ポエトリーリーディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポエトリーリーディング (英語: poetry reading) は、主に詩人が自作のを読み上げる行為を指すが、20世紀後半からは特にライブハウスなどの会場で詩を朗読するパフォーマンスを意味する場合が多い。ラップミュージックにのせて詩を読むという形態もある。

歴史[編集]

アメリカ合衆国ニューヨークを中心にした東海岸においては1950年代以降、ジャック・ケルアックアレン・ギンズバーグ、ウィリアム・バロウズに代表されるビートニクスと呼ばれた詩人、小説家の朗読形態がポエトリーリーディングの中心となった。マンハッタンローワー・イースト・サイドにあるセント・マークス教会やニューヨリカン・ポエトリーカフェ等では、職業詩人の他、一般市民が自作の詩を詠む姿が見られる。一方、アメリカ西部からヨーロッパにおいては、演出を凝らした形態のものも見受けられる。アフロアメリカンのポエトとしては、マヤ・アンジェルー、アミリ・バラカらがいた[1]。さらにラスト・ポエツ[2]、ギル・スコット・ヘロン[3]、UKレゲエ系のポエト、リントン・クウェシ・ジョンソンは、ポエトと音楽の両面で活躍した。

日本においては、1960年代以降に白石かずこ谷川俊太郎吉増剛造等の詩人が、ときには音楽家の生演奏とのコラボレーションも含めて活動した。1990年代後半以降は「詩のボクシング」がメディアにも取り上げられた。福島泰樹ドリアン助川は新時代の代表的なポエトとなった。ニューヨークやフランスで活動した千葉節子は、パフォーマンス・アートも取り入れている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Amiri Baraka”. Celeste Bateman and Associates. 2014年11月8日閲覧。
  2. ^ マルコムXの強い影響を受けたラジカルなグループデ、ラップの元祖の例との見方もある
  3. ^ 「ウィンター・イン・アメリカ」など、良質なアルバムを多く発表した