カルト映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルト映画(カルトえいが)またはカルトフィルムカルトムービーは、熱狂的ファンによる小グループによって支持される映画のことである。

概要[編集]

ある種のジャンル・テーマ・モチーフ・演出方法等による分類方法ではなく、その作品が“特定の観客にどのように受け入れられているか”、という現象面によって分類されるべき映画である。当然、厳密な分類は期待できず、また、定義自体が変わらなくても時代や社会によって、その外延は変化する。

ある映画がカルト映画として成立していく条件は、特定の観客がその映画をどう受け止めるか、その映画に対しどのような関係を築いていくかに依っている(商業的な成績は関係ないが、一般に「狭く深い熱烈なファンをもつ作品」であることから、あまり成功してはいないことが多い)。

例えば、1975年製作のイギリス映画ロッキー・ホラー・ショー』(原題:The Rocky Horror Show)は、公開当時は商業的大失敗に終わったが、翌年のニューヨークでの深夜上映会を皮切りに、パーティのような気分で劇場に通い詰める観客が急増していき、ある種の社会現象となっていった。この映画を「最初のカルト映画(として認識されたもの)」として推す声は現在でも多い。それ以前の作品で現在カルト映画と認められているものは、後世の評価としてカルト映画と認識された作品、ということになる。

また、1970年代以降「ミッドナイトムービー」と呼ばれて深夜上映されたアート系映画と、「グラインドハウス映画」と呼ばれる老朽した映画館で二本立て・三本立てで上映されたエクスプロテーション系のB級映画の二つが、アメリカにおける「カルト映画」の大きな潮流となっている[1]

スター・ウォーズ』のように、今ではカルトというよりメインストリーム映画の扱いを受けているものもある。

参考書籍[編集]

カルト映画の例[編集]

カルトの帝王[編集]

「カルトの帝王」の異名を持つ映画監督を以下に例示する。

脚注[編集]

  1. ^ 別冊映画秘宝『グラインドハウス映画入門』、洋泉社、2007年8月、ISBN 978-4862481900
  2. ^ “カルトの帝王”フィリップ・リドリーの14年ぶり監督作、5月公開” (2013年4月12日). 2015年4月7日閲覧。
  3. ^ 追悼石井輝男まつり”. 2015年4月7日閲覧。
  4. ^ 東京都・渋谷で"カルトの帝王"ホドロフスキー監督と妻によるドローイング展” (2014年8月7日). 2015年4月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]