獣神ライガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獣神ライガー
ジャンル ヒーローロボットバトルアクション
アニメ
監督 鹿島典夫
アニメーション制作 サンライズ
製作 名古屋テレビ
東急エージェンシー
サンライズ
放送局 名古屋テレビ
放送期間 1989年3月11日 - 1990年1月27日
話数 全43話
テンプレート - ノート

獣神ライガー』(じゅうしんライガー)は、永井豪原作、サンライズ製作のテレビアニメ1989年3月11日から1990年1月27日まで、名古屋テレビテレビ朝日系列で土曜 17:30 ‐ 18:00(JST)に全43話が放送された。

前番組の『鎧伝サムライトルーパー』に始まり、勇者シリーズの終了まで足掛け10年にわたって毎年作品を替えつつ続けられた、サンライズ・東急エージェンシータカラの3社による体制で制作されたアニメの第2作目である。

永井豪自身の筆による漫画連載も『コミックボンボン』誌上にて、平成1年(1989年)3月〜平成2年(1990年)1月まで行われた。当時は勁文社から単行本化され、後に大都社大創産業からも同じ内容で刊行されている。

ストーリー[編集]

遥か神話の時代より繰り広げられた、善と悪の戦い。善神アーガマの血を受け継ぐ大牙剣は、現代に復活した邪神ドラゴの末裔・女帝ザーラ率いるドラゴ帝国から世界を救うため、バイオアーマー・獣神ライガーと一体化して戦う。

特徴[編集]

バイオアーマーと呼ばれている通り、機械の体ではなく生体ベースの巨大なパワードスーツを操るという、永井豪ならではの設定である。フォルムも無機的なロボット然としたものではなく、主役バイオアーマーのライガーは筋肉質の人間の肉体をそのまま巨大化したような姿となっている。

同作者の他作品の例に漏れず、この作品も(当時の子供向けアニメとしては)過激な残酷描写やハードなストーリー展開、お色気やサービスカットという要素を超えた頻繁な性的描写が特徴である。

とりわけメタルナイト登場以前の話数において顕著であるが、毎回容赦なく人間が死に、時には人格を持ったキャラクターや剣達主人公グループに縁の深いキャラクターが残酷に殺戮されるシーン(1話で死亡するユキと彼女に助け起こされていた女生徒、8話でギガメノン真一に殺される同級生、10話における愛犬や11話における祖父・龍造惨殺、12話で自らの顔面をえぐられるドル・アーミー、14話にてアルゴスに殺される暴走族、警察官など)が描写される。また、ドラゴ帝国側は人間という生き物の裏の醜さや心の弱さに付け込んだ戦術を駆使してまで(22話で死亡する神の末裔の少女の例や、38話でゆいを帝国に差し出すべく暴動を起こす民衆の描写等が典型的である)剣達に立ち向かっており、後半では精鋭であるバトルスーツ隊員までもが邪神への恐怖に駆られて正気を失いかける姿が描写される。

こうした容赦の無い展開に対して剣達はその都度打ち拉がれ、(時に救う対象であるはずの人類に対して)絶望しながらも再び立ち上がる成長ドラマが展開される。また帝国側においても大局においては優勢に戦いを進めながらも、目先の手柄争いや長年の互いの啀み合い等が原因でしばしば仲間同士が互いの足を引っ張り合って結局は自滅するなど、戦いの現実や人の業を描き出している。

プロレスラーとのタイアップ[編集]

タイアップとして、現実のプロレスの世界に獣神サンダー・ライガーがプロレスラーとして登場し話題を呼んだ。当初は「獣神ライガー」としてデビューし、アニメの展開に合わせ「ファイヤー・ライガー」、「サンダー・ライガー」へとコスチュームを変更していった。本放送終了後も、完全にアニメから独立したプロレスラー・世界の獣神「獣神サンダー・ライガー」として高い知名度と人気を誇っている。

登場人物[編集]

