ウォーターセブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウォーターセブン(Water Seven, 略称:W7)は、漫画ONE PIECE』に登場する架空の都市

概要[編集]

「偉大なる航路(グランドライン)」前半の島にある、造船業が盛んな町として有名な都市。別名「水の都」。島全体がひとつの町となっている。市長はアイスバーグ。水上を移動する交通手段として「ブル」という生きた乗り物を使用している。ログがたまる期間は1週間で、次の島は魚人島を指す。

昔から造船の盛んな島であったが、島全体が地盤沈下により水没し続けているため、現在の町並みは昔水没した建物の上にさらに建造物を載せた構造となっている。加えてアクア・ラグナという高潮が毎年押し寄せ、水害に悩まされ続けている。現在アイスバーグが沈没の対策として、島ごと船にして海に浮かべる方法を考えている。

この町を訪れるならず者は、表ならばガレーラカンパニー、裏ならフランキー一家にすぐさま片付けられており、非常に治安がよく、特にガレーラカンパニーは住民から深く尊敬されていた。さらに造船所からすれば海賊も客ということで、市民は海賊を恐れるどころか、時に海軍から庇うほどに海賊慣れしている。これもまた治安の良さの表れと言える。

作者曰く、モデルはイタリアの都市ヴェネツィア[1]。ヴェネツィアもアクア・アルタという高潮に悩まされている。

歴史[編集]

偉大なる航路の島であるため、周囲の島との連絡がつきにくく、24年前は大海賊時代の煽りも受け荒廃していた。しかし14年前、伝説の造船会社「トムズワーカーズ」社長トムが開発した海列車の開通によって「カーニバルの町」サン・ファルド、「春の女王の町」セント・ポプラ、「美食の町」プッチ、「司法の島」エニエス・ロビーとの間に定期便が開通。物資も豊かになり、次第に風光明媚な造船都市・観光都市へと復活した。さらにその7年後、トムの直弟子・アイスバーグによって競い合っていた7つの造船会社が統合され、ガレーラカンパニーが発足。同社は世界政府御用達となり、街は造船都市として更なる発展を遂げた。

太古の時代、この島で古代兵器である戦艦「プルトン」が造られたが、当時製造に当たった船大工たちは、万一他の古代兵器が復活した場合の対抗手段としてプルトンの設計図を代々最高の船大工に伝承させることにした。トムによって受け継がれた設計図を狙って世界政府の役人(スパンダムと部下のCP5)が彼を陥れたが、設計図自体はトムの弟子のアイスバーグからフランキー(カティ・フラム)へと無事受け継がれた。その後、この設計図はフランキーが設計者の意思を汲み取る形で、自らの炎によって焼失させた。

地理[編集]

造船島
W7の「中心街」がある島。ガレーラカンパニー本社や造船ドックがあり、商店街が立ち並ぶ街の中心地。
チザ
W7の町の一つ。
リグリア広場
W7の広大な広場。アイスバーグが講演会を開く際は、たまにここを使う[2]
フランキーハウス
裏町の北東の海岸にあった解体屋「フランキー一家」の本拠地。麦わらの一味との戦いで崩壊した。
廃船島
廃船で埋め尽くされた島。かつて、トムズワーカーズの造船工場があった。
橋の下倉庫
かつて、トムズワーカーズの本社があった場所。フランキーが秘密基地として使用していた。
シフト駅(シフトステーション)
W7北側にある海列車の駅。駅長はココロ。

人物[編集]

ガレーラカンパニー[編集]

