夏色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夏色
ゆずシングル
初出アルバム『ゆず一家
B面 大バカ者
贈る詩
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル セーニャ・アンド・カンパニー
作詞・作曲 北川悠仁
プロデュース ゆず&寺岡呼人
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間17位(オリコン
  • 1998年度年間91位(オリコン)
  • 2011年度年間79位(iTunes Store[1]
  • 2012年度年間100位(iTunes Store)
  • 登場回数27回(オリコン)
  • ゆず シングル 年表
    夏色
    (1998年)
    少年
    (1998年)
    ゆず一家 収録曲
    以上
    (3)
    夏色
    (4)
    手紙
    (5)
    Home [1997-2000] 収録曲
    なにもない
    (2)
    夏色
    (3)
    少年
    (4)
    テンプレートを表示

    夏色」(なついろ)は、日本のフォークデュオゆずの楽曲で、メジャーデビューシングル1998年6月3日に発売。発売元はセーニャ・アンド・カンパニー

    概要[編集]

    同年7月の第1週に初めてオリコンチャートのトップ30に入り、9月の第1週にはトップ20入り、9月第3週には最高位である17位を記録した。

    大阪のFM局、FM802の1998年6月のヘヴィー・ローテーションに選ばれる。

    2008年11月18日より、京浜急行電鉄上大岡駅神奈川県横浜市)において、「夏色」が接近メロディーとして使用されている[2]

    発売から19年後の2017年にはロッテ」のCMソングとして起用され、初のタイアップとなった。

    収録曲[編集]

    全編曲:寺岡呼人&ゆず

    1. 夏色 (3:21)
      • 作詞・作曲: 北川悠仁
      • スペースシャワーTV』1998年度6月期 POWER PUSH曲。
      • 「夏色」という曲名は、岩沢が「色が見えました。夏色っていう色が」という由来から付けられた。
      • ミュージックビデオには鎌倉市が使われている。
      • シンガーソングライター山崎まさよしと岩沢厚治が音楽雑誌[どこ?]で対談した際、山崎が「サビの『この長い長い下り坂を〜』から疾走感がどんどん増すのに、突然『ゆっくり〜ゆっくり〜』とブレーキを握る歌詞になるのがずっと疑問だった」と述べ、その理由を代わって岩沢が返答した(北川の実家の前に急な坂がある、という内容)[3]。ちなみに『ブレーキいっぱい握りしめ』る理由は、「そうしないと死ぬから(北川談[いつ?])」。
      • 北川曰く、「パンツ一丁で作った曲がこんなに有名になってずっと歌うとは思わなかった(笑)」とのこと。
      • ライブでは、演奏終了後に、観客の「もう1回!」という掛け声と共にサビ部分を再度繰り返して演奏される(その際、悠仁が観客を罵倒するパフォーマンスも見せている)。
    2. 大バカ者 (2:49)
      • 作詞・作曲: 岩沢厚治
    3. 贈る詩 (2:49)
      • 作詞・作曲: 北川悠仁
      • 路上時代に誕生日を祝ってくれたファンのために書いた曲。
      • 2017年3月31日の『ミュージックステーション』でテレビ初披露。
      • カップリング曲では唯一ベストアルバムに収録されている。

    収録作品[編集]

    テレビ出演[編集]

    カバー[編集]

    夏色

    脚注[編集]

    1. ^ 2011年に最もダウンロードされた作品は? 「iTunes Rewind 2011」発表BARKS、2011年12月9日掲載)2011年12月9日閲覧。
    2. ^ くるり、ゆず、EXILE他の名曲が京急線ホームに響く音楽ナタリー、2008年11月18日掲載)2008年11月24日閲覧。
    3. ^ 『山崎まさよし/対談上手』(ソニー・マガジンズ刊)参照。