大橋卓弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大橋卓弥
Sukimaswitch-takuyaohashi-liveinconcert-crop-countdownjapan-dec2011.jpg
2011年のライブ
基本情報
生誕 1978年5月9日(38歳)
出身地 愛知県東海市
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
編曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1999年 -
レーベル BMG JAPAN
公式サイト オフィスオーガスタ 公式サイト

大橋 卓弥(おおはし たくや、1978年5月9日 - )は、日本ミュージシャンスキマスイッチボーカルギターを担当。通称「タクヤ」「スター」「ヤサ」など。愛知県東海市出身。既婚。

来歴[編集]

1978年5月9日に愛知県東海市にて2人兄妹の長男として生まれる。幼少期からクラシック音楽を好み、小学生の頃からピアノを習い始める。当時はピアニストになる事を夢見ていた。中学に入ると、生徒会の書記として朝礼で漫才をするなど人前に出る楽しさに目覚める。中学2年までピアノを続けていたが、所属していたバレーボール部の練習が増えたことで指導者から「(突き指しやすい)バレーとピアノは相性が悪い」と注意を受けていた。そして、指導者の薦めで見たリサイタルでプロの演奏を聴き、自分の演奏との違いに衝撃を受けたことで自身の能力に限界を感じた結果、ピアノを習うこと自体をやめてしまう。高校でもバレーボール部を続け、キャプテン兼エースアタッカーとして活躍した。戦績は県大会ベスト8。現在でもサッカー以外の球技スポーツは得意。高校3年生の夏、中学時代の先輩だったヨツヤタカヒロ.の誘いで見に行ったライブで、常田真太郎と出会う。その時の印象は「何でこんなにピアノが下手なのに人前に出られるんだろう?お客さんを入れてお金取ってやってるのに」と、非常に悪かった。カラオケに初めて行った際に「歌がうまい」と褒められた事がきっかけで、ミュージシャンになる事を意識し始める。

高校卒業後に上京し、常田と同じ音楽専門学校に進学。当時は、知り合いが近くにいた方が安心するということで、常田の住んでいたアパートの近くに大橋もアパートを借りて住んでいた。 しかし、進学した音楽専門学校にも、たった2週間で行かなくなり、その後、親に内緒で自主退学。当時ヨツヤタカヒロ.らと結成していた4人組バンド"Dear Friends"も、音楽活動より麻雀に熱中してしまったため自然消滅した。以後は1人で路上ライブを中心に活動する。その間、常田から「一緒に音楽をやらないか」と何度となくアプローチを受けるが、第一印象のため、逃げ続けた。路上ライブを続けているうちに自作のCDを作りたいと思い、自身の楽曲のアレンジなどレコーディングを常田に依頼。すると後日、突然常田から電話が来て「組むことになったから」と宣言され、そのまま流される形でスキマスイッチを結成(電話までのいきさつは常田真太郎を参照のこと)。

2007年9月29日に一般女性との入籍を発表。12月14日に公式ホームページにて大橋卓弥ソロ・プロジェクト発表。

2009年3月25日に全国ツアーの最終公演を収めたライブDVD「Drunk Monkeys“TOUR 2008”and“+α”」発売。11月には第1子となる女児が誕生。

作品[編集]

インディーズ[編集]

ミニアルバム[編集]

リリース日 タイトル
1st 1999年12月8日 休日

メジャー[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル
1st 2008年2月6日 はじまりの歌
2nd 2008年4月2日 ありがとう
3rd 2008年6月11日 SKY

オリジナルアルバム[編集]

リリース日 タイトル
1st 2008年7月2日 Drunk Monkeys

ライブDVD[編集]

リリース日 タイトル
1st 2009年3月25日 Drunk Monkeys"TOUR 2008"and"+α"

未音源化曲[編集]

  • バトン
    • 「大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008+α」の日本武道館公演で初めて披露した曲。
  • Who am I?
    • 「大橋卓弥 with Drunk Monkeys Live “Reprise II”」で初めて披露した曲。
  • EASY
    • 「大橋卓弥 with Drunk Monkeys Live “Reprise II”」で初めて披露した曲。

その他[編集]

他アーティストと共演した楽曲[編集]