アイスバーグ
声 - 及川いぞう岸尾だいすけ(少年時代)
W7市長にしてガレーラカンパニー社長。海列車の管理者。元トムズワーカーズ社員。
かつてW7にいた伝説の船大工トムの一番弟子で、フランキーの兄弟子。非常に優秀な造船技術を持ち、頭脳明晰かつ理性的であり、多くの市民に慕われている。一方で、市長としての仕事を平気で投げ出すなどやや気まぐれな一面もある。ルフィ達に会う少し前に拾ったネズミのティラノサウルス(声 - 高塚正也)をペットとしている。口癖は「ンマー」。ルフィからは「アイスのおっさん」と呼ばれている。38歳→40歳。誕生日は1月3日(アイ→1、ス→3)[3]
若い頃からトムの下で造船業を学び、海列車「パッフィング・トム」製造にも関わった。弟弟子のフランキーとはその頃からの付き合いで、彼にフランキーの愛称を名付けた(命名理由は「カティ・フラム」では呼びにくいから)。フランキーとは口喧嘩が絶えなかったが、長年過ごした同僚として気にかけており、生きていたフランキーと対面したさいには口では粗野に扱ったが、フランキーが目の前からいなくなってからは抑えきれず感涙した。
10年前に危機を察したトムより古代兵器「プルトン」の設計図を受け継ぐ。3日後、トムの裁判の判決日にそれを狙う当時CP5主官であったスパンダムの策略で「司法船襲撃犯」の濡れ衣を着せられトム・フランキーと共に捕縛されるが、トムの救済によりフランキーと共に釈放される。そしてトムの連行とフランキーの事故後、自分に政府の追及の手が回ると考えた末にトムズワーカーズから独立してガレーラカンパニーを立ち上げ、世界政府御用達の大企業にまで育て上げることで政府が自身に手出しすることを長年封じていた。6年前、生還したフランキーと再会し、プルトンの設計図を託した。後にW7市長に就任する。
航海不能な状態となったゴーイングメリー号の査定に反発したルフィに対し、船長としての立場を諭した。その翌日、プルトンの設計図を狙い、長年W7に潜伏していたルッチらCP9に暗殺されそうになった所をルフィ達に救われる。その後、ロケットマンの整備をする等して、ルフィ達のエニエス・ロビー行きに力を貸した。また、偶然W7の廃船島に流れ着いていたメリー号の意思を感じ取り、その願いを汲んで一時的に動けるように修復した。
エニエス・ロビー崩壊後、フランキーが考案したルフィ達の新しい船サウザンドサニー号の制作に協力し、また船の名付け親となる。トムへの罪滅ぼしのため、長年自分の夢を押し殺していたフランキーに自分のために生きるよう旅立ちを促した。
ルフィ達が出航した後は、ザンバイ達フランキー一家に仕事を与えるなど面倒をみており、「ニューアニキ」と慕われている(本人は嫌がっている)。また、地盤沈下が進むW7を島ごと船にして海に浮上させる方法を考えていた。カリファが抜けた後の新しい秘書は、応募者150人を超えるオーディションを経て、新世界編ではメガネをかけた10歳の天才少女が務めている。
ドレスローザの一件でフランキーの手配書がフランキー将軍の写真に変わったことで、フランキーが自分自身をとうとう完全なロボットに改造したものと勘違いし、ガレーラカンパニー一同と共に唖然としていた。
