前頭極

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
脳: 前頭極
大脳を下から見たところ。一番上の水色の部分が前頭極。
名称
日本語 前頭極
英語 Frontal pole
ラテン語 polus frontalis
略号 FrP, FP
関連構造
上位構造 前頭葉
画像
Digital Anatomist 左側面
右側面
下方
上方
前方
関連情報
NeuroNames 関連情報一覧
NIF 総合検索
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

前頭極(ぜんとうきょく、英:Frontal pole)は、大脳の一番前方の部分のことを指す言葉。前頭前皮質の一部で、前頭葉の一番前方の部分にあたる。細胞構築学的な分類ではブロードマン領野の10野におおよそあたる。

前頭極の機能的側面はまだ解明されていない部分が多いが、局所脳血流量(rCBF)の変化の測定から、将来の予測や来週の計画を立てることなど「未来について考えること」と関わるとする報告[1]、またサルを使った実験から、「過去に自分が行った決断(意思決定)を評価すること」と関わるとする報告[2]などがある。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jiro Okuda. et. al. "Thinking of the future and past: the roles of the frontal pole and the medial temporal lobes" NeuroImage Volume 19, Issue 4, August 2003, Pages 1369-1380 PDF
  2. ^ Satoshi Tsujimoto. et. al. "Evaluating self-generated decisions in frontal pole cortex of monkeys" Nature Neuroscience 13, pp.120-126 (2009) PDF

関連項目[編集]


大脳脳葉
外側面 外側溝内部 と 極 内側面