ブレイブリーセカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブレイブリーセカンド
エンドレイヤー
ジャンル RPG
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 シリコンスタジオ
発売元 スクウェア・エニックス
プロデューサー 浅野智也
音楽 ryosupercell
美術 吉田明彦
人数 1人
メディア 3DSカード
ダウンロード
発売日 日本の旗 2015年4月23日
欧州連合の旗 2016年2月26日
オーストラリアの旗 2016年2月27日
大韓民国の旗 2016年3月10日
アメリカ合衆国の旗 2016年4月15日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
売上本数 日本の旗 167,489本[1]
テンプレートを表示

ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』(BRAVELY SECOND END LAYER、略称:BSEL)は、スクウェア・エニックスより2015年4月23日に発売されたニンテンドー3DS用ゲームソフト。2012年にリリースされた『ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー』(以降、BDFF)と2013年にリリースされた『ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル』(以降、BDFtS)の正式続編で、前作から数年後の物語が描かれる。

前作でBGMを担当したRevoLinked Horizon)から今作ではryosupercell)に変更などコンポーザー、シナリオライター等一部を除いて、メインスタッフは『BDFF』、『BDFtS』から多くが続投されている。

ストーリー[編集]

舞台はルクセンダルクと呼ばれる世界。

前作「ブレイブリーデフォルト」で後にクリスタル正教により『闇の氾濫』と名づけられた危機からティズ一行が世界を救ってからの話。

ティズは全てを終えた後自分の中にあったもう一つの魂を還し弟の墓の前で倒れ、エタルニア公国の医療カプセルの中で目覚めることなく眠り続けていた。

アニエスはエアリーの企みで解放と称して暴走させた4つのクリスタルを祈りの力で正常に戻す旅を終えた後にクリスタル正教を立て直し、過去に3名しかいない正教の法王に就任した。

イデアはティズ一行との旅で精神的に大きく成長し、父である聖騎士ブレイブ・リーの後を継ぎ公国立て直しに奔走した。

リングアベルはイデアにDの手帳を預け、何処かへと去って行った。

『闇の氾濫』から2年半が経ち、正教首都(正教総本山)ガテラティオでエタルニア公国との和平調印式が平和裏に行われようとしていたが、調印の直前にグランツ帝国の皇帝オブリビオンが窓を破って登場。聖騎士ブレイブ・リー、暗黒騎士アナゼル・ディーを一蹴、アニエスの警備担当で同席していたユウ・ゼネオルシアも倒したあと、アニエスのペンダントを破壊しその身柄を攫い浮遊城ディアマンテへと去る。

ユウを筆頭とする正教騎士団の三銃士はアニエス奪還を目指すが、他の二人に裏切られ、単独でアニエス救出を続行。その矢先に敵襲を受け危機にさらされたところを調印式に欠席していたイデア・リーに助けられる。

帝国の追っ手を巻きながらエタルニアに向かう途中、ユウはイデアと共にエタルニア公国内の墓標の村で休息を取っていた際に宇宙船で降ってきた月の住人である魔王バスター・マグノリアと出会い、ユウ一行はエタルニア公国の医療カプセルで眠り続けるティズに神界の霊石を使い目覚めさせた。その神界の霊石はアルタイルという大昔の神界の人物の魂が宿ったものだったため、アルタイルが度々ティズの体を借りて一行を手助けするようになる。一行はアルタイルの話などで、アニエス救出の課程でこの世界にまつわる秘密と世界崩壊の危機を知る事になる。

序章から第4章まで皇帝配下のアスタリスク所持者を倒しながら皇帝を追い続けるユウ一行だったが、結果として一度も戦うことなく取り逃がしアンネの策略により月は消され、時が止まった世界(END LAYER)でユウはもう一度やりなおす勇気をプレイヤーに問いかける。

追加されたNewGame+で序章のオブリビオンとの戦闘が最初で最後の機会であることを知ったユウは前のプレイで託された想いを闘いの場で解き放ち、オブビリオンを撃破、砕け散った仮面の下の正体は失踪したユウの兄、デニーであった。

前作の平行世界多元世界論の設定を強く表に出しており、第四の壁時間遡行がストーリーの要の一つとなっている。

システム[編集]

