海賊 (ONE PIECE)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ONE PIECE > ONE PIECEの登場人物一覧 > 海賊 (ONE PIECE)

海賊(かいぞく)は、漫画ONE PIECE』に登場する、架空の海賊たちの一覧。

目次

麦わら大船団[編集]

ドレスローザでのドンキホーテファミリーとの戦いで、麦わらの一味と共闘した7つの団体が傘下に加わる形で結成された大海賊団。総勢5600人以上。麦わらの一味以下の順番はくじ引きによる番号順。

ただし、大頭であるルフィはこれを容認しておらず、それぞれの代表がルフィの自由を志す心情を理解した上で、勝手に子分杯を交わすことで半ば強引に傘下に加わった。結成後、麦わらの一味の航海には同行せず、各代表がルフィのビブルカードを受け取り一時解散した。この先各個に成長を遂げ、いずれ歴史に名を残す一大事件を引き起こすとされている。

麦わらの一味[編集]

麦わらの一味の海賊旗

モンキー・D・ルフィが結成した少数精鋭の海賊団。海賊旗麦わら帽子を被ったドクロマーク。海賊船はキャラヴェルゴーイングメリー号」から、スループサウザンドサニー号」に乗り換える。9人全員が賞金首で、現在の総合賞金額(トータルバウンティ)は15億7000万100ベリー(億越えは5人)。「麦わら海賊団」「ルフィ海賊団」とも呼ばれる[注 1]

東の海で結成され、偉大なる航路に入る。各地の大物海賊や海兵を次々と打ち破ってきた実力は他の海賊に一目置かれ、世界政府・海軍からはその成長速度を警戒されている。エニエス・ロビーの一件により、世界中にその名が知れ渡った。

シャボンディ諸島で、王下七武海バーソロミュー・くまによって、全員が世界中にバラバラに飛ばされてしまう。マリンフォード頂上戦争後、ルフィが起こした「16点鐘」の行動から仲間たちはルフィのメッセージを受け取り、新世界を駆け上がるべく2年間の休止期間を設け、各自パワーアップを図った。その2年後、シャボンディ諸島で再集結し、新たな冒険へ旅立つ。

パンクハザードで、四皇カイドウの首を狙い、トラファルガー・ロー率いる「ハートの海賊団」と海賊同盟を結んだ。ドレスローザでのドンキホーテファミリーとの戦いの後、7つの団体が半ば強引に傘下へ入り総勢5600人超えの「麦わら大船団」を結成した。

モンキー・D・ルフィ
声 - 田中真弓
本作品の主人公。麦わらの一味船長(麦わら大船団大頭)。異名は「麦わらのルフィ」。懸賞金5億ベリー。
ロロノア・ゾロ
声 - 中井和哉浦和めぐみ(幼少期)
麦わらの一味戦闘員剣士)。異名は「海賊狩りのゾロ」。懸賞金3億2000万ベリー。
ナミ
声 - 岡村明美山崎和佳奈(岡村休業時の代役)
麦わらの一味航海士。異名は「泥棒猫ナミ」。懸賞金6600万ベリー。
ウソップ
声 - 山口勝平
麦わらの一味狙撃手。異名は「狙撃の王様そげキング」「ゴッドウソップ」。懸賞金2億ベリー。
サンジ
声 - 平田広明大谷育江(幼少期)
麦わらの一味コック。異名は「黒足のサンジ」。懸賞金1億7700万ベリー。
トニートニー・チョッパー
声 - 大谷育江伊倉一恵(大谷休業時の代役)
麦わらの一味船医。異名は「わたあめ大好きチョッパー」。懸賞金100ベリー。
ニコ・ロビン
声 - 山口由里子小林優子(山口休業時の代役)、永井杏(幼少期)
麦わらの一味考古学者。異名は「悪魔の子ニコ・ロビン」。懸賞金1億3000万ベリー。
フランキー
声 - 矢尾一樹野田順子(幼少期)
麦わらの一味船大工。異名は「鉄人(サイボーグ)フランキー」。懸賞金9400万ベリー。
ブルック
声 - チョー
麦わらの一味音楽家。異名は「鼻唄のブルック」「ソウルキング」。懸賞金8300万ベリー。

美しき海賊団[編集]

船員75名。船は「眠れる森の白馬号[2]

キャベンディッシュ
声 - 石田彰
美しき海賊団船長。異名は「白馬のキャベンディッシュ」「海賊貴公子」。懸賞金2億8000万ベリー。
貴族風の風貌をした絶世の美男子。女性人気は高く、手配書はブロマイドとして盗まれているという。目立ちたがり屋かつ自分の強さと美しさに絶対の自信を持つナルシスト。自分より目立つ存在を抹殺しようとする過激な面があるが、コリーダコロシアムのような戦いを見せ物にすることを良しとせず、レベッカを中傷した観客を一喝する[注 2]など独自の美学を持っている。一人称は「僕」。武器は世界屈指の名刀「デュランダル」。白馬のファルルを連れている。ルフィとバルトロメオからは「キャベツ」、ロビンからは「キャベツ君」と呼ばれる。26歳[3]。誕生日は8月31日(やさい=8、31)[4]
夢遊病による二重人格者で、眠った時に別人格「ハクバ」が顔を出す。しかし、ハクバが出たら人格を完全に乗っ取られるわけではなく、自身の意思で入れ替わったり、ある程度ハクバの力を制御することは出来る。かつて、ハクバが起こした事件がきっかけで海賊となるも、本人はその状況と人気を楽しんでいる。
3年前に新世界に進出し、2億を超えるルーキーとして世界を騒がせた。しかし、その1年後に起きた頂上戦争や頭角を現した「最悪の世代」の影響で、記者たちに見向きもされなくなった。そのため、ルフィやローたち「最悪の世代」を逆恨みしており、いずれ全員抹殺しようと目論んでいる。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。試合前にルーシーの正体を知り、同じくルフィを付け狙う首領・チンジャオと交戦した。Dブロックに出場し、試合中にハクバと入れ替わり他の出場者を圧倒したが、唯一攻撃を見切ったレベッカに致命傷を与えられず、その後再び眠りについてしまったことで敗退した。試合後、他の出場者同様、地下交易港幹部塔内にてシュガーの能力でオモチャに変えられてしまったが、ウソップの活躍で元に戻る。その後、ウソップへの恩義としてルフィの抹殺を取り下げると共に武器とオモチャの秘密を知った者達の口封じを見抜き、ドフラミンゴ討伐に加勢する。ルフィたちと共に台地の3段目まで辿り着き、シュガーが生み出した頭割り人形によって愛馬のファルルが倒されると、その落とし前をつけるべくルフィたちを先に行かせ、グラディウスと対峙する。バルトロメオとの共闘でグラディウスと交戦し途中でハクバが現れ、加勢しようとしたデリンジャーを一撃で倒す。さらに、ハクバが上層を目指すロビンに襲い掛かろうとしたが、ハクバと自身の人格を半々ぐらいに抑えグラディウスの攻撃を回避しつつハクバの速度を利用して、ロビンをひまわり畑に連れていくと眠りについた。眠りから覚めると、ロビン達を連れ下段に降りようとするが、ローの戦いを最後まで見届けたいと言う想いを尊重し、共にルフィとドフラミンゴとの決戦を見届けた。ドレスローザからの脱出の際は、バルトロメオやサイらとの共同で海軍を妨害し麦わらの一味を援護した。
ハクバ
キャベンディッシュのもう一つの人格。
狂気に歪んだ表情をしている。人格は非情なる戦闘狂であり、見るもの全て見境無く切り刻む性格の持ち主。一人称は「オレ」で、作中ではセリフのひらがながカタカナで表記されている。ハクバの太刀筋は目にも止まらぬ速さで、元々剣術の天才であるキャベンディッシュの倍の強さであるという。
かつて「ロンメル王国」で夜に人を斬る風「ロンメルのカマイタチ」と呼ばれる事件を起こし、派遣された海軍にも多数の被害を及ぼした張本人。先に罪を犯して海へ追われたのがハクバであり、キャベンディッシュはその後に海賊になった。
スレイマン
声 - 成田剣[5]
「ディアス海戦」A級戦犯。異名は「首はねスレイマン」。
顔を横断する傷がある男。武器はサーベル。亡霊のように生気がない構えが特徴。かつては「ディアス海戦の英雄」と呼ばれていたが、現在は戦犯として国を追われ、闇の世界を渡り歩く人斬りとなっている。本人は国のために殺しを重ね、祖国を愛していたと語っている。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Dブロックに出場しレベッカと交戦する(アニメでは彼女の「背水の剣舞」を見破っていた)が、ハクバとなったキャベンディッシュに倒された。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢したが、デリンジャーに倒された。ドレスローザの一件後、美しき海賊団に加わった。

海賊団「バルトクラブ」[編集]

船員56名。船長のバルトロメオをはじめ、船員全員が麦わらの一味の大ファン。アニメでは、「ルフィ先輩を海賊王にする会」と書かれた会員カードを所持している。元々は田舎育ちで幼なじみの不良グループが拡大して出来た巨大なギャングチームで、麦わらの一味のファンとなって海に出た精鋭達が現在のメンバー[2]。航海士がいないため、船員達は航海に関する知識が皆無な上に船酔い[注 3]に弱い。航海に行き詰るとバルトロメオ達が子供の頃から通いつめ、現在でも心の拠り所としている田舎に住む駄菓子屋の老婆[注 4]に電話をしアドバイスを貰っているが、甲板にへばりついたガムのはがし方や怪我で頭にこぶが出来た時の対処法など、航海には全く役に立たない生活の知恵ばかりである。

船の名前は「ゴーイングルフィセンパイ号」で、サニー号よりもやや大きくマストの根元にはやや目つきが悪いメリー号の船首、船尾はチョッパー、船首はルフィを象っており、他にはナミを意識したみかんの木があるなど至るところに麦わらの一味をオマージュした作りになっている[注 5]。バルトロメオの部屋には麦わらの一味全員の手配書とルフィ、ゾロ、ウソップ、ロビン、フランキーのサインを額に入れて飾っている[注 6]

バルトロメオ
声 - 森久保祥太郎
海賊団「バルトクラブ」船長。異名は「人食いのバルトロメオ」。懸賞金1億5000万ベリー→2億ベリー。
逆立たせた緑髪に鼻ピアスや尖った歯といった異様な顔立ちが特徴の男。「最悪の世代」の1つ下の世代。数々の残虐な事件[注 7]を起こしていることから、「イカれたルーキー」「今最も消えてほしい海賊No.1」などと称されている。残忍無比な性格で知られ、常に人を食ったような行動[注 8]をとることから「人食い」の異名を持つ。こうした経歴により世間からの評判は最悪だが、一度拳を合わせた者は戦友として助ける義理堅い一面もある。また、後述の麦わらの一味への態度や故郷の老婆から教えられていた「自然に逆らうとバチが当たる」という教えを本気で信じているなど迷信家な一面もある[注 9]。笑い声は「ヘハハハ」。語尾に「べ」をつける。また、緊張したり感情が昂ぶると言葉遣いが訛り交じりになる[注 10]。ルフィからは「トサカの奴→ロメ男」、ロビンからは「ニワトリ君」と呼ばれる。東の海出身[7]。24歳[7]。誕生日は10月6日(バルトロメオ=10、6)[7]。身長220cm[7]
超人系悪魔の実「バリバリの実」の能力者。一切の攻撃を通さないバリアを張ることができる「バリア人間」。バリアを張る際、人差し指と中指を交差させる。バリアの強度は高いが、一度に出せるバリアは一つまでで面積にも限度がある。
海賊となる前は地元で150の町を締め上げる暗黒街のボスだった。2年前、ローグタウンでルフィが処刑台から生還した現場を目撃し、それ以来ルフィをはじめとする麦わらの一味を「先輩」と呼び熱狂的なファンとなる。以降ルフィが起こした数々の事件を追い続ける日々を送っていた。頂上戦争の一件で海に出ることを決意し海賊となり、同じく麦わらの一味を慕うメンバーと「バルトクラブ」を結成した。ルフィを「未来の海賊王」として心酔しており、緊張のあまり目を合わせることもできず感涙するほどである。またルフィ以外のメンバーにも尊敬の念を抱いており、ルフィの義兄サボにも「大先輩」と呼び敬意を払う。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。ルフィに「メラメラの実」を捧げるため剣闘会に出場。試合前にはガンビアの敵討ちとして海軍中将メイナードを倒した。Bブロックでは、自分から手を出さず挑んできたハックを返り討ちにし、終盤にはエリザベローII世が放ったキング・パンチを唯一防ぎエリザベローを撃破し、Bブロックを制した。試合後、ルフィと初対面を果たしゾロたちがコロシアムの外で待っていることを伝え、デリンジャーに抹殺されそうになったベラミーを救出した。決勝戦ではサボの要請を受け、レベッカを援護しながらディアマンテと交戦した。試合後はサボやロビンたちと行動を共にし、「鳥カゴ」発動後はローの手錠の鍵を届けるためレベッカたちとひまわり畑に向かう。途中でグラディウスの攻撃を受けるも、ルフィを先に行かせるためグラディウスを足止めする。キャベンディッシュとの共闘で上層へ向かうロビンへの攻撃を身を挺して防ぎ、ロビンがひまわり畑まで辿り着いたことを見届けるとグラディウスを撃破した。「鳥カゴ」の収縮が迫ると広範囲にバリアを広げ、国民や戦士達と協力して「鳥カゴ」を押し出しルフィ復活の時間を稼いだ。
ドレスローザの一件後、懸賞金が5000万ベリー上昇した。麦わら大船団結成後、ルフィ達を乗せゾウまで送り届けた[注 11]
ガンビア
声 - 家中宏
海賊団「バルトクラブ」参謀。異名は「宣教師[注 12]」。懸賞金6700万ベリー。
盛り上がったパンチパーマにサングラスをかけた細身の男。武器はヌンチャク。バルトロメオ同様麦わらの一味の大ファンで、一味がゴーイングルフィセンパイ号に乗船した際には嬉しさのあまり船員全員で号泣していた。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。コロシアムの控室でメイナードの不審な動きに気付き絡むが、返り討ちにされた。その後の詳細は不明だったが無事に生存しており、ルフィ達のドレスローザ脱出時にはバルトロメオと合流していた。

八宝水軍[編集]

船員約1000名。西の海「花ノ国」のギャングで、過去数百年の歴史を持つ。船は大型の「八宝塞」1隻と装甲船「一宝塞」7隻[2]

サイ
声 - 橋本晃一
八宝水軍第13代棟梁。チンジャオの孫。通称首領・サイ(ドン・サイ)。
胴長の体型で、襟のついたマントを羽織っている。左わき腹に「13」の刺青がある。感情が盛り上がる性格でチンジャオほどではないが喜怒哀楽が激しい。弟のブーに対しては、八衝拳の門下に入って以来兄弟の情は捨てており、一人の部下として扱っている。祖父のチンジャオを「ジジイ」と呼んでいるが、瀕死に陥ったチンジャオを気遣うなどぞんざいには扱っていない。八衝拳奥義「錐龍錐釘」を継承した際、八宝水軍首領の座をもチンジャオから正式に受け継いだことで、サイ本人の意思にそぐわなかった二宝水軍棟梁の娘ウホリシアとの婚約もチンジャオによって放棄された。語尾に「やい」をつける。笑い声は「カッカッカ」。八衝拳と「武装色の覇気」の使い手。武器は薙刀。28歳[3]。誕生日は8月13日(八宝・13代)[3]
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。花ノ国の王からの依頼で、ドレスローザから流れる武器の密輸を潰すため剣闘会に出場。Cブロックでは他の参加者達を次々と倒していき、ブーを倒したケリー・ファンクを一撃で倒し仇を討つ。その後イデオと互角の死闘を繰り広げたが、ルフィの不意打ちで倒され敗退した。試合後、チンジャオ同様シュガーの能力でオモチャに変えられてしまったが、ウソップの活躍で元に戻る。地下から脱出後、チンジャオと共にルフィのドフラミンゴ討伐に加勢し、ベビー5と交戦する。戦闘中ベビー5に放った言葉を求愛の言葉と勘違いされ彼女に惚れられる。彼女の何でもするという頼み込みに対し、「死んでくれ」という冗談を間に受け自害しようとしたベビー5を制止する。チンジャオを倒したラオGとの戦闘の際、ラオGが必要とされるなら命すら捨てるベビー5を「便利な女」と表現したことに怒りベビー5を妻にもらうことを宣言し、チンジャオから継承された「錐龍錐釘」でラオGを撃破した。
武脚跟(ブジャオゲン)→錐龍錐釘(きりゅうきりくぎ)
武装色の覇気を纏った足で行う踵落とし。長年の修業が実を結び力が覚醒したことでチンジャオの錐の頭をへし折り、八衝拳奥義「錐龍錐釘」の名を授かった。ドレスローザの王宮の地面を砕き、チンジャオに「氷の大陸をも打ち砕くだろう」と言わしめる威力。
ブー
声 - 高塚正也
八宝水軍副棟梁。チンジャオの孫で、サイの弟。
右腕に髑髏のマークが入った防具を付け、左腕には髑髏の刺青がある男。家族の中では比較的冷静で、感情の盛り上がりやすい兄や祖父を制止している。兄と同じく八衝拳の使い手。「武装色の覇気」の使い手で、斧に覇気を纏わせて戦う。誕生日は8月20日(八・ぶう→20)[3]
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Cブロックでは他の参加者を圧倒したが、ケリーを挑発したことで怒りを買い、ボビーの肉体を支配したケリーに倒された。試合後、チンジャオ同様シュガーの能力でオモチャに変えられてしまったが、ウソップの活躍で元に戻る。地下から脱出後、チンジャオと共にルフィのドフラミンゴ討伐に加勢したが、マッハバイスに倒された。
チンジャオ
声 - 青森伸
元八宝水軍第12代棟梁(隠居人)。サイとブーの祖父。通称首領・チンジャオ(ドン・チンジャオ)。懸賞金5億ベリー以上。
大きな白い髭が特徴の巨体の老人。額の左側に「12」の刺青がある。普段は温和な風貌で口調も穏やかだが、怒ると表情や口調が一変し髭が逆立つ。一度暴走すると孫たちでも止められない。全盛期には5億超えの懸賞金を懸けられた伝説の海賊。口癖は「ひやはや」。笑い声は「ひやホホホ」。既に海賊を引退した身だが、実力はいまだ健在。キャベンディッシュの名刀デュランダルですら貫けないほどの頑丈な頭部を持つ。花ノ国の拳法・八衝拳の使い手で、自慢の頭部に「武装色の覇気」を纏わせた頭突きを得意とする。「覇王色の覇気」の持ち主。誕生日は12月12日(12代棟梁)[3]
八宝水軍棟梁であった30年前、「錐のチンジャオ」の異名をとった彼の長い錐の頭でのみ開けられる「宝玉氷床」という氷床の下に一族の数百年分の財宝を保管していた。しかし、ガープとの決闘で頭部を凹まされたことで錐の頭を失い、財宝を取りだすことが不可能になってしまう。以降、人生の全てである巨万の富を失った恨みから孫子の代までガープを憎むようになる。また、力と富を失ったことで意欲も失い、孫のサイに棟梁の座を譲り海賊を引退した。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。試合前、ルーシーの正体を見抜きルフィやキャベンディッシュと交戦した。Cブロックではジャン・アンゴ、イデオら他の参加者を次々と倒し、ルフィと壮絶な一騎討ちを繰り広げるが敗北する。その際、ルフィの最後の一撃によって頭部が押し出され、錐の頭を取り戻した。そのことで考えを改めルフィへの感謝の意を表しガープへの恨みも消えた。試合後、他の出場者同様シュガーの能力でオモチャに変えられてしまったが、ウソップの活躍で元に戻る。地下から脱出後、ルフィとウソップへの恩返しのため、ドフラミンゴ討伐に加勢する。ラオGと交戦するもルフィとの戦いで再発した持病が疼いた影響で劣勢に立たされる。サイとベビー5のやり取りに業を煮やしまとめて攻撃しようとするも、サイが放った武脚で錐の頭をへし折られる。それでも、孫の成長を称え八衝拳の奥義「錐龍錐釘」の称号をサイに継承し、名実ともに八宝水軍をサイに委ねた。しかし、その直後ラオGの一撃を喰らい戦線離脱した。
ベビー5
元ドンキホーテファミリー「ピーカ軍」幹部。サイに求婚されファミリーを離脱し八宝水軍に加入した。

XXX(トリプルエックス)ジム格闘連合[編集]

船員4名。ドレスローザの戦乱後に意気投合した格闘家によって結成された。

イデオ
声 - 相沢まさき
XXXジム格闘連合代表。手長族のXXX級ボクサー。新世界「セントラル格闘会」V2覇者。異名は「破壊砲」。
大きくせり上がった異形の肩と目のくま、大きな三つ編みが特徴の男。強くなることを望む好戦的な性格だが、義理人情を重んじる一面もある。爆発に似たパンチは巨人族をも吹き飛ばす威力を誇る。異形に見える肩は手長族特有の腕の関節によるものである。22歳[3]
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Cブロックに出場しルフィに敗れたハイルディンを場外へ吹き飛ばし、その後は八宝水軍のサイと互角の戦いを繰り広げたが、チンジャオの不意打ちにより場外に飛ばされ敗退した。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢し、デリンジャーとの戦いではボロボロになりながらも食らいついたが闘魚の本性を現したデリンジャーに倒されてしまった。その後、マンシェリーの「チユポポ」の効果で一時的に復活し、バルトロメオ達と共に収縮する「鳥カゴ」を押し出した。ドレスローザでの一件後、ブルー・ギリー、アブドーラ&ジェットと「XXXジム格闘連合」を結成した。
名前の由来は、アニメ『伝説巨神イデオン』に登場する巨大ロボット「イデオン[7]
破壊砲(はかいほう)
爆発するパンチを放つ。
ブルー・ギリー
声 - 成瀬誠
足長族の「脚功道(ジャオクンドー)」格闘家。
青髪に黒のアロハシャツを着た男。「ヒャオー」が口癖。攻撃を予測させず「鉄の鞭」と称されるほどの威力の足技の使い手。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Bブロックに出場し他の出場者を買収したプロデンス王国軍師ダガマに手を貸し、リッキーを初めとした出場者を次々と撃破する。終盤、他の結託者を裏切ったダガマに背後を狙われるも、それを見抜いており返り討ちにした。しかし、エリザベローII世に攻撃を仕掛けようした直後に彼が放った「キング・パンチ」により場外に飛ばされ脱落した。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢したが、デリンジャーに倒された。
シューティングムーン
「脚功道」による跳び蹴り。エリザベローII世に放とうとしたが不発に終わった。
アブドーラ&ジェット
声 - 平井啓二(アブドーラ)、服巻浩司(ジェット)
元賞金稼ぎ。「政府機関爆破事件」を起こした2人組の犯罪者。
アブドーラは額に三本の傷がありサングラスをかけている。武器は2本の三叉槍。ジェットは色黒でアラブ風の服装をしている。笑い声は「シハハハ」。武器は2本のサーベル。片方が相手を引き付けその隙にもう片方が相手を襲うなどの不意打ちによる卑怯な戦法を取りその事を全く意に介さない非情な性格だが、恩赦をくれた相手には援助を惜しまない義理堅さも併せ持っている。チームを組んだイデオとブルー・ギリーを兄弟と呼んでいる。
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Bブロックに出場し卑劣な手段でレパントをはじめとした多くの出場者を倒したが、ベラミーに2人まとめて倒された。「鳥カゴ」発動後はゴッドウソップに心酔し、ルフィのドフラミンゴ討伐に加勢。ドフラミンゴがルフィ達に懸けた懸賞金を狙ったケリー・ファンクの罠に嵌められドフラミンゴの「影騎糸」に急襲されたルフィとローを助け、ルフィからウーシーの治療を託された。
名前の由来は、プロレスラーのアブドーラ・ザ・ブッチャータイガー・ジェット・シン[7]

トンタッタ族 トンタ兵団[編集]

兵員200名。代表は兵長レオ。それぞれドレスローザを出港した他の6つの団体と違い拠点のグリーンビットに帰還した。

未来の巨兵海賊団[編集]

船員5名。巨人族の村「エルバフ」出身の新世代の戦士達の海賊団。船はバイキング船「ナグルファル[2]。かつては5人共七武海バギーの海賊派遣会社「バギーズデリバリー」に所属し、クラスSの稼ぎ頭だった。ドレスローザの一件後、バギーの元から脱退し麦わら大船団に加わった。

ハイルディン
声 - 小山剛志
未来の巨兵海賊団船長。元「バギーズデリバリー」の傭兵。異名は「海賊傭兵」。
兜を被り髭を蓄えた巨人族の男。4人の仲間と共に全巨人族を束ね、かつて世界を震撼させた「巨兵海賊団」の復活を目指している。ドリーやブロギー同様エルバフの誇り高き戦士であり、受けた恩は己の身を犠牲にしてでも返そうとする義理堅さを持つ。武器は棍棒。笑い声は「ディガガガガ」。81歳[3]
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Cブロックに出場し巨人族特有の圧倒的なパワーで出場者を次々と蹴散らし、ルフィと親しくなった闘牛ウーシーを倒した。しかしその事でルフィの怒りを買い一撃で倒された。オモチャから元に戻ると、シュガーを気絶させたウソップの健闘を称え英雄として祭り上げた。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢し、マッハバイスと交戦する。マッハバイスの能力に苦戦し一旦は倒れるも、恩義を果たすため再び立ち上がる。全身の骨を砕かれながらも「英雄の槍」でマッハバイスを「鳥カゴ」まで吹き飛ばすことで勝利を収めるも、力を使い果たしその場に倒れた。その後、マンシェリーの「チユポポ」の効果で一時的に復活し、バルトロメオ達と共に収縮する「鳥カゴ」を押し出した。
ドレスローザから脱出する際は、海軍大将藤虎に立ち向かうルフィを捕まえて戦いを中断させ、彼を掴んだままヨンタマリア号へ続く連結橋を走り抜けた。
英雄の槍(グングニル
自身の命の力を込めた渾身のパンチ。

ヨンタマリア大船団[編集]

麦わら大船団の7割を占める船員4300名、全56隻の大艦隊。巨人のハイルディンさえ小さく見える「ヨンタマリア号」が大船団の主船。他は「ニタマリア号」50隻、少し大きい「サンタマリア号」5隻で構成されている。海賊旗は割れた卵の中にドクロが描かれたマーク(元ネタはコロンブスの卵[2]

