FLAME VEIN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FLAME VEIN
BUMP OF CHICKENスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル ハイラインレコーズ(インディーズ)
トイズファクトリー(メジャー)
チャート最高順位
  • 77位(オリコン[1]
  • 登場回数19回(オリコン)[1]
  • 16位(再発盤・オリコン)[2]
  • 登場回数128回(再発盤・オリコン)[2]
BUMP OF CHICKEN 年表
FLAME VEIN
(1999年)
THE LIVING DEAD
2000年
『FLAME VEIN』収録のシングル
  1. LAMP
    リリース: 1999年11月25日
  2. アルエ
    リリース: 2004年3月31日
テンプレートを表示

FLAME VEIN』(フレイム・ヴェイン)は、BUMP OF CHICKENインディーズ1枚目のアルバム1999年3月18日ハイラインレコーズから発売され、メジャーデビュー後の2004年4月28日には再発盤がトイズファクトリーから発売された。再発盤には、廃盤となっている1枚目のシングル「LAMP」のカップリング曲「バトルクライ」が足されており、タイトルを『FLAME VEIN +1』として発売している。なお、インディーズ盤の帯には「情熱は約束を守る」というキャッチコピーが書かれていた。

解説[編集]

すべての曲のレコーディングを2日で終わらせた。

歌詞カードはすべて、ボーカル藤原基央による手書きで、アルバイトの休憩時間などを利用して作業を行った。また、「CHICKEN'S MOVIE FILM」として、自分の居場所を探す猫の話が随所に書かれている。

タイトルは「炎の脈」「情熱の静脈」といった意味で、レコーディング中に血管が浮き上がってきたのを見て思いついたという。

バンドとして初期の音源(1996年頃に出来た「ガラスのブルース」以降)が収録されている(隠しトラックには更に古い「DANNY」が収録)。

収録曲[編集]

  • 全曲、作詞・作曲:藤原基央
  1. ガラスのブルース
    • 藤原が初めて日本語で書いた曲。いくつかの大会にこの曲で優勝。ライブではアンコールの定番曲。 PVは、藤原の手書きイラストを使用したアニメーション風に仕上げられている。掲載されている歌詞と、一部異なる部分がある。
    • 14枚目のシングル「メーデー」のカップリングに、「28 years round」と題した、アコースティックバージョンが収録された。
    藤原はこの曲の歌詞カードで「HEART」と書くべき部分を「HERAT」と書いている。
    ベストアルバム『BUMP OF CHICKEN I <1999-2004>』1曲目に収録された。
    初出演したNHK番組「SONGS」では番組を締めくくるラストナンバーとして『バンドの原点』として2015年時点のライブアレンジで演奏されている。
  2. くだらない唄
    藤原が東京で一人暮らしをし始めた頃、千葉に電車で帰る間に作った曲。歌詞中の場所にはモデルがある。(『THE LIVING DEAD』の「続・くだらない唄」を参照)
    ドラマ『天体観測』挿入歌。
    ベストアルバム『BUMP OF CHICKEN I <1999-2004>』2曲目に収録された。
  3. アルエ
    藤原曰く、庵野秀明監督のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する少女綾波レイに一時本気で恋をした藤原が、イニシャルのR.A(アールエー)をタイトルにとり、作詞作曲した。歌詞中の少女の描写も綾波レイの特徴と一致する。ちなみに英語表記は「ARE」であり、これは「ヤナミイ」の頭文字である。
    再発盤の先行シングルとして2004年に7thシングルとしてリカットされた。
  4. リトルブレイバー
    のちに、1stシングル「LAMP」のカップリングとしてシングルカット。この曲はインディーズ時代~2003年頃にかけてライブで歌われた際、前奏に入る前に稀に藤原基央の弾き語りが入る時があった。
  5. ノーヒットノーラン
    スラッガーが主人公の曲のため、「ノーヒットノーラン」は一般的な意味で使われていない。
  6. とっておきの唄
    BUMP OF CHICKENにとって、数少ない「公式」ラブソングのうちのひとつ。
    ドラマ『天体観測』挿入歌。
  7. ナイフ
    間奏部分にわざと藤原のが録音されている(デモテープの「ナイフ」には、本当の咳が録音されている)。途中には、現在発表されている楽曲で唯一、アマチュア時代を思わせる英語詞が入る。この曲をレコーディングした当日藤原は風邪であった。
    ドラマ『天体観測』挿入歌。
  8. バトルクライ(再発のみ)
    1stシングル『LAMP』カップリング曲。『LAMP』の廃盤により再収録された。再発盤の歌詞カードにはこの曲の歌詞が載っておらず、CDトレイの下に隠されている。
  • 隠しトラックに「ドッキング」(作詞・作曲:BUMP OF CHICKEN)、「DANNY」(作詞・作曲:藤原基央)、「マイ ベスト フレンズ」(作詞・作曲:BUMP OF CHICKEN)が収録されている。
    • 隠しトラックは一般的な出し方とは異なり、「ガラスのブルース」の前の先頭ギャップ(プリギャップ[3])部分に収録されている。そのため一部機器では再生不可能である。 「DANNY」は現在リリースされたものとしては最古の曲で、メンバーが高校一年生の時に作曲されたもので、全編英詞である。ちなみに「ドッキング」「マイ ベスト フレンズ」を歌っているのは「グッドマナーズ」である[4]
  1. ^ a b 「FLAME VEIN」BUMP OF CHICKEN(ORICON STYLE)2013年12月5日閲覧。
  2. ^ a b 「FLAME VEIN+1」BUMP OF CHICKEN(ORICON STYLE)2013年12月5日閲覧。
  3. ^ プリギャップ(ポストギャップ)とは - IT用語辞典
  4. ^ 2009年10月4日放送『PONTSUKA!!』より。