後頭極

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
脳: 後頭極
大脳を下から見たところ。一番下の赤色の部分が後頭極。
名称
日本語 後頭極
英語 Occipital pole
ラテン語 polus occipitalis
略号 ocp, OP
関連構造
上位構造 後頭葉
画像
Digital Anatomist 内側
関連情報
NeuroNames 関連情報一覧
NIF 総合検索
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

後頭極(こうとうきょく、英:Occipital pole)は、大脳の一番後方の部分のことを指す言葉。後頭葉の一番後方の部分で、細胞構築学的な分類ではブロードマン領野の17野におおよそあたる。

機能的にはこの領域は一次視覚野にあたり、視覚情報の処理が行われている。

画像[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

大脳脳葉
外側面 外側溝内部 と 極 内側面