ジャンヌ・モロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャンヌ・モロー
Jeanne Moreau
Jeanne Moreau
生年月日 (1928-01-23) 1928年1月23日
没年月日 (2017-07-31) 2017年7月31日(満89歳没)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
死没地 フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 女優脚本家映画監督歌手
ジャンル 映画
活動期間 1947年 - 2012年
配偶者 ジャン=ルイ・リシャール(1949年 - 1951年)
Teodoro Rubanis(1966年)
ウィリアム・フリードキン(1977年 - 1979年)
主な作品
現金に手を出すな
死刑台のエレベーター
恋人たち』『雨のしのび逢い
』『突然炎のごとく
『エヴァの匂い』『審判』
鬼火』『小間使の日記』
ビバ!マリア』『黒衣の花嫁
ニキータ』『愛人/ラマン
デュラス 愛の最終章
『クロワッサンで朝食を』

ジャンヌ・モローJeanne Moreau, 1928年1月23日2017年7月31日[1][2])は、フランス女優脚本家映画監督歌手。フランスを代表する女優として知られ、映画界への多大な貢献を評価されて、フランス内外から名誉賞等を授与されている[3][4]

経歴[ソースを編集]

パリ生まれ。父はフランス人のレストラン経営者、母はイギリス人(イングランドランカシャー州出身)のキャバレー・ダンサーで、母の影響を受けて育つ[5]パリフランス国立高等演劇学校 (コンセルヴァトワール)で演技を学び、1947年に舞台デビュー[6]。劇団コメディ・フランセーズで頭角を現す。映画にも出演し始め、ルイ・マルの『死刑台のエレベーター』やフランソワ・トリュフォーの『突然炎のごとく』など、ヌーヴェルヴァーグの監督達の作品で国際的な名声を得る。

ミケランジェロ・アントニオーニ』、ジョゼフ・ロージー『エヴァの匂い』、オーソン・ウェルズ『審判』、ルイス・ブニュエル『小間使いの日記』など、著名な映画監督と組み、ウェルズはモローを「世界で最も偉大な女優」と評した[7]

マルグリット・デュラス原作の『雨のしのび逢い』でカンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞。同じくデュラス原作の『マドモアゼル』では主演を、『愛人/ラマン』ではナレーションを務めている。『デュラス 愛の最終章』では生前親交があったデュラス本人を演じた。

映画界への多大な貢献を評価され、フランス内外から名誉賞等を授与されている。国内では1995年と2008年にセザール賞名誉賞、2003年にカンヌ国際映画祭パルム・ドール名誉賞、国外では1992年にヴェネツィア国際映画祭栄誉金獅子賞、1997年にヨーロッパ映画賞生涯貢献賞、2000年にベルリン国際映画祭金熊名誉賞を贈られた。また2007年には芸術文芸勲章コマンドゥールを受けている[6]

1949年に俳優のジャン=ルイ・リシャールと結婚し、一男ジェローム[2]をもうけるも後に離婚。1977年に映画監督のウィリアム・フリードキンと再婚したが、1979年に離婚している。

2017年7月31日午前、パリ8区の自宅アパートメント内で倒れた状態で亡くなっているのを家政婦が発見した。その後、代理人とパリ8区長によって死去が発表された。調査結果によれば老衰。89歳没[1][2][3]。同日、エマニュエル・マクロン大統領は声明を出し、「映画を体現した」モローに敬意を表した[5]。同大統領は「映画、舞台界の伝説的女優だったジャンヌ・モローは真の自由と共に人生を疾走したアーティスト(芸術家)であった」と、悼んだ[8]

主な出演作品[ソースを編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1950 オーケストラ
Pigalle-Saint-Germain-des-Prés
1952 今は真夜中ですシュバイツァー博士
Il est minuit, docteur Schweitzer
マリー・ウィンター
1953 上級生の寝室
Dortoir des grandes
ジュリー
巴里の気まぐれ娘
Julietta
ロジー
1954 現金に手を出すな
Touchez pas au grisbi
ジョジィ
バルテルミーの大虐殺
La Reine Margot
王妃マルゴ
寝台の秘密
Secrets d'alcôve
ジャンヌ
1955 狩込み
M'sieur la Caille
フェルナンデ
地獄の高速道路
Gas-oil
アリス
1957 恐怖の三日間
Trois jours à vivre
ジャクリーン
死刑台のエレベーター
Ascenseur pour l'échafaud
フロランス・カララ
1958 絶体絶命
Le dos au mur
グロリア
恋人たち
Les amants
ジャンヌ
1959 危険な関係
Les Liaisons dangereuses
ジュリエット・ヴァルモン
1960 5人の札付き娘
5 Branded Women
雨のしのび逢い
Moderato cantabile
アンヌ・デバレード カンヌ国際映画祭 女優賞 受賞
1961
La Notte
リディア
女は女である
Une femme est une femme
バーの女 クレジットなし
1962 突然炎のごとく
Jules et Jim
カトリーヌ
エヴァの匂い
Eva
エヴァ
1963 天使の入り江
La Baie des Anges
ジャッキー
審判
Le procès
マリカ
バナナの皮
Peau de banane
キャシー
鬼火
Le feu follet
エヴァ
勝利者
The Victors
フランスの女
1964 小間使の日記
Le Journal d'une femme de chambre
Céléstine
1964 大列車作戦
The Train
クリスティーヌ
マタ・ハリ
Mata-Hari
マタ・ハリ
黄色いロールス・ロイス
The Yellow Rolls-Royce
エロイーズ・フリントン
1965 ビバ!マリア
Viva Maria!
マリア 英国アカデミー賞 主演女優賞 受賞
オーソン・ウェルズのフォルスタッフ
Campanadas a medianoche
Doll Tearsheet
1966 マドモアゼル
Mademoiselle
マドモアゼル
1967 愛すべき女・女たち
Le Plus vieux métier du monde
ミミ
ジブラルタルの追想
The Sailor from Gibraltar
アナ
1968 黒衣の花嫁
La Mariée était en noir
ジュリー
キャサリン大帝
Great Catherine
1970 モンテ・ウォルシュ
Monte Walsh
マルティーヌ
1974 バルスーズ
Les Valseuses
ジャンヌ
個人生活
La Race des 'seigneurs
1976 パリの灯は遠く
Monsieur Klein
フローレンス
ラスト・タイクーン
The Last Tycoon
ディディ
1979 ジャンヌ・モローの思春期
L'adolescente
監督・脚本
1981 スキャンダラス・ラブ
Your Ticket Is No Longer Valid
リリー・マルレーン
1982 ケレル
Querelle
リジアヌ