シナリオは序章、第1章から第6章の全7章構成となっている。

前作から引き続き実装されているシステムについてはブレイブリーデフォルト#システムを参照。

ブレイブリーセカンド
SP(スリープポイント)を消費して、使用者以外の時を止めて一方的に行動できるシステム。
本作に先駆け『ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル』(以下・BDFtS)で採用されていたもので、基本仕様も『BDFtS』とほぼ同一である。
システムの概要についてはブレイブリーデフォルト#フォーザ・シークウェルでの追加要素を参照のこと。
マイセット
パーティのジョブ、コマンド、アビリティ、装備を登録し、簡単操作で保存したセットに変更できる。
連続チャンス
1ターンで通常戦闘に勝利すると発生。挑戦すると連戦となり、勝利することでバトル報酬が増加する。1ターンで勝利数を重ねるほどさらにバトル報酬が増加していくが、勝利時のBPをそのまま持ち越す等、前作の「戦闘ボーナス」とは大きく異なっている。
戦闘開始時、「連戦の予感…!」のメッセージが出ると勝利ターン数に関係無く連戦になる。
バーターサブシナリオ
イデアが主人公を務めるサブイベント群。登場人物も前作のキャラクターが中心で、意見の割れる2者のどちらを支持するかを選ぶ分岐シナリオ。賛同しなかった方の所有者を戦闘で倒すことでそのアスタリスクを入手できる。そのため、どちらか一方のアスタリスクしか入手できない。また第1-3章のサブシナリオはどちらの選択をしてもイデアが結果に悩むこととなるが、第5章以降のシナリオ選択ではどちらの選択をしても選択しなかった方も納得できる結末になる。
月面基地復興ゲーム
前作の「ノルエンデ村復興」に相当するミニゲーム。インターネット通信を通して強敵と戦える点はBDFtSと同じだが、今回は強敵を弱体化させる兵器「バスターシップ」が実装されている。
Uの手帳
前作の「Dの手帳」に相当する、シナリオ概要やゲーム中データを閲覧できるライブラリ。同じモンスターを何度も倒すとパーティメンバーのコメントが追加されていく。
カプカプメーカー
パーティーメンバー4人でカプカプのぬいぐるみを作るミニゲーム。作られたぬいぐるみを売ることで「カプ」と呼ばれる特別な通貨が手に入る。カプは作業能率を上げるアイテムの購入等に使用する他、ピークと換金することが可能。また、売値が特定の金額に達するとBGMが解放され、ミニゲーム内で自由に視聴できるようになる。
強敵配信
今作では前作でもデザインを担当した増田セバスチャンに加え、新たにチェコのアニメ作家、ノロ・ドゥルジアクによってデザインされた魔王が配信される。

ジョブ一覧[編集]

前作登場ジョブの概要についてはブレイブリーデフォルト#ジョブ一覧も参照のこと。 今作ではアビリティ「覚醒」によってジョブLV11が追加された。

新規ジョブ[編集]

ウィザード
攻撃魔法と魔法効果を変化させて攻撃する「修飾句」を使いこなす。固有コマンドは「精霊魔法」。ジョブ特性は魔法に修飾句を追加できる「ポストスクリプト」。
LV11アビリティは修飾句『ノヴァ』が使用可能となる「修飾句LV5」。
チャリオット
武器適正は平凡だが攻撃時に武器適正を上昇させる、物理攻撃に特化したジョブ。固有コマンドは「戦技」。ジョブ特性は戦闘時に装備している武器適正をたたかうを実行するたびに1段階上げる「戦闘民族」。
LV11アビリティは種族弱点をついた際、必ずクリティカルになる「急所突き」。
フェンサー
「構え」を変えて様々な状況に対応できるアタッカー。固有コマンドは「剣技」。ジョブ特性は構えを変えても前の構えのステータス補正が10ターン持続する「構え効果持続」。
LV11アビリティはウルフの構えになり物理、魔法攻撃力を最大に上げる「紅蓮のウルフ」。
ビジョップ
回復に特化したヒーラー。固有コマンドは「神聖魔法」。ジョブ特性は同じ魔法を同じ対象に連続して発動させると魔法の威力が上がる「二言」。
LV11アビリティは神聖魔法『フェイト』が使用可能となる「神聖魔法LV7」。
占星術師
味方のステータスや属性を強化する補助系ジョブ。固有コマンドは「月魔法」。ジョブ特性はステータス上昇や特殊効果を付与するアビリティをターンの最初に発動させる「先制術」。
LV11アビリティは月魔法『ステータスバリア』が使用可能となる「月魔法LV7」。
ねこ使い
特定のモンスターの技をラーニングして使用できるが、技は専用の消費アイテムを使用しないと発動できない。固有コマンドは「使役」。ジョブ特性はモンスターから受けた特定のアビリティを習得できる「ラーニング」。
LV11アビリティはねこ技、奥義による与ダメージが150%になる「ねこまんま」。
トマホーク
複数対象への攻撃や補助効果を付与できるジョブ。得意武器は銃。固有コマンドは「精霊技」。ジョブ特性は通常攻撃の命中率を100%上げる「ホークアイ」。
LV11アビリティは味方の行動でダメージを与えた際に25%の確率で追撃を行う「クロスファイヤー」。
パティシエ
お菓子作りに長け、敵に状態異常やステータス弱体を付与する。固有コマンドは「製菓」。ジョブ特性はステータスダウンの継続ターン数を2倍にする「弱体長期化」。
LV11アビリティは敵全体にランダムでパイを4回ぶつけてステータスダウンさせる「パイメテオ」。
エクソシスト
敵や味方の状態を数ターン前に戻すことができるサポート系ジョブ。固有コマンドは「浄化」。ジョブ特性はアンドゥ系で遡れるターン数を3ターンまでにできる「トロワ」。
LV11アビリティはターン終了時に自身のHP、MPを1ターン前に戻す「オートアンドゥ」(1ターン前のHP、MPの方が低い場合は戻らない)。
ガーディアン
霊力を操り強力な攻撃や強化が得意。他人に憑依することで他人のアビリティも使用可能。固有コマンドは「霊技」。ジョブ特性は霊力が溜まるようになる「守護霊」。
LV11アビリティは憑依系のコマンドを使用した際、憑依元と憑依先両方のアビリティが使用可能になる「ダブルソウル」。
皇帝
全体的に能力値が高く、敵味方全員に効果を及ぼすアビリティを習得する。固有コマンドは「覇道」。ジョブ特性は戦闘終了後、自身のHP、MP、異常が戦闘開始前に戻る「ツェルベルス」。
LV11アビリティは敵味方全体の行動が必ずクリティカルになる「オーバーロード」。
妖狐
隠しジョブ。全体的に能力値が高く、各地に点在する石碑に封印された七つの大罪と称される悪魔を倒すことで悪魔の持つ技が使用できる。固有コマンドは「悪魔召喚」。ジョブ特性は戦闘中に使った魔法が25%の確率でノーコストで再発動する「やまびこ」。このジョブを入手後に各ジョブのLV11が解放される。
LV11アビリティは化けるが使用可能になる「悪魔召喚LV8」。

