レンズ核

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: レンズ核
Gray741.png
ヒト線条体の模式図。A: 外側からの眺め、B: 内側からの眺め。尾状核被殻が示されている。
名称
日本語 レンズ核
英語 Lentiform nucleus
ラテン語 nucleus lentiformis
関連構造
上位構造 終脳大脳大脳基底核
構成要素 被殻淡蒼球
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
IBVD 体積(面積)
Brede Database 階層関係、座標情報
NeuroNames 関連情報一覧
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

レンズ核(lentiform nucleus または lenticular nucleus)は、大脳基底核のうち、被殻淡蒼球の2つを指す脳の領域の名称。レンズ核は円錐形の灰白質であり、内包の外側に位置する。レンズ核の名称はラテン語に由来し、おそらく側面から剖出して観察した際のこの核の形状を表したものである。

関連項目[編集]