世界の終わりの魔法使い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界の終わりの魔法使い』(せかいのおわりのまほうつかい)は、2005年河出書房新社の〈九龍コミックス〉より描き下ろしで発行された西島大介日本漫画作品。また、『世界の終わりの魔法使いシリーズ』の第一作及び総称。

通称は『せかまほ』。キャッチコピーは「魔法なんて信じない。でも、君は信じる。」。

2013年7月にNHK-FMの『青春アドベンチャー』内でオーディオドラマ化され、放送された。

概要[編集]

第一作『世界の終わりの魔法使い』(以下『Ⅰ』)は、元々一巻完結の読みきり作品だったが、シリーズ化が決まり、その後、1000年前のアンとムギの出会いを描いた『世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔』(以下『Ⅱ』)、第一作のその後を描いた『世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち』(以下『Ⅲ』)の三部作として刊行された。

この三部作でアンとムギの物語は完結となっているが、新シリーズ『世界の終わりの魔法使いⅣ 小さな王子さま』(以下『Ⅳ』)が『モーニング・ツー』(講談社)で2007年5号~2008年9号まで連載され、2012年に単行本が発売された。

『Ⅱ』は『Ⅰ』の続編ながら、1000年前の過去の物語であり、アンとムギの出会いが描かれている。 『Ⅲ』は、『Ⅰ』の直後からの物語で、アンとムギを主役とした三部作の完結編となっている。 『Ⅳ』は、幼いノロ王子ことテオドールを主人公とした物語で、これまで出たシリーズ作の中では最も過去の話となっている。(現在刊行されたシリーズ作の時系列はⅣ→Ⅱ→Ⅰ→Ⅲ)

未定ではあるが、シリーズとしては9部作の構想があり、『Ⅰ』『Ⅱ』『Ⅲ』はシリーズの真ん中に位置するという。『Ⅳ』『Ⅴ』『Ⅵ』はノロ王子の三部作、『Ⅶ』『Ⅷ』『Ⅸ』はアンの娘の3部作になる予定だという。[1]

あらすじ[編集]

1000年前の『魔法大戦』の影響で人々が魔法を使えるようになった世界。

唯一魔法を使えない少年ムギはある日、科学の力で飛ぼうとするも失敗し、魔王のお城に激突し、周辺の森に落ちてしまう。

そこで怪物トロルに襲われるが、そこでムギを救ったのは、謎の魔法使いの少女サン・フェアリー・アンだった。

登場人物[編集]

声優はオーディオドラマ版に出演のキャスト。

主要人物[編集]

サン・フェアリー・アン
声-金元寿子
シリーズを通しての主人公。謎の魔法使いの少女。口癖は「プー」[2]。魔王のお城に封印されていた悪魔の血を引く大魔法使い。
顔の左半分を包帯で覆い、帽子をかぶった頭には長く尖り、先端が折れ曲がった角が生えている。
ムギ
声-平田真菜
Ⅰ~Ⅲの主人公。村でただ一人魔法を使えない少年。科学の力を使い、エアボードで飛ぼうとする。
両親を連れ去った魔法使いと魔法が嫌い。
その正体は1000年前に『Ⅱ』でのムギをオリジナルとした、アンが作り出した影。
シッポ猫
声-野中藍
ムギの飼い猫。アンの作り出した影。

魔法星団[編集]

テオドール・ノロ
Ⅱから登場。Ⅳの主人公で第二王子。旧王族の血を引く魔法使い。禁じられた魔法『影』を使い、王国を再建しようとする。
アンに思いを寄せるが振られる。
ネズ
Ⅱから登場。トガリミミ族の孤児。テオドールの義理の妹でアンのライバル。
1000年後に魔法星団の将軍になる。
クリム
Ⅱから登場。アンの友達。1000年後に大魔導士になる。泣き虫な性格。
クリスパン・ノロ
Ⅳに登場。テオドールの兄で第一王子。
ノロ国王
魔法星団を統べるトガリミミ族の王。テオドールとクリスパンの父親。
大魔道士さま
Ⅱから登場。魔法星団を率いるおじいさん。
未来視
予言者の一族。老いた姿で生まれ、成長するにつれ若返っていく。

発達した科学団[編集]

ア゛ーくん
科学団のエースパイロット。Ⅰに登場したムギの同級生3人組のうちの一人の影のオリジナルと思われる。

時のない世界[編集]

先生
声-関輝雄
本好きな歴史の教師。Ⅱの発達した科学団の提督をオリジナルとしたと思われる影。
同級生
声-杉浦慶子山下真琴粕谷雄太
ムギをバカにしてイジメる三人組。

魔物たち[編集]

魔物
声-中田隼人
森に生息する怪物たち。影から作り出される副作用。
ゴーレム
声-渋谷茂
アンを封印していた魔王のお城の正体。
黒きドラゴン
魔物の王。

オーディオドラマ[編集]

2013年7月22~26日にNHK-FMの『青春アドベンチャー』内で放送。

スタッフ[編集]

  • 原作:西島大介
  • 脚色:小松與志子
  • 演出:木村明広
  • 技術:小林健一
  • 音響効果:金本美雨
  • 選曲:黒田賢一

出演[編集]

その他[編集]

  • シリーズ第三作『世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち』を入稿後、原稿の一部67ページが出版社によって紛失という出来事が発生。これらの経緯は太田出版の雑誌『本人(hon-nin)』に掲載された後、評論家大谷能生による論考を加えて『魔法なんて信じない。でも君は信じる。』として2009年に単行本にまとめられた。

単行本[編集]

『世界の終わりの魔法使い』河出書房新社<九龍コミックス>

  • 『世界の終わりの魔法使い』#ISBN 4309728464 (2005年2月28日発行)
  • 『世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔』#ISBN 9784309728483(2006年9月30日発行)
  • 『世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち』#ISBN 9784309728490(2009年11月30日発行)

講談社<KCピース>

  • 『世界の終わりの魔法使いⅣ 小さな王子さま』#ISBN 9784063761184(2012年1月23日発売)

注釈[編集]

  1. ^ 『魔法なんて信じない。でも君は信じる。』第4話参照
  2. ^ 魔法の言葉で「好き」という意味。ちなみに逆は「ブー」。