大牙 剣
- 田中真弓(タイトルコールも兼任[1]
善神アーガマの末裔でライガーの操縦者。小学六年の少年。その右手の平に刻まれた獅子の痣から獣神ライガーを呼び出すことができる。一人称は「俺」[2]
ガキ大将気質で生意気な一面を持つおっちょこちょいのスケベで得意技はスカートめくりだが、神崎の持っていたグラビア誌を見せられて赤面したりするなど年相応の面もある。なお、北海道育ちのためか、乗馬は得意で本人曰く「馬はオムツの頃から慣れている」と豪語する。また手の平に痣ができてから普通の人間よりも身体能力が向上しており、ダンゴと腕相撲して軽く勝っていた他、23話では不良3人を相手にプロレス技で圧勝している。
CD『獣神ライガー 魔神咆哮編』のジャケットでは、『マジンガーZ』の兜甲児のパイロットスーツ姿になっている。
神代 ゆい
声 - 松井菜桜子
善神アーガマの血を引く双子の巫女の青髪の姉。一人称は「私」。おしとやかな性格だが料理は下手。妹のまいと協力することでベガルーダを召還できる。作中において、しばしばトランス状態に陥り、その度に重要な予言を残す。リュウ・ドルクの存在を知ってからは兄として強く慕うようになった。実は邪神を復活させる鍵となる存在であり、その忌まわしい運命を呪って自殺を試みることもあった。終盤にてドラゴ帝国に拉致され、ザーラにより洗脳を施され、ドラゴ神復活のための生け贄にされる。団五郎のことは当初「五郎くん」と呼んでいたが、後半では「ダンゴくん」と呼ぶようになった。
神代 まい
声 - 伊藤美紀
善神アーガマの血を引く双子の巫女の赤髪の妹。一人称は「あたし」。活発な性格で料理が下手。姉のゆいと協力することでベガルーダを召還できる。スケベで威張り屋の剣とは気が合わないことが多いが、幾度と無く命を救われて以降は「剣はどんな時でも必ず自分を助けに来てくれる」と強い信頼感を寄せるようになる。善神を甦らせる切り札でもあるが、姉のゆいの運命を気遣ってか、帝国に対して容姿のよく似た自分が身代わりとなることを買って出る勇気も持ち合わせている。虫が苦手。
大牙 龍造
声 - 沢りつお
剣の祖父。幼くして両親を失った剣を男手一つで育て上げた。職業は獣医師。神代姉妹を「〜さま」付けする。ドル・アーミーの攻撃の犠牲により命を奪われた。28話で、幻として現れる。
団 五郎(ダンゴ)
声 - 塩屋浩三
剣の悪友。このほか、タイチ、シュンスケという子分がいた模様。団が苗字で五郎が名前。実家が魚屋。家族は母親と妹。当初から剣たちとつるんでいたが、6話ゲルコブラ戦以降本格的に剣たちと行動を共にし、31話メタルナイト・ヘルランチャー戦にてりえと共にバトルスーツを操縦。バトルスーツ・フラッカー1号機の操縦パイロットとして登録されてしまったことから以後バトルスーツ隊の隊員として戦いに加わる。過去には神の一族でない自分の出自を卑下して出奔したこともあったが、ゆいに引き留められて以降は出自に拘らずに剣や神代姉妹の戦いに積極的に協力するようになった。なお、このエピソード以降ゆいを慕うようになったようであるが、バトルスーツ・フラッカーでりえと共闘して以降は一方的にりえに好意を抱かれてしまい困惑しているようである。
リュウ・ドルク
声 - 梁田清之
剣のライバル。魔竜王ドルガを駆る。一人称は「私」。邪神ドラゴの血を引く御子とされていたが、実は幼いころにドラゴ帝国に攫われて以降、女帝ザーラの庇護のもとに、ドラゴ帝国の戦士として育てられてきたのであり、その正体は善神アーガマの血を引く御子で神代姉妹の兄に当たる[3]。「戦士とは美しき野獣であるべき」との信念を持ち、正々堂々とした戦いを好む。ただし、初期にはドル・サタンの鬼虫を使用した作戦を看過しなおかつ激怒する剣を見下す発言をしたこともある。その立場ゆえに、サタン以外の四天王とはそりが合わない。ドル・コマンドとは生身でだが戦ったことすらある。
ドル・ファントムによる暗殺未遂事件の際、一時的に記憶を失い倒れていた所を剣の初恋の人とも言える女性・アキに介抱され、行動を共にしていく内に惹かれ合っていくが、記憶を取り戻してライガーと激突した際の衝撃に吹き飛ばされて彼女は命を落としてしまう事になり、この件以降、自分は何者だと悩むなど戦う事に迷いを抱いていく事になる。そして、ガイストが専権を振るう帝国に失望し、生き別れの妹達であった神代姉妹との邂逅、サタンの死などを経て、自らの真の宿命に目覚め、帝国に反旗を翻す。プライドの高い孤高の一匹狼的存在。
最期は邪神を封印すべく、剣に「次に会ったときは、戦士としてではなく、男と男の勝負をする」旨を告げ、自ら封印に飛び込み生死不明となる。右手、掌に竜の痣があり、危険なことをさりげなく済ませるだけでなく、男気も持ち合わせている様である。
八神 冴子
声 - 藤井佳代子
TVレポーター。さる財閥の令嬢で、ライガー復活の場面に居合わせたこと、祖父がドラゴ帝国について研究していたことが縁で一行に加わり、家を破壊された剣達の後見人になる。実は神の末裔であるが能力は持たない。話の語り部役。当初は純粋に興味本位で剣やライガーの取材を行っており、仲間の死に際しても何らの動揺も見せない徹底した仕事人的な思考を持っていたが、剣達の後見人となり神崎と再会して以降は心優しい女性としての面も強く見せるようになっていった。なお、苦手な生き物は犬である。
神崎 真吾
声 - 堀内賢雄(後半のアバンタイトルのナレーションも兼任)
冴子の元恋人。考古学者。元々ドラゴ帝国とは対話を望んでおり、それが原因で冴子の祖父と反目して出奔、冴子とも別れてしまった過去を持つが、対話が不可能ということを身を以て知り、また邪神の聖杯の出現と関わって以降は、剣達と積極的に行動を共にするようになる。冴子とは直接的に仲が悪くなって別れたわけではないため、現在でも当時と同様の好意を抱き続けているようである。長身の美男子のため、神代姉妹からも大変に気に入られていたが、冴子に対する想いが強いためか、本気で取り合うことがないクールな一面も見せていた。
ミニナイト
声 - 神代知衣
封印の岩そっくりの小岩から生まれた魔竜戦士の幼生?のような小さな竜。寄生ドラゴナイトを好物とする。非常に食いしん坊かつエッチな性格。角から電撃を放つことが出来、時々役に立つ。誕生して間もなく剣や神代姉妹と出会い、共に生活をしているためか、ドラゴ人でありながらもドラゴ帝国や魔龍戦士を強く嫌悪している。魔龍戦士の炎で黒焦げになってもすぐに脱皮して復活するなど、体は非常に頑丈なようである。最終回で本来の人間の姿に戻る。ドラゴ帝国が邪神ドラゴに滅ぼされたことで、事実上ドラゴ人の最後の生き残りともなった。人間の姿になって以降は、ゆいが大のお気に入りの女性となったようである。
轟 りえ
声 - こおろぎさとみ
マッドサイエンティスト轟博士の娘。中学生。お淑やかを装っているが、その実態は稲妻崩しのリエと異名を取るスケバン。轟博士のロボット・ロボビタンXを操縦したこと、剣を救わんとしてダンゴと共にバトルスーツ・フラッカー1号機に乗り込んでしまったこと(メタルナイト・ヘルランチャー戦にて)からバトルスーツ隊の隊員として戦いに加わる。フラッカーではダンゴが操縦担当、りえが射撃担当を務めていた。大変に惚れやすい性格であり、ロボビタンXでの戦闘で剣に救われて以降は剣を一方的に慕って周囲を困惑させていた。「剣さま」と慕う剣を手助けすることが戦いの目的であったため、フラッカーのパートナーであるダンゴへの扱いは当初は非常にぞんざいであった。しかし、最後には負傷しながらも身を挺して自らを救おうとしたダンゴの男気に一方的に惚れ込んでしまっていた。
