海賊 (ONE PIECE)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ONE PIECE > ONE PIECEの登場人物一覧 > 海賊 (ONE PIECE)

海賊(かいぞく)は、漫画ONE PIECE』に登場する、架空の海賊たちの一覧。

現四皇[編集]

麦わら大船団[編集]

モンキー・D・ルフィが結成した海賊団。海賊旗麦わら帽子を被ったドクロマーク。海賊船はキャラヴェルゴーイングメリー号」から、スループサウザンドサニー号」に乗り換える。10人全員が賞金首の少数精鋭。「麦わら海賊団」「ルフィ海賊団」「ルフィ一味」とも呼ばれる[注 1]。うち、ルフィとゾロは「最悪の世代」に加えられている。

「東の海」で結成され、各地の大物海賊を次々と打ち破り「偉大なる航路」に入る[2]。冒険の中で仲間も増え、エニエス・ロビーの一件により、世界中にその名が知れ渡った。船長であるルフィが「海賊王に俺はなる」と宣言しているが一般的に知られた海賊のように民間人に危害を加えるような行為はせず、民間人の住む村や島を支配している海賊団を倒し、それらの住民を救いヒーロー的な扱いを受け感謝されるケースが多い。ただし、世間の安全を守る世界政府・海軍に多大な危害を与えることもあるため、これまで起こした事件の数々やその成長速度から警戒されている。

シャボンディ諸島で、王下七武海バーソロミュー・くまによって、全員が世界中にバラバラに飛ばされてしまう。マリンフォード頂上戦争後、ルフィが起こした「16点鐘」の事件から仲間たちはルフィのメッセージを受け取る。新世界を駆け上がるべく2年間の休止期間を設け、各自パワーアップを図った。その2年後、シャボンディ諸島で再集結し、新たな冒険へ旅立つ。

新世界パンクハザードでは、四皇カイドウの首を狙うトラファルガー・ロー率いる「ハートの海賊団」と海賊同盟を結ぶ。ドレスローザで、ドンキホーテファミリーとの戦いの後、7つの団体が半ば強引に傘下へ入り、総勢5600人超えの「麦わら大船団」を結成。ただし、大頭であるルフィはこれを容認しておらず、それぞれの代表もルフィの自由を志す心情を理解した上で、勝手に子分杯を交わすことで半ば強引に傘下に加わった。結成後は各代表がルフィのビブルカードを受け取り、一時解散した。傘下の海賊たちはこの先各個に成長を遂げ、いずれ歴史に名を残す一大事件を引き起こすとされている。

ゾウで、光月家とミンク族のモコモ公国と「忍者海賊ミンク侍同盟」を結び、サンジ救出の為、ホールケーキアイランドに向かうグループと、先にワノ国に向かうグループに一時的に別れる。ホールケーキアイランドでは、サンジと衝突しながらも和解して連れ戻すことに成功。ワノ国で一味全員が集結し、新たにジンベエが仲間として加わり10人となる。さらに、ワノ国の鬼ヶ島の決戦にてカイドウを打ち破り、四皇入りを果たす。

単行本第84巻SBSにて、6月13日(6(むぎわらの)13(いちみ))が「麦わらの一味の日」に認定された[3]

麦わらの一味[編集]

モンキー・D・ルフィ
- 田中真弓 / - イニャキ・ゴドイコルトン・オソリオ(幼少期)
本作品の主人公。麦わらの一味船長。異名は「麦わらのルフィ」。懸賞金30億ベリー。
ロロノア・ゾロ
声 - 中井和哉浦和めぐみ(幼少期) / 演 - 新田真剣佑
麦わらの一味戦闘員(剣士)。異名は「海賊狩りのゾロ」。懸賞金3億2000万ベリー。
ナミ
声 - 岡村明美山崎和佳奈(岡村休業時の代役) / 演 - エミリー・ラッド
麦わらの一味航海士。異名は「泥棒猫」。懸賞金6600万ベリー。
ウソップ
声 - 山口勝平 / 演 - ジェイコブ・ロメロ・ギブソン
麦わらの一味狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」、「〝ゴッド〟ウソップ」。懸賞金2億ベリー。
サンジ
声 - 平田広明大谷育江(幼少期) / 演 - タズ・スカイラー
麦わらの一味コック。異名は「黒足のサンジ」。懸賞金3億3000万ベリー。
トニートニー・チョッパー
声 - 大谷育江伊倉一恵(大谷休業時の代役)
麦わらの一味船医。異名は「わたあめ大好きチョッパー」。懸賞金100ベリー。
ニコ・ロビン
声 - 山口由里子小林優子(山口休業時の代役)、永井杏(幼少期〈275 - 278話〉)→山根綺(幼少期〈1042話 - 〉)
麦わらの一味考古学者。異名は「悪魔の子」。懸賞金1億3000万ベリー。
フランキー
声 - 矢尾一樹野田順子(幼少期)
麦わらの一味船大工。異名は「鉄人(サイボーグ)」。懸賞金9400万ベリー。
ブルック
声 - チョー
麦わらの一味音楽家。異名は「鼻唄のブルック」「ソウルキング」。懸賞金8300万ベリー。
ジンベエ
声 - 郷里大輔宝亀克寿
麦わらの一味操舵手[4]。異名は「海俠のジンベエ」。懸賞金4億3800万ベリー。

美しき海賊団[編集]

通し番号1番。船員75名。海賊旗は帽子をかぶった馬の後ろで剣が交差したマーク。船は「眠れる森の白馬号[5] で、船首は白馬を象っている。

キャベンディッシュ
声 - 石田彰
美しき海賊団船長。麦わら大船団1番船船長[6]。元ブルジョア王国王子。異名は「白馬のキャベンディッシュ」「海賊貴公子」。懸賞金2億8000万ベリー→3億3000万ベリー[7]
「偉大なる航路」ブルジョア王国出身[6]。26歳[8]。誕生日は8月31日(やさい=8、31)[9]。身長208cm[6]おとめ座[6]。血液型XF型[6]。好きな食べ物はバラ、ローズティー[10][6]。嫌いな食べ物はラーメン[10]
金髪碧眼で貴族風の風貌をした絶世の美男子。白馬のファルルを連れている。女性人気は高く、手配書はブロマイドとして盗まれているという。目立ちたがり屋かつ自分の強さと美しさに絶対の自信を持つナルシスト。自分より目立つ存在を抹殺しようとする過激な面があるが、コリーダコロシアムのような戦いを見せ物にすることを良しとせず、レベッカを中傷した観客を一喝する[注 2]など独自の美学を持っている。また自分本位ではあるものの、ルフィにコロシアムのルールを教えるなど面倒見は良い。一人称は「僕」。ルフィとバルトロメオからは「キャベツ」、ロビンからは「キャベツ君」と呼ばれる。
剣術の天才と称される実力者で、本人は何の努力もせずに才能だけで現在の強さを得たと豪語している。武器は世界屈指の名刀「デュランダル[注 3]夢遊病による二重人格者で、眠った時に凶悪な別人格「ハクバ」が顔を出す。ハクバが出たら人格を完全に乗っ取られるわけではなく、自身の意思で入れ替わったり、ある程度ハクバの力を制御することはできる。
かつてブルジョア王国の王子であった頃、自身のあまりの人気で国内の年頃の娘が誰一人結婚しない事件が起きてしまい、「人気ありすぎの罪」で74人の部下と5億ベリーを渡され国外追放になった。現在も一部の追っかけファンが、船の後ろについてきている。ハクバがロンメル王国で起こした事件がきっかけで海賊となるも、本人はその状況と人気を楽しんでいる。
3年前に新世界に進出し、2億を超えるルーキーとして世界を騒がせた[注 4]。しかし、その1年後に起きた頂上戦争や頭角を現した「最悪の世代」の影響で、記者たちに見向きもされなくなった。そのため、「最悪の世代」であるルフィやローたちを逆恨みしており、いずれ全員抹殺しようと目論んでいる。
「メラメラの実」を食べて「最悪の世代」を抹殺するため、コリーダコロシアムの剣闘会に出場。試合前にルフィが変装して出場していることを知り、同じくルフィを付け狙うチンジャオと交戦するが、その隙にルフィに逃げられる。出場したDブロックではハクバと入れ替わり他の出場者を圧倒したが、唯一攻撃を見切ったレベッカを倒しきれず、その後に眠りについてしまったことで敗退した。試合後、他の出場者同様シュガーの能力でオモチャに変えられてしまったが、ウソップの活躍で元に戻る。その後、ウソップへの恩義としてルフィの抹殺を取り下げると共に、ドフラミンゴ討伐に加勢する。シュガーの人形によって愛馬ファルルが倒された落とし前をつけるべくルフィたちを先に行かせ、バルトロメオとの共闘でグラディウスと交戦。途中でハクバが現れ、グラディウスに加勢しようとしたデリンジャーを一撃で倒す。さらに、ハクバがロビンに襲い掛かろうとしたが、ハクバと自身の人格を半々に抑えつつ、ハクバの速度を利用してロビンをひまわり畑に連れていき、眠りについた。眠りから覚めた後、戦いを最後まで見届けたいというローの想いを尊重し、共にルフィとドフラミンゴとの決戦を見届けた。ドレスローザからの脱出の際は、バルトロメオやサイらとの共同で海軍を妨害し、麦わらの一味を援護した。
表紙連載『押し掛け麦わら大船団物語』ではスレイマンに自分の過去を話し、追ってくる船が敵船ではないことを説明した。
ハクバ
キャベンディッシュのもう一つの人格。
狂気に歪んだ表情をしている。人格は非情なる戦闘狂であり、見るもの全て見境無く切り刻む性格の持ち主。一人称は「オレ」で、作中ではセリフのひらがながカタカナで表記されている。ハクバの太刀筋は目にも止まらぬ速さで、バスティーユ曰く「元々剣術の天才であるキャベンディッシュの倍の強さである」という。
かつてロンメル王国で夜に人を斬る風「ロンメルのカマイタチ」と呼ばれる事件を起こし、派遣された海軍にも多数の被害を及ぼした張本人。先に罪を犯して海へ追われたのがハクバであり、キャベンディッシュはその後に海賊になった。
ファルル
キャベンディッシュの愛馬。鞍には拡声器が取り付けられている。キャベンディッシュは「乗せられるのは二人まで」と話しているが、4人で乗っても十分速く走ることができる。誕生日は8月29日(ベルばらの日)[11]。好物はレバー[6]
スレイマン
声 - 成田剣[12]
美しき海賊団戦闘員[6]。「ディアス海戦」A級戦犯。異名は「首はねスレイマン」。懸賞金6700万ベリー[6]
「南の海」出身[6]。40歳[8]。誕生日は1月30日(A(1)級戦犯ス(3)レイ(0)マン)[11]。身長240cm[6]みずがめ座[6]。血液型S型[6]。好物はヨーグルト[6]
顔を横断する傷がある男。羽飾りがついた毛皮の帽子をかぶり、褒章がついた黒い軍服を着ている。左目付近が隠れている。武器はサーベル。亡霊のように生気がない構えが特徴。首をはねることを得意とした剣技の使い手[6]
かつては「ディアス海戦の英雄」と呼ばれていたが、現在は戦犯として国を追われ、闇の世界を渡り歩く人斬りとなっている。本人は祖国を愛しており、国のために殺しを重ねたと語っている。
コリーダコロシアムの剣闘会ではDブロックに出場し、ハクバとなったキャベンディッシュに倒された。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢したが、デリンジャーに一撃で倒された。ドレスローザの一件後、キャベンディッシュ率いる美しき海賊団に加わった。

バルトクラブ[編集]

通し番号2番。船員56名。海賊旗は髪が逆立ち絶叫した顔のドクロマーク。船長のバルトロメオをはじめ、船員全員が麦わらの一味の大ファンである海賊団。元々は田舎育ちで幼なじみの不良グループが拡大してできた巨大なギャングチームで、麦わらの一味のファンとなって海に出た精鋭達が現在のメンバー[5]。航海士がいないため、船員達は航海に関する知識が皆無な上に船酔いに弱い。航海に行き詰るとバルトロメオ達が子供の頃から通いつめ、現在でも心の拠り所としている田舎に住む駄菓子屋の老婆[注 5]に電話をしアドバイスを貰っているが、航海には全く役に立たない生活の知恵ばかりである[注 6]

船の名前は「ゴーイングルフィセンパイ号」で、サニー号よりもやや大きくマストの根元にはやや目つきが悪いメリー号の船首、船尾はチョッパー、船首はルフィを象っており、他にはナミを意識したみかんの木があるなど至るところに麦わらの一味をオマージュした作りになっている。バルトロメオの部屋には麦わらの一味全員の手配書とルフィ、ゾロ、ウソップ、ロビン、フランキーのサインが額に入れて飾られている[注 7]

バルトロメオ
声 - 森久保祥太郎
海賊団「バルトクラブ」船長。麦わら大船団2番船船長[6]。異名は「人食いのバルトロメオ」。懸賞金1億5000万ベリー→2億ベリー。
「東の海」出身[13]。24歳[13]。誕生日は10月6日(バルトロメオ=10、6)[13]。身長220cm[13]てんびん座[6]。血液型X型[6]。好きな食べ物は駄菓子[10]。嫌いな食べ物は野菜[10]
逆立たせた緑髪に鼻ピアスや尖った歯といった異様な顔立ちが特徴の男[注 8]。「最悪の世代」の1つ下の世代。数々の残虐な事件[注 9]を起こしていることから、「イカれたルーキー」「今最も消えてほしい海賊No.1」などと称されている。残忍無比な性格で知られ、常に人を食ったような行動[注 10]をとることから「人食い」の異名を持つ。世間からの評判は最悪だが、一度拳を合わせた者は戦友と認めて助けるなど義理堅かったり、後述の麦わらの一味への態度や故郷の老婆から教えられていた「自然に逆らうとバチが当たる」という教えを本気で信じていたりと、純朴な面もある[注 11]。笑い声は「ヘハハハ」。語尾に「べ」をつける。また、緊張したり感情が昂ぶると言葉遣いが訛り交じりになる[注 12]。ルフィからは「トサカの奴→ロメ男」、ロビンからは「ニワトリ君」と呼ばれる。
超人系悪魔の実バリバリの実」の能力者。一切の攻撃を通さないバリアを張ることができる「バリア人間」。バリアを張る際、人差し指と中指を交差させる事が多い[注 13]。バリアの強度は高く、その形状も自由に操作できる。ただし一度に出せるバリアは一つまでで、面積にも限度がある。
海賊となる前は地元で150の町を締め上げる暗黒街のボスだった。2年前、ローグタウンでルフィが処刑台から生還した現場を目撃し、それ以来ルフィをはじめとする麦わらの一味を「先輩」と呼び熱狂的なファンとなる。以降ルフィが起こした数々の事件を追い続ける日々を送っていた。頂上戦争の一件で海に出ることを決意し海賊となり、同じく麦わらの一味を慕うメンバーと「バルトクラブ」を結成した。ルフィを「未来の海賊王」として心酔しており、緊張のあまり目を合わせることもできず感涙するほどである。またルフィ以外のメンバーにも尊敬の念を抱いており、ルフィの義兄サボにも「大先輩」と呼び、敬意を払う。
ルフィに「メラメラの実」を捧げるためコリーダコロシアムの剣闘会に出場。試合前には海軍中将メイナードを倒した。Bブロックでは自分から手を出さず、挑んできたハックを返り討ちにし、終盤にはエリザベローII世が放ったキング・パンチを唯一防いで撃破し、Bブロックを制した。試合後、ルフィと初対面を果たす。ゾロたちがコロシアムの外で待っていることを伝え、デリンジャーに抹殺されそうになったベラミーを救出した。決勝戦ではサボの要請を受け、レベッカを援護しながらディアマンテと交戦した。試合後はサボやロビンたちと行動を共にし、「鳥カゴ」発動後はローの手錠の鍵を届けるためレベッカたちとひまわり畑に向かう。途中でルフィを先に行かせるためグラディウスを足止めし、苦戦しながらも撃破した。「鳥カゴ」の収縮が迫ると、広範囲にバリアを広げ、国民や戦士達と協力して「鳥カゴ」を押し出し、ルフィ復活の時間を稼いだ。
麦わら大船団結成後、ルフィ達を乗せゾウまで送り届けた[注 14]。表紙連載『押し掛け麦わら大船団物語』では、上陸した島で麦わらの一味の布教活動を行う。住民からこの島がシャンクスのナワバリだと教えられたが、意に介さず赤髪海賊団の旗を燃やした。
ガンビア
声 - 家中宏
海賊団「バルトクラブ」参謀。異名は「宣教師[注 15]。懸賞金6700万ベリー。
盛り上がったパンチパーマにサングラスをかけた細身の男。武器はヌンチャク。バルトロメオ同様麦わらの一味の大ファンで、一味がゴーイングルフィセンパイ号に乗船した際には嬉しさのあまり船員全員で号泣していた。誕生日は2月18日ガンビア共和国の独立記念日)[11]
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。コロシアムの控室でメイナードの不審な動きに気付き絡むが、返り討ちにされた。その後の詳細は不明だったが無事に生存しており、ルフィ達のドレスローザ脱出時にはバルトロメオと合流していた。

八宝水軍[編集]

通し番号3番。船員約1000名。西の海「花ノ国」のギャングで、過去数百年の歴史を持つ。マークは「八宝」の二文字。船は大型の「八宝塞」1隻と装甲船「一宝塞」7隻[5]

サイ
声 - 橋本晃一
八宝水軍第13代棟梁。麦わら大船団3番船船長[6]。チンジャオの孫。通称「首領・サイ(ドン・サイ)」。懸賞金2億1000万ベリー[6]
「西の海」花ノ国出身[6]。28歳[8]。誕生日は8月13日(八宝・13代)[8]。身長242cm[6]しし座[6]。血液型F型[6]。好きな食べ物は愛妻弁当[10]。嫌いな食べ物はカニ[10]
胴長の体型で、襟のついたマントを羽織っている。左わき腹に「13」の刺青がある。感情が盛り上がる性格でチンジャオほどではないが喜怒哀楽が激しい。弟のブーに対しては、八衝拳の門下に入って以来兄弟の情は捨てており、一人の部下として扱っている。祖父のチンジャオのことは「ジジイ」と呼んでいる。八宝水軍首領の座をチンジャオから正式に受け継いだことで、サイ本人の意思にそぐわなかった二宝水軍棟梁の娘ウホリシアとの婚約もチンジャオによって破棄された。語尾に「やい」をつける。笑い声は「カッカッカ」。花ノ国の拳法・八衝拳の使い手。「武装色の覇気」の使い手。武器は薙刀。
花ノ国の王からの依頼で、ドレスローザから流れる武器の密輸を潰すためコリーダコロシアムの剣闘会に出場。Cブロックでは他の参加者達を次々と倒していき、ケリー・ファンクを一撃で下しブーの仇を討つ。その後イデオと互角の死闘を繰り広げたが、ルフィの不意打ちで倒され敗退した。試合後、チンジャオ同様シュガーの能力でオモチャに変えられてしまったが、ウソップの活躍で元に戻る。地下から脱出後、チンジャオと共にルフィのドフラミンゴ討伐に加勢し、ベビー5と交戦する。戦闘中ベビー5に放った言葉を求愛の言葉と勘違いされ、彼女に惚れられる。彼女の何でもするという頼み込みに対し、「死んでくれ」という冗談を真に受け自害しようとしたベビー5を制止する。チンジャオを倒したラオGとの戦闘の際、ラオGが必要とされるなら命すら捨てるベビー5を「便利な女」と表現したことに怒り、勝ったら自分がベビー5を妻にもらうことを宣言し、チンジャオから継承した「錐龍錐釘」でラオGを撃破した。
表紙連載『押し掛け麦わら大船団物語』では花ノ国に帰還し、ウホリシアに婚約破棄を告げ、激怒したウホリシアに殴り倒されたが、ベビー5と披露宴を挙げた。世界会議編では花ノ国の王の護衛としてマリージョアに同行し、レオやレベッカらと再会。この仕事を最後に、国とは縁を切る予定だという。
ブー
声 - 高塚正也
八宝水軍副棟梁。チンジャオの孫で、サイの弟。
右腕に髑髏のマークが入った防具を付け、左腕には髑髏の刺青がある男。家族の中では比較的冷静で、感情の盛り上がりやすい兄や祖父を制止している。兄と同じく八衝拳の使い手。「武装色の覇気」の使い手で、斧に覇気を纏わせて戦う。誕生日は8月20日(八・ぶう→20)[8]
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Cブロックでは他の参加者を圧倒したが、ケリーを挑発したことで怒りを買い、ボビーの肉体を支配したケリーに倒された。試合後、チンジャオ同様シュガーの能力でオモチャに変えられてしまったが、ウソップの活躍で元に戻る。地下から脱出後、チンジャオと共にルフィのドフラミンゴ討伐に加勢したが、マッハバイスに倒された。
チンジャオ
声 - 青森伸
八宝水軍第12代棟梁(隠居人)。サイとブーの祖父。通称「首領・チンジャオ(ドン・チンジャオ)」。懸賞金5億4200万ベリー(30年前)[6]
「西の海」花ノ国出身[6]。78歳[6]。誕生日は12月12日(12代棟梁)[8]。身長520cm[6]いて座[6]。血液型F型[6]。好物は青椒肉絲[6]
大きな白い髭が特徴の巨体の老人。額の左側に「12」の刺青がある。普段は温和な風貌で口調も穏やかだが、怒ると表情や口調が一変し髭が逆立つ。一度暴走すると孫たちでも止められない。口癖は「ひやはや」。笑い声は「ひやホホホ」。
全盛期には5億超えの懸賞金を懸けられた伝説の海賊で、既に海賊を引退した身だが、その実力はいまだ健在。キャベンディッシュの名刀デュランダルですら貫けないほどの頑丈な頭部を持つ。巨体とは裏腹に動きも素早く、「剃」のように動くこともできる。また、八衝拳の使い手で、自慢の頭部に「武装色の覇気」を纏わせた頭突きを得意とする。「覇王色の覇気」の持ち主。
八宝水軍棟梁であった30年前、「錐のチンジャオ」の異名をとった彼の長い錐の頭でのみ開けられる「宝玉氷床」という氷床の下に一族の数百年分の財宝を保管していた。しかし、ガープとの決闘で頭部を凹まされたことで錐の頭を失い、財宝を取りだすことが不可能になってしまう。人生の全てである巨万の富を失った恨みから孫子の代までガープを憎むようになる。また、力と富を失ったことで意欲も失い、孫のサイに棟梁の座を譲り、海賊を引退した。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。試合前、変装して出場していたルフィやキャベンディッシュと交戦した。Cブロックではジャン・アンゴ、イデオら他の参加者を次々と倒し、ルフィと壮絶な一騎討ちを繰り広げるが敗北する。その際、ルフィの最後の一撃によって頭部が押し出され、錐の頭を取り戻した。そのことで考えを改め、ルフィへの感謝の意を表し、ガープへの恨みも消えた。試合後、他の出場者同様シュガーの能力でオモチャに変えられてしまったが、ウソップの活躍で元に戻る。地下から脱出後、ルフィとウソップへの恩返しのため、ドフラミンゴ討伐に加勢する。ラオGと交戦するもルフィとの戦いで再発した持病が疼き、劣勢に立たされる。サイとベビー5のやり取りに業を煮やしまとめて攻撃しようとするも、サイが放った武脚で錐の頭をへし折られる。孫の成長を称え八衝拳の奥義「錐龍錐釘」の称号をサイに継承し、名実ともに八宝水軍をサイに委ねるが、直後ラオGの一撃を喰らい、戦線離脱した。サイがラオGを倒すと、共に「鳥カゴ」の押し出しに参加した。
ベビー5
元ドンキホーテファミリー「ピーカ軍」幹部。サイに求婚されファミリーを離脱し、八宝水軍に加入した。

イデオ海賊団[編集]

通し番号4番。船員4名。ドレスローザの一件後に意気投合した格闘家達によって結成された。当初は「XXX(トリプルエックス)ジム格闘連合」と名乗っていた。海賊旗は、髑髏の後ろにイデオの大きくせり上がった肩を模したマークと、交差した骨が3本下にあるマーク。

イデオ
声 - 相沢まさき
XXXジム格闘連合代表→イデオ海賊団船長。麦わら大船団4番船船長[6]手長族のXXX級ボクサー。異名は「破壊砲イデオ」。
「偉大なる航路」出身[6]。22歳[8]。誕生日は10月10日[6]。身長225cm[6]てんびん座[6]。血液型X型[6]。好きな食べ物はドネルケバブ[10]。嫌いな食べ物は豚肉[10]
大きくせり上がった異形の肩と目の隈、大きな三つ編みが特徴の男。「新世界セントラル格闘会」V2の実績を持つ。強くなることを望む好戦的な性格だが、義理人情を重んじる一面もある。爆発に似たパンチは、巨人族をも吹き飛ばす威力を誇る。異形に見える肩は、手長族特有の腕の関節によるものである。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Cブロックに出場し、八宝水軍のサイと互角の戦いを繰り広げたが、チンジャオの不意打ちにより場外に飛ばされ、敗退した。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢し、デリンジャーとの戦いではボロボロになりながらも食らい付くが、闘魚の本性を現した彼に倒される。その後、マンシェリーの「チユポポ」の効果で一時的に復活し、バルトロメオ達と共に収縮する「鳥カゴ」を押し出した。ドレスローザでの一件後、ブルー・ギリーやアブドーラ&ジェットと「XXXジム格闘連合」を結成。
表紙連載『押し掛け麦わら大船団物語』では、オオロンブスからもらった船で航海中、手長族と足長族の千年抗争に遭遇し、両海賊団を成敗する。その後、両海賊団に壊れていない部品で自分たちが乗る船を造らせ、「仲直りでも殺し合いでも好きにしろ」と言い捨て、出航した。
名前の由来は、アニメ『伝説巨神イデオン』に登場する巨大ロボット「イデオン[13]
ブルー・ギリー[注 16]
声 - 成瀬誠
イデオ海賊団戦闘員[6]足長族の格闘家。
「偉大なる航路」出身[6]。24歳[8]。誕生日は11月27日ブルース・リーの誕生日)[21]。身長314cm[6]いて座[6]。血液型S型[6]。好物はすき焼き[6]
青髪に黒のアロハシャツを着た男。左太ももに「S」に似たタトゥーを入れている。勝つためなら第三者と手を組む狡猾な一面があるが、情に厚い一面もある。「ヒャオー」が口癖。足長族の格闘技「脚功道(ジャオクンドー)」の使い手で、しなやかな動きは攻撃を予測させず「鉄の鞭」と称される。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Bブロックに出場し、他の出場者を買収したプロデンス王国軍師ダガマに手を貸し、リッキー(リク王)を初めとした出場者を次々と撃破する。終盤、他の結託者を裏切ったダガマに背後を狙われるも、それを見抜いており返り討ちにした。しかし、エリザベローII世に攻撃を仕掛けようした直後に彼が放った「キング・パンチ」により場外に飛ばされ、脱落した。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢したが、デリンジャーに倒された。
アブドーラ&ジェット
声 - 平井啓二(アブドーラ)、服巻浩司(ジェット)
元賞金稼ぎ。「政府機関爆破事件」を起こした、2人組の犯罪者。
アブドーラは額に三本の傷があり、サングラスをかけている。武器は2本の三叉槍。ジェットは色黒で、アラブ風の服装をしている。笑い声は「シハハハ」。武器は2本のサーベル。片方が相手を引き付け、その隙にもう片方が相手を襲うなどの不意打ちによる卑怯な戦法を取り、そのことを全く意に介さない非情な性格だが、恩赦をくれた相手には援助を惜しまない義理堅さも併せ持っている。チームを組んだイデオとブルー・ギリーを、兄弟と呼んでいる。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Bブロックに出場し、卑劣な手段でレパントを始めとした多くの出場者を倒すも、ベラミーによって2人まとめて倒された。「鳥カゴ」発動後は“ゴッド”ウソップに心酔し、ルフィのドフラミンゴ討伐に加勢。ドフラミンゴがルフィ達に懸けた懸賞金を狙ったケリー・ファンクの罠に嵌められ、ドフラミンゴの「影騎糸」に急襲されたルフィとローを助け、ルフィからウーシーの治療を託された。
名前の由来は、プロレスラーのアブドーラ・ザ・ブッチャータイガー・ジェット・シン[13]

トンタッタ海賊団[編集]

通し番号5番。兵員200名。グリーンビットの小人族「トンタッタ族」の海賊団。当初は「トンタッタ族トンタ兵団」と名乗っていた。船長は兵長レオ。海賊旗は栗の頭をしたドクロマーク。船は「ウソランド号」で、船首はタタババスコで絶叫したウソップの顔を象っている。

新巨兵海賊団[編集]

通し番号6番。船員5名。巨人国エルバフ出身の、新世代の戦士達の海賊団[注 17]。海賊旗はバイキング帽をかぶったドクロと、その下に剣が交差したマーク。船はバイキング船「ナグルファル[5]。かつては全員が七武海バギーの海賊派遣会社「バギーズデリバリー」に所属し、クラスSの稼ぎ頭だった。ドレスローザの一件後、バギーの元から脱退した。

ハイルディン
声 - 小山剛志日比愛子(幼少期)
新巨兵海賊団船長。麦わら大船団6番船船長[6]。元「バギーズ デリバリー」クラスSの傭兵。異名は「海賊傭兵」。
新世界「エルバフ」出身。81歳[8]。誕生日は8月12日(ハ(8)イ(1)ルディ(2)ン)[22]。身長22m[6]しし座[6]。血液型XF型[6]。好きな食べ物はミートボール[10]。嫌いな食べ物はセムラ[10]
兜を被り髭を蓄えた男。全巨人族を束ね、かつて世界を震撼させた「巨兵海賊団」を復活させることを目指している。戦士としての誇りは高く、受けた恩は己の身を犠牲にしてでも返そうとする義理堅さを持つ。武器は棍棒や斧。笑い声は「ディガガガガ」。
63年前の少年時代はエルバフで修行に励んでいた。当時「羊の家」に身を寄せていたシャーロット・リンリンが冬至祭で食いわずらいを起こして巨人族の英雄ヨルルに重傷を負わせた際には、彼女に激しい怒りを露にしていた。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Cブロックに出場し巨人族特有の圧倒的なパワーで出場者を次々と蹴散らし、ルフィと親しくなった闘牛ウーシーを倒した。しかしそのことでルフィの怒りを買い一撃で倒された。オモチャから元に戻ると、シュガーを気絶させたウソップの健闘を称え英雄として祭り上げた。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢し、マッハバイスと交戦する。マッハバイスの能力に苦戦し一旦は倒れるが、恩義を果たすため再び立ち上がり、全身の骨を砕かれながらも「英雄の槍」でマッハバイスを「鳥カゴ」まで吹き飛ばして勝利を収める。その後、マンシェリーの「チユポポ」の効果で一時的に復活し、バルトロメオ達と共に収縮する「鳥カゴ」を押し出した。
ドレスローザから脱出する際は、海軍大将藤虎に立ち向かうルフィを捕まえて戦いを中断させ、彼を掴んだままヨンタマリア号へ続く連結橋を走り抜けた。
スタンセン[23]
声 - 竹本英史
新巨兵海賊団船大工。
大きな口ひげを生やし、長い角が生えた兜を被った男。武器は大きな金槌。ハイルディンとは幼馴染[24]。誕生日は5月27日(ご(5)つ(2)いな(7))[11]
シャボンディ諸島編で初登場。人間オークションに出品されていたが、レイリーによって解放された。表紙連載『押し掛け麦わら大船団物語』で、ハイルディンの仲間として再登場。
ゲルズ
声 - 桑谷夏子
新巨兵海賊団船医。
新世界「エルバフ」出身[25]。75歳[26]。誕生日は2月25日[25]。身長17m[25]うお座[25]。血液型S型[25]。好物はハンバーグマカロン[25]
毛皮のコートを羽織った、長髪の女性。武器は斧。63年前はエルバフに住んでおり、当時エルバフにいたリンリンとは親しい間柄だった。
ロード
新巨兵海賊団航海士。
口元にマフラーを巻き、マントを羽織った男。右目を前髪で隠している。武器は長剣。63年前の冬至祭の少し前に生まれた。誕生日は2月19日(ロード・ウォリアーズ→プロレスの日)[11]
ゴールドバーグ
新巨兵海賊団コック。
恰幅のよい体型で、地肌にサスペンダーとマントを纏った男。武器は棍棒で、顔がある盾を構えている。63年前の冬至祭の少し前に生まれた。誕生日は5月11日(ゴ(5)ー(1)ドバー(1)グ)[11]

ヨンタマリア大船団[編集]

通し番号7番。船員4300名。オオロンブスが率いる全56隻の大船団。麦わら大船団5600人の大半を占めている。元はスタンディング王国に所属する船団で、麦わら大船団加入により海賊団として活動するようになった。海賊旗は割れた卵の中にドクロが描かれたマーク(由来はコロンブスの卵[5]。巨大な「ヨンタマリア号」が大船団の主船で、船首は兜を被った女天使を象っている。他は「ニタマリア号」50隻、少し大きい「サンタマリア号」5隻で構成されている。

オオロンブス
声 - 斉藤次郎
ヨンタマリア大船団提督。麦わら大船団7番船船長[6]。異名は「殺戮支配者」「偽りの冒険野郎[注 18]。懸賞金1億4800万ベリー[6]
「偉大なる航路」スタンディング王国出身[6]。 42歳[8]。誕生日は6月23日(オオロ(6)ンブス(23))[22]。身長480cm[6]かに座[6]。血液型X型[6]。好きな食べ物はゆで卵[10]。嫌いな食べ物は気まぐれ料理[10]
髪を複数の三つ編みにした大男。几帳面かつ潔癖症で、服も綺麗に折りたたみ、船内に汚れがあると部下を制裁する、海賊行為の計画表を細かく立てるなど規則正しい生活を送っている。一人称は「我」。ゾロからの呼び名は「カントク」。人一人を片手で軽々投げ飛ばす怪力と、敵ですら思わず従ってしまう威厳ある声量が持ち味。武器は
コリーダコロシアムの剣闘会ではDブロックに出場し、暴れ獅子アギョウを倒したが、ハクバとなったキャベンディッシュに倒された。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢。ピーカと戦うゾロを「提督キラーボーリング」でピーカの元まで投げ飛ばし、ピーカ撃破をアシストした。ドレスローザから脱出する際は、港から5km先の霧の中に他の海賊船を隠し、艦隊で連絡橋を作ることでルフィ達の逃亡を手引きした。
表紙連載『押し掛け麦わら大船団物語』では、スタンディング王国国王に開拓冒険家の辞表を提出し、国王の反発にあいながらも艦隊を率いて出港する。その後、近くの島を襲うも、思いのほか貧しかったため逆に物資を提供し、住民に感謝されながら出港した。
コロンブス
ヨンタマリア大船団の一員。
海賊帽をかぶり、背中に剣を背負った少女。ドレスローザ編で、海賊の連合艦隊への迎撃の指揮をオオロンブスに任されるなど、ヨンタマリア大船団の副官的存在。誕生日は5月16日(旅の日)[11]

赤髪海賊団[編集]

四皇シャンクス率いる海賊団。海賊旗は、左目に3本の傷があるドクロの後ろで剣が交差したマーク。船の名前は「レッド・フォース号[27]で、船首はを象っている。船員達が船長に平気で軽口を叩くほど自由かつ陽気な雰囲気で、宴を好む。海軍からは「高い懸賞金アベレージを誇り、最もバランスのいい鉄壁の海賊団」と評されている。13年前から1年間ほど、「東の海」フーシャ村を拠点に活動しており、幹部の多くはフーシャ村滞在時から在籍している。現在では、多くの傘下を抱えた巨大な海賊団となっている[28]

シャンクス
声 - 池田秀一島﨑信長(少年期〈959話 - 〉) / 演 - ピーター・ガディオット
赤髪海賊団大頭[注 19]。四皇の一人。元ロジャー海賊団見習い。異名は「赤髪のシャンクス」。懸賞金40億4890万ベリー[注 20]
「西の海」出身。37歳→39歳[29]。誕生日は3月9日(シャン=3、ク=9)[30]。身長132cm(13歳時)[31]→199cm[32]うお座[32]。血液型XF型[32]。好きな食べ物はキムチチャーハンロブスター[32]。嫌いな食べ物はブルーベリー[31]。趣味は放浪[31]。イメージ動物はライオン[31]
赤髪と左目の3本傷、黒いマントが特徴の隻腕の剣士。ルフィが海賊に憧れるきっかけとなった人物。普段は能天気に見えるほど大らかで、自分への無礼や嫌がらせは平気な顔で見過ごすが、自身の友や仲間を傷つける者には強い怒りを露にする。この性格はルフィにも影響を与えている。大海賊としての圧倒的な風格を併せ持ち、部下からの信頼は厚い。海軍元帥センゴクや五老星からも一目置かれており、五老星からは「暴れさせればこそ手に負えんが、自分から世界をどうしようという男でもない」と評されている[33]。見習い時代には、世界を自分の目で見て回ることが望みと語っていた[34]。部下からは「お頭」「大頭」と呼ばれている。
武器はサーベル「グリフォン[35]。本格的な戦闘シーンは描かれていないが、白ひげとの覇王色の衝突で天を割る、赤犬のマグマの拳を剣で受け止めるなど、「四皇」としての実力が垣間見えるシーンは幾つか存在する。3種全ての覇気を扱うことができ[32]、特に「覇王色の覇気」はひと睨みで海王類を退散させ、多少の威嚇だけで白ひげの海賊団の若い衆を気絶させるほど強力で、遥か遠方にいる相手も威圧できるほど広範囲に影響する。自らの気配をコントロールし、「見聞色の覇気」による未来視を封じる「見聞殺し[36]をすることもできる。
赤ん坊の頃にゴッドバレーでロジャーに拾われる[36]。それ以降見習いとしてロジャー海賊団に所属し、ロジャーからトレードマークの麦わら帽子を受け継いだ[23]。白ひげ海賊団とは何度も相見え、27年前の金獅子海賊団との「エッド・ウォーの海戦」にも参戦した。その後もロジャーの数々の冒険に付き添ったが、ラフテルへの航海の直前に高熱で倒れたバギーの看病を買って出たため、ラフテルには同行していない[注 21]。24年前にロジャーの処刑を涙ながら見届け、自身の海賊団を結成すべく同僚のバギーを仲間に誘うが断られる[注 22]。その後、世界屈指の大海賊として名を上げ、6年前に四皇と呼ばれるようになった。世界最強の剣士ミホークとは過去にライバル関係にあり、いつ決着するともしれない決闘の日々は白ひげや他の大物からも伝説として語られている。
13年前、「東の海」フーシャ村を拠点としていた時期に幼い頃のルフィと知り合う[注 23]。海賊に憧れるルフィに航海に連れて行くよう懇願され、ルフィの資質を見抜きながらも、海の過酷さを知り抜いていたため拒み続けた。その約1年後、山賊ヒグマに海に落とされ海王類「近海の主」に襲われそうになったルフィを、左腕を犠牲にして助け出す。フーシャ村を離れる日、自分を越えてみせると宣言したルフィに「立派な海賊になって返しにこい」と、トレードマークの麦わら帽子を託し、再会を約束した[37]。10年後のアーロンパーク編で、ミホークからルフィが3000万ベリーの賞金首になったことを知らされた時は大いに喜んだ。
かつて黒ひげにより、左目に3本の傷を負わされている[注 24]。そのため黒ひげを警戒しており、エースの身を案じ[注 25]、黒ひげ追跡を止めさせようと白ひげのもとへ部下のロックスターを送るが一蹴される。後日、海軍の艦隊を破ってまで白ひげに直談判をするが決裂した。
マリンフォード頂上戦争の前日、白ひげを討ち取ろうと目論んだとされる四皇のカイドウと小競り合いを起こした。当日はエースと白ひげが死亡し白ひげ海賊団が敗走する中マリンフォードに現れ、戦いをやめるよう叫ぶコビーを赤犬の攻撃から守り、白ひげ海賊団・海軍・黒ひげを牽制し戦争を終結させた。その際、失神していたルフィとは「いま会えば約束が違う」と、顔を見ることもなくすれ違った。その後、白ひげの故郷の近くに白ひげとエースを埋葬した。エースを喪ったルフィに対し、この死を乗り越えて一人前になれと心の中で激励の言葉を贈った。
ドレスローザでの一件後、ある荒廃した島で誰かの結婚式に出席しルフィの記事を眺めており、ホールケーキアイランド編後には、再会が近いことを感じ取っている。世界会議編ではマリージョアに現れ、「ある海賊」について五老星と会談する。
ルフィとカイドウの決着から一週間が経った頃、ワノ国の近海に現れる。仲間たちから四皇になったルフィに会おうと提案されるが、麦わらの一味の傘下であるバルトロメオによって、ナワバリにある旗を燃やされた件にケジメをつけることが先だと言い、会いに行くことはなかった。しかし、海軍大将緑牛がルフィ捕縛のために花の都へ侵攻しようとした際には、「覇王色の覇気」で島の外から緑牛を威圧して、撤退させた。
『ONE PIECE novel A 2』では、エースと初めて対面したときの様子が詳しく描かれている。このときエースが「南の海」バテリラ出身だと名乗ったこと、ロジャーへの異常なこだわり、世界政府がまだ海賊として未熟なエースを七武海に勧誘したことに違和感を覚えていた。
劇場版『RED』では、ウタの父親として登場[38]。ウタを止めるためにエレジアに現れ、ウタワールド内の麦わらの一味と協力してトット・ムジカを討伐した。
ベン・ベックマン
声 - 曽我部和恭(4話)→田原アルノ(151話 - )
赤髪海賊団副船長。
「北の海」出身[32]。48歳→50歳[32]。誕生日は11月9日[23]。身長206cm[32]さそり座[32]。血液型X型[32]。好物はかまぼこ[32]
冷静沈着な切れ者で、やや抜けたところがあるシャンクスを的確に補佐する。ルフィの良き理解者でもあり、自分を航海に連れていこうとしないシャンクスに不貞腐れていたルフィを諭していた。作者曰く、作中最もIQが高い人物(第8巻時点)[39]。フーシャ村にいた当時は黒髪だったが、現在は白髪になっており、顔には十字傷がある。唐草模様のマントを羽織っている。喫煙者で戦闘時でも咥えている。女好きのプレイボーイ[36]。シャンクスからは「ベック」と呼ばれている。
武器は片手用の小銃で、打撃として接近戦にも用いる。また、弾丸に覇気を纏わせ威力を上げることもできる[36]
12年前の山賊ヒグマとのいさかいでは、一人でヒグマの部下を圧倒した。頂上戦争では黄猿に銃を向け、攻撃を制止した。
ヤソップ
声 - 小林通孝
赤髪海賊団幹部・狙撃手[32][40]ウソップの父親。異名は「追撃者(チェイサー)[32]
「東の海」シロップ村出身[32]。45歳→47歳[32]。誕生日は8月2日[23]。身長183cm[32]しし座[32]。血液型S型[32]。好物は旬の魚[32]
鼻以外は息子のウソップとよく似た顔立ちで、ドレッドヘアーが特徴。甲殻類はそのまま食べる[36]。ダンスが得意[36]
武器は小銃。ウソップ同様射撃の名手。幼い頃のルフィは彼が的を外すのを見たことが無く、本人は「アリの眉間にもぶち込める」と豪語する。「見聞色の覇気」使い[36]
20年以上前、シャンクスに勧誘され、ウソップの誕生後に幼い彼と妻バンキーナを残し、海へ旅立った。妻子からは誇りに思われており、彼自身も村に残してきた息子のことを気にかけ、よくルフィにウソップの話を聞かせていた。新聞でドレスローザでのウソップの活躍を知ると、大いに喜んでいた[32]。ワノ国編の終盤では、ウソップに合う心の準備ができていなかった為に、ワノ国への上陸を躊躇っていた。
ラッキー・ルウ[41]
声 - 土門仁
赤髪海賊団幹部[40]・戦闘員・コック[36][42]
「南の海」出身[32]。33歳→35歳[32]。誕生日は7月6日[23]。身長241cm[32]かに座[32]。血液型F型[32]。好物は鳥の骨付き肉(ダイエットしているつもり)[32]
常に骨付き肉を食べている、肥満体の大食漢。頭にバンダナを巻き、ゴーグルをかけている。赤髪海賊団の古参メンバーの一人で、海賊団のムードメーカー的存在[32]。普段は陽気だが、戦闘時には躊躇なくを発砲し、相手を射殺する[43]。女性が苦手[36]
体型とは裏腹に動きは俊敏で、自身の巨体に覇気を纏わせ、ボーリングの玉のように相手に突撃する[36]
ライムジュース[28]
声 - 小野健一[44]
赤髪海賊団幹部。
スカル柄のニット帽を被り、サングラスをかけた長髪の男。戦闘では電撃を纏った武器を用い、サンジの「空中歩行」のように空を飛んでから攻撃する[36][42]
ボンク・パンチ[28]
声 - 中村浩太郎[44]
赤髪海賊団幹部・音楽家[36]
左目に傷がある、スキンヘッドの大男。ラッキー・ルウと並ぶほどの巨漢。モンスターとは長年「音楽家コンビ」を組んでおり、モンスターが時間を稼いでいる間に力を溜めて、高威力のカウンターパンチを放つ[36][42]
モンスター[45]
声 - 島田敏[44]
赤髪海賊団幹部・音楽家[36][28]
元は、マキノの酒場で行われていた赤髪海賊団の宴会に紛れ込んでいたサル。人語を理解できる、高い知能の持ち主[36][42]。誕生日は10月31日[32]
ボンク・パンチとは「音楽家コンビ」を組んでおり、戦闘時には彼が力を溜めている間、敵を倒して時間を稼ぐ[36][42]
ビルディング・スネイク[28]
声 - 二又一成[44]
赤髪海賊団幹部・航海士[36][42]
サングラスをかけ、右の首元付近に龍の形の刺青がある、長髪の巨漢。ラッキー・ルウとボンク・パンチを上回る巨躯の持ち主。曲芸師としての顔も持っており、「ジャグリング二刀流」と足技で戦う[36][42]
ホンゴウ[28]
声 - 緑川光[44]
赤髪海賊団幹部・船医[36][42]
左こめかみに傷がある男。髪を縛っている。武器への造詣が深く、戦闘時には器用な手先を活かして、敵の武器を瞬時に分解する[36][42]
ハウリング・ガブ[28]
声 - 中田譲治[44]
赤髪海賊団幹部。
ライオンの鬣のような長髪と、鋭い牙を持つ男。12年前は、現在より細い体格だった。強面で屈強な外見とは裏腹に心は優しく、小心者[36][42]。戦闘時は口から「斬れる咆哮」を放つ[36][42]
ロックスター
声 - 郷里大輔(151話)→斎藤志郎[44](劇場版『RED』)
赤髪海賊団船員[注 26]。懸賞金9400万ベリー。誕生日は6月9日[23]
元は別の海賊団で名を馳せていたが、2年前に赤髪海賊団に加入[36](当時の肩書は「赤髪海賊団新入り」だった)。実直で正義感が強く、剣をまっすぐ振り下ろして敵を一刀両断する「カチ割剣」を得意とする[36][42]。剣で、ドリルのように穴を掘ることもできる[36]
シャンクスからの使者として白ひげへ遣わされるも、全く相手にされなかった。屈辱を受けた借りを返すとシャンクスに主張したが、まっすぐ帰って来いと促された。
ウタ
劇場版オリジナルキャラクター。元赤髪海賊団音楽家。シャンクスの娘。

黒ひげ海賊団[編集]

白ひげ海賊団から独立したマーシャル・D・ティーチ率いる海賊団。海賊旗は3つのドクロの下に4本の骨が交差したマーク。超新星編では、船は巨大な丸太舟[注 27]。新世界編では、両舷を巨大な丸太で挟んだ形状の船を複数保有している[46]。本船は「サーベルオブジーベック号[47]。作者曰く「最も海賊らしく」がテーマで、全員が「デカくて荒々しくて豪快」なキャラクターになっている[48]

結成間もない頃、たった5人でドラム王国を壊滅させた。頂上戦争の混乱の最中、インペルダウンで新たに5人の仲間を加えた。新世界進出後、白ひげのナワバリを次々と制圧。新世界編では、海賊島「ハチノス」を拠点にしており、黒ひげを支える「10人の巨漢船長」が存在する(十番船船長は不明)。悪魔の実の能力者を殺し、何らかの方法で能力を奪い取る「能力者狩り」を行っているという[注 28]。また、詳細は不明だが元海軍大将クザンと手を組んでいる。