パウリー
声 - 吉水孝宏
ガレーラカンパニー1番ドック艤装マスト職職長→ガレーラカンパニー副社長。
ゴーグルをかけ、常に葉巻を吸っている男。男ばかりの世界で仕事をしてきたため、露出の多い格好をした女性に免疫がなく、ナミのことを「ハレンチ女」と呼んでいる。ギャンブル好きで多額の借金があり、町に出れば常に借金取りに追われているので、金にガメつく礼儀を知らない。戦闘では作業で使用するガレーラカンパニー特製のロープを使った「ロープアクション」を駆使する。そのためルフィには「ロープのやつ」と呼ばれる。ほとんどの技の名前は、「船を扱う際のロープの結び方」にちなんだもの[4]。誕生日は7月8日(「なわ」=7、8)[3]
14年前、幼少時に海列車の開通を見た感動から船大工を目指し[1]、アイスバーグの弟子となる。アイスバーグを「一人前の船大工にしてくれた恩師」と呼び尊敬しており、アイスバーグに危害を加える者に対しては容赦しない。
アイスバーグがロビンに襲撃されたという報道が出回るとガレーラ総出で麦わらの一味を追跡。ガレーラ本社でアイスバーグを襲った犯人が、仲間だと思っていたルッチ達だったことに驚愕し、ルフィ達と共に挑むも圧倒的な力の前に敗北する。その後、全ての事情を踏まえ、ナミ達に協力し、船大工たちを指揮した。ロケットマンの炭水車に潜入し、アイスバーグの敵討ちとして同僚であるルル、タイルストンと一緒にエニエス・ロビーでの戦いに参戦。W7に帰ってからはアクア・ラグナにより壊滅した裏町の復旧を指示し、また自身はフランキー設計のルフィ達の新しい船サウザンドサニー号の造船に協力した。
ルフィ達が出航した後、ガレーラカンパニー副社長に就任。借金取りの「追っかけ」にパウリーのファンの女性も加わっていた。
新世界編では、ルル・タイルストンらと共に、海列車2号船「パッフィング・アイス」を完成させた。
ピープリー・ルル
声 - 太田真一郎
ガレーラカンパニー1番ドックピッチ鍛冶滑車職職長。
メガネと口ひげが特徴的なダンディな男。二の腕と胸には派手な刺青を入れている。寝癖が角のように飛び出ており、その部分を直してもどこか別の部分から必ず寝癖が発生する。戦闘では刀(二刀流)を使って戦う。誕生日は1月2日[5]
ガレーラ本社でアイスバーグの部屋の警護をしていたが、侵入してきたカリファに一撃でやられる。その後、パウリーを尾行し、ロケットマンの炭水車に潜入。エニエス・ロビーでの戦いに参戦した。W7に帰ってからはサウザンドサニー号の造船に協力した。
タイルストン
声 - 稲田徹
ガレーラカンパニー1番ドックさしものコーカー・縫帆職職長。
白く豊かなヒゲが特徴の巨漢。左の肩から二の腕にかけて「船大工」と書かれた刺青を入れている。片手で大砲を撃てるほどの超怪力を持つ。武器は巨大鉄槌で、デミ・キャノンや戦艦砲も使用する。誕生日は1月6日[5]
ガレーラ本社でアイスバーグの部屋の警護をしていたが、侵入してきたブルーノに一撃でやられる。その後、ルルと一緒にパウリーを尾行し、ロケットマンの炭水車に潜入、エニエス・ロビーでの戦いに参戦した。W7に帰ってからはサウザンドサニー号の造船に協力した。

