winter fall

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
winter fall
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『HEART
B面 metropolis
リリース
規格 8cmシングル
12cmシングル(再発)
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Sony Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
ken (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
ゴールドディスク
※ いずれも日本レコード協会認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 週間21位(再発盤・オリコン)
  • 1998年2月度月間3位(オリコン)
  • 1998年3月度月間9位(オリコン)
  • 1998年度年間25位(オリコン)
  • 登場回数24回(オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表

1997年
winter fall
(1998年)
DIVE TO BLUE
(1998年)
HEART 収録曲
LORELEY
(1)
Winter fall
(2)
Singin' in the Rain
(3)
テンプレートを表示

winter fall」(ウィンター・フォール)は、L'Arc〜en〜Cielの8作目のシングル1998年1月28日発売。発売元はKi/oon Sony Records

解説[編集]

前作「」以来3ヶ月ぶり、また、yukihiroが正式加入して初のシングルで、5thアルバム『HEART』の先行シングルとして発売された。

前作の大ヒットからの流れということもあり、L'Arc〜en〜Cielとしては初めてオリコンシングルチャートで1位を獲得。オリコン調べによると前作を上回る累計85.0万枚を売り上げた。

本作の表題曲はテレビ朝日放送の海外ドラマ『シカゴ・ホープ2』とJR東日本のキャンペーン・JR Ski Skiとの間で激しいタイアップ争奪戦となったが、テレビ朝日がこの争奪戦を制し、『シカゴ・ホープ2』の日本語版の主題歌として採用されている[1]。ちなみに、L'Arc〜en〜Cielの楽曲として初となるドラマ主題歌への起用となった。

また、前々作「Lies and Truth」以来2作ぶりに表題曲の"hydeless version"(所謂カラオケバージョン)が収録されている。

収録曲[編集]

  1. winter fall
    テレビ朝日系ドラマ『シカゴ・ホープ2』イメージソング。
    発売前の1997年東京ドームで行われたライブ「1997 REINCARNATION」で先行演奏された。タイトルの語源は「The curtain falls(幕が降りる)」と「恋の終わり」をひっかけたhydeによる造語。作曲を担当したkenは「夏」をイメージして作った曲であると話しているが、hydeは「冬」をイメージし、冬を題材にした歌詞が書かれた。2010年末のテレビ朝日系特別番組『ミュージックステーションスーパーライブ』において12年ぶりにテレビで披露された。
    ミュージック・ビデオアメリカカリフォルニア州にあるデスヴァレーと、そこに存在する塩湖で撮影された。
    また、ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッドDX』で、GLAYのリーダー・TAKUROはこの曲を、ラルクのインディーズ時代の楽曲「As if in a dream」、「予感」と共にラルクの中で好きな曲として挙げている[2]
  2. metropolis
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
    歌詞の内容は映画『メトロポリス』をイメージしている。hydeは曲が完成する度にお世話になった学校の先生にCDを送っていたそうだが、歌詞が淫猥な為、送付を躊躇したと語っている(結果的には送っている)。また、2006年に行われたライブ「15th L'Anniversary Live」では会場のスクリーンにメンバーの股間を頻繁に映し出すパフォーマンスが行なわれた(DVDではこの演出は未収録)。
    仮タイトルは「猪木ボンバイエ」で、当初サンバ調のアレンジにすることを想定していたため名付けられた[3]
    また、yukihiroによるリミックスバージョンも製作され、15thシングル「HEAVEN'S DRIVE」およびリミックスアルバム『ectomorphed works』にそれぞれ別バージョンが収録された。さらに、2011年にはパートチェンジバンドP'UNK〜EN〜CIELでリアレンジされ、37thシングル「GOOD LUCK MY WAY」のカップリングに収録している。P'UNK〜EN〜CIELがカバーした唯一のカップリング曲であり、最後の曲となった。
  3. winter fall (hydeless version)

参加ミュージシャン[編集]

カバー・サンプリング[編集]

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム
ベストアルバム

脚注[編集]

  1. ^ 一方、JR東日本は浜田雅功の「春はまだか」を起用した。
  2. ^ ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッドDX』2004年2月18日放送回
  3. ^ NHK-FMミュージックスクエア』1998年2月25日放送