前作からのジョブ[編集]

すっぴん
初期状態のジョブ。今作ではジョブ特性が「大器晩成」から致死ダメージを受けた際、75%の確率でHP1で耐える「ふんばる」に変更されている。
LV11アビリティはLV10になったジョブの数だけ強化される「大器晩成」。
赤魔道士
LV11アビリティは1度の行動で2回魔法が発動する「連続魔」。
シーフ
今作では、アイテム以外にもHPやSPを吸収して奪う技も使用できる。また、ジョブ特性が「盗賊の極意」から盗めるアイテム数が2つになる「むしりとる」に変更されている。
LV11アビリティは通常では盗めないレアアイテムを25%の確率で盗む「いいものぬすむ」。
ソードマスター
LV11アビリティは使用ターンで自分以外の味方がダメージを受けた際に反撃する「月に叢雲花に風」。
召喚士
今作でもアスタリスク所持者メフィリアが1体を除き、召喚獣を解放したため各地に隠れ住む隠者の試練を受けて生き残ることで召喚獣を入手可能。
LV11アビリティは前作の魔界幻士が使用可能だった自身に召喚獣を宿してステータス強化する「召喚魔法LV5」。
白魔道士
今作では、ジョブ特性が「自然治癒力」から50%の確率で受けるダメージを半減する「天使の加護」に変更されている。
LV11アビリティは白魔法『ミレイズ』が使用可能になる「白魔法LV7」。
商人
LV11アビリティは受けたダメージの半分のpqを入手する「インシュアランス」。
黒魔道士
今作では、主に状態異常関連の黒魔法が無くなっており、使用できる黒魔法はHPやMPを吸収する「ドレイン」、「アスピル」を除けば攻撃魔法のみである。
LV11アビリティは黒魔法『フレア』が使用可能になる「黒魔法LV7」。
狩人
今作では、ジョブ特性が「ホークアイ」から通常攻撃全段ヒットでダメージが上乗せされる「プリシジョン」に変更されている。
LV11アビリティはバーサク状態時に80%の確率で特定の物理攻撃アビリティをノーコストで発動する「野獣化」。
ナイト
LV11アビリティは味方が単体物理攻撃でダメージを受けた際に半分のダメージで攻撃を受ける「立ちはだかる」。
忍者
LV11アビリティは対象のステータスアップとダウン効果を逆転させる「諸行無常」。
モンク
LV11アビリティは自分以外の味方全員のBPを1消費して敵全体に物理攻撃を放つ「勇気玉」。
ヴァルキリー
LV11アビリティはジャンプ系アビリティの攻撃までのターンを1ターン短縮する「アクセラレート」。
海賊
LV11アビリティは敵のステータスダウン効果の数によって与ダメージが上昇する「荒くれ者」。
スーパースター
今作では、ジョブ特性が「歌唱消費MP節約」からターンごとにだんだんステータスが上がっていく「ボルテージ」に変更されている。
LV11アビリティはジャンプ系アビリティの攻撃までのターンを1ターン短縮する「アクセラレート」。
時魔道士
LV11アビリティは時空魔法『クイクガ』が使用可能になる「時空魔法LV7」。
暗黒騎士
LV11アビリティは最大HPの30%を消費して対象のBPが少ないほどダメージが上がる闇属性の物理攻撃を放つ「暗黒・災」。
聖騎士
隠しジョブ。LV11アビリティは武器装備時、物理攻撃を行ったターンの受けるダメージを75%にする「ウェポンガード」。

登場人物[編集]

前作から引き続き登場するキャラクターの概要についてはブレイブリーデフォルト#登場人物も参照のこと。

メインキャラクター[編集]

