フランキー (ONE PIECE)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ONE PIECE > ONE PIECEの登場人物一覧 > 海賊 (ONE PIECE) > フランキー (ONE PIECE)
フランキー
ONE PIECE』のキャラクター
登場(最初) 原作:第35巻 第329話
アニメ:第233話
作者 尾田栄一郎
声優 矢尾一樹
野田順子(幼少期)
プロフィール
別名 カティ・フラム(本名)
〝鉄人(サイボーグ)〟フランキー
年齢 36歳
性別
肩書き 麦わらの一味船大工

フランキー(Franky)は、尾田栄一郎漫画ONE PIECE』に登場する架空の人物。

プロフィール[編集]

人物[編集]

海賊麦わらの一味船大工。異名は「鉄人(サイボーグ」。「南の海(サウスブルー)」出身。「フランキー」は愛称で、本名はカティ・フラム

ルフィの7人目の仲間。水色のリーゼントヘアーが特徴で、サングラスをかけている。改造人間(サイボーグ)であり、体内には様々な武器が内蔵されている。新世界編では、自身に改造を施し、さらに人間離れした姿になった。両腕を大型の機械に改造[注 1]、両肩にはBF-37の文字を刻み、ヘアスタイルは坊主に変えた[注 2]。自分の作った船に乗り、その船が海の果てに辿り着くのを見届けることが夢。子供の頃から常にアロハシャツ海パン一丁で、やたらとポーズを決めたがる。口癖は「ん〜スーパー!」「スーパー○○○○」「今週のおれ〜」「アウ」。燃料がコーラなのは作者の好物から(作者曰く「コーラうまいじゃん」)[16]

大工としての腕は非常に優秀で、一瞬にして装飾まで凝った橋をかけたり、戦いの最中に板切れで空中階段「フランキー空中散歩」を作ったり、ウソップと協力して応急配管工事を行ったりした。カナヅチなどの工具はいつもパンツの中に入れている[17]。サウザンドサニー号を作る際、買い出し船「ミニメリー号」や、いくつかの小型船も作る等、気の利いた一面も見せる。ミニメリー号は船員全員に大好評で、ゾロをもってして「最高の心遣い」と評される。但しシロモクバ1号に関しては、ナミのウェイバーを勝手に改造したものなので、後にこっぴどく怒られるハメとなった[18]

本人曰く「ベースは人間」であり自他ともに認める「変態」である。変態であるため、「編隊」などの言葉に反応したり、変態呼ばわりされて嬉しがることがある。ただし、まともな感覚や良識は比較的持っており、当初はボケ役が多かったものの、一味入りの後は客観的な視点から冷静に物を言うことも多い。トム譲りの感動屋で極めて涙脆く、人情話を聞かされると感動して涙を流してしまう(その度に「泣いていない」と強がって言い張る)。そこからギターウクレレで自分の心情を乗せたオリジナル曲を弾き語りをすることもある。ハードボイルドな一面も持ち合わせており、そういった台詞を放った際にはセニョール・ピンクに負けず劣らず女性に声援を送られるほど。

麦わらの一味に加わる前は解体屋の棟梁として「フランキー一家」を率いており、子分達からは「アニキ」と呼ばれ慕われていた。仲間に対しては、入団当初は特徴などで呼んでいたが[注 3]、次第に全員名前で呼ぶようになった。

担当声優の矢尾一樹と原作者の尾田栄一郎は矢尾がジャンゴ役で出演してからの友人関係。アニメの初代プロデューサーから尾田に「アニメは長寿番組になるから、声優陣に違う風を吹かせるためにも矢尾一樹が麦わらの一味に入れるようにしてくれ」とオーダーがあり、尾田が矢尾をイメージして作ったキャラがフランキーである[19]。矢尾は尾田からどんなキャラがいいかという要望に対し、魔術師とオカマじゃないキャラならいいと伝えたという[20]

関係者[編集]

