世紀末★ダーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世紀末★ダーリン
ジャンル ボーイズラブ
漫画:世紀末★ダーリン
作者 なると真樹
出版社 青磁ビブロス / ビブロス
レーベル BE×BOY COMICS
発表期間 1994年 - 1998年
巻数 全4巻
漫画:世紀末★ダーリン
作者 なると真樹
出版社 秋田書店
掲載誌 きらら16
レーベル きらら16コミックス
発表期間 2000年 - 2000年
巻数 全7巻
漫画:新・世紀末★ダーリン
作者 なると真樹
出版社 実業之日本社
レーベル MBコミックス
発表期間 2002年 - 2004年
巻数 全3巻
漫画:世紀末☆ダーリン
作者 なると真樹
出版社 日本文芸社
掲載誌 花恋
レーベル ニチブンコミックス /
KAREN COMICS
発表期間 2006年 - 2012年
巻数 既刊7巻
(2012年11月28日時点)
OVA:世紀末★ダーリン
監督 前島健一
シリーズ構成 平詩野
キャラクターデザイン 岩倉和憲
アニメーション制作 ピンクパイナップル
発売日 1996年2月16日
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

世紀末★ダーリン』(せいきまつダーリン)は、なると真樹による日本BL漫画作品。

概要[編集]

1994年10月に青磁ビブロスから単行本が発売された。 ドラマCD化やOVA化などのメディアミックスがなされた。

ストーリー[編集]

熱血サラリーマン・緒方耕作が一目惚れしたのは、営業先の会社のエリートサラリーマン・高杉陽一郎。避けられながらも真っ直ぐに気持ちをぶつけていく緒方だったが、彼のその拒絶の理由は両思いでありながらも、「お互いの想いが同じ過ぎる」=つまりどちらも「攻め」を希望しているからだった! 開き直った高杉の猛アタックに圧されながらも、自分が先に相手を落とす為に奮闘する「攻め」×「攻め」のラブコメディが始まった。

登場人物[編集]

緒方 耕作(おがた こうさく)
松本保典
カメヤマ商事に勤務する24歳の熱血サラリーマン。営業先のハットリコーポレーションで出会った高杉に惚れ、一途に想いをぶつけていくが彼もまた自分と同じ同じ気持ち=「攻め」を希望しているとわかってからは、開き直った彼とどちらが相手を先に落とすかの攻防戦を繰り広げることになる。自分の気持ちに素直かつ真っ直ぐな直情径行型だが思い込みが激しい部分もあり、高杉のことで何かあると事あるごとに一喜一憂する。
高杉 洋一郎(たかすぎ よういちろう)
声:井上和彦
緒方が営業先のハットリコーポレーションで出会ったエリートサラリーマン。彼も緒方に一目惚れするが同時に「攻め」を希望していた為、緒方をおとす為に様々な猛攻を繰り広げる。イギリス系クォーターであり、洗練された容姿や紳士的かつスマートな振る舞いから女子社員から絶大な人気を博しているが、緒方にはかなりデレデレであり彼のことが絡むと人が変わる。
等々力 耕平(とどろき こうへい)
声:関俊彦
フリーライター兼高校の陸上部コーチを務める緒方の従兄弟。身内からの愛称は「トド」。緒方のことは「抜け作」「ヘボ作」などと呼び一見横柄な態度で接しているが、実は幼い頃に親戚の等々力家に養子に出された双子の弟で、何かある度すぐに兄である緒方の元に転がり込んでくる。甘やかされて育ったせいか傍若無人な俺様気質だが、恋人である猛に対しては非常に激甘かつ頭が上がらない。因みに最初の出会い方及び緒方の恋人という立場故に、高杉とは犬猿の仲である。
板橋 猛(いたばし たける)
声:菊池正美
耕平の恋人である高校生。元気で明るく、基本的には目上に対し素直で謙虚であり緒方達からは非常に可愛がられているが、耕平からの過剰なスキンシップには照れ隠しの鉄拳制裁を見舞うなど容赦がない。食欲旺盛で取り分け肉が大好物。兄の雅(やまと)は学生時代にアスリートとして耕平と競い合ったライバル同士だったらしく、耕平と猛が付き合い出してからはその敵意も加速している。
式部 紫(しきぶ ゆかり)
声:堀秀行
頬に傷のある厳つい外見が特徴の、緒方の腐れ縁の悪友である漢文教師。物語開始時点で堤という男の恋人を持つ身だったことから、緒方に強引に高杉とのことを相談される。口は悪いが何やかんやで面倒見がよく友人思い。
堤 将行(つつみ まさゆき)
声:岩永哲哉
物腰穏やかでおっとりしている、式部の年上の恋人。かつて緒方達の通っていた高校に教育実習生としてやって来たことが縁で式部と出会い、6年という月日をかけて彼と結ばれ、現在は同じ高校に勤務する同僚同士にもなっている(担当科目は古典)。式部とは熟年夫婦さながらの熱愛ぶりであり、緒方と高杉の恋路に的確なアドバイスをしてくれることもある。

書籍情報[編集]

ドラマCD[編集]

ドラマCD作品一覧[編集]

  • 『世紀末★ダーリン』 (2000年3月23日発売 マリン・エンタテインメント ディスク枚数:1)
  • 『世紀末★ダーリンII』 (2000年5月24日発売 マリン・エンタテインメント ディスク枚数:1)
  • 『世紀末★ダーリンIII』 (2000年5月24日発売 マリン・エンタテインメント ディスク枚数:1)
  • 『世紀末★ダーリン 世紀末戦隊ダーリン5スペシャル 〜セイウチの逆襲〜』 (2000年5月24日発売 マリン・エンタテインメント ディスク枚数:1)
  • 『新・世紀末★ダーリン』 (2002年3月6日発売 ファースト・スマイルエンタテインメント ディスク枚数:1)

OVA[編集]

アニメ版スタッフ[編集]

  • 原作:なると真樹(ビブロス / Be×boy comics)
  • 監督・コンテ:前島健一
  • 脚本:平詩野
  • 美術監督:脇威志
  • 音楽:山本はるきち
  • キャラクターデザイン・作画監督:岩倉和憲
  • アニメーション制作:ホランナビ

OVA商品一覧[編集]

  • VHS『世紀末★ダーリン』
  • DVD『世紀末★ダーリン』 (2006年11月22日発売 片面1層 MPEG-2 1枚組) JDXA-25989
    • 初回特典:「世紀末戦隊☆ダーリン5」、「キャスト・コメント集」、「『LOVE FIGHT』カラオケ映像」

関連商品[編集]

音楽CD[編集]

  • 『世紀末★ダーリンII』 (1996年9月21日発売 バンダイ・ミュージックエンタテインメント ディスク枚数:1)
  • 『世紀末★ダーリンIII』 (1997年9月1日発売 バンダイ・ミュージックエンタテインメント ディスク枚数:1)
  • 『世紀末戦隊ダーリン5スペシャル』 (1998年10月5日発売 バンダイ・ミュージックエンタテインメント ディスク枚数:1)
  • 『世紀末★ダーリン ヴォーカルコレクション』 (2000年5月24日発売 マリン・エンタテインメント ディスク枚数:1)

外部リンク[編集]