オオロンブス
声 - 斉藤次郎
ヨンタマリア大船団提督。異名は「殺戮支配者」「偽りの冒険野郎」。
髪を複数の三つ編みにした大男。一人称は「我」。本人は「開拓冒険家」と自称している。ゾロからの呼び名は「カントク」。人一人を軽々投げ飛ばす怪力と敵ですら思わず従ってしまう威厳ある声量が持ち味。武器は。42歳[3]
コリーダコロシアムの剣闘会出場者。Dブロックに出場し暴れ獅子アギョウを倒したが、ハクバとなったキャベンディッシュに倒された。「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢する。ゾロのピーカ攻略に協力し、ゾロを「提督キラーボーリング」でピーカの元まで投げ飛ばした。ドレスローザから脱出する際は、港から5km先の霧の中に他の海賊船を隠し、艦隊で連絡橋を作ることでルフィ達の逃亡を手引きした。
コロンブス
ヨンタマリア大船団の一員。
ドレスローザから逃亡する際、ルフィに恨みを持つ海賊の連合艦隊が現れた時に迎撃の指揮をオオロンブスに任される副官的存在。

四皇[編集]

赤髪海賊団[編集]

四皇の一人であるシャンクス率いる海賊団。海賊旗は、左目に3本の傷があるドクロの後ろで剣が交差したマーク。船の名前は「レッド・フォース号[9]で、船首はを象っている。船員達が船長に平気で軽口を叩くほど自由かつ陽気な雰囲気で、宴を好む。

シャンクス
声 - 池田秀一
赤髪海賊団大頭。四皇の一人。元ロジャー海賊団見習い。異名は「赤髪のシャンクス」。
赤髪と左目の3本傷、黒いマントが特徴の隻腕の剣士。ルフィが海賊に憧れるきっかけとなった人物。普段は能天気に見えるほど大らかで、自分への無礼や嫌がらせは平気な顔で見過ごすが、自身の友や仲間を傷つける者には強い怒りを露にする。この性格はルフィにも影響を与えている。大海賊としての圧倒的な風格も併せ持ち、海軍のセンゴクからも一目置かれている。五老星からは「暴れさせればこそ手に負えんが、自分から世界をどうしようという男でもない」と評されており、見習い時代に世界を自分の目で見て回ることが望みと語っていた。本人の強さは、作中では公開されていないが、ゲーム版では、覇気を駆使して戦う描写がある。「覇王色の覇気」の持ち主。西の海出身。37→39歳[10]。誕生日は3月9日(シャン=3、ク=9)[11]
若い頃は見習いとしてロジャー海賊団に所属し、この頃にロジャーからトレードマークの麦わら帽子を受け継いだ[12]。白ひげ海賊団とは何度も相見え、27年前の金獅子海賊団との「エッド・ウォーの海戦」にも参戦した。24年前にロジャーの処刑を涙ながら見届け、自身の海賊団を結成すべく同僚のバギーを仲間に誘うが断られ、この断絶は頂上戦争で再会するまで続くこととなる。その後、ベックマンらと赤髪海賊団を旗揚げし、世界屈指の大海賊として名を上げていく。世界最強の剣士ミホークとは過去にライバル関係にあり、いつ決着するともしれない決闘の日々は白ひげや他の大物からも伝説として語られている。
13年前、東の海フーシャ村を拠点としていた時期に幼い頃のルフィと知り合う。海賊に憧れるルフィに航海に連れて行くよう懇願され、ルフィの資質も見抜いていたが、海の過酷さを知り抜いていたため拒み続けた。その約1年後、山賊ヒグマに海に落とされて、海王類「近海の主」に襲われそうになったルフィを救うも、代償として左腕を失う。その後フーシャ村を離れる日、自分を越えて見せると宣言したルフィに「立派な海賊になって返しにこい」と、トレードマークの麦わら帽子を託し、再会を約束した。10年後の本編でミホークからルフィが3000万ベリーの賞金首になったことを知らされた時は大いに喜んだ。
かつて黒ひげにより、左目に3本の傷を負わされている[注 13]。そのため黒ひげを警戒しており、エースの身を案じ、黒ひげ追跡を止めさせようと白ひげのもとへ部下のロックスターを送るが一蹴される。後日、海軍の艦隊を破ってまで白ひげと直談判をするが決裂し、互いに天が割れる程の一撃を放った。
マリンフォード頂上戦争の前日、白ひげを討ち取ろうと目論んだとされる四皇のカイドウと小競り合いを起こした。当日はエースと白ひげが死亡し白ひげ海賊団が敗走する中マリンフォードに現れ、戦いをやめるよう叫ぶコビーを始末しようとした赤犬の攻撃を防ぐと、白ひげ海賊団・海軍・黒ひげを牽制し戦争を終結させた。その際失神していたルフィとは「いま会えば約束が違う」と顔を見ることもなくすれ違った。その後、新世界のとある島で白ひげとエースを埋葬した。エースを喪ったルフィに対し、この死を乗り越えて一人前になれと激励の言葉を贈った。
ドレスローザでの一件後、ある荒廃した島で誰かの結婚式に出席しルフィの記事を眺めていた。
ベン・ベックマン
声 - 曽我部和恭(4話)→田原アルノ(151話 - )
赤髪海賊団副船長。
冷静沈着な切れ者で、シャンクスを的確に補佐する。やや抜けたところがあるシャンクスに口では呆れながらも、その人柄を認め好感を抱いている。ルフィの良き理解者でもあり、自分を航海に連れていかないシャンクスに不貞腐れたルフィを諭していた。作者曰く、作中最もIQが高い人物(第8巻時点)[13]。武器は片手用のライフル銃で、接近戦にも用いる。フーシャ村にいた当時は黒髪だったが、現在は白髪になっており顔には十字傷がある。喫煙者。誕生日は11月9日[12]
頂上戦争では黄猿に銃を向け、攻撃を制止した。
ヤソップ
声 - 小林通孝
赤髪海賊団幹部[14]ウソップの父親。
息子同様射撃の名手。ルフィは彼が的を外すのを見たことが無く、本人は「蟻の眉間にもぶち込める」と豪語する。武器はライフル銃。鼻以外はウソップとよく似た顔立ちで、ドレッドヘアーが特徴。誕生日は8月2日[12]
22年前、シロップ村でシャンクスに勧誘される。ウソップの誕生後に幼い彼と妻バンキーナを残し、海へ旅立った。妻子からは誇りに思われており、彼自身も村に残してきた息子のことを気にかけ、よくルフィにウソップの話を聞かせていた。
ラッキー・ルウ[15]
声 - 土門仁
赤髪海賊団幹部[14]
常に骨付き肉を食べている、肥満体の大食漢。普段は陽気だが、戦闘時には躊躇なく銃を発砲し、相手を射殺する。誕生日は7月6日[12]
ロックスター
声 - 郷里大輔
赤髪海賊団新入り。懸賞金9400万ベリー。誕生日は6月9日[12]
シャンクスの部下で、使者として白ひげへ遣わされた男。入団前から多少名を馳せていたと主張したが、白ひげやマルコには全く相手にされなかった。

白ひげ海賊団[編集]

四皇の一人であるエドワード・ニューゲート率いる海賊団。海賊旗は三日月型の白ひげが描かれたドクロマーク(当初は後ろにが書かれていたが、後に骨十字に変更された[注 14])。それ以外にも十字の棒に白ひげが描かれたマークも存在しマルコなど一部の船員は身に付けている。本船はを象った船首の「モビー・ディック」。加えて、似たデザインの船を複数持つ。

船員は約1600名で、16の部隊に分かれている[9]。さらに、新世界で名を馳せる43の海賊団を傘下に従えており、傘下含めた兵力は5万人に及ぶ[16]。「世界最強の男」たる白ひげを筆頭に、世界有数の実力ある海賊たちが集う。仲間を「家族」と想う白ひげの心意気は一味全体に浸透しており、鉄の団結力を誇る。なお、隊の番号と個々の実力は比例せず、隊長達は番号に関係なく同じ地位である[17]。白ひげの考えで女性の戦闘員は一人も船に乗せず、白ひげを看護していた女性たちの船医チームも頂上戦争直前には船から降ろしている[18]

物語当初の船員の内、2番隊隊員マーシャル・D・ティーチは4番隊隊長サッチを殺して脱走・脱退。船長エドワード・ニューゲートと2番隊隊長ポートガス・D・エースはマリンフォード頂上戦争において戦死した。頂上戦争から1年後マルコ率いる残党達は援軍を含めて黒ひげ海賊団に戦いを挑んだが惨敗を喫し、それ以来隊長達の消息はばったり途絶えてしまっている。

本隊[編集]

エドワード・ニューゲート
声 - 有本欽隆
白ひげ海賊団船長。四皇の一人。通称「白ひげ」。
大海賊時代の頂点に君臨する「世界最強の海賊」。かつて、海賊王ゴール・D・ロジャーと唯一互角に渡り合い、現在では「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」に最も近い存在とされ、その伝説的・怪物的な雷名は世界中に轟き多くの海賊や人々から恐れらている。三日月のような白い口ひげを蓄えた、常人の数倍はある体躯の筋骨隆々の大男で、頭に黒いバンダナを巻いており地肌に直接コートを羽織っている[注 15]。財宝に対する執着は全くなく、仲間を「家族」として何よりも大切に想い[注 16]、船員のことを「息子」と呼ぶ。船員や傘下の海賊達からは「オヤジ」と呼ばれ、絶大な尊奉の念を抱かれている。それゆえ「仲間殺し」を一味最大唯一のタブーとしており、「白ひげは仲間の死を許さない」ということは世界的に知られている。また、魚人島を始め多くの島を見返りなしで自身のナワバリとし、その威名による抑止力でその他の悪党らから守っていた。笑い声は「グララララ」。武器は薙刀。享年72歳。誕生日は4月6日(46=しろ)[1]
超人系悪魔の実「グラグラの実」の能力者。空間を殴りつけ大気にヒビを入れることで震動を起こすことができる「地震人間」。地震・津波や衝撃波を発生させたり、拳や武器の薙刀に震動のオーラを纏わせて攻撃することで対象に直接地震の衝撃を見舞うことができる。大気を掴んで動かすことで、島や海をも傾かせることもできる。その破壊力は、超人系悪魔の実の中でも最強とされセンゴクからは「世界を滅ぼす力」とまで称される。現在は老齢のためかかなり体調が悪化しており、普段は鼻のチューブや点滴など大量の医療器具を付けている。さらに頂上戦争の頃にはスクアードの不意打ちを食らってしまい、体調の悪化から吐血する程までになってしまった[注 17]。それでも「覇王色の覇気」の持ち主でもあり、巨人族の振りかざす刀や外輪船を片手で止めるほどの怪力を誇り、満身創痍になりがらも敵を薙ぎ払う程の圧倒的な生命力の持ち主である。
性格は豪快でシャンクスや三大将など世界的な大物を「ガキ」や「小僧」と呼んでいる。また大の酒豪でもあり、看護している医療班の女性達からは酒量を制限するように言われているが、意にも介していない。仲間には寛大で船に乗せたからにはどんな事情があろうとも「息子」として扱う。エースから自分が宿敵であったロジャーの息子だと打ち明けられた際は、「誰から生まれようとも人間みな海の子」と言い思いつめていたエースをなだめ、仲間殺しのタブーを犯したティーチを捕まえようと自らの「悪い予感がするから今回は忘れろ」という制止をも振り切って飛び出したエースに対してもシャンクスに「エースを黒ひげから手を引かせろ」と直談判されるが、自分の指示で追わせたとして全く聞き入れなかった。海軍に罠にはまり自らに刃を立てたスクアードに対しても咎めなかった。
ロジャーとは幾度も死闘を繰り広げた好敵手の関係で、シャンクスやバギーともその頃からの顔馴染み。自首する直前のロジャーと酒を酌み交わした際に「ひとつなぎの大秘宝」や「Dの意志」の真実を教えられている。その時にロジャーがラフテルへの行き方を教えようとしたが興味がないと断った。
黒ひげに敗れたエースが世界政府により公開処刑にかけられると、エース奪還のため総力を挙げてマリンフォードに攻め入り、大津波を起こして「マリンフォード頂上戦争」の戦端を開いた。序盤はモビー・ディック号から全軍の指揮を執り、途中乱入したルフィやバギー達と共闘する。戦争も佳境となった時、海軍に騙されていたスクアードに刃を立てられるが、それを機に出陣。体調の悪化と多くの傷に苦しめられ満身創痍となりながらも、海兵達を薙ぎ払い大将赤犬・青雉と互角に打ち合った。エース解放時は仲間達と共に全力でルフィを援護し、黄猿を足止めする。解放後は己の死期と時代の変わり目を悟り、仲間達を逃がすために捨て身の殿を務めんとする。エースの死後は怒りを露わにして赤犬に襲い掛かるが、赤犬の反撃で自らの頭部半分を失う[注 18]。それでもなお赤犬へ渾身の一撃を叩き込んで地割れに叩き落とし、更に海軍本部の要塞を半壊させた。その後現われたティーチとの戦いでは能力を封じられても即座に薙刀で反撃し、格の差を見せ付け圧倒する。トドメを刺そうとしたが黒ひげ海賊団の一斉攻撃を受けて限界に達し、死に際に「ひとつなぎの大秘宝」の実在を世界中に宣言し、家族たる仲間達へ感謝しながら立ち往生を遂げた[注 19]。遺体はシャンクスに引き取られ、エースと共に新世界のとある島に埋葬された[注 20]
新世界編では実の息子と言われるウィーブルが王下七武海に加盟しているが彼が本当の息子かは不明。
名前の由来は“黒髭”エドワード・ティーチ[20]。キャラクターのモデルは作者がよく行っていた飲み屋の主人(故人)[21]。豪快な性格や、酒好きで体を壊してしまい体中に管を通している点、それでいてなお酒を飲み続けている点が共通しており、実際に「ハナッたれ」や「アホンダラ」という言葉を他の客に使っていたという。
マルコ
声 - 森田成一
白ひげ海賊団1番隊隊長。異名は「不死鳥マルコ」。
パイナップルのような髪型をした細身の男。胸に第2の白ひげ海賊団のマークを入れている。実力・人格ともに申し分ない白ひげ海賊団の事実上のNo.2で、白ひげや他のクルーからの信頼は厚い。20年以上前から白ひげ海賊団に所属している古株の一人。自分たちのことを息子と呼んでくれる白ひげに大恩を感じている。語尾に「 - い」「 - よい」と付ける癖がある。誕生日は10月5日(「1」番隊隊長マルコ=05)[17]
動物系幻獣種の悪魔の実の能力者で、不死鳥に変身できる。青い炎を纏い、いかなる攻撃を受けても再生できる(ただし再生には限界がある。この青い炎は「燃え広がる」「高熱である」といった炎の特性はない[22])。「武装色の覇気」の使い手。
頂上戦争では開戦直後に白ひげを狙った黄猿の攻撃を防いで互角に打ち合い、包囲壁を超えた後は青雉からルフィを救った。その後、不死鳥化して処刑台に迫るがガープに撃退される。オリス広場での戦闘中、症状が悪化した白ひげに気を取られた隙を黄猿と中将オニグモに突かれ、海楼石の手錠をはめられ追い詰められる。エースが致命傷を受けた直後、Mr.3により手錠を外されると、一味の指揮を執りながらエースとルフィを守ろうと赤犬と交戦した。終戦後、シャンクスや一味の仲間達と共にエースと白ひげを新世界のとある島に埋葬した。
頂上戦争から1年後、残党を率い黒ひげ海賊団と激突したが惨敗を喫し、以後行方不明となっている[注 21]
ポートガス・D・エース
声 - 古川登志夫阪口大助(幼少期)
白ひげ海賊団2番隊隊長。ルフィ・サボの義兄弟。海賊王ゴール・D・ロジャーの息子。異名は「火拳のエース」。懸賞金5億5000万ベリー[23]
オレンジ色のテンガロンハットを被り、上半身裸にハーフパンツ、赤い首飾りを身に着けている青年。顔には母譲りのそばかすがあり、背中には白ひげ海賊団のマーク[注 22]、左腕には「ASCE」(Sは×印で消している。義兄弟サボのマーク)と書かれたタトゥーを入れている。根本はマイペースかつ自由奔放だが、ルフィと違い礼儀正しさと常識も持ちあわせており、世話のかかる弟のことを何かと気にかけている。食事の途中で突然寝るという癖があり[注 23]また、食い逃げの常習犯でもある。白ひげからは「性格は親父とは似つかない」と言われたが、仲間への侮辱に激しい怒りを露にし、仲間を守るためならどんな相手でも決して逃げないという点はロジャーと共通している。南の海・バテリラ出身。享年20歳。身長約185cm[24]。誕生日は1月1日(トランプのA=1)[24]
自然系悪魔の実「メラメラの実」の能力者。体をに変えて操り様々な攻撃を行い、この能力を原動力とする小型ボート「ストライカー」[9]で海を移動する。能力者となったのは村を出て以降だが、それ以前からゴムゴムの実の能力者であるルフィには1度も負けたことがなく[注 24]、幼い頃から街の不良達やコルボ山の野獣、さらには本物の海賊を倒すなど怪物じみた戦闘力を発揮していた。また、10歳の時にはすでに「覇王色の覇気」を発現させていた。
ロジャーとポートガス・D・ルージュとの間に生まれる。ルージュがエースの存在を世間から隠すため、無理をして身篭り続けたため、生まれてすぐにルージュは力尽き命を落とした。その後、出産に立ち会ったガープにより、ダダンの下に預けられコルボ山で育った。幼少期は、世界的に悪名高いロジャーを父に持つ「鬼の子」という出自から自身の存在意義に悩み、ロジャーを憎んでもいた。海賊になり自分の生きた証となる「名声」を手に入れることを目指し、5歳の時から同い年の親友サボと二人で修行を積みながら海賊貯金を貯め出した。10歳の時にルフィと出会い、最初は友好的なルフィを邪険に扱っていたが、ポルシェーミに捕まったルフィをサボと協力して助け、海賊貯金の場所をばらさなかったルフィを認めるようになる。その後は3人で行動するようになり、兄弟の盃を交わした。グレイ・ターミナルで起きた大火事の際、海賊貯金を狙い襲ってきた海賊ブルージャムをダダンとの共闘で倒した。サボが行方不明となった後はルフィと“くい”のないように誰よりも自由に生きることを誓い、修行を積んだ。なお、この頃は無教養で言葉づかいも悪かったが、ルフィが世話になったシャンクスに挨拶するためにと、マキノから礼儀作法を学んだことで、性格はかなり丸くなり、他人に対する態度も柔らかくなった。
17歳の時、ルフィが海に出る3年前にコルボ山から出航し海賊となり、母ルージュの姓を名乗り「スペード海賊団」を結成。さらに「メラメラの実」の能力を得たことでたちまち名を上げていき、政府から七武海への勧誘を受ける程となる(勧誘は拒否している)。また、この時期に、ルフィの命の恩人であるシャンクスと対面を果たしている。最強と評される白ひげを倒すため、立ちはだかったジンベエと5日間に及ぶ死闘を繰り広げる。白ひげ海賊団と出会い、白ひげ一人に一味は完敗するものの、自分が身代わりになり仲間を逃がそうとする姿勢を気に入られ、その後さらに助けに来た仲間たちともども強引に白ひげ海賊団に入団させられた。入団当初は毎日のように白ひげの命を狙っていたが、全くかなわず返り討ちにあっていた。やがてマルコから白ひげの器の大きさを教えられたことで考えを改め、自分の意志で白ひげを海賊王にすることを志すようになる。実績を積み重ねたことで仲間からも認められ、2番隊隊長となるが、部下の“黒ひげ”ティーチが白ひげ海賊団最大の罪「仲間殺し」を犯して逃亡した際、白ひげや仲間の制止を振り切り独断でティーチ討伐に向かった。
偉大なる航路を逆走しティーチの行方を追う道中、アラバスタでルフィと3年振りの再会を果たし、ルフィに自分のビブルカードを渡す(アニメではその後しばらく麦わらの一味に同行)。その後、偶然出会ったバギーと飲み仲間になり、表紙連載『エースの黒ひげ大捜査線』において世話を受けたミルク売りの少女モーダの依頼で海軍基地に潜入し、手紙を届けたついでにティーチの情報を掴む。バナロ島にてティーチを発見し激突、後に「バナロ島の決闘」と呼ばれる死闘を演じるが、敗れて海軍に引き渡され、インペルダウンLEVEL6「無限地獄」に幽閉される[注 25]
世界政府はロジャーの血を絶つため公開処刑を決定、さらに海軍元帥センゴクによってロジャーの息子であることやルフィと義兄弟であることが暴露される。そして、エースを奪還するべく白ひげ海賊団や傘下の海賊団らがマリンフォードに乗り込むことで「マリンフォード頂上戦争」が勃発。同じく救出のため戦場に乗り込んできたルフィに対し道連れになってほしくないため一度は来るなと拒絶するも、再度の呼びかけでその揺るぎない信念を受け入れた。大激戦の末、ルフィ達によって処刑台から解放され、ルフィや仲間たちとの共闘で海軍と交戦しながら逃亡を図るが、赤犬の放った「時代の敗北者」という白ひげへの侮辱を許せず攻撃を仕掛け、能力の差で圧倒される。その隙を突いた赤犬の攻撃からルフィを庇ってマグマの拳に腹を貫かれ、致命傷を負う。自らの死を悟るとルフィを抱き寄せ、世界中から疎まれていた自分を愛してくれた白ひげと仲間達、そしてルフィへの感謝の言葉を涙ながらに残し、静かに笑いながら息を引き取った。遺体はシャンクスに預けられ、白ひげと共に新世界のとある島に埋葬された[注 26]
エース死後に復活したメラメラの実はドンキホーテファミリーの手に渡ったが、ドレスローザ編でもうひとりの兄弟であるサボに受け継がれた。
ジョズ
声 - 長嶝高士
白ひげ海賊団3番隊隊長。異名は「ダイヤモンド・ジョズ」。
鎧を身につけた巨漢。20年以上前から白ひげ海賊団に所属している古株の一人。誕生日は11月11日[12]
身体をダイヤモンドに変化させられる悪魔の実の能力者。ミホークの飛ぶ斬撃を無傷で受け止める程の高い防御力を持ち、巨人族よりも遥かに巨大な氷塊を投げ飛ばすほどの超人的な怪力、巨体からは想像できないスピードを生かした攻撃が持ち味。「武装色の覇気」の使い手。
頂上戦争では開戦直後にミホークの攻撃を阻止し、その後白ひげの命を狙うクロコダイルと交戦するもドフラミンゴの介入で中断した。海軍が包囲壁を発動させると、白ひげからの指示で、切り札である海底に潜ませていた外輪船を発動させた。包囲壁を越えた後は青雉と交戦していたが、マルコの窮地に気をとられた一瞬の隙を突かれ、全身を凍結されて戦線離脱する。エースと白ひげの埋葬時には回復していたが、凍結の影響で右腕を失っている。
ブリリアント・パンク
ダイヤモンド状態の腕で相手に高速タックルする。
サッチ
声 - 真殿光昭
元白ひげ海賊団4番隊隊長。
リーゼント気味の髪型が特徴の男。人当たりの良いフランクな性格。アニメでは二刀流の剣士。誕生日は3月24日[12]
「ヤミヤミの実」を手に入れたことで、それを狙っていたティーチに殺害された[注 27]
名前の由来は、黒髭の偽名の一つであるエドワード・サッチ[20]
ビスタ
声 - 高塚正也
白ひげ海賊団5番隊隊長。異名は「花剣のビスタ」。
20年以上前から白ひげ海賊団に所属している古株の一人。シルクハットと口ひげが特徴の、二刀流の剣士。その実力は世界最強の剣士ミホークにも高く評価されている。「武装色の覇気」の使い手。誕生日は2月5日[12]
頂上戦争ではルフィの助太刀に入り、ミホークと暫くの間、剣戟を繰り広げた。エースが致命傷を受けた際には、マルコと共に赤犬と交戦した。
ブラメンコ[22]
声 - 平井啓二
白ひげ海賊団6番隊隊長。
オーバーオールを身につけた太めの男。胸にあるつぎはぎのポケットから、巨大なハンマーを出して戦う。誕生日は2月5日[12]
ラクヨウ[22]
声 - 藤本たかひろ
白ひげ海賊団7番隊隊長。
目や口がついたチェーンハンマーを扱う、ドレッドヘアの男。誕生日は9月8日[12]
ナミュール[22]
声 - 松原大典
白ひげ海賊団8番隊隊長。
首の左に「8」の文字を入れた魚人。誕生日は7月6日[12]
ブレンハイム[22]
声 - 檜山修之
白ひげ海賊団9番隊隊長。
巨人ほどではないが白ひげをも超える巨体を持つ、弁髪の男。誕生日は8月6日[12]。氷漬けにされたジョズを運んだ。
クリエル
声 - 福原耕平
白ひげ海賊団10番隊隊長。
二丁のバズーカを背負った、メガネの細面な男。誕生日は9月12日[12]
頂上戦争では湾内でモリアと対峙した。終盤では赤犬の攻撃に倒れた。
キングデュー[22]
声 - 宮崎寛務
白ひげ海賊団11番隊隊長。
右胸に入れ墨があるボブヘアーの男。両腕にナックルダスターのようなものを付けている。誕生日は11月13日[12]
ハルタ[22]
声 - 野田順子
白ひげ海賊団12番隊隊長。
一刀流の剣士。大柄な隊長たちの中では常人程度の身長。誕生日は2月4日[12]
アトモス
声 - 福原耕平(465話)→浜田賢二(485話 - )
白ひげ海賊団13番隊隊長。異名は「水牛アトモス」。
2本の角が付いた兜を被る、二刀流の巨漢。誕生日は3月19日[12]。戦争中、ドフラミンゴの能力で操られ、部下へ攻撃させられた。
スピード・ジル[22]
声 - 沼田祐介
白ひげ海賊団14番隊隊長。
豚鼻で、白ひげ海賊団のマークがついた帽子をかぶる男。ランスを武器とする。誕生日は4月6日[12]
フォッサ[22]
声 - 永野広一
白ひげ海賊団15番隊隊長。
葉巻を咥えた前頭禿げの中年男。炎をまとった刀を扱う。誕生日は4月15日[12]
イゾウ[22]
声 - 織田優成
白ひげ海賊団16番隊隊長。
女形のような和装と日本髪が特徴。二丁の短銃使い。誕生日は10月13日[12]
マーシャル・D・ティーチ
元白ひげ海賊団2番隊隊員。現黒ひげ海賊団提督。サッチを殺害し逃亡した。

白ひげ海賊団傘下[編集]

白ひげ海賊団傘下にある、新世界で活動する海賊団の船長たち。彼らも白ひげを「オヤジ」と呼び慕う。マリンフォード頂上戦争には、43の海賊団全てが艦隊を組んで参戦した。現在エドワード・ウィーブルによって16人の船長が倒されている。