片桐隊長
声 - 稲葉実
バトルスーツ隊の隊長。剣からは「おっちゃん」と呼ばれ親しまれている。派手な活躍は余りないがライガーを堅実にサポートし、ドラゴ帝国の量産メタルナイトと戦う。恐怖に駆られて帝国にゆいを差し出すことを要求したバトルスーツ隊員や、死の運命を前に眼前の負傷者を救出しようともしない市民を強く叱責するなど、善神アーガマの力の源泉である「人間の良き心」を体現する上で非常に重要な役割を果たした人物でもある。
カミヨ
声 - 本多知恵子
神の末裔。幽体の姿でドルガに敗れた剣をサンダーフェニックスの元へ導いた。しかし、本当の肉体はミイラ化していた。彼女が謡う「鏡の子守り歌」はあずさの「鏡の子守り歌」とは少し歌詞が異なっている。
女帝ザーラ
声 - 有馬瑞香
ドラゴ帝国を統べる女帝にして巫女であり、邪神ドラゴの末裔。一人称は「私」(原作では「わらわ」)。上半身は藤色の長い髪に豊満な乳房を備えた、妖艶な美貌を持つ絶世の美女だが、下半身は大蛇という魔性の肉体を持つ。残忍無比かつ狡猾な性格で、人間を心理面から徹底的に攻めて絶望と恐怖に追い込んで惨殺する、という作戦を最も好み、「利用出来るものは徹底的に利用する」が信条。ドラゴ復活のために人間世界を侵略、その障害となるライガーを倒すべく、ドラゴ神の啓示を受け、魔竜戦士やメタルナイトを送り込む。24話でドラゴの聖杯の力を得てパワーアップし、蛇腹の中ほどから巨大な魔物の口が出現、異形の姿となる。これによりドラゴ神の力の一端を得た彼女の肉体に流れる緑色の血液は、飲んだ者にドラゴ神の力を分け与える効果を持つ(作中ではドルクを除く四天王がこれを飲み、力を得たほか、終盤ではゆいがこれを飲まされ、洗脳された)。ドルクに甘く、彼を女帝直属の戦士として贔屓にしていたが、物語中盤で反旗を翻され、なおも帝国に留まるように懇願するも、それが叶わないと知るや、ドルクに執拗な憎悪を抱くようになる。
終盤にて真の姿を現すが、その正体は三つ首竜の中央の頭部からザーラの上半身が生えたグロテスクな怪物。最終的に神代ゆいを生け贄にドラゴを復活させることには成功するものの、当のドラゴが自分を含めた全てを滅ぼすことは予想だにしていなかった。そのため「ドラゴ神にすべてを捧げる」と口にしたことが仇となり、復活したドラゴによって握り潰され、必死の命乞いも空しく頭から喰い殺される最期を遂げた。
立場上、終盤まで自ら前線で戦うことはなかったものの、都市一つを滅ぼすほどの強力な念動力を使う他、相手の影に潜って相手の精神と肉体を乗っ取り、操ることができ、サンダーライガーとドルガが束になっても敵わない程の強さを誇った。
ドル・アーミー
声 - 郷里大輔
四天王の一人で陸戦隊を率いる。力押しの将軍。ライガーと最初に戦い、その後も度々刃を交えるが、失敗続きでありなおかつ出たがりであったために見限られ、四天王の証である顔を傷つけられると同時に、将軍の地位を剥奪され生贄として処刑されることとなり脱走。剣の祖父・龍造の命を奪い逃亡を続けるが、粛清の命を受けたドルクの手により自らの顔面を抉りとられ、最後は陸戦要塞ラウンドヘッドもろともライガーに倒された。
ドル・ネイビー
声 - 戸谷公次
四天王の一人で海戦隊を率いる。四天王の中では最も地味。地味ながらもドラゴの聖杯の一つを手に入れるなど手柄を立てたが、メタルナイトの登場後は影が薄くなる。後にメタルナイト化し、最後はドルクと戦い、モノアイを剣で貫かれ怯んだところを倒された。
ドル・ファントム
声 - 中村秀利
四天王の一人で空戦隊を率いる。資料ではスタンドプレーを好むと評される。策略家であるが、策を実らせ手柄を立てることはついになかった。メタルナイトの登場後は一時は反発するも、ライガーとの戦いに敗れメタルナイト化した後は嬉々としてその力を振るった。メタルナイト化した姿を嘲笑われたことに怒ってドルク暗殺を企て記憶を失わせることに成功する。しかし復活したドルクの怒りの刃を受けて倒された。
ドル・サタン
声 - 勝生真沙子
氷の将軍とも称される。親衛隊を率いる四天王筆頭。配下の部隊は諜報部隊、特殊部隊的な性格を持ち、デスゲベル、グスタフ、ゾルバなど癖のある強者、ギガメノンのごとき異形の者などが揃っている。自らも人の心を操る術に長ける。メタルナイト計画の立案者。リュウ・ドルクに敵愾心を持っていたが、その一方で彼を愛しており、実際にドルクの窮地を何度も救っている。後にドルクと共に帝国への叛意を露にするが、かつての側近・ガイストに悟られ計画は頓挫。最期は、愛していたドルクを護るため、自分を羽交い絞めにしていたガイストを、自分もろとも槍で貫き、来世での「人間の女」としてのドルクとの邂逅を夢見ながら果てた。
ドル・コマンド
声 - 島田敏
ドル・アーミーの後任になる陸戦将軍。元々はコマンドロスといい、陸戦部隊の一兵士であったが、アーミーの死後闘技場での戦いを勝ち抜きザーラより将軍の地位(他の四天王でも同様だが、人間の顔がこれを表している)を与えられる。叩き上げの軍人であり、野心家。人心を操るなどの策謀にも長ける。武力よりも謀略を重視するドル・サタンとは着任当初からそりが合わず度々衝突していた。サタン配下のデスゲベルが戦う間にドラゴの聖杯を横から掠め取ったり、ドラゴ神の剣「破壊の牙」を手に入れるべく南極へ向かったドルクに同行してこれを横取りしようとしたこともある[4]
メタルナイトの登場後は影が薄くなるも、最後までメタルナイト化することなく終わった。最後はドル・ガイストの策略にかかり、ライガー共々殺されかけて瀕死の姿でザーラの前に辿りつきガイストの背信を告げるも逆に逆臣として斬り捨てられた。
Dr.ガイスト / ドル・ガイスト
声 - 速水奨
魔竜戦士をサイボーグ化させた「獣の心を持った破壊兵器」メタルナイトを開発したドル・サタン配下の科学者[5]。自身も半機械化している。その信念は「弱き者に流れる聖なる血よりも、強きメカニックに流れる油の方が尊い」の一言に結実される。それゆえリュウ・ドルクとは根本的に相容れない。ドル・サタンとドル・ファントムら三将との指揮権を賭けた戦いにサタンが勝利したことにより、指揮権を掌握したサタンの手によって空戦将軍の地位につけられるが、徐々にその狂気じみた野心を顕にし、上官であるサタンをも恫喝するまでになっていき、サタン失脚後は帝国の実戦部隊を実質的に指揮。戦闘能力もサンダーファイナルスラッシュに耐え切る[6]など強力である。
最期は洗脳したメタルナイトを操りザーラを暗殺して帝国の支配を企てるが失敗し、ライガーとの戦いに劣勢となったところに現れたメタルナイトとザーラの手にかかって無残な死を晒すこととなった。
邪神・ドラゴ
声 - 池田勝
100万年の眠りから目覚めた破壊の神。この世の全てを破壊しつくすことのみが目的であり、行動原理。それは自身を蘇らせた恩人であるはずのザーラでさえも例外ではなく、何の躊躇も無く彼女を喰い殺した。その力の源泉は人間の悪しき心。最後はドルクとドルガの力で再び封印された。
善神・アーガマ
100万年前に邪神・ドラゴを封印して自らも滅び去った神。滅びの間際に獣神ライガーを自らの化身として遺した。100万年後の現代に邪神・ドラゴが復活することを予見しており、神の城やベガルーダ、魔竜王ドルガなども創造していたようである。最終話でまいを依代にライガーとドルガが合体することで復活を果たす。その力の源泉は人間の善なる心。