マーシャル・D・ティーチ
声 - 大塚明夫落合福嗣(少年期)
黒ひげ海賊団船長→黒ひげ海賊団提督。四皇の一人。通称「黒ひげ」。元白ひげ海賊団2番隊隊員。元王下七武海。「最悪の世代」の一人。懸賞金22億4760万ベリー。
「偉大なる航路」出身[49]。38歳→40歳[50]。誕生日は8月3日(やみ=8、3)[51]。身長344cm[50]しし座[49]。血液型F型[49]。好きな食べ物はチェリーパイケバブ[49]。嫌いな食べ物はグレイビーソース[31]。趣味はギャンブル・歴史研究[16]。イメージ国はソマリア[52]。イメージ職業は考古学者[52]。イメージ花はヒガンバナ[53]。イメージ動物はカバ[53]
隙っ歯とビール樽のような出っ腹が特徴の大男。登場初期は黒いバンダナに白いシャツというラフな服装だったが、次第に黒いコートや海賊帽、拳銃や大量の宝飾品などを身に着けるようになり、新世界編では美女を囲んで楽しんだり、海賊船が豪華になるなど贅と派手さが増している。黒い顎ひげを生やしており、登場初期はそれほど長くなかったが、新世界編では顔と同じぐらいの長さになっている。海賊王という野望達成のためには一切の手段を選ばない残忍な性格で、世界規模の暴挙を繰り返す悪辣かつ凶悪な男[注 29]だが、「人の夢」を謳い上げ、生死を運命に預けるなど心中には海賊としての確固たる信念を宿しており、シリュウなどインペルダウンLEVEL6の凶悪囚人を味方につけるカリスマ性も見せている。また自身が成り上がるために用意周到な計画を練るなど、豪快さと同時に計算高い一面を併せ持つ。一方で白ひげからは自身の能力への過信と軽率さが弱点と指摘されている。睡眠を必要としない特異体質で、生まれてから一度も眠ったことがないという[注 30]。マルコ曰く「体の構造が異形」らしく、悪魔の実を2つ取り込めるなどその全貌には多くの謎が存在し、シャンクスやジンベエといった大物海賊や五老星などから危険視されている。笑い声は「ゼハハハハ」。
悪魔の実の歴史上で最も凶悪とされる自然系悪魔の実「ヤミヤミの実」の能力者。闇の引力で全ての物体を引き込む「人間」。悪魔の実の能力も無効化し、自然系能力者の実体にも触れることができる。ただし、他の自然系と異なり攻撃を受け流せないばかりか、常人以上に痛みを引き込んでしまうリスクがある。
とある島の孤児で、28年前の少年時代に、行く当てがないと頼み込み白ひげ海賊団に加わった。以降20年以上も所属していたが、その理由はヤミヤミの実が手に入る公算が最も高いと踏んでいたためであった[注 31]。能力者になる以前、シャンクスの左目に3本傷を負わせた[注 32]。4番隊隊長サッチがヤミヤミの実を手に入れると、彼を殺害して実を奪い逃亡[注 33]。海賊王の座を狙って黒ひげ海賊団を結成し、たった5人でドラム王国を滅ぼした[54]。そして、最凶と呼ばれるインペルダウンLEVEL6の囚人たちを解放して仲間にするため、七武海に加入する計画を立て動き出す。
ジャヤのモックタウンでルフィと居合わせ、価値観は違えど自身と同じく夢に対する姿勢を垣間見た上でルフィの器の大きさを認め、ベラミーの挑発に耐え切ったルフィらを激励した。その後、ルフィの賞金額を知り首を狙うが、空島へ逃げられてしまった。エニエス・ロビー崩壊後、ルフィを狙いバナロ島で出航の準備をしていたところにエースが現れる。エースを仲間に誘うも却下され、後に「バナロ島の決闘」と呼ばれる死闘の末に勝利し、エースを政府に引き渡し、クロコダイルの後任として元懸賞金0ながら七武海に加盟。このことがマリンフォード頂上戦争を引き起こす一因となる。
七武海加盟後、召集に応じマリージョアに姿を見せたが、政府側の人間であることを利用し、白ひげ海賊団との開戦直前に一味を引き連れてインペルダウンへ侵入。獄内でルフィと鉢合わせ、エースの件でルフィを挑発し一触即発となるが、ジンベエの仲裁で中断する。その後マゼランの毒を受け瀕死となるが、シリュウの持ってきた解毒剤によって命を取り留める。真の目的であるインペルダウンLEVEL6にたどり着くと、獄中で囚人達に殺し合いをさせ、生き残った4名の伝説級の囚人とシリュウを引き連れてマリンフォードへと現れ、七武海の称号返上を宣言。白ひげに一騎討ちを挑むも、能力を過信した隙を突かれ薙刀で切り裂かれた挙句に地震の衝撃を叩き込まれ、圧倒される。しかし、白ひげが仲間に手を出させなかったのに対して自身は仲間に加勢を求め、一味全員で総攻撃をかけ、既に瀕死の状態であった白ひげを絶命に追い込んだ。そして、謎の手段を用いて白ひげの遺体から「グラグラの実」の能力を奪い、自分の時代の到来を宣言、世界中を恐怖で震撼させた。即座にマリンフォード壊滅に向けて動き出すが、戦場にシャンクスが現れると、目的を果たしたとしてマリンフォードから去って行った。
終戦後、新世界へ進出。ある燃える島で超新星の一人ジュエリー・ボニーを捕らえ、海軍に対し軍艦一隻との交換取引を行おうとしたが、赤犬が軍艦に乗っており海軍には取引をする気が無い旨の報告を聞くと、ボニーを置き去りにして早々に退散した。
頂上戦争から1年後、マルコ率いる白ひげ海賊団残党との「落とし前戦争」を制し、白ひげに代わる新たな四皇の一人と位置づけられるようになる。ドレスローザ編では、かつてのエースの能力である「メラメラの実」を手に入れるため、バージェスをドレスローザに送り込んだ[注 34]。ゾウ編では革命軍の本拠地「バルティゴ」を襲撃し、CPとの衝突後逃走した。ホールケーキアイランド編後、新聞で「5番目の皇帝」と呼ばれる様になったルフィに対し、まだそう呼ばれるのは早いと評した。ワノ国編では、世界会議やワノ国での情勢に興奮しており、ハチノスに乗り込んできたモリアを仲間に勧誘する。世界会議が終わった後、海軍を出し抜いて何かを奪おうと船を出す。
『ONE PIECE novel A 2』では、白ひげ海賊団に入ったばかりのエースの世話係を任され、身元預かり人となったサッチとの三人で行動することが多かった。
モデルは実在した海賊である“黒髭”エドワード・ティーチ[55]

10人の巨漢船長[編集]

ジーザス・バージェス
声 - 稲田徹
黒ひげ海賊団操舵手→黒ひげ海賊団一番船船長兼操舵手[49]。異名は「チャンピオン」。懸賞金2000万ベリー(超新星編)[49]
「偉大なる航路」出身[49]。27歳→29歳[49]。誕生日は12月25日[23]。身長355cm[49]やぎ座[49]。血液型F型[49]。好物はプロテイン[49]
プロレスラーのような覆面をした大男。好戦的で、自分の強さを周囲にアピールする、わざわざ相手を挑発するような発言をする、人目に付きやすいところで勝利の雄叫びを挙げたりと何かと人の目を引く行動を取る。笑い声は「ウィーハハハ」。
山を丸ごと持ち上げ投げつける常人を超える怪力と、岸壁を助走抜きで軽々と跳ねて回る脚力の持ち主。その剛腕から放たれる衝撃波は距離を置いた相手をも一瞬で薙ぎ倒す事ができる。「武装色の覇気」の使い手。
モックタウンでは処刑人ロシオの部下を始め街の海賊たちを相手に暴れ回り力自慢をしていた。
新世界編では一番船船長を担っている。ドレスローザ編では、優勝賞品のメラメラの実を狙いコリーダコロシアムの剣闘会に覆面の男Mr.ストアとして出場し、圧倒的な強さでAブロックを制し正体を明かした。決勝戦のバトルロイヤルでは、サボに右腕の防具を破壊された上に、サボがリングを破壊したことで場外負けとなり、メラメラの実入手に失敗。「鳥カゴ」内の決戦では静観を決め込んでしばらく戦況を窺い、ドフラミンゴとの戦いでルフィが弱ったところを狙うも、彼を守るために現れたサボに撃退される。最後にサボを挑発して動揺を誘いメラメラの実を奪おうとするも「火拳」を喰らい完全敗北した。しかし、重傷を負いながらも執念で革命軍の船の船底に忍び込み、革命軍の総本部バルティゴを突き止め、仲間たちに居場所を報告した。
シリュウ
声 - 菅生隆之
インペルダウン看守長→黒ひげ海賊団二番船船長。異名は「雨のシリュウ」。
「偉大なる航路」出身[47]。42歳→44歳[47]。誕生日は6月11日[23]。身長340cm[47]ふたご座[47]。血液型X型[47]。好物はビーフステーキレア[47]
インペルダウン時代、マゼランと共に二枚看板と謳われた剣士。実力はマゼランとほぼ互角で、勤務時間が短い彼よりも厄介な存在とされていた。しかし、気が向くままに囚人を大量に虐殺し続けたために、マゼランから宣告猶予の死刑囚としてLEVEL6に幽閉されていた。黒ひげ海賊団加入後も、インペルダウンの制服をデザインを変えてそのまま着ている[注 35]。武器は名刀「雷雨(らいう)」[47]。葉巻を愛飲している。
インペルダウン編で、ルフィらの騒動の対処に追われるマゼランにより、侵入した黒ひげを止めるため釈放されるが、マゼランの命令を無視しインペルダウンを裏切る。その後、マゼランの毒に侵された黒ひげと遭遇し、その器を認めて命を助け、黒ひげ海賊団に入団した。
新世界編では二番船船長を担い、アブサロムから能力を奪って超人系悪魔の実「スケスケの実」の能力者となっている。ワノ国編第一幕幕間では、その能力を使ってモリアを切りつけた。
ヴァン・オーガー
声 - 高塚正也
黒ひげ海賊団狙撃手→黒ひげ海賊団三番船船長兼狙撃手[49]。異名は「音越(おとごえ)」。懸賞金6400万ベリー(超新星編)[49]
「東の海」出身[49]。25歳→27歳[49]。誕生日は10月5日[23]。身長340cm[49]てんびん座[49]。血液型X型[49]。好物は運任せの闇鍋[49]
眼鏡をかけており、右目のレンズがスコープになっている。長い銃身をもつ銃「千陸(せんりく)」[27]を使い、水平線の彼方にいる望遠鏡でも見えない鳥を撃ち落とすほどの狙撃力と視力を誇る[56]。時折、運命について詩の一節のような言葉を吐く。落ち着いた面持ちをしているが、エースが黒ひげの勧誘を断るや否や真っ先に発砲するなど、好戦的な面を窺わせる。また、相手が撃ってきた弾丸を破壊しながら敵を射殺するという離れ業を持つ。
アバロ・ピサロ
声 - 田中一成(484話 - 513話)→高塚正也(917話 - )
黒ひげ海賊団四番船船長[47]。インペルダウンLEVEL6に幽閉されていた元囚人。異名は「悪政王」。
「北の海」出身[47]。40歳→42歳[47]。誕生日は9月30日[23]。身長505cm[47]てんびん座[47]。血液型X型[47]。好物はフカヒレのスープ[47]
下向きの三日月のような髭に、ライオンのたてがみのような髪が特徴。頭には角を取り付けている。マリンフォードでは、元囚人の4人の中で唯一囚人服を着ていなかった。語尾に「ニャー」がつく。かつて、とある王国を武力で蹂躙し王座に就くが、悪政の限りを尽くして国民を苦しめ、反乱を起こされた[47]
ラフィット
声 - 松野太紀
黒ひげ海賊団航海士[27]→黒ひげ海賊団五番船船長兼航海士[49]。異名は「鬼保安官」。懸賞金4220万ベリー(超新星編)[49]
「西の海」出身[49]。39歳→41歳[49]。誕生日は3月13日[23]。身長340cm[49]うお座[49]。血液型X型[49]。好物はロリポップキャンディ[49]
シルクハットを被りステッキを持っている。常に物腰柔らかで丁寧口調を用いるが、他の面々に劣らぬ残虐性を秘めている[注 36]。かつては「西の海」の保安官で、度を越えた暴力で国を追われた。
腕を翼に変形させて飛行する能力を持つ。また、催眠術を使うことができる。
ジャヤ編でマリージョアを訪れ、黒ひげをクロコダイルの後任の七武海に推薦した。頂上戦争の際は動力室の海兵に催眠をかけ、正義の門を開けさせた。
新世界編では五番船船長を担っている。ドレスローザ編では負傷したバージェスを出迎えに行ったが、入れ違いになった。
カタリーナ・デボン
声 - 斉藤貴美子
黒ひげ海賊団六番船船長[47]。インペルダウンLEVEL6に幽閉されていた女海賊。異名は「若月狩り(みかづきがり)」。
「南の海」出身[47]。34歳→36歳[47]。誕生日は3月29日[23]。身長361cm[47]おひつじ座[47]。血液型F型[47]。好物は若鳥のささ身[47]
海賊の世界における「史上最悪の女囚」と称される女海賊。美に対し異常な執着を見せ、狩り取った美女達の首をコレクションするという趣味を持つため、世界中の女性達に恐れられている[47]。武器は[47][注 37]。笑い声は「ムルンフッフッフッ」。
動物系幻獣種の悪魔の実「イヌイヌの実 モデル“九尾の狐」の能力者。他人の姿に変身することができる。
新世界編では六番船船長を担っている。ワノ国編第一幕幕間では、アブサロムの姿に変身してモリアを欺いた。
当初は美女としてデザインされたが、黒ひげ海賊団のコンセプトに合わないとして、現在の容姿に変更となった[48]
サンファン・ウルフ
声 - 小野健一
黒ひげ海賊団七番船船長[47]。インペルダウンLEVEL6に幽閉されていた海賊。巨人族[47]。異名は「巨大戦艦」。
「西の海」出身[47]。97歳→99歳[47]。誕生日は3月2日[23]。最大身長180m[47]うお座[47]。血液型S型[47]。好物は海王類の塩焼き[47]
通常の巨人族の10倍以上もある、途方もない巨体を持つ男[注 38]。この大きさは悪魔の実の影響によるもので、その脅威から「巨大戦艦」の異名をつけられた[47]おにぎりのような顔立ちをしている。語尾に「つった」がつく。
バスコ・ショット
声 - 龍田直樹
黒ひげ海賊団八番船船長[47]。インペルダウンLEVEL6に幽閉されていた海賊。異名は「大酒のバスコ・ショット」。
「南の海」出身[47]。36歳→38歳[47]。誕生日は8月5日[23]。身長573cm[47]しし座[47]。血液型X型[47]。好物は紹興酒[47]
異名の通り大酒飲みで、常に酔っ払っている長鼻の大男[注 39]。巨大な瓢箪を背負っている。詳しい経歴や実力は不明[47]。笑い声は「トプトプトプ」。
ドクQ
声 - 内田直哉
黒ひげ海賊団船医→黒ひげ海賊団九番船船長兼船医[49]。異名は「死神」。懸賞金7200万ベリー(超新星編)[49]
「北の海」出身[49]。26歳→28歳[49]。誕生日は10月18日[23]。身長342cm[49]てんびん座[49]。血液型S型[49]。好物は爆弾の入っていないリンゴ[49]
生まれつき極度の虚弱体質で、同様に病弱なのストロンガーに乗っている。全てのことは最初から決まっていると信じる運命論者。モックタウンでは、食べると爆発するリンゴを普通のリンゴと混ぜて配っていた。武器は大鎌。
ストロンガー
ドクQの愛馬。誕生日は4月16日[23]おひつじ座[49]。好物は爆弾の入っていないニンジン[49]

船員 [編集]

キキパツ[58]
黒ひげ海賊団船員。わたあめのような髭を生やした男。樽のビールが好きで、飲むと鼻が赤くなってしまう[58]
トリ[58]
黒ひげ海賊団船員。金髪の女。酒に強い。
マキ[58]
黒ひげ海賊団船員。帽子を被った紫髪の女。

黒ひげ海賊団傘下[編集]

桃ひげ
声 - 中村浩太郎
桃ひげ海賊団船長。懸賞金5200万ベリー。誕生日は3月27日(さくらの日)[11]
左右に広がった桃色の口ひげを生やした男。笑い声は「モモハハハ」。
世界会議で王族や兵士の大半が不在となったルルシア王国を襲撃するが、革命軍によって撃退され、住民たちに身柄を引き渡された[注 40]

バギーズ・デリバリー[編集]

バギー率いる海賊団。海賊旗は丸い赤っ鼻のドクロマーク。サーカス団のような雰囲気を持つ。船の名前は「ビッグトップ号」で、船首はを象っている。 登場初期は「東の海」で活動しており、オレンジの町を占領していた際にルフィ達に倒された。その後、目的の一致からアルビダ海賊団と手を組み、麦わらの一味を追う形で「偉大なる航路」へ進出。マリンフォード頂上戦争後には、Mr.3やインペルダウンから脱獄してきた大量の高額賞金首たち[注 41]が加入した。 新世界編では、海賊派遣会社「バギーズ デリバリー」となっており、新世界カライ・バリ島「バギー街」を拠点にしている。

バギー
声 - 千葉繁木村昴(少年期〈959話 - 〉) / 演 - ジェフ・ワード
バギー海賊団船長→海賊派遣会社「バギーズ デリバリー」座長。四皇の一人。元ロジャー海賊団見習い。元王下七武海。異名は「道化のバギー」(初登場時)→「千両道化のバギー」(新世界編)。元懸賞金1500万ベリー。
「偉大なる航路」出身[32]。37歳→39歳[3]。誕生日は8月8日(バラバラ=8、8)[60]。身長130cm(13歳時)[31]→192cm[32]しし座[32]。血液型F型[32]。好きな食べ物はホットドッグ[32]。嫌いな食べ物はトマト[31]。趣味は宝の地図集め[31]。イメージ動物はパンダ[31]
ピエロのような顔立ちをした男。自分の赤くて丸い大きな鼻にコンプレックスを抱いており、鼻のことに触れられると激怒する[注 42]。卑怯かつ残忍で利己的ながら、派手好きでノリがよく間抜けな一面もある。名を馳せた強敵を前にすると逃げ腰になる臆病者だが、場を盛り上げ煽り立てる才能や後述の経歴により、自分より懸賞金が上であるインペルダウンの脱獄囚たちからはカリスマ扱いされている。超人的な身体能力は持っておらず、実力はあまり高いとは言えないが、それでも当時ルーキーだったとはいえ、その頃から突出した実力を持っていたルフィと互角に渡り合うなどの戦闘能力はある[63]。また、能力を駆使した奇策に長けており、ゾロとの初戦では能力で斬られて死んだふりをして油断させたところをナイフで刺して手傷を与え[64]、インペルダウンからの脱獄成功に一役買うなど頭も切れる。当初は無名であったルフィを「コソ泥」と見なし、海賊と知っても変わらず見下していたが[65]、自分を倒してからは目の敵にするようになり、後に懸賞金がかかってから「さらに大物になったところを仕留めたら認められる」と成長性も認めるようになる。海賊は宝が全てと考えており、望みは世界中の財宝を手に入れること[66]。笑い声は「ぎゃはははは」。口癖は「ハデに - 」。
超人系悪魔の実「バラバラの実」の能力者。体をバラバラに分離させることができる「バラバラ人間」[注 43]。斬撃は一切効かず、格闘戦でも相手の攻撃に合わせ体を切り離すことで回避できる。一定の範囲なら自由に体のパーツを浮遊させ操れる[注 44]。足は飛ばせないものの、バラバラにすることは可能。武器には複数のナイフを用いる。大砲好きな海賊として知られ、町1つを消し飛ばせる砲弾「特製バギー玉」を所持する。後に、バギー玉の破壊力を維持したまま、小型化した新爆弾「特製マギー玉」を靴に仕込んでいる。
ロジャー海賊団最年少乗組員で[31]、30年以上前からロジャー海賊団に見習いとして所属していた[注 45]。同じく見習いで、同い年のシャンクスとは些細なことでケンカばかりしていたが、仲は悪くなかった。しかし27年前[31]、敵船から手に入れた宝の地図と破格の値段で売れる「バラバラの実」を隠し持って脱走を図っていた際に、突然後ろからシャンクスに話しかけられたことに驚いて実を誤って食べ、同時に地図を海に落としてしまった。このことから海中の財宝を諦め、海上の全ての財宝を手にすることを目指すようになり、現在もシャンクスを逆恨みしている[34]。当時から戦闘には消極的だったが、白ひげには顔を覚えられていた。ラフテルへの航海では直前に高熱を出してしまい、同行することはできなかった。24年前のロジャー処刑後、シャンクスから仲間に誘われるが拒否し、自身の海賊団を旗揚げして「東の海」では数少ない懸賞金1000万越えの海賊として名を馳せていた[注 46]
オレンジの町を襲撃中、自身が持つ「偉大なる航路」の海図を狙ったナミと、その争いに巻き込まれたルフィと戦うが、バラバラ状態の時にほとんどの体のパーツをナミに奪われ、万全ではない状態をルフィの「ゴムゴムのバズーカ」により吹き飛ばされて敗北[69]。表紙連載『バギー一味冒険記』での大冒険の末、アルビダと手を組み一味と合流し、元の体に戻る。その後、ルフィへの復讐を企みローグタウンでルフィを処刑しようとしたが、突然の落雷により失敗[70]スモーカーに一時捕らえられたが、嵐に乗じて脱出し、ルフィを追いかけて「偉大なる航路」に突入する。
アラバスタの事件後に偶然エースと遭遇し、部下から食事中に突然寝たエースを討ち取ることを薦められたが、白ひげの仲間に危害を加えたときの恐ろしさを知っているため、手を出さなかった。後にキャプテン・ジョンの宝の洞窟と勘違いして海軍の駐屯所に乗り込んでしまい、逮捕される[30]。インペルダウンLEVEL1に収監されたが、牢から脱出し脱獄する最中潜入していたルフィと再会し、キャプテン・ジョンの財宝の在り処を示すトレジャーマークを貰ったことでエース救出を手伝うことになる。獄内で出会ったMr.3と意気投合すると、ルフィらが起こした騒動を利用して、脱獄に成功。ルフィと共にインペルダウン大量脱獄事件の主犯とされ、隠していた過去の経歴が海軍に知られてしまった。
マリンフォード頂上戦争では、当初怖気づいていたが、白ひげからの要請でエース救出に手を貸す。映像電伝虫を探る中でルフィに身代わりにされ、そのままミホークと対決するが、敢えなく敗北。その後、電々虫を確保し世界に映像を中継しようとし、青雉によって氷漬けにされたが、赤犬の攻撃の余波で復活。白ひげの死後は一目散に逃げ出し、その途中で偶然空中で受け止めたルフィとジンベエを、ローに引き渡した。さらに戦場に現れたシャンクスとロジャー処刑以来24年ぶりに再会し、シャンクスからの頼みでルフィに麦わら帽子を届けた。終戦後、Mr.3や囚人たちを連れ、再び一味と合流した。
新世界編では王下七武海に加盟しており、さらに海賊派遣会社「バギーズ デリバリー」の座長となっている。異名は「千両道化」に変わり、「伝説を生きる男」と称されている。ドフラミンゴの失脚により派遣依頼が殺到したが、クラスSの傭兵であった稼ぎ頭のハイルディンら巨人族5人が離反してしまった。世界会議での七武海制度撤廃により称号を剥奪され、海軍にカライ・バリ島を包囲される[注 47]。その後、詳しい経緯は不明だが、ワノ国編の終盤でルフィと共に四皇入りを果たした。
アニメSP『3D2Y』では、インペルダウンから脱獄した海賊バーンディ・ワールドへの対抗策として召集される。手柄を立てるためワールドの海賊船「グローセアデ号」に乗り込み、そこでルフィと遭遇。ワールドの部下ガイラムと交戦し、ワールドに敗れ意識を失ったルフィを無理やり起こし、奮い立たせた。ワールドはルフィが倒したが、海軍がルフィの存在を確認していなかったため、新聞にはバギーがワールドを討ち取ったと報じられた。
劇場版『STAMPEDE』では、海賊万博の主催者ブエナ・フェスタから会場の警備を依頼される。フェスタのアジトに潜り込み深手を負ったローを追うも、取り逃がす。お宝争奪戦では真っ先に宝を手に入れ、中身を目撃する。ロジャー海賊団時代の元同僚ダグラス・バレットが現れると、宝を放棄し島からの脱出を図ろうとしたが、途中スモーカーやハンコックに捕まり、その成り行きでルフィとバレットとの戦いに巻き込まれた。
モージ
声 - 宗矢樹頼
バギー海賊団副船長。異名は「猛獣使いのモージ」。懸賞金なし[32]
「東の海」出身[32]。27歳→29歳[32]。誕生日は10月1日[23]。身長197cm[32]てんびん座[32]。血液型S型[32]。好物は漬物[32]
「どんな動物も手なずけることができる」と豪語する猛獣使いで[注 48]、ライオンのリッチーを飼い馴らす。着ぐるみを着たような風貌をしているが、地毛である[29]。戦闘時はリッチーに敵を襲わせる他、蹴りやムチを使用。自分では相手に勝てないと分かった時には素直に謝るなど、良くも悪くも利口な一面がある[72]
オレンジの町では、シュシュの守ってきたペットショップを燃やしたため、ルフィの怒りを買い殴り倒された[73]。バギーが飛ばされた後の表紙連載『バギー一味冒険記』では、次期船長の座をかけカバジと12時間に渡る激闘を繰り広げたが、寝ぼけたリッチーにまとめて倒された。ローグタウンではゴーイングメリー号に火を付けようとしたが、突然の嵐で火が消えてしまい失敗し、濡れた地面に足を滑らせメリー号に頭をぶつけ気絶した。
頂上戦争後に加入した大物囚人たちのバギーへの盲信ぷりにはカバジと共に内心呆れつつも、Mr.3と異なりとりあえず場の空気に合わせている。新世界編では、かなり太った体型になっている。
リッチー
声 - 稲田徹
モージが操るライオン
誕生日は7月23日[23]かに座[32]。好物は肉[32]
鋼鉄製の檻を一撃で破壊するほどのパワーを持つが[71]、頭は悪く、大抵食べることしか考えていない。登場初期はライオンらしい恐ろしい風貌や凶暴性を見せていたが、話が進むにつれて愛嬌ある風貌になったり二足歩行で立ったりするなど、人間味溢れるようになる。
オレンジの街ではルフィに敗れた。バギーが吹っ飛んだ後の表紙連載『バギー一味冒険記』では、船長の座を争うモージとカバジを寝ぼけながらに倒し、一時的に船長になった。その後、クマテ族にやられたところをバギーに助けられた。新世界編では、モージと同じく太っている。
カバジ
声 - 遠藤守哉
バギー海賊団参謀長。異名は「曲芸のカバジ」。懸賞金なし[32]
「東の海」出身[32]。32歳→34歳[32]。誕生日は9月8日[23]。身長208cm[32]おとめ座[32]。血液型X型[32]。好物はポップコーン[32]
左だけ長い前髪と長いマフラーが特徴の剣士。一輪車独楽を駆使し、曲芸師の如く戦う。相手に弱みに付け込み、味方を盾にする卑劣な性格[74]。バギーへの忠誠心は厚く、バギーがインペルダウンに収監されたときは奪還に向かおうとしていた。
オレンジの町では「剣の相手」という理由で自ら名乗り出たゾロと対峙し、バギーから受けた傷を執拗に狙ったが、格の差を見せつけられ敗北した。以降、バギー同様麦わらの一味(特にゾロ)への復讐を誓う。ローグタウンでは、処刑台に乗ったルフィを拘束した。
アルビダ
声 - 松岡洋子 / 演 - イリア・イソレリス・パウリーノ
アルビダ海賊団船長。通称「レディー・アルビダ」。異名は「金棒のアルビダ」。懸賞金500万ベリー[40]
「東の海」出身[32]。25→27歳[32]。誕生日は3月14日[23]。身長198cm[32]うお座[32]。血液型S型[32]。好物は美肌効果のあるベリーやベリー酒[32]
金棒を武器とする女海賊。初登場時は太った醜女だったが、本人は「この海で一番美しいものは自分」と豪語する。後に「スベスベの実」を食べたことで、別人の如く体型が変わり、性別問わず魅了する「絶世の美女」になった[注 49]。部下への暴力を平然と行う残忍な性格だが、バギーたちよりは落ち着いた面があり、ノリで行動しがちなバギーたちに常識的なツッコミを入れたりしている。バギー海賊団員からの呼称は「アルビダ姐さん」。
超人系悪魔の実「スベスベの実」の能力者。あらゆるものをスリップさせる、摩擦ゼロのスベスベ肌を持つ。
間違えて海賊船に乗ってしまったコビーを、海の知識があったことから、命を助ける代わりに2年間航海士兼雑用としてこき使っていた。アジトにしていたゴート島で、偶然迷い込んだルフィをコビーが雇った賞金稼ぎと勘違いして戦うが、敗北[75]。自分の美貌を初めて殴ったルフィの強さに惹かれ、彼を追うようになった。
その後、経緯は描かれていないが悪魔の実を食べ、現在の体型になる。表紙連載『バギー一味冒険記』で、漂流していたバギーを助けて彼と同盟を組み、ローグタウンでルフィを見つける[76]。しかし逃げられてしまい、ルフィ達を追うために、バギーたちと共に「偉大なる航路」に突入する[77]
「偉大なる航路」突入後、バギーが海軍に捕まった際は、あっさりとバギーを見捨て、救出を試みたカバジたちにあきらめるよう促した。マリンフォード頂上戦争終結後、復帰したバギーを涙ながら出迎えたガバジたちの変わり身の早さや、バギーよりも高額の賞金首が大量に入団してきたことにはあきれていた。
新世界編では、バギーズ デリバリーの幹部を務めている。
名前の由来は、女海賊アルビダ[78]
ギャルディーノ
バギーズ・デリバリー幹部。元B・Wオフィサーエージェント「Mr.3」。頂上戦争終結後、バギー海賊団に加入。
ハイルディン
「バギーズ デリバリー」クラスSの傭兵。バギーズ・デリバリーの稼ぎ頭だったが、ドレスローザの一件後、ルフィの傘下に入る形で他の4人の巨人族共々脱退した。

元四皇[編集]

白ひげ海賊団[編集]

四皇エドワード・ニューゲート率いる海賊団。海賊旗は三日月型の白ひげが描かれたドクロマーク(当初は後ろにが書かれていたが、後に骨十字に変更された[注 50])。本船はを象った船首の「モビー・ディック号」。加えて、似たデザインの船を複数持つ。

船員は約1600名で、16の部隊に分かれている[27][注 51]。さらに、新世界で名を馳せる43の海賊団を傘下に従えており、傘下を含めた兵力は5万人に及ぶ[79]。「世界最強の男」たる白ひげを筆頭に、世界有数の実力ある海賊たちが集う。仲間を「家族」と想う白ひげの心意気は一味全体に浸透しており、鉄の団結力を誇る。なお、隊の番号と個々の実力は比例せず、隊長達は番号に関係なく同じ地位である[51]。白ひげの考えで女性の戦闘員は一人も船に乗せず、白ひげを看護していた船医チームの女性たちも頂上戦争直前には船から降ろしている[80][注 52]

白ひげの老いによりここ数年は鳴りを潜めていたが、彼を知る者たちは今でもその恐ろしさを語り継いでいる[81]

物語当初の船員のうち、2番隊隊員マーシャル・D・ティーチは4番隊隊長サッチを殺して脱走・脱退。船長エドワード・ニューゲートと2番隊隊長ポートガス・D・エースはマリンフォード頂上戦争において戦死した。頂上戦争から1年後、マルコ率いる残党達は援軍と共に黒ひげ海賊団に戦いを挑んだが、惨敗を喫した(落とし前戦争)。それ以来一味は散り散りとなり、隊長達の消息は途絶えてしまっている。

本隊[編集]

エドワード・ニューゲート
声 - 有本欽隆(151話 - 567話)→大友龍三郎(962話 - )[注 53]
白ひげ海賊団船長。四皇の一人。元ロックス海賊団船員。通称「白ひげ」。懸賞金50億4600万ベリー[注 54]
新世界「スフィンクス」出身[4]。72歳没。誕生日は4月6日(46=しろ)[1]。身長666cm[4]おひつじ座[4]。血液型F型[4]。好きな食べ物は、安い食べ物[4]。嫌いな食べ物はコピ・ルアク[31]。趣味は貯金[31]。イメージ動物は白鯨[31]
大海賊時代の頂点に君臨する「世界最強の海賊」。かつて、海賊王ロジャーと唯一互角に渡り合い、現在では「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」に最も近い存在とされ、その伝説的・怪物的な雷名は世界中に轟き多くの海賊や人々から恐れられている。一方、魚人島を始め多くの島を見返りなしで自身のナワバリとし、その威名による抑止力でその他の悪党から守っていた[注 55]三日月のような白い口ひげを蓄えた、常人の数倍はある体躯の筋骨隆々の大男で、頭に黒いバンダナを巻いており、地肌に直接コートを羽織っている[注 56]。背中には白ひげ海賊団のマークが入っている。現在は老齢のためかかなり体調が悪化しており、普段は鼻のチューブや点滴など大量の医療器具を付けている。笑い声は「グララララ」。武器は最上大業物12工の一振りである巨大な薙刀むら雲切(むらくもぎり)」[84]
性格は豪快でシャンクスや海軍本部の三大将など世界的な大物を「ガキ」や「小僧」と呼んでいる。大の酒豪でもあり、看護師から酒量を制限するように言われても意にも介していない。財宝に対する執着は全くなく、仲間を「家族」として何よりも大切に想い、船員のことを「息子」と呼ぶ。ロジャーからおでんを貸してくれと頼み込まれた際は、自分から家族を奪うのかと激怒した。長所短所を含め、息子らの事を知り抜く観察眼と懐の大きさを併せ持っており[注 57]、エースから自分が宿敵であったロジャーの息子だと打ち明けられた際は、「誰から生まれようとも人間みな海の子」と言い思いつめていたエースをなだめている。船員や傘下の海賊達からは「オヤジ」と呼ばれ、絶大な尊奉の念を抱かれている。それゆえ「仲間殺し」を一味最大唯一のタブーとしており、「白ひげは仲間の死を許さない」ということは世界的に知られている[注 58]。歴史にも詳しく、「発火する種族」の知識もある。
超人系悪魔の実「グラグラの実」の能力者。振動を起こすことができる「地震人間」。空間を殴りつけ大気にヒビを入れることで「地震」「津波」「衝撃波」を発生させ、拳や武器の薙刀に凝縮した振動を纏わせて破壊力を増大させたり、空間を掴んで揺らすことで島や海をも傾かせることもできる。超人系悪魔の実の中でも最強とされる力であり[50]、センゴクからは「世界を滅ぼす力」とまで称される。「覇王色の覇気」の持ち主。巨人族の振りかざす刀や外輪船を片手で止めるほどの超怪力を誇り、満身創痍になりがらも敵を薙ぎ払う圧倒的な生命力の持ち主でもある。
元は、新世界の貧しい島の孤児だった。幼少期に海に出て海賊になってからも故郷を気にかけ、自分が故郷に作った小さな村に生涯、自分の宝を貢いでいた[注 59]。一海賊団の船員として活動していた若い頃から家族を欲しがっており、財宝よりも憧れていた。ロックス海賊団壊滅後は、自身の海賊団を立ち上げ、ロジャーと幾度も死闘を繰り広げる好敵手関係になる。
30年前、漂着したワノ国で光月おでんと出会う。船に乗せてくれと懇願するおでんを始めは拒んだが[注 60]、自らが課した試練に耐え抜いたことで彼の人柄を認め、「弟」として仲間に加えた。26年前、ロジャー海賊団と3日3晩に渡る激闘を繰り広げた後、ロジャーからおでんを1年だけ貸してくれと懇願され、強引に引き抜かれた[注 61]。自首する直前のロジャーと酒を酌み交わした際に、「ひとつなぎの大秘宝」や「Dの意志」の真実を教えられている。その時にロジャーから「ラフテルへの行き方を教えようか」と提案されたが、興味がないと断った。また、過去に世話になったネプチューンと友情の盃を酌み交わしており、大海賊時代が始まったことで魚人島が荒れた際、海賊たちを蹴散らし自身のナワバリにした。
ティーチがサッチを殺害し逃亡した際、落とし前をつけようとするエースを「悪い予感がするから今回は忘れろ」と制止するが、エースは振り切って飛び出してしまう。後日シャンクスに「エースを止め、黒ひげから手を引け」と直談判されるが、自分の指示で追わせたとして全く聞き入れなかった。
黒ひげに敗れたエースが世界政府により公開処刑にかけられると、エースを奪還するため総力を挙げてマリンフォードに攻め入り、大津波を起こして「マリンフォード頂上戦争」の戦端を開く。序盤はモビー・ディック号から全軍の指揮を執り、途中戦場に乱入したルフィやバギー達と共闘する。戦争も佳境となった時、海軍に騙されていたスクアードに刃を立てられるが[注 62]、それを機に出陣。体調の悪化と多くの傷に苦しめられ満身創痍となりながらも、海兵達を薙ぎ払い、大将赤犬・青雉と互角以上に打ち合った。エース解放時は仲間達と共に全力でルフィを援護し、黄猿を足止めする。解放後は己の死期と時代の変わり目を悟り、仲間達を逃がすために捨て身の殿を務めんとする。エースの死後は怒りを露わにして赤犬に襲い掛かるが、赤犬の反撃で自らの頭部半分を失う[注 63]。それでもなお、赤犬へ渾身の一撃を叩き込んで地割れに叩き落とし、更に海軍本部の要塞を半壊させた。その後、現れたティーチとの戦いでは能力を封じられても即座に薙刀で反撃し、格の違いを見せ付け圧倒する。トドメを刺そうとしたが、黒ひげ海賊団の一斉攻撃を受けて限界に達し、死に際に「ひとつなぎの大秘宝」の実在を世界中に宣言し、家族たる仲間達へ感謝しながら立ち往生を遂げた[注 64]。遺体はシャンクスに引き取られ、エースと共に自らの故郷の近くに埋葬された[注 65]
新世界編では、実の息子と言われるウィーブルが王下七武海に加盟しているが、彼が本当の息子かは不明。
名前の由来は、イギリスの海賊“黒髭”の本名とされるエドワード・ティーチ[55]。キャラクターのモデルは作者がよく行っていた飲み屋の主人(故人)[86]。豪快な性格や、酒好きで体を壊してしまい体中に管を通している点、それでいてなお酒を飲み続けている点が共通しており、実際に「ハナッたれ」や「アホンダラ」という言葉を他の客に使っていたという。
マルコ
声 - 森田成一
白ひげ海賊団1番隊隊長兼船医[31]。異名は「不死鳥マルコ」。懸賞金13億7400万ベリー[31]
「偉大なる航路」出身[4]。43歳→45歳[4]。誕生日は10月5日(「1」番隊隊長マルコ=05)[51]。身長203cm[4]てんびん座[4]。血液型X型[4]。好きな食べ物はパイナップル[4]。嫌いな食べ物はマメ[31]。趣味はバーのコースター収集[31]。イメージ動物はフェニックス[31]
パイナップルのような髪型をした細身の男。胸に簡略化した白ひげ海賊団のマークを入れている。新世界編では眼鏡をかけている。実力・人格ともに申し分ない白ひげ海賊団の事実上のNo.2で、白ひげや他のクルーからの信頼は厚い。30年以上前から白ひげ海賊団に所属している古株の一人で、30年前当時は見習いだった。自分たちのことを息子と呼んでくれる白ひげに大恩を感じている。語尾に「 - い」「 - よい」と付ける癖がある。
動物系幻獣種の悪魔の実「トリトリの実 モデル“不死鳥(フェニックス)”」の能力者[4]。「再生の炎」という青い炎を纏い、いかなる攻撃を受けても再生できる(ただし再生には限界がある)[50]。この特殊な炎は、「燃え広がる」「高熱」といった通常の炎の特性はなく[50]、他人に大きな影響を及ぼさないが自然治癒力を上げることができる。ビッグ・マムが生み出した炎のホーミーズであるプロメテウスにはダメージを与えられ、炎を相手をぶつけて物理的ダメージを与えることはできる。人獣型は、腕と足のみが不死鳥化した姿をしている。「武装色の覇気」の使い手。
頂上戦争では、開戦直後に白ひげを狙った黄猿の攻撃を防いで互角に打ち合い、包囲壁を超えた後は青雉からルフィを救った。その後、不死鳥化して処刑台に迫るが、ガープに撃退される。オリス広場での戦闘中、症状が悪化した白ひげに気を取られた隙を黄猿と中将オニグモに突かれ、海楼石の手錠をはめられて追い詰められる。エースが致命傷を受けた直後、Mr.3により手錠を外されると、一味の指揮を執りながらエースとルフィを守ろうと、赤犬と交戦。エースが事切れた後は、悲嘆に暮れる仲間達に対し、ルフィを守りぬけと檄を飛ばした。終戦後、シャンクスや一味の仲間達と共に、白ひげとエースの二人を白ひげの故郷の近くに埋葬した。
頂上戦争から1年後、残党を率い黒ひげ海賊団と激突したが、惨敗を喫した。その後は、白ひげの最後の形見とも言える、彼が自身の故郷に築いた村を守るため、医者としてその村で暮らす。カイドウと戦う同志を募るネコマムシから誘いを受けたが、白ひげの息子を名乗るウィーブルがいずれ自分やこの村を襲ってくることを危惧し、すぐに村を離れられないと断り、代わりに「遅れるが必ず行く」というルフィへの伝言を頼んだ。
ワノ国編では、鬼ヶ島への討ち入り当日にワノ国に到着し、ビッグ・マム海賊団の入国を阻止する。ネコマムシ・イゾウと合流し、二人を鬼ヶ島に送り届ける。鬼ヶ島ではビッグ・マムに拘束されるも、ワンダ達の加勢で逃れる。ドクロドームのライブフロアに到着すると、麦わらの一味に加勢し、仲間の援護や治療を担う。長時間にわたってキングとクイーンを引き付けたことで体力の限界が迫るも、ゾロが復活すると大看板の相手をゾロとサンジに託した。
ポートガス・D・エース
声 - 古川登志夫阪口大助(幼少期)
白ひげ海賊団2番隊隊長。元スペード海賊団船長。ルフィ・サボの義兄弟。ロジャーの息子。異名は「火拳のエース」。懸賞金5億5000万ベリー[87]
「南の海」バテリラ出身。20歳没。誕生日は1月1日(トランプのA=1)[88]。身長103cm(10歳時)[89]→185cm(超新星編)[88][4]やぎ座[4]。血液型S型[4]。好物はブートジョロキアペペロンチーノ(超新星編)[4]熊鍋(10歳時)[89]
オレンジ色のテンガロンハットを被り、上半身裸にハーフパンツ、赤い首飾りを身に着けている青年。顔には母譲りのそばかすがあり、背中には白ひげ海賊団のマーク、左腕には「ASCE」(Sは×印で消している。義兄弟サボのマーク)と書かれたタトゥーを入れている。根本はマイペースかつ自由奔放だが、ルフィと違い礼儀正しさと常識も持ちあわせており、ルフィを何かと気にかけている。食事の途中で突然寝るという癖があり[注 66]、また食い逃げの常習犯でもある。白ひげからは「性格は親父とは似つかない」と言われたが、仲間への侮辱に激しい怒りを露にし、仲間を守るためならどんな相手でも決して逃げないという点はロジャーと共通しており、ロジャーの部下であったシャンクスも、エースが最期を迎える要因となった行動がロジャーの性分と似通っていると認めていた。世間知らずなルフィとは違い、若い世代の海賊としてキャベンディッシュや南のキッド、北のローや西のベッジの進出を把握していた。
自然系悪魔の実「メラメラの実」の能力者。体をに変えて操り様々な攻撃を行い、この能力を原動力とする小型ボート「ストライカー[27]で海を移動する。能力者となったのは村を出て以降だが、それ以前からゴムゴムの実の能力者であるルフィには1度も負けたことがなく、幼い頃から街の不良達やコルボ山の野獣、さらには本物の海賊を倒すなど、怪物じみた戦闘力を発揮していた。また、10歳の時にはすでに「覇王色の覇気」を発現させていた。
海賊王ロジャーとポートガス・D・ルージュとの間に生まれる。ルージュがエースの存在を世間から隠すため、無理をして身篭り続けたため、生まれてすぐにルージュは力尽き、命を落とした。その後、出産に立ち会ったガープにより、ダダンの下に預けられ、コルボ山で育った。幼少期は、世界的に悪名高いロジャーを父に持つ「鬼の子」という出自から、自身の存在意義に悩み[注 67]、ロジャーを憎んでもいた。海賊になり自分の生きた証となる「名声」を手に入れることを目指し、5歳の時から同い年の親友サボと二人で修行を積みながら、海賊貯金を貯め出した。10歳の時にルフィと出会い、最初は友好的なルフィを邪険に扱っていたが、ポルシェーミに捕まったルフィをサボと協力して助け、海賊貯金の場所をばらさなかったルフィを認めるようになる。その後は3人で行動するようになり、兄弟の盃を交わした。グレイ・ターミナルで起きた大火事の際、海賊貯金を狙い襲ってきた海賊ブルージャムをダダンとの共闘で倒した。サボが行方不明となった後は、“くい”のないように誰よりも自由に生きることを誓い、修行を積んだ。なお、この頃は無教養で言葉遣いも悪かったが、ルフィが世話になったシャンクスに挨拶するためにと、マキノから礼儀作法を学んだことで、性格はかなり丸くなり、他人に対する態度も柔らかくなった。
17歳の時、ルフィが海に出る3年前にコルボ山から出航し、母ルージュの姓を名乗るようになる。「スペード海賊団」を結成し、さらに「メラメラの実」の能力を得たことで、たちまち名を上げていき、政府から七武海への勧誘を受ける程となる(勧誘は拒否している)。また、この時期にルフィの命の恩人であるシャンクスと対面を果たしている。4年ほど前にワノ国に漂着し、数週間ほどの滞在の中で、お玉と親しくなる。さらにカイドウの娘ヤマトと交友を深め、別れ際にヤマトから自身のビブルカードを受け取った[注 68]。最強と評される白ひげを倒すため、立ちはだかったジンベエと5日間に及ぶ死闘を繰り広げる。そこに白ひげ海賊団が現れ、白ひげ一人に一味は完敗するものの、自分が身代わりになり仲間を逃がそうとする姿勢を気に入られ、その後さらに助けに来た仲間たちともども、強引に白ひげ海賊団に入団させられた。入団当初は毎日のように白ひげの命を狙っていたが、全くかなわず返り討ちにあっていた。やがてマルコから、白ひげの器の大きさを教えられたことで考えを改め、自分の意志で白ひげを海賊王にすることを志すようになる。実績を積み重ねたことで仲間からも認められ、欠番だった2番隊隊長となる。部下の“黒ひげ”ティーチが白ひげ海賊団最大の罪「仲間殺し」を犯して逃亡した際、白ひげや仲間の制止を振り切り、独断でティーチ討伐に向かった。
ルフィが賞金首になったことを知っており、ドラム王国で「ルフィを見かけたらアラバスタにいると伝えてくれ」と国民に伝言を残していた[90]。「偉大なる航路」を逆走しティーチの行方を追う道中、アラバスタでルフィと3年振りの再会を果たし、ルフィに自分のビブルカードを渡す(アニメでは、その後しばらく、麦わらの一味に同行)。その後、偶然出会ったバギーと飲み仲間になり、表紙連載『エースの黒ひげ大捜査線』において世話を受けたミルク売りの少女モーダの依頼で海軍基地に潜入し、手紙を届けたついでにティーチの情報を掴む。バナロ島にてティーチを発見し激突、後に「バナロ島の決闘」と呼ばれる死闘を演じるが、敗れて海軍に引き渡され、インペルダウンLEVEL6「無限地獄」に幽閉される[注 69]
世界政府はロジャーの血を絶つため公開処刑を決定し、さらに海軍元帥センゴクによってロジャーの息子であることや、ルフィと義兄弟であることが暴露される。そして、エースを奪還するべく白ひげ海賊団や傘下の海賊団らがマリンフォードに乗り込むことで、「マリンフォード頂上戦争」が勃発。同じく救出のため、戦場に乗り込んできたルフィに対して、道連れになってほしくないため一度は拒絶するも、再度の呼びかけでその揺るぎない信念を受け入れた。大激戦の末、ルフィ達によって処刑台から解放され、ルフィや仲間たちとの共闘で海軍と交戦しながら逃亡を図るが、白ひげを「先の時代の敗北者」と侮辱した赤犬を許せず攻撃を仕掛け、能力の差で圧倒される。その隙を突いた赤犬の攻撃からルフィを庇ってマグマの拳に腹を貫かれ、致命傷を負う。自らの死を悟るとルフィを抱き寄せ、世界中から疎まれていた自分を愛してくれた白ひげと仲間達、そしてルフィへの感謝の言葉を涙ながらに残し、静かに笑いながら息を引き取った。
遺体はシャンクスに預けられ、白ひげと共に白ひげの故郷の近くに埋葬された[注 70]。エースの死後に復活した「メラメラの実」はドンキホーテファミリーの手に渡ったが、ドレスローザ編でもうひとりの兄弟であるサボに受け継がれた。
ジョズ
声 - 長嶝高士
白ひげ海賊団3番隊隊長。異名は「ダイヤモンド・ジョズ」。
「西の海」出身[4]。40歳→42歳[4]。誕生日は11月11日[23]。身長503cm[4]さそり座[4]。血液型X型[4]。好物はあごだし茶漬け[4]
鎧を身につけた巨漢。30年以上前から、白ひげ海賊団に所属している古株の一人。
超人系悪魔の実「キラキラの実」の能力者[4]。体をダイヤモンドに変えることができる。ミホークの飛ぶ斬撃を無傷で受け止める程の高い防御力を持つ。巨人族よりも遥かに巨大な氷塊を投げ飛ばすほどの怪力と、巨体からは想像できないスピードを持ち合わせる。「武装色の覇気」の使い手。
頂上戦争では開戦直後にミホークの攻撃を阻止し、その後に白ひげの命を狙うクロコダイルと交戦するも、ドフラミンゴの介入で中断した。海軍が包囲壁を発動させると、白ひげからの指示で、切り札である海底に潜ませていた外輪船を発動させた。包囲壁を越えた後は青雉と交戦していたが、マルコの窮地に気をとられた一瞬の隙を突かれ、全身を凍結されて戦線離脱する。エースと白ひげの埋葬時には回復していたが、凍結の影響で右腕を失っている。
サッチ
声 - 真殿光昭
元白ひげ海賊団4番隊隊長。
リーゼント気味の髪型が特徴の男。人当たりの良いフランクな性格。アニメでは二刀流の剣士。「北の海」出身[4]。誕生日は3月24日[23]
「ヤミヤミの実」を手に入れたことで、それを狙っていたティーチに殺害された[注 33]
『ONE PIECE novel A 2』では、白ひげ海賊団の厨房を仕切る料理長を担っている[注 71]。白ひげから客分扱いとして迎え入れられたエースの身元預かり人を任され、世話係となったティーチとの三人で行動することが多かった。武器は刃渡り三尺余りある、長包丁に似た片刃の剣。隊長にふさわしい実力だが、剣の腕はビスタの方が上回るという。
名前の由来は、黒髭の偽名の一つであるエドワード・サッチ[55]
ビスタ
声 - 高塚正也
白ひげ海賊団5番隊隊長。異名は「花剣のビスタ」。
「北の海」出身[4]。45歳→47歳[4]。誕生日は2月5日[23]。身長328cm[4]みずがめ座[4]。血液型X型[4]。好物はジャガイモフリット ローズマリー風味[4]
シルクハットと口ひげが特徴の、二刀流の剣士。30年以上前から、白ひげ海賊団に所属している古株の一人。その実力は世界的に知られている[注 72]。「武装色の覇気」の使い手。
頂上戦争ではルフィの助太刀に入り、ミホークと剣戟を繰り広げた。エースが致命傷を受けた際には、マルコと共に赤犬と交戦した。
ブラメンコ[50]
声 - 平井啓二
白ひげ海賊団6番隊隊長。「西の海」出身[4]。誕生日は2月5日[23]
オーバーオールを身につけた太めの男。胸元につぎはぎのポケットが2つついている。
超人系悪魔の実「ポケポケの実」の能力者[94]。体にポケットを作り出し、物を収納することができる[94]。ポケットの容量は無限で[94]、大きさに関係なく物を出し入れできる。頂上戦争では、自分の体以上の巨大なハンマーを取り出して攻撃している。
ラクヨウ[50]
声 - 藤本たかひろ
白ひげ海賊団7番隊隊長。「南の海」出身[4]。誕生日は9月8日[23]
目や口がついたチェーンハンマーを扱う、ドレッドヘアの男。30年以上前から、白ひげ海賊団に所属している古株の一人。
ナミュール[50]
声 - 松原大典
白ひげ海賊団8番隊隊長。「偉大なる航路」出身[4]。誕生日は7月6日[23]
首の左に「8」の文字を入れた魚人。
ブレンハイム[50]
声 - 檜山修之[95]
白ひげ海賊団9番隊隊長。「偉大なる航路」出身[4]。誕生日は8月6日[23]
白ひげをも超える巨体を持つ、弁髪の男。28年以上前から、白ひげ海賊団に所属している。頂上戦争で、氷漬けにされたジョズを運んだ。
クリエル
声 - 福原耕平
白ひげ海賊団10番隊隊長。「西の海」出身[4]。誕生日は9月12日[23]
二丁のバズーカを背負った、メガネの細面な男。頂上戦争では、湾内でモリアと対峙した。終盤に、赤犬の攻撃に倒れた。
キングデュー[50]
声 - 宮崎寛務
白ひげ海賊団11番隊隊長。「偉大なる航路」出身[4]。誕生日は11月13日[23]
右胸に入れ墨がある、ボブヘアーの男。両腕にナックルダスターのようなものを付けている。30年前以上から、白ひげ海賊団に所属している古株の一人。
ハルタ[50]
声 - 野田順子
白ひげ海賊団12番隊隊長。「南の海」出身[4]。誕生日は2月4日[23]
一刀流の剣士。大柄な隊長たちの中では、常人程度の身長。
アトモス
声 - 福原耕平(465話)→浜田賢二(485話 - )
白ひげ海賊団13番隊隊長。異名は「水牛アトモス」。「西の海」出身[4]。誕生日は3月19日[23]
2本の角が付いた兜を被る、二刀流の巨漢。30年以上前から、白ひげ海賊団に所属している古株の一人。
頂上戦争中、ドフラミンゴの能力で操られ、部下へ攻撃させられた。
スピード・ジル[50]
声 - 沼田祐介
白ひげ海賊団14番隊隊長。「東の海」出身[4]。誕生日は4月6日[23]
豚鼻で、白ひげ海賊団のマークがついた帽子をかぶる男。ランスを武器とする。
フォッサ[50]
声 - 永野広一
白ひげ海賊団15番隊隊長。「北の海」出身[4]。誕生日は4月15日[23]
葉巻を咥えた、前頭禿げの中年男。炎をまとった刀を扱う。30年以上前から、白ひげ海賊団に所属している古株の一人。
イゾウ[50]
声 - 織田優成小野将夢(幼少期)
白ひげ海賊団16番隊隊長。元光月家家臣。菊の丞の兄。懸賞金5億1000万ベリー[31]
新世界「ワノ国」鈴後出身[4][31]。43歳→45歳没[31]。誕生日は10月13日[23]。身長192cm[96]てんびん座[31]。血液型はX型[31]。好物はがんもどき[96]
女形のような和装と日本髪が特徴の男。二丁の拳銃使い。ワノ国にいた頃は刀を使っていたが、剣術はあまり得意ではなかった[94]。射的は百発百中の腕前で、白ひげの船で余興に見せたところ、ビスタからその腕前を褒められ、主君を守るために刀を捨てて、銃を使うようになった[94]。現在の所属船は「ノワールキックス2[97]
舞踊の「花柳流(はなやなぎりゅう)」家元の息子だが、父が罪人となり家族と離れ離れになってしまった。弟の菊の丞と共に、幼い頃から芸人として汚い大人にこき使われる貧しい生活を送っていた[94]鈴後で腹を空かせていたところ、おでんに出会い、菊の丞と共に彼の家臣となった。30年前、おでんが白ひげについて行こうとすることを見抜いて、強引に同行する。当初は主君のおでんに対する仕打ちから白ひげを恨んでいたが、次第に打ち解けるようになり、おでんがロジャーにスカウトされた際は「この船が好きだから、ここであなたの帰りを待ちます」と白ひげの船に残った。ロジャー海賊団解散後も、ワノ国に帰ったおでんの元には戻らず、再会することはなかった[注 73]。数年後におでんの死を知り、白ひげの許可が出ればワノ国への進撃に参戦するつもりでいた。
ワノ国編では、ネコマムシと共に鬼ヶ島への討ち入りに参戦し、討ち入り当日にワノ国に到着。菊の丞達と再会を果たした後は共にカイドウに挑むも敗れ、宝物殿に逃れた後、河松と共にライブフロアの援護に向かう。その後は錦えもんと菊とウソップの元へと駆け付け、三人を逃がすために百獣海賊団の兵士を足止めする。数の差に苦しみながらも兵士たちを打ち負かした直後、ロビンを探すCP-0と遭遇。麦わらの一味を守るために彼らと交戦し、マハと相討ちになり戦死した。
ネーム段階では「花柳イゾウ」というフルネームが設定されていた[98]
光月おでん
元白ひげ海賊団2番隊隊長。ワノ国九里先代大名。故人。
光月トキ
おでんの妻。故人。
イヌアラシ、ネコマムシ
おでんの従者。現在はモコモ公国の王。
マーシャル・D・ティーチ
元白ひげ海賊団2番隊隊員。現黒ひげ海賊団提督。サッチを殺害し逃亡した。
テート[99]
声 - 塩山由佳
白ひげ海賊団船医チームの女性看護師。

