Vivid Colors

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Vivid Colors
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『heavenly
B面 Brilliant Years
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Sony Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
ken (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
西平彰
チャート最高順位
  • 16位(オリコン
  • 18位(再発盤・オリコン)
  • 登場回数13回(オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
and She Said
1995年
Vivid Colors
(1995年)
夏の憂鬱 [time to say good-bye]
(1995年)
heavenly 収録曲
Still I'm With You
(1)
Vivid Colors
(2)
and She Said
(3)
テンプレートを表示

Vivid Colors」(ヴィヴィッド カラーズ)は、日本のバンドL'Arc〜en〜Cielの2作目のシングル。1995年7月6日発売。発売元はKi/oon Sony Records

解説[編集]

CDシングルとしては「Blurry Eyes」以来となるシングル。

表題曲となった「Vivid Colors」の「Vivid」とはhydeが曲のタイトルを考えていたときに、ファンからもらったカップに「Vivid」と書いてあったことに由来する。 また、L'Arc〜en〜Cielとして初めてアレンジャーとを迎えバンドとの共同編曲となった楽曲である。

本作は8cmシングルであるが2枚組のバージョンがある。2枚目のディスクには、当時同じレーベルに所属していたアーティスト達が各々の新曲についてコメントしており、その曲が1コーラス収録されている。ラルクについては、メンバー4人の自己紹介とhydeによる「Vivid Colors」の解説、同曲の1コーラスが収録されている。

収録曲[編集]

  1. Vivid Colors
    日本テレビ系番組『ぐるぐるナインティナイン』エンディングテーマ。
    インディーズ時代では、仮タイトルの「New Song」のまま、ライブで披露した事がある。作曲したkenによると名古屋の大学時代に曲のサビはすでにあったと思われる[1]。また、この曲でテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』への初出演を果たした。3rdアルバム『heavenly』にはアルバムバージョンという表記はされていないが、シングルバージョンよりもアウトロの時間が長くなっているかたちで収録されている。この曲のミュージック・ビデオは2種類存在し、どちらもPV集『CHRONICLE 0 -ZERO-』に収録されている。
  2. Brilliant Years
    • 作詞・作曲:hyde / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    日本テレビ系番組『しんドラ』エンディングテーマ。
    演奏時間は3分16秒と、歌詞のあるラルクのオリジナル曲では最も短い楽曲である[2]。初期のライブではよく演奏されていた楽曲であり、ライブでは前奏部分が新たに追加されて演奏されていた。「15th L'Anniversary Live」人気投票29位。
  3. Vivid Colors (Voiceless Version)

参加ミュージシャン[編集]

カバー[編集]

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム
ベストアルバム

脚注[編集]

  1. ^ 中京テレビ系番組『キス・ミス・チック』 1995年9月2日の発言より
  2. ^ 全ての曲のなかで最も短いのはインスト曲である「hole」(1分08秒)。また、これより短い演奏時間の楽曲として、2010年にカバー曲「I Love Rock'n Roll」(2分49秒)。