
    ブレイクビーツが取り入れられているが、これは当時サポートドラマーだったyukihiroのアレンジによるもの[3]。当時yukihiroは「メンバーでもないのに、こんなこと俺やっていいのかな[3]」と思っていたという。1999年に行われたライブツアー「1999 GRAND CROSS TOUR」以降ライブで演奏していない。

参加ミュージシャン[編集]

カバー[編集]

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム

  • HEART』 (#1,アルバムバージョン)

ベストアルバム

脚注[編集]

  1. ^ リットーミュージック社『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES/tetsuya L'Arc〜en〜Ciel』2010年
  2. ^ 2006年に行われた結成15周年ライブ「15th L'Anniversary Live」、2011年に行われた結成20周年ライブ「20th L'Anniversary LIVE」(初日公演)では、ラスト曲として披露されている。
  3. ^ a b 『ROCKIN'ON JAPAN』2004年3月号、ロッキング・オン