白ひげ海賊団傘下[編集]

白ひげ海賊団傘下にある、新世界で活動する海賊団の船長たち。彼らも白ひげを「オヤジ」と呼び慕う。マリンフォード頂上戦争には、43の海賊団全てが艦隊を組んで参戦した。新世界編では、エドワード・ウィーブルによって16人の船長が倒されている。

ドーマ
声 - 服巻浩司
新世界で名を馳せる海賊。異名は「遊騎士ドーマ」。
銃を持つ(声 - 高塚正也[100])を肩に乗せた、逆手持ちの二刀流の剣士。誕生日は2月1日[23]。かつてエースにより一味が降伏させられ、白ひげ傘下となった。
マクガイ
声 - 増谷康紀
新世界で名を馳せる海賊。異名は「雷卿マクガイ」。
稲妻のような髭を持ち、長髪でアゴが長い。帯電した剣を扱う。誕生日は9月3日[23]
スクアード
声 - 佐々木誠二
大渦蜘蛛海賊団船長。異名は「大渦蜘蛛スクアード」。懸賞金2億1000万ベリー[4]
「偉大なる航路」出身[4]。50歳→52歳[4]。誕生日は9月6日[23]。身長228cm[4]おとめ座[4]。血液型F型[4]。好物はチーズ[4]
額に蜘蛛のマークを持つ、新世界で名を馳せる海賊。自分の背丈ほどもある大剣を使用する。白ひげが全海賊団の指揮を一番に任せようとしたほど、信頼は厚い。船の名前は「レアルスパイダー号[4]
かつてロジャーとの戦いで仲間達が全滅し、一人になった所を白ひげに拾われた。その経緯から、ロジャーを憎んでいる。
頂上戦争では、エースがロジャーの息子と知り最も動揺する男として、センゴクと赤犬が仕掛けた作戦に利用される。「白ひげがエースのために海軍と裏で取引し、傘下の海賊たちを売った」と赤犬に騙され、白ひげに剣を突き刺した。殺されることを覚悟の上だったが、白ひげは意にも介さずに許し、仲間からも「スクアードを騙した海軍が悪い」と咎められなかったことから、自分の愚行に涙を流して後悔した。エース救出後はせめてもの償いとして、部下達と共にしんがりを務めようとするも、白ひげに止められ𠮟咤された。
ディカルバン兄弟
声 - 高塚正也竹本英史
新世界で名を馳せる海賊兄弟。
それぞれ片目にアザがあり、両手に嵌めた爪付きの手袋による接近戦が得意。誕生日は5月22日[23]
スクアードに代わって、白ひげに全海賊団の指揮を任せられた。
リトルオーズJr.
声 - 平井啓二
リトル海賊団船長[4]古代巨人族[4]。魔人オーズの子孫。懸賞金5億5000万ベリー[4]
「偉大なる航路」出身[4]。70歳→72歳[4]。誕生日は2月12日[23]。身長60m[101][注 74]みずがめ座[4]。血液型F型[4]。好物はおにぎり[4]
先祖同様、巨人族の二倍以上はある巨体で、頭から2本の角が生えている。エースと親しく、日差しや雪など天候の影響を受けやすい自分のために作ってくれたを気に入っている。船の名前は「リトルジェライス号[4]
頂上戦争では、白ひげの制止を聞かずエースのもとに向かおうと特攻し、ラクロワ中将を倒すが、軍艦の集中砲火を受け、ドフラミンゴに右脚を切断されるなど、海軍側の猛攻を受け倒れる。しかし、倒れた場所が包囲壁の一部だったため、突破口を切り開くきっかけとなる。その後、一時的に復活し、白ひげ海賊団の切り札である外輪船を広場に引き上げたが、同時に海軍の砲撃を受け完全に倒れた。終戦の時点で倒れたままであり、その後の生死は不明。
ホワイティベイ
声 - 塩山由佳
砕氷船を操る、妙齢の女海賊。異名は「氷の魔女」。誕生日は10月31日[23]
30年前は白ひげ海賊団本隊の一員で、当時から容貌が変わっていない。頂上戦争では、自身の砕氷船で海軍本部入口の岸壁を破壊した。
ランバ[79]
声 - 福原耕平
兜を身につけた騎士風の海賊。誕生日は7月10日[23]
エルミー[79]
声 - 斉藤貴美子
派手な装飾品を身につけた、中年の女海賊。粘土のような怪物を生み出す能力を持つ。誕生日は6月30日[23]
A・O(アー・オー)[79]
声 - 福原耕平
A・O海賊団船長。
長方形の顔をした、大柄な海賊。エースを「ちゃん」付けで呼ぶ。誕生日は1月15日[23]
ドレスローザ編と同時期にエドワード・ウィーブルによって倒され、一味は全滅した。
デラクアヒ[79]
声 - 藤本たかひろ
丸々とした体をした大柄の海賊。語尾に「-ど〜」がつく。誕生日は9月1日[23]
ビザール[79]
声 - 宮坂俊蔵
巨大なショルダーパッドと、口元の金属が特徴的な海賊。誕生日は2月3日[23]
アイルワン[79]
声 - 藤本たかひろ
セイウチに酷似した海賊[注 75]。26年前は、白ひげ海賊団本隊の一員だった。誕生日は1月1日[23]
エポイダ[79]
声 - 宮崎寛務
長い髪で目が隠れている、太った海賊。イモムシのような姿に変形できる能力を持つ。30年前は、白ひげ海賊団本隊の一員だった。誕生日は6月4日[23]
ブロンディ[79]
声 - 赤羽根健治
小さなライオンの子[23]を頭に乗せた海賊。誕生日は2月6日[23]
カルマ[79]
声 - 岡本寛志
タコトパス海賊団船長。タコの魚人[23]。6本の腕で刀を操る。誕生日は6月6日[23]
30年前はまだ傘下ではなく、人買いを行っていた。おでんとトキを捕まえようとしたが、白ひげに倒された。
アマドブ[79]
声 - 平井啓二
王冠を被った海賊。誕生日は6月20日[23]
パームス[79]
声 - 福原耕平
パンダの被り物を身につけた海賊。誕生日は3月11日[23]
ブリュー[79]
声 - 藤本たかひろ
角のような矢印がついた帽子を被る海賊。ルフィを抱えたジンベエに船に乗るよう促したが、青雉に阻止された。
アンドレ[79]
声 - 増谷康紀
髪型が特徴的な、大柄の海賊。30年前は白ひげ海賊団本隊の一員だった。誕生日は5月19日[23]。海軍にカンドレという双子の兄弟がいる[102]
名前の由来は、プロレスラーのアンドレ・ザ・ジャイアント[103]
ナインス、アグシリー、ユリウス、ハンガン、チョイ、キンガ、ハッピーガン、リフォルト、アーサー、パブリク、グレートミカエル、ラッシュ、バガリー、ウォレム、スリーピー、ズッカ、ゾディア、ケチャッチ、キャンズ、コルスコン、フォーリュウブス、ノスガール、ブロッカ、ヴィタン[79]
表立った登場はしていないが、設定資料で存在と名前が明らかにされた。

ビッグ・マム海賊団[編集]

四皇シャーロット・リンリン率いる海賊団。海賊旗はパーマをかけたような髪型に海賊帽を被り、口紅を塗ったドクロマーク。新世界の「万国(トットランド)」を拠点にしている。大のお菓子好きであるビッグ・マムに大量のお菓子を提供することを条件として、多くの島をナワバリにしている[注 76]が、お菓子の納期を守らなければ容赦無く国ごと滅ぼす。また、闇の世界の帝王達ともつながりがある他に、業界一と言われる高い情報力を持つ[注 77]。「ロード歴史の本文」を1つ、「歴史の本文」を2つ所有している。

シャーロット家[編集]

シャーロット・リンリンを中心に、43人の夫・46人の息子・39人の娘(計85人の子供)で構成された129人家族。結婚して子供(ビッグ・マムの孫)を持っている者もいる。ビッグ・マムは50年前から約42年間、毎年子供を生み続け、最大で10つ子(男女5人ずつ、現在18歳)を生んでいる[104][105]。トットランドの34の島を治める「大臣」は全員ビッグ・マムの子供が務めており[35]、兼任で海賊団の幹部を務めたり、他海賊に嫁いで傘下に収めたり(シャーロット家は結婚しても別姓を名乗ることはない[106])等、子供達はビッグ・マム海賊団の形成・勢力拡大に重要な役割を担っている。

ビッグ・マムは普通の人間であるが、43人の夫達の中には人間以外の種族も含まれているため、子供達には人間と他種族のハーフが多数存在する[注 78]。名前は食べ物(特にお菓子)関連の名前が多く[注 79]、子供達の大半は名前の由来と関連ある島の大臣を務めたり、名前や好物、役職にまつわる悪魔の実の能力者でもある[注 80]

シャーロット・リンリン
声 - 藤田淑子(571話)→小山茉美[107](786話 - )
ビッグ・マム海賊団船長。トットランド女王。四皇の一人。元ロックス海賊団船員。通称「ビッグ・マム」。懸賞金43億8800万ベリー[注 81]
「偉大なる航路」出身[108]。68歳[104]。誕生日は2月15日[23]。身長880cm[52]みずがめ座[108]。血液型X型[108]。好きな食べ物は甘いお菓子[108]。嫌いな食べ物はリコリス菓子[109]。趣味はお茶会、珍獣収集[109]。イメージ動物は[109]
魔女を思わせる風貌で常人を遥かに超える巨体の女海賊。ホーミーズである二角帽ナポレオンを被り、その下には水玉模様のバンダナを巻いていて、左腕にハートの刺青がある。豪快かつ男勝りな性格で、乱暴な男口調で話す。ジンベエ曰く「話がわかるとはいい難い」人物で、多くの部下から畏れられている。本人なりに家族に対する愛情は深いが、自分の言うことを聞いていればみんな幸せになれると絶対視しており、逆らう者や気に入らない者は家族でも容赦はしないため、あまり慕っていない子供もいる[注 82]。また、過去43人の夫達は血の繋がりもない「他人」とみなし、意に介していない[注 83]。10歳以下の子供に対しては稀に「マザーモード」と呼ばれる温厚な態度になる。ロックス海賊団時代の元同僚カイドウとは長年犬猿の仲であったが、ロックス海賊団に入ったばかりの彼を気に掛けたり、ゴッドバレーでロックス海賊団が壊滅した日には「ウオウオの実」を与えるなど面倒見が良く、四皇としてしのぎを削るようになった今でも弟のように思っていると主張している[注 84]。財宝には興味を示さず(ただし宝箱は大好き)、何よりも甘いお菓子を優先するほどの大のお菓子好きで、ナワバリの島には大量のお菓子を納めさせており、材料の調達だけで戦争を起こすことも辞さない。苦いお菓子とお茶会の欠員が大嫌いで、ビッグ・マムのお茶会の招待状は実質絶対の「召集令状」[注 85]であり、「ママの茶会には地獄の鬼も顔を出す」と称される。海賊は好きに生きることが一番という考えを持ち、傘下からの脱退を希望する者を無理に引き止めはしないが「来る者は拒まず、去る者は殺す」の考えの元、自分が戦力を失う代わりに落とし前として相手にも大きな代償を要求する[注 86]。一人称は「おれ」。部下や子供達からは「ママ」と呼ばれている。笑い声は 「ハ~ハハハ、ママママ」(「マ~マママ、ハハハハ」となる事もある)。
何の前触れも無く頭に浮かんだ食べたいお菓子を求め、癇癪を起こして暴れ出す「食いわずらい」という発作を抱えており、一度この状態となるとそのお菓子を食べるまでは見境なく暴れ周り、国中を破壊して回るのみならず、自分の部下や息子だろうと手にかけてしまう。この癇癪を鎮めるには、彼女が望むお菓子を食べさせて満足させる以外に手は無いが、欲しがるお菓子はその都度変わる上、材料集めや製作に手間がかかるものだと破壊行動を止めるまで多大な時間を要し、さらに前触れも無く突然起こることから、部下や国民、子供達にとっては深刻な悩みの種となっている。この状態になると本人の意識はほぼないが、ある程度の意思疎通はできる。また、本人はこの発作が起こっている間の記憶がない。
超人系悪魔の実「ソルソルの実」の能力者。人の魂(ソウル)を操ることができる。他人から魂=寿命を奪い、無機物や動植物に入れることで擬人化させることができる(ただし、死体や他人に魂を入れることはできない)。寿命はビッグ・マムに臆すると煙のように体から勝手に抜け出し、それを取られると意識を失う。この能力を利用して半年に一度、自分の魂を具現化した「化身」を使って住人から1ヶ月分の寿命を抜き取り、無数のホーミーズを生み出すことで国の安全を保証している。擬人化した存在は「ホーミーズ」と呼ばれ、ビッグ・マムとその子供達の命令に従う。今まで産み出されたホーミーズは数多に渡るが、特に自身の魂を直接与えた雷雲ゼウス・太陽プロメテウス・雷雲ヘラは戦闘力も高く、これらを使役するため「天候を従える女」としても畏怖されている。自身の寿命を消費することで巨大化して肉体を強化したり、折れた骨に寿命を与えて応急処置をすることもできる。肉体そのものも銃弾や大砲をいくら受けても傷一つつかないほど強靭で、サンジから「鉄の風船」と称され、「ギア4」のルフィの攻撃をもたやすく受け止めている。恩人と慕うマザー・カルメルの写真を割られると、「覇王色の覇気」と共に大音量の奇声を発する発作を起こす。この状態になると抵抗力は失われ、膝をついただけですりむくほど肉体が弱まる。3種全ての覇気を使用でき、「覇王色の覇気」を体に纏うことも可能。
生まれついてのモンスターで、人間でありながら5歳の時点で巨人族の子供並みの体格を持っていた。故郷で多大な被害を出したことで国外追放になり、両親[注 87]により巨人国エルバフに置き去りにされた[注 88]。その後は孤児を種族や身分に囚われず引き取る孤児院「羊の家」を開いていたマザー・カルメルに拾われ、他の孤児達や巨人族と共に暮らしていた。無邪気さと常人離れした怪力によって悪意なく巨人族や同じ孤児院に住む孤児に被害[注 89]を与えてしまうが、彼女の行動の底にある本意を察していたカルメルの辛抱強い見守りと教育もあり、10か月後にはエルバフの巨人族に受け入れられ、彼女自身もカルメルに懐いていった[注 90]。しかし、冬至祭前に行う12日間の断食に備えて食すお菓子・セムラの味の虜になり、しばらくはカルメルの言いつけ通りに断食を続けるものの、セムラへの欲求を我慢できず、7日目に食いわずらいを発症し、エルバフの村を壊滅させ、さらに暴れる彼女を処刑しようとした巨人族の英雄の一人・ヨルルをも返り討ちにしてしまった[注 91]。事件後、カルメルに連れられエルバフを離れ別の島に移り住み、再びカルメル達と楽しく過ごしていたが、自身の誕生日パーティーの際、カルメルと孤児達からプレゼントされたセムラによるクロカンブッシュを涙で周りが見えなくなる程の状態で食べ続け、気付いた時にはカルメルや子供達はいつのまにか姿を消していた[注 92]。そこに状況を面白がって見ていたシュトロイゼンが現れ、彼の提案や手助けによりビッグ・マム海賊団を結成、海軍及び世界政府からは子供ながらその危険性から5000万ベリーの懸賞金を懸けられ、その後程なくして10倍の5億ベリーに跳ね上がった。カルメルの理想を実現するため、自分の言うことを聞いてお菓子を持ってくれば、平和と夢の国を約束するとして各地で暴れまわり現在に至る。
カルメルとの思い出から「世界中のありとあらゆる人種が家族となり同じ目線で食卓を囲む」という夢を抱いている[注 93]。かつてエルバフの王子ロキが娘のローラに求婚し、長年の確執が埋まりさらに世界一の強国と名高いエルバフの軍隊さえも手に入ることに歓喜したが、ローラが結婚を拒否し家出したことで破談になり、代わりに双子の姉で容姿が瓜二つのシフォンを差し出したがすぐに別人と見抜かれ巨人族とより険悪な関係になってしまった[注 94]。以来、ローラをトットランドでは犯罪者扱いにし居場所さえわかれば殺し屋を送り込もうとするほど恨み、シフォンには何度も暴行を加えるようになった。またこの破談で巨人族を仲間にすることを諦め、人体の巨大化に投資するようになった[注 95]。全種族に飽き足らず無類の「珍獣コレクター」で、モンドールの能力で捕えた生物を本の中に閉じ込めてコレクション[注 96]している。
ラフテルに到達し海賊王になるため「ロード歴史の本文」の一つを所有しているが、かつてロジャーに石を読み解かれた。白ひげの死後、元七武海のジンベエを傘下に迎え入れ、魚人島をナワバリとしていた。魚人島編で、新魚人海賊団が起こしたクーデターの影響で納めるお菓子がなくなってしまったことに激怒するが、自分に物怖じせず魚人達を庇うルフィに興味を抱き、標的を麦わらの一味に切り替え、「新世界に来い」とルフィを焚きつけた。人体巨大化の研究を依頼していたシーザーの研究所が崩壊すると、ペコムズらにシーザーの捕獲を命じた。さらにジェルマ66の科学力に目をつけ、娘のプリンとヴィンスモーク家三男であるサンジとの政略結婚を成立させるためサンジを脅迫しお茶会に招くも、血縁を結ぶ気など全く無く、実際はジェルマのクローン兵と科学力だけが目的であり、結婚式でヴィンスモーク家を皆殺しにする計画を企てた。
ホールケーキアイランド編で、ルフィ達がショコラタウンを出港した頃、クロカンブッシュの食いわずらいを起こしスイートシティで暴れ回ったが、ジンベエによって鎮められた。ルフィ達がホールケーキアイランドに上陸したことを知ると、サンジとの接触を阻止するためブリュレとクラッカーを送り込み、クラッカーが倒されると仇討ちの軍隊を編成しルフィとナミの生け捕りを命じた。捕まったルフィと電伝虫越しで対話し、ローラに対する怒りをぶつけ、そのことでルフィから挑発されるも受け流した。宝物の間に侵入者が現れた報告を受けると自ら出向きブルックを捕らえた。結婚式当日、ヴィンスモーク家皆殺し計画を会場に潜入したルフィ達によって妨害された上、ウェディングケーキとカルメルの写真を壊されたが、怒りの咆哮で自身に放たれたKXランチャーを破壊。正気を取り戻すと、裏切ったベッジやその護衛についたルフィやジャッジらを取り押さえ処刑を行おうとしたが、玉手箱の爆発によるホールケーキ城の崩壊で取り逃がしてしまう。さらにウェディングケーキを食べ損ねたことを思い出し再び食いわずらいを発症、ペロスペローの「ウェディングケーキは麦わらの一味が盗んだ」という嘘の報告を受け、誘惑の森・水飴の海と一味を執拗に追いかけた。食いわずらいが8時間以上続いたことで徐々に痩せていき、今までにない身軽さでサニー号に乗り込むが、ナミ達の抵抗によりゼウスを奪われサニー号から引き離される。ファイアタンク海賊団が船にケーキを乗せて現れると標的をそちらに切り替え、ふんわり島にてケーキを口にし、食いわずらいが収束。正気に戻って歌いながら総攻撃を仕掛けるが、タイヨウの海賊団の妨害もあり、取り逃がしてしまった。後日の新聞ではルフィの勝利とまで報道され激怒し、ルフィが次に狙うカイドウに直接一報を入れ、ルフィの首は自分が取ると宣言した。
ワノ国編では、ペロスペローやスムージーなど多くの子供たちを率いてワノ国に上陸しようとするが、滝登りの直後キングに阻まれ海に落ちてしまう。その後、記憶喪失の状態で九里ヶ浜に打ち上げられ、チョッパーたちに発見される。彼らの案内でおこぼれ町を訪れ、お鶴に振る舞われたおしるこを気に入る。兎丼におしるこがあるというチョッパーの嘘を真に受け、無理やり手懐けたワニザメに乗ってチョッパーらと共に兎丼を目指す[注 97]。囚人採掘場に到着すると、おしるこを目当てに大暴れするが、クイーンから頭部へ攻撃を受けたことで記憶を取り戻す。その直後眠ってしまい、その隙に拘束され、クイーンによって鬼ヶ島に移送される。鬼ヶ島で目覚め、手錠を外されるとカイドウと激突。夜通し戦い続けるも勝負はつかず、協力して世界を取ってから決着をつけることで意気投合し、カイドウと海賊同盟を結ぶことを宣言する。鬼ヶ島の大宴会当日、ブラックマリアの遊郭で着替え中、通りかかった麦わらの一味を見つけ暴れ出すが、ロビンとジンベエによってドームの外へ追い出される。ドームに戻ると屋上へ向かい、カイドウと共にルフィたちを迎え撃つ。カイドウとの連携で圧倒するもローとキッドによってドーム屋上から落とされる。キッドとキラーを追い城内に入り、お玉からおこぼれ町がカイドウの部下に壊滅させられたことを聞くと、お玉を狙うページワンを一撃で倒しうるティにも深手を与える。さらにナミとウソップにも襲い掛かるもキッドに阻まれ、キッド・ローと対峙する。二人を一方的に圧倒するも、能力を「覚醒」させた二人の攻撃を食らうとその実力を認め、自身の寿命1年分を消費して巨大化・パワーアップを果たし、二人に本気で挑みかかる。一度は二人を倒し、カイドウがいる屋上へ向かい決着をつけようとするが、立ち上がったローとキッドの連携攻撃に足止めされる。ローの「穿刺波動」に続き、キッドの「電磁砲」を受けるも耐え切り、最後の悪足掻きに「魂への言葉」を発動したが、ローとキッドには通用せず、ローの「凪」で「魂への言葉」を無効化させられ、さらに二発目の「電磁砲」を喰らい、ローが島に開けた大穴に突き落とされて敗北。「凪」で声が出せない中、死に際の一言で大海賊時代を起こし数多の海賊を海へと駆り立てたロジャーへの怨念と「ひとつなぎの大秘宝」への未練、そして自分を打ち破ったキッドとローへの憎悪を抱えたまま、鬼ヶ島地下庫の火薬と共にワノ国の地下深くのマグマ溜まりまで沈んでいった。
アニメでのホールケーキアイランド編での初登場シーンは田中公平が書き下ろしたミュージカル楽曲「ブラッディ・パーティ」が使われた[110]
スイート3将星[編集]

ビッグ・マム海賊団の3人の大幹部。元々は「4将星」だったが、スナックがウルージに倒され、現在はスナックを除いた「3将星」になっている[111]。実力は高く、頂上戦争後の2年の間に、「最悪の世代」の海賊4人(キッド、アプー、ベッジ、ウルージ)を退けている[111]

