菊池正美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きくち まさみ
菊池 正美
プロフィール
本名 菊池 正美[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本長野県茅野市[2]
生年月日 (1960-04-24) 1960年4月24日(60歳)
血液型 O型[3]
身長 167 cm[3]
職業 声優
事務所 ケンユウオフィス[4]
公式サイト 菊池正美:Kikuchi Masami 株式会社ケンユウオフィス
活動
活動期間 1983年 -
デビュー作 戦士A(『聖戦士ダンバイン』)[5]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

菊池 正美(きくち まさみ、1960年4月24日[1][2][6] - )は、日本男性声優長野県茅野市出身[2]ケンユウオフィス所属[4]

来歴[編集]

元々は俳優志望だったが、フリーでは生活が苦しいためにどうしようかと悩んでいた所、トルバドール音楽事務所のチラシを持っていた友達に会った。この時、菊池は歌手と声優をやっていたTARAKOの名前を発見し、「ああ、危ない事務所じゃないんだ(笑)」と思ったとも話している。その後、オーディションを受け、1983年聖戦士ダンバイン』の戦士A役で声優デビュー[5]

1985年忍者戦士飛影』のマイク・コイル、1986年機動戦士ガンダムΖΖ』のイーノ・アッバーブやOVA『機甲界ガリアン 鉄の紋章』のジョルディ、1987年機甲戦記ドラグナー』のケーン・ワカバで連続して主要な役柄を務めた以来、多くの分野で主役からサブキャラクターを演じるようになる。菊池自身も「元々は映画とかドラマ志望でしたが、アニメをやっていくうちに、声優の面白さもわかってきた」と語っている[5]

2010年3月までトルバドール音楽事務所に所属していた。その後、フリーで活躍。2011年4月よりケンユウオフィス所属。

人物[編集]

声質はテノール[4]

長年演じている『ちびまる子ちゃん』の花輪くんは自分の中で強烈な印象があったと語っており、当初は所々キザな感じが出ればいいなと思って演じていたが、ディレクターからは「全部キザでやってくれ」と言われ、英語の言葉を織り交ぜたり、「オーノー」といった台詞を「オーマイゴッド」とオーバーに表現するなど、アドリブをポンポン入れて、エスカレートさせて行ったという[5]

ああっ女神さまっ』や『天地無用!』に出演中の頃は収録スタジオに男性声優が自分一人だけだったことが多くハーレム声優を自称していた。いわゆるハーレムアニメが増えた2010年頃に元祖ハーレム声優を自称している。

特技はギターでの弾き語り。音楽グループZARDのファンクラブの会員である。サレ役を担当した『テイルズ オブ リバース』のPSP版特典DVDのキャストコメントにて、サイン会の時に誤ってサラと書いてしまったことがあり、そのサインを渡したファンに対しお詫びをした。

また、サレのようなサディストな役は普段はあまり演じないため、声優としての引き出しが増えたと語っており、本人も満足している。

『機動戦士ガンダムΖΖ』にて大人しい役柄のイーノ・アッバーブを演じた後、後番組の『機甲戦記ドラグナー』の主人公ケーン・ワカバを演じることになった際、元気のいい彼のキャラクターを掴めず真面目になりすぎて、ディレクターにいろいろ注意を受けたという。そういった経緯もあり、彼への思い入れは強く、「今後も新しいもの(ゲーム作品)が出来たらまた演じたい」と語ったこともある[7]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
  • デジモンアドベンチャー02(城戸丈、城戸シュウ、地岡、モジャモン、シェルモン、ビッグマメモン、ギロモン、デーモン、泉政実)
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2020年

劇場アニメ[編集]

1986年
1988年
1989年
1990年
1992年
1994年
1996年
1997年
  • 天地無用! 真夏のイヴ(柾木天地
1999年
  • 天地無用! in LOVE2(柾木天地
2000年
2001年
2002年
2004年
2005年
2006年
2009年
2013年
2014年
2015年
2018年

OVA[編集]

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1999年
2001年
2008年
2009年
2011年
2015年
2019年

ゲーム[編集]

1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

吹き替え[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

コミックCD[編集]

CM[編集]

その他、ナレーション[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(2、X)、『スーパードラゴンボールヒーローズ

出典[編集]

  1. ^ a b c 「男性篇」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、92頁。ISBN 4-87376-160-3
  2. ^ a b c 菊池正美(きくちまさみ)の解説”. goo人名事典. 2020年1月31日閲覧。
  3. ^ a b 菊池 正美”. タレントデータバンク. 2020年1月31日閲覧。
  4. ^ a b c 菊池正美:Kikuchi Masami 株式会社ケンユウオフィス”. 2020年1月31日閲覧。
  5. ^ a b c d e 倉田幸雄編「今さら友だちのWA!!(菊池正美→?)」『アニメV 1993年1月号』学習研究社、1993年1月1日、雑誌01591-01、58頁。
  6. ^ ニュータイプ ビデオでーた共同編集「声優インデックス」『アニメソフト完全カタログ 1992』角川書店〈カドカワムック〉、1992年6月15日、501頁。
  7. ^ 『Another Century's Episode 2』出演声優スペシャルインタビュー
  8. ^ ちびまる子ちゃん(第1期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  9. ^ 蒼き伝説シュート!”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  10. ^ ムカムカパラダイス”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  11. ^ CAST・STAFF”. 愛・天地無用!アニメ公式サイト. 2014年9月12日閲覧。
  12. ^ エア・ギア”. メディア芸術データベース. 2017年3月14日閲覧。
  13. ^ マリー&ガリー”. メディア芸術データベース. 2016年11月6日閲覧。
  14. ^ CAST”. 正解するカド KADO: The Right Answer. 2017年1月25日閲覧。
  15. ^ 銀河英雄伝説 わが征くは星の大海”. マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。
  16. ^ ちびまる子ちゃん 劇場版”. 日本アニメーション. 2016年6月9日閲覧。
  17. ^ “「劇場版マジンガーZ」追加キャストに上坂すみれ、花江夏樹、石塚運昇ら”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年8月19日). http://natalie.mu/comic/news/245348 2017年9月2日閲覧。 
  18. ^ 『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』キャラクターPV及び新規キャストキャラクターPV 2種のPVが解禁!”. アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」公式サイト. 2019年9月10日閲覧。
  19. ^ キャラクター”. デジモンアドベンチャー. 2012年11月17日閲覧。
  20. ^ 菊池正美さん、鈴村健一さんなど、豪華声優を追加発表!”. ザクセスヘブン. 2015年7月28日閲覧。
  21. ^ 参加声優紹介”. キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~ 公式サイト. KLab. 2017年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]