関輝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せき てるお
関 輝雄
生年月日 6月16日
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
国籍 日本
職業 俳優
活動期間 1977年 -
事務所 文学座

関 輝雄(せき てるお、6月16日 - )は、日本の俳優声優である。文学座所属。東京都出身。

出演作品[編集]

舞台[編集]

1977年

  • 初舞台『かもめ』(文学座本公演)紀伊國屋ホール

1980年

  • 『わが屍は野に捨てよ』(文学座アトリエ公演)
  • 『赤色エレジー』(アトリエ)

1981年

  • 『三人姉妹』(本公演)東横劇場

1982年

  • 『ル・トルアデック教授の華麗なる黄昏』(本公演)東横劇場

1984年

  • 『近松女敵討』(本公演)サンシャイン劇場
  • 『衣裳』(本公演)俳優座劇場
  • 『ハイキング』(アトリエ)

1985年

  • 『マギーの決断』(地人会)
  • 『よくかきくうきゃく』(アトリエ)
  • 『芝居-月もおぼろに-』(本公演)三越劇場

1986年

  • 『怪談 牡丹燈籠』(本公演)三越劇場
  • 『夢夢しい女たち』(本公演)俳優座劇場

1988年

  • 『橋』(地人会)
  • 『近松女敵討』(本公演)サンシャイン劇場

1989年

  • 『チェンジングルーム』(本公演)紀伊國屋ホール
  • 『春のめざめ』
  • 『青ひげと最後の花嫁』(アトリエ)

1990年

  • 『十二夜』(本公演)サンシャイン劇場
  • 『俊寛』パルコ劇場(本公演)サンシャイン劇場
  • 『山猫からの手紙』(本公演)サンシャイン劇場

1991年

  • 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』(本公演)サンシャイン劇場

1992年

  • 『かどで』(文学座アトリエ公演)

1993年

  • 『舞台・愛しすぎる人たちよ‐智恵子と光太郎と‐』(本公演)紀伊國屋ホール

1995年

  • 『THE BOYS-ストーンヘンジアパートの隣人たち-』(アトリエ)
  • 『いそという女』俳優座劇場

1996年

  • 『特ダネ狂騒曲』(本公演)紀伊國屋ホール

1997年

  • 『寒花』(アトリエ)
  • 『金襴緞子の帯しめながら』(アトリエ)

1998年

  • 『クロイツェル・ソナタ』(アトリエ)

1999年

  • 『北の阿修羅は生きているか』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
  • 『マリアの首』(俳優座劇場)

2000年

  • 『最後の晩餐』(本公演)紀伊國屋ホール
  • 『かどで・釣堀にて』(俳優座劇場)

2001年

  • 『モンテ・クリスト伯』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
  • 『崩れた石垣、のぼる鮭たち』(本公演)紀伊國屋サザンシアター

2002年

  • 『大寺學校』(本公演)アトリエ
  • 『沈黙と光』(アトリエ)

2003年

  • 『ドン・ジュアン』(本公演)世田谷パブリックシアター
  • 『イタリアのモーツァルト(オペラ)』新国立劇場

2004年

  • 『モンテ・クリスト伯』(本公演)アートスフィア
  • 『THE CRISIS‐ザ・クライシス‐』(アトリエ)

2005年

  • 『ぬけがら』(アトリエ)
  • 『焼けた花園』(アトリエ)

2006年

  • 『破戒』(京楽座)俳優座劇場

2007年

  • 『ぬけがら』(紀伊國屋サザンシアター)10年,地方巡演
  • 『海と日傘』(あうるすぽっと)

2008年

  • 『真実のゆくえ』俳優座劇場

2009年

  • 『雨空』横浜にぎわい座(のげシャーレ小ホール)演出
  • 『結婚』(アトリエ)
  • 『定年ゴジラ』(本公演)紀伊国屋サザンシアター

2010年

  • 『くにこ』(本公演)紀伊國屋サザンシアター

2011年

  • 『美しきものの伝説』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
  • 『1924 海戦』(やなぎみわ演劇プロジェクト)KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ

2013年

  • 『不幸/一周忌』浅草見番

TV[編集]

映画[編集]

OVA[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • フランケンシュタイン
  • 月蝕島の魔物
  • やけっぱちのマリア
  • 世界の終わりの魔法使い

CM[編集]

  • ライオン「クリニカ」(「歯磨きカウント」篇)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文学座 関 輝雄”. 2013年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]