シャーロット・カタクリ
声 - 杉田智和[112]
ビッグ・マム海賊団「スイート3将星」の一人。シャーロット家次男。3男ダイフク・4男オーブンとは三つ子[35]。トットランド「大臣」[35]。懸賞金10億5700万ベリー。
船上出身[108]。48歳[35]。誕生日は11月25日(いい(11)おに(2)いさんみつご(5))[52]。身長509cm[35]いて座[108]。血液型XF型[108]。好きな食べ物はドーナツ[108][注 98]。嫌いな食べ物は熱いラーメン[24][注 99]
屈強な肉体にジャケットを羽織り、カウボーイブーツを履いた短髪の男。左腕の刺青、ベルトのバックル、ジャケットの背面にドクロの意匠が施されている。顔側面から口元に渡る傷があり、口元はファーによって常時隠されている。隠された口は頬まで裂けており、鋭い牙のような歯が並んでいる[注 100]。性格は冷静沈着で、状況を的確に判断し事態を対処する。失態には厳しいが、母や弟妹、トットランドの兵士たちに対して常に心遣いを切らさず、ピンチには自分が率先して助けに入る。そのため、家族や部下からの信頼は非常に厚く[注 101]、カタクリを「完璧な人間」とする数多くの逸話が誕生しており[注 102]、フランペ主催の「ベスト兄ーティスト賞」を受賞している[24]。これらの逸話や凄まじい戦闘力により、「超人」、「シャーロット家の最高傑作」などと内外に畏敬される存在。しかし、逸話は全てが真実ではなく、毎日午後3時に糖分を摂取するため設けている「おやつの時間(メリエンダ)」では、能力で作った「社」の中で地面に横たわって口を大きく開けながら菓子を頬張っている[注 103]。本人はこの姿を決して見られぬようにしており、過去の一件から周囲にとって理想的な人間として振舞い、完璧ではない自分を見られることを酷く嫌っている[注 104]。カタクリにとってこのメリエンダは己の本性をさらけ出せる貴重な時間であり、時間を過ぎるとかなりのストレスを抱えてしまう。戦士としてのプライドが高く、たとえ身内であろうと男の勝負に横槍を入れられると強い怒りを露にし、それで自分が有利になってしまったならば代わりに自分を傷つけることも厭わない。
特殊な超人系悪魔の実「モチモチの実」の能力者[注 105]。体をモチに変えたり、モチを生み出すことができる。モチは強力な粘着性と伸縮性を持ち、銃撃などの物理攻撃に耐性がある他、相手を拘束したり呼吸を封じたり、体を伸ばしたり部位を増やしたりして攻撃も可能。「武装色の覇気」を纏うことで、硬度も併せ持つ。モチを生み出し即興の耳栓を造る、砲口にモチを詰めて砲撃を阻止するなどの応用も可能。粘着力は水によって弱まる。能力は既に「覚醒」済みで、周囲の物質にもモチ化を及ばせることができる。弾力性や伸縮性など「ゴムゴムの実」と似ている特性が多く、「ギア2」「ギア3」の攻撃を再現した際にはルフィを上回る威力をみせている。
武器は三叉槍土竜(モグラ)」で、普段は能力で体内に収納している。戦闘力は3将星最強といわれ、その膂力はジェリービーンズを指で弾くだけで人体を軽く貫通させられるほど。「見聞色の覇気」の達人で、少し先の未来を見ることができる。相手の次の言葉や行動などを予知し、1対1だと相手よりも常に先手を取れる。武装色による相手の攻撃も、攻撃を予知して体を変形させることで効率よく被弾を回避している。ただし万能なわけではなく、不慮の事態には未来が見えても十分な対応ができなかったり、自分が予知したことを相手に利用されることもある[注 106]。「覇王色の覇気」の持ち主。
幼少期はその裂けた口ゆえ周囲から「フクロウナギ」と呼ばれ、また当時から腕っ節が強かったため「強さもバケモノ」と言われ、常に逃げ回られるばかりだった[注 107]。口を隠せば友達ができると指摘されても、本人はそれを気にせず、自分を馬鹿にした相手はぶっ飛ばしていた。だが、ある時自分が倒した相手に仕返しとしてブリュレを傷つけられ、自分がナメられたのが原因だと感じ、二度と自分が原因で兄弟たちに手を出されないように完璧な男を演じるようになった。
サンジとプリンの結婚式に参加。お茶会開宴前には、ビッグ・マムへの復讐を目論んだジグラを射殺した。プリンの暗殺失敗とルフィの大立ち回りの中で最も精力的に行動するも、破壊されたカルメルの写真をビッグ・マムに見せようとするルフィを間一髪で止められず、ビッグ・マムの発狂を許してしまう。ベッジの作戦が失敗すると狂声への対策として能力で作った耳栓で味方の態勢を整え、ベッジの「大頭目」の砲台全てをモチで固め機能停止させ、イチジらを瞬く間に叩き伏せる。ホールケーキ城崩壊後は「将来ビッグ・マムを脅かす存在になる」とルフィを危険視し、ブリュレの能力でペロスペローと共にサニー号に先回りするも、ルフィによって鏡世界に連れ込まれ一騎打ちを挑まれる。ルフィの攻撃をことごとく上回り圧倒し、「加々身モチ」で閉じ込めてメリエンダに移るが、脱出したルフィにメリエンダにおける自分の本性を見られて冷静さを失い、ルフィの攻撃を初めてまともに食らう。すぐに平常心を取り戻し、「ギア4」が解け弱ったルフィを狙うも、ブリュレがその場に居たことを予知できず彼女を攫われて逃げられ、鏡世界に一人取り残される。
鏡世界に戻ってきたルフィとの再戦の中、少しずつ自分と同レベルで見聞色の未来予知をはじめたルフィの実力を認めていくが、フランぺのシビレ針の横槍に気づかぬまま態勢を崩したルフィの腹部に土竜の一撃を通してしまう。最初はルフィに怒りと失望を露わにするが、フランぺの仕業と気づいた直後、同じように自分の脇腹を「土竜」で貫き、今まで隠してきた口元を晒してフランぺを怒鳴りつける。その顔はフランぺや部下に嘲笑されたがまったく意に介さず、ルフィとの覇王色の激突によってフランぺ達を一蹴。ルフィが自分と対等だと完全に認め、ルフィの新形態「ギア4『スネイクマン』」と激突。死闘は最終局面を迎え、血まみれの両者は互いに最大の一撃を放ち、共倒れとなる。ルフィより先に立ち上がり、ルフィに「いつかビッグ・マムを倒しにくるのか」と問いかけ、遠大な未来を真っ直ぐ見据えたルフィの答えに満足げに笑い、自ら負けを認めるかのように背中からその場に倒れた[注 108]。しばらくして目を覚まし、ブリュレから手当てを受けながら過去の出来事を語り合い、ルフィがナワバリから逃げ切った事を聞かされると改めて笑みを浮かべた。
初期設定では「コナコナの実」の能力者となる予定で、容姿も大きく異なっていた[108]
シャーロット・スムージー
声 - 勝生真沙子[119]
ビッグ・マム海賊団「スイート3将星」の一人。シャーロット家14女。トットランド「ジュース大臣」。足長族のハーフ[108]。懸賞金9億3200万ベリー。
新世界「トットランド」出身[108]。35歳[52]。誕生日は10月12日(「ジュー」ス「大臣」)[21]。身長464cm[52]てんびん座[108]。血液型F型[108]。好きな食べ物はスムージー[52]。嫌いな食べ物は肉[52]
長い足を露出した、長身で褐色肌の女性。ハイレグのレオタードにフードと鎧を着た恰好をしており、右足太ももには薔薇の刺青がある。髪型は臀部付近まで伸ばしたウェーブがかかった銀色の長髪で、前髪で右目を常時隠している。落ち着いた性格で協調性も高く、家族や住民への気遣いを欠かさない。母の強さには厚い信頼を寄せている。フランペ主催の「ベスト姉ーティスト賞」を受賞している[24]。武器は長剣。
超人系悪魔の実「シボシボの実」の能力者[24]。人や物を雑巾のように絞ることで液体を絞り出せる「脱水人間」[24]。液体を絞り取られたものはミイラのように干からびる。絞り取った液体はグラスに注ぎジュースのように飲むことができる[注 109]。自分の体を絞ることもでき、レイジュから毒の攻撃を受けた際は自らの腕を絞って解毒した。脱水した水分を自身へ貯めて巨大化することもでき、剣で斬ったものを干からびさせたり、水分を放出して攻撃することも可能[24]
ホールケーキ城に到着後、タマゴ男爵の要請を受け宝物の間の警備に当たるが、ペドロに気をとられた隙にブルックの侵入を許してしまった。ジンベエが謀反を起こした報告を受けると、ビッグ・マムの機嫌を損ねることを懸念し、宝物の間への通路を封鎖させた。サンジとプリンの結婚式では他の兄弟姉妹同様ビッグ・マムの狂声に屈していたが、カタクリがモチモチの耳栓で事態を鎮めた後はナミやレイジュと交戦した。ホールケーキ城崩壊後、食いわずらいを起こしたビッグ・マムを最初に目撃しカタクリ達に慌てて伝えに行った。ビッグ・マムが海上に出てからは援護艦隊を率いサニー号を追走し、ビッグ・マムやダイフク率いる艦隊と合流しサニー号を包囲するも逃げられてしまった。ワノ国編ではビッグ・マムに同行してワノ国へ入国しようとするが、二度にわたって阻止され失敗した。
初期設定では「カジュカジュの実」の能力者だった[108]
シャーロット・クラッカー
声 - 桐本拓哉[120]
ビッグ・マム海賊団「スイート3将星」の一人。シャーロット家10男。トットランド「ビスケット大臣」。異名は「千手のクラッカー」。懸賞金8億6000万ベリー。
船上出身[108]。45歳[52]。誕生日は2月28日(ビスケットの日)[121]。身長307cm[52]うお座[108]。血液型X型[108]。好きな食べ物はビスケット[52]。嫌いな食べ物はキムチ炭酸飲料[52]
丁髷のような髪型で後ろ髪の先端に火花が灯っており[注 110]、顔の右半分に傷跡がある男。目つきが悪く、常に薄ら笑いを浮かべている。右肩にはマントを羽織っている。トットランドでは建物の柱や壁を作っている。クラッカーの正体に行きつく者は限られるため、政府が発行した手配書の写真には、クラッカーではなく彼が作り出した「ビスケット兵」が写っている。武器はこの世に2本と無い名剣「プレッツェル」。
超人系悪魔の実「ビスビスの実」の能力者。手を叩くことであらゆる種類のビスケットを生み出し、操ることができる「ビスケット人間」。「痛いのが嫌い」であるため、普段はこの能力によって生成した兵士「ビスケット兵」を纏っている。傷つくことを嫌う本人の性格上、生身での攻撃は奇襲か止めをさす時などに限られるが、クラッカー本人の実力も非常に高く、「武装色の覇気」を纏ったプレッツェルの一撃は「ギア4」のルフィに傷をつけるほど。ビスケットは覇気で強化できるが水に弱く、濡れると食べられるほどに強度が下がる。能力の使用に制限はなくクラッカーが動けるうちはいくらでもビスケットを生み出せる[注 111]。また、同じ将星であるスナックがウルージによって倒された際は刺客として彼と戦い、ウルージを倒している。
ホールケーキアイランド編ではビッグ・マムの命を受けて誘惑の森でブリュレに加勢し、ビッグ・マムの元夫パウンドを殺そうとした所をルフィに阻止される。交戦直後はビスケット兵の中に隠れて戦っていたが、「ギア4」を発動させたルフィにビスケット兵を破壊されると自らの能力を明かし、複数のビスケット兵とのコンビネーションで押していく。しかし、加勢したナミに雨を降らされたことによりビスケット兵はルフィが食べてしまえるほどに軟体化。以後、ビブルカードでナミに従えられたホーミーズの妨害と、ビスケット兵を食べながら逃走するルフィに手間取り、11時間にも及ぶ持久戦に持ち込まれる。最後は、焦燥から「ギア4『タンクマン』」になったルフィに安易に刺突して身動きを封じられてしまい、背後にいた固い状態のビスケット兵にぶつけられ、そのままホールケーキ城まで吹き飛ばされ敗北した。
シャーロット・スナック[11]
声 - 斉藤次郎
ビッグ・マム海賊団「元スイート4将星」の一人。シャーロット家25男。トットランド「フライ大臣」[124]。懸賞金6億ベリー。
団子のような髪型に簪を刺し、厚着のコートやマフラーを巻いた巨漢。武器は長剣。30歳[124]。誕生日は10月29日(シャーロット(10)・スナック(29))[11]
頂上戦争後の2年の間に、キャプテン・キッドと戦った後、ウルージによって倒され、将星から外された[111]。ホールケーキアイランド編では、カカオ島に招集されジェルマ66と交戦する。
アニメでは、原作での登場以前に、回想において巨体のシルエットで登場しており、船上での戦いでウルージに敗れるシーンが描かれている[125]
シャーロット家男子[編集]
シャーロット・ペロスペロー
声 - 内田夕夜
シャーロット家長男(長子)[105]。トットランド「キャンディ大臣」。懸賞金7億ベリー。
ある港出身[108]。50歳[52]。誕生日は3月14日(キャンディーの日)[121]。身長333cm[52]うお座[108]。血液型X型[108]。好きな食べ物はキャンディ、牛タン[52][108]。嫌いな食べ物はハッカキャンディ[52]
長い舌を伸ばした長身痩躯の男。大きなキャンディケインを携え、着用しているシルクハットやコートにも多くのキャンディが飾られている。トットランドでは、建物の窓ガラスを作っている。社交性に長け機知に富む話し方だが、感情が高ぶると口調が荒くなり、一人称も「私」から「おれ」に変わる。完璧主義を自称し、戦闘では様々な策を巡らせ敵を追い込む。敵に対しては逃走のチャンスを与えることもあるが、徐々にいたぶりながら殺すことにこだわり、助命を懇願するジャッジを「君はこれから食う牛の声に耳を傾けるかね?」と嘲笑うなど、冷酷な一面もある。ビッグ・マム亡き後の次期船長は年功序列で自分だと考えている[注 112]。家族思いで、弟妹達からは「ペロス兄(にい)」と呼ばれている。口癖は「ペロリン♪」。笑い声は「くくくく」。
超人系悪魔の実「ペロペロの実」の能力者。体からキャンディを生み出し、操ることができる「キャンディ人間」。キャンディの硬度は高く、拘束されると自力で脱出することはできない。飴細工を得意とし、あらゆるものを作ることができる。時間が経過したり熱があるものに触れると溶けてしまうが、鉄を含ませ加工することで溶けないようにすることも可能。身体も丈夫で、レイドスーツを着たイチジのパンチを喰らっても殆どダメージを負っておらず、平然としていた。ペドロの剣戟を杖で容易くいなし、瞬時に取り押さえるなど、能力に頼らずとも実力は高い。
食いわずらいを起こしたビッグ・マムのためにシュークリームのホーミーズをキャンディで固めてクロカンブッシュを作り、それをジンベエに託した。シーザーの研究を推し進めるため、入手した設計図を元にパンクハザードの研究所を寸分違わず再現。サンジがヴィトに渡した心臓を使ってシーザーを脅し、2週間以内にビッグ・マムの夢である「巨人薬」の完成を押し付ける。サンジとプリンの結婚式では、招待された闇の帝王達をレセプション役として接待し、「キャンディエスカレーター」で会場へと案内する。ヴィンスモーク家抹殺計画においては中核を担い、ジャッジ達を拘束し皆殺しにしようとしたが、ベッジやルフィらの企図したビッグ・マムの狂声に阻まれてしまう。カタクリが態勢を立て直すと海賊団の指揮を行い、レイドスーツを着たイチジに反撃されるも、キャンディでベッジの奥の手「大頭目」の動きを封じる。
ホールケーキ城崩壊後、食いわずらいを起こしたビッグ・マムに「ウェディングケーキは麦わらの一味が盗んだ」と嘘をつき、矛先を変えることに成功する[注 113]。その後はカタクリと共にサニー号に先回りし、ブルックとチョッパーを能力で捕らえサニー号の動きも封じたが、ペドロの自爆攻撃を喰らう。咄嗟に「キャンディアーマー」で身を守り致命傷は免れたが、右手を失ってしまい[注 114]、能力が解除されたことで出航を許してしまう。逃した一味に復讐心を燃やし、ビッグ・マムと共に海を渡り、サニー号を追いかけていく。まともな治療をしないまま追い続けたため憔悴するも、ビッグ・マムの食いわずらいが治まったことを全島に報告し、再び戦線に復帰する。
ワノ国編では、麦わらの一味を討つためビッグ・マムに同行するもキングに入国を阻まれ、船ごと滝の下へ落下。その後、ビッグ・マムからカイドウとの海賊同盟の報告を聞き、再度入国を試みるが、今度はマルコに阻まれる。それでも単身で鬼ヶ島に上陸し、マルコにカイドウ退治への共闘を持ち掛けるが、ビッグ・マムがカイドウとの同盟を優先したことで取り下げる。ビッグ・マムが取り押さえたマルコを仕留めようとするも、キャロットワンダに急襲され失敗。二人に苦戦するが、月が隠れて「月の獅子」が解けたことで勝利する。不本意ながら百獣海賊団に加勢し、侍達を追い詰める最中サンジを見つけ、先日のお茶会を台無しにされた腹いせで狙いを定めた直後、ネコマムシの奇襲を受けてドーム外に追い出される。月が隠れたことで「月の獅子」が解けたネコマムシを返り討ちにし、自身の強運を誇りながら止めを刺そうとしたが、屋上で戦うルフィとカイドウの「覇王色の覇気」の衝突により雲が払われて月が見えるようになってしまい、再び「月の獅子」化したネコマムシの一撃で倒された。
シャーロット・カタクリ
シャーロット家次男。
シャーロット・ダイフク
声 - 咲野俊介[128]
シャーロット家3男。カタクリの三つ子の弟[35]。トットランド「大臣」。懸賞金3億ベリー[108]
船上出身[108]。48歳[35]。誕生日は11月25日(いい(11)おに(2)いさんみつご(5))[52]。身長489cm[35]いて座[108]。血液型X型[108]。好物は豆大福[108]
坊主頭でピアスを付け、肩口が異様に大きいファーコートを身に着けた男。一度逆上すると攻撃に味方を巻き込むことも辞さない粗暴な性格。また、サンジ暗殺に失敗したプリンに対して頼みを聞き入れず即座に払いのけ「役立たず」と罵倒するなど、カタクリやオーブンと違い身内にも厳しい。ビッグ・マム亡き後の次期船長は実力順でカタクリだと考えており、年功序列で次期船長を狙うペロスペローに反抗していた。
超人系悪魔の実「ホヤホヤの実」の能力者。おとぎ話のランプのように、自分の体を擦ることで魔人を召喚することができる「ランプ人間」。呼び出した魔人には意思があり、ダイフクの命令に忠実に従う。魔人は矛を携えており、サンジを押さえつけるほど屈強。魔人を操れる範囲には限界がある。
ジェルマ抹殺と吸収を目的としたサンジとプリンの結婚式に参加。プリンの暗殺失敗とルフィの大立ち回りの中で、サンジを能力を使って組み伏せるが、ビッグ・マムの絶叫により取り逃してしまう。作戦失敗で逃亡を図るキャロットを捕らえようとしたが、ヨンジに阻まれた。ビッグ・マムが食いわずらいを起こしてからは、麦わらの一味の討伐艦隊を率いサニー号を包囲するが、「月の獅子」化したキャロットに翻弄され、艦隊ごと波に流された。その後、スムージーの艦隊と合流し、サニー号を襲撃するが逃げられてしまった。
シャーロット・オーブン
声 - 木村雅史[130]
シャーロット家4男。カタクリ・ダイフクの三つ子の弟[35]。トットランド「こんがり大臣」。懸賞金3億ベリー[108]
船上出身[108]。48歳[35]。誕生日は11月25日(いい(11)おに(2)いさんみつご(5))[52]。身長492cm[35]いて座[108]。血液型F型[108]。好物は焼き菓子[108]
幾何学模様風の特徴的な髪型に鋭い顎ひげを生やした筋肉質の巨漢。手袋と地肌の上にマントを身に着けている。顔は厳ついが客人には笑顔で接している。ダイフク程ではないが直情的なところがあり、激高すると冷静さを失う傾向がある。モンドールの指示に従いプリンの意見を尊重するなど弟妹想いで、住民に対しても気を配っている[注 115]。ただし、「法に忠実な男」を自称し、ビッグ・マムに逆らう者はたとえ身内であっても容赦しない。また、ビッグ・マム同様、パウンドを始めとした義父は赤の他人と見ている。
超人系悪魔の実「ネツネツの実」の能力者。体から高熱を発することができる「高熱人間」。相手の武器を熱して握れなくしたり、睨んだだけで対象に高熱を与えて発火させることも可能。戦闘は肉弾戦が主体だが、能力で高熱化した薙刀も使う。サンジの蹴りや大砲、船に轢かれても耐えうる屈強な肉体を持つ。
ジェルマ抹殺と吸収を目的としたサンジとプリンの結婚式に参加。プリンの暗殺失敗とルフィの大立ち回りの中でペドロに目をつけ、ネツネツの実の能力で圧倒。作戦失敗で逃亡を図るチョッパーを捕らえようとしたが、ニジに阻まれた。その後は麦わらの一味を待ち伏せるために一足先にカカオ島へ向かい、シフォンの様子を見に来たパウンドを発見して追い出す。船上でケーキを完成させるというプリンの案を承諾するも、協力していたシフォンに対しては、ベッジのビッグ・マム暗殺計画への加担を理由に、国民への見せしめとして処刑しようとする。捕らえたシフォンを人質としてベッジに降伏を呼びかけるが、攻撃を受けた隙にシフォンを奪い返され、さらにパウンドの妨害を受ける。散々邪魔をしたパウンドに激昂し彼を始末するも、ベッジ達の出航を許してしまった。その後、モンドールの要請を受け、戦争レベルの兵力をかき集め、カカオ島の出入口の鏡を1枚だけにしてルフィを待ち構える。現れたルフィを総出で仕留めようとするも、ジェルマ66に妨害され逃がしてしまう。ジェルマ66の対処を弟たちに任せ、自身はカタクリを倒したルフィに狙いを定めて艦隊に合流するが、タイヨウの海賊団の援護もあり逃げられてしまった。
表紙連載「ジェルマ66のあゝ無感情海遊記」では、本に拘束されたニジとヨンジを研究所まで運び、ブラウニーやプリムらに彼らの研究を任せる。
シャーロット・オペラ
声 - 川原慶久
シャーロット家5男。5つ子の長男[104]。トットランド「生クリーム大臣」。
クリームを上半身に纏った巨漢。首元にリボンを付けている。語尾に「ファ」を付けて話す。捕えた相手の拷問も辞さない残忍な性格[注 116]。46歳[124]。誕生日は9月29日(洋菓子の日)[11]
超人系悪魔の実「クリクリの実」の能力者[26]。体から生クリームを生み出し、操ることができる「クリーム人間」[26]。このクリームは「甘味」という攻撃概念を持ち[26]、身体に触れると痛覚を生じさせ、やがて発火して体中が焦げ落ちる。
ビッグ・マムの食いわずらいに対して生クリームを提供しようとしたが、聞き入れられなかった。その後、クラッカーの仇討ちをする「怒りの軍団」の一員としてルフィ討伐に参加し、主戦力の一人としてルフィを痛めつけた。ビッグ・マムから囚人図書室の見張りとローラの居場所を聞き出す役目を担うが、ジンベエの襲撃を受け逃がしてしまう。会議ではビッグ・マムに寿命を全て抜かれてしまうことを恐れ、保身のため虚偽の報告をした。ホールケーキ城崩壊後、食いわずらいを起こしたビッグ・マムの前に立ちはだかるも、寿命を抜き取られた[注 117]
シャーロット・カウンター、シャーロット・カデンツァ、シャーロット・カバレッタ、シャーロット・ガラ[104][11]
声 - 小山剛志(カウンター)、くわはら利晃(カデンツァ)、川原慶久(カバレッタ)
シャーロット家6 - 9男[104]。オペラの5つ子の弟たち[104]
オペラと顔つきや体格が似通っており、戦闘でもコンビネーションを見せる。カウンターとカデンツァは「武装色の覇気」の使い手。アニメでは、カバレッタも武装色の覇気使いで、スピードで翻弄する戦い方をする。46歳[124]。誕生日は9月29日(洋菓子の日)[11]
カウンター・カデンツァ・カバレッタはオペラと同じく「怒りの軍団」の一員としてルフィ討伐に参加し、ルフィに深手を負わせた。その後、カウンターはジンベエによって囚人図書室から脱出したルフィに捕まり、サンジの居場所を言うよう迫られた。
アニメでは、ルフィがサンジとの「約束の場所」に向かうのを阻む敵として交戦。カデンツァとカバレッタは城内にてルフィと戦い敗北。カウンターは「約束の場所」にたどり着いたルフィを待ち構えて交戦。多くの追っ手と交戦し疲弊したルフィを痛めつけるが、ルフィの執念のこもったパンチを受けて敗北した。
シャーロット・クラッカー
シャーロット家10男。
シャーロット・ズコット[131]
シャーロット家11男[124]。トットランド「大臣」[124]。44歳[124]。髪と髭をそれぞれ結んでいる、上半身裸の男。
シャーロット・ヌストルテ[11]
声 - 粗忽屋西神戸店[132]
シャーロット家12男。トットランド「運輸大臣[124]
口ひげを蓄え、サングラスと二角帽を被った男。「であるからして」が口癖。42歳[124]。誕生日は1月23日(12男の兄さん(3))[11]
ホールケーキ城崩壊後、一万の兵を率いてジェルマ王国に攻め込むが、返り討ちにされる。アニメではニジに倒された。
シャーロット・バスカルテ
声 - 藤原貴弘
シャーロット家13男[26]。42歳[26]
炎のように逆立った髪型の大柄な男。常に口元を隠しているが、アニメでは裂けて牙が生えた口が描かれている。
手から炎を打ち出す能力を持つ。またアニメでは、口から火を噴くこともしている。
ヌストルテらと共にジェルマに攻め込むが、返り討ちにされる。アニメではヨンジに倒された。
シャーロット・ドスマルシェ[132]
声 - 粗忽屋東品川店
シャーロット家14男[124]。トットランド「お茶大臣」[124]。42歳[124]
モヒカン頭の大柄な男。ヌストルテらと共にジェルマに攻め込むが、返り討ちにされる。アニメではイチジに倒された。
シャーロット・ノアゼット[134][24][11]
声 - 山本圭一郎
シャーロット家15男[24]。トットランド「大蔵大臣[24]
長い顎髭を蓄え、左目に傷がある男。トットランドの資金の管理を行っている[24]。41歳[26]。誕生日は12月15日(シャー(1)ロッ(2)ト家 15男)[11]
シャーロット・モスカート
声 - 一条和矢
シャーロット家16男。トットランド「ジェラート大臣」。
左右で色が違うリーゼントのような髪型で、割れアゴが特徴の男。柄がコーンの形状をした剣を背負っている。正義感が強く、住民の子供達から慕われている。モンドールからは「モス兄」と呼ばれる。40歳[124]。誕生日は12月16日(シャー(1)ロッ(2)ト家 16男)[11]
首都崩壊を危惧し、兄妹達の制止も省みず食いわずらいを起こしたビッグ・マムに立ちふさがったが、40年分の寿命を奪われてしまった。抜き取られた寿命は、モンドールの指示でビッグ・マムの化身に一秒残らず回収された。後に復活し、麦わらの一味の追撃戦に参加する。
シャーロット・コンポ[135]
声 - 藤原貴弘
シャーロット家17男[124]。トットランド「パイ大臣」[124]。39歳[124]
帽子やサングラスで顔を隠した小柄な男。アニメでは、武器は刃のついたブーメラン[135]。誘惑の森で、ゼウスを利用したナミの攻撃で倒される。アニメではルフィに倒された[135]
シャーロット・ラウリン[129]
声 - 藤原貴弘
シャーロット家18男[124]。39歳[124]
ドクロが描かれた帽子を目深に被った男。武器は斧。誘惑の森で、ゼウスを利用したナミの攻撃で倒される。アニメではルフィに倒された[135]
シャーロット・モンドール
声 - 伊丸岡篤
シャーロット家19男。トットランド「チーズ大臣」。異名は「書司」。懸賞金1億2000万ベリー[108]
船上出身[108]。38歳[124]。誕生日は4月23日(本の日)[121]。身長260cm[108]おうし座[108]。血液型X型[108]。好物はチーズ[108]
角ばったサンゴのような髪型、ピエロのような顔メイク、長いイチゴ鼻が特徴的な男。骸骨のような服装で、帽子を被っている。家族想いであるが、観察眼に優れたやや疑り深い性格でもある。武器は小銃。
超人系悪魔の実「ブクブクの実」の能力者[26]を操り、さらに人を「本の世界」の引き入れることができる「書籍人間」[26]。操った本の上に乗って空を飛んだり、生物を生きたまま本の中に閉じ込めることができる(本の中にいる生物は年をとらない)。ビッグ・マムの趣味である珍種収集の一役を担っており、捕縛した珍種やビッグ・マムに逆らった者を図書室の本に閉じ込めている。本の中から脱出するためには本を焼くしかない。作者からは「1シリーズのボスとして登場しても、充分に面白くなる程の多彩な能力」と評されている[26]
ビッグ・マムの「食いわずらい」の後、彼女の化身達に「一秒残らず」モスカートの寿命の回収を命じた。その後、「怒りの軍団」の一員としてルフィ討伐に参加し、ルフィとナミを捕えて囚人図書室に収容する。その後の会議でルフィ達の現状の最終確認を行い、オペラの報告に感じた違和感から夜通しで見回りを続けるようチェス戎兵に命じた。サンジとプリンの結婚式にも参加し、ジェルマ抹殺の計画の一員として動く。ホールケーキ城崩壊後は、逃げ出したルフィ、ベッジ、ジェルマへの追撃戦において、司令・書記役を務めたがナワバリウミウシの失踪、ペコムズの裏切り、仕留めたはずのジェルマ66の加勢など予想外の事態が次々と起き、ルフィに逃げられてしまった。
表紙連載「ジェルマ66のあゝ無感情海遊記」では、ビッグ・マムに敗れたニジとヨンジを本に閉じ込めて拘束する。
シャーロット・ハイファット[131][135]
声 - 藤原貴弘
シャーロット家20男[124]。36歳[124]
水玉模様の服を着た大男。武器は剣。誘惑の森で、ゼウスを利用したナミの攻撃で倒される。アニメではジンベエに倒された[135]
シャーロット・タブレット[136]
声 - 粗忽屋二子玉店
シャーロット家21男[124]。トットランド「トッピング大臣」[124]。36歳[124]
羊に乗る小柄な男。武器は剣。誘惑の森で、ゼウスを利用したナミの攻撃で倒される。アニメではキャロットに倒された[135]
シャーロット・サンマルク[136]
声 - 龍谷修武
シャーロット家22男[26]。トットランド「エッセンス大臣」[124]。34歳[26]
鎧兜を身に着けた巨漢。ルフィ達への討伐艦隊に参加する。
シャーロット・バサンズ[124]
シャーロット家23男[124]。34歳[124]。頭に鹿のような角がある男。
シャーロット・ダクワーズ[129][131]
声 - 川原慶久
シャーロット家24男[26]。トットランド「ジャム大臣」[124]。32歳[26]コウモリのような羽を付けた男。
シャーロット・スナック
シャーロット家25男。
シャーロット・ババロア
声 - 竹内良太
シャーロット家26男。30歳[124]
ドレッドヘアに編み込んだ顎髭、BMと書かれた「前立てメッシュ」がついた野球帽[24]、グローブとボロボロのマント、上下横縞の服が特徴。
麦わらの一味の討伐艦隊に参加し、ペロスペロー共にケーキを運んで逃げるベッジを追走した。
シャーロット・カンテン[131]
シャーロット家27男[26]。トットランド「寒天大臣」[124]。28歳[26]。黒いシルクハットと顔の右半分に巻いた包帯が特徴。
シャーロット・カトウ[137]
声 - 平井啓二
シャーロット家28男[26]。トットランド「シード大臣」[124]。28歳[26]
ジャック・オー・ランタンのような顔をした男。武器は剣。誘惑の森で、ゼウスを利用したナミの攻撃で倒される。アニメではペドロに敗北した[135]
シャーロット・モンブ[124]
シャーロット家29男[124]。28歳[124]。騎士風の服装をした男。武器は剣。
シャーロット・シブースト[118]
声 - 服巻浩司
シャーロット家30男[124][注 118]。トットランド「ミックス大臣」[124]。27歳[124]
顔に複数の筒のようなものがついている大男。カカオ島に召集される。
シャーロット・モービル[134]
声 - 川原慶久
シャーロット家31男[124]。トットランド「味見大臣」[124]。手長族のハーフ。25歳[124]
左右を尖らせた髪型と高い鼻が特徴で、常にワイングラスを持っている。アニメでは、武器は2本の剣[135]。誘惑の森で、ゼウスを利用したナミの攻撃で倒される。アニメではサンジに倒された[135]
シャーロット・ブラウニー
声 - 宮崎寛務
シャーロット家32男。24歳[124]
煙突のような帽子を被った男。武器は棍棒。アニメでは語尾に「ニー」を付ける[138][139]。カカオ島に出撃するも、敵の人数が10人以内と聞くとすぐに眠ってしまった。
表紙連載「ジェルマ66のあゝ無感情海遊記」では、カトウやアナナらと共にニジとヨンジの研究に着手するが、イチジレイジュに襲撃された。
シャーロット・レザン[11]
声 - 阿座上洋平
シャーロット家33男。
長髪でマントを纏い、顔に二本の線がある武人風の男。武器は刀。22歳[124]。誕生日は3月23日(33男の兄さん(23))[11]
「怒りの軍団」の一員としてルフィ討伐に参加。カカオ島では鏡世界から出てきたルフィの前に立ち塞がるが、サンジの蹴りで退けられた。
シャーロット・マスカルポーネ[21][140]
声 - 沼田祐介
シャーロット家34男[21]。トットランド「食器大臣」[124]。29女ジョスカルポーネの双子のきょうだい[21]。蛇首族のハーフ[21]
武器は薙刀。20歳[124]。誕生日は2月27日(双子(2)で2人(2)仲(7)良し)[140]。ジョスカルポーネらと共に、麦わらの一味の討伐部隊に参加。
シャーロット・ユーエン[11]
声 - 成瀬誠
シャーロット家35男。
二本角が付いたフードを被った大柄な少年。語尾に「ゆ」を付ける。六式の「月歩」の使い手。武器は先端に玉のついた杖で、玉を巨大化させることができる。19歳[124]。誕生日は10月15日(シャーロット(10)・ユー(1)エ(E)→(5)ン)[11]
カカオ島ではルフィを抱え空中に逃げたサンジを叩き落とすが、直後に現れたヨンジに玉を粉砕された上、そのまま壁や敵軍に目掛けて振り回された。
シャーロット・ニューイチ[124]シャーロット・ニュージ[124]シャーロット・ニューサン[118]シャーロット・ニューシ[124]シャーロット・ニューゴ[24]
声 - 新井良平(ニューイチ)、岡本寛志(ニュージ)、粕谷雄太(ニューサン[注 119])、千葉俊哉(ニューゴ)
シャーロット家36 - 40男。男女5人ずつの10つ子。
5人ともお揃いの帽子をかぶっている。武器は大鎌。数名は「月歩」の使い手。18歳[104]。誕生日は12月2日(シャー(1)ロッ(2)ト・ニ(2)ューゴ)[11]
39男ニューシは超人系悪魔の実「ゴチャゴチャの実」の能力者[124]。10つ子の兄妹達と合体できる[124]
シャーロット・ヌガー[124]
声 - 荒井聡太
シャーロット家41男[124]。17歳[124]。逆立った髪型が特徴の少年。武器は剣。
シャーロット・アングレ[11]
声 - 菊池正美
シャーロット家42男[26]
大きな芋虫をバイクのように駆るリーゼントの少年。「よろしくー」が口癖。兄達を「兄者」と呼ぶ。フランペ主催の「ベスト弟ーティスト賞」を受賞している[24]。14歳[26]。誕生日は10月19日(シャーロット(10)ア(1)ング(9)レ)[11]
シャーロット・ウィロ[124]
シャーロット家43男[124]。12歳[124]。首が長い少年。
シャーロット・ドシャ[124]
シャーロット家44男[124]。11歳[124]。太った体型の少年。
シャーロット・ドルチェ、シャーロット・ドラジェ[11]
声 - 日比愛子(ドルチェ)、森下由樹子(ドラジェ)
シャーロット家45男、46男[26]
風船と共に浮かぶ、丸い体格の二人の少年。包丁を持つと、自分達の風船を割るアナナを嫌っている。9歳[26]。誕生日は2月21日(双(2)子の兄(21)さん)[11]
シャーロット家女子[編集]
シャーロット・コンポート
声 - 金月真美
シャーロット家長女。トットランド「フルーツ大臣」。
頭にフルーツを盛ったパフェを乗せた、恰幅のよい女性。顔つきや体形は、ビッグ・マムによく似ている。ヴィトからは3将星やペロスペローらと共に、ビッグ・マムの子供の中でも化物と評されている。49歳[124]。誕生日は10月15日(シャー(1)ロット・コ(5)ンポート(10))[11]
サンジとプリンの結婚式に参加し、ホールケーキ城崩壊後は麦わらの一味の討伐艦隊に参加する。
シャーロット・モンデ[105]
声 - 斉藤貴美子
シャーロット家次女[105]。47歳[124]。つばがある帽子を被った、太った女性。アニメでは語尾に「もんで」を付ける[142]。武器は剣。
アニメオリジナルシーンでは、一太刀で家を両断している。
シャーロット・アマンド
声 - 水田わさび
シャーロット家3女[143]。トットランド「ナッツ大臣」[105]。異名は「鬼夫人(きふじん)」。
長い首で長身の女性剣士。非常につばが広い帽子を被っている。喫煙者。一瞬で切り捨てることに殺す意味などないとし、相手を苦しめながら斬ることにこだわる残虐な性格。武器は鍔が魚の形をした名刀「白魚」。47歳[124]。誕生日は12月10日(シャー(1)ロッ(2)ト・アマンド(10))[11]
サンジとプリンの結婚式で出すウェディングケーキの材料を調達するため、ある国から卵を強奪した。「怒りの軍団」の一員としてルフィ討伐に参加し、ナミに加勢したキングバームを切断。その後、捕らえたナミからビッグ・マムのビブルカードを奪った。ホールケーキ城崩壊後はタルト軍艦を率い、サニー号を追い込む。ナッツ島でブリュレを連れて逃げ回るルフィに攻撃するも、逃げられてしまった。
シャーロット・アッシュ[105]
シャーロット家4女[105]。47歳[124]。アマンドと似た外見の女性。武器は剣。
シャーロット・エフィレ[105]
声 - 日比愛子
シャーロット家5女[105]。47歳[124]。アマンドやアッシュと似た外見の女性。武器は2丁拳銃。
アニメではナッツ島でルフィを銃撃するが、「ゴムゴムのお礼砲」で全て跳ね返された[142]
シャーロット・カスタード[135]
声 - 鹿野優以
シャーロット家6女[135]。45歳[124]
紫色のボブに一輪の花を付け、マゼンタの服の上から白いマントを羽織った女性。
ベッジ達を追跡していたが、ナワバリウミウシからの位置情報が入らなかったために見失った。
シャーロット・エンゼル[105]
シャーロット家7女[105]。45歳[124]。左右に広がった髪型が特徴の女性。
シャーロット・ブリュレ
声 - 三田ゆう子
シャーロット家8女。
ある港出身[108]。43歳[124]。誕生日は3月6日(ミ→3、ロ→6)[121]。身長350cm[108]うお座[108]。血液型S型[108]。好物はクレームブリュレドーナツ[108]
魔女のような顔つきをした長身の女性。実年齢は40代前半だが、家族の中でも特に老けた容姿をしている[注 120]。顔全体に走る大きな斜めの傷跡、長い鼻や爪が特徴。自分の顔を卑下しており、かわいい顔を見ると切り裂きたくなる衝動に駆られるという歪んだ性格。敵に対しては猟奇的だが家族想いなところもあり、特に過去の一件からカタクリへの思い入れは深い。家族からは信頼されているが、ドジっ子で敵に捕まりやすいと指摘されている。やせ細った外見であるため、ルフィやキャロットには枝や木に間違えられている[注 121]。笑い声は「ウィッウィッウィッ」。武器は大鎌
超人系悪魔の実「ミラミラの実」の能力者。特殊なを生み出すことができる「鏡人間」。鏡の中の世界に出入りすることができ、相手を鏡の中に閉じ込めることもできる。この鏡世界はホールケーキアイランド中の鏡に通じており、ブリュレは鏡のある場所ならどこにでも現れる。鏡世界の中には、ブリュレの家がある。また、攻撃を反射したり、自分や動物の姿を別人の姿に変えることもできる。
幼い頃、カタクリにやられた相手から仕返しを受け、現在も顔面に残る大きな傷を負った[注 122]。カタクリが完璧な人間を演じている事は知っていたが、カタクリへの尊敬ゆえに周囲には黙っていた。
ホールケーキアイランド編では、ビッグ・マムの命を受け誘惑の森でルフィ達を襲撃し、キャロットとチョッパーを鏡世界に閉じ込める。その後、逃げ回る2人を追いかけ回し捕縛するが逆に捕まってしまい、ディーゼルと共に一味に利用される。翌日、ベッジのビッグ・マム暗殺計画でも撹乱及び潜入手段として利用されたが、作戦失敗の混乱でカタクリにより奪い返され、即座に戦線に復帰し、シーザーを足止めする。ホールケーキ城崩壊後、散々利用された仕返しのため、カタクリとペロスペローを含む軍隊を、鏡世界を通してサニー号に送り込む。ルフィとカタクリの決闘が始まると、再度鏡世界に戻るも覇気が切れたルフィによって外に連れ出され、以後覇気が回復するまでの間、人質として連れ回される羽目になり[注 123]、ルフィから解放されるも今度はペコムズに捕まり、ルフィの鏡世界脱出にも利用されるなど、散々な目にあう。カカオ島で、カタクリの敗北を涙ながらに兄弟達に伝えると、ジェルマ対策の弾丸を支給した。ルフィがナワバリから逃げ切った後はカタクリを手当てし、ルフィの脱出に安堵の表情を浮かべるカタクリに対し、自分はルフィを許さないと告げた。
シャーロット・ブロワイエ[132][11]
シャーロット家9女[105]。トットランド「メレンゲ大臣」[105]。43歳[124]。誕生日は12月26日(シャー(1)ロッ(2)トブロ(26)ワイエ)[11]。冠を被った女性。
シャーロット・マッシュ[105]
声 - 関根有咲
シャーロット家10女[105]。40歳[124]。髪を一つ結びにした太った女性。
シャーロット・コンスターチ[105]
声 - 鶴田真希
シャーロット家11女[105]。トットランド「愛情大臣」[105]。40歳[124]。先端をカールさせた髪を逆立てた女性。
シャーロット・モーツアルト[105]
シャーロット家12女[105]。37歳[124]。クモの足のような髪型の女性。
シャーロット・マルニエ[129][11]
声 - 鹿野優以
シャーロット家13女[105]。トットランド「酵母大臣」[105]。37歳[124]。誕生日は12月20日(シャー(1)ロッ(2)トマルニ(20)エ)[11]。二色のアフロヘアーの女性。
シャーロット・スムージー
シャーロット家14女。
シャーロット・シトロン
声 - 今野宏美
シャーロット家15女。トットランド「エッグ大臣」[105]。足長族のハーフ。35歳[124]。誕生日は10月12日[108]
恰幅のよい女性。長い鼻が特徴。スムージーと共に、麦わらの一味の討伐艦隊に参加。
シャーロット・シナモン
声 - 鈴木真仁
シャーロット家16女。足長族のハーフ。35歳[124]。誕生日は10月12日[108]
後ろに束ねた長い黒髪が特徴の女性。武器は、スムージーのものとよく似た剣。スムージーと共に、麦わらの一味の討伐艦隊に参加。
シャーロット・メリゼ[105]
シャーロット家17女[105]。33歳[124]。頭にシカのような角がある女性。
シャーロット・ガレット
声 - 前田愛
シャーロット家18女。トットランド「バター大臣」。
カールした髪型と黒い角が特徴の女性。黒いコートと赤いワンピースを着用しており、黒い手袋を嵌めている。年の離れた幼い弟のアングレに対し目線を合わせて話すなど、兄弟には優しい性格。31歳[124]。誕生日は10月19日(シャーロット(10)家19女のポワールと双子)[11]
超人系悪魔の実「バタバタの実」の能力者[144]。バターを操ることができる「バター人間」[144]。バターで相手の腕を固めて拘束したりできる。
モンドール達と共に、モスカートの寿命を奪おうとするビッグ・マムに抗議の声を上げたが、食いわずらいを起こしたビッグ・マムには届かなかった。その後、「怒りの軍団」の一員としてルフィ討伐に参加し、主戦力の一人としてナミを能力で拘束した。サンジとプリンの結婚式にも参加し、ジェルマ抹殺の計画の一員として動く。崩壊するホールケーキ城から落下しそうになった際、カタクリに救われた。
シャーロット・ポワール[52]
声 - れいみ
シャーロット家19女[52]。ガレットと同じ父を持つ双子の妹[52]
パンダの頭巾と裂けた口が特徴。31歳[124]。誕生日は10月19日(シャーロット(10)家19女)[11]
シャーロット・プリム[105]
シャーロット家20女[105]。29歳[124]タコの半人魚[105]
シャーロット・プラリネ
シャーロット家21女。
シャーロット・シフォン
シャーロット家22女。ビッグ・マムとパウンドの娘。
シャーロット・ローラ
シャーロット家23女。ビッグ・マムとパウンドの娘で、シフォンの双子の妹。
シャーロット・マーブル[105]
シャーロット家24女[105]手長族のハーフ[105]。25歳[124]。水兵帽をかぶった女性。
シャーロット・ミュークル[145]
声 - 石橋桃
シャーロット家25女[26]。手長族のハーフ。
褐色肌で水色のボブヘアーが特徴。胸に「100」と書かれた服を着ている。25歳[26]。誕生日は11月17日(シャー(1)ロット・ミュー(1)ク(Q)→(17)ル)[11]
「怒りの軍団」の一員として、ルフィ討伐に参加した。後に、カカオ島に召集される。
シャーロット・メープル[105]
シャーロット家26女[105]。手長族のハーフ。25歳[124]。太い腕が特徴の女性。
シャーロット・ジョコンド
声 - 牛田裕子
シャーロット家27女。23歳[124]。馬に乗り、兜を被った小柄な女性。麦わらの一味の討伐艦隊の一員として、カカオ島に召集される。
シャーロット・パンナ[105]
シャーロット家28女[105]。21歳[124]。両腕に、クマの腕のような手袋をつけた女性[105]
シャーロット・ジョスカルポーネ[21][140]
声 - 粗忽屋所沢店
シャーロット家29女[21]。34男マスカルポーネの双子のきょうだい[21]蛇首族のハーフ[21]
武器は薙刀。20歳[124]。誕生日は2月27日(双子(2)で2人(2)仲(7)良し)[140]。マスカルポーネらと共に、麦わらの一味の討伐部隊に参加。
シャーロット・ナツメグ、シャーロット・アキメグ、シャーロット・オールメグ、シャーロット・ハルメグ、シャーロット・フユメグ[105]
声 - 一木千洋(ナツメグ)、祖山桃子(アキメグ)、金子有希(オールメグ)、関根有咲(ハルメグ)、鹿野優以(フユメグ)
シャーロット家30 - 34女。男女5人ずつの10つ子。
5人とも、頭に大きなリボンをつけている。武器は大鎌。18歳[104]。誕生日は12月2日(シャー(1)ロッ(2)ト・ニ(2)ューゴ)[11]
シャーロット・プリン
声 - 沢城みゆき[107]桑島法子[注 124](856話 - 863話)
シャーロット家35女。カカオ島ショコラタウンのカフェ「カラメル」のオーナー。三つ目族のハーフ。
新世界「トットランド」出身[108]。16歳[124]。誕生日は6月25日(シャー「ロ」ット+毎月25日はプリンの日)[21]。身長166cm[108]かに座[108]。血液型XF型[108]。好物は生チョコレートプリン[108]
ウェーブがかかったツインテールが特徴の美少女。お菓子作りが得意で、店は自身で製作したお菓子の家になっている。特にチョコレートは総料理長シュトロイゼンにも負けないと豪語しており、サンジからも感心されている。人前ではかなりの恥ずかしがり屋で気立てが良い穏やかな性格を演じているが、本性は人を嘲笑することを何とも思わない冷酷な性格で、このことは家族しか知らない。この性格は幼少期の体験に起因しており、自分の本性をはしたないと自虐したりしている。婚約相手であるサンジに対しては、同じ料理好きということもあり好印象を抱いているように演じているが、実際は「落ちこぼれ」「あのバカ」と呼んで見下していた。結婚式の一件でサンジに本気で惚れてからは、サンジに対する感情を自分で制御することができず、悪態をつきながらも好意が完全に漏れているという情緒不安定な状態となっており[注 125]、本人はそのような態度を取ってしまうことに落ち込んでいる。武器は「キャンディジャケット」を装填した拳銃「ウォーカー」。
超人系悪魔の実「メモメモの実」の能力者。人の頭から記憶フィルムとして取り出すことで自在に編集でき、不都合な記憶を改竄することができる。ビッグ・マムからは三つ目が「真の開眼」を果たすことを期待されているが、本人はハーフの自分にそんな能力が目覚める保障はないと主張している。
幼い頃は、三つ目が原因で実の母であるビッグ・マムをはじめとする家族からは気味悪がられ、周囲の子供達にはひどくいじめられていた。これにより自分を「醜い三つ目の化け物」と思い込むようになった結果、性格が歪んでいき、いじめてくる子供達に刃物で仕返ししていた。現在はビッグ・マムのお気に入りの娘の一人で、容姿と猫被りによる「演技力」の高さを買われ人形のように大事に扱われつつも、母の命令には逆らえない育て方をされてきた。そんな母に対しては、呆れと不満を抱いている。一方で母の束縛を自分の意思で抜け出し、自由な恋愛を求めて求婚の旅に出た姉ローラを慕っている。ローラが家出してから欠番となっているチョコレート大臣の後任候補に挙げられているが、本人にその気はなく、いつかローラが帰ってきてくれるかもしれないという理由から断り続けている。ローラの姉シフォンとの仲も良好で、よく一緒にケーキを作っていたという。
魚人島編の終盤で初登場[104]。ビッグ・マム海賊団がジェルマ66の科学力を手に入れる計画のキーパーソンとして配される[注 126]。ショコラタウンでルフィ達に接触し、その際に翌日にサンジを南西の海岸に連れていく事を約束し、ホールケーキアイランドへの航路を渡す。翌日はドレス選びで身動きが取れなくなり、その次の日ヴィンスモーク家との昼食に出席後、サンジと二人きりの場を設け、サンジの境遇を気遣う。そして、自分との結婚を受け入れたサンジからプロポーズされる。だが、ここまでの全ての振る舞いはヴィンスモーク家を陥れるための演技に過ぎず、ルフィ達に航路を教えたのも誘導のためであった。その日の夜、囚人図書室に捕まったルフィとナミの元を訪れ、2人を嘲笑いながら自身の本性とビッグ・マムの計画を耳打ちする。その後、自分を嗅ぎ回っていたレイジュを拘束し、メモメモの実の能力を保険としてレイジュにその本性とヴィンスモーク家・麦わらの一味皆殺しの計画を明かす。さらにサンジのこれまでの決意、プロポーズを口汚い暴言や意地の悪い顔芸を交えて馬鹿にしながらレイジュの記憶を改竄し[注 127]、ビッグ・マムと結婚式当日の最終確認を行う。
結婚式当日、計画通りサンジに三つ目を見せるが、はじめて自分の三つ目を心から肯定する言葉をかけてくれたサンジに不意の涙を流し、その場に崩れ落ちてしまう。暗殺失敗後は大きく動揺し、サンジに銃を乱射し本性を見せ付けるも、母や兄弟そして自分をも騙してきた生き様をサンジに指摘されて案じられると、三つ目に更なる涙を浮かべる。以後、混乱したお茶会の場では戦力になれず、兄であるダイフクからも役立たず呼ばわりされてしまう。この騒動の中で本当にサンジを好きになり、ホールケーキ城崩壊後は、食いわずらいを起こしたビッグ・マムからサンジたちを救うため兄達を欺き[注 128]、シフォンとサンジの協力を得て、ビッグ・マムに提供するウェディングケーキ作りに取り掛かる。海上でケーキを完成させ、ベッジとシフォンに引き渡すとルフィを出迎えるため、サンジを連れてカカオ島に引き返す。サンジとの別れ際、最後のお願いとして口づけを交わし、キスの記憶をサンジの頭から抜き取り、その場を去る。ケーキによって食いわずらいは治まり、住民からは国を救ったと賞賛されたが、それが自分の功績ではないと思いつめ、それまでのサンジとのやり取りを振り返り涙を流した。
表紙連載「ジェルマ66のあゝ無感情海遊記」では、ビッグマムに敗れ拘束されたニジヨンジに、サンジをいじめた仕返しとしてプリンパンチをかました。
シャーロット・フランペ
声 - 斎藤千和[147]
シャーロット家36女。トットランド「はちみつ大臣」[105]。カタクリファンクラブ会長兼特攻隊長。
新世界「トットランド」出身[108]。15歳。誕生日は2月11日(フ(2)ランペ 一(1)番のい(1)もうと)[22]。身長170cm[108]みずがめ座[108]。血液型S型[108]。好物はガム[108]
常に風船ガムを噛んでいる、ポニーテールの少女。剣を背負い、下半身が風船のように膨らんでおり、常にポヨンポヨンと跳ねている[注 129]。信愛するカタクリのお気に入りになって「キングオブ妹」になることを狙っているが、ルフィとの戦いを長引かせるカタクリの姿を見たくないと口にしたり、「完璧でなきゃ幻滅しちゃう」と口にするなど、カタクリが演じている完璧さを盲目的に慕っているだけである。加えて「ベスト妹ーティスト賞[注 130]」を受賞している自分が人気者だと舞い上がっているなど、本性は自分だけが大好きなナルシスト。傷付きながらも何度も立ち上がるルフィに暴言を吐いて馬鹿にしたり、意にそぐわない部下をフォークで刺すなど、身勝手な一面も強い。
息を吸い込んで空中に浮かぶことができ、シビレ針による無音の吹き矢を得意としている。部下でも当てられなかったルフィに矢を命中させており、狙撃力は優れている。
カタクリとルフィの戦いを陰から観戦し、カタクリに褒められようとシビレ針を飛ばし、ルフィの動きを止め、その隙をついたカタクリの攻撃で重傷を負わせる。しかし、戦いに水を差されたカタクリの怒りを買い、カタクリが隠していた素顔を初めて知って幻滅。これまでの態度を一変させてカタクリを罵倒するが、ルフィとカタクリはそれを気にも留めず、両者の覇王色の衝突によって部下と共に泡を吹いて気絶させられた。
シャーロット・ウエハース[105]
シャーロット家37女[105]。13歳[124]。水玉模様の頭巾を被った少女。
シャーロット・ノルマンド[105]
シャーロット家38女[105]。10歳[124]。掌に乗るほど小さな少女。
シャーロット・アナナ[22]
声 - 大空直美
シャーロット家39女(末っ子)[26][105]
まだ幼い少女だが、包丁でぬいぐるみを切ろうとするなど、猟奇的な一面がある。8歳[26]。誕生日は4月17日(シ(4)ャーロット・ア(1)ナナ(7))[22]

ホーミーズ[編集]

ビッグ・マムの「ソルソルの実」の能力で他者の魂(寿命)を入れられたことで、無機物や動植物が擬人化した存在。ビッグ・マムとその子供に従う。またビッグ・マムのビブルカードを持つ者にも逆らうことができない[注 131]

ナポレオン・プロメテウス・ゼウス・ヘラの4体は、ビッグ・マム本人の魂(ソウル)が入れられた特別な個体。魂の格が違うため、通常のホーミーズとは違いブルックの魂の叫びが効かない。プロメテウス・ゼウスはビッグ・マムが「天候を従える女」と呼ばれる理由となるホーミーズで、暴れだすとビッグ・マムが怒っていると人々から認識されており、他のホーミーズからも様付けで呼ばれている。

ナポレオン
声 - 水島裕
ビッグ・マムが被っている二角帽(バイコーン)のホーミーズ。誕生日は12月2日ナポレオン1世の戴冠式が行われた日)[11]
帽子の中に両刃剣が格納されており、戦闘ではビッグ・マムの武器として振るわれる。意識を刃に移すことで片刃剣になることもできる。念波を送受信する能力も持つ。ビッグ・マムが48歳時には既に被っていた。性格はプロメテウスと同様に真面目で実直だが、極度の人見知りで、ワノ国編でビッグ・マムが記憶喪失となっている間は大人しくしていた。
プロメテウス
声 - 水島裕
ビッグ・マムが右手で操る太陽のホーミーズ。
「偉大なる航路」出身[108]。誕生日は7月19日ローマ大火が起こった日)[11]。身長239cm以上[108]かに座[108]。好物は火[108]
凝縮された炎のホーミーズであり、「武装色の覇気」による攻撃も効かないが、水に弱く力を使いすぎると火を補給する必要がある。マルコの「再生の炎」にも弱い。巨大化すると水の弱点も補えるが、その分移動速度が遅くなる。口から火を吐き、巨大化して相手を焼き尽くすことができる。ビッグ・マムの髪と同化したり、ゼウスのような移動手段になることもできるが、移動速度はゼウスに劣る。一人称は「おれ」。性格はゼウスと比べ真面目で、ビッグ・マムの命令にも忠実。裏切り者には容赦のない制裁を加える。
宝物の間でブルックと対峙した際、彼によって初めて左頬に傷を負わせられた。麦わらの一味を追撃中、裏切ったキングバームを粛清し、ルフィの攻撃を無効化するもジンベエによって退けられる。ゼウスがナミ達に捕縛された後はビッグ・マムを乗せ追いかけた。ワノ国編の火祭りの宴では、ルフィ達との戦いでドーム屋上から海に落ちそうになったビッグ・マムを助ける[注 132]
ゼウス
声 - 水島裕
ビッグ・マムが左手で操る雷雲のホーミーズ。
「偉大なる航路」出身[108]。誕生日は6月26日(雷記念日)[11]。身長232cm以上[108]かに座[108]。好物はナミの作る雷雲[108]
帽子を被っている雲。雷を落としたり、空を覆うほどの巨大な雷雲になることができる。ビッグ・マム専用の移動手段で、魂を入れたビッグ・マム本人しか乗ることができない[注 133]。性格は能天気だが、戦闘になるとプロメテウスやナポレオンと同様恐ろしい表情に変わり、敵を蹂躙する。好物の雷雲を目にすると一時的にビッグ・マムの命令に背くほど食欲に忠実。一人称は「おいら」。
麦わらの一味を追撃中、ナミが作り出す雷雲を気に入り一時的に手懐けられ、彼女の即席の大技「ゼウスブリーズ=テンポ」に利用された。サニー号での戦いの最中、ブルックとナミによって捕らえられる。以降ナミの下僕となり、「魔法の天候棒」内部に住み着いていたが、ワノ国編でビッグ・マムの元へ戻る。ルフィ達との戦いでは、ローとキッドによって鉄塊に一時閉じ込められ、ビッグ・マムの救出に遅れてしまう。数々の失態を重ねたことでビッグ・マムに見限られヘラに食われるも、「魔法の天候棒」の「ブラックボール」ごと食われたため、魂の一部が押し込まれる形で「魔法の天候棒」に宿ってナミの味方になり、うるティの撃破に一役買った。この件でマムとは完全に決別するが、彼女が敗れた際には涙を流していた。
ヘラ
声 - かかずゆみ
ビッグ・マムが新たに生み出した雷雲のホーミーズ。
右目を前髪で隠した女性。性格は高飛車で高慢だがビッグ・マムには忠実で、プロメテウス達との相性はゼウスよりも抜群である。プロメテウスの「彼女が欲しい」という頼みに応じて生み出されたが、ヘラ本人にそのつもりはない。笑い声は「オホホホ」。
ワノ国編でゼウスの代わりとして生み出され、ゼウスの魂を食べてパワーアップする[注 134]
三千里(ミザリー)
ヘラとプロメテウスが融合したホーミーズ。
ヘラの顔をした巨大な女性の姿をしており、触れた者を焼き殺す。「鳴光剣」から放たれ、ビッグ・マムの命令に従って暴れまわったが、ローによって真っ二つに斬り裂かれた。
クイーン・ママ・シャンテ号[149][150]
サニー号の数十倍はある巨大船のホーミーズ。歌う船首が特徴。ドレスローザ編やホールケーキアイランド編で、サニー号を襲撃した。
ニトロ、ラビヤン
声 - 粗忽屋東品川店(ニトロ)、岡本寛志(ラビヤン)
プリンが連れているゼリーのホーミーズと絨毯のホーミーズ。
ニトロは帽子を被り、葉巻を吸っている。ラビヤンは空を飛ぶことが可能で、プリンの移動手段で使われる。
ランドルフ
声 - 粗忽屋東品川店
ビッグ・マム海賊団「鶴騎士(クレインライダー)」。ブリュレの部下。ウサギのホーミーズ。
羽飾りのついた貴族風の帽子にマントが特徴。シルクハットを被った鶴のホーミーズ(声 - 粗忽屋西神戸店)とのコンビで行動する。自分に都合が悪くなると、相棒の鶴のせいにする。武器は両端に刃がある槍。
サンジとプリンの結婚式で出すウェディングケーキの材料を調達するため、ある国からフルーツを強奪した。ホールケーキアイランドでは誘惑の森でルフィ達を襲撃したが、クラッカーに横槍を入れたため怒鳴りつけられる。鏡世界にて、キャロットが巨大鍋の煮え湯に流したエレクトロに感電し倒された。
貴族ワニ
声 - 荒井聡太
ブリュレの部下。ワニのホーミーズ。帽子を被りオーバーオールを着ている。誕生日は10月17日(貯蓄の日)[11]
誘惑の森でルフィ達と遭遇しドーナツの橋ごと飲み込もうとしたが、ルフィ達が人間とわかるとあっさり立ち去った。鏡世界にて、「怪物強化」になったチョッパーに床に叩きつけられ倒された。
キングバーム
声 - 藤原貴弘
誘惑の森の主。ブリュレの部下。大樹のホーミーズ。
新世界「トットランド」出身[25]。誕生日は7月13日(キング(13)バ(8)ーム(6)→8と6の間で(7))[11]。身長23.4m[25]かに座[25]。好物は水[25]
髭を生やしている。一人称は「ワシ」で、語尾に「ジュ」をつける。これまで誘惑の森に入った標的は一人も生きて帰したことがないと豪語している。
ブリュレに従い誘惑の森に入ったルフィ達を襲撃するが、ビッグ・マムのビブルカードを持つナミに手が出せなくなり、逆に従わさせられる。クラッカーが倒された後、「怒りの軍団」のアマンドに真っ二つに斬られた。その後、レディツリーに傷を治してもらっていた所、逃走するナミに出会い再び彼女の指揮下に入る。麦わらの一味を乗せ、食いわずらいのビッグ・マムから逃げ続けるも、ビッグ・マムに体をえぐられ、プロメテウスの業火に焼かれてしまった。
レディツリー
声 - 鹿野優以
キングバームのフィアンセ。木のホーミーズ。ボディコン服を着ており、キングバームを「キンちゃん」と呼んでいる。
チェス戎兵(チェスじゅうへい)
ビッグ・マム海賊団の兵士。チェスの駒のホーミーズ達。
二刀流の「キング兵」、両端に刃がある薙刀を持った「クイーン兵」、銃を持った「ルーク兵」、剣を持った「ナイト兵」、弓矢を持った「ビショップ兵」、槍を持った小柄な「ポーン兵」の6種類がいる。ホールケーキ城には多くのチェス戎兵が配備されている。
宝物の間でブルックと交戦した際には、彼の「魂の叫び」によって魂を抜かれてしまった。

その他構成員[編集]

