真山亜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まやま あこ
真山 亜子
プロフィール
本名 川人 康代(かわんど やすよ)[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本岐阜県土岐市[2]
生年月日 (1958-11-15) 1958年11月15日(61歳)
血液型 A型[3]
身長 152 cm[3]
職業 声優
事務所 ケンユウオフィス[4]
配偶者 あり
公式サイト 真山亜子:Mayama Ako|株式会社ケンユウオフィス
活動
活動期間 1980年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

真山 亜子(まやま あこ、1958年[5]11月15日[2] - )は、日本女性声優岐阜県土岐市出身[2]ケンユウオフィス所属[4]。本名は、川人 康代(かわんど やすよ)[1]

略歴[編集]

岐阜県立多治見北高等学校[6]東洋大学卒業[7]

1979年から1988年には劇団東京プレイマップスシアターに在籍[7]2014年10月までは、ぷろだくしょんバオバブに所属していた。その後、フリー期間を経て、ケンユウオフィスに所属[4]

役者を目指すために大学進学と同時に岐阜から上京し、4年次に誘われた劇団に入ったが、元々は卒業後に実家の陶器商で働くことになっていたことから、父に「後1年だけ」とお願いをしたものの、反対され父がトラックで東京まで迎えに来たという。その後、劇団員が説得してくれたことにより、父の反対を押し切り東京に留まることになった。数年後にアニメーション制作会社近くの飲食店でアルバイトをしていた時に「声がおもしろいから、声優やってみれば?」と声を掛けられ、養成所を探すも「受講料が高いから無理」と思ったが、少し経過してから病気になり、手術をして大変だったことから、「このまま舞台を続けられるのかな」という思いから「プロの方がおもしろいと言ってくださるんなら、やってみよう」と声優を目指すようになり、27歳で声優デビューした[5]

2003年9月までは、水原 リン(みずはら リン)名義で活躍していた。

「あッこりゃまた一座」の座長として、朗読などのパフォーマンスを行っているほか、2002年ストーマの造設手術を受け、オストメイトとなったため、オストメイトの認知度向上などの活動にも積極的に参加している。

人物[編集]

少年役・老女役を多く担当しており、特に低いトーンのハスキー声を生かした老女役は20代の頃からの定番の役どころ。

ベーチェット病クローン病という2つの難病の患者である[8]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
  • FAIRY TAIL(2011年 - 2018年、ムガント、オーバ・ババサーマ、大家、おばあさん)- 3シリーズ
  • ゆるゆり(池田姉妹の祖母)
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

劇場アニメ[編集]

1988年
1990年
1992年
1996年
1997年
1999年
2003年
2006年
2009年
2012年
2015年
2017年
2018年

OVA[編集]

1987年
1991年
1992年
1994年
1995年
1997年
1998年
1999年
2000年
2005年
2007年
2010年
2015年

Webアニメ[編集]

2017年
2018年
2019年

ゲーム[編集]

1997年
1998年
1999年
2001年
2002年
2007年
2009年
2017年
2018年
  • スカイフォート・プリンセス(モンロー[18]
2020年

ドラマCD[編集]

1992年
1994年
1997年
  • ストロベリー・デカダン I(吉野)
1999年
2000年
2001年
  • 渇愛2 縛恋(篠宮冴子)
2002年
2003年
2017年
  • 研ぎ師伊之助深川噺
  • ラディカル・ホスピタル(咲坂花江)

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

その他[編集]

ナレーション[編集]

ボイスオーバー[編集]

  • BS世界のドキュメンタリー(NHK-BS1)
  • ロイヤル・スキャンダル 〜エリザベス女王の苦悩〜(2012年、NHK-BSプレミアム) - キャロリン・アースキンの声

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 譚倶楽部公演「ノアノア語り亭/質入れ」(2017年11月25日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『声優名鑑』、279頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b c 真山 亜子 : 声優情報”. アニメハック. 映画.com. 2020年2月25日閲覧。
  3. ^ a b 真山 亜子”. タレントデータバンク. 2020年2月25日閲覧。
  4. ^ a b c 真山亜子:Mayama Ako|株式会社ケンユウオフィス”. 2020年2月25日閲覧。
  5. ^ a b Monthly FACE ~極める人々~|CLUB-S WEB Magazine”. 総合資格学院. 2020年2月25日閲覧。
  6. ^ 岐阜県立多治見北高等学校同窓会 東京支部会報 第24号 2010年10月3日”. 多治見北高同窓会. 2020年2月25日閲覧。
  7. ^ a b 【江戸塾 第2回】 声優 真山亜子による一人語り「お栄問わず語り」”. 銀座 蔦屋書店. カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2020年2月25日閲覧。
  8. ^ わたしの病気”. 真山亜子 ストーマちゃんのつぶやき (2006年5月22日). 2020年2月25日閲覧。
  9. ^ 「緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期」(1999年)
  10. ^ 「究極対至高 長寿料理対決!!」(1992年)、「日米コメ戦争」(1993年)
  11. ^ ちびまる子ちゃん(第2期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  12. ^ スーパーフィッシング グランダー武蔵”. 日本アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  13. ^ グランダー武蔵RV”. 日本アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  14. ^ ハニ太郎です。”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  15. ^ EPISODE22”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年8月25日閲覧。
  16. ^ ちびまる子ちゃん 劇場版”. 日本アニメーション. 2016年6月9日閲覧。
  17. ^ CAST/STAFF”. 『無限の住人-IMMORTAL-』公式サイト. 2019年9月13日閲覧。
  18. ^ CHARACTER”. SFPプロジェクト. 2018年9月14日閲覧。
  19. ^ ゴーストハンターズ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年8月1日閲覧。
  20. ^ “話題のふきカエ インクレディブル・ファミリー”. ふきカエル大作戦!!. (2018年8月1日). https://www.fukikaeru.com/?p=9783 2018年8月1日閲覧。 
  21. ^ 役名は、第65回放送のオープニングキャストより。
  22. ^ 真山亜子 2018年6月15日 10:23の発言
  23. ^ マイ番組表 連続テレビ小説 半分、青い。(65)「デビューしたい!」”. NHKネットクラブ. 日本放送協会. 2018年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]