トム
造船会社トムズワーカーズ社長。フランキーの師匠。
海賊の親に捨てられたフランキーを保護し、弟子として船大工の技術を叩き込んだ。フランキーが戦艦ばかり作っていても「造った船に男はドンと胸を張れ」と説き、自分の作った戦艦を悪く言ったフランキーを叱り飛ばしたことがある。10年前、古代兵器プルトンの設計図を狙ったスパンダムの策略で司法船襲撃の罪を着せられるが、フランキー達を庇いエニエス・ロビーに連行された。
アイスバーグ
ウォーターセブン市長。フランキーの兄弟子。
フランキーと同じく若い頃からトムの下で造船業を学んだ。弟弟子のフランキーとはをいつも罵りあっていたが、内心では親友と認めており、フランキーの海列車の事故後に再会した際は涙を流していた。トムへの償いのためウォーターセブンに留まり続けていたフランキーに自分の夢のために生きろと説得し、旅立ちを促した。
ヨコヅナ
フランキーからクロールを伝授したカエルで、トムが連行され、フランキーが列車事故に遭って以降、海列車に日々闘いを挑み、「大好きな人」を守れるように訓練していた。フランキーが生きていることを知った後は海列車との闘いをやめている。
ココロ
元トムズワーカーズ社員。
トム、アイスバーグ、フランキーと共に暮らし、現在は孫娘のチムニー、チムニーのペットのゴンベと共に海列車の運航経営をしている。トム、フランキーが死に至ったと政府からの報告を受け8年間やけ酒にひたっていた。

来歴[編集]

過去[編集]

「南の海」出身で、物心つく前に「偉大なる航路」に入る。10歳の時、海賊の親に捨てられ、ウォーターセブンの廃船島で大砲を作っていた所を「トムズワーカーズ」社長兼伝説の船大工トムに拾われ弟子になる。「フランキー」という愛称はその頃に兄弟子のアイスバーグから名付けられた。トムズワーカーズで戦艦・バトルフランキー号を建造しつつ大工業を学びながら成長し、14年前(当時22歳)にはトムらと共に海列車「パッフィング・トム」を完成させた。

10年前(当時26歳)、トムの裁判の判決日に古代兵器「プルトン」の設計図入手を画策した当時CP5主官であったスパンダムによって、自身が35号まで建造したバトルフランキー号を悪用されてしまう。その後、スパンダムらCP5によってトム・アイスバーグと共に「司法船襲撃犯」の濡れ衣を着せられ捕縛されるが、自身とアイスバーグはトムの後押しで釈放される。しかし、我慢に耐え兼ねスパンダムの顔面を猟銃で殴り飛ばしたことで「犯罪者」として追われる身となってしまう。逃亡後、トムの連行を阻止すべく無理やりでも海列車を止めようと立ちはだかるが、轢き飛ばされて瀕死の重傷を負う。そして巨大な廃船に漂着した後、今のままでは死んでしまうと悟り、生き延びるために己の体に武器や機械を埋め込み、サイボーグとなった。この時、大切な人達を傷つけてしまったことを後悔し、戦艦造りに終止符を打つ意味で肩にBF36(バトルフランキー36号)の文字を入れた[21]

6年前(当時30歳)にアイスバーグと再会する。世界政府に目をつけられた彼から古代兵器「プルトン」の設計図を託され、彼の勧めで本名を捨て「フランキー」と名乗るようになる。同時に、アイスバーグからウォーターセブンを出るよう促されるが、トムへの罪滅ぼしの思いからこれを拒否。ザンバイやキウイ・モズ姉妹たちをまとめ上げ、解体屋「フランキー一家」を旗揚げする。以後、賞金稼ぎとして略奪者からウォーターセブンを守ってきた。街中では「ウォーターセブンの裏の顔」と呼ばれていた。

サバイバルの海 超新星編[編集]