サブキャラクター[編集]

ユキ
声 - 皆口裕子[7]
第1話に登場する剣のクラスメイト。剣のスカートめくりの常習的な被害者であり、本人は剣に対しては余り良い印象を持っていないようであったが、それは剣の彼女に対する好意の裏返しでもあった。魔龍戦士の襲撃の際に他の多くの生徒共々死亡してしまい、この怒りの力で剣はライガーを召還することになる。
村川
声 - 関俊彦
第1話から登場する冴子の同僚のカメラマン。冴子の無鉄砲な取材を諫める冷静さも持ち合わせていたが、第4話で無謀にも魔龍戦士の撮影を試みた冴子を庇い、殺害されてしまう。
真一
声 - 溝口綾
第8話に登場する剣の元クラスメイトで彼を「剣ちゃん」と呼んでいた。第1話の剣の母校への襲撃で母校が破壊されたために転校することになった経緯を持つ。気弱で臆病な性格でいじめられっ子であったが、(頭が良く、剣のカンニングに協力していたために)剣からは常に庇われていたようである。そのために転校後も剣を非常に強く慕っていた。「強くなりたい」という想いをドラゴ帝国に利用され、鬼虫に寄生されて性格が変わり魔龍戦士化したことで無関係の女生徒を惨殺してしまう。意思が強かったようで人間としての記憶も持っていたため、剣がライガーに乗っていることを知ると、魔龍戦士となった自分が元に戻ることは出来ないことと「自分を殺して欲しい」という懇願を戸惑う剣に伝え、最期は剣の手によって倒される。そして「ありがとう、剣ちゃん」と感謝の言葉を涙と共に伝えて死亡した。
チロ
第10話に登場する剣達の愛犬。元々はドラゴ帝国の襲撃で廃墟となった街で剣に拾われたことから剣達に飼われるようになる。名前の由来は「白いチビ犬」から来ている。最も心の拠り所となっているモノすらも利用するドラゴ帝国の策略から、鬼虫を埋め込まれて魔龍戦士化してしまう。しかし、第8話の真一同様、魔龍戦士化した後も剣の姿を見て記憶を取り戻す強い意志も持ち合わせていた。最後にはより強力な魔力で力が暴走して、剣の手で葬り去られた。
ミカ
声 - こおろぎさとみ
第15話に登場。傷付いた生き物を放っておけない心優しい少女であり、相手が魔龍戦士であってもその心が変わることは無かった。「動物さん」と呼び健気に傷を治療する想いにほだされ、魔龍戦士サバトは彼女の命を助けて絶命した。サバトの行動はドラゴ人と人間との平和的な交流の可能性を示唆するものであったが、最終的にそれが果たされることは無かった。なお、ミカは最終話においても親犬からはぐれた子犬を救っており、善神アーガマの力の源泉である「人間の良き心」を体現する上で重要な役割を果たした。
ヒロシ
声 - 伊倉一恵
第20話に登場する少年。元々東京に住んでいたがドラゴ帝国の襲撃の際に両親を失い、白龍湖周辺に住む祖父の元に身を寄せている。ライガーと魔龍戦士の戦いに巻き込まれて両親を失った事や、その際にライガーにも周囲の人間にも両親を助けて貰えなかった経緯から、「自分の命や運命は自分の力だけで切り開くしかない」という考えに固執し、当初は祖父以外の周囲の人間やライガーを強く憎んでいた。しかし、道子(声 - 西原久美子)を初めとする新しいクラスメイトや、初めは反目しあった剣やダンゴ達に自分や祖父の命を救われたことから考えを改め、認め合って和解する。最終話においては道子達クラスメイトや祖父と協力して市民の避難を手助けする立場をとっており、善神アーガマの力の源泉である「人間の良き心」を体現する上で重要な役割を果たした。
あずさ
声 - 弘妃由美
第22話に登場する美少女。剣達と同じく神の血を引く一族であり、唯一の肉親である祖父(声 - 秋元洋介)と共に魔龍戦士グスタフを封じた鬼岩を守護し続ける使命を持っていた。先祖代々の伝承に倣い、「鏡の子守り歌」を謡いながら毎日白龍湖の水を鬼岩に掛けて清めることが日課であったが、鬼岩が安置された敷地を高速道路開発に利用したい地元有力者とその息子からは強く忌避されていた。口数は少ないクールな雰囲気だが、どこか儚げな美しい容貌と心優しい性格の持ち主であり、浅からぬ因縁を持っている剣とは、お互いに強く惹かれあっていた。しかし「人間の汚い心を利用する」ドラゴ帝国の策略に引っ掛かった地元住民達に鬼岩を破壊されてしまい、祖父は魔龍戦士グスタフの復活に巻き込まれ、殺害されてしまう。そして、自身もまた剣をグスタフの攻撃から庇って致命傷を負い、最後は剣に自らのお守りである「鈴」と町の人々の救出を託し、息を引き取った。
オサム
声 - 渡辺久美子
第24話に登場する野球帽がトレードマークの少年。自衛隊に強い興味を持っており、しばしば陸上自衛隊の演習場内に入っては戦闘ヘリの射撃訓練を批評していた。そのため、戦闘ヘリ搭乗員の自衛官からも「いたずら坊主」として幾度となく追い回されていたようである。早苗(声 - 冬馬由美)というやや年の離れた姉がおり、戦闘ヘリ搭乗員の自衛官達もこの姉には頭が上がらない様子であった。自衛隊の兵器に関する知識が豊富で、魔龍戦士に苦戦するライガーを戦闘ヘリ搭乗員達と共に手助けした。なお、最終話においては姉や戦闘ヘリ搭乗員の自衛官達と協力して市民の避難を手助けしており、善神アーガマの力の源泉である「人間の良き心」を体現する上で重要な役割を果たした。
アキ
声 - 冬馬由美
第30話に登場するテニスコートで働く女性。剣の幼馴染みであり、剣からは「アキ姉」と慕われていた。しかし父親の事業の失敗で夜逃げ同然に街を去り、剣とも離ればなれになってしまった経緯を持つ。ドル・ファントムの策略で乗機を撃墜され、記憶を失ったリュウ・ドルクの命を助ける。その心の優しさから、リュウ・ドルクも彼女に想いを寄せていくようになり、強く惹かれあった。しかし、記憶を取り戻したリュウ・ドルクの搭乗するドルガとサンダー・ライガーの戦闘に巻き込まれ、命を落としてしまう事になり、息を引き取る最後まで、アキはリュウ・ドルクがただの戦士ではないと信じ続けていた。リュウ・ドルクは、人間と初めて交流したこのエピソードの後に神代姉妹とも邂逅することで、自らの出自や人類を滅ぼさんとするドラゴ帝国の姿勢に疑念を抱くようになった。

登場兵器[編集]

バイオアーマー[編集]

