ロストマン/sailing day

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロストマン/sailing day
BUMP OF CHICKENシングル
初出アルバム『ユグドラシル
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 藤原基央
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2003年度年間29位(オリコン)
  • 登場回数27回(オリコン)
BUMP OF CHICKEN シングル 年表
スノースマイル
2002年
ロストマン/sailing day
2003年
アルエ
2004年
ミュージックビデオ
「sailing day」 - YouTube
テンプレートを表示

ロストマン/sailing day」(ロストマン/セイリング・デイ)は、BUMP OF CHICKENの通算6枚目のシングル2003年3月12日トイズファクトリーから発売された。

概要[編集]

  • BUMP OF CHICKEN初の両A面シングルで、後に曲順を入れ替えた『ONE PIECE』仕様のシングルも3ヶ月限定生産で販売された。
  • 初動売上はシングルでは初めて10万枚を突破した。また、本作が初登場2位を記録した週に1枚目のシングル「LAMP」が、発売から3年をかけてオリコンチャート181位にランクインした。
  • ジャケット写真の場所は中目黒駅で、真冬の深夜から早朝にかけて撮影された。

収録曲[編集]

  • 全曲作詞・作曲:藤原基央 編曲:BUMP OF CHICKEN
  1. ロストマン
    「切り取った」という歌詞が登場することから仮タイトルは「シザーズソング」であった。
    作詞のみで約9ヶ月間が費やされた楽曲[1]で、藤原は「この曲を完成させるのにどうしようも無いぐらいひどく時間がかかったが、そのために費やした時間は本当に必要な時間だったと思う。自分にとって「ロストマン」の制作は次の段階に進むために必要な通過儀礼のようなものだった。」と語った[2]
    また、藤原は当時のラジオ番組にゲスト出演した際、「人によって解釈はそれぞれあっていいが、この曲は「失敗した今の自分」と「失敗しなかった場合の自分」とがいつか再会を約束する曲である」という趣旨の発言をしている[3]
    桜井和寿Mr.Children)は2000年代で最も印象に残った曲としてこの曲を挙げている[4]。後に桜井はBank Bandのライブにおいて、この曲をカバーして発表した。
  2. sailing day
    東映配給映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』主題歌。
    PVには『ONE PIECE』の主人公のモンキー・D・ルフィの姿の人が登場している。
  • 隠しトラックには限定盤・通常盤ともに「おもち」(作詞・作曲:BUMP OF CHICKEN)が収録されている。

収録アルバム[編集]

出典・参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ZIP!」日本テレビ 2013年7月5日放送
  2. ^ ROCKIN'ON JAPAN BUMP OF CHICKENインタヴュー 4人が語る新作『COSMONAUT』の全て、FACT、2011年1月号
  3. ^ NHK-FM ミュージックスクエア 2003年3月13日OA。
  4. ^ MUSICA さらば00年代 10年総括インタビュー、FACT、2009年12月、19頁
MVA BEST YOUR CHOICE受賞曲
2003年:
RIP SLYME
楽園ベイベー
2004年:
BUMP OF CHICKEN
ロストマン
2005年:
BUMP OF CHICKEN
車輪の唄