ユウ・ゼネオルシア
声 - 浪川大輔
本作の主人公。「疾風のファルコン」の異名を持つ「正教騎士団三銃士」のリーダー。16歳。高所恐怖症。数年前に急逝した先代当主に代わり、幼くして名門ゼネオルシア家の当主となった。イスタンタールでの4年の留学生活を史上23番目の6星学生という優秀な成績で終え帰国。直後に正教騎士団に入団し、ほどなく歴代ゼネオルシア家当主が務めてきた正教騎士団三銃士のリーダーに就任する。クリスタル正教とエタルニア公国の和平調印式において、アニエスの警護を担当することになるが、皇帝オブリビオンの圧倒的な実力に敗北し、アニエスをさらわれてしまう。その後、旅の途中で出会ったイデア、マグノリア、ティズと「アニエス様たすけ隊」を結成する。
本来は本の虫で、学者志望であった。本人は兄のデニーが家を継ぐと思っていたが、父親が後継者に指名したのは兄ではなくユウだった。その後、失踪した兄を探して、様々な文献や賢者、怪しげな呪い師まで頼って、兄が後継者となる条件として父グリードが指定したブレイブリーソードを探し出すも、ブレイブリーソードに騎士である兄の大事な右腕を奪われる。
旅の最中に「未来を作るのは過去の否定ではなく踏み出す勇気だ」という信念を持つようになり、過去に戻ってデニーを説得する事に成功した。一方で「過去を捨てたくは無い」と、冒頭でジャンとニコライとともに誓った「アニエス様たすけ隊」の結成を懐かしがる、という甘ちゃんぶりも健在であった。ちなみに「アニエス様たすけ隊」の名称は名付け親である彼自身、気恥ずかしかったらしい。
自覚は無いがネーミングセンスに難があり、ユノハナの移動船である「湯船」以外に候補になった名前は一行に却下させるほど痛々しい。
エンディングでは上官の命令を無視して月に帰らなかったマグノリアにプロポーズをし、承諾された。
ちなみに名前のユウはプレイヤー自身を意味する「you」が由来。
ジャン・アンガルド
声 - 加瀬康之
正教騎士団三銃士の一人。「烈火のウルフ」の異名を持つ剣の名手。16歳。「要するにアレだ」が口癖。貧しい農家の出身で、近隣の村々に響き渡るガキ大将で、貴族の子弟と大喧嘩することもあった。数年前に両親と死別後、その腕っぷしの強さを認められ剣術特待生としてイスタンタールに留学。イスタンタールでは同郷のユウと友情を深め、飛び級によりユウより一足先に卒業し、帰国。正教と公国の和平の機運が高まり、正教騎士団の再結成が認められると、身分にとらわれない登用制度により入団が認められる。その後、剣の腕前と数多くの武功をもって出世し、三銃士になる。だが、その正体はグランツ帝国に所属する「フェンサー」のアスタリスク所持者で、序盤にユウを裏切る。帝国所属として活動するようになってからは、服装が帝国のものに変わった他、髪が深い緑に毛先が白く狼のような色合いに変化している。
その正体はゼネオルシア家らが保身の為に公国に対して正教騎士団の解体を提案した事に反発した正教騎士に仕えていたバレストラ家の生き残り。グリードによる粛清で両親一族郎党を殺され、正教とゼネオルシア家に復讐を誓っていた。 キャラクターデザインは石川ヒデキが担当。
ニコライ・ニコラニコフ
声 - 大川透
正教騎士団三銃士の一人。「堅牢のバイソン」の異名を持つ司祭。35歳。重要なことや大切なことは「大事なことなので二度申し上げます」と再度言う癖がある。古くから正教騎士団に所属し、エタルニア公国の圧力によって正教騎士団が解散させられた「白獅子の受難」も経験。騎士団解散後も司祭として教団に身を置き、再結団のために奔走していた。身分にとらわれない実力本位の登用制度を推進しジャンなどの才能ある若者を起用する一方、旧来の有力貴族らとうまく折り合いをつけるなどして、騎士団の運営に尽力している。だが、その正体はグランツ帝国に所属する「ビショップ」のアスタリスク所持者で、序盤に帝国に殺害されたフリをしてユウを裏切る。その後はジャン同様、帝国の服装に変わり、髪のはねた部分が牛の角のように白く変化している。
その目的はグリードを筆頭とした正教の腐敗に関与した事への贖罪だった。バレストラ家の粛清には攻め手として関わっていた。
キャラクターデザインは石川ヒデキが担当。
アニエス・オブリージュ
声 - 小清水亜美
前作から数年後、瓦解しかけていたクリスタル正教をみごとにまとめあげ、正教の長い歴史の中でわずか3人しかいない法王職に数百年ぶりに就任。世界各国との要人との親交もあり、信徒以外の民衆からも絶大な人気を集め、クリスタル正教とエタルニア公国との和平の実現に尽力する。だが、その成果ともいえる和平調印式のさなか、グランツ帝国にとらわれてしまう。前作で入手した平行世界と交信できるペンダントは皇帝オブリビオンにより2つに砕かれてしまったが効力は失われずに欠片を通して、幽閉先からユウと通信が取れる。メニュー画面ではユウ達にアドバイスをくれる。
エンディングでは正教の全てをおばば達や後進に任せて正教を去り、オブリージュの名を捨てオーリアの姓を名乗る、とティズにプロポーズした。
イデア・リー
声 - 相沢舞
前作でルクセンダルクを救った後公国軍に復帰し、父ブレイブを助け公国の立て直しに尽力。新設された近衛師団の団長となり、アニエスと共にエタルニア公国とクリスタル正教の和平の道を切り開く。しかし、アニエスがさらわれたと聞き、詳しい状況を探るために単身エタルニアの街に向かった。その後、ユウがジャン、ニコライに裏切られ、途方に暮れてたところにアヤメに襲われていたユウを救い、仲間になる。
リングアベルへの想いを捨てきれず、妖狐の精神攻撃でそれを含めた孤独感を突かれた際に彼が現れた時は泣いて喜んだ。一方で、彼の平行世界の同一存在(この世界のリングアベル)であるアナゼルに対しては(彼の空気が読めない言動もあって)彼からのプロポーズを一蹴している。
ティズ・オーリア
声 - 斎賀みつき
前作の主人公。「闇の大穴」の消滅後に倒れ、エタルニア公国軍総司令部の白魔導プラントの中で眠り続けていたが、今作で久方ぶりに目を覚ますことになる。
実は昏睡状態だった原因は前作でプレイヤーに操られていた影響で前作の終了とともにティズの体からが抜けて無くなったためであり、蘇生のためにアルタイルの魂を宿した神界の霊石を入れられている。その影響で月の夜だけアルタイルはティズの体を思うがままに使用することが出来るようになり、パーティー一行に助言をしたり、Uの手帳を書き込んだり、湯屋の修復をしていた。
ラスボスとの戦闘の際にアルタイルの魂が抜けた事で、また昏睡状態に陥る。冒険家(デネブ)から「魂とは想いだ」と言われた事からアニエスが砂時計を使って世界のみんなからティズの体に想いを満たす事で蘇生。その後、故郷のノルエンデにてアニエスからプロポーズを受ける。
マグノリア・アーチ
声 - 恒松あゆみ
自らを「月の民の生き残り」「魔王バスター」と自称する謎の女性。年齢不詳。エレガントな美貌とは裏腹につかみどころのない性格で、英語と日本語(英語が月の言語、日本語がルクセンダルク語)が混じった独特の口調で話す。月面基地を壊滅させた後にルクセンダルクに飛来した魔王を討伐すべくポッドに乗り、ルクセンダルクに向かったが墓標の村に不時着し、ユウと出会い仲間になり、その後、帝国軍に占拠された公国の白魔導プラントの中にいたティズを救出した。道中では月には無い海の航行や各地の名物の食べ物など、月とは違ったルクセンダルクの文化や文物を楽しんでいる。
本作に先駆け、『BDFtS』のシークレットムービーに登場している。内容は本作でティズを連れ出す際のものである。
マグノリアの名前はポッドの中で気絶していた彼女の気付け薬としてユウが使った花の名前から咄嗟に名乗ったもの。月では本当の名前は結婚相手にしか教えないという風習があるそうで、エンディングではユウのプロポーズにたいして本名を耳打ち(プレイヤーには聞こえない)していた。

