髄膜腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
髄膜腫
別称 Meningeal tumor[1]
Contrast enhanced meningioma.jpg
A contrast-enhanced CT scan of the brain, demonstrating the appearance of a meningioma
診療科 Neurosurgery
症候学 None, seizures, dementia, trouble talking, vision problems, one sided weakness[2]
通常の発症 Adults[1]
リスクファクター Ionizing radiation, family history[3]
診断法 Medical imaging[2]
鑑別 Haemangiopericytoma, lymphoma, schwannoma, solitary fibrous tumour, metastasis[4]
使用する医薬品 Anticonvulsants, corticosteroids[2]
治療 Observation, surgery, radiation therapy[2]
予後 95% ten year survival with complete removal[5]
頻度 c. 1 per 1,000 (US)[3]

髄膜腫(ずいまくしゅ)または髄膜腫瘍(ずいまくしゅよう)は、脳と脊髄の周りの膜層である髄膜から発生し、非常にゆっくりと進行する腫瘍である[1]。症状は発生箇所とその腫瘍によって圧迫される組織によって異なる[3][6]。多くの場合、症状がない[2]。時に発作認知症、言語障害、視覚障害、半身の衰弱、尿失禁になることがある[2]

髄膜腫の主な要因には、放射線治療などによる電離放射線曝露、家系、神経線維腫症2型、などがあげられる[2][3]。2014年には髄膜腫と携帯電話使用との関係性はないとされた[6]。髄膜腫はいくつかの異なる種類の細胞から発生するとされ、その中にはクモ膜下細胞も含まれる[1][2]。診断は一般的に医用画像による[2]

症状がない場合は、定期的に診察され、それだけで十分な場合がある[2]。症状のある多くの場合は手術によって完治できる[1]。完全な摘出手術後に再発する確率は20%未満である[2]。手術が不可能または全摘出手術が不可能な場合は、放射線手術が有用であることが判明している[2]化学療法による効果は診られていない[2]。割合の少ない急成長する髄膜腫は、最悪の結果と関連付けられる[1]

米国では約1000人中1人に影響している[3]。一般的に、髄膜腫は成人に診られる[1]脳腫瘍の30%は髄膜腫である[4]。女性の発症率は男性の発症率の約2倍である[3]。髄膜腫は早くて1614年にフェリクス・プラターによって報告された[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Adult Central Nervous System Tumors Treatment” (英語). National Cancer Institute (2016年8月26日). 2017年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Ferri, Fred F. (2017) (英語). Ferri's Clinical Advisor 2018 E-Book: 5 Books in 1. Elsevier Health Sciences. p. 809. ISBN 9780323529570. オリジナルの2017-09-10時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=wGclDwAAQBAJ&pg=PA809. 
  3. ^ a b c d e f Wiemels, J; Wrensch, M; Claus, EB (September 2010). “Epidemiology and etiology of meningioma.”. Journal of Neuro-oncology 99 (3): 307–14. doi:10.1007/s11060-010-0386-3. PMC: 2945461. PMID 20821343. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2945461/. 
  4. ^ a b Starr, CJ; Cha, S (26 May 2017). “Meningioma mimics: five key imaging features to differentiate them from meningiomas.”. Clinical Radiology 72 (9): 722–728. doi:10.1016/j.crad.2017.05.002. PMID 28554578. 
  5. ^ Goodman, Catherine C.; Fuller, Kenda S. (2011) (英語). Pathology for the Physical Therapist Assistant – E-Book. Elsevier Health Sciences. p. 192. ISBN 978-1437708936. オリジナルの2017-09-10時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=eJb5RHpCF6oC&pg=SL5-PA190. 
  6. ^ a b World Cancer Report 2014. World Health Organization. (2014). pp. Chapter 5.16. ISBN 978-9283204299. 
  7. ^ Joung H. Lee (2008-12-11). Meningiomas: Diagnosis, Treatment, and Outcome. Springer Science & Business Media. pp. 3–13. ISBN 978-1-84628-784-8. https://books.google.com/books?id=c_j9piinzy8C&pg=PA3. 

外部リンク[編集]

分類
外部リソース