升秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
升秀夫
生誕 (1979-08-10) 1979年8月10日(40歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県佐倉市
学歴 獨協大学外国語学部
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
ポップ・ロック
インディー・ロック
エレクトロニカ
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1996年 -
レーベル TOY'S FACTORY
事務所 LONGFELLOW
共同作業者 BUMP OF CHICKEN

升 秀夫(ます ひでお、1979年8月10日 - )は、日本のロックバンドBUMP OF CHICKENドラマー宮城県角田市生まれ、千葉県佐倉市出身。千葉県立佐倉高等学校獨協大学外国語学部フランス語学科卒業。愛称は秀ちゃん

来歴[編集]

1979年宮城県にて生まれる。その後千葉県佐倉市に移り、臼井幼稚園に入る。幼稚園ではのちのBUMP OF CHICKENのメンバー全員と出会った。

卒園後は直井由文増川弘明と同じ佐倉市立臼井小学校に進学(藤原基央は別の小学校に通う)。臼井小学校を経て、佐倉市立臼井西中学校に進学すると、BUMP OF CHICKENの現メンバー全員が再会した。1994年には、升が中心となり、BUMP OF CHICKENの前身バンドを結成(後述)。中学卒業後は増川とともに千葉県立佐倉高等学校へ通いながらバンド活動を続けていた。その後バンドが現体制となると、1996年2月11日には「ティーンズ・ミュージック・フェスティバル'96」に出場し初めての活動を行った。なお、升は高校を経て、獨協大学外国語学部フランス語学科を卒業している。

人物・エピソード[編集]

BUMP OF CHICKEN結成の立役者である。中学生時代、X JAPANに衝撃を受けた升はバンド結成を計画し、帰りの会の時間に藤原基央をスカウトした。その時の一言は「一緒にロックを変えようぜ!」だったという[1]。藤原の小学校の卒業文集(『だまれガチャピン』)を見て「こいつはすげえぜ」と早くから友達になりたがっていたとのこと。藤原の他に、増川をボーカルとしてスカウトしたこともあったが、ボーカルには向いていなかったため失敗に終わった。升自身は当初はベースがやりたかったらしいが、友人にゴミ捨て場にドラム(パール製)が捨ててあると聞きそれを拾い、ドラム担当となる。「彼がドラムを拾わなかったらこのバンドは結成されていなかった」とメンバーは口を揃えている。

血液型はA型で、兄弟は姉1人。インディーズ時代は、バンド資金の管理や(Beat Brust in Japanのグランプリで獲得した)Macintoshを駆使したDMの住所管理なども引き受けていた。非常にしっかりしたマネージメントでスタジオ代の徴収、ライブチケット売上の分配なども行なっていたという。BUMP OF CHICKENとしてパーソナリティを務めるラジオ番組「PONTSUKA!!」では、第一声「深夜3時をまわりました」と、ジングル前までのお便りを担当。日常的な移動手段として、自転車(ロードバイク)を使用している[2]

好きなドラマーはYOSHIKIキース・ムーンCANOPUSのエンドーサー契約を結んでいるほか、Dragon Ashのドラマー・桜井誠と専用スタジオをシェアしている。

愛称は「秀ちゃん」。ただし、直井はTwitterなどで「ヒデちゃん」と表記することもある[3]

使用機材[編集]

使用楽器:CANOPUS Maple Shell

レコーディングではラディックを使用している。 一時期、YAMAHAのドラムを使用していたこともあった。「ダイヤモンド」までの楽曲はYAMAHAだと思われる。(2011年発売の友達の唄のPVではYAMAHA製のドラムを使用している)

脚注[編集]

  1. ^ NHKSONGS」(2015年12月5日放送)より
  2. ^ 『BUMP OF CHICKEN』”. エキサイトミュージック (2009年). 2019年7月12日閲覧。
  3. ^ 直井のツイート”. Twitter (2017年8月9日). 2019年7月12日閲覧。

関連項目[編集]