ウォーターセブン編
ロビン同様、当初はルフィ達の敵として登場。部下のザンバイ達がウソップから奪ったゴーイングメリー号の修理代の内の2億ベリーを譲り受け、買い出しへと向かうも、その間に本拠地フランキーハウスがルフィ達に襲撃され壊滅させられる。帰宅後、そのことに激怒し中心街でルフィと交戦するもガレーラカンパニーが乱入したことで一旦手を引く。その後、アクア・ラグナから逃れるためウソップを連れて橋の下倉庫(元トムズワーカーズ本社)に避難していたが、自分の素性とアイスバークとの関係を突き止めた政府の諜報機関CP9に襲撃され、ウソップ共々連行される。護送車内でロビンを救出するため、列車に密航していたサンジによって解放され、ロビン救出に協力。CP9の新入りネロを倒し、囮となってロビンを逃がそうとするも失敗し、ロビン共々エニエス・ロビーに連行される。
エニエス・ロビーでは、ルフィ達の襲撃に乗じて拘束具を壊し脱出する。そして、ルフィ達の強大な世界政府にも屈しない仲間を思いやる信念と、フランキー一家がルフィ達に世話になった事を知って、協力を決意。古代兵器復活の可能性を握るロビンの奪還をルフィ達に賭け、所持していた「プルトン」の設計図をCP9の目の前で焼却する。その直後、CP9司令長官スパンダムに滝へと突き落とされ処刑されそうになるが、助太刀に来たロケットマンにより命拾いする。司法の塔ではCP9のフクロウを倒して一足先に正義の門に向かい、ロビンを狙った海軍の攻撃を防ぎ、そげキングから受け取った鍵でロビンを解放した。さらに、トムを死に追いやったスパンダムを倒した。
エニエス・ロビーの事件後、ルフィ達と和解。「宝樹アダムの木材を手に入れ、夢の船を造ること」が、2億ベリーを奪った真の理由である事を明かした。その2億ベリーで買った宝樹を使い、アイスバーグらと協力して造った夢の船が、ルフィ達のため新しい船「サウザンドサニー号」である。また「鉄人(サイボーグ)」の異名で4400万ベリーの懸賞金が懸けられたことで、「このままだと命が危ない」と判断した一家の面々に麦わらの一味への加入を説かれる。自身は本心では海に出ることを望んでいたが、トムに対しての償いとザンバイたちの気がかりから一度はルフィの誘いを断る。それでも、アイスバーグから「いい加減に自分を許し、自分の夢のために生きろ」と旅立ちを促され、ザンバイ達からの説得もありウォーターセブンを出る決意を固め、麦わらの一味に加入する。
スリラーバーク編
スリラーバークでは、ルフィ達と共に後から上陸し、船内で遭遇したブルックからゾンビの仕組みと弱点を教えてもらうと同時に彼の過去を聞き出す。ゾンビに襲撃されたウソップ達を助けて一旦サニー号に戻り、ナミを除いた一味の全員にブルックの過去を伝えた。その後、ゾロと共にブルックの救援に向かい、ゾロとリューマの戦いを見届ける。その後、一味総出でルフィの影を入れられたスペシャルゾンビ・オーズを撃破した。
頂上戦争編
シャボンディ諸島では、サンジ・ウソップと船番をしていたが、ケイミーが誘拐されたことを知り、トビウオライダーズと協力しオークション会場に乗り込んだ。パシフィスタを一味総出で撃破するが、その直後に現れた大将黄猿らの猛攻に追い詰められる。その後、バーソロミュー・くまによって「偉大なる航路」の未来国バルジモアに飛ばされる。そこでDr.ベガパンクが生まれた家にたどり着いた。後にマリンフォード頂上戦争の知らせを受け、島から出る唯一の手段である砕氷船を入手するためにベガパンクの研究所に侵入する。しかし誤って研究所の自爆スイッチを押してしまい、「バルジモアの悪夢」を引き起こす。
その後、新聞に載っていたルフィの「16点鐘」の行動にメッセージがあるのを読み取る。爆発の影響で見つけたベガパンクのもう一つの研究所に住み、そこで得た兵器の設計図を利用して、自身の身体の改修、および兵器開発に着手する(その最中に「バルジモアの燃える霊獣伝説」を引き起こした)。