獣神ライガー
善神アーガマがドラゴを封印した後に残した遺産。ドラゴ帝国の魔竜戦士に唯一対抗できるバイオアーマーであり、大牙剣によって召喚される。
装備
ライガーソード
天からライガーシールドと共に召喚する剣。第17話にてドルガに砕かれて以降は、使用していない。
ライガーシールド
ライガーソードの鞘も兼ねる盾。
ライガーシールドウィング
ライガーシールドが変形した翼。ライガーの背面に装着されることで飛行能力を与えるほか、ライガーがこの上に乗って滑空することも可能。
ライガー電撃パンチ
電光をまとった拳を打ち込む技。
ライガー電撃キック
電光をまとった飛び蹴り。
ライガースラッシュ
刃に電光をまとったライガーソードを構えて突進し、敵を横一文字に叩き斬る。ライガーソードを破壊されたのち、ベガカイザーで代用して放ったこともある。
ファイヤーライガー
剣の感情の高ぶりによりライガーが変身した姿。変身の掛け声は「ファイヤー!」。毛髪が真紅に染まり、頭部が長い双角の獅子の形相となる。両腕のライガークロー出現に加えて両足に爪が伸び、両肩の爪飾りも前へせり出す[8]。戦闘能力が格段に向上したほか、獅子の顔面となったことで噛み付き攻撃も可能。
装備
ライガークロー
両手首の腕輪状のパーツから飛び出す鉤爪型の武器。
ライガーソード
ライガーシールド
ライガーシールドウィング
ライガークロースプリット
両腕のライガークローを連続で振るい、敵をなます切りにする。
ライガー電撃パンチ
ライガー電撃キック
ライガースラッシュ
サンダーフェニックス
かつて善神アーガマとともに邪神ドラゴと戦った聖なる鳥。ドラゴによって封じられていたが、ドルガブリザード入手後の魔竜王ドルガに敗れた剣が、謎の少女カミヨの導きによってその封印を解くことに成功した。剣の「サンダー!」の掛け声で召喚されて獣神ライガーと合体し、サンダーライガーへとパワーアップさせることが出来る(下記参照)。
サンダーライガー
獣神ライガーがサンダーフェニックスと合体した姿。白く輝く鎧を身にまとい、その顔も深紅に染まった鬼神の形相となる。
装備
サンダークロー
両手首の手の甲を覆うように伸びる爪。
サンダーソード
虚空から召喚する大剣。その鍔に雷の意匠が見られる。
サンダーシールド
サンダーライガー専用の盾。ライガーシールドと同じく、翼に変形させて背中に装着可能。
サンダー電撃パンチ
サンダー電撃キック
サンダーファイナルスラッシュ
光をまとったサンダーソードを振りかざし、その軌道に残ったエネルギーを空中で渦巻かせたのち、必殺の破壊光線として発射する。
善神アーガマ
かつて神話の時代に邪神ドラゴと戦った神。最終話において復活した邪神ドラゴを再び封印するべく甦った。ライガーやドルガは、アーガマが分離した姿であり、まいの祈りによって本来の姿に復活した。
魔竜王ドルガ
剣の宿敵、リュウ・ドルクが駆るバイオアーマー。リュウ・ドルクの技量もあって戦闘能力ではライガーを凌駕する強さを見せる。ベガルーダに乗ったライガーに敗れた後、ドラゴの牙と呼ばれる邪剣を手に入れ、ドルガブリザードと名付ける。物語後半で判明することだが、実はライガーと同じく善神の残した遺産であり、操縦、召喚方法などはライガーとほぼ同じである。その正体を隠すために物語前半ではドルガの召喚シーンは省略されていた。また他にも血の色がライガーと同じ紫(魔竜戦士は緑)など、その正体を暗示する伏線がいくつかあった。なお、放送当時に発売された玩具では、魔竜戦士が人形化されなかったのに対してドルガはライガーと同様に人形化されており、漫画版ではそのことが、ドルガが本来はライガーの仲間であることの証拠としてネタにされている。
装備
火炎(名称不明)
口から吐く火炎。ドルガドラゴンも使用可能。
ドルガエクスキャリバー
ドルガ専用の剣。漫画版等では「ドルガソード」とも表記される。ドルガブリザード入手後は使用していない。
ドルガシールド
竜の顔が飾られた盾。玩具ではドルガドラゴンの顔面・翼に分離変形するが、劇中では描写されていない。
ドルガブリザード
第25話で入手。リュウ・ドルクの叫びに応じて地割れの中から召喚される。大上段から振り下ろして破壊光線を発射することも可能。
ドルガドラゴン
「ドルガ・チャージドラゴン!」の掛け声でドルガが変身した竜形態。竜そのものと化した顔に加えて首が伸び、下半身も膝関節の変形とともにパンツ状の外装が消滅し、尻尾の裏側の皮膚が下腹部まで続く形状になる[9]。背に生えた翼での飛行に加え、噛み付きも可能となるが、得物を持って戦うことはない。
重戦馬ベガルーダ
神の残した城に眠っていた巨大な機械馬。神代姉妹が精神を同調させることで召喚することができる。姉妹の声に応える他、剣の意思の通りにも動く。ライガーを支援するための七つの武器を持つ。バイオアーマーと同じく、ベガルーダの受けたダメージは神代姉妹にも伝わる。剣の行方不明時には魔竜戦士の大群に単独で立ち向かったが、サンダーライガー登場以降は1回しか召喚されていない(漫画版では最終決戦においてライガーとドルガを乗せ戦闘に臨んでいる)。
装備
角(名称不明)
若干の伸長とドリルのような回転が可能。初戦闘では、これでドルガの腹をえぐった。
ベガホーク
両前脚の付け根に位置する手斧。
ベガランサー
両後脚の付け根に位置する三つ又の槍。使用時には二つを連結する。
ベガカッター
首の付け根左右に位置するブーメラン。使用時には二つを連結する。
ベガカイザー
たてがみに位置する片刃剣。
ベガハンマー
尻尾に位置する鎖付きの鉄球。
ベガシールド
胸部に位置する盾。劇中では使用せず。
ベガファイヤー
胸部中央から発射する火炎弾。額の角と並んで、ベガルーダ自身の固定武装。

人類側の戦力[編集]