一部の戦闘員は、ビッグ・マムからの信頼を得たことでチェスの駒を元にした称号を与えられている。

タマゴ男爵[注 135]
声 - 麦人
ビッグ・マム海賊団戦闘員「騎士(ナイト)」。足長族。懸賞金4億2900万ベリー。
「偉大なる航路」出身[151]。46歳[151]。誕生日は5月14日(egg→アルファベットの577)[21]。身長301cm[151]おうし座[151]。血液型XF型[151]。好物はロイヤルミルクティーバロット[151]
整った口ひげとサングラス、細い足が特徴の隻眼の男性で、腰回りが卵のような体つきをしている。足長族では珍しく足を露出しておらず[21][152]、ミンク族対策でエレクトロが効かないタイツを履いている。派手なタキシードを身に纏い、帽子にティーカップを載せている。語尾に「ボン」「ソワール」「ジュール」「ブプレ」といったフランス語を思わせる言葉を交えて話し、二人称は「黄身(キミ)」。笑い声は「ムハハ」。紳士的な態度の反面、ベッジがペコムズを始末しようとした際、私情を挟んだペコムズの甘さの方を否定し、ベッジを支持するなど非情な一面も持ち合わせている[注 136]。ほぼ一族内で幹部を構成するビッグ・マム海賊団において、家族以外では稀である「騎士」の称号を得ている[151]。武器は杖や二本の短剣。
動物系悪魔の実「タマタマの実」の能力者[153]。体が状になり、殻が割れる度に中身が孵化して、より強く生まれ変わることができる。「タマゴ男爵」から「ヒヨコ子爵」、さらに「ニワトリ伯爵」へと進化する。ニワトリの状態で敗北すると、再びタマゴに戻る[35]。変化には時間がかかり、大きな隙ができることが弱点。足長族の長い足による、リーチを活かした足技を得意としている。
5年前、宝物の間に潜入したペドロとの戦いで左目を失って以降、敵ながらペドロを一目置いている。
魚人島編で、お菓子の取り立てのため魚人島を訪れ、ルフィとビッグ・マムの交渉により、玉手箱を含めた竜宮城の財宝を持ち帰った。パンクハザード編では、ペコムズと共にシーザーの兵器「シノクニ」の公開実験映像を見ていた。ドレスローザ編では、シーザーを狙ってサニー号を襲撃するも逃げられてしまった。
ホールケーキアイランド編では、結婚に抵抗するサンジへの対抗策として、ジャッジにゼフの情報と島から出ると爆発するブレスレットを渡す。潜入したルフィ達の行動をつかみ、ルフィと接触したプリンにドレス選びを強要する。ペドロとブルックがホールケーキ城に侵入したことを察知すると、将星スムージーらと共に宝物の間の警護に当たる。ペドロが暴れていることを知ると鎮圧に向かい、3階の中庭で対峙する。ペドロの攻撃を二度受けてニワトリ伯爵に進化し、ペドロのダイナマイトの爆発に巻き込まれるが、致命傷は免れた。ホールケーキ城の崩壊後は、麦わらの一味を甘く見積もっていたことを認め、ナワバリの最終局面に力ある艦隊を配備するようモンドールに進言した。
ペコムズ
声 - 飛田展男
ビッグ・マム海賊団戦闘員。ライオンのミンク。懸賞金3億3000万ベリー。
新世界「モコモ公国」出身。27歳[151]。誕生日は4月11日(ガッツポーズの日)[21]。身長232cm[151]おひつじ座[151]。血液型S型[151]。好物は魚人島のお菓子、ショコラタウンのチョコ[151]
サングラスをかけているが、その下の目はつぶら。語尾や口癖は「ガオ」。よくガッツポーズをする。モコモ公国出身でかつては悪童として有名だったが、兄貴分であるペドロには頭が上がらない。他のミンク同様同胞への仲間意識は強く、敵であろうと恩人に対しては義理を貫くが、ベッジには甘いと指摘されている。ルフィからはゾウにて再会した際は「ペコマムシ」「カメマムシ」と呼ばれていた。
動物系悪魔の実「カメカメの実」の能力者。カメに変身でき、甲羅は銃弾を物ともしない、ダイヤモンド並の強度を誇る。「武装色の覇気」の使い手。「月の獅子(スーロン)」化を苦手としており、変身すると暴走状態になってしまう。唯一、ペドロの声だけが暴走したペコムズを鎮めることができる。
かつてはペドロ率いるノックス海賊団に所属していたが、10年前にケガや闘志の問題で旅を続けられない者達を預かり、ペドロ・ゼポと別れた[21]。やがてビッグ・マムのナワバリにたどり着き、命を救われたことでビッグ・マムに仕えるようになった[21]
魚人島編では、タマゴ男爵と共に魚人島を訪れる。その際、財宝を奪おうと襲ってきたカリブーを一撃で返り討ちにした。
ゾウ編ではシーザーとサンジを連行するため、麦わらの一味を追い故郷のゾウに上陸するも、ジャックの襲撃によって荒れ果てた故郷を目の当たりにする。同胞達を助けてもらった恩義からサンジ達を見逃そうとするが、任務を優先したベッジの攻撃を受ける。能力を使って即死は免れたが、瀕死の重傷を負いネコマムシに保護された。その後、到着したルフィ達に、サンジの出生の秘密と四皇の力の誇示の仕方、そしてサンジが出席する結婚式について話した。サンジ奪還を決意したルフィによって半ば無理やり連れ出され、ホールケーキアイランドへの案内を任される。
ホールケーキアイランド編ではショコラタウンに到着後、ベッジに捕らえられホールケーキアイランドに連れて行かれる。ビッグ・マム暗殺計画への加担を持ちかけられるも拒否し、北東の海岸から突き落とされる。タイヨウの海賊団に救出されたが、彼らがお茶会の最中に島を出たため、東の入り江に拘束されたまま放置された。ホールケーキ城が崩壊した頃にはニワトリ伯爵らに合流していたが、ペドロが自爆したことを知ると、彼が命を懸けて守ったルフィを助けることを決意。ブリュレを捕らえて「鏡世界」へ入り、カタクリとの戦いを終えたルフィのもとに現れる[注 137]。ルフィが逃げる隙を作るため、カカオ島で「月の獅子」化して暴れようとするが、待ち構えていた大軍に取り抑えられてしまった[注 138]。その後の消息は不明。
ボビン
声 - 代永翼
ビッグ・マム海賊団戦闘員「ビショップ」。異名は「始末屋」。懸賞金1億550万ベリー。
布状の仮面と羽飾りのついた帽子を被った、小柄で小太りな男。ゴーグルで瞳を隠しているが、その眼光は鋭い。口癖は「ボヨヨン」。武器は巨大な剣。
頭を左右に揺らすことで相手を眠らせる能力を持つ(悪魔の実によるものかは不明)。
魚人島編で、菓子をビッグ・マムに献上できなかった国を情け容赦無く焼き滅ぼした。ホールケーキアイランド編で、「怒りの軍団」の一員としてルフィ討伐に参加した。その日の夜、サンジが作った弁当に手を出して彼に攻撃され、逃亡した彼を追いかけたが、ファイアタンク海賊団に襲撃され倒れた。
ディーゼル
声 - 魚建
ビッグ・マム海賊団の一員。ブリュレの部下。手長族。
頭に煙突を乗せた機関車のような姿をした男。体の側面に付いた車輪を回して高速で走ることができ、本人は「一度走り始めたら誰も追いつけない」と豪語しているが、キャロットにはあっさりと追いつかれた。
サンジとプリンの結婚式で出すウェディングケーキの材料を調達するため、ある国から小麦粉を強奪した。鏡世界にてブリュレが倒され、ビッグ・マムへ報告するため逃走しようとしたが失敗し、ブリュレと共にチョッパーたちの移動手段として利用された。
シュトロイゼン
声 - 壤晴彦[130]
ビッグ・マム海賊団総料理長。異名は「美食騎士」。
「偉大なる航路」出身[108]。92歳[108]。誕生日は4月27日(世(4)に(2)も名(7)高い総料理長)[140]。身長140cm[108]おうし座[108]。血液型S型[108]。好物はアップルクランブル[108]
平べったい髭を生やした小柄な老人。腰に懐中時計を身に付けている。調理の際よく歌っており、最後のフレーズで感涙する。ビッグ・マム海賊団最古参のメンバーで、普段はビッグ・マムを他の部下同様「ママ」と呼び敬語で話すが、非常時には「リンリン」と呼んでいる。実力は不明だが、ベッジからは「ずっと謎の存在だった」「戦っても相当強い筈」と警戒されている。武器は剣。
超人系悪魔の実「ククククの実」の能力者。あらゆる物を食材に変えることができる。作中では丸太を切り分けることでハムに変えたりしている。ビッグ・マム曰く、能力で変化しただけのお菓子は腹にはたまるが美味しくはないとのこと。
元はある海賊団のコックで、解散後は一人旅をしていた[108]。63年前は「羊の家」があった島に住みつく、海賊崩れの料理人だった。マザー・カルメルと羊の家の子供達が失踪した事件の現場を目撃して、ビッグ・マムに興味を抱き、彼女の保護者代わりとなって2人でビッグ・マム海賊団を築き上げた。
ホールケーキアイランド編では、他国から集めた幻の食材でサンジとプリンの結婚式で出すチョコレートシフォンケーキによる巨大ウェディングケーキを製作するが、会場に潜入したルフィにケーキを壊されてしまう。ホールケーキ城が崩壊した際には、能力で城を本物のホールケーキに変えて人々を救った。だが自身は着地に失敗し、数日間は回復が望めない重傷を負ってしまった。
アニメでの初登場シーンは作者が作詞・命名し、田中公平が書き下ろしたミュージカル楽曲「NON SUGAR LIFE」が使われた[130]

ビッグ・マム海賊団傘下[編集]

新世界編ではファイアタンク海賊団とタイヨウの海賊団がビッグ・マム傘下に入っていたが、ホールケーキアイランド編で謀反を起こしたことで脱退した。

百獣海賊団[編集]

四皇カイドウ率いる海賊団。海賊旗は大きな2本の角が生えたドクロに、4本の骨が交差したマーク。新世界のワノ国を拠点にしており、将軍黒炭オロチと手を組んで実質的に国を支配している。「ロード歴史の本文」の一つを所有している。

「百獣」の名の通り、動物系悪魔の実の能力者が多く所属しており、大看板や飛び六胞は動物系古代種の能力者で構成されている。実力主義の海賊団で、より上の地位を狙う野心家が多い。兵力は約2万人。戦闘員は3つの階級に分けられており、人造悪魔の実SMILE」を食べて獣の力を得た「ギフターズ(与えられた者達)」、SMILEを口にしたもののハズレを引き、笑うことしかできなくなった「プレジャーズ(笑う者達)」、まだ何も口にせず力を得るチャンスを待っている「ウェイターズ(待つ者達)」で構成されている。プレジャーズ以上の者は、ファッションで頭に角をつけていることが多い(プレジャーズは1本、ギフターズ以上は2本つけてよいというルールがある)[94]。肩書には「大看板」「真打ち」「飛び六胞」など、落語歌舞伎関連の用語が使われている。

カイドウ
声 - 玄田哲章
百獣海賊団総督[注 19]。四皇の一人。元ロックス海賊団見習い。ヤマトの父親。異名は「百獣のカイドウ」。懸賞金46億1110万ベリー[注 139]
「偉大なる航路」ウォッカ王国出身[109]。59歳[109]。誕生日は5月1日[23]。身長710cm[109]おうし座[109]。血液型F型[109]。好物は[109]、魚の皮[154]
黒い乱れ髪に2本の大きな角を生やし、長いナマズ髭を蓄えた、筋骨隆々の大男[注 140]。左腕に髑髏と鱗のような赤い刺青、右腹部にかつておでんにつけられた大きな十字傷があり、紫色の毛皮のマントを羽織っている。生きとし生けるあらゆる者の中で「この世における最強生物」と呼ばれる怪物で、一騎討ちならばカイドウが勝つだろうと万人から目されており、白ひげが戦死した後の新世界編では、世界最強の海賊として君臨する存在。ワノ国では国を守る「明王」とされている。大の酒豪で、酒を飲むと気性の変化が異常に激しくなる[注 141]。ローは「話し合いが通じる相手ではない」と評しており、決して怒らせてはならない存在と見ている。酔った状態では見境ないが、直近の部下に対しては柔軟な対応を取る[注 142]。味方であろうと自分の戦いに横槍を入れられることを嫌うなど武人肌な面があり、戦いでは相手の攻撃を真正面から受け止めることが多く、自分を脅かす強者には胸を躍らせる[注 143]おでんとの戦いで不本意な形で決着を付けてしまった後悔と、おでんの死に様を見て「死は人の完成」という考えを持ったことから、自殺が趣味とされるほど死に場所を求めており、自分の思い通りにいかない退屈な世界など壊れてもいいという破滅願望を抱いている。そのため、自身の死を飾るに相応しい世界最高の戦争を起こそうとしている。最強の軍隊を作るため、常に強い兵隊を欲しており、気に入った者は殺さず心を折り、服従させようとする[注 144]。さらに過去の経験から天竜人をはじめとする実力を伴わない権力者が支配する世界を嫌悪し、戦争だけが人間の価値を決める「暴力の世界」による平等と自由を実現するため、古代兵器と「ひとつなぎの大秘宝」を狙っている。かつては白ひげやロジャーを「強いがどこか甘い奴ら」とみなしていたが、現在ではその死に様を認めている。ルフィやローなどの最悪の世代を「海賊ごっこ」と称し見下していたが、直接交戦した際はその実力を認めている。笑い声は「ウォロロロ」。
動物系幻獣種の悪魔の実「ウオウオの実 モデル“青龍」の能力者[94]。頭頂部に一対の二又の角が生えた巨大な青い龍に変身することができる。口からは絶大な威力の火炎を吹き、雷・かまいたち竜巻を発生させることもできる。「焔雲」を生み出し、雲を渡り歩くように空を飛ぶことができ[84]、焔雲に3万5000人以上の人間が乗る島一つを浮かべて移動させることも可能で、その傍らで赤鞘九人男や最悪の世代、ヤマトといった強者達の大技を全て受けきった上で返り討ちにし、幾つもの戦闘を継続できるほどの凄まじい体力の持ち主。人獣型では、新たに四本の角が生えて全身が青い鱗に覆われ、長大な尻尾が生えた竜人のような姿になる。この状態でも筋肉量を増大させるなど、ある程度形態を変化させられる。
武器は金棒「八斎戒(はっさいかい)」(位列なし)[155][注 145]。規格外の耐久力・生命力を有しており、過去に海賊として7度の敗北、敵船の海賊及び海軍に捕まること18回[注 146]、1000度を超える拷問、40回の死刑宣告[注 147]を経験したが、死ぬことはなかった。上空1万mからの落下でさえも無傷で生き延びており、「頭いてぇ」の一言だけで済ませている。身体能力も極めて高く、黒炭ひぐらしからは「武力の化身」と評される。「武装色の覇気」「見聞色の覇気」のみならず、一握りの強者のみが使える「覇王色の覇気」を纏った攻撃をすることも可能。ルフィが発動した「見聞色の覇気」による未来視も「酒龍八卦」の「盗人上戸」により、その場で習得してみせた。「覇気だけが全てを凌駕する」という考えから、能力のみに頼らず鍛え上げた強力な覇気を「八斎戒」に纏わせた攻撃を多く繰り出す。
幼少期から並外れた強さの持ち主で、ウォッカ王国では10歳にして最強の兵士と目されていた。46年前、ウォッカ王国の世界会議への参加を引き換えに海軍に無理矢理徴兵されるも脱走し、7000万ベリーの懸賞金をかけられた[注 148]。44年前、海賊島「ハチノス」で頭角を現し、ロックス海賊団に15歳で見習いとして白ひげにスカウトされた。38年前の「ゴッドバレー事件」の日に、当時の仲間だったビッグ・マムから「ウオウオの実」を与えられた[注 149]。ロックス海賊団壊滅後は一度政府に捕らわれ、研究所から脱出する際にルナーリア族の少年・アルベルを解放する。研究所を脱出後、アルベルに「キング」の名を与えて共に百獣海賊団を結成し、個人の強さのみで凶暴な海賊達の尊敬を集め、四皇にまで上り詰めた。
28年前に武器工場を作ることを持ち掛けてきたひぐらしの手引きでワノ国に入国、26年前にはワノ国の将軍オロチと手を組み[156]、国を支配下に置く。光月おでんが帰還した25年前、彼とヒョウ五郎が手を組むことでワノ国中の侍を敵に回すと分が悪いと判断し、おでんを騙して戦いを回避した。23年前、鈴後でのゲッコー海賊団との戦争でモリアを破る。20年前、討ち入りを起こしたおでんと赤鞘九人男をキングやクイーンを始めとした1000人の軍勢で迎え撃つ。戦いは長期戦と化し、自身もおでんによって腹部に十字の傷をつけられるが、おでんが黒炭ひぐらしの罠にはまった隙を突き、彼を倒す[注 150]。おでんの処刑では、1時間の釜茹でに耐えきった彼の生き様を認め、自らの手で銃殺した。光月家を滅ぼすため、逃亡した赤鞘九人男やおでんの妻トキらの命を狙い、おでん城に火を放った[注 151]。更に、オロチへの従属を拒否し反乱を起こした霜月康イエら各郷の大名や民を返り討ちにし、ワノ国を焼き尽くした。おでんに憧れるようになった娘のヤマトに対しては一切認めようとせず、彼女を20年も鬼ヶ島に監禁した。
頂上戦争の前日、新世界にてシャンクスと小競り合いを起こした[注 152]。ワノ国編の数か月前、モモの助や家臣の錦えもん達が20年の時を超えワノ国に現れると、彼らから秘密を聞き出すため、追っ手を差し向ける。
ドンキホーテファミリーから人造悪魔の実「SMILE」を大量に買い付け、全て能力者の最強の海賊団を作ろうとしていたが、ドフラミンゴがルフィとローに倒されたことで実現不可能になり、二人に怒りを向ける。ドレスローザ編で空島・バロンターミナルからの飛び降り自殺を行い、その真下にあったキッドのアジトに落下するも生き延びて彼らの前に現れ、歯向かったキッドを返り討ちにし、アジトに連行した。ホールケーキアイランド編後、ルフィへの報復に燃えるビッグ・マムからワノ国に赴くことを告げられるが、ルフィへの恨みから迎撃の意思を示した。
ワノ国編では、博羅町での騒動でルフィ達がワノ国に来ていることを知り、龍の姿でおこぼれ町上空に出現する。ホーキンスからルフィとローがおでん城跡にいる事を知らされると、城跡を消し飛ばす。直後ルフィの奇襲を受け、「ギア4」の猛攻撃を食らうが物ともせず、一撃でルフィを下した。気絶してもなお威嚇してくるルフィの闘志を認め、心をへし折ればいい戦力になると、兎丼の囚人採掘場に連行させた。クイーンによって鬼ヶ島に移送されてきたビッグ・マムと対面すると、宣言通り激突。夜通し戦い続けるも勝負はつかず、協力して世界を取ってから決着をつけることで意気投合し、ビッグ・マムと海賊同盟を結ぶことを宣言する。
火祭りの夜の宴席では、大看板への挑戦権を報酬として、飛び六胞達に姿をくらませたヤマトの捜索を命じる。ライブステージにて、鬼ヶ島を花の都に移しヤマトを新将軍とする「新鬼ヶ島計画」を発表。計画に異を唱えたオロチの首を即座に斬り落とし、オロチの部下1万人を脅して傘下に加える。その場でモモの助を処刑しようとするが、赤鞘九人男の奇襲を受け、場所を鬼ヶ島ドーム屋上に変えて迎撃する。1対9の激闘の中で、侍達の技と気迫におでんの影を見るが、それでもおでんには及ばないと見なし、圧倒する。さらに鬼ヶ島を焔雲に乗せ、花の都へ向かわせる。ルフィたち新世代の海賊が屋上に到着すると、ビッグ・マムと共に迎え撃つ。ルフィが自分と戦えるレベルに達したことに感心し、人獣型に変身して覇王色を纏った一撃でルフィを気絶させる。意識を取り戻し、覇王色を纏う技術を会得したルフィに一騎討ちを挑まれるも、返り討ちにし海に叩き落とす。その後はモモの助を狙い追い詰めていくが島の外に逃げられ、さらにヤマトに足止めされる。モモの助と共にルフィが再び復帰すると、久しぶりに自身と一対一で戦える者が現れたことに歓喜し「酒龍八卦」を発動するが、突如ルフィを消そうとするCP-0ゲルニカの邪魔が入り、20年前と同じく不本意な形で3度目の勝利を収めてしまう。怒りのままゲルニカを討ち、そのまま城内に降りてルフィの敗北を宣言。同時に、侍達の大将であるモモの助を連れてこさせるために手当たり次第に暴れ回るが、新たに「ギア5」を覚醒させたルフィによって屋上に引き戻され、4度目の戦いに突入する。「ゴムゴムの猿神銃」を繰り出したルフィを「火龍大炬」状態で迎え撃ち、「お前が一体どんな世界を作れる」と問うが、「友達が腹いっぱいメシを食える世界」と答えたルフィに押し切られ、ワノ国の大地に叩き落されて敗北。かつて「自分を倒した男こそがジョイボーイ」だとキングに語ったことを思い返しながら、地下深くのマグマ溜まりまで沈んでいった。
ヤマト
声 - 早見沙織[157]
カイドウの娘。自称「光月おでん」。
28歳。誕生日は11月3日[94]。身長263cm[154]さそり座[109]。血液型F型[109]。好物はおでんサーモン(生、まるかじり)[154]
乱れ髪をなびかせる、和装の女性。先端部が青緑色にグラデーションされた白髪と、2本の角が特徴。登場当初は、般若の面を被っていた。両胸に紋が入った上着、腰に巻いた仁王襷、下駄など、おでんに似た服装をしている。憧れのおでんが男であることから自分は「男になった」と主張しており、カイドウや百獣海賊団員からも「息子」として扱われている[注 153]。長年監禁されたことや、過去に何度も殺されかけたことから、父・カイドウを嫌っている。一人称は「僕」で、少年のような穏やかな口調。ルフィからのあだ名は「ヤマ男(ヤマオ)」。部下からは「ヤマト坊ちゃん」と呼ばれており、幼少期は「鬼姫様」と呼ばれていた。
動物系幻獣種の悪魔の実「イヌイヌの実 モデル“大口真神(オオクチノマカミ)」の能力者[注 154]。冷気を纏った白い狼に変身することができる。金棒に冷気を纏ったり、口から冷気の塊を吐いて攻撃する。「武装色の覇気」「見聞色の覇気」の使い手で、「覇王色の覇気」の持ち主。
武器は金棒「(タケル)」[28](カイドウの八斎戒と比べると細身)。実父であるカイドウには及ばないが戦闘力は非常に高く、ナンバーズの八茶を一撃で倒したり、父と同様の必殺技「雷鳴八卦」で飛び六胞のうるティを不意打ちとはいえ一撃で気絶させるほど。ルフィの「ギア3」による攻撃も、軽く金棒でいなしてみせている。
20年前、おでんが処刑された「伝説の一時間」を目撃し、その立派な最期に強く感銘を受ける。同時に、彼を死に追いやった父やオロチへの反感を抱くようになった。ある日、おでん城のふもとの川で、おでん自らの半生を書き記した「航海日誌」を拾い、彼の豪快な人生が綴られた日誌を自分の「聖書(バイブル)」とし[注 155]、ますますおでんに心酔。やがて自らを「光月おでん」と名乗るようになり、赤鞘九人男に代わっておでんの遺志を継ぎ、ワノ国の開国を決意するようになった。しかしカイドウには認められず、鬼ヶ島を出ると爆発する手錠をかけられ[注 156]、20年間鬼ヶ島に監禁されていた。監禁されて間もない頃、部下相手に1週間暴れ続けたことで天の岩戸に閉じ込められ[注 157]、その中にいた霜月牛マルらワノ国の元大名達と出会う[28]。彼らに殺されることを覚悟するも一人分の食事を譲られ、彼らの優しさに涙を流した。そして、おでんの航海日誌を読んでもらい、その内容を知る。幽閉から10日後、牛マル達によって天の岩戸から解放された。その後もカイドウに反抗し続けるも、自分に味方した者は全員殺されたという。4年ほど前、カイドウの首を取るため鬼ヶ島に攻め込んできたエースと交戦し[注 158]、共に強大な海賊を親に持つ似た境遇から、意気投合する。海外のことや、エースの弟(ルフィ)のことなどを聞かされる。エースのビブルカードを作って彼の出航の日に渡し再会を約束するも、エースは頂上戦争で死んでしまったため、それは叶わなかった[注 159]
ワノ国編での火祭りの夜の大宴会において、「新鬼ヶ島計画」発表のために自分の出席を待つカイドウの意に反し、姿をくらませる。部下達から逃走している途中にルフィを見つけ、うるティを気絶させると強引にルフィの身を担いで、その場から逃亡。抵抗するルフィに対し、自らの素性と素顔を明かして共闘を志願する。共闘を認めたルフィの手で手錠を外され、それが爆発したことで完全にカイドウと決別し、おでんの息子であるモモの助を守るため奮闘する。モモの助を狙うササキ率いる装甲部隊の前に立ちはだかり、乱入した八茶を倒すとその場をフランキーに任せ、モモの助としのぶを連れ逃走。ドーム内「開かずの倉庫」に避難し、モモの助にエースのことを話し、おでんの航海日誌を譲る。メアリーズに居場所を知られるとモモの助達を城内1階天井裏に避難させ、自ら囮となって敵を引き付ける。ルフィが敗れるとカイドウと対峙し、親子の縁を切ることを宣言。ルフィとモモの助が駆けつけるまで、単身でカイドウを足止めした。カイドウの相手をルフィに託すと、花の都への鬼ヶ島落下の被害を防ぐため、ドーム最下層にある武器庫へ向かう。火前坊から爆薬を守りきり、大爆発は免れたものの、上階から落ちてきたビッグ・マムに爆弾を1つ爆発させられてしまう。爆発で地下室がむき出しになったことで、島の外にいたモモの助と再合流すると、焔雲を出すのに苦戦するモモの助を励まし続けた。鬼ヶ島での決戦から7日後、ルフィたちと花の都でワノ国挙げての祭りに参加した後、モモの助や赤鞘九人男と共に花の都に接近する緑牛と交戦するが、モモの助に「手を出すな」と言われ、戦いを見守った。
初期設定では「ニニギ」という名前だった[109]

大看板[編集]

百獣海賊団の最高幹部[109]。カイドウの腹心で、「災害」と称される3人の懐刀。懸賞金額はいずれも10億を超える大幹部で、圧倒的な実力を持つ3強としてカイドウを支えている。クイーン曰く「カイドウを守る三つの災害」。名前の由来はトランプキングクイーンジャック[94]。初期構想では、絵札をモチーフにした「フェイカーズ」という名称だった[109]

キング
声 - 田村真
百獣海賊団大看板。ルナーリア族[109]。異名は「火災のキング」。本名は「アルベル」。懸賞金13億9000万ベリー[109]
「偉大なる航路」出身[109]。47歳[109]。誕生日は12月1日[109]。身長613cm[109]いて座[109]。血液型S型[109]。好物はトビウオの刺身[109]
全身黒ずくめの服に、目元以外をトゲとゴーグルが付いたマスクで覆っている長身の大男[注 160]。現在では絶滅したとされる希少なルナーリア族の生き残りで、背中には鳥のような黒い翼があり、背には常時炎を帯びている。素顔は種族の特徴である長い白髪を右に束ね一部を三つ編みにし、左目周辺に月桂冠のような刺青を入れた褐色肌の美丈夫。状況判断力に長けた冷静沈着な性格だが、マスクを傷つけられたり素顔を見られたりすると普段の冷静さをかなぐり捨て、周囲の味方をも巻き込む無差別攻撃を行うほど激昂する[注 161]。カイドウに次ぐ実力を持つ大看板筆頭で、カイドウ不在時には百獣海賊団全体の指揮を執る。かつて政府の手から自分を救い、新しい名前と居場所をくれたカイドウには人一倍強い忠誠心と恩義を抱いており、彼こそが海賊王になる男と豪語し、自身も彼を海賊王にすることを目標としている。ジョイボーイについての伝説を知っている模様で、カイドウとは度々その話をしていた[注 162]。クイーンとは折り合いが悪く、彼からは「拷問好きの変態野郎」と罵倒されているが、実力については高く評価されている。ゾロからのあだ名は「黒ミイラ」。
動物系古代種の悪魔の実「リュウリュウの実 モデル“プテラノドン」の能力者。獣型では高い飛行能力と巨大船を一撃で滝から蹴落とす程のパワーを持ち、相手を嘴の先に捉えた突進攻撃は、サンジでもレイドスーツ無しでは死を覚悟したほど。トサカを引っ張り弾いた反動で、嘴からレーザーのような飛ぶ突きを放つこともできる。翼に広がった炎を弾丸状にして連射したり、翼で相手の攻撃を受け止めることも可能。人獣型では人型に近い姿で頭頂部にトサカが生えて両腕がプテラノドンの翼に変化し、翼を手刀の様に振るい飛ぶ斬撃を放って攻撃する。「武装色の覇気」「見聞色の覇気」の使い手。
武器は日本刀で、刀身には無数の凹凸が出る仕掛けが施されており、相手の刀等を絡め取ることが出来る。剣術の腕はゾロと互角以上に斬り結ぶほどで、他にも手袋やブーツに仕込んだ鋭利なトゲを利用した体術を用いる。ルナーリア族の能力として身体から自在に炎を発火することができ、周囲に炎を放ったり、手足や刀に炎を纏わせることも可能。ゾロの大技をまともに受けても一切怯まず、血も流さないなど種族特有の異常なまでの耐久力を持っている。背中の炎が燃え続けている間は高い耐久力を維持し、炎が消えると耐久力が落ちる代わりに機動力が増す。服には強力な爆薬を仕込んでおり、相手の攻撃を受けると大爆発する仕組みになっているが、この耐久力により自身はダメージを受けない。「戦いにおいて流派や型は必要ない」という考えの通り、多彩な戦法を使い分けて確実に敵を仕留めようとする様は、ゾロからも「殺戮マシーン」と評されている。
百獣海賊団の最古参メンバー。少年期は政府の研究機関で耐久実験に利用され、拷問を受ける日々を送っていた。ある時、同じ研究所に囚われ、脱出しようとしていたカイドウに助けられ、新たな海賊団を築こうとする彼に勧誘される。世界を変えると宣言したカイドウの部下になることを決め、共に研究所を破壊して脱出。同時に自分の強さを見込んだカイドウから「キング」の名を与えられ、共に百獣海賊団を結成した。以降は右腕として彼を支えていく。20年前の光月おでんや赤鞘九人男との戦いにも参戦した。
ワノ国編で、ビッグ・マム海賊団が滝登りでワノ国に入国しようとした際、クイーン・ママ・シャンテ号を滝の下に蹴落とし、入国を阻止した[注 163]。火祭りの夜の宴会前にヤマトが失踪すると、カイドウの名前を使って飛び六胞を召集し、ヤマトの捜索をカイドウに提案する。赤鞘の侍による襲撃の後、モモの助を解放したサンジと交戦し、ドーム屋上に向かおうとするルフィとゾロを足止めする。カイドウが赤鞘の侍達との交戦に入ると、部下達に海賊達の進軍阻止とモモの助の抹殺を命じ、自身はライブフロアで侍達を迎え撃つ。さらに侍達の加勢に現れたマルコを体力切れに追い込んだ。治療を受けているゾロを始末しようとするも再びマルコに阻まれ、その間に復活を果たしたゾロと交戦。自分のマスクを傷つけたゾロに怒りを向け、ドーム外に吹き飛ばし彼を執拗に狙う。種族特有の耐久力と実力で追い詰めるも、「覇王色の覇気」を覚醒させたゾロに自身の体質を見抜かれ、マスクを破壊されたことで素顔を表す。それでも自身の方が生物として勝っていると自負し、空中から「御守火龍皇」で止めを刺そうとしたが、ゾロが放った「一百三情 飛龍侍極」を喰らって敗北。カイドウと語り合った日の走馬灯を見ながら、鬼ヶ島から落下した。鬼ヶ島決戦後は兎丼の元囚人採掘場に移されていたが、決戦の7日後、突如現れた緑牛に養分を吸い取られた。
クイーン
声 - 高橋広樹[160]
百獣海賊団大看板。兎丼の総責任者。異名は「疫災のクイーン」。懸賞金13億2000万ベリー。
「偉大なる航路」出身[109]。56歳[109]。誕生日は7月13日[109]。身長612cm[109]かに座[109]。血液型XF型[109]。好物はおしるこ[109][注 164]
金色の弁髪に口ひげを生やし、葉巻をくわえた肥満体の大男[注 165]。X字の刺青を入れた顔にサングラスを着用し、縦縞のオーバーオールを着ている。化学者かつ技術者であり、「カラクリ武器」や「病原体(ウイルス)」作りを趣味とし、中でも「疫災弾」に搭載されている奇病「ミイラ」は彼の傑作の一つ。左腕は機械化しており[注 166]、自身の体すら改造して「絡繰人間サイボーグ)」[109]になっている。派手なリアクションを見せたり、部下の前で歌って踊ったり、囚人の処刑を公演に利用するなどノリを大事にするファンキーな性格。宴でのノリが悪い飛び六胞や酒癖が悪いナンバーズを気に入っておらず、逆に馬が合うアプーは「ブラザー」と呼んでいる。部下を見下し裏切り者には容赦しない一方で、自分より強い者や手に負えない状況を前にすると弱腰になる。処刑は一瞬で終わらせず、時間と人数をかけることにこだわっている。キングとは折り合いが悪く、彼からは「お荷物」「能なし」と罵倒されている。小紫に惚れ込んでおり、「小紫たん」と呼んでいる。口癖は「エキサイト」。笑い声は「ムハハハハ」。ルフィからのあだ名は「風船」。武器は両腰に差した一対の曲刀。
動物系古代種の悪魔の実「リュウリュウの実 モデル“ブラキオサウルス」の能力者。獣型では巨体による重量を生かして戦う他、サイボーグである自身の口腔内から銃弾やレーザービームを撃ったり、長くなった首を分割してさらに伸ばしたり、牙から鋭利なトゲを生やすことができる。さらに、胴体から首と尾を蛇のように分離するという通常のブラキオサウルスから逸脱した技を使うこともできる。人獣型では左腕・弁髪・尻尾がクローアームに変形し、そこからもレーザービームを発射することが可能。またジェルマ66の科学力を独自に調べ上げ、自身の肉体に搭載している。耐久力は並外れており、ビッグ・マムの攻撃を受けても短時間で復活し、巨大化したチョッパーの攻撃は殆ど受け付けず、サンジの「悪魔風脚」にも難なく耐える程。「武装色の覇気」「見聞色の覇気」の使い手。
かつては無法な研究チーム「MADS」に所属しており、Dr.ベガパンクヴィンスモーク・ジャッジとの面識もある[注 167]。「MADS」脱退後に、百獣海賊団に加入[109]。20年前の光月おでんや赤鞘九人男との戦いにも参戦した。
ワノ国編で、カイドウに敗れたキッドとルフィの戦意を折ることを任される。囚人採掘場で、ルフィとヒョウ五郎を処刑するための絡繰公演「大相撲地獄(おおずもうインフェルノ)」を開催する[注 168]。囚人採掘場にビッグ・マムが現れると、おしるこを寄越せと言われたことに怒り自ら応戦する。頭部への攻撃でビッグ・マムの記憶が戻ってしまうが、直後眠りについた彼女を拘束し鬼ヶ島に移送する。火祭りの夜の宴席では、「金色神楽」ステージにて音頭をとる。ルフィ達を見つけると、飛び六胞の地位を報酬として部下達に始末を命じ、自らもカイドウの元へ向かおうとするルフィとゾロを妨害する。その後、ローを逃がしたドレークをフーズ・フーと共に尋問しようとするが逃げられる。「疫災弾」の最高傑作「氷鬼」のウイルスを機関銃で敵味方無差別にばら撒いた上で唯一の抗体をアプーに渡し、敵味方が抗体を巡って入り乱れる命がけのゲーム「氷鬼 in 鬼ゴッコ」を仕掛ける。だが、ゾロによって抗体を奪われ、さらに加勢に現れたマルコに氷鬼の感染拡大を妨害される。氷鬼に感染した部下から助けを求められるも捨て駒扱いしたことで離反され、さらにチョッパーが抗体ウイルスを完成させたことで氷鬼を無力化される。巨大化したチョッパーを遊び感覚であしらい、加勢に現れたサンジと交戦する。耐久力と能力で優位に立つも、戦いの最中に外骨格を発現させたサンジに曲刀を折られる。戦場が遊郭に移るとサンジの前で「ステルス・ブラック」の能力を再現した透明化により、自身の指名を幾度も断る芸者・お染に手を挙げ、サンジに「何も感じなくなった自分が彼女に怪我を負わせた」と誤認させた。再びサンジと交戦するとジェルマ66の能力を再現した技を見せつけるも、サンジの反撃で左腕を破壊される。お染がまだ無事であることを知り、透明化してもう一発攻撃しようとすると、お染の怪我の真相を知ったサンジの怒りを買い、「魔神風脚」の猛攻と「牛肉バースト」を受け、鬼ヶ島の外まで吹き飛ばされて敗北した。鬼ヶ島決戦後は兎丼の元囚人採掘場に移されていたが、決戦の7日後、突如現れた緑牛に養分を吸い取られ、痩せ細った姿になった。
ジャック
声 - 乃村健次
百獣海賊団大看板。マンモス号船長。九里の元締め。タマカイの魚人[161]。異名は「旱害のジャック」。懸賞金10億ベリー。
「偉大なる航路」出身[161]。28歳[161]。誕生日は9月28日(ジャ(28)ック(9))[22]。身長830cm[161]てんびん座[161]。血液型F型[161]。好物はゾウ肉のステーキ[161]。嫌いな食べ物はサボテンのステーキ[109]。趣味は草刈り[109]。イメージ動物はマンモス[109]
三つ編みの二つ結びと後ろで縛った長い金髪を持ち、2本の長い角がある金属製の大きなマスクを付けた大男。カイドウや他の大看板二人をさらに上回る巨躯の持ち主。部下からは新世界に知らぬ者はいない大海賊と称され、ジャックが通った土地はまるで旱魃が来たかのように朽ち果て滅ぶことから「旱害」の異名を持つ。破壊を好む凶悪な性格で、相手の言い分には一切聞き耳を持たない。敵対した相手への対処は冷酷を極め、自分の要求に従わない者には容赦なく残虐な拷問を行い、「中途半端に生かすと厄介な復讐を招く」として徹底的に敵を滅ぼそうとする。目的のためなら戦力差をも考慮しない。一方、カイドウへの忠誠心は高く、彼からは敵に敗れた際も功を労われるなど実力を高く評価されている。キングとクイーンには頭が上がらず、「兄御達」と呼んでいる。二人からはよく怒鳴られており、「ズッコケジャック」と罵倒されている[注 169]。武器は2本のショーテルで、普段はマンモスの牙のような刀袋に入れて両肩に装備している。
動物系古代種の悪魔の実「ゾウゾウの実 モデル“マンモス」の能力者[161]。獣型では巨大な鼻や牙を駆使した建造物を容易く薙ぎ倒す強大なパワーで敵を蹴散らし、人獣型ではマンモスの胴体に人型の上半身が生えたケンタウロスのような姿になり、顔にはマンモスの鼻と牙が現れ、マンモスの突進力とショーテルや鼻による攻撃を両立している。ミンク族のエレクトロを物ともしない耐久力に加え、昼夜で攻撃を交代したイヌアラシやネコマムシを相手に5日間休むことなく戦い続けたほどの底知れぬ体力の持ち主。魚人の血が流れているため、能力者でありながら海底でも意識を保っていられる[161]。「武装色の覇気」「見聞色の覇気」の使い手。
パンクハザード編では名前のみ登場し、シーザーの公開実験映像の一部始終の報告を受けていた。雷ぞうを探すため「ゾウ」にあるモコモ公国を襲撃し[注 170]、雷ぞうを連れて来いという要求を拒むイヌアラシネコマムシ率いるミンク族の戦士を5日間昼夜問わず攻め続けたが仕留めきれず、しびれを切らしシーザー開発の毒ガス兵器「KORO」を使ってモコモ公国を制圧し、住民に拷問を加えた。その翌日、ドフラミンゴが倒されたことを新聞で知ると、一部の部下を残して「ゾウ」を発ち、藤虎・センゴク・つるが護衛を務める海軍艦隊を襲撃、軍艦を2隻沈めるが返り討ちにあい、ドフラミンゴ奪還に失敗。新聞には死亡記事が出たが生き延びており、再び「ゾウ」に引き返すとモコモ公国を完全に滅ぼすため、象主そのものを殺そうとしたが、モモの助と心を通わせ命令を受けた象主の一撃によって、マンモス号もろとも撃沈される。それでもまだ生きており、海底で仲間に引き上げられる時を待っていた。
ルフィ達が到着する数日前にはワノ国に帰還しており、ワノ国編では、部下のホールデムが倒された一件を聞き、ルフィを探すためおこぼれ町に現れ酒天丸と一戦交える。その後、鬼ヶ島に帰還し、キングとクイーンに九里の上がりが悪いと叱責される。火祭りの夜、赤鞘の侍が襲来すると部下達を率いて立ちはだかり、「月の獅子」に変身したミンク族を次々に退ける。だが最終的にはイヌアラシとネコマムシに敗れ、カイドウから一時撤退を命じられる。その後は満身創痍の赤鞘の侍を仕留めに向かい、足止めを買って出たイヌアラシと交戦する。カイドウが発生させた雷雲で「月の獅子」化が解けたイヌアラシを部下との連携で追い詰めるも、ルフィとカイドウの覇王色の衝突によって現れた月により、再び「月の獅子」化したイヌアラシの一撃を喰らい敗北した。

真打ち[編集]

百獣海賊団の幹部格。傘下に加わった海賊も、腕の立つ者は真打ちの称号を得る場合がある。飛び六胞に次ぐ地位で、その後釜を狙う者が多い。メンバーの名前の多くは、トランプゲームの名前に由来する[94][注 171]

飛び六胞[編集]

真打ちの中でも最強と言われる6人の実力者。大看板に次ぐ地位で、その後釜を狙っている者が多く、大看板からの命令には従わない者もいる。ドレーク以外の5人は頭部に角がある。

X・ドレーク
百獣海賊団飛び六胞。ドレーク海賊団船長。
ページワン
声 - 青山穣
百獣海賊団飛び六胞。うるティの弟。懸賞金2億9000万ベリー[109]
「偉大なる航路」出身[109]。20歳[162]。誕生日は2月10日[109]。身長171cm[162]みずがめ座[109]。血液型X型[109]。好物はナチョス[162]。趣味は釣り(一人になりたい)[163]
右側のみが大きく垂れ下がった長い前髪が特徴の男。ツートンカラーの角付きチューリップ帽とマスクを身につけており、右腕から胸にかけて「PAGE1」というタトゥーがある。見せしめのためなら無関係な人間を巻き込むことも辞さない凶悪な性格。姉のうるティには頭が上がらず、彼女からの溺愛ぶりには引き気味だが、姉弟仲は悪くない。
動物系古代種の悪魔の実「リュウリュウの実 モデル“スピノサウルス」の能力者[注 172]。レイドスーツで強化されたサンジの蹴りを押し返すパワーを持ち、ルフィの「ギア3」の攻撃をまともに喰らっても「顎が外れそう」な程度で済むなど耐久力も高い。
狂死郎一家に手を出したそば屋(サンジ)を始末するため、ドレークと共に花の都に召集される。町中のそば屋を襲い、サンジ誘き出すことに成功するも。レイドスーツを着用したサンジの透過能力に翻弄され、逃げられてしまった。火祭りの夜の宴会では、ヤマトの捜索任務中にルフィと遭遇し戦闘になるが、ヤマトの乱入で二人を見失う。赤鞘の侍が襲来すると、うるティと共にルフィを狙うもウソップに妨害され、標的をウソップとナミに切り替える。お玉が手懐けたギフターズに妨害を受けつつも二人を一方的に追い詰めていくが、おこぼれ町が焼き払われたことをお玉に知らされて激怒したビッグ・マムの「覇王色」を纏った一撃で倒された。
うるティ
声 - 黒沢ともよ[164]
百獣海賊団飛び六胞。ページワンの姉。懸賞金4億ベリー[109]
「偉大なる航路」出身[109]。22歳[162]。誕生日は1月4日[109]。身長173cm[162]やぎ座[109]。血液型XF型[109]。好物はツイストポテト[162]。趣味はアクセ作り、弟いじり[163]
メッシュが入った長髪が特徴で、マスクを付けた女性。弟のページワンを「ペーたん」と呼んで溺愛しており、疲れた時に彼におぶさろうとするなど、ことあるごとに弟を振り回すが、姉弟仲は悪くない。言葉遣いをマイブームによって変えるようで、現在は語尾に「ありんす」を付けて話している[注 173]。一人称は「あちき」。誰にでも噛みつく性格であり、ページワンの些細な言動に突っ掛かったりカイドウにも歯に衣着せぬ物言いをしたりするが、海賊王になるのはカイドウだと信じており、彼のことは強く慕っている。ルフィからのあだ名は「頭突き」。武器はモーニングスター
動物系古代種の悪魔の実「リュウリュウの実 モデル“パキケファロサウルス」の能力者。戦闘スタイルは強烈な頭突き技で、獣型はルフィが「ギア4」の使用をためらわなかったほどの膂力を発揮する。耐久力も高く、ウソップのポップグリーンやナミの雷撃を物ともしない。「武装色の覇気」の使い手。
海賊だった父の死後、父と因縁のあったカイドウに引き取られる[155]。カイドウの持っていた悪魔の実を2つ盗んで弟と食べ、飛び六胞にまで登りつめた[155]
ページワンに強引に同行する形でヤマトの捜索任務に参加。城内でルフィと遭遇し獣型に変身して抑え込むが、その直後ヤマトから奇襲を受けて一時気を失い、取り逃がしてしまう。赤鞘の侍が襲来すると、ページワンを攻撃されたことでウソップとナミを標的にする。弟がビッグ・マムに倒されると彼女に怒りを向け、その隙にウソップたちが逃げようとしたため狛ちよを倒し、さらにお玉にも手をあげた。このことがナミとビッグ・マムの怒りに触れ、ホーミーズの合体攻撃で深手を負う。お玉を捕らえページワンが倒された怒りをぶつけようとするもウソップに引き離され、ナミとゼウスの攻撃で倒された。
初期設定では「ジライ」というカカシのような姿のキャラクターだった[165]
フーズ・フー
声 - 野島裕史[164]
百獣海賊団飛び六胞。元CP9諜報部員[109]。元フーズ・フー海賊団船長[109]。異名は「飛沫のフー[109]。懸賞金5億4600万ベリー[109]
「北の海」出身[109]。38歳[162]。誕生日は3月15日[109]。身長336cm[162]うお座[109]。血液型F型[109]。好物はカニのパエリア[162]。趣味はカードゲーム(ギャンブル)[163]
角付きの赤い仮面を被った長髪長身の男で、常にタバコを咥えている。元海賊団の船長で、大看板の座を狙っている。大看板からの命令には従わないことが多く、クイーンは死んでくれたらいいと考えている。ただし、利害が一致すれば協力することもある。同じ地位だが年下のうるティやページワンをガキ扱いしている。部下はネコ科のギフターズで構成された「CAT'S[109]。武器は短剣で、普段は日本刀のような鞘に入れて携帯している。
動物系古代種の悪魔の実「ネコネコの実 モデル“サーベルタイガー」の能力者。獣型では体躯が巨大化する。六式使いで、ジンベエも見たことがないオリジナルの六式も使用する。「武装色の覇気」の使い手。
かつてはCP9に所属しており、天才と呼ばれたロブ・ルッチにも引けを取らないほど有望とされていたが、13年前の「ゴムゴムの実」の護送に失敗したことで投獄される[注 174]。投獄中拷問を受け、ある看守に助かりたければ「太陽の神ニカ」に祈れと言われるも、後日その看守が殺されたことで危機感を感じて脱獄し、海賊となった[109]。このことから「ゴムゴムの実」を奪ったシャンクスとそれを食べたルフィのことを恨んでいる。
カイドウが提示した「指名制で大看板への挑戦権が得られる」という条件から、意欲的にヤマトの捜索任務に参加する。赤鞘の侍が襲来すると、ローを逃がしたドレークをクイーンに引き合わせ尋問しようとしたが逃げられる。その後は自らの根城である城内4階の「ネコ科フェ」で敵を待ち構え、ジンベエと対決。六式と覇気を組み合わせた戦術を駆使しながら自分の経歴を話し、ルフィに対する恨みをぶつける。元タイヨウの海賊団であるジンベエに「太陽の神ニカ」について教えるよう迫るも、魚人を差別するような発言をしたことでジンベエの逆鱗に触れ、指を折られてしまう。反撃もほとんど通じず距離を取ろうとするも、ジンベエに尻尾を踏まれて逃げられなくなり、顔面に「鬼瓦正拳」を受けて倒された。
初期設定では「バイガオ」という名前で、二刀流の剣士だった[165]
ブラックマリア
声 - 小林ゆう[164]
百獣海賊団飛び六胞。懸賞金4億8000万ベリー[109]
新世界「ワノ国」出身[109]。29歳[162]。誕生日は9月24日[109]。身長820cm[162]てんびん座[109]。血液型S型[109]。好物はみたらし団子[162]。趣味はボクシング、恋愛[163]
カイドウを上回るほどの長身で、遊女のような容姿・服装をし額から二本の角が生えた金髪碧眼の女性。背中には「女難」という刺青がある。鬼ヶ島内にある遊郭を取り仕切っており、部下からは「マリア姐さん」と呼ばれ、三味線の演奏を得意としている。大看板の地位にはあまり関心がなく、誰にでも噛みつくうるティのことを気に入っている。敵に対しては徹底的にいたぶる加虐性向の強い性格で[注 175]美意識が高く、ロビンに顔を傷つけられた際には怒りを露わにしていた。部下は、妖怪のような風貌のギフターズで構成された「百鬼夜行」。武器は穂先が丸鋸のように回転し、火を起こす大槍「輪入道」。
動物系古代種の悪魔の実「クモクモの実 モデル“ロサミガレ・グラウボゲリィ英語版」の能力者[注 176]。人獣型では巨大なクモの背中から人型の上半身が生えた姿[注 177]になる。「格闘家」を自称し、指先から出す「私の糸(ハードガム)」で相手を拘束した後にメリケンサックによる殴打で仕留める戦法を好む。クモの足先から毒を出したり、クモの口から火を噴くことも可能。
飛び六胞にヤマトの捜索任務が言い渡された後も、任務に就かず宴席でカイドウに寄り添う。赤鞘の侍が襲来しても特に動かず、部下に一曲披露する。城内3階の大宴会場にて女性の悲鳴に釣られたサンジを誘い込んで捕え、ロビンを呼び出すことを要求する。サンジを気に入り、さらに痛めつけようとしたが、ロビンとブルックの奇襲を受けサンジを解放されてしまう。赤鞘の侍の始末はジャックに任せ、自身はロビン、ブルックと交戦する。部下をロビンと親しい人物[注 178]に化かしたり、容赦のない冷徹な戦法でロビンとブルックを追い詰めるも、サンジやロビンへの侮辱がロビンの怒りを買い、「悪魔咲き 大渦潮クラッチ」を受けて倒された。
ササキ
声 - ボルケーノ太田[164]
百獣海賊団飛び六胞。元ササキ海賊団船長[109]。異名は「盛っ切りのササキ[109]。懸賞金4億7200万ベリー[109]
「偉大なる航路」出身[109]。34歳[162]。誕生日は2月3日[109]。身長318cm[162]みずがめ座[109]。血液型XF型[109]。好物はアスパラガス[162]。趣味は酒作り[163]
黄緑色の長髪と鋭い牙、胸から脇にかけての刺青、角付きの制帽が特徴の巨漢。地肌の上にコートを肩にかけ、下駄を履いている。元海賊団の船長で、大看板の座を狙っている。大看板には反抗的な態度を取り、他の飛び六胞に対しても挑発的な言動を見せるが、カイドウは強く慕っている。頑丈な皮膚や外骨格を持つギフターズで構成された鉄壁と称する「装甲部隊」を率いている。狂死郎とは親しい仲だった。武器は刀身から無数のカミソリ状の刃が立ち並び、ドリルのように高速で回転する「絡繰螺旋刀(カラクリらせんとう)」。
動物系古代種の悪魔の実「リュウリュウの実 モデル“トリケラトプス」の能力者。獣型ではフランキー将軍の攻撃をものともしない耐久力と巨体による突進攻撃で相手を蹴散らし、人獣型では首元のフリルを回転させることで空中戦や高速移動が可能となり、絡繰螺旋刀の剣閃を組み合わせて暴れまわる。
ヤマトの捜索任務中に狂死郎と遭遇するが、彼の騙し討ちに遭い神木に縛り付けられる。赤鞘の侍が襲来した後、ビッグ・マムが放った攻撃で神木が倒れたことで部下に解放され、装甲部隊を率いてモモの助を狙う。ドーム右脳塔の中央通路でモモの助たちを追い詰めるも、フランキーを追ってきた八茶が床を破壊したことで取り逃がしてしまい、ヤマトにその場を任されたフランキーと交戦する。フランキー将軍の装甲を破壊し、フランキー本人を引きずり出すも、負傷した腹部に「ラディカルビーム」を受けて倒された。
初期設定では「ファロ」という名前だった[165]
その他の真打ち[編集]
シープスヘッド
声 - 小西克幸
百獣海賊団「ギフターズ」真打ち。ジャックの部下。ヒツジのSMILEの能力者[161]
「偉大なる航路」出身[161]。24歳[161]。誕生日は6月6日[161]。身長293cm[161]ふたご座[161]。血液型F型[161]。好物は野菜全般、トウモロコシ[161]
ゴーグルを付け、左腕に豹柄の刺青をした細身の男。七三分けの髪型で黒い羽毛状のマントを羽織っている。武器は剣。両腕を羊の角に変えることができる。
ジャックと共に雷ぞうを探すために、「ゾウ」に上陸。ジャックが立ち去った後も部下達と「ゾウ」に残りミンク族たちから無理やり雷ぞうのことを聞きだそうとする。トリスタンを追い回していた所を「ゾウ」に上陸したナミ達に阻まれ殺そうとするが、ブルックに攻撃を防がれ、その隙にサンジに倒された。その後はマンモス号に帰還するが、「侍はいなかった」と報告したため、ジャックの制裁を受けた。
ジンラミー
声 - 雨蘭咲木子
百獣海賊団真打ち[167]。ジャックの部下。
ビキニアーマーを身につけた女性。立場上はシープスヘッドよりも下だが、彼に厳しい口調で話すこともある。誕生日は1月23日(ジ(2)ンラミー(31))[11]
シープスヘッド同様「ゾウ」で雷ぞうを探していたが、シープスヘッドが倒されたことで雷ぞうはいないと判断し撤退した。
ホールデム
声 - 小山剛志
百獣海賊団真打ち。九里の博羅町のボス。ライオンのSMILEの能力者。
新世界「ワノ国」出身[109]。30歳[109]。誕生日は8月21日[109]。身長312cm[109]しし座[109]。血液型F型[109]。好物はナス(噛二郎はホルモン焼き[109]
腹からライオン「噛二郎(カミじろう)」の頭部と前足が生えている。噛二郎は独立した意思を持っており、ホールデムとの仲は悪い。よく噛二郎がホールデムに金的攻撃をするが、痛覚を共有しているため噛二郎自身も痛みに苦しむことになる[注 179]。武器は「絡繰刀(カラクリとう)」。笑い声は「ガハハハ」。
狒々を手懐けたお玉の能力に目をつけて博羅町に攫って来させ、ペンチで頬を執拗に引っ張る。その後、ルフィに吹っ飛ばされた浦島によって屋敷が破壊されたことに怒り、ルフィ達の前に姿を現す。お玉を人質にして有利に戦おうとしたが、一瞬でルフィに奪還され、お玉を傷つけたことに怒った彼に一撃で殴り倒された。その後、食料や武器を盗んだ酒天丸への報復のため[注 180]、部下を差し向けアジトである頭山に放火させた。火祭りの前日には、食料の盗難が続いていることに不審を抱き、錦えもん達を庇うおこぼれ町の住人を町ごと焼き払う。
外見のモデルは『未来ロボ ダルタニアス』に登場するロボット・ダルタニアス[154]。作者は最もデザインを気に入っているSMILE能力者にホールデムを挙げており、「SMILEはもはやホールデムを描きたかったことが始まりといっても過言ではない」と述べている[154]
スピード
声 - 佐藤聡美[160]
百獣海賊団真打ち。九里の博羅町に駐在する真打ちの一人。ウマのSMILEの能力者。
新世界「ワノ国」出身[109]。24歳[109]。誕生日は12月11日[109]。身長298cm[109]いて座[109]。血液型X型[109]。好物はリンゴ(丸かじり)[109]
ケンタウロスのような半人半馬の姿をした女性。美人だが、笑うと馬面になる。350度の広い視界を持つ。武器は弓。アニメでは「武装色の覇気」を矢に纏わせて攻撃していた[168]。ルフィからのあだ名は「ウマ美」。
博羅町の騒ぎを聞きつけて食糧宝船と共に現れるが、ルフィに馬と勘違いされて捕まり、お玉のきびだんごを食べさせられて彼女の家来となる。ルフィ達の逃走を手助けした後、お玉を連れ編笠村へ向かう。だが、その途中にカイドウと遭遇してしまい、重傷を負わされた。火祭りの日には回復しており、お玉に頼まれ自身の船で鬼ヶ島へ向かい、クイーンから預かった強壮剤と偽って、ギフターズたちにきびだんごを配る。ルフィがカイドウを倒した7日後、お玉の傍らで花の都の宴に参加する。
ババヌキ
声 - 赤城進
百獣海賊団真打ち。兎丼の囚人採掘場の看守長。ゾウのSMILEの能力者。
胸にゾウの頭がある、鬼のような顔立ちをした大男。笑い声は「パオパオパパパパ」。
ダイフゴーを倒したルフィに攻撃した後、クイーンを出迎える[注 181]。クイーンがビッグ・マムを鬼ヶ島に移送する際、兎丼の対処を任される。囚人を利用してルフィたちを始末するため、敵味方無差別に効果を及ぼす「疫災弾」を利用して囚人たちの抵抗の意思を摘もうとする。ルフィの説得で囚人たちの心が揺らぎかけると、状況を変えるためより強力な「疫災散弾」を放とうとするが、未来を読んだルフィにゾウの鼻を結ばれ、弾が体内で爆発したことで倒れる。その後、お玉のきびだんごで手懐けられ、兎丼に異常はないとクイーンに虚偽の報告をする。
ルフィがカイドウを倒した7日後、兎丼の元囚人採掘場に侵入してきた緑牛に養分を吸収され、ミイラ同然の痩せ衰えた姿になった。
ドボン
声 - 山口太郎
百獣海賊団真打ち。兎丼の囚人採掘場の副看守長の一人。カバのSMILEの能力者。
上半身しかないカバと体が一体化した男。カバの下顎と本人の下半身が融合し、カバの口の中に本人の上半身が入っている。カバは気まぐれに口を閉じるため、話し声が聞こえない時がある。
ルフィとキッドが囚人採掘場で働きすぎて対価であるきびだんごを食い尽くしたことで、自分の食糧が殆ど無くなってしまう。しつけのため2人をカバの口の中に閉じ込めるが、カバの口の中で2人に倒された。
ダイフゴー
声 - 中根徹
百獣海賊団真打ち。兎丼の囚人採掘場の副看守長の一人。サソリのSMILEの能力者。
サソリの尾の形をした髪型の男で、6本の足を持つ。ヘルメットを被り、背中に「65」と書かれたジャケットを身に着け、刀を背負っている。天井を逆さまで移動できる。
まともに働けないヒョウ五郎が食事の引換券を貰っていることを疑い、真実を吐かせるため痛めつけるが、ルフィに蹴り飛ばされる。クイーンがビッグ・マムを移送させた後、「疫災弾」で次々に囚人を苦しめルフィ達を追い込もうとしたが、最終的には反逆した囚人達に倒された。鬼ヶ島ではお玉に従い、きびだんごをギフターズたちに食べさせるため協力する。
ソリティア
声 - 庄司宇芽香
百獣海賊団真打ち。兎丼の囚人採掘場の副看守長の一人。のSMILEの能力者。
6本の腕を持ち、長い尻尾を生やしたヘルメットを被った女性。武器は刀。アニメでは六刀流の剣士[169]
幹部塔で、海楼石の手錠の鍵を盗んだ雷ぞうの捜索を命じる。アニメでは自ら雷ぞうと交戦するが逃げられ[169]、その後にダイフゴーと同じく、反逆した囚人達に倒された[170]
バオファン
声 - 白石涼子
百獣海賊団真打ち。ムササビのSMILEの能力者。
ムササビの尻尾を生やし、着物を着た小柄な少女。目玉が描かれた紙で素顔を隠しており、「風」と書かれた大きな団扇を背負っている。カイドウのスケジュール管理を担当している。絡繰動物(サイボーグ)からなる偵察部隊「メアリーズ」を率いており、自分と同じ紙をつけた人間や動物と視界を共有して、離れた場所の様子を把握することができる。「拡散モード」にすると、拡声器のように広範囲に自分の声を発することができる。
赤鞘の侍が襲来すると、モモの助の居場所やカイドウに敗れた赤鞘の侍が宝物殿にいることをキングに報告する。カイドウがルフィを海に落とした直後、モモの助を発見したことをカイドウに報告し、さらにルフィの敗北を鬼ヶ島中に知らせる。だが、うるティとページワンが倒されたことを間違えて発信してしまい、さらにウソップに捕まり、お玉のギフターズへの号令に利用される。
ブリスコラ
声 - 間宮康弘
百獣海賊団真打ち。ゴリラのSMILEの能力者。
左腕からゴリラの上半身が生えている男。右胸に「Bris」の刺青をしている。部下思いな性格。
鬼ヶ島の城内地下1階でルフィとサンジの前に立ち塞がるが、ジンベエに倒される。その後、スピードからもらったお玉のきびだんごを食べ、味方になる。ルフィがカイドウを倒した7日後、スピードらと共にお玉の傍らで花の都の宴に参加する。
フォートリックス
声 - 天﨑滉平
百獣海賊団真打ち。ニワトリのSMILEの能力者。
体がニワトリと一体化した男。ニワトリの尻の位置に本人の頭がある。強者は無口であることを信条とする。武器は薙刀。
鬼ヶ島の城内1階でルフィ達の前に立ち塞がるが、サンジに倒される。
ハムレット
声 - 竹内良太
百獣海賊団真打ち。キリンのSMILEの能力者。
体がキリンと一体化した王子様のような格好の男。キリンの頭の位置に本人の体があり、キリンはハムレット本人の体を支えるため常時震えている。かなりの自信家。武器は2本の剣。
フォートリックスと共にルフィ達の前に立ち塞がるが、ジンベエに倒される。その後、お玉のきびだんごを食べ、味方になる。そして、ウソップに協力して錦えもんと菊の丞を救助する。ルフィがカイドウを倒した7日後、スピードやブリスコラと共にお玉の傍らで花の都の宴に参加する。
ミゼルカ
声 - 関根有咲
百獣海賊団真打ち。ゴリラのSMILEの能力者。
体がゴリラと一体化した女。腕と腰がゴリラの体に埋もれている。ゴリラのことは「ゴリ四郎(ゴリしろう)」と呼んでいる。
ポーカーと共に4階へ続く階段前でルフィを待ち伏せするも、行き違いになる。その後、ダイフゴーにお玉のきびだんごを食べさせられる。
ポーカー
声 - 橋詰知久
百獣海賊団真打ち。ガラガラヘビのSMILEの能力者。
体がガラガラヘビと一体化した男。右足はヘビの尾、左足はヘビの頭で、両肩からヘビの胴体が生えている。
ダイフゴーにお玉のきびだんごを食べさせられ、味方になる。フーズ・フーの取り巻きを倒し、ジンベエを援護した。
バジル・ホーキンス
百獣海賊団真打ち。最悪の世代の一人。九里の博羅町に駐在する真打ちの一人。ホーキンス海賊団船長。
スクラッチメン・アプー
百獣海賊団情報屋。最悪の世代の一人。オンエア海賊団船長。