アスタリスク所持者[編集]

ジャン・アンガルド
「フェンサー」のアスタリスク所持者。
ニコライ・ニコラニコフ
「ビショップ」のアスタリスク所持者。
皇帝オブリビオン(デニー・ゼネオルシア)
「皇帝」のアスタリスク所持者。
アヤメ
声 - 矢島晶子
「黒巫女」の肩書きを持つ「ウィザード」のアスタリスク所持者。エタルニア出身。22歳。グランツ帝国に所属する黒装束の女性で、常に腹話術用の奇怪な人形、タマエを抱いており、クーとは主従関係にある。ユウとは何らかの因縁がある。
その出時は公国が誕生した年に世界疫病(原死病のパンデミック)が蔓延した地方で、グリード率いるゼネオルシア家一派によって行われた、疫病をばら撒いた魔女の村を滅ぼすという名の虐殺の生き残り。ちなみにグリードはこの功績で獅子の紋章を正教から下賜された。墓前で死んだも同然に泣いていたところをデニーに励まされ、彼についていく事になった。目的は殺された妹の復活だったが、高名な呪術師を招いて数々の禍々しい儀式結果生まれたのは妹ではなく何百もの化け物とクー・フーリンだった。
キャラクターデザインは土林誠が担当。
クー・フーリン
声 - 稲田徹
「蹂躙のチャリオット」の肩書きを持つ「チャリオット」のアスタリスク所持者。年齢不詳。グランツ帝国に所属する半人半馬の男で、アヤメを主と公言している。背中におびただしい数の武具を背負っており、その無尽蔵な闘気と怒涛の圧力は帝国の将兵をも畏怖させるほど。自身を古代の戦士と称し、古風な口調で話すが、その出自には謎が多い。生まれた時から半人半馬では無く、アヤメに甦らされた際に愛馬と融合して今の姿になったらしい。
その正体は、グリードが持ち帰った半人半馬像がアヤメの儀式によって自我を持って動かされているもの。そのため、アヤメが死ぬと数刻と持たない。
キャラクターデザインは土林誠が担当。
ノルゼン・ホロスコフ
声 - 緒方賢一
「占星術師」のアスタリスク所持者。ラクリーカ出身。60歳。イスタンタールの大教授。筋肉質で巨体で声がとても大きい。星の運行を見て運命を読み解き、それを啓示する。物事に没頭すると人の話が一切聞こえなくなってしまう。最初は「占い師のおじいさん」として、事態を導くべくエタルニアまで出張っており、ユウとイデアにティズを蘇生するのに必要な「神界の霊石」を(その詳細な正体を知らずに)渡した。ラクリーカ上空の浮遊城を落とすべく、ラクリーカが犠牲になる事を承知で大規模な砂嵐を起こしていたが、ユウに止められた。
キャラクターデザインは大久保篤が担当。
ミネット・ゴロネーゼ
声 - 金元寿子
「キャットシッター」の肩書きを持つ「ねこ使い」のアスタリスク所持者。出身地不明。17歳。グランツ帝国に所属する少女で、「ねこの王」を自称する通り、世界中のと心を通わせられるが、思い込みが激しく飽きっぽく、作戦をよくトチる。皇帝のペットであるライオンの「ビスマルク」と行動を共にする。敵から受けた技をラーニングして、アイテムを消費することにより猫に技を実行させる「ねこ技」を得意とする。
その正体は原死病の治療の嚆矢を作った研究者の娘。彼女の母は猫から原死病の抗体となりうる物を採取し、それを用いて作った試薬を自らに何度も打った事で死亡。その母は死ぬ直前にまだ生まれたばかりの彼女に試薬を打ち、それがワクチンの開発につながった。彼女の性格や言動は研究所での過酷な体験から来る「役に立ちたい」という強迫観念によるものと思われ、そこをオブビリオンに利用された形になっていた。最終的に、彼女の生い立ちを知るカミイズミに引き取られる事になった。
キャラクターデザインは大久保篤が担当。
エイミー・マッチロック
声 - 新谷真弓