最後の海 新世界編[編集]

魚人島編
シャボンディ諸島に一味で2番目に到着。最初にサニー号の元へ向かい、満身創痍の状態となっていたくまと接触する。レイリーから事の次第を聞かされると、一味の再出航後全員にくまの身におきたことと伝えた。
魚人島では、海の森でトムの弟デンと出会い、サニー号のコーティングを依頼する。ギョンコルド広場では、巨大ロボ「フランキー将軍」を披露。新魚人海賊団幹部イカロス・ムッヒと対決し、撃破する。
パンクハザード編
パンクハザードでは、サニー号に待機していたが船上で眠らされ、サンジらと共にシーザーの部下に誘拐される。研究所から脱出したところ、ローの能力で精神を入れ替えられ、チョッパーの身体に入る。ルフィたちと合流した後、自身の身体を攫ったCOOLブラザーズと交戦する。元の身体に戻った後、シーザーを誘拐するため、ルフィらと共に研究所に向かう。研究所前でシーザーの能力で気絶させられ、檻に入れられてしまうが、ローによって解放される。その後、ルフィたちとは別行動を取り、「シノクニ」に覆われた島内からサニー号とミニメリー2号を回収。シーザーを回収するため、パンクハザード上空に現れたベビー5、バッファローとフランキー将軍に乗って交戦し、大打撃を与えた。
ドレスローザ編
ドレスローザでは、工場破壊のため港町アカシアに立ち寄る。ルフィの兄エースのメラメラの実がかけられたコリーダコロシアムではルフィの闘技会出場を後押しした。その後、ドレスローザの事情を知る片足の兵隊(キュロス)と行動を共にし、「花畑」のリク王軍決起本部に向かう。兵隊から10年前に起きたドレスローザの悲劇を聞いたことで、ルフィに彼らへの助太刀を懇願。ウソップ・ロビンと共に、リク王軍の「ドレスローザSOP作戦」に参加する。その際フランキーだけがトンタッタ専用の抜け穴を通れなかったため、二人とは別行動を取り、陽動のため単身オモチャの家に攻め込みセニョール・ピンクと交戦する。その後マッハバイスと海軍、そしてデリンジャーに合流されたことで、SOP作戦の成功前に重傷を負ってしまう。
「鳥カゴ」発動後は隠してあったコーラで復活しSMILE工場破壊に乗り出すが、それを妨害するセニョール・ピンクと再戦する。戦いの最中互いのハードボイルドな男気を認め、相手の攻撃を一切防御や回避もせず受け続ける戦いを繰り広げ、セニョールの最後の技にも耐え抜き激闘を制した。その後、トンタッタ族と協力し、SMILE工場を押し「鳥カゴ」の収縮阻止に尽力した。
ドレスローザでの一件の後、懸賞金が9400万ベリーに上がる。手配書の写真はフランキー将軍のものに変わった。そのため、アイスバーグ他ウォーターセブン一同は、本当に完全なロボットに改造したのかと勘違いし、唖然としていた。
ゾウ編
バルトロメオの船に乗って送ってもらい、ナミ達が待つ「ゾウ」に上陸。ミンク族のワンダに連れられてナミ達がいる森の砦に案内してもらい無事に再会する。ワンダやチョッパー達から「ゾウ」が四皇カイドウの部下ジャックの襲撃を受けたこと、そしてサンジがビッグ・マムの元に連れて行かれたことを知る。サンジ奪還のためホールケーキアイランドに向かうルフィと一旦別れ、ローや錦えもん達と共に先にカイドウがいるワノ国に向かう。

戦闘方法[編集]

サイボーグであるフランキーは体内に様々な兵器を内蔵しており、戦闘ではそれらを作動させて戦う。背中以外はサイボーグである為、前のみならルフィと同じく銃弾が効かない(痛みは多少感じ、血が出ることもあるらしい)。ただし重量があるため一味の中では最も足が遅い[22]。燃料はコーラで、腹部の体内冷蔵庫にセット・吸収する(最大3本までセット可能)。その為、冷え性体質。燃料が切れるとリーゼントが垂れ下がり、体内の兵器を作動させる事が出来なくなり、パワーも出ない。

