升秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
升秀夫
出生名 升秀夫
生誕 (1979-08-10) 1979年8月10日(37歳)
出身地 日本の旗 日本,千葉県佐倉市
学歴 獨協大学外国語学部
ジャンル ロック
ポップス(J-POP)
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1996年 -
レーベル TOY'S FACTORY
事務所 LONGFELLOW
共同作業者 BUMP OF CHICKEN

升 秀夫(ます ひでお、1979年8月10日 -、未年・獅子座 )は日本のミュージシャンBUMP OF CHICKENのドラマー。宮城県角田市生まれ、千葉県佐倉市臼井出身。千葉県立佐倉高等学校獨協大学外国語学部フランス語学科卒業。愛称は秀ちゃん。

人物[編集]

BUMP OF CHICKEN結成の立役者である。中学生時代、X JAPANに衝撃を受けた升はバンド結成を計画。帰りの会の時間に藤原基央をスカウトした。その時の一言は「一緒にロックを変えようぜ!」だったという。藤原の小学校の卒業文集(『だまれガチャピン』)を見て「こいつはすげえぜ」と早くから友達になりたがっていたとのこと。藤原の他に、増川をボーカルとしてスカウトしたこともあったそうだが、ボーカルには向いていなかったため失敗に終わった。当初はベースがやりたかったらしいが、友人にゴミ捨て場にドラム(pearl製)が捨ててあると聞きそれを拾い、ドラム担当となる。「彼がドラムを拾わなかったらこのバンドは結成されていなかった」とメンバーは口を揃える。

血液型はA型で、兄弟は姉1人。レギュラーラジオ番組『PONTSUKA!!』での第1声「深夜3時をまわりました」は、主に升である。インディーズ時代は、バンド資金の管理や(Beat Brust in Japanのグランプリで獲得した)Macintoshを駆使したDMの住所管理なども引き受けていた。非常にしっかりしたマネージメントでスタジオ代の徴収、ライブチケット売上の分配なども行なっていたという。

近年、日常的な移動手段に自転車(ロードバイク)を利用するようになった。

Dragon Ashのドラマー・桜井誠と専用スタジオをシェアしている。

CANOPUSのエンドーサー契約を結んでいる。

音楽家として[編集]

特徴[編集]

好きなドラマーはYOSHIKIキース・ムーン

BUMP OF CHICKENの隠しトラックでは、多くの作品でメインボーカルを務めている。

使用機材[編集]

使用楽器:CANOPUS Maple Shell

レコーディングではラディックを使用している。 一時期、YAMAHAのドラムを使用していたこともあった。「ダイヤモンド」までの楽曲はYAMAHAだと思われる。(2011年発売の友達の唄のPVではYAMAHA製のドラムを使用している)