ドーマ
声 - 服巻浩司
新世界で名を馳せる海賊。異名は「遊騎士ドーマ」。
銃を持つを肩に乗せた逆手持ちの二刀流の剣士。誕生日は2月1日[12]。かつてエースにより一味が降伏させられ、白ひげ傘下となった。
マクガイ
声 - 増谷康紀
新世界で名を馳せる海賊。異名は「雷卿マクガイ」。
稲妻のような髭を持ち、長髪でアゴが長い。帯電した剣を扱う。誕生日は9月3日[12]
スクアード
声 - 佐々木誠二
大渦蜘蛛海賊団船長。異名は「大渦蜘蛛スクアード」。
額に蜘蛛のマークを持つ、新世界で名を馳せる海賊。自分の背丈ほどもある大剣を使用する。白ひげが全海賊団の指揮を一番に任せようとしたほど、信頼は厚い。誕生日は9月6日[12]
かつてロジャーとの戦いで仲間たちが全滅し、一人になったところを白ひげに拾われた。その経緯からロジャーを憎んでいる。
頂上戦争では、エースがロジャーの息子と知り最も動揺する男として、センゴクと赤犬が仕掛けた作戦に利用されることとなる。「白ひげがエースのため海軍と裏で取引し、傘下の海賊たちを売った」と赤犬に騙され、白ひげに剣を突き刺した。殺されることを覚悟したが、海軍に謀られたことを知り、仲間からも「スクアードを騙した海軍を許さない」と許してもらえたことから、自分の愚行に涙を流して後悔し、エース救出後は償いに部下達としんがりを務めようとするが白ひげに制された。
ディカルバン兄弟
声 - 高塚正也竹本英史
新世界で名を馳せる海賊兄弟。
それぞれ片目にアザがあり、両手に嵌めた爪付きの手袋による接近戦が得意。誕生日は5月22日[12]
スクアードに代わって白ひげに全海賊団の指揮を任せられた。
リトルオーズJr.
声 - 平井啓二
魔人オーズの子孫。
先祖同様、巨人族の二倍以上はある巨体で、頭から2本の角が生えている。エースと親しく、日差しや雪など天候の影響を受けやすい自分のために作ってくれたを気に入っている。誕生日は2月13日[12]
頂上戦争では白ひげの制止も聞かずエースのもとに向かおうと特攻したが、ドフラミンゴに右脚を切断されるなど、七武海の猛攻を受け倒れた。しかし倒れた場所が包囲壁の一部だったため、突破口を切り開くきっかけとなる。その後一時的に復活し、白ひげ海賊団の切り札である外輪船を広場に引き上げたが、同時に海軍の砲撃を受け完全に倒れた。終戦の時点で倒れたままであり、その後の生死は不明。
ホワイティベイ
声 - 塩山由佳
砕氷船を操る、妙齢の女海賊。異名は「氷の魔女」。誕生日は10月31日[12]。自身の砕氷船で海軍本部入口の岸壁を破壊した。
ランバ[16]
声 - 福原耕平
兜を身につける騎士風の海賊。誕生日は7月10日[12]
エルミー[16]
声 - 斉藤貴美子
派手な装飾品を身につけた、中年の女海賊。誕生日は6月30日[12]
A・O(アー・オー)[16]
声 - 福原耕平
A・O海賊団船長。
長方形の顔をした、大柄な海賊。エースを「ちゃん」付けで呼ぶ。誕生日は1月15日[12]
ドレスローザ戦乱と同時期にエドワード・ウィーブルによって全滅した。
デラクアヒ[16]
声 - 藤本たかひろ
丸々とした体をした大柄の海賊。語尾に「-ど〜」がつく。誕生日は9月1日[12]
ビザール[16]
声 - 宮坂俊蔵
巨大なショルダーパッドと口元の金属が特徴的な海賊。誕生日は2月3日[12]
アイルワン[16]
声 - 藤本たかひろ
セイウチに酷似した海賊。悪魔の実の能力者かは不明。誕生日は1月1日[12]
エポイダ[16]
声 - 宮崎寛務
長い髪で目が隠れている、太った海賊。イモムシのような姿に変形できる。誕生日は6月4日[12]
ブロンディ[16]
声 - 赤羽根健治
小さなライオンの子[12]を頭に乗せた海賊。誕生日は2月6日[12]
カルマ[16]
声 - 岡本寛志
タコの魚人海賊[12]。6本の腕で刀を操る。誕生日は6月6日[12]
アマドブ[16]
声 - 平井啓二
王冠をかぶった海賊。誕生日は6月20日[12]
パームス[16]
声 - 福原耕平
パンダの被り物を身につけた海賊。誕生日は3月11日[12]
ブリュー[16]
声 - 藤本たかひろ
角のような矢印がついた帽子を被る海賊。ルフィを抱えたジンベエに船に乗るよう促したが、青雉に阻止された。
アンドレ、ナインス、アグシリー、ユリウス、ハンガン、チョイ、キンガ、ハッピーガン、リフォルト、
アーサー、パブリク、グレートミカエル、ラッシュ、バガリー、ウォレム、スリーピー、ズッカ、
ゾディア、ケチャッチ、キャンズ、コルスコン、フォーリュウブス、ノスガール、ブロッカ、ヴィタン[16]
表立った登場はしていないが、設定資料で存在と名前が明らかにされた。

ビッグ・マム海賊団[編集]

四皇の一人であるシャーロット・リンリン率いる海賊団。海賊旗はパーマをかけたような髪型に海賊帽を被り、口紅を塗ったドクロマーク。新世界のホールケーキアイランドを拠点にしている。船はサニー号の数十倍はある巨大船で、歌っている船首が特徴。大のお菓子好きであるビッグ・マムに大量のお菓子を提供することを条件として、多くの島をナワバリにしている[注 28]。ただし、お菓子の納期を守らなければ容赦無く国ごと滅ぼされる。「ロード歴史の本文」の一つを所有している。

シャーロット家[編集]

シャーロット・リンリンを中心に、43人の夫・46人の息子・39人の娘(計85人の子供)で構成された129人家族。人数は不明だが孫もいる。それぞれが34の島を治める「大臣」や海賊団幹部「将星」を務めたり、娘は他海賊を傘下に収めるための政略結婚に利用したりと、ビッグ・マム海賊団の形成・勢力拡大に重要な役割を担っている。ビッグ・マムの子供達の名前は食べ物関連の名前が多い[注 29]

シャーロット・リンリン
声 - 藤田淑子
ビッグ・マム海賊団船長。トットランド女王。四皇の一人。通称「ビッグ・マム」。
魔女を思わせる風貌で常人を遥かに超えた巨体の女海賊。豪快かつ男勝りな性格で、乱暴な男口調で話す。ジンベエは「話がわかる人物とはいい難い」と評しており多くの部下から畏れられている。家族に対する愛情は深いが、43人の夫達は血の繋がりもない「他人」としか見ていない。財宝には興味を示さず、何よりも甘いお菓子を優先するほどの大のお菓子好きで、ナワバリの島には大量のお菓子を納めさせており、材料の調達で戦争を起こすことも辞さない。苦いお菓子とお茶会の欠員が大嫌いで、ビッグ・マムのお茶会の招待状は実質絶対の「召集令状」[注 30]であり、「ママの茶会には地獄の鬼も顔を出す」と称される。また傘下に下る者とは必ず血縁を結び、政略結婚を成立させる。「世界中のありとあらゆる人種が家族となり同じ目線で食卓を囲む」という夢を抱いており、家族を巨大化させるためシーザーに人体の巨大化の研究をさせている。ブリュレ曰く全種族に飽き足らず無類の「珍獣コレクター」だという。海賊は好きに生きることが一番という考えを持ち、傘下からの脱退を希望する者を無理に引きとめはしないが自分が戦力を失う代わりに落とし前として相手にも何らかの代償を要求する[注 31]。一人称は「おれ」。部下や子供達からは「ママ」と呼ばれている。笑い声は 「ハ~ハハママママ」 。誕生日は2月15日[12]
上記の様にかなり性格に難があるとされているが、その中でも最大の問題点は「食いわずらい」という発作を抱えていることである。これは、何の前触れも無く頭に浮かんだ食べたいお菓子を求め、癇癪を起こして暴れ出すというものであり、一度この状態となるとそのお菓子を食べるまでは怪獣の如く見境なく破壊の限りを尽くし、自身の治める国を破壊して回るのみならず、後述の通り自分の部下(実の息子も含む)だろうと手にかけてしまう。この癇癪を鎮める唯一の解決策は、彼女が望むお菓子を食べさせて満足させることである。しかし、欲しがるお菓子はその都度変わる上、作る手間がかかるもの(例えばクロカンブッシュ等の飾り菓子)だと破壊行動を止めるまで多大な時間を要する。そのため、部下や国民にとっては深刻な悩みの種となっている。
超人系悪魔の実「ソルソルの実」の能力者。人の魂(ソウル)を操ることができる。自分の魂を具現化した「化身」を使役でき、さらに他人から魂=寿命を奪い、無機物や動植物に入れることで擬人化させることができる(ただし、死体や他人に魂を入れることはできない)。寿命はビッグ・マムに臆すると煙のように体から勝手に抜け出し、それを取られると意識を失う。擬人化した存在は「ホーミーズ」と呼ばれ、ビッグ・マムとその子供達の命令に従う。この能力を利用して半年に一度、住人から1ヶ月分の寿命を抜き取り無数のホーミーズを生み出すことで国の安全を保証している[注 32]
白ひげの死後、元七武海のジンベエを傘下に迎え入れ、魚人島をナワバリとしていた。新魚人海賊団が起こしたクーデターの影響で、納めるお菓子がなくなってしまったことに激怒し、魚人島を滅ぼそうとするが、魚人たちを庇い自分に物怖じしないルフィに興味を抱き、その標的を麦わらの一味に切り替え、「新世界に来い」とルフィを焚きつけた。研究を依頼していたシーザーの研究所が崩壊すると、ペコムズらにシーザーの捕獲を命じた。さらにジェルマ66の科学力に目をつけ、娘のプリンとヴィンスモーク家三男であるサンジとの政略結婚を成立させるためサンジをお茶会に招く。
ルフィ達がショコラタウンを出港した頃、クロカンブッシュの食いわずらいを起こしスイートシティで暴れ回り、止めようとしたモスカートの寿命を抜き取ったがジンベエによって鎮められた。ホールケーキアイランドに上陸したルフィ達の行動を把握しており、サンジとの接触を阻止するためブリュレとクラッカーを送り込む。
シャーロット・ペロスペロー
シャーロット家長男。キャンディ大臣。
長い舌を伸ばした長身の壮年男。大きなキャンディケインを携え、着用しているシルクハットやコートにも多くの飴が飾られている。トットランドでは建物の窓ガラスを作っている。口癖は「ペロリン」。笑い声は「くくくく」。
超人系悪魔の実「ペロペロの実」の能力者。「キャンディ人間」。能力の詳細は不明だが、人をキャンディに変えることができるようである。また、飴細工を得意とし、あらゆるものを作ることができ鉄を含ませ加工することで溶けないようにすることも可能。
入手した設計図をもとにパンクハザードの研究所を寸分違わず再現。シーザーの研究を推し進めるため、サンジがヴィトに渡した心臓を使ってシーザーを脅し、2週間以内にビッグ・マムの夢である家族を巨大化させる「巨人薬」の完成を押し付ける。
生クリームをまとった男
シャーロット家子息。モスカートの兄。本名不明。
語尾に「ファ」を付けて話す。ビッグ・マムの食いわずらいに対して生クリームを提供しようとしたが聞き入れられなかった。
シャーロット・クラッカー
シャーロット家10男。
シャーロット・モスカート
シャーロット家16男。ジェラート大臣。
右側が白で左側が黒のリーゼントのような髪型で二つの割れたあごが特徴の男。柄がコーンの形状をした剣を背負っている。正義感が強く、住民の子供達から慕われている。モンドールからは「モス兄」と呼ばれる。
首都崩壊を危惧し、兄妹たちの制止も省みず食いわずらいを起こしたビッグ・マムに立ちふさがったが、40年分の寿命を奪われてしまった。抜き取られた寿命はモンドールの指示でビッグ・マムの化身に一秒残らず回収された。
モンドール
シャーロット家子息。モスカートの弟。
鼻が長く、ガイコツを模したような黒い衣装を身に着けている。
ビッグ・マムの「食いわずらい」の恐ろしさを知っており、兄妹と共にモスカートを止めようとしていた。モスカートがビッグ・マムに寿命を抜き取られた後、彼女の化身達に「一秒残らず」と寿命の回収を命じた。
シャーロット・ブリュレ
シャーロット家8女。
魔女のような顔つきをした長身の女性。顔全体に大きな斜めの傷跡があり長い鼻が特徴。自分の顔を卑下しており、かわいい顔を見ると切り裂きたくなる衝動に駆られるという歪んだ性格の持ち主。やせ細った外見であるため、ルフィやキャロットには枝や木に間違えられている。笑い声は「ウィウィウィウィ」。
超人系悪魔の実「ミラミラの実」の能力者。特殊なを生み出すことができる「鏡人間」。攻撃を反射したり、自分や動物の姿を別人の姿に変えることができる。また、鏡の中の世界に出入りすることができる。この鏡世界はホールケーキアイランド中の鏡に通じており、ブリュレは鏡のある場所ならどこにでも現れる。
ビッグ・マムの命でホーミーズを従え誘惑の森に入ったルフィ達を襲撃し、キャロットとチョッパーを鏡世界に閉じ込める。
悪魔の角が生えた女性
シャーロット家子女。モスカートの妹。本名不明。
モンドールたちと共に、モスカートの寿命を奪おうとするビッグ・マムに抗議の声をあげたが、食いわずらいを起こしたビッグ・マムには届かなかった。
シャーロット・シフォン
シャーロット家22女。ビッグ・マムとパウンドの娘。
ローラ
ビッグ・マムとパウンドの娘で、シフォンの同父姉妹。
シャーロット・プラリネ
シャーロット家29女。
シャーロット・プリン
シャーロット家35女。カカオ島ショコラタウンのカフェ「カラメル」のオーナー。サンジの結婚相手となる予定の女性。
写真を見たサンジの目が飛び出すほどの美人。ウェーブがかかったツインテールが特徴。かなりの恥ずかしがり屋だが、気立てが良く、見ず知らずのルフィ達を助ける心優しい性格であるなど、ビッグ・マムとは容姿・性格共に正反対。お菓子作りが得意で、店は自身で製作している。婚約相手であるサンジに対しては同じ料理好きということもあり好印象を抱いている。求婚の旅に出た姉のローラを慕っている。ゼリーのニトロと絨毯のラビヤンを連れている。
ショコラタウンでルフィ達と出会い、自身の店を食べてしまいチョコポリスに連行されそうになったルフィとチョッパーに対し、味を褒められたことで二人を庇う。ルフィ達を家に招待し、談笑中にルフィが口を滑らせたことで彼らがサンジの仲間であることを知る。ルフィ達にサンジと会ったときの様子を話し、仲間の下に帰りたいというサンジの意思を尊重することを決め、ルフィ達にホールケーキアイランドへの航路を渡し、翌日にサンジを南西の海岸に連れて行くと約束する。翌日行動を移そうとするもタマゴ男爵から無理やりドレス選びを押し付けられ、さらには取り巻きに捕まり身動きが取れないでいる。

スイート3将星[編集]

ビッグ・マム海賊団の3人の幹部格。元々は「4将星」だったが、一人がウルージに倒された。詳細は不明だが将星としては再起不能のようで、現在は彼を除いたスイート3将星になっている。実力は高く、「最悪の世代」の海賊4人(キッド、アプー、ベッジ、ウルージ)を敗退に追いやっている。

シャーロット・クラッカー
ビッグ・マム海賊団「スイート3将星」の一角。シャーロット家10男。ビスケット大臣。異名は「千手のクラッカー」。 懸賞金8億6000万ベリー。
丁髷のような髪型で後ろ髪の先端に火花が灯っており顔の右半分に傷跡がある男。常に薄ら笑いを浮かべている。体格は普通の人間並みで右肩にマントを羽織っている。トットランドでは建物の柱や壁を作っている。本人曰く「痛いのが嫌いで注射も嫌い」ということから普段は自らの能力で作り出したビスケット兵を纏うもしくは操ることで戦う。武器はこの世に2本と無い名剣「プレッツェル」。
超人系悪魔の実「ビスビスの実」の能力者。手を叩くことであらゆる種類のビスケットを生み出し、自在に操ることができる「ビスケット人間」。普段はこの能力によって生成した、ビスケット状の甲冑を着て長い髭を生やした巨漢の屈強な戦士「ビスケット兵」を従えている。このビスケット兵はルフィの「ギア2」「ギア3」の攻撃では全く歯が立たず「ギア4」の攻撃でようやく通じるほどの硬度を持ち、破壊してもたちどころに再生し無尽蔵に兵を増やすことができる。形を自在に変えることも可能で腕や足を何本も増やし武器のプレッツェルを複製することも可能。職人カタギと自ら認めるほどビスケット兵にはこだわりがあり、ジャムを混ぜ血があるように見せかけている。見た目は大柄な人間にしか見えないためクラッカーの正体に行きつく者は限られ、政府が発行した手配書の写真も本人ではなくビスケット兵のものになっている。本人の性格上、生身での攻撃は奇襲などに限られるが「武装色の覇気」を纏ったプレッツェルの一撃は「ギア4」のルフィに傷をつけるなどクラッカー本人の実力も非常に高い。
かつて、将星の一人を討ち取ったウルージを打ち破った。誘惑の森に入ったルフィ達に対し、ブリュレでは苦戦するだろうとルフィを警戒するビッグ・マムの命でブリュレに加勢し、ビッグ・マムの元夫パウンドを殺そうとした所をルフィに阻止される。サンジを侮辱されたことに怒り「ギア4」を発動させたルフィにビスケット兵を破壊されると正体を明かし、再生したビスケット兵をルフィに差し向ける。

その他構成員[編集]

タマゴ男爵
声 - 麦人
ビッグ・マム海賊団戦闘員。
足長族では珍しく[25]細い足が特徴の男性。口ひげとサングラスが特徴で、腰回りがのような体つきをしている。帽子にティーカップを載せている。語尾に「ボン」「ソワール」「ジュール」「ブプレ」といったフランス語を思わせる言葉を交えて話し、二人称は「黄身(キミ)」。笑い声は「ムハハ」。紳士的な態度の反面、ベッジがペコムズを始末しようとした際、私情を挟んだペコムズの甘さの方を否定しベッジを支持するなど非情な一面も持ち合わせている。ただし、ビッグ・マムに対して、ぺコムズが任務放棄しようとした件についての情状酌量を求めようとするなど、長年コンビを組むペコムズに対しては気遣いを見せている。
お菓子の取り立てのため魚人島を訪れ、ルフィとビッグ・マムの交渉により竜宮城の財宝を持ち帰った。パンクハザード編では、ペコムズと共にシーザーの兵器「シノクニ」の公開実験映像を見ていた。ドレスローザ編では、シーザー・クラウンを狙いサニー号を襲撃するも逃げられてしまった。
ホールケーキアイランドに潜入したルフィ達の行動を把握しており、サンジを連れ出そうとしたプリンにドレス選びを強要しルフィ達との合流を妨害した。
ペコムズ
声 - 飛田展男
ビッグ・マム海賊団戦闘員。ライオンのミンク。懸賞金3億3000万ベリー。
サングラスをかけているが、その下の目はつぶら。語尾や口癖は「ガオ」。よくガッツポーズをする。モコモ公国出身でかつては悪童として有名だった。兄貴分であるペドロには頭が上がらない。他のミンク同様同胞への仲間意識は強い。ルフィからは「ペコマムシ」「カメマムシ」と呼ばれる。
動物系悪魔の実「カメカメの実」の能力者。カメに変身でき、甲羅は銃弾を物ともしないダイヤモンド並の強度を誇る。「武装色の覇気」の使い手。
タマゴ男爵と共に魚人島を訪れた。その際、財宝を奪おうと襲ってきたカリブーを返り討ちにした。麦わらの一味からシーザーを奪うためサンジ達を追い故郷の「ゾウ」に上陸すると、ジャックによって荒れ果てた故郷を目の当たりにする。同胞達を助けてもらった恩義からサンジ達を見逃そうとするが、目的を優先したベッジの攻撃を受ける。カメカメの実の能力で半分を回避したことで即死は免れたが、瀕死の重傷を負いネコマムシに保護された。その後到着したルフィ達に、サンジの出生の秘密と四皇の力の誇示の仕方、そしてサンジが出席する結婚式について話した。
サンジ奪還を決意したルフィによって半ば無理やり連れ出され、ホールケーキアイランドへの案内を任される。ショコラタウンに到着後、独断で動くベッジに捕らえられ何らかの取り引きを持ちかけられたが、拒否したことで北東の海岸から突き落とされた。
ボビン
声 - 代永翼
ビッグ・マム海賊団の一員。
仮面と巨大な剣を身につけた、小柄で小太りな男。菓子をビッグ・マムに献上出来なかった国を情け容赦無く焼き滅ぼしてきた。口癖は「ボヨヨン」。
ランドルフ
ビッグ・マム海賊団の一員。ウサギのホーミーズ。異名は「鶴騎士(クレインライダー)」。
貴族風の帽子にマントが特徴。鶴のホーミーズとのコンビで行動する。武器は両端に刃がある槍。ミンク族ではないためエレクトロは使えない。
誘惑の森でルフィ達を襲撃したが、クラッカーに横槍を入れたため怒鳴りつけられた。
キングバーム
誘惑の森の主。大樹のホーミーズ。
髭を生やしている。一人称は「ワシ」で、語尾に「ジュ」をつける。これまで誘惑の森に入った標的は一人も生きて帰したことがないと豪語している。
ブリュレに従い誘惑の森に入ったルフィ達を襲撃するが、ビッグ・マムのビブルカードを持つナミに手が出せなくなり逆に従わさせられる。

ビッグ・マム海賊団傘下[編集]

タイヨウの海賊団[編集]

15年前、聖地マリージョアを襲撃したフィッシャー・タイガーと彼に解放された奴隷たちに加え、タイガーを慕う魚人街の曲者たちが集結し結成した海賊団。魚人族と人魚族で構成された海賊団の為、海中から奇襲攻撃を得意としている。タイガーの意思で誰が奴隷だったかを分からなくするため、一味全員が奴隷の烙印の上から太陽マークの焼印を入れている。海賊旗は刻印と同じ太陽のマーク。船は当初は船首など全体的に魚をモチーフにした物だったがフールシャウト島での海軍襲撃で破壊され、ジンベエが船長になって以降はその際に奪った軍艦を改造した船を使用している。

タイガーの死後はジンベエが2代目船長となり率いていたが、11年前に彼が七武海に加入すると3つの派閥に分裂した(アーロン一味とマクロ一味が離脱)。頂上戦争後、船長のジンベエが七武海から脱退したことで四皇ビッグ・マムの傘下に入った。

