風をさがして

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
風をさがして
矢口真里とストローハットシングル
初出アルバム『『ONE PIECE MEMORIAL BEST
WE LOVE ヘキサゴン 2010』』
リリース
規格 シングルデジタル・ダウンロード
録音 2009年
ジャンル J-POPアニメソング
レーベル avex trax
作詞・作曲 作詞:カシアス島田
作曲:高原兄
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 登場回数11回(オリコン)
テンプレートを表示

風をさがして」(かぜをさがして)は、フジテレビ系『クイズ!ヘキサゴンII』発のユニット矢口真里とストローハットのシングル2010年1月13日avex traxから発売された。

フジテレビ系列のアニメONE PIECE』の第12期オープニングテーマで、2009年11月15日放送回から2010年7月11日まで起用された[1]

概要[編集]

クイズ!ヘキサゴンII』発の13枚目のシングル[2]。『ONE PIECE』のテーマ曲であったため、それまでの主な発売元のポニーキャニオンよしもとアール・アンド・シーではなくavex traxから発売された。矢口真里とストローハットの唯一のシングルである。

『ヘキサゴンII』のナレーションを務める田中真弓が『ONE PIECE』の主人公モンキー・D・ルフィ声優であり、田中を通じて『ヘキサゴンII』プロデューサーの神原孝と『ONE PIECE』のアニメ制作スタッフが交流を持ったことから始まった企画[3]。番組発の楽曲で同番組に関連しないタイアップが付いたものはPaboの「グリーンフラッシュ伝説」以来で、ともにアニメ作品のタイアップである[4]

アニメのオープニング映像を製作するのに時間がかかるため、曲自体は2009年9月には既に完成していた[5]。『ヘキサゴンII』では、アニメでの楽曲使用開始より約1カ月遅れの同年12月9日放送分での初披露となった。

この曲が『ONE PIECE』のオープニングとして流れた直後、東映アニメーションのホームページやフジテレビの掲示板に多くの批判的な書き込み[6]が寄せられ、炎上する騒ぎが起こった(映像と音楽が合わず[7]、島田紳助も原作を全く読まずに作詞したため)[8]。本作の音楽を担当している田中公平は2013年3月にアニメソングのタイアップについて、愛の無い人が歌うタイアップは嫌だと語っている[9]

マーティ・フリードマンは「この曲はミュージカルの歌のようで、ロックR&Bダンスミュージックの影響が一切入っておらず、アニメファンの子どもたちにいっしょに歌ってもらうことが大前提として作っている」とし、また「こういうタイプの曲は、メインボーカルの立場からすると、歌うのは難しいはずなのだが、それを感じさせずにこなしている」とメインボーカルの矢口の評価をしている[10]

「矢口真里とストローハット」メンバーと『ONE PIECE』キャラクターのコラボトレーディングカード1枚 - 全10種類の中からランダムで封入されている。

「矢口真里とストローハット」メンバー[編集]

「ストローハット」という名前は、『ONE PIECE』の主人公モンキー・D・ルフィのトレードマークである麦わら帽子から付けられた[11]

メンバーは同アニメのキャラクター「麦わらの一味」に扮していたが、矢口真里以外のメンバーは『ONE PIECE』のことをほとんど知らず、中には自分が扮しているキャラクターが何なのか分からなかった者もいた[11]大沢あかねさとう里香に関してはキャラクターの明言がなく、どちらがどちらのキャラクターか明らかになっていない。

大沢、さとう、元木はヘキサゴンファミリー総出の「ヘキサゴンオールスターズ」を除けば初の番組発ユニット参加となる。さとうはこのシングル発売時期から後は番組出演がなくなり、東京国際アニメフェア2010で行われた『ONE PIECE 10th MEMORIAL STAGE』を最後にユニットに参加していない。2010年10月に行われた『クイズ!ヘキサゴン放送300回記念〜スベラーズ単独ライブ〜』以降はさとうに代わり南が参加、2011年発売のアルバム『WE LOVE ヘキサゴン 2011』で新曲「時の足音〜桜の旅立ち〜」を発表した。

