被殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 被殻
Putamen.png
ヒト脳内での被殻の位置。赤色で示す領域が被殻。
左は側面から見た図。右は正面から見た図。
Gray 718-emphasizing-putamen.png
第三脳室を通るように脳を冠状断した図。青色で示す所が被殻。
名称
日本語 被殻
英語 Putamen
ラテン語 Putamen
略号 Pu
関連構造
上位構造 線条体レンズ核
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
Digital Anatomist 被殻
脳幹後方
冠状断(海馬)
冠状断(視床)
冠状断(脚間窩)
冠状断(黒質)
水平断(黒質)
水平断(海馬采/脳弓)
水平断(上丘)
水平断(前交連)
関連情報
IBVD 体積(面積)
Brede Database 階層関係、座標情報
NeuroNames 関連情報一覧
NIF 総合検索
MeSH Putamen
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

被殻(ひかく、: Putamen)は、の中央部に存在する脳構造で、尾状核と共に背側線条体を形成している。

被殻は大脳基底核の一部で、レンズ核の最外部を形成している。

機能[編集]

被殻は強化学習に役割を持っていると見られている。

投射[編集]

運動野体性感覚野視床髄板内核、及び黒質から、被殻への投射が存在する。

被殻からは淡蒼球視床を介して、皮質の運動前野補足運動野への投射が存在する。

参考画像[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]