フィッシャー・タイガー
声 - 石井康嗣
タイヨウの海賊団初代船長。タイの魚人。懸賞金2億3000万ベリー。故人。
迷彩柄のバンダナをしており胸に太陽の焼印を入れたジンベエをも超す体躯の持ち主。海軍少将を一蹴りにし、銃撃されながらも海兵を薙ぎ倒すなどかなりの実力を持っている。魚人街出身で、当時の無法者達(アニメではジンベエやアーロン達)を薙ぎ倒しリーダーになった。島民からは「タイガーさん」と呼ばれ親しまれており特に同郷出身のジンベエやアーロンからは「タイのお頭」「アニキ」と呼ばれ特に親しまれていた。誕生日は11月5日[12]
かつては冒険家として世界中を旅していたがある時、人間に囚われ、数年間聖地マリージョアで奴隷にされてしまう。そこから脱走し、15年前、魚人島に帰国しネプチューンに謁見後「赤い土の大陸」を素手でよじ登りマリージョア襲撃事件を起こし、ゴルゴン三姉妹を始めとしたあらゆる種族の奴隷たちを解放する。この一件で「奴隷解放の英雄」として讃えられるようになるが、政府から追われる身となり、タイヨウの海賊団を結成する。あくまでも奴隷解放を目的とし、向かってくる人間たちを返り討ちにしても、決して命を奪うことはせず、行き過ぎた行動をするジンベエやアーロンを窘めていた。
12年前、ある島で出会った元奴隷の少女コアラを彼女の故郷であるフールシャウト島に送り届けるが、島人に裏切られ海軍の襲撃を受け、瀕死の重傷を負う。船員には彼と同じ血液型の者がおらず、奪った海軍の船に備え付けてあった人間の血液を輸血すれば助かったものの、それを拒否して死亡した[注 33]。この事実は、タイヨウの海賊団や魚人島の王族など一部を除いて後世には「人間に供血を拒まれ死亡した」と伝わってしまっている。
ジンベエ
タイヨウの海賊団2代目船長。元王下七武海。
アラディン
声 - 長嶝高士
タイヨウの海賊団船医→タイヨウの海賊団副船長。元ネプチューン軍兵士。イタチウオの人魚。
長髪をひとつ結びにした男。武器は三叉槍。左腰に太陽のマークがあり左腕に「1TC」という刺青がある。誕生日は1月31日[12]
かつては奴隷としてマリージョアに捕えられていたが、タイガーに解放された。奴隷のトラウマの消えないコアラに戸惑うはっちゃんを「トラウマは簡単に消えないから好きにさせてやれ」と諭した。ジンベエの七武海加入後も海賊団に残った。後にオトヒメ王妃の頼みで魚人島を訪れたミョスガルド聖の治療を行った。
ビッグ・マム海賊団の傘下に入った際、シャーロット家のプラリネと結婚。新世界編では副船長を務めている。ホールケーキアイランドに向かうルフィ達を発見し、ジンベエに報告。ルフィの力になりたいというジンベエの希望を後押しする。
シャーロット・プラリネ
シャーロット家29女。シュモクザメの半人魚。アラディンの妻。
シュモクザメの頭部のような髪型でそばかすが特徴の女性。アラディンよりも一回り大きい体格。夫を尻に敷いているが同時に溺愛しており、もしものときは母ビッグ・マムよりも夫につく気でいる。笑い声は「シャシャシャ」。
ワダツミ
声 - 宮田幸季
フライング海賊団船員→タイヨウの海賊団船員。オオトラフグの魚人。異名は「大入道」。
海坊主のような容姿で、巨人をもはるかに超える体躯を持つ。外見とは裏腹に舌足らずで能天気な性格。巨体に似合った怪力でフライング・ダッチマン号を引いている。誕生日は2月9日[12]
魚人島へ向かうサニー号を食べようとしたアンコロを叱り付け、デッケンの命でサニー号に攻撃を仕掛けたがクラーケンのスルメに阻止された。新魚人海賊団のクーデターではゼオの口車に乗せられ、ギョンコルド広場で麦わらの一味と交戦。E・Sでパワーアップしスルメを倒すが、サンジの挑発に乗り体を膨らませたところをサンジとジンベエの攻撃により敗れた。魚人島には彼を入れる牢獄がなかったため、島から永久追放された。
扉絵連載『ジンベエの海侠一人旅』で再登場。海神に捧げられたお供え物を自分への捧げ物と勘違いして勝手に持ち出し、お礼として海底に沈んでいた遺跡を地上に引き上げた。しかし、これが原因で港町が遺跡に潰され、遺跡を住処としていた海獣たちが暴れ回る騒動を引き起こしてしまい、ジンベエから説教された。海獣達に謝罪し遺跡を再び海に戻した後、仲間にしてほしいとジンベエに申し入れ、共に町を出港した。
ホールケーキアイランド編ではタイヨウの海賊団に加入している。
メガ入道
息を吸い込んで大きく膨れ上がり、相手を威嚇する。しゃべっていると空気が抜けるため早口になる。
ファイアタンク海賊団[編集]
カポネ・ベッジ
声 - 龍田直樹
ファイアタンク海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「ギャング・ベッジ」。懸賞金1億3800万ベリー→3億ベリー。
マフィア風の出で立ちをした小柄な男。葉巻を好む。部下からは「頭目(ファーザー)」と呼ばれる。人情は海賊の役に立たないという考えを持ち、他人から命令や意見、反抗されることを嫌い、自らに意見する部下には情け容赦なく制裁を加える冷酷な性格。一方で、息子のペッツが泣いていた際は変顔であやすなど親馬鹿な一面もある。脅迫や交渉などの駆け引きに長ける。西の海出身。40歳→42歳[26]。誕生日は1月17日(アル・カポネの誕生日)[27]。身長166cm[26]。好きな食べ物は肉団子トマト[2]。嫌いな食べ物はトマトジュース[2]。趣味は映画鑑賞・ボードゲーム[8]
超人系悪魔の実「シロシロの実」の能力者。体内を城塞にすることができる「人間」。人や物を縮小化し、体内に収めることができる。体内の構造は自由に変化させることができ、体内に自分の分身を出現させることもできる。縮小化したものは、自身から一定距離離れると元の大きさに戻る。
シャボンディ諸島では、レストランで居合わせたボニーの暴食ぶりにいらだっていた。新世界での航海中、空に浮かぶ謎の物体に船ごと引き寄せられていた。後にホールケーアイランドに上陸するが、実力差を悟った上で降伏。ビッグ・マム海賊団の傘下に入り、シャーロット家のシフォンと結婚し息子ペッツを設けた。しかし、必ずしもビッグ・マム海賊団に忠実な訳でもなく、独自に動いている描写がある。
新世界編では、ビッグ・マムの命令でシーザーを奪うため麦わらの一味を襲撃。ペコムズと共に「ゾウ」に上陸し、故郷を救われた恩義からサンジ達を見逃がそうとしたペコムズに重傷を負わせる形で排除し、数で圧倒してサンジ達を脅し自身の体内に入れる。その場でサンジにビッグ・マムからの招待状を見せた上で全員を連れ去ろうとしたがサンジの機転でナミ達を解放され、さらにネコマムシと鉢合わせたためサンジとシーザーだけを連れて行った。
ホールケーキアイランドに戻ると、ルフィ達に連れられて戻ってきたペコムズをサニー号から拉致し、タマゴ男爵らには報告せず独断で拘束。何らかの取り引きを持ちかけたが、「ママをなめすぎだ」と拒否したペコムズを北東の海岸から突き落とした。
名前の由来は、ギャングのアル・カポネとイギリスの海賊ウィリアム・レ・ソーベッジ[28]
キャッスルタンク
両足をキャタピラに変え、高速で移動する。
シャーロット・シフォン
シャーロット家22女。ベッジの妻。ビッグ・マムとパウンドの娘で、ローラとは同父姉妹。
姉妹のローラと瓜二つの女性。ベッジとの夫婦仲は良好。男勝りな性格でゴッティは頭が上がらない。ゴッティからは「おかみさん」と呼ばれている。
カポネ・“ギャング”ペッツ
ベッジとシフォンの息子。顔立ちは父親似で、葉巻型のおしゃぶりをしている。
ヴィト
声 - 岸尾だいすけ
ファイアタンク海賊団相談役。異名は「怪銃」。
カメレオンのように長く巻いた舌が特徴で、丸いレンズのサングラスをかけている。手が大きく、額と両手の甲に同じ刺青がある。口癖は「(ロ)レロ」。笑い声は「ニョロロ」。絵物語「海の戦士ソラ」に登場する悪の軍団ジェルマ66のファン。二丁拳銃の使い手。
「ゾウ」に上陸した際に隠れていたナミとチョッパーを捕え、ビッグ・マムの茶会を断ればどうなるかを耳打ちしてサンジを脅した。
ゴッティ
ファイアタンク海賊団殺し屋。
右腕に大きなマシンガンを取り付けた大男。仲間思いだが思い込みが激しく、些細なことで怒り出す。

百獣海賊団[編集]

四皇の一人であるカイドウ率いる海賊団。海賊旗は大きな2本の角が生えたドクロに3本の骨が交差したマーク。カイドウの腹心として「災害」と称される3人の懐刀がいる。また下っ端部隊「プレジャーズ」と、頭に2本の黒い角があり体の一部が獣に変化する動物系の人造悪魔の実「SMILE」の能力者軍団「ギフターズ」がいる。現在新世界のワノ国を拠点にしている。「ロード歴史の本文」の一つを所有している。

カイドウ
声 - 玄田哲章
百獣海賊団船長。四皇の一人。異名は「百獣のカイドウ」。
鬼のような2本の大きな角に腰まで伸びる長いナマズ髭を蓄え、キッド達が見上げるほどの常人の数倍はある体躯をした筋骨隆々の大男。左腕に髑髏と鱗のような刺青、右腹部に大きな十字傷がある。生きとし生けるあらゆる者の中で「この世における最強生物」と呼ばれる怪物で、一騎討ちならば無敵であろうと万人から目されている。大の酒豪で、泣き上戸から突如怒り上戸に変わるなど気性が激しい性格[注 34]。ローからは「話し合いが通じる相手ではない」と評されている。ルフィやローなどの最悪の世代を「海賊ごっこ」と称し見下している。武器は金棒。笑い声は「ウオロロロ」。誕生日は5月1日[12]
過去に海賊として7度の敗北、敵船の海賊及び海軍に捕まること18回、1000度を超える拷問、40回の死刑宣告[注 35]をされても生き延びている。そのため、自殺が趣味とされるほど死に場所を求めており、自分の思い通りにいかない退屈な世界など壊れてもいいという破滅願望を抱いている。
新世界で覇権を狙う多くの海賊を退けており[12]、かつてゲッコー・モリアもカイドウと渡り合った末に敗れている。頂上戦争の前日、新世界にてシャンクスと小競り合いを起こした。海軍本部では、戦争を機として白ひげを討ち取ろうと目論んだカイドウをシャンクスが止めに入ったのではないかと推測された。
ワノ国の将軍と手を組んでワノ国をほぼ制圧しており、元ロジャー海賊団で世界の秘密を知った光月おでんとその妻を処刑した。さらに息子のモモの助や家臣の錦えもん達から秘密を聞き出すため、追っ手を差し向けた。ドンキホーテファミリーから人造悪魔の実「SMILE」を大量に買い付け、全て能力者の最強の海賊団を作ろうとしていたが、ドフラミンゴがルフィとローに倒されたことで実現不可能になった。ドレスローザ編で空島・バロンターミナルからの飛び降り自殺を行い、その真下にあったキッドのアジトに落下するもまたも生き延びて彼らの前に現れ、歯向かったキッドを返り討ちにしアジトに連行した。

マンモス号[編集]

三人の大幹部「災害」の一人・旱害のジャックが率いる船。船首はマンモスを模しており、帆には百獣海賊団のドクロが描かれている。

ジャック
声 - 乃村健次
百獣海賊団大看板・マンモス号船長。「災害」の一人。異名は「旱害のジャック」。懸賞金10億ベリー[注 36]
側頭部に長い2本の角と魚人を連想させる牙があり金属製の大きなマスクを口元にはめている。ミンク族の中でも大柄なイヌアラシやネコマムシをさらに上回る体躯の巨漢で、長髪を一つ結びと二つの三つ編みにしている。一方的な破壊を好む凶悪な性格で、「中途半端に生かすと厄介な復讐を招く」という信条を持つ。話し合いをするという選択肢は全くなく、相手の言い分には聞き耳を一切持たず、敵対した相手への対処は冷酷を極め、自分の要求に従わない者は子供や老人であろうと容赦ない残虐な拷問を行う。また、目的のためなら戦力差を考慮せず特攻を仕掛けるなどかなりの自信過剰でもあり、ワンダからは「頭のネジが飛んでいる」と評されている。部下からは新世界に知らぬ者はいない大海賊と称され、ジャックが通った土地はまるで干ばつが来たかのように朽ち果て滅ぶことから「旱害」の異名を持つ。武器はマンモスの牙のように湾曲した2本の刀。
動物系悪魔の実「ゾウゾウの実」の古代種の能力者。マンモスに変身でき、獣型では巨大な鼻や牙といった強大なパワーで敵を蹴散らす。ミンク族のエレクトロを物ともしない耐久力に加え、昼夜で攻撃を交代したイヌアラシやネコマムシと違い、5日間休むことなく戦い続けたほどの底知れぬ体力の持ち主。能力者でありながら海底でも体は動かせずとも意識を保っていられるようだが、詳細は不明。
パンクハザード編では名前だけ登場し、シーザーの公開実験映像の一部始終の報告を受けていた。雷ぞうを探すため「ゾウ」にあるモコモ公国を襲撃し[注 37]、雷ぞうを連れて来いという要求を拒むイヌアラシとネコマムシ率いるミンク族の戦士を5日間昼夜問わず攻め続けたが仕留めきれず、しびれを切らしシーザー開発の毒ガス兵器「KORO」を使ってモコモ公国を制圧し、住民に拷問を与えた。その翌日ドフラミンゴが倒されたことを新聞で知り、一部の部下を残して「ゾウ」を発ち、ドフラミンゴを護送する藤虎やセンゴクが護衛を務める海軍艦隊を襲撃、軍艦を2隻沈めるが返り討ちにあい奪還に失敗。新聞には死亡記事が出たが生き延び、再び「ゾウ」に引き返すとモコモ公国を完全に滅ぼすため象主そのものを殺そうとしたが、モモの助と心を通わせ命令を受けた象主の一撃によってマンモス号もろとも撃沈される。それでもまだ生きており、海底で仲間に引き上げられる時を待っている。
シープスヘッド
声 - 小西克幸
百獣海賊団ギフターズ真打ち。ジャックの部下。
ゴーグルを付け、左腕に豹柄の刺青をした細身の男。七三分けの髪型で黒い羽毛状のマントを羽織っている。武器は剣。
動物系の人造悪魔の実「SMILE」の能力者で、両腕を羊の角に変える能力を持つ。
ジャックと共に雷ぞうを探すために「ゾウ」に上陸。ジャックが立ち去った後も部下達と「ゾウ」に残りミンク族たちから無理やり雷ぞうのことを聞きだそうとする。トリスタンを追い回していた所を「ゾウ」に上陸したナミ達に阻まれ殺そうとするが、ブルックに攻撃を防がれ、その隙にサンジに倒された。その後はマンモス号に帰還するも、「侍はいなかった」と報告したため、ジャックの制裁を受け、半殺しにされた。
シープスホーン
両手を螺旋状の角に変え相手に殴りかかる。
ジンラミー
声 - 雨蘭咲木子
百獣海賊団ギフターズの一員。ジャックの部下。
ビキニアーマーを身につけた女性。立場的にはシープスヘッドよりも下だが彼に厳しい意見を言うこともある。
シープスヘッド同様「ゾウ」で雷ぞうを探していたが、シープスヘッドが倒されたことで雷ぞうはいないと判断し撤退した。

百獣海賊団傘下[編集]

スコッチ[12]
カイドウ傘下の海賊。異名は「アイアンボーイ」。
帽子を被り右腕が三つの銃口になっている巨漢で、「18」の数字が入った肩当てを付けている。新世界にあるカイドウお気に入りの冬島を守護している。
頂上戦争の後、X・ドレークと対峙した。表紙連載『カリブーの新世界でケヒヒヒヒ』で再登場。武器工場の労働者たちが起こした暴動を鎮圧した。その後ガブルの祖母を見せしめに処刑しようとするが、その場に駆け付けたカリブーに飲み込まれた。
X・ドレーク(ディエス・ドレーク)
声 - 竹本英史
ドレーク海賊団船長。「最悪の世代」の一人。元海軍本部少将。異名は「赤旗」。懸賞金2億2200万ベリー。
顎と胸に「X」の字が刻まれた男。元海兵であることからパシフィスタなど海軍内の情報に精通している。アイマスク二角帽が特徴。武器はサーベルメイスの二刀流。海賊旗は海軍のマークを改変したようなシンボル[4]。北の海出身。31歳→33歳[26]。誕生日は10月24日(X=ローマ数字の10、アルファベットの24番目)[27]。身長233cm[26]。好きな食べ物はチキンライス[2]。嫌いな食べ物は[2]。趣味は爬虫類マニア・天体物理学[8]
動物系古代種の悪魔の実の能力者。獣脚類恐竜に変身でき、その牙の一噛みで鋼鉄ボディのパシフィスタを流血させる力を持っている。
元海軍将校の海賊ディエス・バレルズの息子で、かつては父の海賊団に所属していた[29]。幼い頃は海兵の父に憧れ、自身も海兵になることを夢に持ち、当時は「ドリィ」と呼ばれていた。当時から一味の誰よりも腕っぷしはあったらしいが、海賊となった父に暴力を振るわれ、常におびえていた。13年前、ミニオン島でのオペオペの実の騒動でドフラミンゴが発動した「鳥カゴ」から運よく逃げ出し、海軍に保護された[注 38]。父を殺したドフラミンゴには特に恨みを抱いていない。
シャボンディ諸島では、小競り合いを起こしたキラーとウルージの戦いを制止した。その後、パシフィスタと交戦したが黄猿に深手を負わされた。新世界進出後、四皇カイドウの縄張りである冬島で、傘下のスコッチに戦いを仕掛けた。
新世界編ではカイドウの傘下となっており、表紙連載『カリブーの新世界でケヒヒヒヒ』では、ガブルになりすましスコッチを襲ったカリブーを捕らえ連行した。
名前の由来は私掠船長フランシス・ドレーク[28]

黒ひげ海賊団[編集]

白ひげ海賊団から独立したマーシャル・D・ティーチ率いる海賊団。海賊旗は3つのドクロの下に4本の骨が交差したマーク。船は巨大な丸太舟、新世界編では両側を巨大な丸太で挟んだ形状の船を複数保有している[30]。作者曰く「最も海賊らしく」がテーマで、全員が「デカくて荒々しくて豪快」なキャラクターになっている[31]

結成間もない頃、たった5人でドラム王国を壊滅させた。頂上戦争の混乱の最中、インペルダウンで新たに5人の仲間を加えた。新世界進出後、白ひげのナワバリを次々と制圧。新世界編では、黒ひげを支える「10人の巨漢船長」が存在する。最近は悪魔の実の能力者を殺し、何らかの方法で能力を奪い取る「能力者狩り」を行っているという。また、詳細は不明だが元海軍大将クザンと手を組んでいる模様。

マーシャル・D・ティーチ
声 - 大塚明夫
黒ひげ海賊団船長→黒ひげ海賊団提督。四皇の一人。通称「黒ひげ」。元白ひげ海賊団2番隊隊員。元王下七武海。
隙っ歯とビール樽のような出っ腹が特徴で黒い顎ひげを生やした大男。登場初期は黒いバンダナに白いシャツというラフな服装だが、次第にコートや海賊帽、大量の宝飾品を身に着けるようになる。海賊王という野望達成のためには一切の手段を選ばない残忍な性格で、世界規模の暴挙を繰り返す悪辣かつ凶悪な男だが、「人の夢」を謳い上げ、生死を運命に預けきるなど心中には海賊としての確固たる信念を宿す。また目的達成のため用意周到に計画を練るなど、豪快さと同時に計算高い一面を併せ持つ。マルコ曰く「体の構造が異形」らしく、悪魔の実を2つ取り込めるなどその全貌には多くの謎が存在する。笑い声は「ゼハハハハ」。チェリーパイが好物。38→40歳[22]。誕生日は8月3日(やみ=8、3)[17]。身長344cm[22]。趣味はギャンブル・歴史研究[8]
悪魔の実の歴史上で最も凶悪とされる自然系悪魔の実「ヤミヤミの実」の能力者。闇の引力で全ての物体を引き込む「人間」。悪魔の実の能力も無効化し、自然系能力者の実体にも触れることができる。ただし、他の自然系と異なり攻撃を受け流せないばかりか、常人以上に痛みを引き込んでしまうリスクがある。
能力者になる以前、シャンクスの左目に3本傷を負わせており、シャンクスから危険視されている。白ひげ海賊団に二十年以上も所属していたのは、悪魔の実が手に入る公算が最も高いと踏んでいたためであり、4番隊隊長サッチがヤミヤミの実を手に入れると、彼を殺害して[注 27]実を奪い逃亡。海賊王の座を狙って黒ひげ海賊団を結成し、たった5人でドラム王国を滅ぼした。そして、インペルダウンに潜入をして最凶と呼ばれるLEVEL6の囚人たちを仲間にするために、億越えの賞金首を討ち世界政府に引き渡し、七武海に加入する計画を立て動き出す。
ジャヤのモックタウンでルフィと居合わせ、価値観は違えど自身と同じく夢に対する姿勢を垣間見た上でルフィの器の大きさを認め、ベラミーの挑発に耐え切ったルフィらを激励した。その後ルフィの賞金額を知り首を狙うが、空島へ逃げられ取り逃がした。エニエス・ロビー崩壊後、バナロ島でかつての隊長であるエースと再会。エースを仲間に誘うも即却下され、後に「バナロ島の決闘」と呼ばれる死闘の末に勝利し、エースを政府に引き渡し、クロコダイルの後任として元懸賞金0ながら七武海に加盟。このことがマリンフォード頂上戦争を引き起こす一因となる。
七武海加盟後、召集に応じマリージョアに姿を見せたが、政府側の人間であることを利用し、白ひげ海賊団との開戦直前に一味を引き連れてインペルダウンへ侵入。獄内でルフィと鉢合わせ、エースの件でルフィを挑発し一触即発となるが、ジンベエの仲裁で中断する。その後マゼランの毒を受け瀕死となるが、シリュウの持ってきた解毒剤によって命を取り留める。真の目的であるインペルダウンLEVEL6にたどり着くと、獄中で囚人達に殺し合いをさせ、生き残った4名の伝説級の囚人とシリュウを引き連れてマリンフォードへと現れ、七武海の称号返上を宣言。白ひげに一騎討ちを挑むも、能力を無効化させられることに過信し、軽率な戦いをした隙を突かれ薙刀で切り裂かれた挙句に地震の衝撃を叩き込まれ、圧倒される。白ひげが仲間に手をださせなかったのに対して自身は仲間に加勢を求め、一味全員で総攻撃をかけ、既に瀕死の状態であった白ひげを絶命に追い込んだ。そして、謎の手段を用いて白ひげの遺体から「グラグラの実」の地震能力を奪い、自分の時代の到来を宣言、世界中を恐怖で震撼させた。その後はマリンフォード殲滅に向けて動くが、それを阻止するセンゴクやガープと戦った。しかし、戦場に現れたシャンクスに牽制されると、目的を果たしたとしてマリンフォードから去って行った。
終戦後、新世界へ進出。ある燃える島で超新星の一人ジュエリー・ボニーを捕らえ、海軍に対し軍艦一隻との交換取引を行おうとしたが、赤犬が軍艦に乗っており海軍には取引をする気が無い旨の報告を聞くと、ボニーを置き去りにし早々に退散した。
頂上戦争から1年後、マルコ率いる白ひげ海賊団残党との「落とし前戦争」を制し、白ひげに代わる新たな四皇の一人と位置づけられるようになる。ドレスローザ編では、かつてのエースの能力である「メラメラの実」を手に入れるため、バージェスをドレスローザに送り込んだ。バージェスとの通話中電伝虫を通し、一瞬ルフィと言葉を交わした。ゾウ編で革命軍の本拠地「バルティゴ」を襲撃し、CPとの衝突後逃走した。
モデルは実在した海賊である黒髭”エドワード・ティーチ[20]
ジーザス・バージェス
声 - 稲田徹
黒ひげ海賊団操舵手→黒ひげ海賊団一番船船長。異名は「チャンピオン」。
プロレスラーのような覆面をした大男。非常に好戦的で、自分の強さを周囲にアピールする、わざわざ相手を挑発するような発言をする、人目に付きやすいところで勝利の雄叫びを挙げたりと何かと人の目を引く行動を取る。家一軒を丸ごと持ち上げ投げつける常人を超える怪力の持ち主。「武装色の覇気」を得意としている。現在手を組んでいる元海軍大将クザンのことは信用していない。笑い声は「ウィーハハハ」。誕生日は12月25日[12]
モックタウンでは処刑人ロシオの部下を始め街の海賊たちを相手に暴れ回り力自慢をしていた。
新世界編では、一番船船長を担っている。ドレスローザ編では、優勝賞品のメラメラの実を狙いコリーダコロシアムの剣闘会に覆面の男Mr.ストアとして出場し、圧倒的な強さでAブロックを制し正体を明かした。決勝戦のバトルロイヤルでは、サボに右腕の防具を破壊されてしまい、またサボがリングを破壊したことで場外負けとなりメラメラの実入手に失敗した。「鳥カゴ」内の決戦では傍観を決め込んでしばらく戦況を窺っていたが、ドフランミンゴとの戦いでルフィが弱った所で動き出す。ルフィのゴムゴムの実を狙うも彼を守るために現れたサボに阻まれ敗北する。最後にサボを挑発して動揺を誘いメラメラの実を奪おうとするも「火拳」を喰らい完全敗北した。しかし、重傷を負いながらも執念で革命軍の船の船底に忍び込み、革命軍の総本部バルティゴを突き止めた。
シリュウ
声 - 菅生隆之
インペルダウン看守長→黒ひげ海賊団二番船船長。異名は「雨のシリュウ」。
インペルダウンの二枚看板と称されたほどの剣士。マゼランとほぼ互角の実力者で、勤務時間に限りがあるマゼランよりも厄介な存在とされていた。しかし、囚人を気が向くままに虐殺し続けたため、宣告猶予の死刑囚としてLEVEL6に幽閉されていた。武器は日本刀。葉巻を愛飲している。誕生日は6月11日[12]
ルフィらの騒動に加え、黒ひげがインペルダウンに侵入したことから、黒ひげを止めるためマゼランにより釈放されるもマゼランの命令を意にも介さずその場にいた看守たちを斬りインペルダウンを裏切る。さらに通信室を破壊し海軍本部など外部への連絡を絶った。その後、マゼランの毒に侵された黒ひげと遭遇し、自身の今後を見据えると共に彼の器を認めて解毒剤を渡し、黒ひげ海賊団に入団した。
新世界編では、二番船船長を担っている。
ラフィット
声 - 松野太紀
黒ひげ海賊団航海士[9]→黒ひげ海賊団五番船船長。異名は「鬼保安官」。
シルクハットを被りステッキを持っている。丁寧な口調だが、性格は残忍。元は「西の海」の保安官で、度を越えた暴力で国を追われた過去を持つ。腕を翼に変形させて飛行する能力を持ち、催眠術が使える。誕生日は3月13日[12]
黒ひげをクロコダイル後任の七武海に推薦するため、他のメンバーとは別行動でマリージョアを訪れた。頂上戦争の際は動力室の海兵に催眠をかけ、正義の門をあけさせた。これによりルフィたちはマリンフォードにたどり着くことができた。
新世界編では、五番船船長を担っている。
ヴァン・オーガー
声 - 高塚正也
黒ひげ海賊団狙撃手。異名は「音越」。
眼鏡をかけており、右目のレンズがスコープになっている。長い銃身をもつ銃「千陸[9]を使い、水平線の彼方にいる望遠鏡でも見えない鳥を撃ち落とすほどの狙撃力と視力を誇る。時折、運命について詩の一節のような言葉を吐く。落ち着いた面持ちをしているが、エースが黒ひげの勧誘を断るや否や真っ先に発砲するなど、好戦的な面を窺わせる。誕生日は10月5日[12]
ドクQ
声 - 内田直哉
黒ひげ海賊団船医。異名は「死神」。
病弱な体質で、同様に病弱なストロンガーに乗っている。モックタウンでは、食べると爆発するリンゴを普通のリンゴと混ぜて配るなど医者の身分でありながら人命を尊重する面は見られない。武器は大鎌。誕生日は10月18日[12]
サンファン・ウルフ
声 - 小野健一
インペルダウンLEVEL6に幽閉されていた海賊。異名は「巨大戦艦」。
海軍本部の要塞ほどもある途轍も無い巨体を持つ、世界一巨大な生物。その巨体ゆえ、海底に立っても海上に顔が出てしまうほどである。おにぎりのような顔つき。語尾に「つった」がつく。誕生日は3月2日[12]
バスコ・ショット
声 - 龍田直樹
インペルダウンLEVEL6に幽閉されていた海賊。異名は「大酒のバスコ・ショット」。
異名の通り大酒飲みで、常に酔っ払っている。巨大な瓢箪を背負っている。笑い声は「トプトプトプ」。誕生日は8月5日[12]
カタリーナ・デボン
声 - 斉藤貴美子
インペルダウンLEVEL6に幽閉されていた女海賊。異名は「若月狩り(みかづきがり)」。
海賊の世界の「史上最悪の女囚」と称される。武器は。笑い声は「ムルンフッフッフッ」。誕生日は3月29日[12]
当初は美女としてデザインされたが、黒ひげ海賊団のコンセプトに合わないとして、現在の美女とはいえない容姿に変更となった[31]
アバロ・ピサロ
声 - 田中一成
インペルダウンLEVEL6に幽閉されていた元囚人。異名は「悪政王」。
下向きの三日月のような髭に、ライオンのたてがみのような髪が特徴。頭には角を取り付けており、両腕にはガトリングガンのような武器を装備している。元囚人の4人の中では、唯一囚人服を着ていない。語尾に「ニャー」がつく。誕生日は9月30日[12]

王下七武海[編集]

東の海の海賊団[編集]

「東の海」でルフィたちが戦った海賊団。

バギー&アルビダ連合[編集]

