前障

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 前障
Gray742-emphasizing-claustrum.png
ヒト脳の右半球の水平断面。矢印の先、紫色で示すところが前障。
Gray 718-emphasizing-claustrum.png
ヒト脳の冠状断面。矢印の先、青色で示すところが前障。
名称
日本語 前障
英語 claustrum
ラテン語 claustrum
略号 Cl
関連構造
上位構造 前脳終脳、(大脳基底核
画像
Digital Anatomist 水平断(海馬采/脳弓)
水平断(上丘)
水平断(前交連)
冠状断(海馬)
冠状断(脚間窩)
冠状断(黒質)
関連情報
Brede Database 階層関係、座標情報
NeuroNames 関連情報一覧
NIF 総合検索
MeSH Claustrum
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

前障(ぜんしょう、claustrum)は哺乳類の脳の中の一領域。外包最外包の間に位置する灰白質である。大脳皮質の広範な領野との間に回帰的(reciprocal)な結合を持つ。大脳基底核の一部に数えられることもあるが、現在では機能的には関わりは薄いと考えられている。

フランシス・クリックが晩年に、意識に相関した脳活動(意識的知覚を引き起こす最小の神経活動)を研究していく中で、前障が意識現象の最も重要な構成要素であるという考えを示した[1]。なお一般にはまだあまり支持されているとはいえない。

  1. ^ [1] 雑誌nature, 2005.6.23.のCharles F. Stevensによる記事。

関連項目[編集]