新世界編では大幅に改造されたことで、外見だけでなく内装も大きく変化しているが、コーラが燃料である点は共通しており背中の弱点は改善されていない。

頭部[編集]

フレッシュ・ファイア
口から炎を吐く。「ウォーターセブン編」で初使用。
フランキーファイヤーボール
口から大型の火球を吐く。「魚人島編」で初使用。
マスターネイル
口から無数の釘を飛ばす。対ネロ戦で使用。
フランキートライアングルジャッカー
鋭く硬質化したモミアゲを射出する。射出後にモミアゲは再生されるので、連続使用が可能。対フクロウ戦で使用。

上半身[編集]

[編集]

ストロング・右(ライト)
右拳をロケットパンチの様に撃ち出す。「ウォーターセブン編」で初使用。拳は鎖で接続されており、敵の捕獲・体の固定等、マジックハンド的な使い方も可能。
ストロングハンマー
右手の皮膚のグローブを外し、鋼鉄の拳で殴る。「ウォーターセブン編」で初使用。
アルティメットハンマー
「フランキーケンタウロス」での馬乗り状態から相手めがけて放つ「ストロングハンマー」。対ネロ戦で使用。
ウエポンズ・左(レフト)
左腕に内蔵された砲弾を発射する。「ウォーターセブン編」で初使用。手首が展開し、手のひらにあるスコープのようなもので照準を合わせる事が可能。
ビーンズ左(レフト)
左手首をスライド展開させ、前腕に内蔵された多連装砲で攻撃する。「ウォーターセブン編」で初使用。「ウエポンズ・左」よりも一発の破壊力は低いが、その分一度に発射される弾数が増えている。
新世界編以降では、「ウエポンズ・左」の呼称でこの技を使用するようになった。
アウチフィンガー
左人指し指に内蔵された銃による射撃。対ネロ戦で使用。
風来砲(クー・ド・ヴァン)
両腕に接続したT字状のパイプ(口径70mm)から高圧の空気を撃ち出す。「ウォーターセブン編」で初使用。威力は消費するコーラの量に応じて調節可能。MAXは1.5。名称の由来は、フランス語の「coup de vent」(空気砲)。
新世界編以降は片腕で掌の孔から発射が可能になっている。
ちょっと風来砲
飛ばされる勢いを殺すための名の通り威力の低い「風来砲」。「エニエス・ロビー編」の対フクロウ戦で使用。
ホシ・シールド
星のタトゥーが描かれた腕を肥大させ、相手の攻撃を防ぐ。「ウォーターセブン編」で初使用。
フランキーBOXING(ボクシング)
ボクシングのように両拳でパンチを連打する。対フクロウ戦で使用。
フランキーアイアンBOXING
「フランキーBOXING」の強化版。対セニョール・ピンク戦で使用。
フランキーバタフライ
すごい速さのバタフライ。対フクロウ戦で使用。
フランキーラディカルビーム
両腕を合わせた後、両掌の孔からレーザービームを発射する。シーザー曰く、パシフィスタのレーザービームと同様のもの。「魚人島編」の対イカロス戦で初使用。
フランキーサウスランドスープレックス
前方から相手の胴を掴み後方へ投げ飛ばす。「ドレスローザ編」で使用。

肩・胸[編集]