それぞれルフィに倒されたアルビダ海賊団とバギー海賊団が、ルフィを捜すという目的の元に結束した一派。

バギー海賊団[編集]

アルビダ海賊団[編集]

海賊旗は目がハート型の横向きドクロ。船の名前は「Miss ラブ・ダック号[9]

アルビダ
声 - 松岡洋子
アルビダ海賊団船長。通称レディー・アルビダ。異名は「金棒のアルビダ」。懸賞金500万ベリー[14]
金棒を武器とする女海賊で、初登場時は太った醜女で、部下への暴力も平然と行う残忍な性格だった。しかし本人は美しさにこだわり、「この海で一番美しいものは自分」と豪語する。後に「スベスベの実」を食べたことで、別人の如く体型が変わり、「絶世の美女」と言われる美人になった(本人はそばかすが消えたことしか変化に気付いていない)。その美貌は性別を問わず魅了する。バギーたちよりは落ち着いた面があり、ノリで行動しがちなバギーたちに常識的なツッコミをいれたりしている。バギー海賊団員からの呼称は「アルビダ姐さん」。誕生日は3月14日[12]
超人系悪魔の実「スベスベの実」の能力者。あらゆるものをスリップさせる、摩擦ゼロのスベスベ肌を持つ。
間違えて海賊船に乗ってしまったコビーを、海の知識があったことから、命を助ける代わりに2年間航海士兼雑用としてこき使っていた。アジトにしていたゴート島で、ルフィに殴り飛ばされた。その後悪魔の実を食べ現在の体型になる。表紙連載『バギー一味冒険記』で漂流していたバギーを助けるとルフィを狙い同盟を組む。自分の美貌を初めて殴ったルフィの強さに惹かれ、後を追っている。
「偉大なる航路」突入後、バギーが海軍に捕まった際は、あっさりとバギーを見捨て救出を試みたカバジたちにあきらめるよう促した。マリンフォード頂上戦争終結後、復帰したバギーを涙ながら出迎えたガバジたちの変わり身の早さや、バギーよりも高額の賞金首が大量に入団してきたことにはあきれていた。
新世界編でも七武海となったバギーと行動を共にしている様子。
名前の由来は、女海賊アルビダ[32]
スベスベシュプール
摩擦ゼロの素足を使い、ゲレンデを滑って高速移動する。
ヘッポコ、ペッポコ、ポッポコ[33]
アルビダの部下。
コビー
元アルビダ海賊団航海士兼雑用。現在は海軍本部大佐。

クロネコ海賊団[編集]

海賊旗は猫のマーク。船首は黒猫を象っている。船の名前は「ベザン・ブラック号[9]

クロ
声 - 橋本晃一
クロネコ海賊団初代船長。通称キャプテン・クロ。異名は「百計のクロ」。元懸賞金1600万ベリー[14]
緻密な計画の下に犯罪・略奪を行う知能犯。船員を「コマ」としか思っておらず、長年一緒に戦ってきた仲間でも躊躇なく殺せるほどの非情な性格の持ち主。武器は指先に1本ずつ刀の刃がついた手袋「猫の手」であり、それで自分の顔を傷つけないよう、ずり落ちた眼鏡を手の平で上げる癖がある。100m4秒台という超人的スピードの走力を誇り[34]、目にも留まらぬ速さで敵を仕留める暗殺術を得意とする。ブランクはあるもののニャーバン兄弟を圧倒し最終的に敗れはしたが、超スピードの足技でルフィを翻弄するなど実力は健在。誕生日は4月22日[12]
海賊時代の5年前、粗暴な部下を抱える至難、海兵や賞金稼ぎに追われる海賊生活に嫌気がさし、船を降りることを計画。モーガン軍曹(当時)が乗っていた海軍船に襲撃を受けたが、単身で返り討ちにし運良く一命を取り留めたモーガン以外を全滅させる。そして、部下とモーガンをジャンゴの催眠術で計画通りに動かし、部下を身代わりとして処刑させることで自らの存在を抹消し、船を降りた。その後、金と平穏を手に入れる為クラハドールと名乗りシロップ村でカヤの家の執事になる。金と平穏を同時に求め、3年を掛けて周囲の完璧な信頼を得ることで、血縁ではない自分が遺産相続者として選ばれてもおかしくない立場を作り上げた。カヤには表向き親しく接していたが実際は情の欠片も抱いていなかった。
部下を呼び込んでカヤを暗殺しカヤに遺書を書かせることで自分に遺産を相続させる計画を実行[注 39]。だが、計画を知ったウソップと麦わらの一味が立ちはだかり、ルフィとの戦いでは超スピードの無差別攻撃「杓死」で翻弄するも、部下を平然と傷つける行為がルフィの怒りを買う。最後は「杓死」を発動する一瞬の隙を封じられ「ゴムゴムの鐘」で撃退され、部下と共に撤退した。その後の消息は不明。
ジャンゴ
クロネコ海賊団副船長→クロネコ海賊団2代目船長。現在は海軍本部三等兵。
ニャーバン兄弟(ブラザーズ) / シャム&ブチ
声 - 小野坂昌也(シャム)、高戸靖広(ブチ)
クロネコ海賊団船番。
シャムは騙し討ちや相手の武器を盗むのを得意とする策略家であり、ブチはパワーやジャンプ力を生かした戦いを得意とする武闘家。自慢のチームワークで2人合わせての実力はジャンゴをも凌ぎ、クロが船を下りてからは実質クロネコ海賊団の最強コンビとされている。
ゾロとの戦いではシャムが刀を2本奪い有利に立つが、ナミに刀を取り返され2人とも敗北した。その時のブチの傷は浅く、ジャンゴに催眠術をかけてもらいパワーアップを果たしゾロに2度目の戦いを挑むが、再び敗北を喫した。
ヌギレ・ヤイヌ[33]
クロネコ海賊団船大工。
ジャンゴに催眠術をかけられ、クロに仕立て上げられる。同じく催眠術をかけられたモーガンに海軍基地に連行され、身代わりとして処刑された。
名前は「濡れ衣イヤ」のアナグラム

クリーク海賊団[編集]

東の海最強の戦力を持つと言われる、50隻・5000人の兵力からなる海賊艦隊。海賊旗は両脇に敵への脅迫を示す砂時計[注 40]がついたドクロマーク。本船は巨大なガレオン船ドレッドノート・サーベル号[9]。「偉大なる航路」へ進出したところを七武海ミホークに襲撃され、ほぼ壊滅。本船は命からがら東の海に帰還し海上レストラン・バラティエを襲ったが、ルフィと海のコック達によって返り討ちにされた。

クリーク
声 - 立木文彦
クリーク海賊艦隊提督。通称首領・クリーク(ドン・クリーク)。異名は「ダマし討ちのクリーク」。懸賞金1700万ベリー。
強靭な硬度を誇るウーツ鋼の鎧や大量の武器・兵器を全身に仕込んでいる。その重武装は1tを超える物でありながらも、平然と着こなし、それらを軽々と操る怪力を持つ。全身に仕込んだ武器で容赦なく戦う術を「武力」と呼び、自身を最強と称して憚らない。5000人の兵力を束ねる高い統率力を持つが、部下の犠牲を省みない冷酷な性格。部下からは恐れられているが、同時に寄せられる忠誠心は本物であり、ギンはおろか、自身に処刑されかけたパールからも恨まれず、ルフィに完敗して逆上して暴れた際には部下からは容態を心配され真剣になだめられていた。誕生日は9月19日[12]
かつて、監獄から海兵になりすまし上官を殺し軍艦を乗っ取ることで海賊として、のろしを上げる。以後、白旗を上げる・海軍船を装うなどの勝つためならば手段を選ばない騙し討ちを繰り返し東の海の覇者へと成り上がった。
偉大なる航路での航海7日目で、50隻の艦隊をミホークに破壊され、わずか100人程度の部下と共に逃げのびる。餓死寸前の状態で「バラティエ」に辿り着き、サンジとゼフの恩心で己と部下の命を取り留める。しかし受けた恩を意にも介さず、偉大なる航路を無傷で丸1年航海したゼフの持つ航海日誌と、自分たちの新たな船としてバラティエを奪うべく、侵略を決行する。ギンが命令に背き命を救われた恩義でサンジに止めをさせない姿に激昂し、MH5を発射しギンを猛毒に犯す。しかし、仲間を平然と見捨てたことでルフィの怒りを買う。ルフィに対し全身の「武力」をもって多くの傷を負わせるが、最後はルフィの死を恐れぬ信念に押されていき「ゴムゴムの大槌」を受けて敗れる。自暴自棄に陥ったところをギンに気絶させられ、バラティエを後にした。その後の行方、生死は不明。
ギン
声 - 小野健一
クリーク海賊艦隊戦闘総隊長。異名は「鬼人のギン」。
目の下の濃いクマが特徴の男。たとえ命乞いをされようとも敵なら容赦なくいたぶり殺すことから「鬼人(きじん)」の異名を持つ。鉄球がついたトンファーのような武器を使い、非情な戦闘スタイルとクリークへの高い忠誠心を併せ持つことからクリーク海賊団No.2の地位を授けられており、クリークや部下からも信頼されている。当初はクリークに従うことしか考えていなかったが、バラティエでの戦いで自分の信念を持つようなる。誕生日は4月7日原子番号47)[12]
偉大なる航路からの敗走中、それをチャンスと待ち構えていたフルボディの部隊に見つかるものの、自ら囮となり海軍に捕まる。脱走して、バラティエにたどり着き、空腹で餓死寸前であったところをサンジに救われる。クリークの元へ帰還後、餓死寸前のクリーク達を引き連れ再びバラティエを訪れる。クリークが恩を仇で返し侵略を決行後、しばらくは戦況を見届けていたが、ゼフを人質にとりサンジに降伏を促す。サンジが一切要求に応じないことを悟ると、サンジを痛めつけたパールを盾ごと粉砕して失神させ、自らサンジと相対する。パールから受けたダメージで満身創痍のサンジを追い詰めたが、命を救われた恩義により止めをさせず、船を見逃してほしいとクリークに忠言したことから、見捨てられる。クリークが発射したMH5の猛毒に犯されたが、ゼフの知恵とパティらの看病で即死は免れる。ルフィに敗れ錯乱状態になったクリークを失神へ追いやり自ら戦いの幕引きを図り、自分自身が心の奥底で目指していた偉大なる航路での再会をルフィとサンジに約束しクリークを連れバラティエを去った。その後の消息は不明。
パール
声 - 河本浩之
クリーク海賊艦隊第2部隊隊長。異名は「鉄壁のパール」。
ジャングル育ちの大柄の男。巨大な2枚の盾に挟まれる格好で全身を守っており、腕や膝にも盾を身に着けている。「軍艦の砲撃も効かない」と豪語する鉄壁の防御を自負しており、今までの戦闘で血を一滴たりとも流したことがなかったらしい。しかし少しでも血を流すと激しく動揺し、「ジャングルでの猛獣避け」の癖で、問答無用で自分の盾や周囲に火を放つ「ファイヤー・パール」となってしまう。口癖は「イブシ銀」「鉄壁」。
部下を圧倒したパティとカルネをたやすく一蹴し、サンジと交戦する。当初は鉄壁の自信から、余裕綽々と戦っていたが、クリークに吹き飛ばされたルフィが頭にぶつかり鼻血を流してしまい、ファイヤーパールとなりバラティエを火の海に変える。しかし、炎に全く動じないサンジに圧倒され、暴れまわり占領するはずの船を壊そうとしたことに激怒したクリークが投げた鉄球をルフィが跳ね返したことで壊れたマストの下敷きになる。ギンがゼフを人質にとると、手が出せないサンジを滅多打ちにしたが、ギンに盾ごと粉砕され気絶した。
アイデアマン、カギッコ、ハッスル[33]
クリークの部下。アイデアマンは参謀、カギッコは錠前師、ハッスルは戦闘インストラクター。

魚人海賊団・アーロン一味[編集]

元は魚人島周辺で活動していた一味。その後タイガー率いるタイヨウの海賊団に合流するが、2代目船長ジンベエが七武海に加盟したことで決別し、再び独立した。8年間コノミ諸島を支配下に置いていたが、ルフィ達に敗れ、後に全員が海軍に捕縛されて崩壊した。海賊旗はノコギリザメのマーク。船の名前は「シャーク・スパーブ号[9]

アーロン
声 - 小杉十郎太
アーロン一味船長。ノコギリザメの魚人。異名は「ノコギリのアーロン」。懸賞金2000万ベリー(当時の東の海最高額)。
魚人族という種族は「万物の霊長」であるという思想を持ち、下等種族と見下している人間を殺すことは何とも思っていない一方で、仲間の魚人を「同胞」と呼び大事に扱っているレイシスト。人間でも金で話の分かる者やナミのように利用できる者は別と考えている能力主義者でもある。また人間を恨んではいるものの、アーロンパークの造形を子供の頃に憧れていたシャボンディパークに似せるなど、人間世界への憧れを密かに抱いている。魚人島の占い師マダム・シャーリーは母親違いの妹[36]。笑い声は「シャハハハハ」。39歳→41歳。誕生日は5月3日[12]
巨大なノコギリキリバチ」を武器とし、並みの攻撃ではびくともしない強度を誇る鋭いノコギリ状の鼻、何度も生え変わる牙、砲弾や石柱をも噛み砕く強力な顎の力など、鮫の特性を活かした攻撃を行う。魚人の中でも抜きん出た力を持ち、少量の水を掛けるだけで散弾銃ほどの威力を持たせることもできる。怒りが頂点に達すると海王類が怒った時のような鋭い目つきになる。ヨサクからは個人の実力なら首領・クリークを凌ぐと警戒されていた。
幼い時に父親に魚人街に捨てられ以後そこで育ち、15歳頃に父親と名乗る魚人が連れて来たマダム・シャーリーと出会う[36]。無法者だらけの魚人街の中でも最も気性が荒く成長し、魚人島周辺の海底で暴れ回り海軍でも噂される海賊となった。同郷出身で「大アニキ」と慕っているフィッシャー・タイガーがタイヨウの海賊団を結成すると同時に合流、ジンベエと並び一味の中核を担った。人間嫌いはこの頃からであり、幼い頃のホーディ達に人間は憎むべき存在という意識を植えつけ、タイガーから人間に対する過度な攻撃を咎められても、全く意に介さず「恐怖を与える事が復讐を止める」と考えていた。また一時乗船した人間の少女コアラに対しても他の者と違い心を開くことはなかった。タイガーの死後、人間に復讐しようとするが海軍中将ボルサリーノに捕らえられ、インペルダウンに投獄される。1年後、ジンベエの七武海加入と引き換えに恩赦で釈放されるが、政府の狗となったジンベエに決別を言い渡し、再び一味を率い独立する。
10年前、東の海全体を支配する「アーロン帝国」の建国を企み、コノミ諸島にある20もの町村を力で支配し、奉貢を払えなかったナミの義母ベルメールを見せしめの意味も込め最初の犠牲者として射殺した。さらに、ナミの海図を描く才能にも目を付け、半ばココヤシ村を人質にする形でアーロン一味に加入させた。ナミには大量の海図を描かせ世界中の海を把握することでアーロン帝国の発展に利用しようとしていた。島の支配においては、人間達を無益に虐殺せず、島民から毎月奉貢を搾取していた。ただし、奉貢の未払いや武器の所持は反乱とみなし、ルフィたちがココヤシ村に到着する数週間前には反乱したゴサの町を壊滅させた。また、海軍大佐ネズミを賄賂で手懐けることで、海軍本部に島の支配が漏れぬよう手を回していた[注 41]
1億ベリーでココヤシ村を売り渡すという約束をナミと交わすが、ネズミに密告しナミが8年かけて貯めた9200万ベリーを没収させナミを絶望の淵に叩き落とし、これがココヤシ村の反乱とルフィ達の戦いの火付けとなった。アーロンパークでの戦いでは、身動きが取れなくなったルフィを海中に突き落とす。しばらくはゲームとして見物していたが幹部達が全員敗北すると、重い腰をあげて手負いのゾロとサンジを圧倒。海中から復帰したルフィと一騎討ちとなり、測量室での攻防でナミを最もうまく「使える」のは自分であり、ナミと自分は仲間だと豪語したものの、ナミを道具であるかのように発言したこの一言がルフィの怒りを買い、自慢の鼻をへし折られた挙句、「ゴムゴムの戦斧」を受けてアーロンパークごと叩き潰された。その後幹部達共々海軍に逮捕されたが以後の状況は不明。
はっちゃん
アーロン一味幹部。現在はたこ焼き屋店主。
クロオビ
声 - 江川央生
アーロン一味幹部。エイの魚人。
魚人空手40段を誇る格闘家。掛け声は「エイッ!」。幹部の中でも警戒心の強い性格で、ナミの行動に常に眼を光らせており、アーロンパークでのナミの部屋を探ったりもしていた。10年前、ゲンゾウの全身に傷を負わせた張本人であり、その際はサーベルを使用していた。誕生日は10月25日[12]
麦わらの一味が攻めてきた際にはサンジと相対する。水中戦では一方的に攻撃を加えたが、水中での魚人の弱点であるエラに息を吹き込まれ、地上戦に持ち込まれる。サンジの騎士道を侮辱したことで怒りを買い、怒涛の攻撃と最後は「羊肉ショット」を受けて敗北した。
チュウ
声 - 小野坂昌也
アーロン一味幹部。キスの魚人。
口に含んだ水を超高速で吐き出し、銃火器と変わらない威力を持たせる「水鉄砲」「水大砲」の使い手。口癖は「チュッ」。誕生日は5月23日[12]
ウソップが手を離して飛んできたルフィが自分に命中したことに激怒し、ウソップを殺そうとする。しかし命を掛ける覚悟を決めたウソップに翻弄され、酒に引火させる策をもって返り討ちにあう。なおも立ち上がろうとしたところに「ウソップハンマー」を連続で受けて敗北した。
ナミ
元アーロン一味幹部。現在は麦わらの一味航海士。
カネシロ[33]
アーロン一味船大工。金魚の魚人。額と胸に「金」の文字がある。
ピサロ[33]
アーロン一味音楽家。マンボウの魚人。両手にマラカスを持っている。
タケ[33]
アーロン一味コンパ隊長。コイの魚人。額に「恋」の文字がある。
シオヤキ[33]
アーロン一味宴会部長。サケの魚人。常に酒を持っている。
モーム
アーロン一味戦闘員の海牛。

偉大なる航路の海賊団[編集]

ブリキング海賊団[編集]

ドラム王国国王のワポルが、黒ひげ海賊団の襲撃から逃れた際、一時的に結成した海賊団。海賊旗は王冠を被ったカバのドクロマーク。船は大型潜水奇襲帆船「ブリキング号」。船首は王冠を被ったカバを模している。

ワポル
元ドラム王国国王。現在は悪ブラックドラム王国国王。
チェス
声 - 沼田祐介
元ドラム王国悪参謀。
両腕の長い大柄の男。ワポルが食べたものや、法律のリストを記録している。弓の名手で、「チェックメート」と言いながら矢を放つ。ワポルを心酔しており、ワポルの圧政は民を守るために必要なもので心など不要と考えている。どこか抜けているがクロマーリモ・ドルトンとは「三幹部」とされる互角の実力者であり、Dr.くれはからは「あいつらが弱かったら、圧政が出来るわけがなかった」と一定の評価をされている。
クロマーリモ
声 - 乃村健次
元ドラム王国悪代官。
マリモのようなアフロヘアーの男。両手にアフロのようなグローブをつけている。戦闘においてはアフロに隠した武器を使用する。国政に必要なのはシステムと考えている。チェス同様ワポルに心酔しており、彼に刃向かう者には残酷な本性を露わにする。笑い声は「ムハハハハ」。
チェスマーリモ
声 - 沼田祐介&乃村健次
チェスとクロマーリモがバクバクの実の能力により合体した姿。自称ドラム王国最強の戦士
チェスがクロマーリモを肩車したような外見で顔が2つ、腕が4本ある。話す時は常に2人同時で喋る[注 42]。怪力を誇り、ハンマー・斧をそれぞれ4本ずつ隠し持っている。かつて動物系能力者であるドルトンと行動を共にしていたため、3段変形やパワーを熟知している。
ドラム城での戦いでチョッパーと対決するが、「ランブルボール」の効果に翻弄され弱点の顎をつかれ敗北した。その後の消息は不明。
イッシー20(イッシートゥエンティー)
声 - 田中大文など
ワポルお抱えの20人の医師団。医療大国ドラムの精鋭。
ワポルの権力に屈していたことで国民からは反感を買われていたが、ヒルルクの死に様を目の当たりにしてからは良心の呵責に苛まれ、密かに民のための医療を目指していた。雪崩に巻き込まれ生き埋めになったことで冷凍状態となったドルトンを見たことで、遂に民の為に治療をした。
ムッシュール
劇場版オリジナルキャラクター。ワポルの兄。

ベラミー海賊団[編集]

猿山連合軍[編集]

モンブラン・クリケットと、絵本「うそつきノーランド」のファンであるマシラ、ショウジョウの「大猿兄弟」が押し掛ける形で結成された一味。ジャヤが拠点で、海底探査を得意とする。団員の姿、たち振る舞いはそのもの。

モンブラン・クリケット
声 - 谷口節
猿山連合軍最終園長(ラストボス)。「うそつきノーランド」の主人公モンブラン・ノーランドの末裔。
ロマンの探求に人生をかける男。頭部には先祖のノーランド同様栗がついている。重度のヘビースモーカー。猿山連合軍からは「おやっさん」、ルフィには「ひし形のおっさん」と呼ばれる。ベラミーには完敗したものの、手刀や拳銃でサンジと渡り合う実力を持つ。誕生日は9月11日[12]
大嘘つきの大罪人とされるノーランドの血に囚われることを嫌って海賊となり、一団の船長となったが、航海の末にノーランドの因縁の地であるジャヤに辿り着いてしまう。そして、自分の人生を狂わせた先祖との決着を付けるため、元々の仲間たちと別れ、海底に沈んだと考えられる黄金郷の遺跡を探し始める。長年にわたって体を酷使し海に潜り続けたため、潜水病に侵されるも探索は継続し続けた。
空島の手掛かりを求め尋ねてきたルフィたちを金塊狙いの悪党と勘違いしサンジと交戦。その最中、潜水病で倒れたところを介抱してもらったことでルフィたちの空島行きに力を貸す。ベラミーに襲撃され金塊を奪われたが、ルフィのおかげで取り戻した。積帝雲の上空に空島があると推察し、「突き上げる海流(ノックアップストリーム)」の衝撃に耐えるべくメリー号を強化した。ルフィたちによって黄金郷が空にあると知ってからは海底探索を中止し、次のロマンを求めた。
新世界編では、新たなロマンとして幻の島「夢幻郷(ナクロワ)」を探し旅をしている。

マシラ海賊団[編集]

海賊旗はバナナが交差した猿のマーク。船の名前は「ビクトリー・ハンター号[9]で、船首は「船体ハンター(バルコ・ハンター)」になる。

マシラ
声 - 田原アルノ
マシラ海賊団園長(ボス)。異名は「サルベージ王マシラ」。懸賞金2300万ベリー。
ジャヤ近辺を縄張りにサルベージを行なっている。驚異的な肺活量を持つ。「猿あがり」という自作の言葉を男前という意味とし、「さる」が入った言葉を話しかけると勝手に猿あがりと褒められたと勘違いし、ご満悦になる。海王類を一撃で倒す実力者。誕生日は3月4日[12]
名前の由来は猿を意味する「ましら」[38]
猿殴り
腕をぐるぐると回し遠心力をつけてのパンチ。

ショウジョウ海賊団[編集]

海賊旗は猿のドクロマーク。船の名前は「ウータン・ソナー号[9]。「ウータンダイバーズ」という海底探索に優れたチームを持っている。

ショウジョウ
声 - 田の中勇
ショウジョウ海賊団大園長(大ボス)。マシラの兄貴分。異名は「海底探索王ショウジョウ」。懸賞金3600万ベリー。
人間離れした思い切った顔をしているが、一応人類。生まれてから25年間一度も髪を切ったことがない。よくハラハラする性格。強力な雄叫びを武器とする。
名前の由来はオランウータンを意味する「猩猩」[38]
ウータンダイバーズ
ショウジョウの部下たち。海に潜ってショウジョウの「探索の雄叫び」の反響音を識別し、周囲の海中の状況を把握する。

フォクシー海賊団[編集]

ゲーム「デービーバックファイト」を中心とした活動をしている。審判は自分のチームが反則をしていても見ないなど、理不尽なルールで船員を奪う。船員は皆一味共通のアイマスクを着用している。海賊旗はキツネのドクロマーク。船はを象った船首の「セクシーフォクシー号」。船内には「コンバット」でフォクシーが使うために、「ゴリラパンチャー13号」など多くのトラップがある。

フォクシー
声 - 島田敏
フォクシー海賊団船長。異名は「銀ギツネのフォクシー」。懸賞金2400万ベリー。
ずる賢い小悪党だが根っからの悪人ではなく、多数の船員たちを束ね「オヤビン」と呼び慕われる不思議なカリスマ性を持つ。一方で、自身の二つに割れたような髪型を「割れ頭」と言われるだけで立ち直れなくなるほど純情で傷つきやすい一面もある。笑い声は「フェッフェッフェ」。誕生日は4月4日[12]
超人系悪魔の実「ノロノロの実」の能力者。触れたものの速度を30秒間遅くする「ノロマ光子」の光線を放つことができる「ノロマ人間」。生物だけでなく無機物の動きも遅くすることができる。相手の動きを一時的に封じることができるため、デービーバックファイトでは無類の強さを誇る。
ロングリングロングランドにて、麦わらの一味に「デービーバックファイト」を申し込む。第1戦「ドーナツレース」では、「ノロノロビーム」で一味を妨害し勝利に導く。920戦無敗を誇っていた最終戦「コンバット」でルフィと対戦。ノロノロの能力やセクシーフォクシー号の様々な仕掛けでルフィを追い詰めたが、ノロマ光子が鏡に反射する性質を利用され「ゴムゴムの連接鎚矛(フレイル)」を受けて敗北。無敗伝説に泥を塗られ、おまけに海賊旗を下手なマークに描き直された。
アニメではデービーバックファイトの結果からフォクシー海賊団を離れて行動する。その後225・226話でルフィに助けられてフォクシー海賊団に戻るまでを描かれたり、382・383話では、スパアイランド号にてルフィに戦いを挑むも返り討ちにあっている。
アニメSP『アドベンチャー オブ ネブランディア』では、新たな仲間コーメイらを加え再登場。麦わらの一味にデービーバックファイトのリベンジマッチを挑むが、従ったフリをしていた海軍中将コーメイの策によりポルチェとハンバーグが攫われてしまう。同じく仲間を攫われたルフィと共同戦線を張りコーメイの拠点「ネブランディア」に乗り込む。同行していたカンショウが正体を現すと怒りでカンショウを殴り倒し、ルフィとコーメイの戦いではノロノロビームをコーメイに浴びせルフィを援護した。ルフィたちと別れた後、フォクシー海賊団を立て直すことを改めて決意した。