バトルスーツ
ロボビタンX
轟博士が自宅の地下で建造していたロボット。完全な趣味の産物であるが、魔竜戦士に曲がりなりにも立ち向かうことができる。この機体が後に防衛軍に注目され、バトルスーツが建造されることになる。
フラッカー
ダンゴやりえなどが搭乗する空戦用バトルスーツ。飛行形態に変形する。飛行形態時はF15戦闘機などの現実のジェット戦闘機によく似たフォルムであるが、垂直離着陸機のようなホバリング性能も有している。ロボビタンXと違い複座で、ダンゴ達の場合はダンゴが操縦、りえが砲手担当。片桐隊長機は片桐が操縦を担当した。武装は手持ちキャノン砲、バルカン、ミサイル。量産型メタルナイトに対しては互角以上に戦うことができる。ヘルメットを最初に被った人間の角膜情報を登録して始動キーとするため、最初に搭乗した人間以外の者が操縦することは出来なくなる。ダンゴ/りえ機はバトルスーツ実用化1号機となった機体のため、片桐隊長機を含む他のフラッカーとはカラーリングや造形が異なっている。なお、変形形態は飛行形態とロボット形態の他にコクピット部分に飛行形態の部分を残した中間の形態も存在している。
ガンボディ
陸戦用バトルスーツ。複座。戦車形態に変形する。武装は連装キャノン砲。出撃時には戦車形態のままカプセルに梱包されてカタパルトから射出され、その後カプセルから分離してロボット形態で移動を行った。作中においては派手な活躍は余りないが、フラッカー同様に量産型メタルナイトに対しては互角以上に戦うことができる。
中継車
冴子が所属していたTV局の備品であるが、第4話で魔龍戦士に半壊させられて以降は八神財閥が車両の弁償を行い、この際に買い取った中継車を大改造して運用した。頑丈な装甲板で四方を固めてあり、内部にはドラゴ帝国の動向を解析するレーダーやコンピュータなどの各種機材の他、簡易な宿泊施設も備えられており、神の城出現以降もキャンピングカー的な運用が最後まで行われ続けた。運転は初期は龍造が行い、龍造の死後は冴子が行っていた。
自衛隊の兵器
90式戦車
本作放映時はまだ現実の正式配備は行われていなかった。
F-15J
90式戦車と同様に、封印の岩が活性化すると電子機器が故障して墜落してしまうために有効な活躍は出来なかった。
CH-47J
邪神の聖杯を輸送する場面で登場。
AH-1 コブラ
1話、24話に登場。24話ではオサムと共にライガーを支援した。
84mm無反動砲
24話に登場。オサムはこの武器の装填法を熟知していたようで、ダンゴと協力して射撃を行いライガーを支援した。
73式小型トラック
いわゆるジープである。モブとして頻繁に登場し、神崎達が自ら運転することもあった。
個人携行装備
作中の陸上自衛隊員は一貫してOD色の旧型戦闘服(現在の作業服)を着用しており、当時主流であった1型迷彩服は登場していない。小銃も当時90式戦車と同様に正式配備が行われていなかった89式小銃やそれ以前の正式小銃である64式小銃が話数により混在して描かれていた。しかし、陸上自衛官の着衣も戦闘ヘリ隊員のものは普通科隊員とは異なる形で描かれており、救護天幕など細かな装備品に至るまで比較的忠実に描かれている。

ドラゴ帝国の戦力[編集]

陸戦要塞ラウンドヘッド
ドル・アーミーの要塞。ドラゴンの頭蓋骨のようなフォルムを持つ。機体色は灰色。
空戦要塞ウイングヘッド
ドル・ファントムの要塞。コウモリの羽のような翼を持つ。機体色は緑色。
海戦要塞アクアヘッド
ドル・ネイビーの要塞。機体色は朱色。
親衛隊要塞シャドウヘッド
ドル・サタンの要塞。羊のような巻角が特徴。機体色は紫色。機体の色を変えて周囲に同化することができる。
陸戦要塞ネオ・ラウンドヘッド
ドル・コマンドの要塞。ラウンドヘッドと色違いの同型艦である。機体色は青を基調とする。
空戦要塞メタルヘッド
ドル・ガイストの要塞。外装、内部構造ともに他の要塞と異なり機械的なデザインである。
飛行艇ドルネード
ドルクの小型飛行艇。
魔竜戦士(ドラゴナイト)
ドラゴ帝国の主力兵器であり構成員。ライガーと同じく「バイオアーマー」と分類される生体兵器であり、多くは人間への擬態能力や人間サイズに小型化する能力を持つ。四天王などは上級の魔竜戦士であり、事実上女帝ザーラとリュウ・ドルク以外の全構成員がこれに該当する。
鬼虫などで人間や動物などを変化させて魔竜戦士にすることもある。魔竜戦士同士を闘技場で殺し合わせ、勝ち上がったものをライガーへの刺客とする事も度々行われた。
リュウ・ドルクとドル・サタンの会話によれば、「ドルガ人」という人類と異なる種族らしい。
人間側の通常兵器はロボビタンXのキャノン砲を除いてはほとんど効果が無い強固な守備力(眼球などの急所に直撃を受けた場合を除く)を持ち、ライガー以外の人間側の兵力に対しては無敵の強さを誇った。
メタルナイト
魔竜戦士を素体にDr.ガイストが開発・改造した獣の心を持った破壊兵器。脳には洗脳装置が仕掛けられており、ガイストの命令があればザーラにすら牙をむく。
ゆい・まい姉妹には「ロボットみたいなの」と評されている。魔竜戦士と同じく大半の者は人間に変身 / 小型化する能力を持つ。
登場初期には魔竜戦士時代同様の戦術を使おうとして失敗したカーギラのようなメタルナイトの体に慣れていない様子も描写されている。
登場当初こそ圧倒的な力を見せたが、量産型メタルナイトは人類側のバトルスーツと互角かそれ以下の戦闘力しか持っていない(なお、前述の自衛隊の兵器はメタルナイトに対して使用されていないため、実際に戦闘を行った場合どの程度対抗できるかは不明である)。また、ワンオフのメタルナイトもサンダーライガーにパワーアップしたライガーとドルガのコンビの敵ではなかった。最終的に全員ドラゴに食われたが、この際生体部分がかなりの部分を占めていた描写がなされた。
鬼虫
他の生物に憑依し肉体を乗っ取る能力を持った生命体。乗っ取った生物を魔竜戦士にしてしまうケースが多い。
雑兵
下級の魔竜戦士。ドル・アーミーを連行した陸戦隊の兵士などが登場。後にはこれらも全てメタルナイト化された。
生贄
ザーラが呪術を増強するために殺戮する。資料では下級の魔竜戦士とされているが、何ゆえ生贄という立場に置かれているのかは不明。
術者魔竜戦士
ドル・サタンの配下。ザーラとリュウ・ドルクの会話を盗聴した。
護衛メタルナイト
ドル・ガイストがゆいを誘拐した際に伴った大柄なメタルナイト。薄い紺色のマントをまとう。

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

この時間帯のアニメでは『機動戦士Ζガンダム』後半以降、歌詞に主役名の入らない主題歌が続いていたが、本作の両OP曲では一転、主役名や必殺技名を何度も歌詞に織り込み、勧善懲悪色を打ち出した曲へ回帰。後続の勇者シリーズにもこの傾向は引き継がれた。

オープニングテーマ
「怒りの獣神」(前期)
作詞 - 安藤芳彦 / 作曲 - 工藤崇 / 編曲 - 矢野立美 / 歌 - 弘妃由美
「奇跡の獣神」(後期)
作詞 - 安藤芳彦 / 作曲 - 工藤崇 / 編曲 - 矢野立美 / 歌 - 弘妃由美
エンディングテーマ
「THE FIRE」(前期)
作詞 - 安藤芳彦 / 作曲 - 工藤崇 / 編曲 - 矢野立美 / 歌 - 弘妃由美
「反逆の戦士 〜リュウ・ドルクのテーマ〜」(後期)
作詞 - 安藤芳彦 / 作曲 - 工藤崇 / 編曲 - 矢野立美 / 歌 - 弘妃由美
挿入歌
「鏡の子守り歌」
作詞 - 安藤芳彦 / 作曲・編曲 - 飛澤宏元 / 歌 - 弘妃由美
アレンジ
「怒りの獣神」
作詞 - 安藤芳彦 / 作曲 - 工藤崇 / 編曲 - 信田かずお / 歌 - MIO