退職者[編集]

ロブ・ルッチ
元1番ドック木びき・木釘職職長。
カク
元1番ドック大工職職長。
カリファ
元アイスバーグの秘書。

フランキー一家[編集]

フランキーがW7の落ちこぼれや悪党をまとめ上げた、総勢51名の解体屋集団。一家全員が、ろくでなしだった自分たちを拾ってくれたフランキーに感謝しており、慕っている。フランキー、モズ、キウイ以外は皆ゴーグルを付けている。

副業として賞金稼ぎも営んでおり、W7を出入りする海賊を狙い、餌食となった海賊船を解体して利用可能な木材などを売り飛ばしている。麦わらの一味からメリー号の修理費の内の2億ベリーを強奪し、更にそれを取り返しにやって来たウソップを返り討ちにした事からついに麦わらの一味の怒りを買い、仇を取りに来たルフィ達と戦うも力が及ばず、一家のアジト兼解体の作業場でもある「フランキーハウス」ごと潰された。後に子分達はCP9に連行されたフランキーを奪還するためにエニエス・ロビーでの戦いに参戦し、衛兵たちと互角以上の戦闘を繰り広げた。

フランキーが麦わらの一味に加入した直後アイスバーグからガレーラカンパニーに誘われ、新世界編では社員として働いている。

ナンデモ散弾砲(ショットキャノン)
フランキー一家名物の大砲で、様々なもの[注 1]を大砲に入れて発射する。
スーパー解体砲(スクラップほう)
かなりの威力を誇ると思われるが、アクア・ラグナの前には無力だった。
フランキー / カティ・フラム
フランキー一家初代棟梁。W7の裏の顔でもある。エニエス・ロビーの事件後は街を離れ、麦わらの一味に船大工として入団。
キウイ&モズ
声(キウイ) - 塩山由佳
声(モズ) - 福井美樹(234話 - 247話)→日比愛子(255話 - )
フランキー一家の二人姉妹。波状の真四角の髪型をしていてネックレスを着けている方がキウイ、直線の真四角の髪型をしていてカラーのサングラスを着けている方がモズ。その髪型から、「スクエアシスターズ」と呼ばれる。誕生日は9月1日(キウイ)、1月7日(モズ)[5]
フランキーが登場する時は一緒にポーズをとる。二人とも口癖は「○○だわいな」。14年前にトムズワーカーズが作った海列車を見た感動から、船大工を目指しガレーラカンパニーの入社試験を受けたものの不採用通知が届き、グレて酒に溺れていた所をフランキーに拾われた[1]。剣術の心得があり、カーシー戦では、素早く相手を切り刻む「船底解体斬り」で彼の靴のみを切り刻んでみせた。
名前の通り巨大な真四角のヘアスタイル(名前は「スクウフエアー」)をしている[6]。正面からの強風に弱く、アクア・ラグナが襲ってくる際はカニ歩きをしていた。
新世界編では、かつてブルーノが潜伏中に経営していた酒場を引き継ぎ、店にやってきたローリング海賊団と話をしていた。
名前の由来は鳥のキウイモズ[4]
ザンバイ
声 - 三宅健太、稲田徹(ゲーム「パイレーツカーニバル」)
フランキー一家の一員で手下達のリーダー的存在。
キウイとモズ同様、船大工を目指していたがグレてしまい、裏町で荒れていた所をフランキーに拾われた[1]。誕生日は3月8日[5]
初登場時に、仲間と共にメリー号で一人船番していたゾロを襲撃するも、返り討ちに遭う。ウソップの敵討ちのためにフランキーハウスへやって来たルフィ達との激戦により、右目のゴーグルと歯を一本失うが、これがそのまま以後のチャームポイントとなる。翌日、棟梁・フランキーからルフィを橋の下倉庫に向かわせるように指示を受け、仲間達と共にルフィを探すも、ちょうどフランキーを捜していたCP9の襲撃を喰らう。後に連行されたフランキーを救出するためエニエス・ロビーではルフィ達に加勢し、以後ルフィを「麦わらさん」と呼んで敬うようになる。
フランキーの麦わらの一味加入後は、ガレーラカンパニーに入社し、新世界編では出張サービスなどを請け負っている。
タマゴン[7]
フランキー一家の一人。丸い体と蝶ネクタイが特徴。アニメでは「ふとっちょ」と呼ばれた。
フランキーが部下達の説得に応じようとしないため、仕方なしにフランキーが身に着けていた海水パンツを剥ぎ取った。
コップ[2]
フランキー一家の一人。細顔の男。
キエフ[2]
フランキー一家の一人。モヒカン頭のひげが生えた男。飢え死にしかけていた所をフランキーに拾われた。
ショルゾウ[2]
フランキー一家の一人。鋼鉄のアーマーを装着していない金髪の若い男。
怪力デストロイヤーズ
ザンバイ達の2倍以上の体格をもった3人組。フランキー一家の主力。エニエス・ロビーでは正門を開ける活躍を見せたが、オイモとカーシーの前には無力であった。
ソドム&ゴモラ
声 - 福原耕平
フランキー一家専用の双子のキングブル(頭がウマで胴体が魚の動物)。
黄色でゴーグルをつけている方がソドム、シマシマ柄でゴーグルを頭にのせているのがゴモラ。ルフィには「でかヤガラ」と呼ばれる。誕生日は8月6日[5]
海王類の胃袋の中にいた所を偶然フランキー一家に救出され[注 2]、それ以来は恩人フランキーに忠誠を誓った。エニエス・ロビーの戦いにおいても活躍し、その際にソドムは迫撃砲で胸筋をやられ、ゴモラは有罪陪審員の鉄球を喰らって失明してしまうが、2匹ともチョッパーの治療によって回復した。
名前の由来は旧約聖書のソドムとゴモラだが、命名に深い意味があるわけではない[3]