キューティワゴン号[編集]

デービーバックファイトの種目「ドーナツレース」の出場メンバー。アニメでは「ドッジ・タッチ・だるまさん」にも参加した。

ポルチェ
声 - 中山さら
フォクシー海賊団女性戦闘員。
フォクシー海賊団のアイドル的存在。純粋で騙されやすい性格。口癖は「いやん」。フォクシーの側近で、様々な要因で傷つき落ち込むフォクシーを慰め、フォクシーを笑うハンバーグに怒鳴っている。チョッパーを大変気に入り、ドーナツレースの勝利報酬で奪ったチョッパーを勝手に「チャッピー」と命名して手元に置きたがろうとしたが、チョッパー本人はかなり嫌がっていた。誕生日は11月16日[12]
ドーナツレースではナミたちの策により常に後手に回ったが、フォクシーのノロノロビームでナミたちがノロマになったことで勝利を収めた。
キューティバトン お花手裏剣
バトンから花で彩られた手裏剣を飛ばす。
カポーティ
声 - 土田大
フォクシー海賊団戦闘員。カジキの魚人。
魚人空手の使い手。ホシザメのモンダ(声 - 高塚正也)を連れている。誕生日は5月1日[12]

グロッキーモンスターズ[編集]

デービーバックファイトの種目「グロッキーリング」の出場メンバー。アニメでは「ドッジ・タッチ・だるまさん」にも参加した。ハンバーガーの材料が名前のモチーフとなっている。

ハンバーグ
声 - 掛川裕彦
フォクシー海賊団戦闘員。グロッキーモンスターズのリーダー。
ゴリラのように腕をついて走る巨漢で、「四足ダッシュの奇人」と呼ばれる。フォクシーの側近で、ポルチェとは対照的にことあるごとに落ち込むフォクシーを笑っている。笑い声は「ぷぷぷぷぷ」。誕生日は2月22日[12]
無敗を誇るグロッキーリングでゾロ・サンジと対戦し、二人に対し凶器を使った反則攻撃で追い詰めたが、サンジの「三級挽き肉(トロワジェムアッシ)」で顔面を潰され「木犀型斬(ブクティエール)シュート」で飛ばされた後、ビッグパンの鉄板で押し潰されリタイアした。
ピクルス
声 - 龍谷修武
フォクシー海賊団戦闘員。異名は「タックルマシーン」。
タックルによる攻撃を得意とする。笑い声は「イヒヒヒヒ」。誕生日は1月9日[12]
グロッキーリングではボールマンであるビッグパンの下へ向かおうとしたゾロを妨害したが、サンジに蹴られ審判も巻き込む形で吹き飛ばされた。
ビッグパン
声 - 大場真人
フォクシー海賊団戦闘員。魚人と巨人のハーフ「魚巨人(ウォータン)」。
純粋な巨人よりは小さいがかなりの巨体。ドジョウの魚人の血を引いており、体表から分泌される粘液を利用した攻撃を得意とする。「グロッキーリング」では、ボールマンを担当。笑い声は「ぶしししし」。誕生日は5月25日[12]
グロッキーリングではサンジの「空軍(アルメ・ド・レール)パワーシュート」で飛ばしたゾロに口を掴まれた後、そのままゴールへと入れられた。

フォクシーデビルズ(アニメオリジナル)[編集]

デービーバックファイトの種目「ラン・ローラー・アラウンド」の出場メンバー。チームリーダーはポルチェ、監督はフォクシー、マネージャーはハンバーグが務める。

チキチータ
声 - 土田大
チーターに変身する能力を持つ男。
ギラーリン
声 - 高塚正也
腕に刀をつけた魚人。
ジュウベエ
イカの魚人。
マシカク
手足は細いが体はかなり大きな男。キャタピラのような靴を履いて出場。

その他の団員[編集]

イトミミズ
声 - 難波圭一
フォクシー海賊団宴会隊長。デービーバックファイトの実況司会担当。超スズメのチュチューン(声 - 粗忽屋)に乗って実況をする。誕生日は1月11日[12]
ソニエ、ドノバン、ジーナ
フォクシー海賊団の船大工達。ソニエは50人の船大工のボス。ドノバンは戦う船大工。ジーナはお色気船大工。
旧キバガエル海賊団
キバガエル[12](声 - 長嶝高士)を船長としていた海賊団。海賊旗はカエルのマーク。
フォクシー海賊団と「デービーバックファイト」スリーコインゲームを5回繰り返したが全敗し、旗を奪われ、船長含む14人がフォクシー海賊団の一員となった。その後、フォクシー海賊団に加盟できなかった残りのメンバーは船で出航するが、まとまりを欠いたためにシーモンキーの起こした大波に呑まれ、海へ沈んだ。
アニメでは、麦わらの一味とのデービーバックファイト終了後、旧キバガエル海賊団がフォクシー海賊団を一時乗っ取るオリジナルストーリーが展開された。
コーメイ、カンショウ、ドウジャク

ローリング海賊団[編集]

新世界出身の海賊団。モリアに影を奪われ、3年もの間スリラーバークに留まっていた。ルフィを「希望の星」と感じ、自分たちが浄化したすべての影を託した。影が戻った後、ブルックが乗っていた船を、帆と舵を修理した状態で貰った。

ローラ
声 - 久川綾
ローリング海賊団船長。ビッグ・マムとパウンドの娘で、シフォンとは同父姉妹にあたる。異名は「求婚のローラ」。
容姿端麗とはほど遠い女海賊。惚れっぽく、誰にでも求婚するがすぐに振られてしまい破談回数は4444回にのぼる。背中に2本の剣を背負っている。義理堅く人情溢れる性格(この性格は彼女のゾンビにも引き継がれている)。誕生日は1月27日[12]
自由な恋愛を求め海へ飛び出し海賊となった。モリアに影を奪われた後「被害者の会」を結成し、影を集めるうちに影の秘密に行き着いた。モリアへの対抗策として、捕えた影をルフィに入れ、「ナイトメア・ルフィ」にパワーアップさせた。影が戻った後も、影がゾンビに入っていた頃の記憶がかすかに残っており、ナミと仲良くなりお礼に宝の一部をもらった。別れ際、母ビッグ・マムのビブルカードの一部に自分のサインを書き、ナミに渡した。
新世界編で、ウォーターセブンのキウイとモズの酒場を訪れた。
リスキー兄弟
声 - 沼田祐介西脇保
ローリング海賊団の一員。
「てへっ」「 - ちった」が口癖で、彼らのゾンビにも引き継がれている。しかしゾンビとは相反し、かわいいらしいとは言い難い容姿である。

魚人海賊団・マクロ一味[編集]

人攫いを行っている一味。全員魚人街の出身。一時期タイヨウの海賊団に加入するが、ジンベエの七武海加入後は再び元の人攫い稼業に戻っている。

マクロ
声 - 長嶝高士
マクロ一味ボス。マクロファリンクスの魚人。
魚人ながら人攫い屋で、何度もケイミーを売りさばこうとつけ狙っている。タイヨウの海賊団時代は拳銃を武器にしていた。また、乗り合わせた元奴隷のコアラとは仲が良く、彼女との別れの時は号泣していた。笑い声は「モハハハ」。誕生日は9月6日[12]
表紙連載『はっちゃんの海底散歩』で初登場し、はっちゃんの勘違いで壊滅させられた。その後本編でも登場[注 43]。はっちゃんとケイミーを捕える目的でデュバルに協力していたが、ゾロに解放されたはっちゃんの「タコ焼きパンチ」で三人そろって遥か彼方へ殴り飛ばされた。
ギャロ
声 - 織田優成
デメキンの魚人。金魚剣術を操る剣士。
タンスイ
声 - 川津泰彦
アロワナの魚人。魚人空手の使い手(段位は不明)。

最悪の世代(超新星)[編集]

麦わらの一味と同時期にシャボンディ諸島に到着した、懸賞金が億を越える大物ルーキーたち。ルフィとゾロを含め「11人の超新星」と称されていた。ルフィたちが引き起こした「天竜人の一件」の影響で、黄猿やパシフィスタ、海兵たちと交戦するが、捕まることはなかった。シャボンディ諸島で頂上戦争のいきさつを見て、それぞれマリンフォードへ赴いた後、新世界に進出した。

新世界編では、これらの海賊たちに四皇となった黒ひげを加えて「最悪の世代」と呼ばれており、それぞれが新世界各地で大事件を起こしているという。

キッド海賊団[編集]

ユースタス・キッド率いる海賊団。億越えの船員を2人擁している。新世界編で四皇の一角であるシャンクスの首を狙いホーキンス率いるホーキンス海賊団とアプー率いるオンエア海賊団と同盟を結ぶ。

ユースタス・キッド
声 - 浪川大輔
キッド海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「キャプテン・キッド」。懸賞金3億1500万ベリー→4億7000万ベリー。
逆立たせた赤い髪にゴーグルを着用し、コートを羽織った男。新世界編では顔面から腰までに大きな傷があり左腕が能力で作った義手になっている。血の気が多く、凶悪な性格。ルフィ同様「海賊王になる」ことを野望に掲げ、そのことで自分を嗤ったものを皆殺しにしてきた。民間人にも多大な被害を与えてきており、これが懸賞金を跳ね上げた一因となっている。南の海出身。21歳→23歳[26]。誕生日は1月10日=1、10)[39]。身長205cm[26]。好きな食べ物はロールキャベツ[2]。嫌いな食べ物はカレーうどん[2]。趣味は音楽鑑賞・武器集め[8]
磁力をコントロールする悪魔の実の能力を持つ。周囲にある銃や刀、大砲の弾などの金属類を自在に操り、金属を集め巨大な腕を形成することができる。
麦わらの一味が暴れた人間オークションの会場に居合わせ共闘して脱出、その後ローと共にパシフィスタと戦った。その後、新世界に進出。ホールケーキアイランドに乗り込むが、ビッグ・マムの顔を見ることなくはじき出されたという。
新世界編ではビッグ・マム傘下の海賊船を2隻沈めるなど、新世界をかき回している。パンクハザード編では、シーザーによる「シノクニ」の公開実験の映像を見ていた。四皇シャンクスの首を狙いアプー、ホーキンスと海賊同盟を結ぶ。その矢先、突如上空から自身のアジトに落下してきたカイドウと遭遇するが、返り討ちに遭いボロボロの状態でカイドウのアジトに幽閉された。
名前の由来は海賊ウィリアム・キッド海賊僧侶ユースタス英語版[28]
反発(リペル)
触れずに砲弾をはじき返す。
キラー
声 - 浜田賢二
キッド海賊団戦闘員。「最悪の世代」の一人。異名は「殺戮武人」。懸賞金1億6200万ベリー→2億ベリー。
顔全体をマスクで覆った男。このマスクは食事中でも外さない。状の武器を両手に装着し、舞うような体術を駆使して戦う。理知的な性格で、世情にも通じている。キッドとは対等に話せる間柄で、攻撃的なキッドのストッパー的な役目も持つ。南の海出身。25歳→27歳[26]。誕生日は2月2日ぶじん=2、2)[39]。身長195cm[26]。好きな食べ物はペペロンチーノ[2]。嫌いな食べ物はカレーうどん[2]。趣味はドラム・料理[8]
シャボンディ諸島ではウルージと交戦した。パンクハザード編でアプー、ホーキンスと海賊同盟を結ぶ際、仲違いしそうになった3人をなだめた。
ヒート[12]
キッド海賊団船員。口から火を吐いて戦う。
ワイヤー[12]
キッド海賊団船員。武器は三叉矛。

ハートの海賊団[編集]

その他の超新星[編集]

バジル・ホーキンス
声 - 宗矢樹頼
ホーキンス海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「魔術師」。懸賞金2億4900万ベリー→3億2000万ベリー。
眉の部分にそれぞれ3本のペイントをした金髪痩身の男。常に冷静沈着で冗談を嫌う性格。カードで死相や運気などを占い、その結果を確信して行動する。普段は腰に携えている剣を武器にしている。北の海出身。29歳→31歳[26]。誕生日は9月9日(占いの日)[39]。身長210cm[26]。好きな食べ物はフォーチュン・クッキー[2]。嫌いな食べ物は[2]。趣味はインテリア・入浴[8]
体内に仕込んだ藁人形を媒介として、自分が受けたダメージを他人に移す悪魔の実の能力者。藁人間時の武器は五寸釘
シャボンディ諸島では黄猿と交戦し、ピカピカの能力に圧倒され窮地に立たされるも九死に一生を得た。新世界では、フードヴァルテン島で茶ひげ海賊団と交戦し、壊滅させた。パンクハザード編でキッドのアジトに呼ばれキッド、アプーと海賊同盟を結成。その矢先、突如上空から落下してきたカイドウと遭遇。
名前の由来は私掠船長ジョン・ホーキンスと海賊船医バジル・リングローズフランス語版[28]
降魔の相(ごうまのそう)
巨大な藁人間に変身し五寸釘で攻撃する。
X・ドレーク
ドレーク海賊団船長。
スクラッチメン・アプー
声 - 真殿光昭
オンエア海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「海鳴り」。懸賞金1億9800万ベリー→3億5000万ベリー。
手長族の男。中華風の衣服を着用しており、ヘッドホンとサングラスをかけ鍵盤のような歯並びが特徴。目立ちたがりな性格で、他人にちょっかいを出すことを好む。笑い声は「アッパッパ」。偉大なる航路出身。29歳→31歳[26]。誕生日は3月19日(ミュージックの日)[39]。身長256cm[26]。好きな食べ物はトムヤムクン[2]。嫌いな食べ物はマヨネーズ[2]。趣味はDJ・サーフィン[8]
体中を楽器に変え、そこから発する音で攻撃する悪魔の実の能力を持つ。
シャボンディ諸島では黄猿に一撃食らわせてすぐさま逃げようとしたが、返り討ちにあった。新世界では、とある春島でイノシシの大群に追いかけられていた。また、ホールケーキアイランドに乗り込むが、ビッグ・マムの顔を見ることなくはじき出されたという。
パンクハザード編でキッドのアジトに呼ばれキッド、ホーキンスと海賊同盟を結成。その矢先、突如上空から落下してきたカイドウと遭遇[注 44]
名前の由来は中国海賊チュイ・アプー英語版[28]
ジュエリー・ボニー
声 - 木内レイコ
ボニー海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「大喰らい」。懸賞金1億4000万ベリー。
ピンク色の長髪とはみ出した口紅が特徴の女海賊。スタイルはよく細身の体格だが、異名が示す通りその体からは想像できないほどの大食い。食事作法は下品だが、天竜人に斬りかかろうとしたゾロを止めるなどことを荒立てない慎重さを持つ。南の海出身。22歳→24歳[26]。誕生日は9月1日(大食い=0091)[39]。身長174cm[26]。好きな食べ物はマルゲリータ・ピザ[2]。嫌いな食べ物はニンジン[2]。趣味は食事・ジェンガ[8]
自他問わず、人の身体年齢を変える悪魔の実の能力を持ち、敵を小さい子供や老人など弱い容姿に変えて弱体化を図り、自身の容貌を変え周りの目をごまかしながら行動できるアドバンテージを持つ。
理由は不明だが、黒ひげに対して強い怒りを感じており、頂上戦争後黒ひげを追って新世界に進出するが返り討ちにされる。拘束されて置き去りにされたところを、赤犬に捕らえられた。新世界編では、海軍から脱走して逃亡生活を送っており、ルフィ達がドフラミンゴを倒した新聞を見て感心していた。
名前の由来は女海賊アン・ボニー[28]
カポネ・ベッジ
ファイアタンク海賊団船長。
ウルージ
声 - 楠大典
破戒僧海賊団船長。「最悪の世代」の一人。異名は「怪僧」。懸賞金1億800万ベリー。
僧侶のような服装をした巨漢で、背中には空島の住民と同じ羽がある。不敵な笑みを絶やさず、ふてぶてしい物言いが多い。巨大な棍棒のような武器を携帯している。部下からは「ウルージ僧正」と呼ばれる。空島出身。45歳→47歳[26]。誕生日は8月1日そう=8、1)[39]。身長388cm[26]。好きな食べ物はあずき豚肉[2]。嫌いな食べ物は野菜[2]。趣味は酒、色事・山登り[8]
受けたダメージに応じてパワーアップし、巨大化することができる悪魔の実の能力者[12]
シャボンディ諸島では、パシフィスタと交戦し、黄猿に深手を負わされる。新世界ではライジン島に辿り着き、上陸しあぐねていた。ホールケーキアイランドで、ビッグ・マム海賊団の将星の一人を討ち取ったが、同じく将星であるクラッカーに惨敗した。
ドレスローザ編では、空島バロンターミナルで傷を癒していたが、そこでカイドウの飛び降り自殺の現場に遭遇する。
名前の由来はバルバリア海賊ウルージ・バルバロッサ[28]
因果晒し(いんがざらし)
パワーアップした状態での強力なパンチ。

九蛇海賊団[編集]

ニセ麦わらの一味[編集]

マリンフォード頂上戦争から2年が経ち、死亡説が信じられていた麦わらの一味を騙った海賊団。その名声を利用して、シャボンディ諸島で船員を募集し、3つの海賊団を傘下に収め、約100人もの海賊と10人の賞金首を集めた。ブルックを除く[注 45]7人と1匹の偽物からなるが、誰も本物に似ていない。船長のブラックが海軍に捕まり、一味は崩壊した。偽ゾロたちは、カリブー一味に囚われた。

デマロ・ブラック / 偽ルフィ
声 - 粗忽屋
ニセ麦わらの一味船長。異名は「三枚舌のデマロ・ブラック」。懸賞金2600万ベリー。
ルフィとは似ても似つかない肥満体形の男。残虐な性格で、一般人に向かって躊躇なく銃を発砲する。部下には自分のことを「大頭」と呼ばせている。笑い声は「ドハハ」。誕生日は5月5日[12]
自分をコケにした本物のルフィを探すため部下を招集するが、戦桃丸に正体を見破られ、一撃で倒された。
マンジャロウ[12] / 偽ゾロ
声 - 粗忽屋東品川店
ニセ麦わらの一味船員。肥満体型で、少し走っただけで脇腹が痛くなるほど体力が無い。
ショコラ[12] / 偽ナミ
声 - 粗忽屋東京店
ニセ麦わらの一味船員。小柄な女で、本物と同じようなタトゥーを入れている。
マウンブルテン[12] / 偽そげキング
声 - 粗忽屋二子玉店
ニセ麦わらの一味船員。銃に加え、バズーカのような武器を使う。
ドリップ / 偽サンジ
声 - 粗忽屋西神戸店
ニセ麦わらの一味船員。カリブーの能力で、顔に泥のような液体を押し当てられた。
ココア / 偽ロビン
声 - 粗忽屋武蔵野店
ニセ麦わらの一味船員。小柄な女。本物のロビンと間違われ、何者かに誘拐された。
トルコ[12] / 偽フランキー
声 - 粗忽屋新宿店
ニセ麦わらの一味船員。煙草を吸っている。
のらギツネ[12] / 偽チョッパー
声 - 粗忽屋浜田山店[40]
ニセ麦わらの一味ペット。チョッパーに扮していたキツネ。ココアと共に誘拐された。
アルビオン
声 - 平井啓二
ニセ麦わらの一味傘下に加わった海賊船長。異名は「深手のアルビオン」。懸賞金9200万ベリー。体中に包帯を巻いている。誕生日は11月9日[12]
リップ・ドウティ
声 - 山田真一
ニセ麦わらの一味傘下に加わった海賊船長。異名は「リップ・“サービス”・ドウティ」。懸賞金8800万ベリー。大きな唇が特徴。パシフィスタに手も足も出ずに倒された。
カリブー海賊団
ニセ麦わらの一味傘下に加わった海賊団。下記参照。

カリブー海賊団[編集]

一時的にニセ麦わらの一味に加わった海賊団。「超新星(スーパールーキー)」と言われる2人の兄弟が船長を務める。船員たちは、皆一様にコリブーと似た容姿をしている。船はサニー号よりやや大きく、船首はカリブーを象っている。

カリブー
声 - てらそままさき
カリブー海賊団船長。異名は「濡れ髪のカリブー」。懸賞金2億1000万ベリー。
海兵殺しとして有名な海賊。芝居がかった独特の言い回しが特徴。残虐非道な性格で、計算高い一面があるが、コミカルなシーンも多い。コリブーからは「兄助」と呼ばれる。笑い声は「ケヒヒヒ」。誕生日は7月4日[12]
自然系悪魔の実「ヌマヌマの実」の能力者。体を底無し沼に変えられる「人間」。触れたものを体内に引きずり込むことができ、相手を拘束し窒息させることも可能。その能力で、体内に機関銃大鎌などの武器を隠し持っている。
麦わらの一味を内部から皆殺しにしようとニセ麦わらの一味に加わり、偽者と判明すると彼らを生き埋めにしようとした。シャボンディ諸島を出港した麦わらの一味を海中まで追いかけ、急襲を仕掛ける。しかしルフィたちに捕縛されて樽の中に閉じ込められ、そのまま魚人島に流れ着く。知らずに樽を開けた人魚たちにより開放され、彼女らを自らの体に取り込み誘拐する。その後、新魚人海賊団のクーデターに乗じて竜宮城に侵入し、人魚たちを放棄し財宝を盗む。さらに、ネプチューンとロビンの会話を盗み聞きしてしらほし姫の秘密を知り、彼女を攫おうとしたが、ルフィに殴り飛ばされる。財宝はルフィたちが取り返した後ビッグ・マムの部下たちの手に渡り、財宝を奪い返すべく彼らに襲いかかったが、ペコムズに一撃で返り討ちにされた。
表紙連載『カリブーの新世界でケヒヒヒヒ』でその後が描かれた。再び人魚を攫おうとしたがジンベエに倒され、新世界の海軍G-5支部に引き渡される。コリブーら仲間たちにより救出されると、我先に逃げ出す。嵐による遭難の末、カイドウが支配する冬島に流れ着き、自分と瓜二つのガブルの祖母に助けられる。その後ガブルになりすまし島の労働者を虐げたカイドウの部下スコッチを倒したが、その直後ドレークに捕まり連行された。
ヌマヌマの機関銃( - ガトリングガン)
体内から機関銃を取り出し、発射する。
コリブー
声 - 福原耕平
カリブー海賊団船長。カリブーの弟。異名は「返り血のコリブー」。懸賞金1億9000万ベリー。
兄と共に海兵殺しとして有名。頭にカメレオンのような生物をかつらのように乗せており、生き埋め用の穴を掘るためのシャベルを持っている。兄の窮地には何度でも助けに向かうが、それは過去に死んだ祖母から「何があっても兄弟仲良く」と言い付けられたことによるもの。武器は機関銃。誕生日は5月2日[12]
サニー号に取り残されたカリブーを助けに戻って来たところを、クラーケンに船ごと破壊され、水中に投げ出された。その後、詳細は不明だが一命を取り留め、魚人島に到着した。表紙連載『カリブーの新世界でケヒヒヒヒ』では、G-5基地に乗り込みカリブーを解放するが、ヤリスギ准将に敗れた。一旦カリブーに見捨てられたが、カリブーを追いかけ合流し、スコッチと交戦した。
モーム
声 - 藤本たかひろ
カリブー海賊団の船を引いていた海牛。元アーロン一味戦闘員。誕生日は4月9日[12]
アーロンパーク近海で空腹の状態でルフィとサンジとヨサクに遭遇し、サンジから料理をもらったが、サンジこと食べようとしたのでサンジに蹴られ、怒って襲い掛かるもサンジに返り討ちにされる。これがきっかけでアーロンパークまで先導してもらったが、勢い余って陸に激突してしまい、気絶した。アーロンパークでは、ルフィに振り回された挙句投げ飛ばされた。このことがトラウマとなり、二人を大変恐れている。
新世界編では、シャボンディ諸島近辺でカリブー海賊団に捕まり、船を引かされていた。海中でルフィたちと再会したことでトラウマが蘇り、コリブーの命令を無視して逃げ出した。

魚人島の海賊団[編集]

新魚人海賊団[編集]

魚人街を拠点とする海賊団。「魚人こそが至高の種族」というアーロンの意志を継ぎ、人間への復讐を企む。特に幹部たちは強く人間を憎み、人間に輸血した者を「闇夜の裁き」として襲撃していた。しかし、彼ら自身は実際に人間からの迫害を受けたことはなく、幼少期にアーロンを始めとする大人たちから人間に対する憎しみを植え付けられたことで、人間への復讐を聖戦と信じこむに至っている[注 46]。海賊旗は、タイヨウの海賊団の太陽のマークの内部に、斜め線が引かれ斬首された人間のマーク。

命を削り腕力を倍にする凶薬「E・S(エネルギー・ステロイド)」を所持している。魚人街の無法者7万人と、1か月前から海中で捕えた人間の奴隷3万人、計10万人の勢力を擁する。オトヒメの写真を使った踏み絵を強要するなどの暴動を起こし、リュウグウ王国の乗っ取りを画策したが、2年間修業を積んだ麦わらの一味にあっさりと敗北し、幹部を除く残党は軍の下で服役することとなった。奴隷の海賊たちは解放後、新世界でスモーカー率いる海軍G-5支部に全員逮捕された。