ギフターズ[編集]

人造悪魔の実「SMILE」の能力者達。頭に2本の黒い角があるのが特徴。約500人いる[171][172]

バットマン
声 - 北島淳司
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。コウモリのSMILEの能力者。
腰に翼が生えており、飛ぶことができる。人間の6倍の聴覚を持つ。武器は弓で、空から矢を連射する。アニメでは「武装色の覇気」の使い手[173]
桃源農園で起きている食糧窃盗の犯人を捜索中、お鶴の将軍オロチへの発言を聞きつけ、悪口だとして矢を放つが、ゾロに阻止される。その後おこぼれ町で、ルフィが持ってきた水桶の下敷きになる。アニメではその後「大相撲地獄」に参加したが、ルフィに倒された[174]
ガゼルマン
声 - 増谷康紀
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。ガゼルのSMILEの能力者。
足がガゼルの脚になっている。時速200kmで走ることができるが、それに見合う体力がないため息切れを起こしてしまう。一人称は「おいら」。
ホールデムの命令で、狒々をきびだんごで手懐けたお玉を誘拐する。アニメではその後「大相撲地獄」に参加したが、ルフィに倒された[174]。鬼ヶ島ではお玉に従い、きびだんごをギフターズたちに食べさせるため協力する。
マウスマン
声 - 菊池正美
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。ネズミのSMILEの能力者。
大きなネズミの耳を持つ男。笑い声は「チュチュチュ」。お菊を妻にしたいという浦島に、下人に気兼ねする必要はなく強引に奪えばいいと助言する。
スネークマン[175]
声 - 高塚正也
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。ヘビのSMILEの能力者。腹にヘビの頭がある男。
ラビットマン[175]
声 - 粗忽屋東品川店
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。ウサギのSMILEの能力者。顎髭が大きなウサギの顔になっている男。
アルパカマン
声 - 大西健晴
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。兎丼の囚人採掘場の看守。アルパカのSMILEの能力者。
アルパカの頭部を持つ男。唾を吐くのが癖で、武器として発射することもできる。二刀流で刀を振り回す「アルパカ剣法」の使い手。アニメでは、「武装色の覇気」を唾に纏わせて攻撃していた[176]
「大相撲地獄」に参加したが、ルフィへ覇気の使い方を教えるヒョウ五郎の攻撃に倒された。
マジロマン
声 - 髙階俊嗣
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。兎丼の囚人採掘場の看守。アルマジロのSMILEの能力者。
体全体にアルマジロの鎧を纏っており、丸くすることができる。海楼石の銃弾を込めた銃を使用する。
「大相撲地獄」に参加したが、ルフィには覇気の練習相手としか見られず、一撃で吹き飛ばされた。
ダチョウマン[177]
声 - 宮崎寛務
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。兎丼の囚人採掘場の看守。ダチョウのSMILEの能力者。首部分がダチョウの男。
カイマンレディ
声 - 鶴田真希
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。メアリーズの一人。ブラックマリアの部下。ワニのSMILEの能力者。足がワニになっている女。
濡れ女(ぬれおんな)
声 - 山本悠有希
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。ブラックマリアの部下。シシバナヘビのSMILEの能力者。
首が蛇のように長く、顔にそばかすがある女。ブラックマリアの能力でオルビアに化けるが、すぐに見破られた。ブラックマリアの敗北後、ブルックに倒された。
天井下り(てんじょうさがり)
声 - 石橋桃
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。ブラックマリアの部下。白蛇のSMILEの能力者。
下半身が蛇の胴体になっている女。常に天井からぶら下がるように移動している。ブラックマリアの能力でクローバーに化けるが、すぐに見破られた。ブラックマリアの敗北後、ブルックに倒された。
輪入道(わにゅうどう)
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。ブラックマリアの部下。パグのSMILEの能力者。
顔は髭を生やした人間で身体は小さな犬という人面犬のような姿をした男。ブラックマリアの大槍の仕掛けの動力を担っており、穂先の中に入ってその名の通り輪入道のような状態となり、回し車の原理で車輪を必死に回転させて火を起こしている。鬼ヶ島決戦では、ブルックに凍らされ戦闘不能になった。
さらへび先生
百獣海賊団「ギフターズ」の一員。ブラックマリアの部下。
ベアマン
声 - 魚建
アニメオリジナルキャラクター。百獣海賊団「ギフターズ」の一員。兎丼の囚人採掘場の看守。クマのSMILEの能力者。
全身がクマの毛皮に包まれており、クマの口の中に本人の頭部がある男。「大相撲地獄」に参加したが、ルフィに倒された[178]

ウェイターズ[編集]

マッスイ[99]
声 - 橋詰知久
百獣海賊団「ウェイターズ」の一員。
ギフターズに憧れて、コウモリの耳がついたマスクを着用している。武器は麻酔銃。 
ウワッツラー[156]
百獣海賊団「ウェイターズ」の一員。兎丼の看守部長。大相撲地獄でルフィに挑むも、覇王色の覇気で気絶した。

階級不明[編集]

プドス[58]
兎丼の看守。河松が口から吹き出した魚の骨で、首を負傷した。
イビリブツ[109]
声 - 深川和征
兎丼囚人採掘場の主任看守。立場の弱い囚人をいびるのを好む。
ドウナンノヨ[109]
兎丼囚人採掘場の主任看守。海楼石の手錠をつけたルフィとキッドが、大量の石を運んだことに驚いていた。
ノコッティ[156]
声 - 鶴田真希
兎丼の女性看守。大相撲地獄では行司を務めた。

ナンバーズ[編集]

世界政府の人の巨大化研究の一環により生まれた10人の「古代巨人族」の失敗作[109]で、カイドウがパンクハザードから買い取った。全員が2本角を生やしており、体のどこかに漢数字が入っている。知能は低く言葉はほとんど奇声のみだが、オーズ並みの巨体に見合った怪力を持つ。酒癖が悪いらしく、クイーンからは嫌われている。アプーが調教師として彼らを指揮しており、10人でいくつもの街を破壊してきた。20年前には既に百獣海賊団に所属しており、ワノ国編では火祭りの数日前にワノ国に帰還する。名前の由来はトランプのカードの数字[94]

一美(インビ)
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。
先端にカールがかかった髭が特徴の男で、ナンバーズの中では比較的容姿が人間に近い。笑い声は「イビビビ」。
鬼ヶ島では、岩戸の間で二牙や三鬼と共に酒盛りをしていた。アプーに連れられてヤマトを追う最中にCP-0と遭遇するも、勝ち目がないと踏んでアプーと逃走。そのまま2人で鬼ヶ島から脱出した。ルフィがカイドウを倒した7日後、アプーと共にキッドたちの前に姿を現す。
二牙(フーガ)
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。ウマSMILEの能力者[159]
ナンバーズの中でも特に大きな角を持ち、上半身がパンチパーマをした太った人間、下半身が馬のケンタウロスのような見た目をしている。笑い声は「フガガガ」。
SMILEをつまみ食いしたことをカイドウに怒られて檻に入れられた上、他のナンバーズ達にバカにされて落ち込んでいたときに、馬の足を褒められたのをきっかけにヤマトと仲良くなった[98][159]
鬼ヶ島では、ヤマトを見つけるとアプーの制止も聞かずにそのままヤマトについていった。地下武器庫の扉を塞ぐ六鬼を押し倒して扉を破り、ヤマトが爆発を防ごうとする間、六鬼を足止めした。
三鬼(ザンキ)
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。
細い角に丸っこい体格が特徴。腰に刀を差している。笑い声は「ザキキキ」。
鬼ヶ島ではアプーや一美と共にヤマトを追うが、道中で遭遇したCP-0のマハに倒された。
四鬼(ジャキ)
声 - 増谷康紀
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。
他のナンバーズと比べ背が低く、フランキーからは「デカモグラ」と呼ばれている。笑い声は「ジャキキキ」。
鬼ヶ島では、ブラキオタンク5号を玩具のようにしていたが、フランキーの「ラディカルビーム」を顔面に受けて倒される。
五鬼(ゴーキ)
声 - 高塚正也
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。
ナンバーズの中でも長身で、長い首と腰まで伸びる長髪が特徴。笑い声は「ゴキキキ」。
鬼ヶ島では、上階に向かおうとするルフィ達を妨害するが、ルフィの「ゴムゴムの猿王銃」を受けて倒される。
六鬼(ロッキ)
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。
黒く細い2本角が生え、オーバーオールを着た筋肉質の小太りな男。鬼ヶ島地下武器庫の番人だが、扉の前で居眠りしている。武器はモーニングスター。鳴き声は「ロキャー」「ロロキキィ」。
鬼ヶ島では、二牙に取り押さえられ、ヤマトの地下武器庫への侵入を許してしまった。
七鬼(ナンギ)
声 - 織田優成[179]
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。
顔全体を覆うパンチパーマの髪や顎髭など、昔話の鬼のような風貌をしている。笑い声は「ナギギギ」。
鬼ヶ島では、ジャック達と共に屋上で赤鞘の侍達を迎え撃つが、「月の獅子」化したミンク族たちに倒される。
八茶(ハッチャ)
声 - 宮崎寛務
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。
新世界「パンクハザード」出身[109]。188歳[109]。誕生日は10月8日[109]。身長66.8m[109]てんびん座[109]。血液型XF型[109]。好物はウーロンハイ[109]
サングラスをかけたボブカットの男で、ナンバーズの中では一美と並んで比較的容姿が人間に近い。ジャージのような服を着ている。酔うと味方を巻き込む攻撃にも躊躇がない。笑い声は「ハチャチャチャ」。
鬼ヶ島の宴会場に現れたルフィ達に対し、酔った状態で攻撃を仕掛ける。赤鞘の侍の襲来後は、フランキー将軍を追い掛けながら城内で暴れ回るも、ヤマトの「鳴鏑」を受けて倒される。
九忍(クニュン)
声 - 高橋雛子
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。ブラックマリアの部下。
ゴーグル付きのヘルメットを被ったビキニ姿の女。鳴き声は「クニュー」「クニューン」。
ブラックマリアの能力でサウロに化けるが、すぐに見破られた。ブラックマリアの敗北後、ブルックに倒された。
十鬼(ジューキ)
声 - 服巻浩司
百獣海賊団「ナンバーズ」の一員。
下に折れ曲がった黒い2本角とワニのような長い口が特徴。笑い声は「ジュキキキ」。
鬼ヶ島では、上階に向かおうとするルフィ達を妨害するが、ドレークの「X狩場」を受けて倒される。

百獣海賊団傘下[編集]

新世界編ではドレーク海賊団、オンエア海賊団、ホーキンス海賊団が傘下に入っている。

スコッチ[23]
カイドウ傘下の海賊。異名は「アイアンボーイ」。
帽子を被り右腕が三つの銃口になっている巨漢で、「18」の数字が入った肩当てを付けている。新世界にある、カイドウお気に入りの冬島を守護している。
頂上戦争の後、X・ドレークと対峙した。表紙連載『カリブーの新世界でケヒヒヒヒ』で再登場。武器工場の労働者たちが起こした暴動を鎮圧した。その後、ガブルの祖母を見せしめに処刑しようとするが、その場に駆け付けたカリブーに飲み込まれた。

王下七武海[編集]

最悪の世代(超新星)[編集]

麦わらの一味と同時期にシャボンディ諸島に到着した海賊たち。懸賞金は全員1億を越える大物ルーキーで、ルフィとゾロを含めて「11人の超新星」と称されていた。ルフィたちが引き起こした天竜人への暴行の影響で、黄猿やパシフィスタ、海兵たちと交戦するが、一人も捕まることはなかった。シャボンディ諸島で頂上戦争の経緯を見た後、新世界に進出した。

新世界編では、これらの海賊たちに四皇となった黒ひげを加えて「最悪の世代」と呼ばれており、それぞれが新世界各地で大事件を起こしているという。

作者曰く、シャボンディ諸島で登場した9人のルーキーは初登場回の直前に急遽作られたキャラクターで、その前の回までは一人も構想ノートにいなかったという[180]

キッド海賊団[編集]

ユースタス・キッド率いる海賊団。船員31名[57]。海賊旗は、ゴーグルをかけたドクロの左右に炎が描かれたマーク[9]。船は「ヴィクトリアパンク号」で、船首は恐竜の骨を象っている[181][注 182]。キッド、キラー、ヒート、ワイヤーの4人はそれぞれが別の街の不良グループのボスだったが、キッドの親友であるヴィクトリア・シルトン・ドルヤナイカが島を支配するギャングに殺されたのをきっかけに団結し、ギャングを打ち倒して海賊となった[163]。パンクハザード編で、四皇シャンクスの首を狙い、ホーキンス海賊団・オンエア海賊団と同盟を結ぶ。

ユースタス・キッド
声 - 浪川大輔
キッド海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「キャプテン・キッド」。懸賞金3億1500万ベリー→4億7000万ベリー→30億ベリー。
「南の海」出身。21歳→23歳[182]。誕生日は1月10日(「キ」ッ「ド」)[60]。身長205cm[182]やぎ座[183]。血液型F型[183]。好きな食べ物はロールキャベツ[5]。嫌いな食べ物はカレーうどん[5][注 183]。趣味は音楽鑑賞・武器集め[16]。イメージ国はスコットランド[52]。イメージ職業は武器商人[52]。イメージ花はチューリップ[53]。イメージ動物は闘牛[53]
逆立たせた赤い髪にゴーグルを着用し、コートを羽織った男。新世界編では、顔面から腰まで大きな傷があり、左腕は能力で作った義手になっている。血の気が多く、凶悪な性格。ルフィ同様「海賊王になる」ことを野望に掲げ、そのことで自分を嗤った者を皆殺しにしてきた。民間人にも多大な被害を与えてきたため、ルフィよりも懸賞金が高く、当時の11人の中では最高額であった。また、ルフィに負けず劣らずの大食いで、ルフィからのあだ名は「ギザ男」。
超人系悪魔の実「ジキジキの実」の能力者[154]磁力を操り、周囲にある武器(銃や刀、砲弾など)や鉄くずなどの金属類を自在に操ることができる。金属を集めて巨大な腕や全身を覆う鎧を形成したり、即席の檻を作って相手を閉じ込めたり、自分を金属に引き寄せて移動したりすることもできる。ワノ国編では能力を「覚醒」させており、周囲の人や物に磁力を与えることができる。「覇王色の覇気」の持ち主。
麦わらの一味が暴れた人間オークションの会場に居合わせ、ルフィ・ローと共闘して脱出。ローと共にパシフィスタと戦った後、新世界に進出した。2年の間に赤髪海賊団に挑むも左腕を失う。また、トットランドに乗り込み、将星一人を手負いにし、奪うべきものを奪い去ったという[注 184]。この他にもビッグ・マム傘下の海賊船を2隻沈めるなど、新世界をかき回している。
パンクハザード編では、シーザーによる「シノクニ」の公開実験の映像を見ていた。四皇シャンクスの首を狙いアプー、ホーキンスと海賊同盟を結んだ矢先、上空から自身のアジトに落下してきたカイドウと遭遇する。部下に誘うカイドウの言葉を拒否し、動けなくなるまで戦い続けるも敗北。ゾウ編では、ボロボロの状態でカイドウのアジトに幽閉されていた。
ワノ国編では兎丼囚人採掘場に収容されており、同じくカイドウに敗れたルフィと再会する。クイーンが囚人採掘場に到着する少し前に脱獄するも、逃走中に鎌ぞうになり果てたキラーと遭遇し、その変わり様に動揺したことで捕まり監獄に連れ戻される。クイーンから水責めの拷問を受けたが、ルフィたちが起こした兎丼の混乱に乗じ、キラーを連れて再び脱獄した。鬼ヶ島への討ち入りでは正面から内部に乗り込み、自分達を罠に嵌めたアプーに怒りをぶつけ、カイドウの城に入る。鬼ヶ島ドーム屋上に辿り着くと、ルフィやロー達との共闘でカイドウとビッグ・マムと交戦。四皇二人に劣勢を強いられるも、ローとの連携でビッグ・マムをカイドウから引き離し、城内でローと共にビッグ・マムに挑む。交戦中ホーキンスの能力による攻撃に苦しむが、キラーがホーキンスを撃破したことによって解放され、覚醒した能力によるローとの連携攻撃でビッグ・マムに一矢報いる。本気を出したビッグ・マムの猛攻に一度は倒れるも、屋上へ行こうとするビッグ・マムを止めるために立ち上がり、大技で着実にダメージを与えていく。ローが「穿刺波動」でワノ国の大地にまで続く大穴を開けている間にレールガンを完成させ、ビッグ・マムに「電磁砲」を食らわせる。一発目は耐えられるが、二発目で穴から突き落とし、ビッグ・マムの撃破に成功した。四皇の一人を打ち倒したことで、ローやルフィと共に懸賞金が30億ベリーに上がった。
名前の由来は海賊ウィリアム・キッド海賊僧侶ユースタス英語版[184]
キラー
声 - 浜田賢二
キッド海賊団戦闘員。「最悪の世代」の一人。異名は「殺戮武人」。懸賞金1億6200万ベリー→2億ベリー。
「南の海」出身。25歳→27歳[182]。誕生日は2月2日(「ぶじ」ん)[60]。身長195cm[182]みずがめ座[183]。血液型X型[183]。好きな食べ物はペペロンチーノ[5]。嫌いな食べ物はカレーうどん[5][注 183]。趣味はドラム・料理[16]。イメージ国はスコットランド[52]。イメージ職業は武器商人[52]。イメージ花はスノードロップ[53]。イメージ動物はイタチ[53]
顔全体をマスクで覆った男。理知的な性格で、「16点鐘」など世情にも通じている。キッドとは対等に話せる間柄で、攻撃的な彼のブレーキ役。キッドからは相棒と呼ばれるほど強い信頼を置かれている。笑い声は「ファッファッファッファ」。本人はこの笑い方を嫌っており、いつの頃からか大笑いすることをやめ、笑い方を笑った者は全て半殺しにしてきたという。マスクで素顔を隠すようになったのもこれが理由であり、食事中でも外さない。「鎌ぞう(かまぞう)」となったワノ国編では顔に包帯を巻き、失敗作のSMILEを食わされたことで常に笑みを浮かべている[注 185]
手甲に回転するを付けた武器「パニッシャー」を両手に装着し、軽やかな体術を駆使して戦う。鎌ぞうとしての武器は2本の大鎌
シャボンディ諸島ではウルージと交戦した。パンクハザード編でアプー、ホーキンスと海賊同盟を結ぶ際、仲違いしそうになった3人をなだめた。現れたカイドウにキッドと同じく立ち向かうが敗北し、捕らえられる。
ワノ国編では、SMILEを食べればキッドを救うチャンスをやるという将軍オロチからの条件を受け入れ、「人斬り鎌ぞう」という名でオロチの部下となっている。花の都では鎌ぞうは無差別な辻斬りを行うお尋ね者とされている。オロチに反逆者であるトコの抹殺を命じられ、日和とトコを追いかけていた際に、おいはぎ橋でゾロと遭遇。ゾロと互角に戦い、鎌で一太刀浴びせるが、奪った鎌を利用したゾロの三刀流の攻撃で倒される。任務に失敗したことで兎丼の囚人採掘場送りとなり、キッドと共に拷問を受けるが、兎丼の混乱に乗じて2人で脱獄する。鬼ヶ島への討ち入りではキッドに同行し、アプーの能力に苦戦するキッド達に対抗策を教え追撃を振り切る。鬼ヶ島ドーム屋上に辿り着くとキッドに加勢し、カイドウとビッグ・マムに挑む。ビッグ・マムをカイドウから引き離すと城内に戻り、キッドを先に行かせホーキンスと対峙する。ホーキンスの能力でキッドを人質に取られ手が出せない状況に陥るも、キッドに左腕がないことを利用し、ホーキンスの左腕を切り落としてキッドの藁人形を抜き取ることに成功。ホーキンスの反撃も物ともせず「刃音撃」で撃破した。ルフィがカイドウを倒した7日後、ヒートたちと共に花の都での宴に参加する。
ヒート[23]
声 - 福原耕平
キッド海賊団船員。口から火を吐いて戦う。「南の海」出身[47]。誕生日は12月1日(カイロの日)[11]
ワイヤー[23]
声 - 荒井聡太
キッド海賊団船員。武器は三叉矛。「南の海」出身[47]。誕生日は7月18日(ワ(7)イヤー(18))[11]
パパス、バブルガム、エマ、ブギ、クインシー、ダイブ、ギグ、ヒップ、ホップ、ポンプ、ハウス、ジャガー、UK、レック、コンポ、モアイ、ディスクJ、モッシュ[57]
キッド海賊団船員。

ハートの海賊団[編集]

トラファルガー・ロー率いる海賊団。総勢20名。団員は皆、同じデザインのつなぎを着ている。海賊旗はドンキホーテファミリーのものに似た、ウイルスのような形をしたスマイルマーク。船は潜水艦ポーラータング号[16][注 186]

トラファルガー・ロー
声 - 神谷浩史
ハートの海賊団船長。「最悪の世代」の一人。元ドンキホーテファミリー構成員。元王下七武海。異名は「死の外科医」。フルネームは「トラファルガー・D・ワーテル・ロー[注 187]。懸賞金2億ベリー→4億4000万ベリー→5億ベリー→30億ベリー。
「北の海」フレバンス出身。24歳→26歳[182]。誕生日は10月6日(「ト」ラファルガー・「ロ」ー)[51]。身長191cm[182]てんびん座[183]。血液型F型[183]。好きな食べ物はおにぎり焼き魚[5]。嫌いな食べ物はパン梅干し[5]。趣味は放浪・記念コイン集め[16]。イメージ国はドイツ[52]。イメージ職業は医者[52]。イメージ花は月下美人[53]。イメージ動物はユキヒョウ[53]
白い毛皮の帽子を被った男。両腕と両手の甲に「DEATH」、上半身全体にハートの刺青があり、背中にハートの海賊団のマークがある[103]。常に冷静沈着で世間では残忍で名が通っているが、気まぐれで行動するなど掴み所がなく、雷ぞうに忍者の術を見せてもらうことを期待するなど子供っぽい一面もある。医者であるため殺人は好まないが、人助けは嫌っている。敵に捕まった仲間に対してはドライな言葉を吐くが、実際には見捨てることはしない。命令されることを嫌い、過去の経緯からか「自由」であることに拘るが、自由すぎるルフィ他麦わらの一味には振り回されることが多い。ルフィのことはあくまで一時的な同盟相手という態度をとっており、子分や格下扱いされることは好まない。ルフィからは友達や仲間だと思われている。ルフィを「麦わら屋」など一部の相手に「屋」を付けて呼ぶ[注 188]。麦わらの一味からは「トラ男」と呼ばれている。武器は鍔に白い毛皮が付いた大太刀鬼哭(きこく)」[103][注 189]
超人系悪魔の実「オペオペの実」の能力者。一定範囲に「円(サークル)」を発生させ、その内部を手術室のごとく支配できる「改造自在人間」。円内の生物や物体を「切断」「再接着」「浮遊」「転移」させたりできる。この能力で肉体を切断されても痛みや出血はなく、感覚や身体機能に影響は生じない[注 190]。また、「精神を別の人物の肉体と入れ替える」「肉体から心臓だけを取り出して脅しに使う」といったこともできる。利便性が高い能力だが、力を使用すればするほど体力を消耗することが弱点。ワノ国編では能力が「覚醒」しており、自身以外に「円」を纏わせることができる。「武装色の覇気」の使い手。
幼い頃は父親から医学を学びながら家族4人で平和に暮らしていたが、フレバンスの他の国民同様「珀鉛病」に侵されていた。16年前、フレバンスで起こった戦争で家族や友人の全てを失い、死体の山に隠れて国から脱出し、ドンキホーテファミリーの下を訪れる。当時は余命わずか3年2か月であったことに絶望し、目に入る全てを壊したいという破滅願望を抱いていた。育った環境を重視するドフラミンゴにその考え方を見込まれ、ファミリーの正式な一員として迎え入れられる。「10年後の右腕」として、加入後はあらゆる英才教育を叩き込まれ[注 191]、ドフラミンゴからは、最高幹部の3代目「コラソン」としてハートの席を用意されるほど高く評価されていた。13年前、バッファロー達に本名を打ち明け、それを聞いていたコラソンから彼の素性と「D」にまつわる伝承を知る。その後、彼にファミリーから連れ出され、各地の病院を回るもことごとく治療を拒否されてしまう。出会った当初はコラソンへの敵意をむき出しにしていたが、自分の不幸な生い立ちに涙を流す彼の姿を見て「コラさん」と呼び慕い、彼の前では笑顔を見せるようになる。ファミリーを離れてから半年後、コラソンの尽力によりオペオペの実を食べ、自力で病気を治すことができるようになった。しかしその騒動の下、自分を島から逃がそうとしたコラソンがドフラミンゴに殺害され、以後ドフラミンゴを狙い続けるようになる。ファミリーから逃走した後、辿り着いたスワロー島の町で、シャチとペンギンにいじめられていたベポを助けたことがきっかけで、彼らから慕われるようになり、やがてこの4人でハートの海賊団を結成した[3]
麦わらの一味と同時期にシャボンディ諸島に到達。麦わらの一味が暴れた人間オークションの会場に居合わせ、共闘して脱出する。その後、キッドと共にパシフィスタと戦った。マリンフォード頂上戦争の終盤に戦場に現れ、ルフィとジンベエを保護し治療した後に女ヶ島に入り、レイリーが女ヶ島に到着するとルフィへの伝言を残し、立ち去った。他の超新星とは違い、すぐには新世界に進出せずに時期を窺っていた。
頂上戦争後の2年の間に「ロッキーポート事件」の首謀者として知られるようになり、4億を越える賞金首となった。そして海軍本部に海賊の心臓を100個届け、王下七武海に加盟する。人造悪魔の実「SMILE」の原料である「SAD」の製造を抑えるために、麦わらの一味が到着する数か月前にパンクハザードに現れ、自分の心臓を預けてシーザー・クラウンと契約を結び、島に滞在し始める。
パンクハザードに上陸してきたルフィに、四皇カイドウの打倒を持ちかけ、彼と同盟を結ぶ。そして「SAD製造装置」を破壊するため単独で製造室に侵入し、それを阻止しに現れた最高幹部ヴェルゴをスモーカーの協力のもと撃破し、SAD製造装置の破壊に成功する。シーザーを確保後、ドフラミンゴにシーザーの身柄と引き換えに「王下七武海の脱退」を要求。「SMILE」の製造工場を破壊するため、麦わらの一味と共にドレスローザに向かう。
ドレスローザ編では、シーザーの引き渡しのためグリーンビットに赴くが、CP-0を動かして七武海脱退の誤報を流したドフラミンゴにはめられ、窮地に陥る。一旦シーザーをナミたちに預け、ドフラミンゴとの一騎討ちに持ち込むが敗北。王宮に連れ去られ海楼石の手錠で拘束されるが、ドフラミンゴが「鳥カゴ」を発動した後、助けに来たルフィもろとも王宮の外に追い出される。ルフィに連れられる形で再び王宮に向かい、ひまわり畑でレベッカが持ってきた鍵で手錠を解くと、ルフィと王宮に乗り込み再びドフラミンゴと交戦する。ドフラミンゴによって右腕を切断されるが[注 192]、ドフラミンゴに致命傷を与え、更にトレーボルを戦闘不能に追い込んだ。自身の手でドフラミンゴを倒せないことを悔やみつつ、打倒ドフラミンゴをルフィに託す。途中戦えなくなったルフィをギャッツから預かり、ルフィの復活・勝利を見届けた。ドレスローザからの脱出の際、コラソンと関わりがあったセンゴクに接触し、短い時間であったがコラソンの思い出話を語り合った。ドレスローザでの一件により七武海から脱退扱いとなり、新たに5億ベリーの懸賞金が懸けられた。
ドレスローザから脱出後、バルトロメオの船に乗りゾウに上陸し、ベポ達と合流。サンジ奪還のためビッグ・マムがいるホールケーキアイランドに向かうルフィと一旦別れ、ゾロや錦えもん達と共に、先にカイドウがいるワノ国に向かう。
ワノ国編では、おでん城跡近くに潜伏していたが、博羅町に向かったルフィとゾロを止めるため町に向かい、ホーキンスと交戦[注 193]。博羅町での騒動後、ルフィをおでん城跡に連れていき、錦えもんやナミ達と合流する。おこぼれ町に出現したカイドウにルフィが敗れると救出を試みるが、ホーキンスに妨害され失敗。その後は花の都にて、サンジ達と共にカイドウとの決戦の準備を進める。ベポ達3人がオロチの手先に捕まったことを知ると、単独で羅刹町に救出に向かうが、ホーキンスに能力で3人を人質に取られ、自分の身柄を差し出して3人を解放させる。その後、ドレークによって拘束を解かれ、ホーキンスを返り討ちにして逃亡する。鬼ヶ島への討ち入り当日、ルフィ・キッドと共に錦えもん達と合流する。赤鞘の侍たちを連れて鬼ヶ島に上陸し、裏口からカイドウの城を目指す。鬼ヶ島ドーム屋上に辿り着くと、ルフィやキッド達との共闘でカイドウとビッグ・マムに挑む。四皇二人に劣勢を強いられるも、キッドとの連携でビッグ・マムをカイドウから引き離し、城内でキッドと共にビッグ・マムと交戦。二人がかりでもビッグ・マムに苦戦するが、「覚醒」した能力による連携でビッグ・マムに一矢報いる。本気を出したビッグ・マムの猛攻によって倒れかけるも、キッドとの同時攻撃で反撃に転じる。ビッグ・マムに「武装色の覇気」を纏った拳で袋叩きにされつつも、「穿刺波動」とキッドの「電磁砲」でビッグ・マムに致命傷を与え、なおも耐え続けるビッグ・マムが放った「魂への言葉」に寿命を取られることなく、「凪」で無効化させる。襲い掛かってきたプロメテウスとヘラを一刀両断し、キッドが止めを差したことで満身創痍になりつつもビッグ・マムに勝利する。四皇の一角を落としたことで、ルフィやキッドと共に懸賞金が30億ベリーに跳ね上がった。鬼ヶ島での決戦から7日後、ロビンと共に光月スキヤキに城の地下階段を案内され、水没した800年前のワノ国とロード歴史の本文を目撃する。
劇場版『STAMPEDE』では、海賊万博の主催者ブエナ・フェスタのアジトに潜入するもダグラス・バレットに深手を負わされる。警備を務めるバギーから逃亡する最中、麦わらの一味と遭遇しロビンたちと共に再びアジトに潜入[注 194]。アジト内でクロコダイルと遭遇し、共闘を持ち掛けられる。ルフィと合流すると、その場に居合わせたスモーカーやサボたちにバレット撃破への協力を要請し、共にルフィを援護した。
名前の由来は実在の海賊エドワード・ロー[184]
ベポ
声 - 高戸靖広上田麗奈(ミニベポ)
ハートの海賊団航海士[103]シロクマのミンク。懸賞金500ベリー[183]
新世界「モコモ公国」出身。20歳→22歳[3]。誕生日は11月20日(毛皮の日)[60]。身長240cm[183]さそり座[183]。血液型S型[183]。好物はかき氷[183]
精神的に打たれ弱いが、高い格闘能力を持つハートの海賊団のNo.2[57]。「アイアイ」が口癖。幼い頃の恩人であるローを慕っており[3]、ローからの信頼も厚い。普段はシャチやペンギンの方が頼りになるが、「月の獅子」化したベポを知っている2人は実力は彼の方が上だと認めている[57]。幼い頃にモコモ公国を離れたため、あまり故郷の記憶がない。航海士だが地図の出来はあまりよくない[注 195]
14年前、歳の離れた兄ゼポを追って「ゾウ」を飛び出すが、誤って「北の海」行きの船に乗ってしまい、13年前にはスワロー島を彷徨っていた[3][104]。町のはずれでシャチとペンギンにいじめられていた所をローに助けられたことで、ローを慕うようになる[3]。故郷に帰りたいという思いで、懸命に航海術を学んだ[3]
ローがパンクハザードに滞在している間、仲間と共にモコモ公国に待機し、「侠客団」手伝いとしてネコマムシの旦那の預かりとなっていた。ジャック襲撃の際は、故郷を守るため仲間全員でネコマムシに加勢した。ゾウ編で、モコモ公国に辿り着いたローと合流した。
ワノ国編では、博羅町に向かうルフィとゾロを見つけてローに報告[注 196]。花の都で任務中、将軍オロチの手先に捕まり、シャチ・ペンギンと共に羅刹町牢屋敷に収監されてしまうが、ローが自らの身柄を差し出したことで解放される[注 197]。ローが帰還すると鬼ヶ島への討ち入りに参戦し、シャチ・ペンギンと共に百獣海賊団と交戦する。
劇場版『FILM RED』では、ウタのファンとしてライブに参加。ウタの能力によって、マスコットのような姿の「ミニベポ」となってしまう。
シャチ、ペンギン[48]
声 - 藤本たかひろ(シャチ)、平井啓二(ペンギン)
ハートの海賊団船員の二人組。シャチはキャスケット(新世界編では、シャチを模っている)を被りサングラスをした男。ペンギンは「PENGUIN」と書かれた帽子(新世界編では、頭頂部にペンギンの頭をあしらっている)を目深く被っている男。
シャチは「北の海」スワロー島出身[3]。25歳→27歳[3]。誕生日は4月7日(シャチ=47)[5]おひつじ座[101][注 198]。血液型X型[186]
ペンギンは「北の海」スワロー島出身[3]。26歳→28歳[3]。誕生日は4月25日(世界ペンギンの日)[5]おうし座[183]。血液型X型[186]
二人とも元はスワロー島の悪ガキで、13年前、町のはずれでベポをいじめていた所にローが現れ、因縁をつけるが返り討ちにあう[3]。その後ローを慕うようになり、ローとベポとの4人でハートの海賊団を結成した[3]
『ONE PIECE novel LAW』では、二人の生い立ちやローとの出会いが描かれている。ローに助けられる半年前に二人の両親は高潮にのまれて亡くなり、シャチの叔父夫婦に預けられた。だが、その夫婦は二人を都合のいい道具とみなし、武器の密輸や宝石の窃盗などを強制し、食事もまともに与えなかった。二人は奴隷のような扱いに耐えられず4か月ほど前に家を出ていき、森の奥に小屋を建てて暮らしていた。ある日、イノシシに襲われ重傷を負ったところをローたちに助けられ、そのままローとベポが身を寄せる老人ヴォルフの家で暮らすこととなった。ローたちとの共同生活を送る中、叔父夫婦が自分たちを連れ戻しに来ることを恐れていたが、ヴォルフによって叔父夫婦の悪事が暴かれたことで二人は自由になった[187]
ジャンバール
声 - 増谷康紀
ハートの海賊団船員。
額に刺青をしたモヒカン頭の巨漢。海兵を素手で薙ぎ払うほどの怪力の持ち主。頂上戦争編ではタンクトップ姿だったが、ゾウ編では他のメンバー同様つなぎを着ている。誕生日は4月6日[23]
元は「キャプテンジャンバール」の名で知られた海賊船長だったが、天竜人ロズワード聖の奴隷にされていた。シャボンディ諸島編で、人間屋を訪れた際にローに解放され、ハートの海賊団に加わる。ゾウ編で、くじらの森に入ってきたルフィを攻撃するBB(ブラックバック)を力尽くで止めようとしたが、逆に片手で投げ飛ばされてしまった。
イッカク、ウニ、クリオネ[8]
声 - 高橋花林(イッカク)、城岡祐介(ウニ)、荒井聡太(クリオネ)
ハートの海賊団船員。
イッカクはバンダナを巻いた女、ウニは口元を隠したアフロヘアーの男、クリオネは頭巾を被った男。3人とも、麦わらの一味との同盟に反対していた[注 199]。誕生日はイッカクが12月7日(イッ(12)カク(7))[11]、クリオネが2月17日(天使の囁き記念日)[11]

ファイアタンク海賊団[編集]

カポネ・ベッジ率いる海賊団。海賊旗は帽子を被り葉巻を咥えたベッジを模したドクロの後ろに砲台の付いた城が描かれたマーク[9]。船は城砦を模した水陸両用の「ノストラ・カステロ号」で、陸ではパドルがキャタピラになる。

新世界進出後にビッグ・マム海賊団の傘下に入る。ホールケーキアイランド編で麦わらの一味と手を組み、ビッグ・マムの暗殺を計画するも失敗し、傘下から脱退する。この際にノストラ・カステロ号が航行不能となったため放棄し、敵船を強奪して新たな海賊船としている。