シフト駅[編集]

ココロ
声 - 真山亜子
海列車シフト駅駅長。元トムズワーカーズ美人秘書。シラウオの人魚。
往年は顔以外は容姿端麗で、とても面倒見の良い女性だった(さらに若い頃は、やせていてとても美しい人魚だった[8])。しかしトムが連行されて以来酒に溺れるようになり、怪獣のように肥満化してしまった。アルコール中毒気味の為に呂律がうまく回らない。口癖は「んががが」。胸の貝殻は「ヌーブラ的なもの」らしい[9]。ルフィからは「怪獣のばーさん」、フランキーからは「ココロのババー」と呼ばれている。ルフィを「海賊小僧」、「海賊王」と呼ぶ。誕生日は10月6日[5]
元々はトムを慕って魚人島からやってきたのだが、W7にて人間の男性と結婚して息子を産み、その息子が人間と結婚してチムニーが生まれた[7]。麦わらの一味が仮死状態になる程の衝撃的な姿は、人魚=美人というサンジの夢を打ち砕き、ゾロでさえ記憶から消してしまった。
ルフィたちのエニエス・ロビー侵攻に同行し、海流に巻き込まれた際はフランキーたちを救出した。
チムニー
声 - 斎藤千和
ココロの孫娘。
やんちゃな性格な少女。いつも「ニャー」と鳴くウサギゴンベ(声 - 粗忽屋武蔵野店)を連れている。人魚の血が4分の1入っているクォーターなため、荒海からルフィを助けるなど泳ぎは相当うまい。ルフィを「海賊にーちゃん」と呼ぶ。誕生日は6月2日[5]
新世界編では、海列車シフト駅の日曜駅長をしている。
ヨコヅナ
声 - 高塚正也
トムズワーカーズで飼われていた角界ガエル。
人間並みの大きさのカエルで、フランキーによる指導の結果クロールで泳ぐことができる。かなりの力持ちで、トムの助手も務めていた。
10年前、フランキーが海列車に轢かれたことにショックを受け、以後は仇を討つため、海列車に戦いを挑んでいた。8年間続けた海列車との戦いにより、体中が傷だらけである。海列車に挑む理由を理解していたココロの誘いによってロケットマンの一行に加わり、エニエス・ロビーでは有罪陪審員による鉄球の攻撃にボロボロになりながらも耐え続けた。
サウザンドサニー号の造船時には、助手として働いた。エニエス・ロビーでの戦いの後は、海列車には挑まずチムニー達と仲良く遊んでいる。

その他[編集]