「褐色のバリスタ」の肩書きをもつ「トマホーク」のアスタリスク所持者。グランツ帝国に所属している。17歳。フロウエルの奥地で生活している少数部族の女性。肉や野菜や木の実など森の食べ物しか知らなかった所にパネットーネのケーキのおいしさを知り、無理矢理彼についていった。精霊と交信する力を持ち、先端に部族の守り神を模した斧槍をあしらった旧式の銃を愛用している。銃と戦斧を合体させたスナイパーアクスライフルを武器としており、狙撃の達人であり、遠距離戦では無敵を誇る。ハルトシルトの手前でエイゼンベルク軍を独りで足止めしていた。ダンザブロウとヨーコが弾避けになったおかげで彼女に接近戦を挑めた。主人公一行が時間遡行した後はエイミーの故郷で店を開いており、時間遡行前の出来事を夢だと思っており、自分の故郷で店を開いてくれたパネットーネの下で売り子をしていた。
キャラクターデザインはabecが担当。
アンジェロ・W・パネットーネ
声 - 森久保祥太郎
「パティシエ」のアスタリスク所持者。帝国のお抱えパティシエ。天才的な菓子作りの腕前を持つ、旅の菓子職人を装い暗躍するグランツ帝国皇帝直属のS級菓子職人。スイーツの味だけでなく、甘いルックスと軽快な話術で女性人気が高い。エイミーは彼にぞっこんであり、どこでどう知り合ったのか全く不明ながら、常に行動を共にしている。食べると仮死状態(本人曰く「お仮死」。症状が出るまでの時間は調節できる模様)になるケーキを作る事が出来る。ハルトシルトの祭りでケーキを売り街の人のほとんどを動けなくした。主人公一行が時間遡行した後はエイミーの故郷で店を開いており、時間遡行前の出来事を夢だと思っていた。客の行列を邪魔したこともあってエイミーと共に一行に戦いを挑むも敗れ、ユウからガテラティオで店を開くよう、ゼネオルシア家の紹介状を渡され勧められる。
キャラクターデザインはabecが担当。
ブラッディ・ガイスト
声 - 山崎たくみ
「エクソシスト」のアスタリスク所持者。グランツ帝国に所属する血まみれの男で、年齢、出身、本名は不明。敵からのダメージや消費したMPなどを数ターン前までさかのぼり、なかったことにする「アンドゥ」という技を得意とする。サジッタの隠れ里で一行を襲うも、アルタイルの機転でSPタンクに貯蔵されていたSPをばら撒かれてアンドゥが弱体化したことによって退けられた。世界の終末から時間遡行で戻ってきた一行と時空の羅針盤を奪い合うが、ブレイブ率いる精鋭に周囲を囲まれ、一行に倒される。かつては正教にその名を轟かせた聖祓魔師であり、世界疫病の際には病で熱を出した息子のレブナントを置いて悪魔祓いの依頼に応じるが、その対象は妖狐を憑依させた娘であり、彼は悪魔祓いではなく病気の治療と隔離を勧めたが周囲に逆らえず儀式を行い、結局疫病は世界へ撒き散らされた。1ヵ月後に帰郷した彼を待っていたのはレヴナントの死であった。それを時空の羅針盤を使って無かった事にするために帝国に加担していた。戦いの後、ブレイブからガイストの急報で医療団が派遣されたおかげで被害をある程度食い止める事が出来たと礼を言われ、親子で公国に連行された。
キャラクターデザインはyokoyanが担当。
レヴナント・グレイス
声 - 原涼子
「ガーディアン」のアスタリスク所持者。世界疫病で命を落とすが、魂を鎧に憑依させることで動いている。じつはガイストの息子。
ヨーコ
声 - 洲崎綾
「妖狐」のアスタリスク所持者。着物に身を包む謎の少女。兄のダンザブロウと生き別れている。
その正体は46億年前からルクセンダルクに存在し、光の大船でやってきた二人に頼んで原死病を自らの体に封じた妖狐。他人の心や記憶を覗き、それを基にした幻を作って相手に見せる事が出来る。正体を明かした際に過去の闇を引きずる主人公一行をからかう。『罪』を操る存在。次元管理局が定めるランクSの要注意ターゲットで、リングアベルが追跡している。相手の心の闇を操るのは「世界を次のレイヤーへと押し上げる革新のため」と言っているが、リングアベルからは「カオスを楽しんでいるだけ」と断じられている。
病を封じた後、彼女が眠る神殿は正確な由来が忘れ去られながらも聖なる場所として歴代の国々に崇められ、多くの財宝が奉納されており、それをファンダルやグリードに目を付けられた。グリードが彼女に対して行った事に対しては仕方が無かったと彼を許している。