収録内容[編集]

CD[編集]

  1. 風をさがして
  2. 風をさがして (カラオケ)

DVD[編集]

  1. 風をさがして(ミュージッククリップ)
  2. 風をさがして(振り付け映像/マルチアングル)
    1. みんなで歌って踊ろうバージョン
    2. 矢口ちゃんとだけ歌って踊ろうバージョン
    3. あかね&里香と歌って踊ろうバージョン
    4. ガンバってるオジサンたちと歌って踊ろうバージョン
  3. 風をさがして(『ONE PIECE』ノンテロップオープニングバージョン)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “矢口真里、新ユニットで「ONE PIECE」新テーマ曲歌う!”. ナタリー!. (2009年12月10日). http://natalie.mu/music/news/24960 
  2. ^ DVDシングル「ラクダになるぞ」を除いた、CDシングルの枚数。
  3. ^ アルバム『WE LOVE ヘキサゴン 2010』、神原によるライナーノーツ「プロデューサー×神原人語2010」より。
  4. ^ 「グリーンフラッシュ伝説」は映画『映画! たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?』(2008年12月公開)テーマ曲。
  5. ^ 『クイズ!ヘキサゴンII』の携帯メールマガジン「メール!ヘキサゴン」より
  6. ^ その内容としては、「(ワンピースの歴代主題歌はどれも完成度が高かったので)いつも楽しみにしていた分、失望の度合いが本当に大きい。できることなら早く変えるか、前のでいいので戻して欲しい」などと、主題歌変更を要求するものから、「普段、馬鹿やって意味不明な歌出したりしてんのは勝手ですが、ワンピースに関わるな!」などといった、「ヘキサゴンⅡ」が主題歌を手がけた事への批判(メインボーカルの矢口真里への批判含む)、さらには「東映アニメーション・フジテレビから何の説明もないのは何故か」などと、フジテレビ側の説明を要求するものまで、多岐に渡った。
  7. ^ 特にワンピースの人気キャラであるポートガス・D・エースが処刑台に連れていかれるシーンで、歌の中の「イェーイ!!」という叫びが流れた事が槍玉に上げられた。
  8. ^ “「ワンピース」オープニングが変 東映アニメ公式HPが炎上”. J-CAST. (2009年11月19日) (2009-11-19発行). http://www.j-cast.com/2009/11/19054269.html 
  9. ^ 「作家で聴く音楽」 田中公平”. 平成30-11-12閲覧。 “タイアップの商売的な利点はわからなくはありませんが、売ってる相手はアニメを純粋に愛しているアニメファンなんですよね。だからタイアップでも、たとえばミスチルの桜井さんが「ワンピース」が好きで、「ワンピース」のために主題歌を書いて、「ワンピースの主題歌です」って歌ってくれるのは全然OKなんだけど、そうじゃない人がポンと来て愛情もなく去っていって、その後アニメの主題歌だったことを隠して歌い続けるなんてこともある。そういうのが嫌なんです。すべてのアニソンは愛なので、タイアップか否かというより、そこに愛があるかないか、それだけです。”
  10. ^ “難しい曲を難なくこなす矢口真里の「演技力」に脱帽”. 日経トレンディネット. (2010年3月31日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100326/1031318/ 
  11. ^ a b 『クイズ!ヘキサゴンII』2009年12月9日放送分より。
  12. ^ a b 『スベラーズ単独ライブ』ではクリスは小島よしお、大沢は神戸蘭子がそれぞれ代役を務めた。

外部リンク[編集]

テレビアニメONE PIECEオープニングテーマ
2009年11月15日 - 2010年7月11日
前作:
東方神起
Share The World
矢口真里とストローハット
風をさがして
次作:
The ROOTLESS
One day