キーウィ (鳥)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キーウィ目
Tokoeka.jpg
Apteryx australis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キーウィ目 Apterygiformes
: キーウィ科 Apterygidae
: キーウィ属 Apteryx
学名
Apterygiformes
Apterygidae
Apteryx Shaw 1813[1]
和名
キーウィ目[2]
キーウィ科[3]
キーウィ属[3]

キーウィ(Kiwi)は、後述するキーウィ目に分類されていた構成種Apteryx australisに対して用いられていた和名、もしくは鳥綱キーウィ目(キーウィもく、Apterygiformes)に分類される構成種の総称。この記事では後者について解説を行う。

分布[編集]

ニュージーランド[4]

ニュージーランド固有種で国鳥である。

形態[編集]

飛翔するための胸筋が付着するための突起(竜骨突起)がない[2][3]。尾羽がない[2][3]

嗅覚は発達する[3]。嘴基部から生えた剛毛による触覚も発達している[3]

ニワトリくらいの大きさで、翼は近くから見ても外見上確認が難しいほどに退化しているため飛ぶことは出来ない。骨の構造上は翼(前肢)は存在しているが、成熟した個体の羽毛をめくってみても、その長さはせいぜい5cmほどである[要出典]

分類[編集]

Clements Checklist (v2017)およびIOC World Bird List(v8.2)ではキーウィ目を構成する説を採用している[1][5]。一方で2017年現在Birdlife Internatinalではキーウィ科をダチョウ目に含める説を採用している[6]

以前はキーウィ(タテジマキーウィ)Apteryx australis・オオマダラキーウィ・コマダラキーウィの3種で構成されていた[2][3]Apteryx australisの亜種のうち、亜種キタタテジマキーウィA. a. mantelliを独立種Apteryx mantelliとして分割する説が有力とされる[1][5][6]。2003年にApteryx rowiが新種記載された[7]

キーウィ各種の分布。haast tokoeka

以下の分類はClements Checklist (v2017)およびIOC World Bird List(v8.2)に、和名は竹下(2000)に、英名はIOC World Bird List(v8.2)に従う[1][4][5]

分類学上はキーウィ属で、1属でキーウィ科を作る単型。キーウィ科は伝統的に1科でキーウィ目を作ってきたが、ダチョウ目やモア目に含める説もある。

生態[編集]

森林や藪地などに生息する[4]夜行性だが[3]、スチュワート島(Apteryx australisの亜種)では昼間でも活動する[2]。ペア間で鳴き声を交し合い縄張りを維持するが、嗅覚も互いの状況を確認するために役立っていると考えられている[2]。名前はマオリ族の呼称で、鳴き声に由来する[3]

昆虫の幼虫やクモ多足類ミミズ果実などを食べる[3]。地面や倒木などに、嘴を差し込んだりつついたりして食物を探す[3]視力が弱く、昼間は樹の洞などに隠れている。夕方以降、餌を求めて歩き回る。翼が退化したかわりに、同程度の体格を持つ他の鳥類に比べてたくましい脚で速く走る。くちばしの尖端に鼻孔があり、またセンサーのようになっているヒゲを用いて、鋭敏な嗅覚によって餌を探す。地面にくちばしを差し込んで、地中にいるミミズや昆虫の幼虫などを探し、くちばしに餌が触れるとすかさず捕らえて持ち上げる[要出典]

繁殖様式は卵生。体重の4分の1ほどの卵を産む[2]。オスが抱卵するが、卵の上端しか暖めることができず、卵の上下で温度差が10℃近くになる[3]これらの理由は祖先が大型の鳥で、体だけが小型化したのだと考えられている[要出典]。雛は孵化してから数日で巣の外を歩き回るようになり、自力で食物を探し始める[2][3]

人間との関係[編集]

マオリ族の間では食用とされたり、羽毛が外套の原料として利用された[2][3]

農地開発や放牧による生息地の破壊、食用の狩猟、イヌネコオコジョなどの人為的に移入された動物による捕食などにより生息数が減少した[2][3]

かつては1000万羽ほどいたが、今では3万羽ほどまで減少して危機的な状況だという。天敵のいない環境に適応していることから、ネコやネズミ、オコジョなどの移入動物(人間が作為的に持ち込んだ動物)の影響で雛が食べられてしまい、個体数は減少している。理由は人間が食用に捕えていたこと、人間が持ち込んだネコなどの哺乳類に適応できず雛を捕食されてしまったからだという。人間を警戒しない。好奇心で人間の後をついていくこともある。[要出典]

日本で飼育する動物園は大阪の大阪市天王寺動植物公園のみである[要出典]