カポネ・ベッジ
声 - 龍田直樹
ファイアタンク海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「ギャング・ベッジ」。懸賞金1億3800万ベリー→3億ベリー→3億5000万ベリー。
「西の海」出身。40歳→42歳[182]。誕生日は1月17日(アル・カポネの誕生日)[188]。身長166cm[182]やぎ座[183]。血液型S型[183]。好きな食べ物は肉団子トマト[5]。嫌いな食べ物はトマトジュース[5]。趣味は絵画鑑賞・ボードゲーム[16]。イメージ国はイタリア[52]。イメージ職業はクツ屋[52]。イメージ花はバラ[53]。イメージ動物はコアラ[53]
マフィア風の出で立ちをした小柄な男。葉巻を好む。部下からは「頭目(ファーザー)」と呼ばれる。脅迫や交渉などの駆け引きに長けている。人情は海賊の役に立たないとし、他人から命令や意見、反抗されることを嫌い、自らに意見する部下には情け容赦なく制裁を加える冷酷な性格。一方、部下を見殺しにはしないという男気あふれる面もある。マナーに厳しく、話し相手には身だしなみを求める[注 200]。また、かなりの愛妻家で、息子のペッツが泣いていた際は赤ちゃん言葉や変顔であやすなど親馬鹿な一面もある。
超人系悪魔の実「シロシロの実」の能力者。体を城にすることができる「人間」。人や物を縮小化し、体内に収めることができる。体内の構造は自由に変化させることができ、体内に自分の分身を出現させることも可能。内部にいる者はベッジ本人の姿勢の影響を受けない。縮小化したものは、ベッジから一定距離離れると元の大きさに戻る。また、体の一部のみを変化させたり、体全体を巨大な城に変えることもできる。
かつて、西の海の裏社会を牛耳る「西の五大ファミリー」の5人のボスの一人だった。地位やナワバリには興味を示さず金品だけを奪い、裏社会のボスの首のみを取ってきた[注 201]。海賊になっても名のある海賊団の船長の首だけを取り、常に復讐者達に狙われたが、ことごとく返り討ちにしてきた。
シャボンディ諸島では、レストランで居合わせたボニーの暴食ぶりに苛立っていた。新世界での航海中、空に浮かぶ謎の物体に船ごと引き寄せられていた。後にホールケーキアイランドに上陸するが、実力差を悟った上で降伏。ビッグ・マム海賊団の傘下に入り、シャーロット家のシフォンと結婚し息子ペッツを設けた。
ゾウ編では、ビッグ・マムの命令でシーザーを奪うため麦わらの一味を襲撃。後にペコムズと共にゾウに上陸し、故郷を救われた恩義からサンジ達を見逃がそうとしたペコムズを攻撃し、数で圧倒してサンジ達を脅し自身の体内に入れる。その場でサンジにビッグ・マムからの招待状を見せた上で全員を連れ去ろうとしたが、サンジの機転でナミ達を解放され、さらにネコマムシと鉢合わせたためサンジとシーザーだけを連れて行った。
ヴィンスモーク家を招く茶会では、警戒心と防衛力の高さを買われ戦闘員「城(ルーク)」の称号を与えられ、茶会の護衛の全権を任される。その立場を利用し結婚式でビッグ・マムの暗殺を計画する。ホールケーキアイランドに戻ると、ルフィ達に連れられて戻ってきたペコムズをサニー号から拉致し、暗殺計画への協力を持ちかけたが、拒否されたため北東の海岸から突き落とした。その後シーザーを解放し奪った心臓で従わせ、さらにジンベエの仲介でヴィンスモーク家抹殺阻止を狙う麦わらの一味と会合し手を組むこととなる。結婚式当日、ルフィ達の活躍でビッグ・マム暗殺の鍵を握るマザー・カルメルの写真を割り、シーザー開発の毒ガス弾「KXランチャー」を打ち込むも、ビッグ・マムの咆哮で弾を破壊され、さらに逃亡用の鏡も割られ作戦は失敗。ルフィ達を体内に収容し「大頭目」で篭城戦に持ち込むが、身動きを封じられ、正気に戻ったビッグ・マムの攻撃を受ける。援護に回ったルフィたちがビッグ・マムらに取り押さえられ逃げ場がなくなるが、ホールケーキ城の崩壊により会場からの脱出に成功する。ルフィ達と別れるとシフォンを追いカカオ島に向かい、シフォンを捕らえたオーブンから降伏を促されるも拒否しオーブンを砲撃する。サンジの協力でシフォンを救出すると製作途中のウェディングケーキを乗せ出航する。ビッグ・マムを暗殺するためケーキに毒や爆薬を仕込むようサンジに提案したが、シムシムホイップのあまりの美味しさに圧倒され、断念した。完成したケーキをふんわり島まで運ぶと、航海不可能となったノストラ・カステロ号を放棄し、タルト軍艦を奪い逃げ出した。
その後が描かれた表紙連載『〝ギャング〟ベッジのオーマイファミリー』では、食料補給のため訪れたドレスローザで、数日前にシフォンの妹ローラが来たことを聞き、捜索を行う。その途中で、街を襲撃したバイキン海賊団を倒す。海軍に見つかると、ローリング海賊団と協力して脱出した。
名前の由来は、ギャングのアル・カポネとイギリスの海賊ウィリアム・レ・ソーベッジ[184]
シャーロット・シフォン
声 - 久川綾
ベッジの妻。シャーロット家22女。ビッグ・マムとパウンドの娘で、ローラの双子の姉。元トットランド「ふんわり大臣」。
新世界「トットランド」出身[25]。26歳[190]。誕生日は1月27日[23]。身長215cm[25]みずがめ座[25]。血液型F型[25]。好物はチョコレートシフォンケーキ[25]
ローラと瓜二つの女性。ベッジとの夫婦仲は良好。男勝りな性格でゴッティは頭が上がらず、彼やヴィトからは「おかみさん」と呼ばれている。ローラ同様仁義に厚い。シフォンケーキ作りのエキスパートで、妹のプリンとはよく一緒にケーキ作りをしていたという。
生まれてすぐに父親のパウンドはビッグ・マムに捨てられたため、父の顔を知らずに育った。かつてローラが巨人族の王子ロキとの縁談を拒否した際、ローラの代わりに差し出されるも見破られ、巨人族との確執はより険悪になった。ビッグ・マムにはその腹いせで何度も暴行を受けたため、今では母親と思っておらず、ベッジのビッグ・マム暗殺計画も黙認している。
ホールケーキ城崩壊後、食いわずらいを起こしたビッグ・マムを止めるためのウェディングケーキ作りに力を貸してほしいとプリンに頼まれ、ローラを助けてもらった恩をナミたちに返すためプリン・サンジと共にカカオ島に向かう。待ち構えていたオーブンによって処刑されそうになるが、サンジ、ベッジ、パウンドに救われる。ケーキを完成させるとビッグ・マムを麦わらの一味から引き離すため、危険を冒してケーキをふんわり島まで運ばせた。
表紙連載『〝ギャング〟ベッジのオーマイファミリー』では、訪れたドレスローザでローラと再会を果たす。さらにトットランドから流れ着いた父パウンドと遭遇する。最初は父親だと信じず彼を港に置いて出港したが、自分達が生まれた頃の写真を持っていたこととビッグ・マムから聞いていた父親の性格と一致することで父親と認め、ローラと協力して父を救出し、親子対面を果たした。
カポネ・ペッツ
声 - 鈴木真仁
ベッジとシフォンの息子。異名は「ギャング・ペッツ」。
1歳[25]。誕生日は1月22日[25]みずがめ座[25]。好物はトマト離乳食[25]
顔立ちは父親似で、髪の色は母親譲り。既に青髭があり、葉巻型のおしゃぶりをしている。
ヴィト
声 - 岸尾だいすけ
ファイアタンク海賊団相談役。異名は「怪銃(かいじゅう)」。懸賞金9500万ベリー[161]
「西の海」出身[161]。36歳[161]。誕生日は10月21日(ヴィ(21)ト(10))[11]。身長242cm[161]てんびん座[161]。血液型S型[161]。好物は海獣の肉入りカルツォーネ[161]
カメレオンのように長く巻いた舌が特徴で、丸いレンズのサングラスをかけた男。手が大きく、額と両手の甲に同じ刺青がある。口癖は「(ロ)レロ」。笑い声は「ニョロロ」。絵物語「海の戦士ソラ」に登場する悪の軍団ジェルマ66のファン。二丁拳銃の使い手。
ゾウ編ではサンジとベッジの話の最中、ビッグ・マムの茶会を断ればどうなるかを耳打ちしてサンジを脅した。ホールケーキアイランド編では、サンジを追いかけていたボビンを始末した。茶会でのジェルマ66の活躍を目の当たりにすると、感激のあまり号泣していた。
ゴッティ
声 - 木村雅史
ファイアタンク海賊団殺し屋[注 202]。懸賞金9000万ベリー[161]
「西の海」出身[161]。33歳[161]。誕生日は5月21日(ゴ(5)ッ(2)ティ(1))[191]。身長375cm[161]おうし座[161]。血液型S型[161]。好物は海王類の肉とトマトの煮込み[161]
右腕に大きなマシンガンを取り付けた大男。仲間思いだが思い込みが激しく、些細なことで怒り出す。
表紙連載『〝ギャング〟ベッジのオーマイファミリー』では、シフォンと間違われ海軍に捕まったローラを救出したことで、彼女に惚れられ求婚される。ドレスローザから脱出すると、船上でローラとの結婚式を挙げた。

ホーキンス海賊団[編集]

バジル・ホーキンス率いる海賊団。海賊旗はホーキンスの顔を模したドクロの後ろに二本の釘が交差したマーク[9]。船は「グラッジドルフ号」で、船首像は釘が刺さった藁人形[181]

バジル・ホーキンス
声 - 宗矢樹頼
ホーキンス海賊団船長。百獣海賊団真打ち。「最悪の世代」の一人。異名は「魔術師」。懸賞金2億4900万ベリー→3億2000万ベリー。
「北の海」出身。29歳→31歳[182]。誕生日は9月9日(占いの日)[60]。身長210cm[182]おとめ座[183]。血液型S型[183]。好きな食べ物はフォーチュン・クッキー[5][注 203]。嫌いな食べ物は[5]。趣味はインテリア・入浴[16]。イメージ国はエジプト[52]。イメージ職業はインテリアデザイナー[52]。イメージ花はクロユリ[53]。イメージ動物はウマ[53]
左右それぞれに3本の縦長三角眉[注 204]がある金髪痩身の男。ポーカーフェイスかつ常に冷静沈着で冗談を嫌う性格。カードで死相や運気などを占い、その結果を確信して行動する[注 205]。武器は「藁備手刀(ワラビデとう)」[165]で、刀身を藁に変化させることが可能。
超人系悪魔の実「ワラワラの実」の能力者[183]。他人の分身である藁人形(ストローマン)を体に宿し、自分が受けたダメージを肩代わりさせることができる。体に宿す藁人形のストックが切れない限り、自身がダメージを受けることはない。ただし、肩代わりさせる相手が体の一部を欠損している場合(隻腕など)は、その箇所に受けたダメージを受け流せず自分が傷を負ってしまう。また、自身が巨大な藁人形に変身したり、巨大な藁人形を刀から出現させることもできる。
シャボンディ諸島では黄猿と交戦し、ピカピカの能力に圧倒され窮地に立たされるが、黄猿が標的を麦わらの一味に切り替えたことで、九死に一生を得た。新世界では、フードヴァルテン島で茶ひげ海賊団と交戦し、壊滅させた。
パンクハザード編で、キッドやアプーと海賊同盟を結成。その矢先、上空から落下してきたカイドウと遭遇。最後まで抗ったキッドと違い、勝利も逃走も不可能だと判断し、カイドウの傘下に入り「真打ち」となる。
ワノ国編では、九里の博羅町に駐在している。不法入国者の捜索のため、九里ヶ浜に向かう途中でルフィゾロに遭遇し、交戦するが逃げられる。その後、博羅町に戻り待ち伏せしていたローと交戦する。ホールデムがルフィに倒された後、酔ったカイドウがおこぼれ町に現れると、町への被害を回避するため、おでん城跡に麦わらの一味が潜伏していると報告し、カイドウの注意を町から逸らす[注 206]。ローがカイドウに倒されたルフィを救出しようとすると、海楼石の釘をローに打ち込み、妨害した。後日、ドレークやページワンと共に花の都に現れる。その翌日、光月家と繋がりがある者を連行するため湯屋に現れ、ナミたちを見つけるが、サンジが助けに入ったことで取り逃がしてしまう。羅刹町での康イエの処刑の際には、捕まったベポ達3人を人質にしてローの身柄を拘束する。麦わらの一味との作戦についてローを尋問しようとしたが、ドレークによってローを解放され、返り討ちにあう。火祭りの夜には回復しており、裏切ったドレークの尋問に立ち会う。その後、城内でキッドとキラーの前に現れ、キラーと対峙する。戦いの中で藁人形のストックを次々に失うも、キッドの藁人形を宿していることを見せつける。キッドを人質にしてキラーを滅多打ちにするも、左腕を斬り落とされキッドの藁人形を抜き取られたことで全てのストックを失い、形勢が逆転。「藁人形ズカード」で反撃に転じるも、「古きものの崩壊」や「新しい道」を意味する「」のカードに動揺した隙を突かれ、「刃音撃」を受け敗北した。カイドウの敗北後、決戦前に占っていた「明日まで生きている確率が1%の男」が自分であることをドレークに打ち明け、その場で倒れた。
名前の由来は私掠船長ジョン・ホーキンスと海賊バジル・リングローズ[184]
ファウスト[21]
声 - 福原耕平[192]
ホーキンス海賊団船員。ネコのミンク[21]。魔術師[21]。「北の海」出身[193]。誕生日は12月13日[193]

ドレーク海賊団[編集]

X・ドレーク率いる海賊団。海賊旗は海軍のマークを改変したようなシンボル[9]。船は「リベラルハインド号」で、海軍の軍艦を基調にした赤い船[181]

X・ドレーク(ディエス・ドレーク)
声 - 竹本英史
海軍本部機密特殊部隊「SWORD」隊長。ドレーク海賊団船長。百獣海賊団飛び六胞。「最悪の世代」の一人。元海軍本部少将。異名は「赤旗」。懸賞金2億2200万ベリー。
「北の海」出身。31歳→33歳[182]。誕生日は10月24日(X=ローマ数字の10、アルファベットの24番目)[188][注 207]。身長233cm[182]さそり座[101][注 208]。血液型X型[183]。好きな食べ物はチキンライス[5]。嫌いな食べ物は[5]。趣味は爬虫類マニア・天体物理学[16]。イメージ国はトルコ[52]。イメージ職業は動物園飼育員[52]。イメージ花はリンドウ[53]。イメージ動物はアロサウルス[53]
顎と胸に「X」の字が刻まれた男。アイマスク二角帽が特徴。パシフィスタなど、海軍内の情報に精通している。女性の裸に免疫がなく、見るとめまいを起こして倒れ込んでしまう[注 209]。武器はサーベルの二刀流。
動物系古代種の悪魔の実「リュウリュウの実 モデル“アロサウルス」の能力者。獣型では、牙の一噛みでパシフィスタを流血させる力を持っている。
元海軍将校の海賊ディエス・バレルズの息子で、かつては父の海賊団に所属していた[194]。幼い頃は海兵の父に憧れ、自身も海兵になることを夢に持ち、当時は「ドリィ」と呼ばれていた。当時から一味の誰よりも腕っぷしはあったらしいが、海賊となった父に暴力を振るわれ、常におびえていた。13年前、ミニオン島でドフラミンゴが発動した「鳥カゴ」から運よく逃げ出し、海軍に保護された[注 210]。父を殺したドフラミンゴには特に恨みを抱いていない。
シャボンディ諸島では、小競り合いを起こしたキラーとウルージの戦いを制止した。その後、パシフィスタと交戦したが、黄猿に深手を負わされた。新世界進出後、カイドウのナワバリである冬島で、傘下のスコッチに戦いを仕掛けた。その後、スパイとしてカイドウの傘下に入り[156]、後に「真打ち」となりワノ国の編笠村を滅ぼした。真打ちの中の最強の6人「飛び六胞」に名を連ねる一方で、秘密裏に百獣海賊団の情報を海軍に報告している。表紙連載『カリブーの新世界でケヒヒヒヒ』では、スコッチを襲ったカリブーを捕らえ連行した。
ワノ国編では、狂死郎一家の子分を倒したそば屋(サンジ)への見せしめとして、ページワンと共に花の都に召集される。その翌日、おそばマスクの捜索中に湯屋でサンジと遭遇するが取り逃がす。羅刹町での康イエの処刑の際、サンジと交戦するが、またも逃げられる。後日、カイドウとビッグ・マムが海賊同盟を結ぶことを、部下のコビーに伝える。その後、囚われていたローを逃がしたが、クイーンに監視を付けられていた。鬼ヶ島の宴ではこの件でクイーンに捕らえられそうになるが、爆弾を使って脱出し、最後の希望であるルフィに共闘を申し入れる。ゾロ達には反発されるも、アプーへの敵対心が一致したことで共闘を認められる。ゾロがアプーから「氷鬼」の抗体を奪うと、製薬に取り掛かるチョッパーをヒョウ五郎達と共に護衛する。その後、岩戸の間で漁夫の利を狙うアプーに勧誘されるが断り、ルフィへの義理としてアプーを倒すため彼を追いかける。道中でロビンを追うCP-0と遭遇し、アプーと一時手を組み立ち向かう。ゲルニカに敗れるもなんとか立ち上がり、自分の正義を貫くためルフィを消すよう命じられたゲルニカを奇襲するが、指銃を受けて再び倒れた。
名前の由来は私掠船長フランシス・ドレーク[184]

オンエア海賊団[編集]

スクラッチメン・アプー率いる海賊団。海賊旗は鍵盤のような歯並びや辮髪などアプーの特徴を模したドクロマーク[9]。船は「ステイチューン号」で、船体の至る所に楽器や音楽機材のモチーフを入れたデザインになっている[181]

スクラッチメン・アプー
声 - 真殿光昭
オンエア海賊団船長。百獣海賊団情報屋。「最悪の世代」の一人。手長族。異名は「海鳴り」。懸賞金1億9800万ベリー→3億5000万ベリー。
「偉大なる航路」出身。29歳→31歳[182]。誕生日は3月19日(ミュージックの日)[60]。身長256cm[182]うお座[183]。血液型XF型[183]。好きな食べ物はトムヤムクン[5]。嫌いな食べ物はマヨネーズ[5]。趣味はDJ・サーフィン[16]。イメージ国は中国[52]。イメージ職業はDJ[52]。イメージ花はポピー[53]。イメージ動物はオランウータン[53]
鍵盤のような歯並びや辮髪が特徴の男。中華風の衣服を着用しており、ヘッドホンとサングラスをかけている。目立ちたがりな性格で、他人にちょっかいを出すことを好む。陽気な言動とは対照的に現実主義者であり、「自分達同世代の海賊が手を組んだ程度で四皇は倒せない」「海賊の同盟は最後には失敗する」と考えている。武器は一対のトンファー。一人称は「オラッチ」。笑い声は「アッパッパ」。
超人系悪魔の実「オトオトの実」の能力者[156]。体中を楽器に変え、そこから発するで攻撃することができる[注 211]。形のない「音」による攻撃であるため、回避は困難。ただし、照準は目線であるため、発動した瞬間に大きく回避すれば攻撃は当たらない。また、攻撃範囲は音が聞こえる距離という制限があり、耳を塞がれる・距離を離されるなどで相手に音が聞こえないと攻撃は通用しない。「武装色の覇気」の使い手。
シャボンディ諸島では黄猿に一撃食らわせてすぐさま逃げようとしたが、返り討ちにあった。新世界では、とある春島でイノシシの大群に追いかけられていた。2年の間にトットランドに乗り込むが、ビッグ・マムの顔を見ることなくはじき出されたという。
新世界編では、百獣海賊団の傘下に入っている。ナンバーズを手懐けることができ、これまでにいくつもの街を破壊している。パンクハザード編で、キッドやホーキンスと海賊同盟を結成する。だが、これは2人をハメるための罠で、その矢先に上空から落下してきたカイドウを2人に引き合わせた。ゾウ編では、ジャックとの通信が途絶えたことをカイドウに電伝虫で報告する。
ワノ国編では、火祭りの夜の宴に参加するため、ワノ国に帰還する。宴会場内で発見したルフィやゾロに攻撃を仕掛けるが、裏切りに怒るキッドから奇襲を受け、自分の能力の弱点を知るキラーの助言によって逃げられてしまう。赤鞘の侍が襲来するとナンバースを指揮し、麦わらの一味に差し向けようとするも、ゾロとドレークに阻まれる。クイーンが敵味方無差別に「氷鬼」をばら撒いた後ウイルスの抗体を渡され、奪われないよう逃げ回ることになる。ゾロの攻撃を受け抗体を奪われるもすぐに立ち上がり、抗体を受け取ったチョッパーを狙うも失敗。その後、ルフィやカイドウを出し抜くため岩戸の間でドレークを勧誘するが断られ、手を組む相手を偶然現れたヤマトに切り替える。ヤマトを追いかける最中にCP-0に遭遇し、不用意に挑発したことで攻撃を受ける。ドレークと共に反撃するが、ドレークと三鬼が敗れると、一美を引き連れてその場から逃走し、2人で鬼ヶ島から脱出した。戦いの7日後には、ルフィたちの懸賞金が上がったことをキッドに伝えた。
名前の由来は中国海賊チュイ・アプー英語版[184]

ボニー海賊団[編集]

ジュエリー・ボニー率いる海賊団。海賊旗はボニーの顔を模したドクロの後ろに食べかけのピザが描かれたマーク[9]。船は「ジュエリー・マルゲリータ号」で、船全体にピザやチーズなど食材のモチーフが入れられている[181]

ジュエリー・ボニー
声 - 木内レイコ(392 - 736話)、高木礼子(888話 - )
ボニー海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「大喰らい」。懸賞金1億4000万ベリー。
「南の海」出身。22歳→24歳(推定)[182]。誕生日は9月1日(大食い→0091)[60]。身長174cm[182]おとめ座[183]。血液型F型[183]。好きな食べ物はマルゲリータ・ピザ[5]。嫌いな食べ物はニンジン[5]。趣味は食事・ジェンガ[16]。イメージ国はオーストラリア[52]。イメージ職業はピザ[52]。イメージ花はフリージア[53]。イメージ動物はシカ[53]
ピンク色の長髪とはみ出した口紅が特徴の女海賊。帽子を被り、ノースリーブの上に毛皮のジャケットを羽織り、サスペンダー着きのホットパンツと柄のあるニーソックスにロングブーツを履いている。スタイルのよい細身の体格だが、異名が示す通りその体からは想像できないほどの大食い。食事作法は下品だが、事を荒立てない慎重さを持つ[注 212]
自他問わず、人の身体年齢を変える悪魔の実の能力を持つ。敵を幼い子供や老人に変えて弱体化させたり、自身の容貌を変えて周りの目を欺いたりできる。
赤犬によれば、かつて政府から逃げ出した過去があるという。頂上戦争後、何者かに対し怒りを露にし、新世界に進出するが黒ひげに敗れる。拘束されて置き去りにされたところを、赤犬に捕らえられた。
新世界編では、海軍から脱走して逃亡生活を送っている。ドレスローザ編では、ルフィ達がドフラミンゴを倒した新聞を見て感心していた。世界会議編では、ソルベ王国王太后コニーに変装しマリージョアに潜入する[注 213]
名前の由来は女海賊アン・ボニー[184]

破戒僧海賊団[編集]

ウルージ率いる海賊団。海賊旗は、左右に羽があるウルージの顔を模したドクロの周囲に数珠が描かれたマーク[9]。船は「般城丸(はんじょうまる)」で、船首像は二本の薙刀が交差した般若の面[181]

ウルージ
声 - 楠大典
破戒僧海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「怪僧」。懸賞金1億800万ベリー。
空島出身。45歳→47歳[182]。誕生日は8月1日(「は」か「い」そう)[60]。身長388cm[182]しし座[183]。血液型S型[183]。好きな食べ物はあずき豚肉[5]。嫌いな食べ物は野菜[5]。趣味は酒・色事・山登り[16]。イメージ国はインド[52]。イメージ職業はキャバクラ支配人[52]。イメージ花はヒナギク[53]。イメージ動物はゾウ[53]
僧侶のような服装をした巨漢で、背中には空島の住民と同じ羽がある。不敵な笑みを絶やさず、ふてぶてしい物言いが多い。巨大な棍棒のような武器[注 214]を携帯している。部下からは「ウルージ僧正」と呼ばれる。
受けたダメージに応じてパワーアップし、巨大化することができる悪魔の実の能力者[23]
シャボンディ諸島では、キラーと小競り合いを起こす。その後、パシフィスタと交戦し、次いで現れた黄猿に深手を負わされた。新世界ではライジン島に辿り着き、上陸しあぐねていた。2年の間にトットランドに侵入してビッグ・マム海賊団の将星スナックを討ち取ったが、将星クラッカーに惨敗したという[注 215]
ドレスローザ編では、空島バロンターミナルで傷を癒しており、そこでカイドウの飛び降り自殺の現場に遭遇するが、「本気なら止めまい」として見守った。
名前の由来はバルバリア海賊ウルージ・バルバロッサ[184]

東の海の海賊団[編集]

「東の海」でルフィ達が戦った海賊団。

バギー&アルビダ連合[編集]

それぞれルフィに倒されたアルビダ海賊団とバギー海賊団が、ルフィを捜すという目的の元に結束した一派。現在は新世界にて、海賊派遣会社「バギーズ・デリバリー」として活動している。

バギー海賊団[編集]

綱渡りフナンボローズ[45]
バギーの部下の下っ端3人組。ナミに騙され、船を盗られた。結成日は2月25日[195]
怪力ドミンゴス[45]
バギーの部下の3人組。ナミを追いかけていたが、ルフィに敗れた。結成日は2月19日[195]
軽業フワーズ[45]
バギーの部下の4人組。ナミを襲ったが、ゾロに敗れた。結成日は7月13日[195]

アルビダ海賊団[編集]

海賊旗は目がハート型の横向きドクロ。船は「Miss ラブ・ダック号」で、船首は白鳥を象っている[27]

アルビダ
声 - 松岡洋子 / 演 - イリア・イソレリス・パウリーノ
アルビダ海賊団船長。
ヘッポコ、ペッポコ、ポッポコ[45]
アルビダの部下。誕生日は9月2日[32]
コビー
元アルビダ海賊団航海士兼雑用。現在は海軍本部大佐。

クロネコ海賊団[編集]

海賊旗は猫のマーク。船の名前は「ベザン・ブラック号[27]で、船首は黒猫を象っている。

クロ
声 - 橋本晃一 / 演 - アレクサンダー・マニアティス
クロネコ海賊団初代船長。通称「キャプテン・クロ」。異名は「百計のクロ」。元懸賞金1600万ベリー[40]
「東の海」出身[195]。33歳→35歳[3]。誕生日は4月22日[23]。身長207cm[195]おうし座[195]。血液型X型[195]。好物はバナナ[195]
眼鏡をかけたオールバックの男。緻密な計画の下に犯罪・略奪を繰り返してきた知能犯[196]。計画のためなら味方も躊躇なく殺す非情な性格で、船員を「船長がいなければ何も出来ないコマ」としか見ておらず、海賊団は世間からはみ出した野犬のかき集めでしかないと思っている[197]。武器は、指先に長い爪のように5本の刀がついた手袋「猫の手」。刃で自分の顔を傷つけないよう、ずり落ちた眼鏡を手の平で上げる癖がある[注 216]
100メートル4秒台という超人的スピードの走力を誇り[68]、目にも留まらぬ速さで敵を仕留める暗殺術を得意とする。ブランクはあるもののニャーバン・兄弟を圧倒し[198]、超スピードの足技でルフィを翻弄するなど実力は健在。
海賊時代の5年前、無能な部下を抱えながら、執拗に海兵や賞金稼ぎに追われる海賊生活に嫌気がさし、キャプテン・クロの名を消し船を降りることを計画。襲撃してきた海軍船を単身で返り討ちにし、運良く一命を取り留めたモーガンと部下をジャンゴの催眠術で操り、部下を身代わりとして処刑させることで自らの存在を抹消する[197]。そしてジャンゴに船長の座を譲り、船を降りた。その後は金と平穏を手に入れるため、経歴を偽り「クラハドール」と名乗り、シロップ村でカヤの家の執事になる[注 217]。善良な人物を演じ、3年をかけて周囲の完璧な信頼を得ることで、血縁ではない自分が遺産相続者として選ばれてもおかしくない立場を作り上げた[注 218]。カヤにも表向き親しく接し、彼女からも慕われていたが、実際は情の欠片も抱いていなかった[200]
船を下りてから3年後のシロップ村編で、部下を呼び込んでカヤを暗殺し、カヤに遺書を書かせることで自分に遺産を相続させる計画を実行[注 219]。だが、計画を知ったウソップと麦わらの一味が立ちはだかり[201]、ルフィとの戦いでは、超スピードの無差別攻撃「杓死」で翻弄するも、部下を平然と傷つける行為がルフィの怒りを買う。「杓死」を発動する直前の一瞬の隙を突かれて捕らえられ、「ゴムゴムの鐘」を受け敗北[202]。部下と共に撤退し、その後の消息は不明[注 220]
ジャンゴ
クロネコ海賊団副船長→クロネコ海賊団2代目船長。現在は海軍本部少佐。
シャム&ブチ
声 - 小野坂昌也(シャム)、高戸靖広(ブチ)
クロネコ海賊団船の番人。通称「ニャーバン・兄弟(ブラザーズ)」。懸賞金700万ベリー(ニャーバン・兄弟として)[195]
シャムは「東の海」出身[195]。21歳→23歳[195]。誕生日は4月19日(シャム→4、シャ→S→アルファベット19番)[121]。身長201cm[195]おひつじ座[195]。血液型X型[195]。好物は焼き魚[195]
ブチは「東の海」出身[195]。21歳→23歳[195]。誕生日は2月7日(ブチ→27)[121]。身長216cm[195]みずがめ座[195]。血液型X型[195]。好物はフィッシュ&チップス[195]
シャムは猫背で華奢な体格で、演技や騙し討ち[204]、相手の武器を盗むことを得意とする策略家であり、ブチは肥満体型でパワーやジャンプ力を生かした戦いを得意とする武闘家[205]。二人とも両手に鋭い爪がついた手袋をしている。息の合ったチームワークが自慢で、2人合わせての実力はジャンゴをも凌ぎ、クロが船を下りてからは実質クロネコ海賊団の最強コンビとされている。
ゾロとの戦いではシャムが刀を2本奪い有利に立つが、ナミに刀を取り返され、「虎狩り」を受けて敗れた。シャムは倒れたがブチは耐え抜き、ジャンゴに催眠術をかけてもらいパワーアップを果たしゾロに2度目の戦いを挑むが、再び敗北を喫した[206]
ヌギレ・ヤイヌ[45]
クロネコ海賊団船大工。「東の海」出身[207]。誕生日は7月18日[207]
ジャンゴに催眠術をかけられ、クロに仕立て上げられる。同じく催眠術をかけられたモーガンに海軍基地に連行され、身代わりとして処刑された。

クリーク海賊団[編集]

「東の海」最強の戦力を持つと言われる、50隻・5000人の兵力からなる海賊艦隊。海賊旗は、両脇に敵への脅迫を示す砂時計[注 221]がついたドクロマーク。本船は巨大なガレオン船ドレッドノート・サーベル号[27]。「偉大なる航路」へ進出したところを七武海ミホークに襲撃され、ほぼ壊滅。本船は命からがら「東の海」に帰還し、海上レストラン・バラティエを襲ったが、ルフィと海のコック達によって返り討ちにされた。

クリーク
声 - 立木文彦
クリーク海賊艦隊提督。通称「首領・クリーク(ドン・クリーク)」。異名は「ダマし討ちのクリーク」。懸賞金1700万ベリー。
「東の海」出身[195]。42歳→44歳[3]。誕生日は9月19日[23]。身長243cm[195]おとめ座[195]。血液型XF型[195]。好物は海王類の丸焼き[195]
筋肉質な体格の大男。5000人の兵力を束ねる高い統率力を持つが、義や情を嫌い部下の犠牲を省みない冷酷な性格。部下からは恐れられているが、同時に寄せられる忠誠心は本物である[注 222]。戦闘に必要なのは「殺す手段」だけという考えで、勝つためならどんな卑怯な手も使う。
強靭な硬度を誇るウーツ鋼の鎧や大量の武器・兵器を、全身に仕込んでいる。その重武装は1tを超える物でありながらも平然と着こなし、それらを軽々と操る怪力を持つ。全身に仕込んだ武器で容赦なく戦う術を「武力」と呼び、自身を最強と称して憚らない。
かつて、監獄から海兵になりすまして上官を殺し、軍艦を乗っ取ることで海賊として狼煙を上げる。以後、白旗を上げる・海軍船を装うなどの勝つためならば手段を選ばない騙し討ちを繰り返し、東の海の覇者へと成り上がった。
「偉大なる航路」での航海7日目で、50隻の艦隊をミホークに破壊される。偶然起こった嵐により難を逃れ、ボロボロになったガレオン船とわずか100人程度の部下と共に「東の海」に逃げのびる。そこでフルボディの部隊に狙われたが、囮となったギンによって逃れる。帰還したギンに案内され、餓死寸前の状態で「バラティエ」に辿り着き、サンジゼフに与えられた食事で己と部下の命を取り留める。しかし受けた恩を意にも介さず、「偉大なる航路」に再挑戦するための情報源と新たな船として、ゼフの航海日誌とバラティエを奪うべく、侵略を決行する。ギンが命令に背いた上、命を救われた恩義でサンジに止めを刺せなかったことに激昂し、「M・H・5」を発射し彼を猛毒に冒す[208]。怒るルフィに対し全身の「武力」をもって多くの傷を負わせるが、彼の死をも恐れぬ信念に押されていき、最後は「ゴムゴムの大槌」を受けて敗れた。なおも立ち上がり、自暴自棄に陥ったところをギンに気絶させられ、バラティエを後にした[209]。その後の消息は不明。
ギン
声 - 小野健一
クリーク海賊艦隊戦闘総隊長。異名は「鬼人のギン」。懸賞金1200万ベリー[195]
「東の海」出身[195]。25歳→27歳[195]。誕生日は4月7日原子番号47)[5]。身長186cm[195]おひつじ座[195]。血液型S型[195]。好物はサンジが作ったピラフ[195]
目の下の濃いクマが特徴の男。たとえ命乞いをされようとも敵なら容赦なくいたぶり殺すことから「鬼人(きじん)」の異名を持つ。非情な戦闘スタイルとクリークへの高い忠誠心を併せ持つことから、クリーク海賊団No.2の地位を授けられており、クリークや部下からも信頼されている。戦闘には一切の容赦がないが身内に対する情はあり、基本的に物腰は柔らかい。当初はクリークに従うことしか考えていなかったが、バラティエでの戦いで自分の信念を持つようになる。
鉄球がついたトンファーのような武器を使う。鉄壁を誇るパールの盾を一撃で破壊する威力で、傷だらけだったとはいえ、サンジを追い詰めるほどの実力者であり、サンジ自身も自分の不利を抜きにして強さを認めていた[210]
偉大なる航路」からの敗走中、それをチャンスと待ち構えていたフルボディの部隊に見つかるものの、自ら囮となり海軍に捕まる。脱走して、バラティエにたどり着き、空腹で餓死寸前であったところをサンジに救われる[211]。クリークの元へ帰還後、餓死寸前のクリーク達を引き連れ再びバラティエを訪れる。クリークが恩を仇で返し侵略を決行後、しばらくは戦況を見届けていたが、ゼフを人質にとり、サンジに降伏を促す。サンジが一切要求に応じないことを悟ると、サンジを痛めつけたパールを盾ごと粉砕して失神させ、自らサンジと相対する。パールから受けたダメージで満身創痍のサンジを追い詰めたが、命を救われた恩義により止めをさせず、船を見逃してほしいとクリークに忠言したことから、見捨てられる。クリークが発射したMH5の猛毒に冒されたが、ゼフの知恵とパティらの看病で即死は免れる。ルフィに敗れ、錯乱状態になったクリークを失神へ追いやり、自ら戦いの幕引きを図り、自分自身が心の奥底で目指していた「偉大なる航路」での再会をルフィとサンジに約束し、クリークを連れてバラティエを去った。その後の消息は不明。
パール
声 - 河本浩之
クリーク海賊艦隊第2部隊隊長。異名は「鉄壁のパール」。
「東の海」出身[195]。23歳→25歳[195]。誕生日は7月11日(真珠記念日)[11][注 223]。身長239cm[195]かに座[101][注 223]。血液型F型[195]。好物はホタテ[195]
ジャングル育ちの大柄の男。巨大な2枚の盾に挟まれる格好で全身を守っており、腕や膝にも盾を身に着けている。クリーク同様勝つためなら手段は選ばない冷酷さを持つ。口癖は「イブシ銀」「鉄壁」。
全身の盾による鉄壁の防御を自負しており、「軍艦の砲撃も効かない」と豪語する。過去61回の死闘を無傷で勝利し、血を一滴たりとも流さなかったという。しかし身の危険を感じると激しく動揺し、「ジャングルでの猛獣避け」の癖で、問答無用で自分の盾や周囲に火を放つ「ファイヤーパール」となってしまう。
部下達を一蹴したパティとカルネをたやすく倒すと、サンジと交戦する。当初は鉄壁の自信から余裕綽々と戦っていたが、クリークに吹き飛ばされたルフィが頭にぶつかり、鼻血を流してしまう。それに動揺したことで火を起こし、バラティエ甲板を火の海に変えるが、炎に全く動じないサンジに圧倒され、クリークが投げた鉄球をルフィが跳ね返したことで、壊れたマストの下敷きになる。ギンがゼフを人質にとると、手が出せないサンジを滅多打ちにしたが、命を救われたケジメとして自らサンジを倒したいギンに盾ごと粉砕されて、倒された。
アイデアマン[45]
クリーク海賊団参謀。「東の海」出身[207]。誕生日は3月17日[207]
ハッスル[45]
クリーク海賊団戦闘インストラクター。「東の海」出身[212]。誕生日は7月28日[212]
カギッコ[45]
クリーク海賊団錠前師。「東の海」出身[212]。誕生日は10月27日[212]

アーロン一味[編集]

元は魚人島周辺で活動していた一味。15年前、フィッシャー・タイガー率いるタイヨウの海賊団に合流するが、2代目船長ジンベエが七武海に加盟したことで決別し、再び独立した。8年間コノミ諸島を支配下に置いていたが、ルフィ達に敗れ、後に全員が海軍に捕縛されて崩壊した。海賊旗はノコギリザメのマーク。船の名前は「シャーク・スパーブ号[27][注 224]

アーロン
声 - 小杉十郎太
アーロン一味船長。ノコギリザメの魚人。マダム・シャーリーの母親違いの兄[213]。異名は「ノコギリのアーロン」。懸賞金2000万ベリー(当時の東の海最高額)。
魚人街出身。39歳→41歳。誕生日は5月3日[23]。身長263cm[207]おうし座[207]。血液型F型[207]。好物はの丸焼き[207]
魚人族は「人間の進化系」「万物の霊長」であるという思想を持ち、人間を下等種族と見下す種族主義者。同族の魚人は「同胞」と呼び大事に扱っている。人間を激しく嫌っており、人間を殺すことを何とも思っていない。ただし、人間でも金で話の分かる者や利用価値のある者は別と考えており、アーロンパークの造形を子供の頃に憧れていたシャボンディパークに似せるなど、人間世界への憧れを密かに抱いている。笑い声は「シャハハハハ」。
巨大なノコギリ刀「キリバチ」を武器とする。並みの攻撃ではびくともしない強度を誇る鋭いノコギリ状の鼻、何度も生え変わる牙、砲弾や石柱をも噛み砕く強力な顎の力など、鮫の特性を活かした攻撃を行う。魚人の中でも抜きん出た力を持ち、少量の水を掛けるだけで散弾銃ほどの威力を持たせることもできる。怒りが頂点に達すると海王類が怒った時のような鋭い目つきになる。ヨサクは「個人の実力では首領・クリークを凌ぐ」と評している[214]
幼い時に父親に魚人街に捨てられ、以後そこで育ち、15歳頃に父親と名乗る魚人が連れて来たシャーリーと出会う[213]。無法者だらけの魚人街の中でも最も気性が荒く成長し、魚人島周辺の海底で暴れ回り海軍でも噂される海賊となった。同郷出身で「大アニキ」と慕っているフィッシャー・タイガーがタイヨウの海賊団を結成すると同時に合流、ジンベエと並び一味の中核を担った。人間嫌いはこの頃からであり、幼い頃のホーディ達に人間は憎むべき存在という意識を植えつけた。タイガーから人間に対する過度な攻撃を咎められても全く意に介さず、「恐怖を与える事が復讐を止める」と考えていた。また、一時乗船した人間の少女コアラに対しても、他の者と違って心を開くことはなかった。タイガーの死後、人間に復讐しようとするが海軍中将ボルサリーノに捕らえられ、インペルダウンに投獄される。1年後、ジンベエの七武海加入と引き換えに恩赦で釈放されるが、政府の狗となったジンベエに決別を言い渡し、再び一味を率い独立する。
10年前、東の海全体を支配する「アーロン帝国」の建国を企み、コノミ諸島にある20もの町村を力で支配し、奉貢を払えなかったナミの義母ベルメールを見せしめの意味も込め、最初の犠牲者として射殺した。さらにナミの海図を描く才能にも目を付け、半ばココヤシ村を人質にする形で無理矢理アーロン一味に加入させた。ナミには大量の海図を描かせ、世界中の海を把握することでアーロン帝国の発展に利用しようとしていた。島の支配においては、人間達を無益に虐殺せず、島民から毎月奉貢を搾取していた。ただし、奉貢の未払いや武器の所持は反乱とみなし、ルフィ達がココヤシ村に到着する数週間前には奉貢の未払いがあったことで「反乱した」ゴサの町を壊滅させた。また、海軍大佐ネズミを賄賂で手懐けることで、海軍本部に島の支配が漏れぬよう手を回していた[注 225]
ココヤシ村を支配下にした際に、ナミと1億ベリー払えば村もナミも解放するという約束を交わすが、ナミが1億ベリー達成寸前に迫るとそれを妨害するためネズミに密告し、ナミが8年かけて貯めた9300万ベリーを没収させナミを絶望の淵に叩き落とす。この出来事は、ココヤシ村の反乱とルフィ達の戦いの火付けとなった。アーロンパークでの戦いでは、身動きが取れなくなったルフィを海中に突き落とし[216]、しばらくはゲームとして見物していたが幹部達が全員敗北すると重い腰をあげて手負いのゾロとサンジを圧倒[217]。海中から復帰したルフィと一騎討ちとなり、途中までは優勢を保っていた。測量室での攻防で「ナミを最もうまく『使える』のは自分であり、ナミと自分は仲間」と、ナミを道具扱いする言葉を発したことがルフィの怒りを買い、自慢の鼻をへし折られた挙句、「ゴムゴムの戦斧」を受けてアーロンパークごと叩き潰された[218][219]。その後、幹部達共々海軍に逮捕され、以後の消息は不明。
はっちゃん
アーロン一味幹部。現在はたこ焼き屋店主。
クロオビ
声 - 江川央生
アーロン一味幹部。エイの魚人。懸賞金900万ベリー[207]
魚人街出身[207]。34歳→36歳[207]。誕生日は10月25日[23]。身長252cm[207]さそり座[207]。血液型XF型[207]。好物はエビ刺身[207]
魚人空手40段を誇る格闘家。掛け声は「エイッ!」。幹部の中でも警戒心の強い性格で、ナミの行動に常に眼を光らせており、アーロンパークでのナミの部屋を探ったりもしていた。10年前、ゲンゾウの全身に傷を負わせた張本人であり、その際はサーベルを使用していた[215]
麦わらの一味が攻めてきた際には、サンジと相対する。ルフィを救出するため海中に飛び込んだサンジを追い、水中戦では一方的に攻撃を加えたが水中での魚人の弱点であるエラに息を吹き込まれ、再度地上戦に持ち込まれる。「貴様は誰も守れない」とサンジの騎士道を侮辱したことで怒りを買い、怒涛の攻撃と最後は「羊肉ショット」を受けて敗北した[221]
チュウ
声 - 小野坂昌也
アーロン一味幹部。キスの魚人。懸賞金550万ベリー[207]
魚人街出身[207]。33歳→35歳[207]。誕生日は5月23日[23]。身長257cm[207]ふたご座[207]。血液型X型[207]。好物はアサリ味噌汁[207]
口に含んだ水を超高速で吐き出し、銃火器と変わらない威力を持たせる「水鉄砲」の使い手。アーロン同様、人間を見下しており、タイヨウの海賊団に所属していた頃から、悪名を高めることに拘っていた。口癖は「チュッ」。
麦わらの一味との戦いでは、ウソップと戦う[222]。当初は臆病に逃げ回るウソップを追いかけたが、命を掛ける覚悟を決めたウソップに奇策で翻弄される。酒をかけられた体に「火炎星」を受けて炎上し、さらに「ウソップハンマー」を連続で受けて敗北した。
ナミ
元アーロン一味幹部。現在は麦わらの一味航海士。
カネシロ[45]
アーロン一味船大工。金魚の魚人。魚人街出身[212]。誕生日は12月2日[212]。額と胸に「金」の文字がある。
ピサロ[45]
アーロン一味音楽家。マンボウの魚人。魚人街出身[212]。誕生日は8月14日[212]。両手にマラカスを持っている。
タケ[45]
アーロン一味コンパ隊長。コイの魚人。魚人街出身[212]。誕生日は8月21日[212]。額に「恋」の文字がある。
シオヤキ[45]
アーロン一味宴会部長。サケの魚人。魚人街出身[212]。誕生日は3月27日[212]。常に酒を持っている。
モーム
アーロン一味戦闘員の海牛。

偉大なる航路の海賊団[編集]

ブリキング海賊団[編集]

ドラム王国国王のワポルが、黒ひげ海賊団の襲撃から逃れた際、一時的に結成した海賊団。海賊旗は王冠を被ったカバのドクロマーク。船は大型潜水奇襲帆船「ブリキング号」。船首は王冠を被ったカバを模している。

ワポル
元ドラム王国国王。現在は悪ブラックドラム王国国王。
チェス
声 - 沼田祐介
元ドラム王国悪参謀。
「偉大なる航路」ドラム王国出身[212]。30歳→32歳[212]。誕生日は7月20日[212]。身長194cm[212]かに座[212]。血液型S型[212]。好物は高級菓子[212]
チェック柄の防寒着を被った、波型の唇で両腕の長い大柄の男。ワポルが食べたものや、法律のリストを記録している。弓の名手で、「チェックメート」と言いながら矢を放つ。ワポルに心酔しており、ワポルの圧政は民を守るために必要なもので民の心など不要と考えている。どこか抜けているがクロマーリモ・ドルトンとは「三幹部」とされる互角の実力者であり、Dr.くれはからも「あいつらが弱かったら、圧政ができるわけがなかった」と一定の評価をされている。
クロマーリモ
声 - 乃村健次
元ドラム王国悪代官。
「偉大なる航路」ドラム王国出身[212]。28歳→30歳[212]。誕生日は1月26日[212]。身長186cm[212]みずがめ座[212]。血液型F型[212]。好物は昼間から飲む[212]
マリモのようなアフロヘアーの男。両手にアフロのようなグローブをつけている。戦闘においてはアフロに隠した武器を使用する。国政に必要なのはシステムと考えている。チェス同様ワポルに心酔しており、彼に刃向かう者には残酷な本性を露わにする。笑い声は「ムハハハハ」。
チェスマーリモ
声 - 沼田祐介&乃村健次
チェスとクロマーリモが、バクバクの実の能力により合体した姿。自称「ドラム王国最強の戦士」。
チェスがクロマーリモを肩車したような外見で顔が2つ、腕が4本ある。話す時は常に2人同時で喋る[注 226]。怪力を誇り、ハンマー・斧をそれぞれ4本ずつ隠し持っている。かつて動物系能力者であるドルトンと行動を共にしていたため、3段変形やパワーを熟知している。
ドラム城での戦いでチョッパーと対決するが、「ランブルボール」の効果に翻弄され弱点の顎をつかれ敗北した。劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』では元のチェスとクロマーリモに分離し、ワポルの船に搭乗している。
ムッシュール
劇場版オリジナルキャラクター。ワポルの兄。

ベラミー海賊団[編集]

猿山連合軍[編集]

モンブラン・クリケットのもとに、絵本「うそつきノーランド」のファンであるマシラ、ショウジョウの「大猿兄弟」が押し掛ける形で結成された一味。ジャヤが拠点で、海底探査を得意とする。団員の姿、たち振る舞いはそのもの。海賊旗は栗の形をしたドクロマーク[49]。船の名前は「クリマロンマリン号[49]

モンブラン・クリケット
声 - 谷口節内田直哉エピソードオブ空島
猿山連合軍最終園長(ラストボス)。「うそつきノーランド」の主人公モンブラン・ノーランドの末裔。懸賞金2500万ベリー[49]
「北の海」出身[49]。41歳→43歳[49]。誕生日は9月11日[23]。身長242cm[49]おとめ座[49]。血液型S型[49]。好物は栗きんとん[49]
ロマンの探求に人生をかける男。頭部には先祖のノーランド同様栗がついている。重度のヘビースモーカー。猿山連合軍からは「おやっさん」、ルフィには「ひし形のおっさん」と呼ばれる。ベラミーには完敗したものの、手刀や拳銃でサンジと渡り合う実力を持つ。
大嘘つきの大罪人とされるノーランドの血に囚われることを嫌って海賊となり、一団の船長となったが、航海の末にノーランドの因縁の地であるジャヤに辿り着いてしまう。そして、自分の人生を狂わせた先祖との決着を付けるため、元々の仲間たちと別れ、海底に沈んだと考えられる黄金郷の遺跡を探し始める。長年にわたって体を酷使し海に潜り続けたため、潜水病に侵されるも、探索は継続し続けた。
空島の手掛かりを求め尋ねてきたルフィたちを金塊狙いの悪党と勘違いし、サンジと交戦。その最中、潜水病で倒れたところを介抱してもらったことで、ルフィたちの空島行きに力を貸す。ベラミーに襲撃され金塊を奪われたが、ルフィのおかげで取り戻した。積帝雲の上空に空島があると推察し、「突き上げる海流(ノックアップストリーム)」の衝撃に耐えるべくメリー号を強化した。ルフィたちによって黄金郷が空にあると知ってからは海底探索を中止し、次のロマンを求めた。
新世界編では、新たなロマンとして幻の島「夢幻郷(ナクロワ)」を探し旅をしている。

マシラ海賊団[編集]

海賊旗はバナナが交差した猿のマーク。船の名前は「ビクトリー・ハンター号[27]で、船首は「船体ハンター(バルコ・ハンター)」になる。

マシラ
声 - 田原アルノ
マシラ海賊団園長(ボス)。猿山連合軍幹部[49]。異名は「サルベージ王マシラ」。懸賞金2300万ベリー。
「北の海」出身[49]。23歳→25歳[49]。誕生日は3月4日[23]。身長345cm[49]うお座[49]。血液型F型[49]。好物はバナナ[49]
ジャヤ近辺を縄張りにサルベージを行なっている。驚異的な肺活量を持つ。「猿あがり」という自作の言葉を男前という意味とし、「さる」が入った言葉を話しかけると勝手に猿あがりと褒められたと勘違いし、ご満悦になる。海王類を一撃で倒す実力者[224]
名前の由来は猿を意味する「ましら」[225]