トム
声 - 村松康雄
伝説の船大工にしてトムズワーカーズ社長。コンゴウフグの魚人。故人。
懐が深い人物で、アイスバーグとは違い、凶器になりうる船を存在させることも咎めはしないが、「作った船に男はドンと胸を張れ」という信条から、生みの親がその船の存在を否定してはいけないという考えを持つ。非常に高い造船技術を持ち、片手で船を持って海へ放り投げたり、手錠を引きちぎるなど魚人ならではの怪力を誇る。口癖は「ドンと」。笑い声は「たっはっはっ」「たっはっ…!!っ…!!…!!」。誕生日は3月16日[5]
海賊の親に捨てられた幼いフランキーを拾い、アイスバークと共に養い、弟子として技術を教え込んだ。宝樹アダムを使って海賊王ゴール・D・ロジャーの海賊船「オーロ・ジャクソン号」を製造した。ロジャーが処刑された24年前、海賊王に手を貸したという罪で裁判を受けるが、海列車の開発を提案・それを作り上げる為の期間として執行猶予をもらい、10年かけて作り上げた海列車を走らせ無罪を勝ち取るに到る。その後、古代兵器「プルトン」の設計図を持っていることに政府が感づき自分が狙われたため、設計図をアイスバーグとフランキーに託した。10年前、プルトンの設計図を狙うスパンダム率いるCP5によって濡れ衣を着せられ、弟子のアイスバーグとフランキーを庇って罪を被り、エニエス・ロビーに送致された。
ブルーノ
酒場の元店主。
マイケル&ホイケル
声 - 中友子&摩味
裏町に住んでいるチンピラ少年。W7裏町小学校6年5組の12歳[4]
ルルとタイルストンがアイスバーグ襲撃の真犯人と勘違いしていた程の悪童。W7にガープが来て騒ぎになっている時、迷っていたゾロをカツアゲのカモにしようとするが、見事返り討ちに遭った。
ハッパ・ヤマオ[10]
木工屋を営む人情家。美食の町プッチからの移住者。元山賊でバツイチ
木材を買いに来たウソップに、W7名物・水水肉の入ったおにぎりをあげた。
名前は43巻では「ハッパ」[3]、『BLUE DEEP』では「ヤマオ」[5]とされていたが、76巻で「ハッパ・ヤマオ」がフルネームと判明した。
カクカク[3]
カク以上に体が角張っている人。博学だが臆病らしい。
イーシゴ・シテマンナ[5]
換金所の職員。
ルフィ達が空島で手に入れた黄金を、ウソをついて1億ベリーと鑑定したが、ナミに脅され3億ベリーに訂正した。
Dr.キューキュー[5]
アイスバーグを診察した医者。
ブション、ステイビー[5]
海列車の運行を管理する職員。

アニメオリジナル[編集]

アビ
声 - 須藤祐実
写真屋の娘で、アクア・ラグナによって行方不明になった100歳を越えたヤガラ「アオビレ」をルフィ、チョッパーと協力して探した。
ママ
声 - さとうあい
マイケルとホイケルの養母。本名不明。
身寄りのない子供たちを引き取って育てている。街の住民達からはあまりいい印象は持たれていないが、子供達への愛情は本物で、血縁関係を指摘されると激怒する。かなりの額の借金を抱えている。ゾロを無理矢理養子にして振り回した。
バンバン爺
声 - 辻村真人
ココロの友人のじいさんで、船の屋台でアクア・ラグナの塩を使って料理を作っている料理人。
ゼフとは旧知の仲。料理の腕は超一流で、サンジがバンバン爺の作った焼き飯を一口食べてあまりの美味さに全身を震わすほど。サンジやゼフ同様オールブルーの存在を信じ、目指していたようだが、アクア・ラグナが運んでくる特別な塩の魅力の虜になって今に至る。酒好きでサンジ同様美女には目がなく、屋台には若い頃のアフロ頭で筋骨隆々のバンバン爺がゼフの首を締め上げている写真を飾っている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヘビ、手裏剣、ナイフ、フォーク、スイカ、皿、爆弾など。フランキーを中に入れて飛ばしたこともある。
  2. ^ 実際は、フランキーが満腹になって食べ切れなかったため、非常食として連れて帰った。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 第38巻SBS
  2. ^ a b c d 『ONEPIECE YELLOW』より。
  3. ^ a b c d e 第43巻SBS
  4. ^ a b c 第39巻SBS
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 『ONE PIECE BLUE DEEP』より。
  6. ^ 第37巻SBS
  7. ^ a b 第45巻SBS
  8. ^ 第66巻SBS
  9. ^ 第47巻SBS
  10. ^ 第76巻SBS