「怒りの獣神」はプロレスラー・獣神サンダー・ライガー(デビュー時は獣神ライガー)の入場テーマ曲として、アニメ放送終了後も長きにわたって使用され続けている。また、プロ野球チーム広島東洋カープの投手・江草仁貴の登板テーマ曲として、阪神タイガース埼玉西武ライオンズ在籍時より使われている。

放映リスト[編集]

放映日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 登場魔竜戦士
メカ
1 1989年
3月11日
怒りのバイオアーマー ライガー登場!! 会川昇 福永西 関田修 内田順久 魔竜戦士グラン
魔竜戦士アトラス(二体)
2 3月18日 宿敵、魔竜王ドルガ!! 高橋義昌 川瀬敏文 山田政紀 魔竜王ドルガ
魔竜戦士ブルトス
3 3月25日 サタンの影に気をつけろ!! 井上敏樹 尾見直子 伊東政雄 菊池城二 魔竜戦士バビュルス
魔竜戦士メガキス
4 4月1日 ライガーを狙う炎の矢!! 会川昇 赤根和樹 村中博美 魔竜戦士ヒュドラ
魔竜戦士イエロス
5 4月8日 牙をむくドルガドラゴン!! 菅良幸 矢部秋則 菊地城二 魔竜戦士イグアス
6 4月15日 地獄の罠をぶっちぎれ!! 高橋義昌 関田修 小林智子 魔竜戦士ゲルコブラ
怪奇植物
7 4月22日 岩をつかむ 女帝ザーラの呪い 川崎裕之 川瀬敏文 山田政紀 魔竜戦士アルジロス
魔竜戦士ドラゲウス
8 4月29日 涙をこらえて友を撃て!! 井上敏樹 石踊宏 内田順久 昆虫型鬼虫
魔竜戦士ギガメノン
9 5月6日 バラの魔術師 死の微笑み 菅良幸 川瀬敏文 伊東政雄 菊池城二 魔竜戦士ゴルゴウス
10 5月20日 さらばチロ…悲しみの魔竜戦士(ドラゴナイト) 川崎裕之 矢部秋則 菊地城二 鬼虫
魔竜戦士ディンゴ
魔竜戦士ネオディンゴ
11 5月27日 暴走! 反逆のドルアーミー 高橋義昌 杉島邦久 藤本義孝 村中博美 ドル・アーミー
12 6月3日 吠えろ! 怒りのライガースラッシュ 関田修 小林智子
13 6月10日 のーてんきドラゴン ミニナイト登場! 川崎裕之 石踊宏 岡崎幸男 後藤まさゆき ミニナイト
人間体魔竜戦士
魔竜戦士バルチクス
14 6月17日 魔の新将軍 ドルコマンド 菅良幸 川瀬敏文 山田きさらか ドル・コマンド
魔竜戦士コマンドロス
将軍候補魔竜戦士数体
魔竜戦士アルゴス
15 6月24日 少女を愛した魔竜戦士(ドラゴナイト) 井上敏樹 川田武範 岡崎幸男 後藤まさゆき 魔竜戦士サバト
魔竜戦士ボルヘス
16 7月1日 神がのこした俺たちの城 菅良幸 石踊宏 中村旭良 人間体魔竜戦士
魔竜戦士ザリガニス
17 7月8日 危うしライガー天馬を呼ぶ叫び! 高橋義昌 赤根和樹 逢坂浩司 魔竜王ドルガ
ドル・サタン
18 7月15日 強いぜ! 重戦馬ベガルーダ! 川崎裕之 川瀬敏文 山田きさらか 魔竜戦士エレドーラ
19 7月22日 ゆいとまいのハチャメチャバトル! 井上敏樹 関田修 大島康弘 魔竜戦士ゾルバ
20 7月29日 怒れ剣! 友情のつばさ 菅良幸 石踊宏 岡崎幸男 佐藤まさゆき 魔竜戦士ハリゲラス
魔竜戦士モゲラス
21 8月5日 ミニナイトの好物はドラゴナイト! 高橋義昌 杉島邦久 藤本義孝 中村旭良 魔竜戦士ベニグモン
魔竜戦士ビットラー
22 8月12日 よみがえる伝説の恐怖 川崎裕之 赤根和樹 柳沢まさひで 魔竜戦士グスタフ
23 8月19日 セーラー服と獣神ライガー 井上敏樹 川瀬敏文 山田きさらか ロボビタンX
魔竜戦士ヘルバット(二体)
24 8月26日 ドラゴの血を呼ぶ悪魔の聖盃 菅良幸 岡崎幸男 後藤まさゆき 魔竜戦士ガニラス
魔竜戦士バンパイアス
25 9月2日 ドラゴの牙をひっこぬけ! 高橋義昌 江上潔 大島康弘 魔竜戦士デスゲベル
魔竜戦士ベアマウス
魔竜戦士アイギャット
26 9月9日 魔竜王ドルガ南極にとぶ! 関田修 中村旭良 魔竜戦士ヘルトドン
27 9月23日 死のメロディーに舞う少女 川崎裕之 石踊宏 小林智子
28 9月30日 今、立ちあがるサンダーライガー! 赤根和樹 山田きさらか 魔竜戦士ゲバルト
魔竜戦士メルカヴァ
魔竜戦士バットン
メタルナイト・ ヴァルガン
魔竜戦士アメーバス
魔竜戦士ブラッガス
日本各地の魔竜戦士多数
29 10月7日 メタルナイトをぶっとばせ! 菅良幸 石踊宏 岡崎幸男 後藤まさゆき ドル・ファントム
魔竜戦士ブリーザス
メタルナイト・ラドラム
雑兵メタルナイト
雑兵メタルナイトの相手魔竜戦士三体
30 10月14日 戦士に捧げる愛 井上敏樹 川瀬敏文 大島康弘 改造ドル・ファントム
メタルナイト・カーギラ
31 10月21日 戦え! 俺たちのロボットで! 高橋義昌 関田修 中村旭良 メタルナイト・ヘルランチャー
32 11月4日 リュウ・ドルク運命の出会い 川崎裕之 石踊宏 佐々木勝利 上村栄司 メタルナイト・シャイアン
33 11月11日 ゆい、まい暗殺司令 菅良幸 赤根和樹 山田きさらか メタルナイト・バルバトス
34 11月18日 まいを救え! ドラゴ帝国の決戦 高橋義昌 杉島邦久 藤本義孝 後藤まさゆき 鬼虫
改造ドル・ネイビー
メタルナイト・ファルゴン
35 11月25日 ザーラ裏切者への報復 川崎裕之 石踊宏 大島康弘 メタルナイト・ギガテス
36 12月2日 ドル・サタン流血の愛 井上敏樹 川瀬敏文 中村旭良 ドル・サタン
37 12月9日 ドラゴの呪い魔の三角地帯 菅良幸 関田修 山田きさらか
38 12月16日 二人のゆい!? まいの勇気 高橋義昌 赤根和樹 後藤まさゆき メタルナイト・キルバルガー
39 12月23日 ゆいの悲しい決意 川崎裕之 杉島邦久 藤本義孝 大島康弘 メタルナイト・ザウリア
40 1990年
1月6日
魔城突入 菅良幸 石踊宏 中村旭良 ドル・コマンド
41 1月13日 邪神復活(前編) 井上敏樹 川瀬敏文 山田きさらか ドル・ガイスト
42 1月20日 邪神復活(後編) 川崎裕之 関田修 後藤まさゆき 女帝ザーラ
邪神ドラゴ
43 1月27日 時をこえた神々の戦い 高橋義昌 赤根和樹 大島康弘 邪神ドラゴ
ミニナイト人間体
  • ザウリアのデザインは視聴者からの公募によって選ばれ、採用者の名前はクレジットに記載されている。