La Truite
ルー・ランベール 大阪ヨーロッパ映画祭で上映
1983 リリアン・ギッシュの肖像
Lillian Gish
ドキュメンタリー
監督/出演/製作
1990 ニキータ
Nikita
アマンド
厚化粧の女
La femme fardée
1991 海を渡るジャンヌ
La vieille qui marchait dans la mer
レディ・M セザール賞 主演女優賞 受賞
夢の涯てまでも
Bis ans Ende der Welt
エディス
こうのとり、たちずさんで
To meteoro vima tou pelargou
1992 心の地図
Map of the Human Heart
シスター・バンヴィーユ
1993 ノルマンディーの黄昏
Screen One: The Clothes in the Wardrobe
アンジェリーク テレビシリーズ
1995 百一夜
Les Cent et une nuits de Simon Cinéma
1996 女帝キャサリン
Catherine the Great
テレビ映画
プラトニック・ゲーム
I Love You, I Love You Not
ナナ
1997 奥サマは魔女
Un amour de sorcière
1998 エバー・アフター
Ever After
貴婦人
2000 レ・ミゼラブル
Les misérables
イノサント修道院長 テレビ・ミニシリーズ
2001 銀幕のメモワール
Lisa
リザ
デュラス 愛の最終章
Cet Amour-là
マルグリット・デュラス
2005 ぼくを葬る
Le Temps qui reste
ローラ
2007 撤退
Disengagement
フランソワ
2009 ヴィザージュ
Visage
ジャンヌ
2012 クロワッサンで朝食を
Une Estonienne à Paris
フリーダ

日本のテレビ番組出演[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b “Jeanne Moreau est morte à l'âge de 89 ans”. Closer. (2017年7月31日). https://www.closermag.fr/people/jeanne-moreau-est-morte-a-l-age-de-89-ans-736510 2017年7月31日閲覧。 
  2. ^ a b c “Jeanne Moreau est morte à l’âge de 89 ans”. Le Monde.fr. (2017年7月31日). http://www.lemonde.fr/disparitions/article/2017/07/31/jeanne-moreau-est-morte-a-l-age-de-89-ans_5166891_3382.html 2017年7月31日閲覧。 
  3. ^ a b “ジャンヌ・モローさん死去 フランス代表する女優”. NHKニュース. (2017年7月31日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170731/k10011082591000.html 2017年8月1日閲覧。 
  4. ^ “ジャンヌ・モローさん死去 フランス映画界代表する女優”. 朝日新聞. (2017年7月31日). http://www.asahi.com/articles/ASK706QRTK70ULZU00Z.html 2017年8月1日閲覧。 
  5. ^ a b “Jeanne Moreau, star of Jules et Jim, dies aged 89”. The Guardian. (2017年7月31日). https://www.theguardian.com/film/2017/jul/31/jeanne-moreau-star-of-jules-et-jim-dies-aged-89 2017年7月31日閲覧。 
  6. ^ a b “大女優 ジャンヌ・モローに芸術文芸勲章が贈られる - フランス”. AFPBB News. (2007年1月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/2164604 2017年8月8日閲覧。 
  7. ^ “Jeanne Moreau, Star of French Film Classics, Dies at 89”. Variety. (2017年7月31日). http://variety.com/2017/film/news/jeanne-moreau-dead-dies-french-jules-jim-1202510696/ 2017年7月31日閲覧。 
  8. ^ “「ヌーヴェルヴァーグの恋人」と呼ばれた彼女の色褪せない魅力。”. VOGUE JAPAN. (2017年7月31日). https://www.vogue.co.jp/celebrity/stylewatch/2017-07-31 2017年8月8日閲覧。 

関連文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]