フランキーデストロイ砲
両肩に内蔵されたキャノン砲で攻撃する。連続発射が可能で、相手に対して絶え間ない砲撃を浴びせる。使用時には脱臼するほど肩がせり上がり激痛を伴うため、本人はあまり使いたがらない。対フクロウ戦で初使用。
フランキーはこれを「追跡砲弾だから回避は不可能」と言っていたが、ロックオンした敵を自動的に追尾する高性能砲弾を発射するのではなく、実際は「フランキー自身が敵を追跡して撃つ」というオチ。しかも命中精度は落ちるらしく、背を見せて逃げる相手に使用して殆ど命中しないという結果に終わっている。
フランキー大砲(キャノン)
「フランキーデストロイ砲」の強化版(というより改良版)。「魚人島編」で初使用。
フランキーロケットランチャー
左肩からロケット弾を発射する。「魚人島編」で初使用。
フランキースッポン・ロケット
開いた肩口からウソップと製作した6本のラバーカップを発射し、それを等間隔で壁などに吸着させることで壁をよじ登る。劇場版第13作で使用。
フランキーニップルライト
乳首に仕込んだライトを発光させる。「魚人島編」で初使用。
ニップルライトスペシャル
セニョール・ピンク戦で使用。効果は不明。

下半身[編集]

風来噴射(クー・ド・ブー)
尻から空気を噴射する、「風来砲」の派生技。「エニエス・ロビー編」で初使用。主に長距離のジャンプ移動に使用される。身も蓋も無く言えば、凄まじいなので当然臭い。作中初使用の際には事前に尻を大きく膨張させ、自爆と偽ってスパンダムらを恐慌状態に陥れた。
フランキーケンタウロス
「変・体!」の掛け声と共に、両脚を下半身ごと前後に分割した4足歩行形態に変形する。「ウォーターセブン編」で初使用。ただし、前半分しか改造出来なかったため変形するのは前足側だけで、上半身が後足側に位置する「逆ケンタウロス」となる。その奇妙な風体からただのお笑い技に見えるが、4本脚で相手を掴み身動きを封じる効果がある等、意外と実用性は高い。
フランキータンク
正座することで脛からキャタピラを出して移動する。「パンクハザード編」で初使用。

その他の技[編集]

体内冷蔵庫にはコーラ以外の飲み物もセット出来るが、全身の兵器を作動させるには不充分な模様。別の飲み物をセットすると、性格や髪型が、セットした飲み物に反応して変化している(緑茶をセットした時は農家の人っぽくなったり、紅茶をセットすると紳士になったりしている)。

フランキー無敵(インビンシブル)
仰向けに寝転がる事で、弱点である生身の後ろ半身を覆い隠す。対ネロ戦で使用。当然自分の身動きが取れなくなる為、かえって隙だらけになってしまう。対戦時この技を目の当たりにしたネロは、突っ込む言葉が見つからず絶句してしまった。
新鮮一番!お野菜パンチ
体内冷蔵庫に野菜ジュースをセットした時に使った技。しかし、その威力はコーラ切れの時の鉄拳をも下回る。対フクロウ戦で使用。
ヘビーヌンチャク
鋼鉄ヌンチャクを石柱などに刺し、武器として使用する。対タララン戦で初使用。
フランキー空中散歩(スカイウォーク)
板・釘で空中に即興の階段を造りながら登る。対オーズ戦で使用。ただし、出来た階段は短時間しかもたない。

フランキー将軍[編集]

ソルジャードックシステムの「クロサイFR-U4号」と「ブラキオタンク5号」が合体した巨大ロボで、中にフランキーが乗って操縦する。ベガパンクのかつての夢を形状記憶合金「ワポメタル」の導入で実現させたもので、並外れた頑丈さを誇る。見た目はフランキーそっくりで、首付近にはBF38と書かれており、腹には麦わらの一味のマークが描かれている。武器は背中に装備された巨大な「略奪者の剣」、「フラン剣(フランケン)」。フランキー将軍を見た男性は年齢問わず目を輝かせるが、逆に女性は揃って無反応というパターンが多い。