放送局[編集]

※放送日時は1989年9月中旬 - 10月上旬時点、放送系列は放送当時のものとする[10]

放送地域 放送局 放送系列 放送日時 備考
中京広域圏 名古屋テレビ テレビ朝日系列 土曜 17:30 - 18:00 制作局
北海道 北海道テレビ
宮城県 東日本放送
福島県 福島放送
関東広域圏 テレビ朝日
新潟県 新潟テレビ21
長野県 テレビ信州 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
静岡県 静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列 現:静岡朝日テレビ
広島県 広島ホームテレビ
香川県・岡山県 瀬戸内海放送
福岡県 九州朝日放送
熊本県 熊本朝日放送 第29話から放映。
鹿児島県 鹿児島放送
青森県 青森テレビ TBS系列 金曜 16:30 - 17:00
近畿広域圏 朝日放送 テレビ朝日系列 金曜 17:00 - 17:30 全国ネットより1日先行放映。

関連商品[編集]

玩具・食玩・その他立体物[編集]

玩具
タカラ
  • DX[11]
    • 獣神ライガー
    • 魔竜王ドルガ
    • 重戦馬ベガルーダ
  • ベストヒーロー(ダイキャスト使用の廉価版)
    • 獣神ライガー(可変ギミックは頭部・両前腕のライガークローのみ)
    • 魔竜王ドルガ(DX同様の可変ギミックを再現)
    • 重戦馬ベガルーダ
    • サンダーライガー
  • ポーズヒーロー(肘に蛇腹式関節を持つ廉価版。可変ギミックはオミット)
    • 獣神ライガー
    • 魔竜王ドルガ
食玩
カバヤ食品
  • 獣神ライガーキャンデー
    • 第1弾 獣神ライガー、魔竜王ドルガ(簡易可変ギミック付きのプラスチックモデル)
    • 第2弾 サンダーライガー、魔竜王ドルガ(塩化ビニル製の2頭身フィギュア)
組立てキット
タカラ
  • パロDプラクション(ギミック付きの3頭身モデル)
    • それゆけ獣神ライガー(右腕に連動して顔が変化)
    • やれゆけ魔竜王ドルガ(背部レバーと両腕が連動)
童友社
  • 無印(ノンスケール・リアル頭身プラモデル)
    • 1 獣神ライガー(部品差し替えでファイヤーライガーに変身)
    • 2 魔竜王ドルガ
    • 3 ドルガドラゴン
  • それいけゼンマイくん(ゼンマイ動力で歩行する2頭身モデル。四天王は全て巨大形態)
    • 1 獣神ライガー
    • 2 魔竜王ドルガ
    • 3 ドル・ファントム
    • 4 ドル・アーミー
    • 5 ドル・サタン
    • 6 ファイヤーライガー
    • 7 ドルガドラゴン
    • 8 ドル・ネービー
アクションフィギュア
千値練
  • RIOBOT
    • 獣神ライガー 通常ver.(ファイヤーライガー用パーツ・ライガーソード・ライガーシールド・ライガーシールドウィング等が付属)
    • 獣神ライガー 咆哮ver.(ファイヤーライガー頭部の口の形状を変更)
    • 獣神ライガー 血しぶきver.(ウェブ通販限定。咆哮ver.本体・装備の各部に緑の返り血を追加)
    • 獣王ブラックライガー(顔の造形及び塗装全般を変更したオリジナル版。新規にベガランサーが付属)

映像・音楽ソフト[編集]

VHS
キングレコード
  • 獣神ライガー(全11巻)
DVD
ジェネオンエンタテインメント
  • 獣神ライガー DVD-BOX1(第1~24話を収録)
  • 獣神ライガー DVD-BOX2(第25~43話を収録)
CD
キングレコード
  • 怒りの獣神 / The FIRE(シングル)
  • 奇跡の獣神 / 反逆の戦士~リュウ・ドルクのテーマ~(シングル)
  • 獣神ライガー 風雲龍虎編
  • 獣神ライガー 鳳凰飛翔編
  • 獣神ライガー 魔神咆哮編
  • 怒りの獣神 / The FIRE(マキシシングル、スターチャイルドレーベルにて発売)

関連書籍[編集]

勁文社
  • ケイブンシャコミック 獣神ライガー(全2巻)
  • ケイブンシャの大百科378 獣神ライガー大百科
大都社
  • Stコミックス 獣神ライガー(全1巻)
大創産業
  • ダイソーコミックス 獣神ライガー(全2巻)

ゲーム[編集]

バンプレスト
バンダイナムコゲームス

注釈[編集]

  1. ^ 1話以外
  2. ^ 30話にて一度だけ「僕」と言ったことがある。
  3. ^ 漫画版では魔竜王ドルガが(現実での)玩具になっていることをゆいとまいに言及されたのも自分が神代姉妹の兄だと気付く一因になっている。なお、「完全に悪役ならば紙のコマにしかならない」とも言われていたが、玩具「DX重戦馬ベガルーダ」に付属する厚紙製の的には初期のドラゴ帝国四天王と女帝ザーラに加えて、ドルガも含まれている。
  4. ^ ザーラからは破壊の牙を手に入れる力はないと言われていたが、無視して行動した。
  5. ^ 彼の登場はケイブンシャの「獣神ライガー大百科」で事前に告知された。
  6. ^ しかし全身に亀裂が走る大ダメージを受けた。
  7. ^ EDのCASTのクレジットでは皆口祐子となっている。
  8. ^ 千値練よりRIOBOT 獣神ライガーが発売されるまで、肩の爪飾りの変化を再現した立体物はタカラのDX玩具のみであった。
  9. ^ 2015年5月現在、魔竜王ドルガの可変ギミックを持つ立体物で、下腹部の変化まで完全再現したものは存在しない。
  10. ^ アニメディア』1989年10月号(学研パブリッシング)テレビ局ネットワーク 91 - 93頁。
  11. ^ サンダーフェニックス及びサンダーライガーのDX玩具は、未発売に終わっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

名古屋テレビ制作・テレビ朝日系列 土曜17:30 - 18:00枠
前番組 番組名 次番組
鎧伝サムライトルーパー
(1988.4.30 ‐ 1989.3.4)
獣神ライガー
(1989.3.11 ‐ 1990.1.27)
勇者エクスカイザー
(1990.2.3 ‐ 1991.1.26)
ここから「勇者シリーズ」の放送が始まる