前作のアスタリスク所持者[編集]

ジャッカル
声 - 檜山修之
「シーフ」のアスタリスク所持者。盗賊団の長を務める青年。今作では砂漠の自警団を結成しており、オアシスを守るためディローザと対立する。
フィオーレ・ディローザ
声 - 中田譲治
「赤魔道士」のアスタリスク所持者。元ブラッドローズ特務隊隊長。今作ではイスタンタール学園の准教授として、あるエネルギーを開発するための研究をしている。
ノブツナ・カミイズミ
声 - 緑川光
「ソードマスター」のアスタリスク所持者。今作では諸国遍歴の武者修行に出ていたが、道中で拾った一匹の猫・ツバキと共にイデア達の前に姿を現す。
メフィリア・ヴィーナス
声 - 新井里美
「召喚士」のアスタリスク所持者。ヴィーナス三姉妹の次女。前作での心に受けた傷が癒えた後、新たな召喚魔法の研究に日夜没頭している。
ニコソギー・ボリトリィ
声 - てらそままさき
「商人」のアスタリスク所持者。元マヌマット・ボリトリィ商会の会長。前作での商会の壊滅後姿を消すが、今度はエイゼン地方に目を付けている。
ホーリー・ホワイト
声 - たかはし智秋
「白魔導師」のアスタリスク所持者。元エタルニア公国空挺騎士団の紅一点。今作ではエイゼン地方の海辺の廃屋を巡ってボリトリィと対立している。
オミノス・クロウ
声 - 保志総一朗
「黒魔導師」のアスタリスク所持者。元エタルニア公国空挺騎士団の幹部で、今作では魔王に対抗するため、とある調査をしている。
アルテミア・ヴィーナス
声 - 西沢広香
「狩人」のアスタリスク所持者。ヴィーナス三姉妹の三女。今作ではオミノスの用心棒をしている。
アルジェント・ハインケル
声 - 土師孝也
「ナイト」のアスタリスク所持者。元エタルニア公国空挺騎士団の団長で、今作では警部としてユノハナの治安を守っている。
キキョウ・コノエ
声 - 斎藤恵理
「忍者」のアスタリスク所持者。今作では持ち前の変装術を生かして、私立探偵の仕事をしている。
ベアリング・アウト
声 - 大塚芳忠
「モンク」のアスタリスク所持者。元エタルニア公国空挺騎士団の操舵手。今作では接骨院を作ってホーリーと一緒にやろうとしている。またフロウエルで男女共学の学校を作ろうとしている部下の所に駆けつけてきた。見た目は脳筋で頭の悪そうな風体だがいくつもの教員資格を持っていることが判明する。
エインフェリア・ヴィーナス
声 - 甲斐田裕子
「ヴァルキリー」のアスタリスク所持者。ヴィーナス三姉妹の長女。前作での公国軍の壊滅後ブラッドローズ特務隊を離れ、とある修行のために各地を旅していたがフロウエルで男女別学の学校を作ろうとしている部下の所に駆けつけてきた。
プリン・ア・ラ・モード
声 - 水沢史絵
「スーパースター」のアスタリスク所持者。前作でティズ達に敗れ引退したが今作で復帰し、新曲を準備中。
ハイレディン・バルバロッサ
声 - 廣田行生
「海賊」のアスタリスク所持者。今作では海の男として、プリンにもの申すことがあるらしい。
アナゼル・ディー
声 - 竹内良太
「暗黒騎士」のアスタリスク所持者。エタルニア公国軍六人会議の一員であり、元帥ブレイブの腹心の部下。ブレイブに拾われリー家と一つ屋根の下で養われたため、イデアの幼馴染でもある。今作ではグランシップに出来た新国家にて、子供達の未来を守るため立ち上がった。元は捨て子として泥水をすする過酷な生活をしていたが故の行動であった。
この騒動で彼と戦う事になった場合、彼との戦闘を長引かせるとイデアにたどたどしい口調で「この国のために」とプロポーズをするが、「なんでこんな時にそんな話するのよ、バカッ!!」と一蹴される(前作と同じ展開である)。
主人公一行が窮地に立たされた際に突然現れる事があるが、その時の彼はリングアベルが変装したもの。次元管理官は正体を明かしてはいけないために黒騎士の甲冑で顔を隠していたが、妖狐との最終対決で場所が妖狐の管轄する空間だったため特例があり、妖狐の精神攻撃を受けたイデアを救うべく正体を明かした。
マルメ・コンダ・マヌマット8世
声 - 白鳥哲
「時魔道士」のアスタリスク所持者。元ラクリーカ国王。動力を失たグランシップで税制担当大臣として、木製の民芸品でかろうじて食いつないでいるのに福祉に金を掛けすぎている、と大規模な減税を主張し、アナゼルと対立する。
ブレイブ・リー
声 - 子安武人
「聖騎士」のアスタリスク所持者。エタルニア公国軍元帥にして、イデアの父でありアナゼルの育ての親。クリスタル正教との和平調印式に出席していたが、グランツ帝国の襲撃を受け、皇帝オブリビオンの圧倒的な力の前に敗れてしまう。その後は安全な所に隠れて怪我を療養するため行方不明になってしまう。ストーリーを進めるとイデアの前に姿を現し、後継者としての覚悟を試すために大元帥の剣と盾の入手の試練を与えてくる。

