前頭葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 前頭葉
主要な脳溝と葉を側面から見た図。前頭葉は左側に青く示されている。
Gray726 frontal lobe.png
左大脳半球の外側面。オレンジ色の所が前頭葉。中心溝より前、外側溝より上、の領域として前頭葉は定義される。
名称
日本語 前頭葉
英語 Frontal lobe
ラテン語 lobus frontalis
略号 FL
関連構造
上位構造 大脳
構成要素 上前頭回中前頭回下前頭回中心前回前頭極直回眼窩回、(前部帯状回)、一次運動野前頭前野
動脈 前大脳動脈
中大脳動脈
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
Digital Anatomist 内側
上方
脳葉
大脳パーツ
関連情報
Brede Database 階層関係、座標情報
NeuroNames 関連情報一覧
NIF 総合検索
MeSH Frontal+Lobe
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

前頭葉(ぜんとうよう、: Frontal lobe)は、哺乳類の一部である。大脳のひとつ。前頭葉は両側の大脳半球の前部に存在し、頭頂葉の前側、側頭葉の上前方に位置する。前頭葉と頭頂葉の間には一次運動野が存在する。一次運動野は中心前回に関連付けられた特定の身体部位の随意運動を制御している。

前頭葉が完全に成熟するのは25歳前後と言われており、これは成人期の認知的成熟の印とされている。UCLA のアーサー・トーガ (Arthur Toga) の研究によって、前頭葉の白質の髄鞘は10代の被験者より若い成人の被験者において増加していることが発見された。成人期初期における統合失調症の典型的な発症は、不十分なミエリン化と、それによって引き起こされる前頭の細胞間の非効率的な結合とに関連がある。

大脳皮質ドーパミン感受性ニューロンの大半は前頭葉に存在する。ドーパミン系は報酬注意長期記憶、計画や意欲と関連付けられている。ドーパミンは、視床から前頭へと伝えられる感覚情報の制限、及び選択に関連しているとされている。米国国立精神保健研究所の報告によると、前頭前皮質におけるドーパミン活性の減少を起こす遺伝子変異ワーキングメモリ課題における成績の低下と課題中の前頭前皮質の機能の低下とに関係し、統合失調症のリスクをわずかに増加させると報告されている。

機能[編集]

動画。赤で示す部分が左半球の前頭葉。右半球は透明にしてある。

前頭葉の持つ実行機能 (executive function) と呼ばれる能力は、現在の行動によって生じる未来における結果の認知や、より良い行動の選択、許容され難い社会的応答の無効化と抑圧、物事の類似点や相違点の判断に関する能力と関係している。

前頭葉は、課題に基づかない長期記憶の保持における重要な役割も担っている。それらはしばしば大脳辺縁系からの入力に由来する情動と関連付けられた記憶である。前頭葉は社会的に好ましい規範に適合するようにこのような情動を調整する。

前頭葉の機能を計測する心理学的テストとして、指叩き課題 (Finger tapping) や、ウィスコンシンカード分類課題、言語や図形処理の流暢性の計測などがある[1]

精神外科[編集]

20世紀初頭に精神疾患の治療法として、ポルトガル神経科学者エガス・モニスによって初めて開発された、前頭葉と大脳辺縁系をつなぐ経路にダメージを与える方法が行われた。前頭のロボトミー (前頭葉切截術とも) により、患者の苦悩を軽減することに成功したが、副作用として感情、意思、人格の鈍化が見られた。この精神外科的方法の無差別な使用は、深刻な副作用と手術の危険性もあいまって、評判を落とし、精神医学的な療法としては姿を消した。

非常にまれではあるが、より的確な形での精神外科的手法は今でも時折行われている。前嚢切開 (anterior capsulotomy) (両側内包前脚の熱損傷) や両側帯状回切除 (bilateral cingulotomy) (両側前帯状回の損傷) といった治療法が、治療困難な強迫性障害うつ病に用いられる。


障害[編集]

前頭葉の障害は様々な現象を引き起こす。

  • 精神的柔軟性や自発性の低下。しかし、IQ の低下は起きない。
  • 会話の劇的な増加または減少。
  • 危険管理や規則の順守に関する感覚の障害。
  • 社交性の増加または減少。
  • 眼窩前頭野の障害は独特な性行動を引き起こす。
  • 背外側前頭野の障害は性的興味の減少を引き起こす。

参考画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Kimberg, D.Y., Farah, M.J. A unified account of cognitive impariments following frontal lobe damage: the role of working memory in complex, organized behavior. J. Exp. Psychol. Gen. 1993 122(4):411-28

外部リンク[編集]

大脳脳葉
外側面 外側溝内部 と 極 内側面
大脳脳回
外側面 外側溝内部 内側面 - 上部
脳底部 - 眼窩面 脳底部 - 側頭葉下面 内側面 - 下部