「キウイフルーツ」は、ニュージーランドからアメリカ合衆国へ輸出されるようになった際、ニュージーランドのシンボルであるキーウィにちなんで1959年に命名された。(詳細は当該記事を参照のこと)[要出典]

マオリ族のある神話では、キーウィが飛べない鳥となった経緯が語られている。 ある日、森の王タネ・マフタは森の中を歩いていた。彼の子である木々はとても病んでいるかのように見えた。地面で暮らす虫たちによって食べられていたからである。あまりにも深刻そうであったため、彼は兄であり、空の王であったタネホカホカにこのことについて相談をした。「このままでは森が死んでしまう」と。これを聞いたタネホカホカは空に住む鳥たちを一堂に集め、地上に降りて虫を食べて森林を守ってくれる鳥を募った。 しかし、どの鳥も口を開くことはなかった。そこで、彼はトゥイ(マオリ語でエリマキミツスイの意)、プケコ(同じくセイケイ)、ピピファラウロア(同じくヨコジマテリカッコウ)らに順に事を頼んだ。しかし、彼らはそれぞれの理由を述べ、彼の要請に応じなかった。そこで彼はキーウィに頼んだ。するとキーウィはこの王の要請に応じた。「参ります」と。二人の森と空の王はこれにとても喜んだ。そこで、彼らはキーウィに確認をした。元来、キーウィは美しい羽毛、翼を持っていた。だが、地上で暮らすにはその翼を失い、強靭な脚をもつ必要がある、と。それでもキーウィは「参ります」と言った。これに対しタネホカホカは次のように述べた。「君の大いなる犠牲によって、君は森の中で最も愛される鳥となるだろう」。こうして、キーウィは今のような姿となり、王の要請に応じなかった鳥たちはキーウィを見習えと、彼らの自慢だった美しい羽を取り上げた[要出典]

ニュージーランドのシンボル[編集]

ニュージーランド固有の鳥であり、ニュージーランドの国を象徴する鳥(国鳥)であり、またニュージーランド人を表すシンボル、象徴である。ニュージーランド・ドルを指す事もある。ニュージーランドでは自らの愛称(ニックネーム)をキーウィとする者もかなりの割合いる。またニュージーランド人はしばしば「自分はキーウィだ(だわよ)」と言う。またサッカー、ラグビー、野球などの国際試合ではニュージーランド代表をキーウィズと自ら名乗ったり実況、解説者にそう呼ばれたりする。ひとつには、キーウィーはとても個性的な鳥だと彼らは思っていて、同様に自分もとても個性的だ、という意味でそう言うという。オスが巣作りや子育てをすることから、ニュージーランドでは家事に協力的な夫を「キーウィ・ハズバンド (kiwi husband)」 と呼ぶ[要出典]

その他[編集]

TAITOから1988年に発表されたビデオゲームニュージーランドストーリーは主人公がキーウィのティキとなっている。

写真[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Ratites: Ostriches to Tinamous, Gill F & D Donsker (Eds). 2018. IOC World Bird List (v 8.1). doi:10.14344/IOC.ML.8.1 (Retrieved 18 June 2018)
  2. ^ a b c d e f g h i j Jolly 「キーウィ類」上田恵介訳『動物大百科 7 鳥I』黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編、平凡社、1986年、36頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 福田道雄 「臆病な森の生活者 キーウィ」『動物たちの地球 鳥類I 1 ダチョウ・アホウドリほか』長谷川博編著、朝日新聞社1992年、14-15頁。
  4. ^ a b c 竹下信雄 「タテジマキーウィ(キーウィ)」「オオマダラキーウィ」「コマダラキーウィ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2001年、172-173頁。
  5. ^ a b c Clements, J. F., T. S. Schulenberg, M. J. Iliff, D. Roberson, T. A. Fredericks, B. L. Sullivan, and C. L. Wood. 2017. The eBird/Clements checklist of birds of the world: v2017. Downloaded from http://www.birds.cornell.edu/clementschecklist/download/. (Retrieved 11 July 2018).
  6. ^ a b BirdLife International. 2017. Apteryx mantelli. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T45353580A119177586. doi:10.2305/IUCN.UK.2017-3.RLTS.T45353580A119177586.en. Downloaded on 14 July 2018.
  7. ^ Alan J. D. Tennyson, Ricardo L. Palma, Hugh A. Robertson, Trevor H. Worthy and B. J. Gill, "A new species of kiwi (Aves, Apterygiformes) from Okarito, New Zealand," Records of the Auckland Museum Volume 40, 2003, Pages 55-64.

関連項目[編集]