カルト映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カルト映画(カルトえいが)またはカルトフィルムカルトムービーは、熱心な映画ファンや映画評論家に支持されているあまり有名ではない映画のことである。なお、一部有名な映画が含まれることもある。

概要[編集]

ジャンルやテーマによる分類方法ではなく、その作品が“特定の観客にどのように受け入れられているか”、という現象面によって分類されるべき映画である。厳密な分類は期待できず、時代や社会の変化によって、カルトムービーの定義も変化する。ある映画がカルト映画として成立していく条件は、特定の観客や映画評論家がその映画をどう受け止めるかにかかっている(商業的な成績は関係ないが、一般に「狭く深い熱烈なファンをもつ作品」であることから、あまり成功してはいないことが多い)。映画評論家のハリー・ポタムキンは、チャーリー・チャップリンの喜劇映画もカルト・ムービーの中に含んでいる".[1]

例えば、1975年製作のイギリス映画ロッキー・ホラー・ショー』(原題:The Rocky Horror Picture Show)は、公開当時は商業的大失敗に終わったが、翌年のニューヨークでの深夜上映会を皮切りに、パーティのような気分で劇場に通い詰める観客が急増していき、アメリカではある種の社会現象のようになっていった。この映画を最初のカルト映画(として認識されたもの)として推す声は、アメリカでは多い。しかし日本では同作をカルト映画とする声は、多くはない。それ以前の作品で現在カルト映画と認められているものは、後世の評価としてカルト映画と認識された作品、ということになる。

また、1970年代以降「ミッドナイトムービー」と呼ばれて深夜上映されたアート系映画と、「グラインドハウス映画」と呼ばれる老朽した映画館で二本立て・三本立てで上映されたエクスプロテーション系のB級映画の二つが、アメリカにおける「カルト映画」の大きな潮流となっている[2]

参考書籍[編集]

カルト映画の例[編集]

カルトの帝王[編集]

ときには、カルトの帝王と呼ばれる場合もある映画監督を以下に例示する。

脚注[編集]

  1. ^ cite book|title=The Cult Film Reader|last=Potamkin|first=Harry Allen|editor1-last=Mathijs|editor1-first=Ernest|editor2-last=Mendik|editor2-first=Xavier|publisher=McGraw-Hill International|isbn=978-0-335-21923-0|page=26 |06 April 2020 閲覧
  2. ^ 別冊映画秘宝『グラインドハウス映画入門』、洋泉社、2007年8月、ISBN 978-4862481900
  3. ^ 東京都・渋谷で"カルトの帝王"ホドロフスキー監督と妻によるドローイング展” (2014年8月7日). 2015年4月7日閲覧。
  4. ^ 追悼石井輝男まつり”. 2015年4月7日閲覧。
  5. ^ “カルトの帝王”フィリップ・リドリーの14年ぶり監督作、5月公開” (2013年4月12日). 2015年4月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]