将軍足元危険(ジェネラルあしもとデンジャラス)
フラン剣を用いた足払い。対新魚人海賊団戦で使用。この技で相手をジャンプさせて、「フランキー大砲」で狙い撃ちする。
将軍おもみ(ジェネラルおもみ)
その巨体で相手を押しつぶす。対新魚人海賊団戦で使用。
将軍の左(ジェネラル・レフト)
左手から弾丸を連続発射する。対ベビー5&バッファロー戦で使用。
将軍大丈夫(ジェネラルだいじょうぶ)
激しい攻撃を受けても、大丈夫だとアピールする。対ベビー5&バッファロー戦で使用。
将軍の盾(ジェネラル・シールド)
肩のパーツを腕に装着し、敵の攻撃を防ぐ。ただし、敵の攻撃を受けた後でしかもフランキー将軍の腕よりも小さいため、殆ど意味は無かった。対ベビー5&バッファロー戦で使用。
将軍の盾ブーメラン
「将軍の盾」を相手に投げつける。ベビー5曰く「ヤケクソ」。対ベビー5&バッファロー戦で使用。
将軍砲(ジェネラル・キャノン)
両腕を合わせ、超強力な空気砲を放つ。対ベビー5&バッファロー戦で使用。本人曰く「陸をゆく出張版『ガオン砲』」。

連携技[編集]

6億B・JACK POT(ろくおくベル・ジャックポット)
パイレーツドッキング6(シックス)
対オーズ戦で使用。ゾロ・ウソップ・サンジ・チョッパー・ロビン・フランキーの身体を合体させて巨大ロボ戦士「ビッグ皇帝(エンペラー)」になる。フランキーが胴体、チョッパーが頭部、ウソップが右腕、ゾロが右足、サンジが左足を担当。ロビンは左腕の担当だったが、「人として恥ずかしい」と言う理由でドッキングを拒否したため未完成に終わった。
パイレーツドッキング3
アニメオリジナル。対オーズ戦で使用。「パイレーツドッキング6」のウソップ・チョッパー・フランキーの3人版。
空軍(アルメ・ド・レール)ロボシュート
アニメオリジナル。サンジが「パイレーツドッキング3」を蹴り飛ばす。
パイレーツロボアタック
アニメオリジナル。サンジに「空軍ロボシュート」で飛ばしてもらい、相手の頭の上に上ってフランキーが相手を蹴る。
フラッパーゴング
ニー・クラッシュ
スーパーサイズ火の鳥星
鉄人彗星
対オーズ戦で使用。ウソップが巨大パチンコ「クワガタ」でフランキー自身を飛ばす技。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 肩は球体で武器を内蔵、肘から先は直方体状になり工具を収納、掌からは精密作業用の通常サイズの手が出てくる。
  2. ^ 鼻を3秒以上長押しすると、自在に変化する仕組みであり、以前と同じリーゼントも出てくる。
  3. ^ ルフィは「麦わら」、ゾロは「腹巻」、ナミは「小娘」、ウソップは「長っ鼻」、サンジは「ぐるぐる」、チョッパーは「シカ(ゴリラ)」、ロビンは「ニコ・ロビン」、ブルックは「ガイコツ」と呼んでいた。

出典[編集]

  1. ^ 第43巻SBS
  2. ^ 『ONE PIECE YELLOW』より。
  3. ^ a b 『ONE PIECE BLUE DEEP』
  4. ^ 第66巻SBS
  5. ^ 第45巻SBS
  6. ^ 第73巻SBS
  7. ^ 第79巻SBS
  8. ^ a b c d e 第50巻SBS
  9. ^ 第60巻SBS
  10. ^ 第56巻SBS
  11. ^ 第72巻SBS
  12. ^ 第76巻SBS
  13. ^ 第48巻SBS
  14. ^ 第67巻SBS
  15. ^ 第74巻SBS
  16. ^ 第40巻SBS
  17. ^ 第55巻SBS
  18. ^ 第46巻SBS
  19. ^ コスコスプレプレ」矢尾一樹出演時の発言より
  20. ^ 「『ONE PIECE FILM GOLD』公開記念!麦わらの一味スペシャルリレーインタビュー!第2回はフランキー役・矢尾一樹さんがゲストだぞ!」の巻|ウソップの、これはホントだ!”. ONE PIECE.com (2016年5月25日). 2016年6月11日閲覧。
  21. ^ 第44巻SBS
  22. ^ 第85巻SBS

外部リンク[編集]