ショウジョウ海賊団[編集]

海賊旗は猿のドクロマーク。船の名前は「ウータン・ソナー号[27]。「ウータンダイバーズ」という海底探索に優れたチームを持っている。

ショウジョウ
声 - 田の中勇
ショウジョウ海賊団大園長(大ボス)。猿山連合軍幹部[49]。マシラの兄貴分。異名は「海底探索王ショウジョウ」。懸賞金3600万ベリー。
南の海」出身[49]。25歳→27歳[49]。誕生日は5月8日[49]。身長351cm[49]おうし座[49]。血液型X型[49]。好物はランブータン[49]
人間離れした思い切った顔をしているが、一応人類。生まれてから一度も髪を切ったことがない。よくハラハラする性格。強力な雄叫びを武器とする。
名前の由来はオランウータンを意味する「猩猩」[225]
ウータンダイバーズ
ショウジョウの部下たち。海に潜ってショウジョウの「探索の雄叫び」の反響音を識別し、周囲の海中の状況を把握する。

フォクシー海賊団[編集]

海賊のゲーム「デービーバックファイト」を中心とした活動をしている海賊団。審判は自分のチームが反則をしていても見ないなど、理不尽なルールで船員を奪う。船員は皆一味共通のアイマスクを着用している。海賊旗はキツネのドクロマーク。船はを象った船首の「セクシーフォクシー号」。船内には「コンバット」でフォクシーが使うために、「ゴリラパンチャー13号」など多くのトラップがある。

フォクシー
声 - 島田敏
フォクシー海賊団船長。異名は「銀ギツネのフォクシー」。懸賞金2400万ベリー。
「南の海」出身[226]。36歳→38歳[3]。誕生日は4月4日[23]。身長180cm[226]おひつじ座[226]。血液型S型[226]。好物はたぬきそば[226]
ずる賢い小悪党だが、多数の船員たちを束ね「オヤビン」と呼び慕われる不思議なカリスマ性を持つ。一方で、自身の二つに割れたような髪型を「割れ頭」と言われるだけで立ち直れなくなるほど純情で傷つきやすい一面もある。笑い声は「フェッフェッフェ」。
超人系悪魔の実「ノロノロの実」の能力者。触れたものの速度を30秒間遅くする「ノロマ光子」の光線を放つことができる「ノロマ人間」。生物だけでなく無機物の動きも遅くすることができる。相手の動きを一時的に封じることができるため、デービーバックファイトでは無類の強さを発揮する。
15年前、凶器発覚によりボクサーライセンスを失い、13年前にノロノロの実の能力者となる[226]。10年前にデービー・ジョーンズの伝説を知り、海賊団を旗揚げしてデービーバックファイトを開始する[226]
ロングリングロングランドにて、麦わらの一味に「デービーバックファイト」を申し込む。第1戦「ドーナツレース」では、「ノロノロビーム」でナミ達を妨害し勝利に導く。最終戦「コンバット」でルフィと対戦。ノロノロの能力やセクシーフォクシー号の様々な仕掛けでルフィを追い詰めたが、ノロマ光子が鏡に反射する性質を利用され「ゴムゴムの連接鎚矛(フレイル)」を受けて敗北。920戦無敗の伝説に泥を塗られ、おまけに海賊旗を下手なマークに描き直された[227]
原作ではロングリングロングランド編以降の登場はないが、アニメオリジナルストーリーではその後も度々登場している。デービーバックファイト終了後、フォクシー海賊団を離れて行動し、ルフィに助けられて海賊団に戻るまでが描かれている[228]。スリラーバーク編の後には、スパアイランド号の支配人ドランと手を組みルフィに戦いを挑むが返り討ちにあっている[229]
アニメSP『アドベンチャー オブ ネブランディア』では、新たな仲間コーメイらを加え再登場。麦わらの一味にデービーバックファイトのリベンジマッチを挑むが、従ったフリをしていた海軍中将コーメイの策によりポルチェとハンバーグが攫われてしまう。同じく仲間を攫われたルフィと共同戦線を張りコーメイの拠点「ネブランディア」に乗り込む。同行していたカンショウが正体を現すと怒りでカンショウを殴り倒し、ルフィとコーメイの戦いではノロノロビームをコーメイに浴びせルフィを援護した。ルフィたちと別れた後、フォクシー海賊団を立て直すことを改めて決意した。

キューティワゴン号[編集]

デービーバックファイトの種目「ドーナツレース」の出場メンバー。アニメでは「ドッジ・タッチ・だるまさん」にも参加した。

ポルチェ
声 - 中山さら
フォクシー海賊団女性戦闘員。「お花チアリーダーズ」のリーダー[156]
フォクシー海賊団のアイドル的存在。純粋で騙されやすい性格。口癖は「いやん」。フォクシーの側近で、様々な要因で傷つき落ち込むフォクシーを慰め、フォクシーを笑うハンバーグに怒鳴っている。チョッパーを大変気に入り、ドーナツレースの勝利報酬で奪ったチョッパーを勝手に「チャッピー」と命名して手元に置きたがろうとしたが、チョッパー本人はかなり嫌がっていた。誕生日は11月16日[23]
ドーナツレースではナミたちの策により常に後手に回ったが、フォクシーのノロノロビームでナミたちがノロマになったことで逆転勝利を収めた。
カポーティ
声 - 土田大
フォクシー海賊団戦闘員。カジキの魚人。
魚人空手の使い手。ホシザメのモンダを連れている。誕生日は5月1日[23]
モンダ
声 - 高塚正也
フォクシー海賊団のペットのホシザメ。誕生日は4月3日[23]

グロッキーモンスターズ[編集]

デービーバックファイトの種目「グロッキーリング」の出場メンバー。アニメでは「ドッジ・タッチ・だるまさん」にも参加した。ハンバーガーの材料が名前のモチーフとなっている。

ハンバーグ
声 - 掛川裕彦
フォクシー海賊団戦闘員。グロッキーモンスターズのリーダー。
ゴリラのように腕をついて走る巨漢で、「四足ダッシュの奇人」と呼ばれる。フォクシーの側近で、ポルチェとは対照的にことあるごとに落ち込むフォクシーを笑っている。笑い声は「ぷぷぷぷぷ」。誕生日は2月22日[23]
無敗を誇るグロッキーリングでゾロ・サンジと対戦し、二人に対し凶器を使った反則攻撃で追い詰めたが、サンジの「三級挽き肉(トロワジェムアッシ)」で顔面を潰され「木犀型斬(ブクティエール)シュート」で飛ばされた後、ビッグパンの鉄板で押し潰されリタイアした。
ピクルス
声 - 龍谷修武
フォクシー海賊団戦闘員。異名は「タックルマシーン」。
タックルによる攻撃を得意とする。笑い声は「イヒヒヒヒ」。誕生日は1月9日[23]
グロッキーリングではボールマンであるビッグパンの下へ向かおうとしたゾロを妨害したが、サンジに蹴られ審判も巻き込む形で吹き飛ばされた。
ビッグパン
声 - 大場真人
フォクシー海賊団戦闘員。ドジョウの魚人と巨人のハーフ「魚巨人(ウォータン)」。
純粋な巨人よりは小さいがかなりの巨体。体表から分泌される粘液を利用した攻撃を得意とする。笑い声は「ぶしししし」。誕生日は5月25日[23]
グロッキーリングではボールマンを担当。サンジが「空軍パワーシュート」で飛ばしたゾロに口を掴まれ、そのままゴールへと入れられた。

フォクシーデビルズ(アニメオリジナル)[編集]

デービーバックファイトの種目「ラン・ローラー・アラウンド」の出場メンバー。チームリーダーはポルチェ、監督はフォクシー、マネージャーはハンバーグが務める。

チキチータ
声 - 土田大
チーターに変身する能力を持つ男。
ギラーリン
声 - 高塚正也
腕に刀をつけた魚人。
ジュウベエ
イカの魚人。
マシカク
手足は細いが体はかなり大きな男。キャタピラのような靴を履いて出場。

その他の団員[編集]

イトミミズ
声 - 難波圭一
フォクシー海賊団宴会隊長。デービーバックファイトの実況司会担当。超スズメチュチューン(声 - 粗忽屋)に乗って実況をする。誕生日は1月11日[23]
マウンテンリッキー[156]
コンバットの前座試合に出場した船員。得意技は銃のような右ストレートだが、奥の手は銃[156]
ジョージ・マッハ[156]
コンバットの前座試合に出場した船員。武器はバット。
ソニエ、ドノバン、ジーナ
フォクシー海賊団の船大工達。ソニエは、50人の船大工のボス。ドノバンは、戦う船大工。ジーナは、お色気船大工。
旧キバガエル海賊団
キバガエル[23](声 - 長嶝高士)を船長としていた海賊団。海賊旗はカエルのマーク。
フォクシー海賊団と「デービーバックファイト」スリーコインゲームを5回繰り返したが全敗し、旗を奪われ、船長含む14人がフォクシー海賊団の一員となった。その後、フォクシー海賊団に加盟できなかった残りのメンバーは船で出航するが、まとまりを欠いたためにシーモンキーの起こした大波に呑まれ、海へ沈んだ。
アニメでは、麦わらの一味とのデービーバックファイト終了後、旧キバガエル海賊団がフォクシー海賊団を一時乗っ取るオリジナルストーリーが展開された。
コーメイ、カンショウ、ドウジャク
アニメオリジナルキャラクター。正体は潜入していた海兵たち。

ローリング海賊団[編集]

新世界出身の海賊団。モリアに影を奪われ、3年もの間スリラーバークに留まっていた。ルフィを「希望の星」と感じ、自分たちが浄化したすべての影を託した。影が戻った後、ブルックが乗っていた船を、帆と舵を修理した状態で貰った。

シャーロット・ローラ[231]
声 - 久川綾
ローリング海賊団船長。シャーロット家23女。元トットランド「チョコレート大臣」。ビッグ・マムとパウンドの娘で、シフォンの双子の妹。異名は「求婚のローラ」。懸賞金2400万ベリー[231]
新世界「トットランド」出身[231]。24歳→26歳[190]。誕生日は1月27日[23]。身長215cm[231]みずがめ座[231]。血液型F型[231]。好物はチョコレートフォンデュ[231]
容姿端麗とは程遠い、女海賊。惚れっぽく、誰にでも求婚するがすぐに振られてしまい、破談回数は4444回にのぼる。背中に2本の剣を背負っている。義理堅く、人情溢れる性格(この性格は彼女のゾンビにも引き継がれている)。
かつて、巨人国エルバフの王子・ロキに求婚されるが結婚を拒否し、自由な恋愛を求めて海へ飛び出した。ビッグ・マムは家出したローラを背徳娘と恨んでおり、居場所さえわかれば殺すつもりでいる。しかしローラは元来の呑気な性格から、ビッグ・マムが自分に殺意を抱いていることに気付いていない[注 227]
5年前、モリアに影を奪われた後「被害者の会」を結成し、影を集めるうちに影の秘密に行き着いた。モリアへの対抗策として、捕えた影をルフィに入れ、「ナイトメア・ルフィ」にパワーアップさせた。影が戻った後も、影がゾンビに入っていた頃の記憶がかすかに残っており、ナミと仲良くなり、お礼に宝の一部をもらった。別れ際、母ビッグ・マムのビブルカードの一部に自分のサインを書き、ナミに渡した。
新世界編の表紙連載『世界の甲板から』では、ウォーターセブンキウイモズの酒場を訪れていた。表紙連載『〝ギャング〟ベッジのオーマイファミリー』ではドレスローザに滞在しており、シフォンと間違われ海軍に捕まるが、ゴッティに救出され彼に惚れる。自分を探しに来たシフォンと再会し、さらに父パウンドと遭遇する。ドレスローザを脱出すると、追ってきたパウンドを救出し、ファイアタンク海賊団の船上でゴッティとの結婚式を挙げた。
リスキー兄弟
声 - 沼田祐介西脇保
ローリング海賊団の一員。
「てへっ」「 - ちった」が口癖で、彼らのゾンビにも引き継がれている。しかしゾンビとは相反し、かわいいらしいとは言い難い容姿である。

マクロ一味[編集]

人攫いを行っている一味。全員、魚人街の出身。一時期タイヨウの海賊団に加入するが、ジンベエの七武海加入後は再び、元の人攫い稼業に戻っている。

マクロ
声 - 長嶝高士
マクロ一味ボス。マクロファリンクスの魚人。
魚人ながら人攫い屋で、何度もケイミーを売りさばこうとつけ狙っている。タイヨウの海賊団時代は、拳銃を武器にしていた。また、乗り合わせた元奴隷のコアラとは仲が良く、彼女との別れの時は号泣していた。笑い声は「モハハハ」。誕生日は9月6日[23]
表紙連載『はっちゃんの海底散歩』で初登場し、はっちゃんの勘違いで壊滅させられた。その後、本編でも登場[注 228]。はっちゃんとケイミーを捕える目的でデュバルに協力していたが、ゾロに解放されたはっちゃんの「タコ焼きパンチ」で三人そろって遥か彼方へ殴り飛ばされた。
ギャロ
声 - 織田優成
デメキンの魚人。金魚剣術を操る剣士。
タンスイ
声 - 川津泰彦
アロワナの魚人。魚人空手の使い手(段位は不明)。

九蛇海賊団[編集]

ニセ麦わらの一味[編集]

マリンフォード頂上戦争から2年が経ち、死亡説が信じられていた麦わらの一味を騙った海賊団。海賊旗は本物の麦わらの一味の海賊旗と似ているが、ドクロの目がジト目になっている[23]。ブルックを除く[注 229]7人と1匹の偽物からなるが、誰も本物に似ていない。麦わらの一味の名声を利用してシャボンディ諸島で船員を募集し、3つの海賊団を傘下に収め、約100人もの海賊と10人の賞金首を集めた。船長のブラックが海軍に捕まり、一味は崩壊した。さらに残った偽ゾロたちは、カリブー一味に囚われて生き埋めにされた。アニメでは、本物の麦わらの一味の声優陣がキャラクターをシャッフルする形で声優を担当している。

デマロ・ブラック / ニセルフィ
声 - 粗忽屋
ニセ麦わらの一味船長。異名は「三枚舌のデマロ・ブラック」。懸賞金2600万ベリー。
「東の海」出身[232]。36歳[232]。誕生日は5月5日[23]。身長245cm[232]おうし座[232]。血液型S型[232]。好物はビールから揚げ[232]
ルフィとは似ても似つかない肥満体型の男。残虐な性格で、一般人に向かって躊躇なく銃を発砲する。虚勢を張っているが、本性はかなりの小心者。部下には自分のことを「大頭」と呼ばせている。笑い声は「ドハハ」。
自分をコケにした本物のルフィを探すため部下を招集するが、戦桃丸に正体を見破られ、一撃で倒された。
マンジャロウ[23] / ニセゾロ
声 - 粗忽屋東品川店
ニセ麦わらの一味船員。肥満体型で、少し走っただけで脇腹が痛くなるほど体力が無い。
「東の海」出身[232]。25歳 [232]。誕生日は9月9日[232]。身長202cm[232]おとめ座[232]。血液型S型[232]。好物は味噌汁[232]
ショコラ[23] / ニセナミ
声 - 粗忽屋東京店
ニセ麦わらの一味船員。小柄な女で、ナミと同じようなタトゥーを入れている。本物のナミに絡むがウソップに制止される[233]
「東の海」出身[232]。26歳 [232]。誕生日は9月21日[232]。身長181cm[232]おとめ座[232]。血液型X型[232]。好物はオレンジサワー[232]
マウンブルテン[23] / ニセそげキング
声 - 粗忽屋二子玉店
ニセ麦わらの一味船員。銃に加え、バズーカのような武器を使う。
「東の海」出身[232]。30歳 [232]。誕生日は1月9日[232]。身長294cm[232]やぎ座[232]。血液型XF型[232]。好物は生ビール[232]
ドリップ / ニセサンジ
声 - 粗忽屋西神戸店
ニセ麦わらの一味船員。カリブーの能力で、顔に液体を押し当てられた。
「東の海」出身[232]。24歳 [232]。誕生日は10月22日[232]。身長208cm[232]てんびん座[232]。血液型XF型[232]。好物は炭酸飲料[232]
ココア / ニセロビン
声 - 粗忽屋武蔵野店
ニセ麦わらの一味船員。小柄な女。本物のロビンと間違われ、何者かに誘拐された。
「東の海」出身[232]。27歳[232]。誕生日は11月7日[232]。身長138cm[232]さそり座[232]。血液型X型[232]。好物はキュウリ[232]
トルコ[23] / ニセフランキー
声 - 粗忽屋新宿店
ニセ麦わらの一味船員。煙草を吸っている。
「東の海」出身[232]。45歳 [232]。誕生日は10月29日[232]。身長258cm[232]さそり座[232]。血液型X型[232]。好物はアイスクリーム[232]
のらギツネ[23] / ニセチョッパー
声 - 粗忽屋浜田山店[234]
ニセ麦わらの一味ペット。チョッパーに扮していたキツネ。ココアと共に何者かに誘拐された。
「東の海」出身[232]。13歳[232]。誕生日は4月10日[232]おひつじ座[232]。好物は全般[232]
アルビオン
声 - 平井啓二
ニセ麦わらの一味傘下に加わった海賊船長。異名は「深手のアルビオン」。懸賞金9200万ベリー。体中に包帯を巻いている。誕生日は11月9日[23]
リップ・ドウティ
声 - 山田真一
ニセ麦わらの一味傘下に加わった海賊船長。異名は「リップ・“サービス”・ドウティ」。懸賞金8800万ベリー。大きな唇が特徴。向かってくる海兵を蹴散らすもパシフィスタには手も足も出ずに倒された。
カリブー海賊団
ニセ麦わらの一味傘下に加わった海賊団。

カリブー海賊団[編集]

一時的にニセ麦わらの一味に加わった海賊団。「超新星(スーパールーキー)」と呼ばれる2人の兄弟が船長を務める。船員たちは、皆一様にコリブーと似た容姿をしている。海賊旗はカリブーの顔を模したドクロマーク。船の名前は「ヌマブー号[193]で、船首はカリブーを象っている。

カリブー
声 - てらそままさき
カリブー海賊団船長。異名は「濡れ髪のカリブー」。懸賞金2億1000万ベリー。
「北の海」出身[151]。32歳[151]。誕生日は7月4日[23]。身長228cm[151]かに座[151]。血液型XF型[151]。好物はババーのミートパイ[151]
海兵殺しとして有名な海賊。袖が長い服を着ており、芝居がかった独特の言い回しが特徴。残虐非道な性格で、計算高い一面があるが、コミカルなシーンも多い。コリブーからは「兄助」と呼ばれる。笑い声は「ケヒヒヒ」。
自然系悪魔の実「ヌマヌマの実」の能力者。体を底無し沼に変えられる「人間」。触れたものを体内に引きずり込むことができ、相手を拘束し窒息させることも可能。その能力で、体内に機関銃大鎌などの武器を隠し持っている。容量には制限がある。
麦わらの一味を内部から皆殺しにしようとニセ麦わらの一味に加わり、偽者と判明すると彼らを生き埋めにしようとした。シャボンディ諸島を出港した麦わらの一味を海中まで追いかけ、急襲を仕掛ける。しかしルフィたちに捕縛されて樽の中に閉じ込められ、そのまま魚人島に流れ着く。知らずに樽を開けた人魚たちにより開放され、彼女らを自らの体に取り込み誘拐する。その後、新魚人海賊団のクーデターに乗じて竜宮城に侵入し、人魚たちを放棄し財宝を盗む。さらに、ネプチューンとロビンの会話を盗み聞きしてしらほし姫の秘密を知り、彼女を攫おうとしたが、ルフィに殴り飛ばされる。財宝はルフィたちが取り返した後、ビッグ・マムの部下たちの手に渡り、財宝を奪い返すべく彼らに襲いかかったが、ペコムズに一撃で返り討ちにされた。
表紙連載『カリブーの新世界でケヒヒヒヒ』でその後が描かれた。再び人魚を攫おうとしたがジンベエに倒され、新世界の海軍G-5支部に引き渡される。コリブーら仲間たちにより救出されると、我先に逃げ出す。嵐による遭難の末、カイドウが支配する冬島に流れ着き、自分と瓜二つのガブルの祖母に助けられる。その後、ガブルになりすまし、島の労働者を虐げたカイドウの部下スコッチを倒したが、その直後ドレークに捕まり連行された。
ワノ国編では、兎丼の囚人採掘場で強制労働させられており、ルフィに媚びを売り、一緒に脱獄させてほしいと頼む。雷ぞうによって海楼石の手錠を外されると、ルフィ救出に協力。親分タニシを体内に隠すことで、兎丼全域の通信を途絶えさせる。兎丼制圧後、鬼ヶ島への討ち入りには参加せず常影港に隠れていたが、ローの部下に救出されたルフィと遭遇し、体内に隠し持っていた1カ月分の食料を差し出す。
コリブー
声 - 福原耕平
カリブー海賊団船長。カリブーの弟。異名は「返り血のコリブー」。懸賞金1億9000万ベリー。
「北の海」出身[151]。29歳[151]。誕生日は5月2日[23]。身長250cm[151]おうし座[151]。血液型XF型[151]。好物はキャンディ[151]
兄と共に海兵殺しとして有名。頭にカメレオンのような生物をかつらのように乗せており、生き埋め用の穴を掘るためのシャベルを持っている。兄の窮地には何度でも助けに向かうが、それは過去に死んだ祖母から「何があっても兄弟仲良く」と言い付けられたことによるもの。武器は機関銃。
サニー号に取り残されたカリブーを助けに戻って来たところを、クラーケンに船ごと破壊され、水中に投げ出された。その後、詳細は不明だが一命を取り留め、魚人島に到着した。表紙連載『カリブーの新世界でケヒヒヒヒ』では、G-5基地に乗り込みカリブーを解放するが、ヤリスギ准将に敗れた。一旦カリブーに見捨てられたが、カリブーを追いかけ合流し、スコッチと交戦した。
モーム
声 - 藤本たかひろ
海牛アーロン一味戦闘員→カリブー海賊団ペット[193]
「偉大なる航路」出身[193]。14歳→16歳[193]。誕生日は4月9日[23]。全長36m[193][235]。体重16t[235]おひつじ座[193]。血液型S型[193]。好物はブタの丸焼き、サメ[193]
アーロンパーク近海で空腹の状態でルフィとサンジヨサクに遭遇し、サンジから料理をもらったが、サンジごと食べようとしたのでサンジに蹴られ、怒って襲い掛かるもサンジに返り討ちにされる。これがきっかけで2人をアーロンパークまで先導したが、勢い余って陸に激突してしまい、気絶した[236]。アーロンパークでは、ルフィに振り回された挙句、投げ飛ばされた[237]。このことがトラウマとなり、2人を大変恐れている。
新世界編では、シャボンディ諸島近辺でカリブー海賊団に捕まり、船を引かされていた。海中でルフィたちと再会したことでトラウマが蘇り、コリブーの命令を無視して逃げ出した。

ドンキホーテファミリー(ドンキホーテ海賊団)[編集]

魚人島の海賊団[編集]

タイヨウの海賊団[編集]

15年前、聖地マリージョアを襲撃したフィッシャー・タイガーと彼に解放された奴隷たちに加え、タイガーを慕う魚人街の曲者たちが集結し結成した海賊団。「魚人海賊団」とも呼ばれる。魚人族人魚族で構成された海賊団のため、海中から奇襲攻撃を得意としている。タイガーの意思で誰が奴隷だったかを分からなくするため、一味全員が奴隷の烙印の上から太陽マークの焼印を入れている。海賊旗は刻印と同じ、太陽のマーク。船は魚を象った船首の「スナッパーヘッド号[193]。タイガーが作った伝説の船だったが、ホールケーキアイランド編で撃沈された。

タイガーの死後はジンベエが2代目船長となり率いていたが、11年前に彼が七武海に加入すると3つの派閥に分裂した(アーロン一味とマクロ一味が離脱)。頂上戦争後、船長のジンベエが七武海から脱退したことで四皇ビッグ・マムの傘下に入った。ホールケーキアイランド編でジンベエがビッグ・マムに謀反を起こしたことで、ビッグ・マム海賊団から脱退した。

ジンベエ
タイヨウの海賊団2代目船長。元王下七武海。
アラディン
声 - 長嶝高士
タイヨウの海賊団船医→タイヨウの海賊団副船長。元ネプチューン軍兵士。イタチウオの人魚。
魚人街出身[193]。46歳[193]。誕生日は1月31日[23]。身長627cm[193]みずがめ座[193]。血液型XF型[193]。好物はスイカ[193]
長髪をひとつ結びにし、長い顎髭を生やした男。医師としての責任感が強く、快く思っていない人間でも見捨てることはしない。左腰にタイヨウの海賊団のマーク、左腕に「1TC」という刺青がある。武器は三叉槍。アニメでは魚人柔術「海流一本背負い」[238]、魚人空手「撃水」「四千枚瓦正拳」[127]を使用している。
かつては奴隷としてマリージョアに捕えられていたが、タイガーに解放されタイヨウの海賊団に加わった。ジンベエの七武海加入後も、海賊団に残った。後にオトヒメ王妃の頼みで、魚人島に漂着したミョスガルド聖の治療を行った。
ビッグ・マム海賊団の傘下に入った際、シャーロット家のプラリネと結婚。新世界編では、副船長を務めている。ホールケーキアイランド編では、ルフィの力になりたいというジンベエの希望を後押しし、茶会で警備が手薄になった隙をついて出航する。その後、カカオ島沖に現れ、逃げる麦わらの一味を援護する。
『ONE PIECE novel A 2』では、魚人島の料理屋で、エースに近年魚人島で起きている闇討ちや、白ひげと魚人島との関係などを話した。
シャーロット・プラリネ
声 - 橘U子
アラディンの妻。シャーロット家21女[注 230]。元トットランド「デザイン大臣」[105]シュモクザメの半人魚。
新世界「トットランド」出身[25]。29歳[124]。誕生日は7月22日(ナッツの日)[22]。身長800cm[25]かに座[25]。血液型S型RH-[25]。好物はアサリのスープ[25]
シュモクザメの頭部のような髪型で、そばかすが特徴の女性。アラディンよりも一回り大きい体格。夫を尻に敷いているが同時に心底惚れており、もしもの時は母ビッグ・マムよりも夫につく気でいる。笑い声は「シャシャシャ」。
ホールケーキアイランドを出航した後、トットランドの数万匹のナワバリウミウシを歌で手懐け、ビッグ・マム海賊団の情報網を狂わせた。
ワダツミ
声 - 宮田幸季
フライング海賊団船員→タイヨウの海賊団船員。オオトラフグの魚人。異名は「大入道」。
魚人島出身[151]。25歳[151]。誕生日は2月9日[23]。身長80m[151]みずがめ座[151]。血液型F型[151]。好物はペロリンキャンディ[151]
海坊主のような容姿で、巨人をもはるかに超える体躯(ルフィの40倍以上[151])を持つ。そのような外見とは裏腹に、舌足らずで能天気な性格。一人称は「おら」。巨体に似合った怪力で、フライング・ダッチマン号を引いている。
魚人島へ向かうサニー号を食べようとしたアンコロを叱り付け、デッケンの命でサニー号に攻撃を仕掛けたが、クラーケンのスルメに阻止された。新魚人海賊団のクーデターではゼオの口車に乗せられ、ギョンコルド広場で麦わらの一味と交戦。E・Sでパワーアップしスルメを倒すが、サンジの挑発に乗り、体を膨らませたところをサンジとジンベエの攻撃により敗れた。魚人島には彼を入れる牢獄がなかったため、島から永久追放された。
表紙連載『ジンベエの海侠一人旅』で再登場。海神に捧げられたお供え物を自分への捧げ物と勘違いして勝手に持ち出し、お礼として海底に沈んでいた遺跡を地上に引き上げた。しかし、これが原因で港町が遺跡に潰され、遺跡を住処としていた海獣たちが暴れ回る騒動を引き起こしてしまい、ジンベエから説教された。海獣達に謝罪し、遺跡を再び海に戻した後、仲間にしてほしいとジンベエに申し入れ、共に町を出航した。
ホールケーキアイランド編では、タイヨウの海賊団に加入。カカオ島沖で、サニー号を取り囲んだ艦隊を吹き飛ばし、麦わらの一味を援護する。魚人島での罪滅ぼしと拾ってくれたジンベエへの恩に報いるため、サニー号がクイーン・ママ・シャンテ号に狙われるとタイヨウの海賊団の船を囮にし、一時的にサニー号を口に含むことで攻撃を回避した。
フィッシャー・タイガー
声 - 石井康嗣
タイヨウの海賊団初代船長。タイの魚人。懸賞金2億3000万ベリー。故人。
魚人街出身。48歳没[193]。誕生日は11月5日[23]。身長520cm[193]さそり座[193]。血液型S型RH-[193]。好物はタイ焼き[193]
迷彩柄のバンダナを付け、胸に太陽の焼印を入れた、ジンベエをも超す体躯の男。海軍少将カダルを一蹴りにし、銃撃されながらも海兵を薙ぎ倒すなど、かなりの実力を持っている。魚人街出身で、当時の無法者達(アニメでは、ジンベエやアーロン達)を薙ぎ倒し、リーダーになった。島民からは「タイガーさん」、ジンベエやアーロンからは「タイのお頭」「アニキ」と呼ばれ、親しまれていた。
かつては冒険家として、世界中を旅していた。ある時、人間に囚われ、数年間聖地マリージョアで奴隷にされてしまう。そこから逃亡し魚人島に戻り、ネプチューンとオトヒメに謁見後に「赤い土の大陸」を素手でよじ登り、単身で前代未聞の「聖地マリージョア襲撃事件」を起こし、ゴルゴン三姉妹を始めとしたあらゆる種族の奴隷たちを解放し、この一件で「奴隷解放の英雄」として讃えられるようになるが、政府から追われる身となり、タイヨウの海賊団を結成する。あくまでも奴隷解放を目的とし、向かってくる人間たちを返り討ちにしても、決して命を奪うことはせず、行き過ぎた行動をするジンベエやアーロンを窘めていた[注 231]
12年前、ある島で自身が解放した元奴隷の少女コアラと出会い、彼女の故郷であるフールシャウト島に送り届けるが、政府と取り引きをした島人に裏切られ、ストロベリー少将率いる海軍の襲撃を受け、瀕死の重傷を負う。船員には彼と同じ血液型の者がおらず、奪った海軍の船に備え付けてあった人間の血液を輸血すれば助かったものの、それを拒否して死亡した[注 232]

新魚人海賊団[編集]

魚人街を拠点とする海賊団。「魚人こそが至高の種族」というアーロンの意志を継ぎ、人間への復讐を企む。特に幹部たちは強く人間を憎み、人間に輸血した者を「闇夜の裁き」として襲撃していた。しかし、彼ら自身は実際に人間からの迫害を受けたことはなく、幼少期にアーロンを始めとする大人たちから人間に対する憎しみを植え付けられたことで、人間への復讐を聖戦と信じこむに至っている[注 233]。海賊旗は、タイヨウの海賊団の太陽のマークの内部に、斜め線が引かれ斬首された人間のマーク。

命を削り腕力を倍にする凶薬「E・S(エネルギー・ステロイド)」を所持している。魚人街の無法者7万人と、1か月前から海中で捕えた人間の奴隷3万人、計10万人の勢力を擁する。オトヒメの写真を使った踏み絵を強要するなどの暴動を起こし、リュウグウ王国の乗っ取りを画策したが、2年間修業を積んだ麦わらの一味にあっさりと敗北し、幹部を除く残党は軍の下で服役することとなった。奴隷の海賊たちは解放後、新世界でスモーカー率いる海軍G-5支部に全員逮捕された。

ホーディ・ジョーンズ
声 - 中田譲治遠近孝一(幼少期)
新魚人海賊団船長。ホオジロザメの魚人。
魚人街出身。30歳。誕生日は4月14日[23]。身長331cm[151]おひつじ座[151]。血液型F型[151]。好物は海獣の肉[151]
魚人族の中でも常軌を逸した、非情で凶暴な気性の持ち主。アーロン以上の人間嫌いで、人間への復讐のためなら、寿命を削る「E・S」を用いてまで目的を果たそうとするなど、自らの命を犠牲にすることもいとわない狂気を孕んでいる[注 234]。同胞である魚人には手を上げないアーロンと違い、人間と友好的な魚人にも容赦なく危害を加える上、身の危険となれば仲間ですら盾にする。アーロンを尊敬しているが、ルフィに倒された彼の轍を踏まないよう、計画には用意周到で慎重に物事を運ぶようにしている[注 235]。E・Sを使用しない素の状態でも、魚人族では抜きん出た力を持つ。魚人空手・魚人柔術の使い手。武器は三叉槍。右わき腹に新魚人海賊団の刺青、左腕にアーロン一味の刺青がある。笑い声は「ジャハハハハ」。
魚人街での幼少期に、アーロンを始めとする人間を嫌う大人たちの影響を受けたことで人間への極度の敵愾心を抱くようになる。人間相手に暴れ回っていたアーロンに憧れを抱き、いずれアーロンの右腕となるべく、実戦での戦闘技術を身につけるため、ネプチューン軍に入った[注 236]。10年前、金で買収した人間にオトヒメ王妃が長年かけて集めた地上移住の署名箱を燃やさせ、その混乱に乗じてオトヒメを暗殺する。そして雇った人間を犯人に仕立て上げ、人間との融和というオトヒメの夢を打ち砕いた。その後、玉手箱からE・Sを盗み出すと、軍を抜け新魚人海賊団を立ち上げる。
魚人島への入国者を無理矢理奴隷にし、魚人街の無法者と合わせ一大勢力を築きあげる。さらに、しらほし姫への対抗手段としてデッケンと手を組む。リュウグウ王国を崩壊させて魚人島の新たな王となり、人間との友好を望む者を排除すること、さらには「世界会議」襲撃をも目論んでいた。
麦わらの一味が魚人島に来たことを知ると、竜宮城に攻め入りネプチューン軍に攻撃を仕掛ける。その際、ゾロと対決し、水中戦でありながら深い一撃をくらうが、E・Sを使って逆転し、ゾロや国王ネプチューンらを捕え竜宮城を占拠する。ゾロから受けたダメージをごまかすためE・Sを次々と飲み、副作用に苦しむが、発作が収まると肉体が覚醒し強力なパワーアップを果たした[注 237]。ギョンコルド広場にて、国王を救出すべく乗りこんできたネプチューン三兄弟を返り討ちにし、捕らえる。王族の処刑を執行しようとしたところを麦わらの一味に阻まれ、ルフィと対決する。ルフィの実力に押されるが、その最中に飛来してきたノアを魚人島に墜落させて一味を全滅させようと企て、ノアに乗り込みデッケンに深手を負わせる。そして海中に場を移し、ノアを止めようとするルフィと渡り合ったが、ノア船内に追い詰められ敗北した。その後、竜宮城に投獄され、E・Sの副作用によって他の幹部たち共々老化してしまった。
ドスン
声 - 吉水孝宏
新魚人海賊団幹部。シュモクザメの魚人。
魚人街出身[151]。30歳[151]。誕生日は10月9日[23]。身長418cm[151]てんびん座[151]。血液型S型[151]。好物はイカナゴ[151]
巨大なハンマーを携える巨漢。語尾に「ドスン」をつけて喋るが、気性によって語尾が変わり、そのバリエーションは10種類以上[注 238]
水車の町でフカボシ達に敗北し拘束されるが、E・Sを飲んだことで鎖を引き千切り、ギョンコルド広場に合流。広場ではチョッパーと対決するが、ウソップとの連係プレーに翻弄され「怪物強化」となったチョッパーの一撃で粉砕されて敗れた。
ゼオ
声 - 浅沼晋太郎
新魚人海賊団幹部。オオセの魚人。
魚人街出身[151]。30歳[151]。誕生日は11月11日[23]。身長325cm[151]さそり座[151]。血液型X型[151]。好物はウナギかば焼き[151]
体中が縞模様で覆われている。カメレオンのように体色を変化させて背景と同化し、体を透明にすることができる。武器は分銅鎖。傷を負ってもごまかしたり、自分の発言を無視されても言い逃れするなどプライドが高い性格で、「魚人街の貴族」を自称している。
新魚人海賊団結成時にホーディからE・Sを託されE・Sの量産に着手した。ギョンコルド広場ではブルックと対決。ホーディが敗北したことで逃走しようとした部下たちに対し、「死を以て人間への恨みを残せ」と攻撃を仕掛けるが、命を軽んじたことでブルックの怒りを買い、新技の前に敗れた。
ダルマ
声 - 菅沼久義
新魚人海賊団幹部。ダルマザメの魚人。
魚人街出身[151]。30歳[151]。誕生日は7月8日[23]。身長122cm[151]かに座[151]。血液型F型[151]。好物は巨魚の骨[151]
小柄な体格で、剣闘士のような兜をかぶっている。石の壁を噛み砕くほどの強靭な牙を持ち、地中を猛スピードで掘り進むことができる。幹部の中でも特に気性が荒く、好戦的な性格。笑い声は「キャッキャッ」。
ギョンコルド広場ではウソップと対決する。地面に掘ることで戦いを優勢に進めるもチョッパーの機転で戦況は一変し、ウソップのポップグリーンに翻弄され敗れた。
イカロス・ムッヒ
声 - 平井啓二
新魚人海賊団幹部。ダイオウイカの魚人。
魚人街出身[151]。30歳[151]。誕生日は1月13日[23]。身長499cm[151]やぎ座[151]。血液型XF型[151]。好物はたこわさ[151]
8本の腕を持つ巨漢。それぞれの手には、刺した相手の水分を吸収する「スルメイカの槍」を携える。昔、親友の大王イカ・ダイダロスが太陽に近づきすぎてスルメになったことがトラウマとなっており、火を見ると体が仰け反ってしまう。笑い声は「ムッヒッヒ」。
ギョンコルド広場ではフランキーと対決。イカスミ分身を使った戦法で翻弄したが、フランキーの新必殺技の前に一撃で敗れた。
ヒョウゾウ
声 - 坂口哲夫
新魚人海賊団殺し屋。毒種ヒョウモンダコの人魚。
魚人街出身[151]。39歳[151]。誕生日は4月18日[23]。身長327cm[151]おひつじ座[151]。血液型X型[151]。好物は、肴になるもの、二日酔い時のシジミ[151]
魚人島一の剣士であり、両手と6本の足を駆使した「八刀流」の使い手。足から猛毒を分泌し、それを剣に滴らせることで猛毒の剣として使用する。酔うと見境なく人を斬りまくる「人斬り上戸」。思想ではなく金で動いており、新魚人海賊団に雇われている。かつて金離れが悪かったアーロンは、ヒョウゾウを雇いきれなかったらしい。はっちゃんとは同じ剣術道場にいたが、はっちゃんはヒョウゾウに全く敵わなかった[239]
人魚の入り江で、ハモンドらと共にルフィと交戦した際、唯一ルフィの攻撃を受け止めた。ギョンコルド広場では酒のつまみとしてE・Sを大量に摂取し、肉体が覚醒した状態でゾロと対決するが、終始圧倒され、刀を全て折られる。しかし戦意は失わず、戦場に落ちた刀を拾って猛毒を垂らして再度挑むも敗北した。ゾロからはほとんど相手にされず、「井の中の蛙」呼ばわりされた。
ハモンド
声 - 千葉一伸
新魚人海賊団戦闘員。ハモの魚人。
魚人島入口で、入国者に対する番をしている。武器のバズーカで「打瀬網(うたせあみ)」を撃つ。笑い声は「ハモハモハモ」。誕生日は7月17日[23]
人魚の入り江でルフィをホーディの元へ連れていこうとしたが、あっさり返り討ちにされた。ギョンコルド広場では人間の奴隷たちに戦車を引かせ参戦するが、ロビンに倒された。
カサゴバ[23]
声 - 藤本たかひろ
新魚人海賊団戦闘員[240]カサゴの魚人[23]。アニメでの名前は「カサゴン」。ハモンドらと共に人魚の入り江に現れたが、ルフィに倒された。
ハリセンボン
声 - 桜井敏治
ウニ衣トゲ部隊隊長。普段は細身だが、空気を吸って体を膨らますことができる。
ヌル[241]
声 - 鈴木勝美
アニメオリジナルキャラクター。アンコウの魚人。ショーテルを武器とする剣士で、頭のライトから閃光を放つことができる。ゾロに倒された。
スルメ
クラーケンと呼ばれる大ダコ。ルフィによって「スルメ」と命名された。
「北の海」北極出身[193]。120歳[193]。誕生日は6月9日[23]。全長300m[193]。推定体重4000t[242]ふたご座[193]。血液型S型[193]。好物はカニ[193]
北極にいる兄弟を守るため、ホーディに脅され従っていた。シャボンディ諸島から魚人島へのルートにある下降流の側に住み着き、下降流に乗ろうとした船を何隻も握り潰していた。また、メガロをも飲み込んでいた。高い再生能力を持ち、切られたり焼かれてもすぐに新しい触手が生え変わる[193]
魚人島へ向かう麦わらの一味の前に立ち塞がったが、ルフィによって手懐けられ、魚人島まで同行。最終的に、ギョンコルド広場でルフィの側に寝返る。新魚人海賊団相手に暴れ回ったが、ワダツミに倒された。クーデター終結後、ワダツミを追放するため魚人島外に連れて行った。

フライング海賊団[編集]

魚人島周辺の深海で活動する海賊団。海賊旗は剣が交差したドクロマーク。船は伝説の幽霊船「フライング・ダッチマン号」。

バンダー・デッケン九世
声 - 高木渉
フライング海賊団船長。ネコザメの魚人。伝説の呪われた海賊バンダー・デッケンの子孫。
魚人島近海出身[151]。35歳[151]。誕生日は8月22日[23]。身長352cm[151]しし座[151]。血液型XF型[151]。好物はサザエの壺焼き[151]
先祖代々海賊の一族の生まれ。遥か古代に存在したとされる、海王類を操る伝説の人魚姫を探し続けている。4本ある足が特徴で、よくVサインをしている。人の下にはつかない主義で、かつて彼を部下にしようとしたアーロンの誘いを蹴っている。笑い声は「バホホホ」。「 - のハズだ」が口癖。
超人系悪魔の実「マトマトの実」の能力者[注 239][23]。手で触れた相手を「的」と定め、あらゆる投擲物を自動追尾で標的に飛ばすことができる。標的にできる数は手のひらの2か所。能力者であるため、海中では上半身をシャボンで覆っている。
10年前、しらほし姫が伝説の人魚の力を持っていると確信し、オトヒメ王妃が撃たれた騒動に乗じてしらほし姫に触れる。以降、しらほし姫に求婚し続けている。しかしその求婚は身勝手かつ狂気的なもので、愛を誓わなければその時は「死」あるのみと考え、求婚状も手紙から現在では剣や斧と化している。メモリーを保存するためしらほし姫に触れた右手は10年間洗っておらず常に手袋をしている。
魚人島の支配を目論むホーディと手を組み、竜宮城に侵入する。しらほしがいないことを知ると後を追い、サンゴが丘でプロポーズするが「タイプじゃない」と振られてしまった上、ルフィに返り討ちにされる。失恋のショックから、魚人島ごとしらほしを消そうと、方舟ノアを彼女に向けて投げ飛ばす。しかし、ノアを墜落させようと目論むホーディに襲撃され、重傷を負わされ気絶した。その後、ルフィに倒されたホーディらと共に竜宮城に投獄された。
ワダツミ
元フライング海賊団船員。
アンコロ
フライング海賊団ペット[23]。巨大なチョウチンアンコウ。誕生日は11月23日[23]

過去の海賊団[編集]

本編よりも過去の時代でのみ登場した海賊団。

ロジャー海賊団[編集]

歴史上で唯一「偉大なる航路」を制覇した、海賊王ロジャーの一団。海賊旗は波のような口ひげのついたドクロ。船はウォーターセブンの船大工トム宝樹アダムを用いて造った「オーロ・ジャクソン号」で、甲板には巨大な卵があり、船首は人魚を象っている。25年前、「偉大なる航路」制覇後に、船長であるロジャーの命令により解散した。

ゴール・D・ロジャー
声 - 大塚周夫(1話 - 590話)→津嘉山正種[243](849話 - )、草尾毅(青年期)
海賊王」。ロジャー海賊団船長。通称「ゴールド・ロジャー」。エースの父親。故人。懸賞金55億6480万ベリー[注 240]
「東の海」ローグタウン出身。53歳没[16]。誕生日は12月31日[23]。身長274cm[32]やぎ座[32]。血液型S型[32]。好きな食べ物は酒、ヒガシザメのステーキ[32]。嫌いな食べ物は薬[31]。趣味は冒険[31]。イメージ動物はクォッカワラビー[31]
かつてこの世の全てを手に入れ、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を遺したとされる伝説の海賊。本名は「ゴール・D・ロジャー」だが、政府の情報操作により現在は白ひげやDr.くれはなど一部の人間を除き「ゴールド・ロジャー」という名で知られている。性格は怒らせれば凶暴・短気・わがままながら、普段は子供のように単純かつ真っすぐで、何事も派手にやることを好んだ。恵まれなかった生い立ちゆえに、愛する者を失うことを極度に嫌い、仲間の危機には敵を逃がさぬよう立ち塞がり、盾となって戦う姿勢を見せていた[注 241]。生前からの鬼のような悪名と、死に際に大海賊時代の幕を開いたことから、世界中の人間から憎まれ悪態をつかれると同時に、多くの畏敬と畏怖をもって語られる存在である。世間の評判は最悪だが、仲間達からの信頼は絶大で、ロジャーと直接交流した者からも無類の好感を抱かれている[注 242]。また堅気に手を出すことを禁じていた[注 243]
愛刀は最上大業物の「エース[31][注 244]。能力者ではないが、覇王色を含めた全ての覇気を扱える強大な覇気使いで[31]、病に侵されていた晩年でもおでんを圧倒する実力を持っていた。レイリー曰く「万物の声を聞ける」能力を持っており、海王類象主の声を聞きとることができる[注 245]
若い頃、初対面だったレイリーを無理やり誘って共に海に出た。その当時は麦わら帽子を被っており、後に見習いのシャンクスに譲った[23]。ブルックによると、50年ほど前はルーキーとして活躍していた。白ひげや金獅子のシキ、海軍のセンゴクやガープなど、今では伝説と言われる大物たちと幾度も激闘を繰り広げていた。特に白ひげとは、長年の好敵手関係だった。39年前、当時誰も到達できなかった「記録指針」の最終地点「水先星島」に辿り着いたが、上陸してそこが「偉大なる航路」の最後の島ではないと気付き、世界一周を成し遂げるため航海をやり直し始める。38年前の「ゴッドバレー事件」では宿敵ガープと手を組み、当時世界最強の海賊団と恐れられていたロックス海賊団を壊滅させた。28年前に不治の病にかかり、その苦しみを和らげることのできるクロッカスを船医として迎え入れる。26年前、白ひげ海賊団と3日3晩に渡る激闘を繰り広げ、古代文字を読み書きできる光月おでんを「1年貸して欲しい」と頼み込み、強引に引き抜いた。空島スカイピアでは、当時神の座にいたガン・フォールと友になり、黄金の大鐘楼の「歴史の本文」にメッセージを残した[注 246]
その後、魚人島、ワノ国、ゾウを経て4つの「ロード歴史の本文」を集め、25年前に「偉大なる航路」の最後の島に辿り着き、「空白の100年」「Dの一族」「古代兵器」など世界の秘密を知る。ジョイボーイが残した莫大な財宝を目の前にしたロジャーたちは涙が出る程笑い、800年誰も行きつけなかった最後の島に「ラフテル (Laugh Tale)」と名付けた。不可能とされていた「偉大なる航路」制覇を成し遂げたことで、ロジャーは「海賊王」と呼ばれるようになる。ラフテルから戻った後、船員達に解散を宣言し、最初に船を降りた。白ひげの元を訪れ酒を飲み交わし、自分の病のこと、Dの秘密を語った。その後、「南の海」のバテリラでポートガス・D・ルージュとの間に子(エース)を生す。
海賊団解散から1年後(新世界編の24年前)、世界政府に自首する[注 247]。そこで長年の宿敵だったガープに、まだ生まれぬ子を守るように託した。エースが生まれる1年3カ月前に、生まれ故郷であるローグタウンにて、多くの人々が見物する中[注 248]で、処刑された。死に際に彼が放った「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ… 探してみろ この世の全てをそこに置いてきた」という一言により、世は大海賊時代を迎えることとなった[244]
シルバーズ・レイリー
ロジャー海賊団副船長。現在はシャボンディ諸島のコーティング職人。
スコッパー・ギャバン[23]
声 - 森川智之
ロジャー海賊団船員。
サングラスをかけた黒髪の男。武器は斧。ロジャーとは、長い付き合いだという。バギーの見習い時代の回想シーンにも登場している。
クロッカス
ロジャー海賊団船医。現在は双子岬の灯台守。
シーガル・ガンズ・ノズドン[162][注 249]
声 - 平井啓二
ロジャー海賊団船員。一味の中でも特に巨体。エッド・ウォーの海戦で戦った。
シャンクス
ロジャー海賊団見習い。現在は四皇の一人。
バギー
ロジャー海賊団見習い。現在は四皇の一人。
光月おでん
ロジャー海賊団船員。ワノ国九里先代大名。故人。