ホーディ・ジョーンズ
声 - 中田譲治遠近孝一(幼少期)
新魚人海賊団船長。ホオジロザメの魚人。
魚人族の中でも常軌を逸した、非情で凶暴な気性の持ち主。アーロン以上の人間嫌いで、人間への復讐のためなら、寿命を削る「E・S」を用いてまで目的を果たそうとするなど、自らの命を犠牲にすることもいとわない狂気を孕んでいる。アーロンと違い、同胞である魚人でも人間と友好的な者には容赦なく危害を加え身の危険となれば仲間ですら盾にする。アーロンを尊敬しているが、彼の失敗を見ているためその轍を踏まないよう計画には用意周到で慎重に物事を運ぶようにしている。E・Sを使用しない素の状態でも、魚人族では抜きん出た力を持つ。魚人空手・魚人柔術の使い手。武器は三叉槍。右わき腹に新魚人海賊団の刺青、左腕にアーロン一味の刺青がある。笑い声は「ジャハハハハ」。30歳。誕生日は4月14日[12]
魚人街での幼少期に、アーロンを始めとする人間を嫌う大人たちの影響を受けたことで人間への極度の敵愾心を抱くようになる。人間相手に暴れ回っていたアーロンに憧れを抱き、いずれアーロンの右腕となるべく、実戦での戦闘技術を身につけるため、ネプチューン軍に入った[注 47]。10年前、金で買収した人間に王妃オトヒメが長年かけて集めた地上移住の署名箱を燃やさせ、その混乱に乗じてオトヒメを暗殺する。そして雇った人間を犯人に仕立て上げ、人間との融和というオトヒメの夢を打ち砕いた。その後、玉手箱からE・Sを盗み出すと、軍を抜け新魚人海賊団を立ち上げる。
魚人島への入国者を無理矢理奴隷にし、魚人街の無法者と合わせ一大勢力を築きあげる。さらに、しらほし姫への対抗手段としてデッケンと手を組む。リュウグウ王国を崩壊させて魚人島の新たな王となり、人間との友好を望む者を排除すること、さらには「世界会議」襲撃をも目論んでいた。
麦わらの一味が魚人島に来たことを知ると、竜宮城に攻め入りネプチューン軍に攻撃を仕掛ける。その際、ゾロと対決し、水中戦でありながら深い一撃をくらうが、E・Sを使って逆転し、ゾロや国王ネプチューンらを捕え竜宮城を占拠する。ゾロから受けたダメージをごまかすためE・Sを次々と飲み、副作用に苦しむが、発作が収まると肉体が覚醒し強力なパワーアップを果たした[注 48]。ギョンコルド広場にて、国王を救出すべく乗りこんできたネプチューン三兄弟を返り討ちにし、捕らえる。王族の処刑を執行しようとしたところを麦わらの一味に阻まれ、ルフィと対決する。その最中に飛来してきた方舟ノアを、魚人島に墜落させて麦わらの一味を部下ごと全滅させようと企て、ノアに乗り込みデッケンに深手を負わせる。そして海中に場を移し、ノアを止めようとするルフィと渡り合うが、ノア船内に追い詰められ敗北した。その後、竜宮城に投獄され、E・Sの副作用によって他の幹部たち共々老化してしまった。
ドスン
声 - 吉水孝宏
新魚人海賊団幹部。シュモクザメの魚人。
巨大なハンマーを携える巨漢。語尾に「ドスン」をつけてしゃべるが、気性によって語尾が変わり、そのバリエーションは10種類以上に上る(凶暴化すると「ドゴン」や「ギャバン」、逆に気弱になると「ポスン」や「コツン」など)。誕生日は10月9日[12]
水車の町でフカボシたちに敗北し拘束されるが、E・Sを飲んだことで鎖を引き千切り、ギョンコルド広場に合流。広場ではチョッパーと対決するが、ウソップとの連係プレーに翻弄され「怪物形態」となったチョッパーの一撃で粉砕されて敗れた。
ゼオ
声 - 浅沼晋太郎
新魚人海賊団幹部。オオセの魚人。
体中が縞模様で覆われている。カメレオンのように体色を変化させて背景と同化し、体を透明にすることができる。武器は分銅鎖。傷を負ってもごまかしたり、自分の発言を無視されても言い逃れするなどプライドが高い性格で、「魚人街の貴族」を自称している。誕生日は11月11日[12]
新魚人海賊団結成時にホーディからE・Sを託されE・Sの量産に着手した。ギョンコルド広場ではブルックと対決。ホーディが敗北したことで逃走しようとした部下たちに対し、「死を以て人間への恨みを残せ」と攻撃を仕掛けるが、命を軽んじたことでブルックの怒りを買い、新技の前に敗れた。
ダルマ
声 - 菅沼久義
新魚人海賊団幹部。ダルマザメの魚人。
小柄な体格で、剣闘士のような兜をかぶっている。石の壁を噛み砕くほどの強靭な牙を持ち、地中を猛スピードで掘り進むことができる。幹部の中でも特に気性が荒く、好戦的な性格。笑い声は「キャッキャッ」。誕生日は7月8日[12]
ギョンコルド広場ではウソップと対決するが、ポップグリーンに翻弄され敗れた。
イカロス・ムッヒ
声 - 平井啓二
新魚人海賊団幹部。ダイオウイカの魚人。
8本の腕を持つ巨漢。それぞれの手には、刺した相手の水分を吸収する「スルメイカの槍」を携える。昔、親友の大王イカ・ダイダロスが太陽に近づきすぎてスルメになったことがトラウマとなっており、火を見ると体が仰け反ってしまう。笑い声は「ムッヒッヒ」。誕生日は1月13日[12]
ギョンコルド広場ではフランキーと対決。イカスミ分身を使った戦法で翻弄したが、フランキーの新必殺技の前に一撃で敗れた。
ヒョウゾウ
声 - 坂口哲夫
新魚人海賊団「殺し屋」。毒種ヒョウモンダコの人魚。
魚人島一の剣士であり、両手と6本の足を駆使した「八刀流」の使い手。足から猛毒を分泌し、それを剣に滴らせることで猛毒の剣として使用する。酔うと見境なく人を斬りまくる「人斬り上戸」。思想ではなく金で動いており、新魚人海賊団に雇われている。かつてアーロンにも雇われていたが金払いが悪かったため雇いきれなかったらしい。はっちゃんとは同じ剣術道場にいたが、はっちゃんはヒョウゾウに全く敵わなかった[41]。誕生日は4月18日[12]
人魚の入り江で、ハモンドらと共にルフィと交戦した際、唯一ルフィの攻撃を受け止めた。ギョンコルド広場では酒のつまみとしてE・Sを大量に摂取し、肉体が覚醒した状態でゾロと対決するが、終始圧倒され、刀を全て折られ敗れた。ゾロからはほとんど相手にされず、「井の中の蛙」呼ばわりされた。
千鳥足ハッシュ
8本の剣で相手に斬りかかる。E・Sの大量摂取後は鉄を容易く切断するほどの威力を誇る。
ハモンド
声 - 千葉一伸
新魚人海賊団戦闘員。ハモの魚人。
魚人島入口で、入国者に対する番をしている。武器のバズーカで「打瀬網(うたせあみ)」を撃つ。笑い声は「ハモハモハモ」。誕生日は7月17日[12]
人魚の入り江でルフィをホーディの元へ連れていこうとしたが、あっさり返り討ちにされた。ギョンコルド広場では人間の奴隷たちに戦車を引かせ参戦するが、ロビンに倒された。それ以降の消息は不明だが、ホーディたちと投獄されたシーンはない。
カサゴバ[12]
声 - 藤本たかひろ
新魚人海賊団戦闘員[42]カサゴの魚人[12]。アニメでの名前は「カサゴン」。ハモンドらと共に人魚の入り江に現れたが、ルフィに倒された。
ハリセンボン
声 - 桜井敏治
ウニ衣トゲ部隊隊長。普段は細身だが、空気を吸って体を膨らますことができる。
ヌル
声 - 鈴木勝美
アニメオリジナルキャラクター。アンコウの魚人。ショーテルを武器とする剣士。頭のライトからから閃光を放つことができる。ゾロに倒された。
スルメ
クラーケンと呼ばれる大ダコ。ルフィによって「スルメ」と命名された。
北極にいる兄弟を守るため、ホーディに脅され従っていた。シャボンディ諸島から魚人島へのルートにある下降流の側に住み着き、下降流に乗ろうとした船を何隻も握り潰していた。また、メガロをも飲み込んでいた。誕生日は6月9日[12]
魚人島へ向かう麦わらの一味の前に立ち塞がったが、ルフィによって手懐けられ、魚人島まで同行。最終的に、ギョンコルド広場でルフィの側に寝返る。新魚人海賊団相手に暴れ回ったが、ワダツミに倒された。クーデター終結後、ワダツミを追放するため魚人島外に連れて行った。

フライング海賊団[編集]

魚人島周辺の深海で活動する海賊団。海賊旗は剣が交差したドクロマーク。船は伝説の幽霊船「フライング・ダッチマン号」。

バンダー・デッケン九世
声 - 高木渉
フライング海賊団船長。ネコザメの魚人。伝説の呪われた海賊バンダー・デッケンの子孫。
先祖代々海賊の一族の生まれ。遥か古代に存在したとされる、海王類を操る伝説の人魚姫を探し続けている。4本ある足が特徴で、よくVサインをしている。人の下にはつかない主義でかつて部下にしようとしたアーロンの誘いを蹴っている。笑い声は「バホホホ」。「 - のハズだ」が口癖。誕生日は8月22日[12]
超人系悪魔の実「マトマトの実」の能力者[注 49][12]。手で触れた相手を「的」と定め、あらゆる投擲物を自動追尾で標的に飛ばすことができる。標的にできる数は手のひらの2か所。能力者であるため、海中では上半身をシャボンで覆っている。
10年前、しらほし姫が伝説の人魚の力を持っていると確信し、オトヒメ王妃が撃たれた騒動に乗じてしらほし姫に触れる。以降、しらほし姫に求婚し続けている。しかしその求婚は身勝手かつ狂気的なもので、愛を誓わなければその時は「死」あるのみと考え、求婚状も手紙から現在では剣や斧と化している。メモリーを保存するためしらほし姫に触れた右手は10年間洗っておらず常に手袋をしている。
魚人島の支配を目論むホーディと手を組み、竜宮城に侵入する。しらほしがいないことを知ると後を追い、サンゴが丘でプロポーズするが「タイプじゃない」と振られてしまった上、ルフィに返り討ちにされる。失恋のショックから、魚人島ごとしらほしを消そうと、方舟「ノア」を彼女に向けて投げ飛ばす。しかし、「ノア」を墜落させようと目論むホーディに襲撃され、重傷を負わされ気絶した。その後、ルフィに倒されたホーディらと共に竜宮城に投獄された。
アンコロ
フライング海賊団ペット[12]。巨大なチョウチンアンコウ。誕生日は11月23日[12]

新世界の海賊団[編集]

ドンキホーテファミリー(ドンキホーテ海賊団)[編集]

過去の海賊団[編集]

本編開始時点ですでに存在しない海賊団。

ロジャー海賊団[編集]

歴史上で唯一「偉大なる航路」を制覇した海賊王の一団。海賊旗は波のような口ひげのついたドクロ。船はウォーターセブンの船大工トムが宝樹アダムを用いて造った「オーロ・ジャクソン号」。25年前、「偉大なる航路」制覇後に、船長命令により解散した。バギーが言うには、船員のほとんどが宝に興味がない性分だったとのこと。

ゴール・D・ロジャー
声 - 大塚周夫(1話 - 590話)、草尾毅(青年期)
海賊王。通称「ゴールド・ロジャー」。ロジャー海賊団船長。ポートガス・D・エースの父親。故人。
かつてこの世の全てを手に入れ、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を遺したとされる伝説の海賊。本名は「ゴール・D・ロジャー」だが、政府の情報操作により現在は「ゴールド・ロジャー」として名が残っている。生前からの鬼のような悪名と、死に際に大海賊時代の幕を開いたことから、世界中の人間から憎まれ悪態をつかれると同時に、多くの畏敬と畏怖をもって語られる存在である。レイリー曰く「万物の声を聞ける」能力を持っており、海王類や象主の声を聞きとることができる[注 50]。東の海・ローグタウン出身。享年53[8]。誕生日は12月31日[12]
性格は怒らせれば凶暴・短気・わがままながら、普段は子供のように単純かつ真っすぐで、何事も派手にやることを好んだ。恵まれなかった生い立ちゆえに、愛する者を失うことを極度に嫌い、仲間の危機には敵を逃がさぬよう立ち塞がり、盾となって戦う姿勢を見せていた。世間からの評判は最悪だったが仲間達からの信頼は絶大で、ロジャーと直接交流した者からは無類の好感を抱かれている[注 51]
若い頃、初対面だったレイリーを無理やり誘って共に海に出た。その当時は麦わら帽子をかぶっており、後に見習いのシャンクスに譲った[12]。白ひげや金獅子のシキ、海軍のセンゴク、ガープなど今では伝説と言われる大物たちと幾度も激闘を繰り広げていた。特に白ひげとは長年の好敵手関係で二人で酒を飲み交わした際には自分の病のこと、Dの秘密を語り、ラフテルへの行き方を教えようとした。ブルックの記憶によれば、50年ほど前はルーキーだった。
白ひげ海賊団から古代文字を読み書きできる光月おでんを引き抜き、古代兵器の在処、「Dの意志」「空白の100年」など世界の秘密を知った。空島スカイピアにも訪れており、当時神の座にいたガン・フォールと友になり、空島の黄金の大鐘楼の「歴史の本文」にメッセージを残しラフテルへ導いた。 
28年前に不治の病にかかり、その苦しみを和らげることのできるクロッカスを船医として迎え入れる。3年の航海の末「偉大なる航路」を制覇し、「海賊王」と呼ばれるようになる。その後、船員達に解散命令を出した後、南の海のバテリラでポートガス・D・ルージュとの間に子(エース)を生す。解散から1年後(現在より24年前)、世界政府に自首する[注 52]。そこで長年の宿敵だった海軍中将ガープに、まだ生まれぬ子を守るように託した。エースが生まれる1年3カ月前に、生まれ故郷であるローグタウンにて多くの人々[注 53]が見物する中、処刑された。死に際に彼が放った一言[注 54]により、世は大海賊時代を迎えることとなった。
シルバーズ・レイリー
ロジャー海賊団副船長。現在はシャボンディ諸島のコーティング職人。
クロッカス
ロジャー海賊団船医。現在は双子岬の灯台守。
スコッパー・ギャバン[12]
ロジャー海賊団船員。
サングラスをかけた黒髪の男。武器は斧。ロジャーとは長い付き合いだという。バギーの見習い時代の回想シーンにも登場している。
シーガル[12]
ロジャー海賊団船員。エッド・ウォーの海戦で戦った。
光月おでん
ロジャー海賊団船員。ワノ国九里先代大名。故人。
シャンクス
ロジャー海賊団見習い。現在は四皇の一人。
バギー
ロジャー海賊団見習い。現在は王下七武海の一人。
イヌアラシ、ネコマムシ
光月おでんの従者。現在はモコモ公国の王。

巨兵海賊団[編集]

エルバフの巨人族によって構成された海賊団。海賊旗は角の生えたドクロマーク。船は巨人族が何人も乗れる、山より巨大な2隻の船「グレート・エイリーク号[9]。かつて世界中の海を豪快に暴れまわり世界を震撼させていたが、約100年前に2人の頭が決闘を始めたため、リトルガーデンで解散した。現在は昔話などに登場する伝説の海賊団。モデルは現実世界のヴァイキング[43]

ドリー&ブロギー
声 - 郷里大輔(ドリー)、稲田徹(ブロギー)
元巨兵海賊団の2人の頭。共に当時の金額にして懸賞金1億ベリー。異名は「青鬼のドリー」と「赤鬼のブロギー」。
ドリーは細身で腰まで届く長い髭を生やしている。武器は西洋「テリーソード」[9]。笑い声は「ゲギャギャギャ」。ブロギーは口を覆う髭を生やし角付いた兜を被っている。武器は「ブルーザーアックス」[9]。笑い声は「ガババババ」。共に性格は豪胆そのもので、エルバフの戦士の誇りを何よりも重んじている。共に158歳→160歳[44]。誕生日は10月2日(ドリー)、2月1日(ブロギー)[12]
約100年前、ドリーとブロギーがそれぞれ大型海王類を仕留めた際、1人の少女がどちらが大きかったか尋ねたところ互いに譲り合わず、ハッキリさせるためにリトルガーデンで決闘を開始した。100年以上経った今では2人とも決闘を始めた理由を覚えていないが、エルバフの掟の下、エルバフの神の加護を信じ、互いの誇りを懸けて一切の手加減をせず7万回を超えてなおも戦い続けている。その誇り高さは勇敢なる海の戦士を目指すウソップに大きな影響を与えた。
懸賞金目当てでバロックワークスに狙われ、酒に爆薬を仕込まれドリーの体内で爆発。怪我を隠し決闘に臨むドリーに対し、ブロギーは戦士としての礼儀を持って切り伏せる。その後バロックワークスに拘束されたが、ルフィ達に助けられた。長年の決闘で武器が朽ちていたため、ドリーの傷は致命傷には至らず九死に一生を得た。戦士の誇りを守ってくれたルフィ達に感謝し、その恩に報いるため、再会を約束しリトルガーデン近海に生息する巨大金魚「島食い」を己らの武器を破壊してまで倒し、麦わらの一味の行く手を開いた。武器を失ってなお決闘は続けており、現在ではただの殴り合い。
覇国(はこく)
2人同時に武器を振りかざす。巨大金魚「島食い」を一刀両断する破壊力。ブロギー曰くエルバフに伝わる巨人族最強の槍(技)。
オイモ&カーシー
声 - 岡本寛志(オイモ)、福原耕平(カーシー)
元巨兵海賊団戦闘員の2人組。
オイモの武器は棍棒、必殺技は相手を押しつぶす「オイモプレス」で、口癖は「オイモ(俺も)」。カーシーの武器は斧、笑い声は「ウババババ」。誕生日は1月6日(オイモ)、4月1日(カーシー)[12]
巨兵海賊団の解散から50年後、ドリーとブロギーの帰還があまりに遅いと思い、迎えに行く途中で海軍に捕らわれる。「2人は海軍に囚われており、100年間エニエス・ロビーの門を守れば解放する」という嘘を吹きこまれたため世界政府につき、50年間エニエス・ロビーで門番として働いていた。
フランキー一家とガレーラに門を破られてしまい涙するが、そげキング(ウソップ)に真相を教えられ、政府に騙されていたと知り反旗を翻した。その後、ウォーターセブンでは船大工達とともに工事を手伝い、ウソップと再会の約束を交わす。後にエルバフへ向けて出港した。

ルンバー海賊団[編集]

52年前に西の海で結成された海賊団。海賊旗はのドクロマークで、海賊船の船首は牛を象っている。乗船条件は、音楽好きであること。

「偉大なる航路」突入直後、双子岬の灯台守クロッカスに、幼いクジラのラブーンを預け、旅立つ。航海中に船長と十数名の船員が疫病にかかり、その者たちは仲間から離れ、「凪の帯」から脱出を試みた。ブルックが船長代理となり航海を続けたものの、「魔の三角地帯」の戦闘で全滅し、船は幽霊船と化す。以後、復活したブルックを乗せて約50年間同じ海域を彷徨っていた。その後、モリアがいなくなった後のスリラーバークに墓が立てられ、船員の遺骨が埋葬された。ブルックが乗っていた船は、フランキーによって帆と舵を修理されローリング海賊団にもらわれていった。

ヨーキ
声 - 増谷康紀(63話)→竹本英史(378話 - )
ルンバー海賊団船長。異名は「キャラコのヨーキ」。
ブルックと同じく明るい男。賞金首となっていたが、懸賞金の額は不明。海賊の歌「ビンクスの酒」が大好きで、よくブルックにリクエストし歌っていた。笑い声は「ぬはははは」。誕生日は4月9日[12]
「偉大なる航路」に突入するものの、疫病にかかり脱落を余儀なくされる。その後ブルックに海賊団を託し、仲間と共に脱出を試みる。その後の消息は不明。
ブルック
ルンバー海賊団の音楽家兼剣士(後に船長代理)。後に麦わらの一味に入団。
ラブーン
ルンバー海賊団について来た子供のクジラ。
ミズータ・マダイスキー[45]
ミズータ兄弟(双子)の兄。敵襲の際に頭を刺されて死亡。
ミズータ・マワリトスキー[45]
ミズータ兄弟(双子)の弟。ブルックと共に歌を歌いながら死亡。

ブルージャム海賊団[編集]

12年前、東の海のゴア王国を拠点に活動していた海賊団。ルフィとエースの過去を描いた回想に登場。

ブルージャム
声 - 石住昭彦
ブルージャム海賊団船長。
醜態をさらした部下は容赦なく粛清する非情な男。貴族に金を納めたり、荒仕事を引き受けることで犯罪を黙認されている。誕生日は2月16日[12]
ゴア王国国王からの依頼で、かねてからの念願だった貴族の地位を報酬に、グレイ・ターミナルを焼き払うべく大火事を起こす。しかし約束を反故にされ火事の中に見捨てられたことで、自分を騙した国王と貴族たちに復讐するため、エースとサボの海賊貯金を狙いルフィたちを襲う。偶然エースが発動した「覇王色の覇気」で手下が次々と倒れる中、逆上してエースを殺そうとしたが、ダダンの助太刀で止められ、結局は二人に敗れた。その後の消息は不明。
ポルシェーミ
声 - 菅原正志
ブルージャム海賊団船員。
ずんぐりむっくりの巨体に、釣り目が特徴。子供にも平気で拷問を仕掛ける残忍な男。誕生日は4月3日[12]
エースとサボが奪った宝の在り処を吐かせるために、ルフィを殴る。助太刀に入ったエースとサボに倒され、その後ブルージャムの怒りを買って銃殺された。

その他[編集]

クック海賊団
赫足のゼフが船長を務めていた海賊団。海賊旗は、コック帽を被ったアヒルの後ろにナイフとフォークが交差したマーク。船の名前は「クッキング・ジョージ号[9]。船首は海賊旗のアヒルを模している。
11年前、「偉大なる航路」での1年の航海を経て帰還したが、客船オービット号を襲撃した際に嵐に巻き込まれ、壊滅した。
スペード海賊団
ポートガス・D・エースが、白ひげ海賊団に入る以前に船長を務めていた海賊団。海賊旗は、スペードの背景にエースが被っている帽子のマークが描かれたマーク。
4年前、エースが白ひげに敗れたことで白ひげ海賊団に吸収された。
チェスキッパ[12]
幼少期のロビンを雑用として船に乗せた海賊船長。異名は「スネかじりのチェスキッパ」。
ディエス・バレルズ
声 - 江川央生
バレルズ海賊団船長。元海軍将校。X・ドレークの父親[29]
かつては息子のドレークから憧れの対象として見られる立派な海兵だったが、海賊になってからは別人のようになり、息子にも暴力を振るい奴隷扱いしていた[29]。13年前、「オペオペの実」を政府と50億ベリーで取引しようとしたが、コラソンに実を盗まれ、その後アジトに乗り込んできたドフラミンゴに銃殺された。

その他の海賊[編集]

シキ
声 - 竹中直人
金獅子海賊団大親分。ロジャーや白ひげと並ぶ伝説の大海賊。22年前、史上初めてインペルダウンから脱獄した「空飛ぶ海賊」。誕生日は3月20日[12]
ロジャーとは長年のライバル関係にあり、誰よりも彼のことを認めていた。ロジャーが捕らえられた際、激昂して海軍本部を襲撃したが、海軍本部が半壊するほどの激闘の末センゴクとガープに敗北し、インペルダウンに幽閉される。その2年後、海楼石に繋がれた足を自ら切り落とし、脱獄した。
イエス海賊団[33]
船員にパッキーコゼ[33]がいる海賊団。ローグタウンで船長がスモーカーに捕まり、前述の2人がたしぎに報復を行ったが、返り討ちにされた。
小説版では、船長の名はビリー(鯱殺しのビリー)。懸賞金300万ベリークラスの賞金首で、良業物の打刀「山颪」を所持。シャチを真っ二つにしたことがあるという大男だが、たしぎとスモーカーに敗れた。[46]
チューリップ海賊団
ユリカーを船長とする海賊団。海賊旗はチューリップのドクロマーク。ミラーボール島を襲撃したが、フルボディとジャンゴによって壊滅した。
プップー[33]
アラバスタのナノハナを襲撃した海賊。現れたクロコダイルによって、一味は壊滅した。
ロシオ
声 - 竹本英史
ロシオ海賊団船長。異名は「処刑人ロシオ」。懸賞金4200万ベリー。
世間では残忍な性格で知られている。海賊旗は絞首刑になった人間のマーク。モックタウンでベラミーとのカードゲームに勝ったために因縁をつけられ、倒された。
オコメ[33]
ホカホカ海賊団副船長[33]。ルフィやベラミーと同時期にモックタウンにいた。
イレイザー海賊団[9]
空島の白海で、ワイパーに襲撃された海賊団。
ミカヅキ
声 - 千葉一伸
大カブト海賊団船長。懸賞金3600万ベリー。誕生日は2月10日[12]
ウォーターセブンの一番ドックで、船の修理代を踏み倒そうとガレーラカンパニーの職人たちを脅すが、返り討ちに遭い全滅した。
アニメではその後、借金取りの用心棒としてマイケルとホイケルの養母を脅したが、強引に彼女の養子にされていたゾロに撃退された。
宇宙海賊
月で遺跡の採掘作業を行っていた、宇宙人たちの海賊団。キツネのような顔のキャプテン・シーマーズ[12]を筆頭に、多数の種族で成り立っている模様。宇宙船の船首はシルクハットを模している。エネルによって壊滅した。
キャプテン・グー[12]
モリアに2年間影を奪われていた海賊船長。
デビル・ディアス
声 - 高塚正也
アクメイト海賊団船長。懸賞金6000万ベリー。誕生日は9月18日[12]
人攫い屋に捕まり、天竜人の奴隷にされた。シャボンディ諸島で脱走を計ったが、首輪が爆発して失敗した。
バイロン
人間オークションに出品された海賊。音楽家の家系で、楽器が万能。「西の海」のトロア出身。
ラキューバ
人間オークションに出品された海賊。懸賞金1700万ベリー。繊細な計略家として知られた。誕生日は5月31日[12]
出品された際、舌を噛んで自殺を図った。舌は切れたがその後も生きており[45]、他の出品された者たちと一緒に解放された。
スタンセン[12]
人間オークションに出品された巨人族の海賊。レイリーに解放された後は他の奴隷たちを逃がす為にレイリーと麦わらの一味に礼を言い別れた。
キャンディー海賊団
扉絵連載「CP9の任務外報告」に登場、セント・ポプラを襲撃した海賊団。船員は皆キャンディのようなものを頭に付けている。CP9の活躍で壊滅、残された海賊船は彼らの移動手段として奪取された。
プリンス・ベレット[12]
声 - 長嶝高士(男)、神田朱未(女)
元王族の海賊。
国王だった父親がカマバッカ王国でオカマになって国に戻り、国も家庭も崩壊したという。その恨みからインペルダウンのニューカマーランドでイワンコフを襲ったが、女に変えられてしまった。
茶ひげ
茶ひげ海賊団船長。
ハリーツ・ケンディヨ[12]
新世界から脱出しようとしていた海賊。キッド海賊団に襲撃され、磔にされた。
スプラッシュ&スプラッタ
声 - 服巻浩司(スプラッシュ)、山田真一(スプラッタ)
双子のオカマ海賊。血液型は2人共にS型Rh-。誕生日は1月18日[12]。魚人島で、失血したサンジに血を提供した。
バンダー・デッケン
伝説の呪われた海賊。バンダー・デッケン九世の先祖。
伝説では数百年前、部下を皆殺しにしたことで神の怒りを買い、拷問を受けながら海をさまようこととなったとされる。デッケン九世とパッパグによれば、実際には「海王類をも従わせる人魚姫」の伝説を追って海底を目指し、その後魚人島で息絶えたという。
ジャイロ
声 - 高塚正也
ジャイロ海賊団船長[12]。異名は「蟹手のジャイロ」。懸賞金7300万ベリー。
左腕にカニのハサミのような義手をつけた男。武器は日本刀。「南の海」出身。口癖は「‐ちん」。誕生日は6月22日[12]
魚人島への航海中、海中で新魚人海賊団の脅迫を受け、やむを得ず傘下に入った。その後、船に乗って部下と共に逃げ出したが、ホーディによって一味全員倒された。