  • 松たか子 - 明かりの灯る方へ(2006年3月22日
    • 常田とともに作詞・作曲した楽曲にコーラスとして参加。
  • PLUS ONE - カオ上げて(2007年3月28日
    • 小田和正佐藤竹善の二人によるユニットの楽曲にコーラスとして参加。佐藤のシングル「FOUR WORLDS」収録。
  • スピッツ - 群青(2007年8月1日
    • 植村花菜と共にバッキング・ボーカルとして参加。
  • 岡本真夜 - 明日ハレルヤ!
  • Fairlife - by bicycle feat. 大橋卓弥 from スキマスイッチ(2010年2月3日
    • Fairlifeのアルバム『みちくさ日和』収録。
  • 植村花菜 - キセキ(2010年9月15日
  • RADIO BLOSSOMS - 春のせい
    • FM802ACCESSキャンペーン2011年度キャンペーンソング。自身が作詞作曲、Drunk Brothers(Mummy-D+大橋卓弥)としてMummy-Dとともにプロデュースした楽曲にRADIO BLOSSOMSの一員として参加。
  • 小田和正 - hello hello(2011年4月20日
    • 小田のアルバム「どーも」収録。佐藤竹善と共にバッキング・ボーカルとして参加。
  • 小田和正 - グッバイ(2011年11月17日
    • 佐藤竹善と共にバッキング・ボーカルとして参加。
  • 清水翔太 - 夏の終わりのハーモニー(2012年11月28日
    • 清水のカバーアルバム「MELODY」収録。ゲストボーカルとして参加。
  • 小田和正 - そんなことより 幸せになろう・この街・彼方・mata-ne(2014年7月2日
    • 小田のアルバム「小田日和」収録。コーラスとして参加。
  • SPICY CHOCOLATE - ミスキャスト feat. 大橋卓弥(スキマスイッチ) & 奇妙礼太郎(2015年11月25日
    • SPICY CHOCOLATEの配信シングル。SPICY CHOCOLATEのアルバム「渋谷純愛物語2」に収録。作詞、ゲストボーカルとして参加。共同で作曲にも参加。
  • ザ・プールサイド - Hello radio
    • FM802のACCESSキャンペーン2016年度キャンペーンソング。ザ・プールサイドの一員としてボーカルで参加。

他のアーティストに提供した楽曲[編集]

  • 小坂忠 - Runway (2009年3月18日
    • 小坂忠のデビュー42周年、60thのアニヴァーサリー作品「Connected」収録。"大橋卓弥 from スキマスイッチ"の名義で提供している。
  • 20th Century - スタートライン (2009年6月17日
    • V6の35thシングル「スピリット」、初回生産限定 MUSIC盤 DISC2収録。"大橋卓弥 from スキマスイッチ"の名義で提供している。

参加したオムニバスアルバム[編集]

タイアップ一覧[編集]

楽曲 タイアップ
はじまりの歌 ユーキャン2008キャンペーンソング
ありがとう NHK土曜ドラマ『刑事の現場』主題歌
母の日花キューピットコラボレーションキャンペーンソング
JB本四高速 CMソング
SKY 角川映画DIVE!!』主題歌

メディア[編集]

CM[編集]

  • ユーキャン「通信講座」(2008年)
    • 「新・ユーキャン篇」
    • 「郵便篇」
    • 「バスの中篇」

映画[編集]

ライブツアー[編集]

2008年[編集]

大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008[編集]

  • 2008/09/29〜30 横浜BLITZ
  • 2008/10/06〜07 Zepp Fukuoka
  • 2008/10/15〜16 広島CLUB QUATTRO
  • 2008/10/21〜22 なんばhatch
  • 2008/10/24〜25 高知BAY5SQUARE
  • 2008/10/30〜31 Zepp Nagoya
  • 2008/11/07〜08 Zepp Sendai
  • 2008/11/15〜16 新潟LOTS
  • 2008/11/18〜19 Zepp Sapporo
  • 2008/12/11 Zepp Sapporo(延期公演)

大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008 +α(追加公演)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 岡本真夜デビュー20周年ベスト発売、「アララの呪文」セルフカバーや新曲も”. 音楽ナタリー (2015年7月10日). 2015年7月10日閲覧。