アニメオリジナル[編集]

バイアン海賊団[編集]

テレビスペシャル『大海原にひらけ! でっかいでっカイ父の夢』で登場した海賊団。海賊旗は青髪の生えたドクロマーク。

バイアン
声 - 二又一成
バイアン海賊団船長。
バイアンが指揮し、船員たちが歌う「シンフォニーコンダクター」によって相手を操ることができる。アマンダ達の父親が残した宝を狙っていた。ウソップとチョッパーが共同開発した「眠り星」で一味は眠らされ、バイアンは麦わらの一味の一斉攻撃で吹き飛ばされた。
ザップ
声 - 草尾毅
アマンダを連れ去る命令を受けた部隊の隊長。
マッカス、ボニー
声 - 永野広一金月真美
ザップの部下。捕らえられていたアマンダから取り引きを持ちかけられ、財宝目当てに、アマンダたちと共に脱走した。最終的にはバイアンを裏切り、3人を引き取ることにした。

フェニックス海賊団[編集]

ウォーターセブン編後の「アイスハンター編」で登場した海賊団。船は不死鳥を模した船首を持つ。

新世界にてケタ違いの実力を持つ相手と戦い、命からがら逃げ出した。その後「偉大なる航路」前半に戻ったところを、賞金稼ぎ一家「アッチーノファミリー」に海賊旗を奪われ、彼らの言いなりになっていた。

パズール
声 - 谷山紀章
フェニックス海賊団船長。懸賞金1億ベリー。
どんな危機的状況でも不死鳥のように蘇ることから、「不死鳥のパズール」の異名を持つ男。額に不死鳥を思わせる赤いあざがある。鎖を武器とする。
新世界での戦いで瀕死の重傷を負った。新世界の圧倒的なレベルと、ビガロを失ったことで戦意を喪失していたが、ジローや過去のことを思い出し情熱を取り戻し、ルフィ達に加勢しアッチーノファミリーと戦った。その後、ルフィ達と新世界での再会を約束し再び新世界へ向け出航した。
ビガロ
声 - 堀秀行
フェニックス海賊団副船長。
新世界で仲間を逃がすために自らを犠牲にし、命を落とした。パズールを海賊王になる男とさだめ絶対的な信頼を置いており、彼自身も船員達からはパズールと同様慕われていた。
ジロー
声 - 入野自由
フェニックス海賊団船員の少年。
パズールを海賊王になる男として慕っている。戦意を喪失していることにひどく落胆していた。一味で唯一、パズールに反対されたが、ルフィたちと共にラブリーランドに乗り込むという度胸を見せ、パズールが情熱を取り戻すきっかけを作った。
スタンセン
声 - 石川英郎
フェニックス海賊団戦闘隊長。
サルコーの言いなりになっていたため、ガイルらからは嫌われている。だが本人としては、団員を守るための苦渋の決断だった。パズールが意識不明の間は、彼が一味を指揮していた。
トロフ、レイス
声 - 平井啓二沼田祐介
フェニックス海賊団船員。パズールやピガロを尊敬していた。ガイルらのサニー号乗っ取りに反対していた。
ガイル、サットン、ラーゴ、バジル
声 - 大場真人藤本たかひろ竹本英史岡本寛志
フェニックス海賊団船員。アッチーノファミリーの言いなりを嫌ってサニー号乗っ取りをたくらみ、卑屈な態度をとるスタンセンの殺害を考えていた。

海獣海賊団[編集]

パンクハザード編後のオリジナルストーリーで登場した、海獣のみで構成された海賊団。

ジュゴン
声 - 粗忽屋西神戸店
海獣海賊団船長。
元々はアラバスタに生息しているクンフージュゴンのリーダー。ルフィからは「カンフーアザラシ」だと思われているため「アザラシ」と呼ばれている。
ルフィ達と遭遇しウソップを倒すが、直後にルフィに倒され、そのままルフィの弟子となる。その為ルフィのことを「師匠」と呼ぶ。ルフィ達と別れた後は彼らに憧れ自身も海賊となり、その過程でシーラパーンらと出会い「海獣海賊団」を結成し、船長となる。実力はアラバスタにいた頃より格段に上がっており、「武装色の覇気」を身に付けている。また胸には新聞で見たルフィを模してペンキで×印の傷を描いている。
新世界に突入した際にブリードと遭遇し、彼の能力に操られてしまう。シーザーを誘拐するためサニー号を襲撃する。ブリードの命令でルフィたちを攻撃してしまい窮地に追い込まれるが、命令に抵抗しルフィとの共闘でブリードを倒す。その後は再び仲間たちと共に新世界を旅するためルフィと別れた。
シーラパーン
声 - 福原耕平
海獣海賊団の一員。ドラム王国に生息していた大型肉食獣「ラパーン」の亜種で、ラパーンと違い泳ぐことができる。鱗とひれがあり青い体毛が特徴。ラパーン同様、常に集団で行動し、「うさぎ波」を起こすことができる。本来は北の海に生息している。海獣海賊団には数十頭の群れが所属している。
スモーカピバラ
声 - 織田優成
海獣海賊団の一員。まわしのような物を巻いている。
タコボクサー
声 - 荒井聡太
海獣海賊団の一員。通常のタコよりも大きく、触手の一本一本にボクシンググローブをはめている。
クロオビペンギン
声 - 松原大典
海獣海賊団の一員。道着を着ている。空手の使い手。

ワールド海賊団[編集]

特別編『3D2Y』で登場した海賊団。30年前に大暴れし、ロジャーや白ひげに並ぶほどの海賊団だが、当時のCPの謀略により壊滅した。船長バーンディ・ワールドのインペルダウン脱獄を機に、当時の幹部達が集まり、再結成する。

シルバー海賊連合[編集]

ドレスローザ編後の「シルバーマイン編」に登場した海賊団[47]。巨大な銀の鉱山がそびえ立つ新世界の孤島「シルバーマイン」を根城にしている[47]。ビルの「グツグツの実」の能力で作った様々な武器を操る武装集団[47]。海賊旗はSの字の上にバンダナを巻いたドクロが描かれたマーク。

ビル
声 - 高橋広樹[48]
シルバー海賊連合のリーダー[47]
赤いバンダナを巻き、青い革ジャケットを着た長髪の男。海賊王になるには信頼できる仲間が必要と主張し、部下一人一人の力はそれほど評価していないが、結集すれば四皇をもしのぐと鼓舞することで、デザイアをはじめ部下からはカリスマ扱いされている。しかし、成果を出せなかった部下は用済みとして地下坑道の強制労働送りにしたり、目的を果たすためなら部下の犠牲も厭わず逆にゴミと見下すなど、本性は冷酷非情。
悪魔の実「グツグツの実」の能力者[47]。体を溶鉱炉に変えることができる「溶鉱炉人間」[47]。体内の溶鉱炉で鉱物を加工し、様々な武器などを作ることができる。能力の使用前には一定量の鉱物を摂取する必要があり、大量に摂取すれば溶かした鉱物を溶岩のように操ることもできる。
かつては夢を追う海賊だったが、新世界の怪物・テゾーロに金の力で屈服させられ、彼の配下となった。それ以来、新世界は夢なんて甘いものでは越えられないという考えを持つようになり、現在では自らの能力で作った武器と賞金首をテゾーロに献上している。この経験から夢を追う海賊を叶いもしない夢ばかり見るガキ同然と称し見下している。1年前新世界に入り、部下に他の賞金首を捕らえさせており(その数は100人以上)、負かした海賊を銀の彫像に変えている。デザイアの統率力に目をつけ彼女の部下を始末し、助けるふりをして一人生き残ったデザイアを丸め込み部下に引き入れた。
地下坑道に落ちたルフィやデザイアらを抹殺するため、アベロンやペセタを差し向ける。二人が敗れると、自ら出向きシルバーマイン諸共溶かそうとし、自身のやり方に激怒したルフィと戦うも、力及ばず叩きのめされ地下坑道に叩き落とされる。タナカさんから負けたらどうなるか忠告されたことで、鉱物を大量に摂取して身体を肥大化させて復活するもバルトロメオと共闘したルフィに倒され、能力の影響によるシルバーマインの崩壊に巻き込まれて海に沈んでいった。
デザイア
声 - 甲斐田ゆき[48]
シルバー海賊連合の一員。元スイーツ海賊団総長。
背中に「甘党」と書かれた特攻服を身に纏う女海賊[47]。一人称は「アタイ」。側近の部下からは「姐さん」と呼ばれている。前髪を大きく上に跳ね上げたヘアスタイルで、ルフィからは「女トサカ」と呼ばれる。仲間思いだがかなり短気な性格で、よく部下に抑えられている。感情が高ぶるとバルトロメオ同様訛り口調になる。大の甘党でよく板チョコを食べている。ビルの能力で加工された鉱石を動力源とする水陸両用のバトルボートを操り、東の海一のボート乗りと自称している。
バルトロメオとは同じ島出身の幼馴染で、かつてはバルトクラブのメンバーとも交流があった。バルトロメオとは共に頂点を目指す約束をしたが、バルトロメオがルフィを海賊王にするため海に出てしまったため裏切り者と蔑んでいる。スイーツ海賊団を率いていた航海中、仲間を全て失ったところをビルに救われ彼の部下になった。ビルの仲間を重視する考えに賛同し、他の部下同様ビルに心酔している。
「ゾウ」へ向かい航海中のルフィたちを襲撃し、ルフィとバルトロメオをシルバーマインに連れ去る。逃走した二人を追撃するも一緒に地下坑道に落ちてしまい、仲間であるアベロンから攻撃を受けたためやむなく二人と逃走を図る。地下坑道の労働者の存在を知り、最初はビルの行為を信じられずにいたが、アベロンから自身の始末を打ち明けられる。ケジメをつけるためビルと対峙するが、ビルから自分の海賊団が壊滅した真相を暴露され、怒りに震え涙する。当初は自らビルを倒そうとするも、ルフィの圧倒的な実力に驚愕する。ビルがルフィに敗れシルバーマインが崩壊した後、バルトロメオからバルトクラブに来ないかと誘われるも、自らの力で頂点を目指すことを新たな目標とし、仲間達と共に旅立って行った。
ペセタ
声 - 沼田祐介[48]
シルバー海賊連合幹部[47]
ビルに心酔している[47]長身の男。口癖は「最高」。背中に2門のバズーカを背負っており、砲弾にはトリモチが仕込まれている。
デザイア率いる部隊と共にルフィとバルトロメオを捕らえ、トリモチで両手を封じバルトロメオを強制労働させたが、監視を怠ったことで逃がしてしまった。アベロンが敗れると、ビルの命令で地下を崩してルフィ達を迎え撃ち、デザイアの部下を人質に取り大人しく捕まるよう要求する等卑怯な手を使う。しかし、ゾロに人質を解放され、自らゾロと対峙するも接着弾を全て斬られゾロの一撃で部下共々空の彼方に吹き飛ばされた。
アベロン
声 - 魚建[48]
シルバー海賊連合の一員。
車掌のような服装と口調が特徴の男。地下坑道の警備を担当しており、侵入者や脱出を図る労働者を排除する。地下坑道の存在が秘匿であるため、シルバー海賊連合でもその存在を知る者は少なく、デザイアもアベロンを知らなかった。
悪魔の実「コロコロの実」の能力者[47]。体をトロッコに変えることができる「トロッコ人間」[47]。トロッコには爆弾や大砲を仕込んでいる。
ビルの指令で地下坑道に落ちてきたルフィたちを襲撃し、ビルの鉱石で拘束されたルフィをドリルで串刺しにしようとしたが、体型を見誤った為逆にルフィを解放してしまう。劣勢になり逃走を図ろうとしたが、ルフィとバルトロメオの連携攻撃で倒された。

その他(アニメオリジナル)[編集]

ギャンザック
ギャリー
声 - 川津泰彦
三日月型の髭を持つ海賊。懸賞金345万ベリー[49]
異名は「三日月のギャリー」。ローグタウンを襲ったが、スモーカーにあっけなく捕まった。
元々は本作の読切版『ROMANCE DAWN』の登場人物であり、特別編アニメ『ロマンス ドーン ストーリー』でも同名のキャラが登場している。
キャプテン・ジョーク
声 - 大塚明夫
「海のヘソの大冒険編」で登場した海賊船長。原作者オリジナルキャラクター[50]。笑い声は「ナハハハ」。
10年前、海のヘソの秘宝の噂を聞きつけ、ふもとの町を荒らし神の山で町の長であるハムウの母親を殺害。しかし、秘宝を目前にしながら仲間に裏切られ死亡した。死亡後、蝙蝠姿で現世に留まり復活の機会をうかがっていた。海のヘソに迷い込んだルフィたちを利用し、自分の肉体を封印していた3頭の神の獣を倒させるとガイコツ姿で復活する。再び秘宝を狙ったがルフィたちに拘束され、ハムウに頭蓋骨を破壊され消滅した。
ウェットン海賊団
「虹の彼方へ」編で登場した、52年前の海賊団。海賊旗は3本の角を持つ牛のマーク。船は牛を象った船首の「タリエリシン号」。
アミーゴ海賊団
『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』連動特別篇で登場した海賊団。
オリーブ
声 - 塩山由佳
22年前にインペルダウンに連行された、美貌の女海賊。懸賞金5000万ベリー。
身体検査の際にハンニャバルを誘惑して脱走を図ったが、マゼランに捕らえられた。この事件がハンニャバルの考えを改める切っ掛けになった。
パンズフライ
ブリード
声 - 一条和矢
パンクハザード編後のオリジナルストーリーで登場した、シーザーを麦わらの一味から奪った海賊[51]
シルクハットを被りモノクルをかけている。武器は鞭。性格は自分勝手で、その性格が災いし、かつて所属していた海賊団から追放された経験から極度の人間嫌いとなる。また、ペットに対してもただ主人に従順に尽くす存在としか見ていない。闇に通じており、「SMILE」も入手している。シーザーの科学力で「SMILE」を大量に作り出し、人間を強制的に動物に変え、さらに自身の能力で操り動物だけの王国を建国する野望を抱いている。笑い声は「ペトトトト」。
超人系悪魔の実「ペトペトの実」の能力者。掌からスライム状の首輪を出し、相手に装着することで全ての生き物を自分に従順なペットにすることができる。命令したペットの潜在能力を最大限に引き出すことができ、この効果は自分に対しても有効。ただし、命令が相手に聞こえなければ操ることはできない。
偶然発見したクンフージュゴン率いる「海獣海賊団」を自身の能力で操リ支配下に置く。自分の野望実現のため、ジュゴンらにシーザーを誘拐させる。シーザーを奪還するため乗り込んできたルフィらも支配下に置き始末しようとしたが、ローに弱点を見破られる。自分に首輪をかけ、パワーアップした状態で襲いかかったが、怒りが頂点に達した海獣海賊団の抵抗に遭いルフィとジュゴンの合体技で吹き飛ばされた。その後の消息は不明。
トレジャー海賊団
テレビSP『ONE PIECE 〜ハートオブゴールド〜』に登場した海賊団。

映画オリジナル[編集]

ウーナン一味、エルドラゴ一味
トランプ海賊団
ガスパーデ海賊団、魚人海賊団・ウィリー一味、ビガロ一味
レッドアローズ海賊団、お茶の間海賊団、チョビヒゲ海賊団
シュナイダー海賊団
ロングロング海賊団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、原作ではこれらの呼び方が使われたことはない。作中で「麦わらの一味」以外の呼び方を使わないのは、作者のポリシーとのこと[1]
  2. ^ ただし自分が絶賛されただけで効果はなかったが、本人は注目されていることを喜んでいた。
  3. ^ 酔い止めにガムを噛んでいるため、船のいたる所にガムがくっついている
  4. ^ この老婆は「バルトクラブ」の誰とも血縁ではない。昔ながらの知識を豊富に持っているが、あくまでも普段の生活に役立つ知識のため、航海では殆ど役に立たない[2]
  5. ^ ウソップ曰く「サニー号よりルフィが乗ってそう」なデザイン。
  6. ^ ルフィは「おれ」の二文字、ゾロは「刀」の一文字、ウソップは自分の横顔のシルエット、フランキーは★マーク、ロビンはニワトリの絵[2]
  7. ^ 海賊の串焼き映像配信、善良な市民への砲撃放火など。
  8. ^ 一例としてコリーダコロシアム観客席へ爆弾に偽装した黒塗りボールを投げ込み、パニックで自己保身に走る観客達を見て「醜い」と軽蔑したりするなど。
  9. ^ この事から、巨大な氷が降ってきても能力のバリアを張らなかった。
  10. ^ バルトロメオ役の森久保は父親の使う福島弁を意識して演じている[6]
  11. ^ アニメ版ではこの間の「シルバーマイン編」で旧友のデザイアと再会し、ルフィとの共闘でシルバー海賊連合を撃破した。
  12. ^ 作者によると「ルフィ先輩教」の宣教師で、麦わらの一味がいかに奇跡的な海賊団かを切々と語るとのこと[8]
  13. ^ フーシャ村滞在時には既についていたため、少なくとも13年前以上につけられたもの。
  14. ^ 『ONE PIECE GREEN』にて「卍は寺院の地図記号と同じであることから、混乱を避けるため変更された」と説明されている。アニメおよび海外版では初登場時から変更後のマーク。
  15. ^ 少なくとも22年前までは海賊帽を被り長髪であった。
  16. ^ 若年の頃から家族を欲しがっており、一海賊であった頃から財宝よりも憧れていた。
  17. ^ このスクアードの不意打ちに対しマルコは、今までの白ひげなら避けられるはずだったと振り返っている。
  18. ^ アニメでは規制により髭と腹部への攻撃に変更された。
  19. ^ この戦闘で刀傷267太刀、銃弾152発、砲弾46発を受けるも背中には一切の逃げ傷はなかった。
  20. ^ 墓石の碑文には「EDWARD NEWGATE, CAPTAIN OF THE WHITEBEARD PIRATES, HERE LIES A GREAT CAPTAIN AND FATHER, LIBERATED FROM THE EXHAUSTING ROLE AND LABOR, WHO CAPTAIND THE MOBY DICK IN THE SPECTACULAR ERA OF PIRATES(エドワード・ニューゲート、白ひげ海賊団船長 かつて大海賊時代にモビーディック号で荒れ狂う海をかけぬけた我らの偉大なキャプテンかつ親父 ここに眠る)」と刻まれている[19]
  21. ^ ネコマムシによるとマルコの行方には少々心当たりがあるとの事。
  22. ^ 白ひげも同様に海賊団のマークを背中に入れている。
  23. ^ これはルフィやガープにも共通している。
  24. ^ ただし、この頃のルフィは能力を扱いきれておらず、むしろ慣れていなかったことで自分の特異体質に振りまわされており、ポテンシャルを発揮できていなかった。
  25. ^ バージェスの発言によれば、海軍に引き渡される際に自分が処刑されると悟って「弟には黙っててほしい」と言っていたという。
  26. ^ 墓石の碑文には「ACE, MAY YOUR SOUL BE ETERNAL. YOUR BRAVE SOUL WILL ALWAYS BE WITH US(エースの魂よ永遠なれ、誇り高い意志はいつまでも俺達と共に歩む)」と刻まれている[19]
  27. ^ a b 白ひげ海賊団では悪魔の実が手に入った場合、見つけた者が口にしていいルールとなっている。
  28. ^ 魚人島には毎月10tのお菓子を納めさせていた。
  29. ^ クラッカーモスカートモンドールブリュレシフォンプラリネプリンなど。
  30. ^ 召集を断った場合、その者と関わりがある誰かの「首」が送られる。
  31. ^ この際ルーレットで相手が失うものを選ぶ。プラリネによると過去に傘下から抜けたいと言った者は全員死んだらしい。
  32. ^ 寿命を払い続けた場合、1年で2ヶ月分、6年で1年分の寿命を失うことになる。
  33. ^ 人間の奴隷にされたことから「人間は悪い者ばかりではないとわかってはいるが、それでも人間の血を受け入れることはできない」として輸血を拒否した。
  34. ^ ドフラミンゴが敗北しギフターズが増えない事を大泣きしていた所にルフィに危機感を示す部下に対し突然、怒りを露わにして金棒で殴り飛ばすなど。
  35. ^ 首を吊られたら鎖が千切れ、ギロチンにかけられたら刃が砕け、串刺しにしたら槍が折れる、結果9隻の巨大監獄船を沈めた。
  36. ^ 現在判明している全登場人物の中では最高額。
  37. ^ イヌアラシはジャックが「ゾウ」にたどり着けたのは、ビブルカードを所持しているからと推測している。
  38. ^ この情報をベビー5が黒電伝虫で受信したことでドフラミンゴ達に「ローが海軍に保護された」と誤認させることになった。
  39. ^ クロ本人はカヤだけでなく自分の存在を知る、ジャンゴを含めた部下全員も殺すつもりでいた。
  40. ^ 狙った獲物への死の刻限を意味する[13]
  41. ^ そのためジンベエはアーロン一味が崩壊するまでアーロンの悪政を知らなかった。
  42. ^ 漫画ではセリフの文字を重ねることで、2人同時にしゃべることを表現している[37]
  43. ^ はっちゃんなどの言動から、この間にも何度かケイミーを捕らえては殴り飛ばされていた模様。
  44. ^ その後詳細不明だが、彼と思わしき口調と笑い声でジャックの船との通信が途絶えてしまったことを電伝虫でカイドウに連絡している描写がある。
  45. ^ この時点では、ブルックが麦わらの一味に属していることが知られていなかったため。
  46. ^ アニメでは人間の海賊に暴行を受け、ヒューマンショップに売られそうになったところをアーロンたちに助けられており、若干正当性が加えられている。
  47. ^ だが、実力をつけ自身の海賊団の規模を拡大した現在では、アーロン一味の名は結束のためのシンボルでしかないと考えている。
  48. ^ これにより、驚異的なタフさと人魚族をも上回る遊泳速度を手にした。また、髪が白くなり体格も一回り大きくなった。
  49. ^ 作中では「マトマトの呪い」と称されている。
  50. ^ 関係性は不明だが、ルフィも同様に海王類や象主の声を聞きとっている。
  51. ^ 部下であるバギーやシャンクス、空島のガン・フォール、オーロ・ジャクソン号を提供したトム、長年のライバル関係であったガープや白ひげなど。
  52. ^ 政府は力の誇示のため、ロジャーは海軍に捕えられたと発表した。
  53. ^ シャンクス、バギー、クロコダイル、ドフラミンゴ、モリア、ミホーク、ドラゴンなど後に大きく名を馳せている者たちがいた。
  54. ^ 「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ… 探してみろ この世の全てをそこに置いてきた」。

出典[編集]

  1. ^ a b 第57巻SBS
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 第81巻SBS
  3. ^ a b c d e f g h 第83巻SBS
  4. ^ a b 第74巻SBS
  5. ^ スレイマン | キャラクター | アニメ | ONE PIECE.com(ワンピース ドットコム)”. 2014年9月25日閲覧。
  6. ^ ウソップのこれはホントだ!を更新「バルトロメオ役・森久保祥太郎さんのスペシャルインタビューだぞ☆」の巻”. ONE PIECE.com (2016年10月12日). 2016年10月12日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 第72巻SBS
  8. ^ a b c d e f g h i j k 第82巻SBS
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『ONE PIECE YELLOW』より。
  10. ^ 第4巻SBS
  11. ^ 第54巻SBS
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr 『ONE PIECE BLUE DEEP』より。
  13. ^ a b 第8巻SBS
  14. ^ a b c d 『ONE PIECE RED』より。
  15. ^ 第5巻SBS
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『ONE PIECE GREEN』より。
  17. ^ a b c 第59巻SBS
  18. ^ 第76巻SBS
  19. ^ a b グレッグ先生のSUPER「OP」講座 第59回:心の旅”. ONE PIECE.com (2016年6月8日). 2016年6月9日閲覧。
  20. ^ a b c 第49巻SBS
  21. ^ 『ONE PIECE YELLOW』付属「ワンパラ」Vol.2より。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l 第58巻SBS
  23. ^ 「ONE PIECE展」は明日から!ネタバレ注意の詳細レポ”. コミックナタリー. 2012年3月19日閲覧。
  24. ^ a b 第48巻SBS
  25. ^ 「尾田栄一郎 設定画集」 『ONE PIECE FILM GOLD オフィシャルムービーガイド BACKSTAGE PASS』 集英社、2016年7月23日、78頁。 
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 第68巻SBS
  27. ^ a b 第64巻SBS
  28. ^ a b c d e f g 第52巻SBS
  29. ^ a b c 第78巻SBS
  30. ^ 第80巻、144頁。
  31. ^ a b 第62巻SBS
  32. ^ 第6巻SBS
  33. ^ a b c d e f g h i j k l 『ONE PIECE BLUE』より。
  34. ^ 第7巻SBS
  35. ^ 第42巻SBS
  36. ^ a b 第67巻SBS
  37. ^ 第18巻SBS
  38. ^ a b 第27巻SBS
  39. ^ a b c d e f 第60巻SBS
  40. ^ ジャンプスーパーステージ ONE PIECE”. ジャンプフェスタ2012 公式ホームページ. 2011年11月23日閲覧。
  41. ^ 第65巻SBS
  42. ^ アニメより。
  43. ^ 第17巻SBS
  44. ^ 第19巻SBS
  45. ^ a b c 第53巻SBS
  46. ^ 小説版『ONE PIECE ローグタウン編』より。
  47. ^ a b c d e f g h i j k TVアニメ「ドレスローザ編」完結! 6月26日(日)からオリジナル「シルバーマイン編」突入! OPは氣志團×きただにひろし!”. ONE PIECE.com (2016年6月6日). 2016年6月6日閲覧。
  48. ^ a b c d 6/26(日)よりアニメオリジナル「シルバーマイン編」突入!シルバー海賊連合のキャストに高橋広樹さん、甲斐田ゆきさん!!”. ONE PIECE.com (2016年6月24日). 2016年6月25日閲覧。
  49. ^ 劇場版第9作より。
  50. ^ 『ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK 5 SHARK』
  51. ^ 年末年始のアニメオリジナルエピソードを3話放送!”. ONE PIECE.com (2013年12月19日). 2013年12月22日閲覧。