グランツ帝国[編集]

皇帝オブリビオン
声 - 中井和哉
グランツ帝国皇帝。「皇帝」のアスタリスク所持者。黒い仮面を着けた男で、右腕が義手になっている。口癖は「否定する」。ガテラティオの大聖堂で執り行われたクリスタル正教とエタルニア公国の和平調印式を襲撃し、立ちはだかった正教騎士団を蹴散らしアニエスを拉致した。多くのアスタリスク所持者を配下に従え、謎の「浮遊城」を拠点に巨大な軍事力を背景に世界に戦いの渦を巻き起こす。
その正体はユウの異母兄であるデニー・ゼネオルシア。剣の達人で正教騎士団三銃士の前リーダーであり、次期当主と目されていたが、父親からブレイブリーソード探索を命じられる。ユウによってブレイブリーソードは発見されるが、その時にブレイブリーソードにユウが騙される形でデニーは右腕を失ってしまう。その後、正教の腐敗の全てはファンダルのせいだと考えていたところにアンネに過去に戻れる方法があると唆され、今回の騒動を起こす。4章でアンネに騙され200年後の未来に飛ばされてしまう。ユウが過去に戻って調印式で彼を倒し、彼の正体を知った弟のユウから「未来を作るのは過去の否定ではなく、決して諦めない心だ」と諭され、逃亡先のゼネオルシア霊廟でユウたちにゼネオルシア家の悪辣な歴史を語ってもユウの意見は変わらず、兄弟は元の鞘に納まった。
最後はユウたちを救うべく、魔王ディアマンテを道連れに時空の羅針盤で遥か未来に飛んだ。
ちなみに名前のデニーは否定を意味する「deny」が由来。
アンネ
声 - 鶴ひろみ
オブリビオンに付き従う黒い蝶の羽を持つ妖精。皇帝の秘書的存在で、数々の助言や戦況の分析・報告を淡々とこなす一方、時折覗かせる酷薄で残忍な性格は、味方の将兵を大いに震え上がらせる。
その正体はプロビデンスの下僕で、ブロビデンス復活のためにその邪魔となる月の破壊を目論み暗躍していた。エアリーは彼女の後に生まれた妖精族であるため、アンネは自らをエアリーの姉と語っている。神界の破壊を目論んだエアリーの事は敵と認識しており、前作の結末には喜んでいた。ちなみに、前作のオープニングとエンディングの語り手は彼女である。
チャラン軍曹、ポラン二等兵
グランツ帝国に所属する兵士。ポランは他人の話や小難しい単語の意味を理解できない事が多い模様。

その他の人物[編集]

アルフレッド
ゼネオルシア家に仕える執事
オーサー
正式名称は正教騎士オーサー・カムラン。騎士になりたての若者で三銃士に憧れを抱く。ジャンの裏切りの際はユウと同様、川に落ちて命拾いをする。5章でもカムラン家はジャンにとっては復讐の相手であったがオーサー自身は生まれていなかったため相手にされなかった。
ブラックベリー
月面ムンフォルトの司令官。正式名称はヴァイスプレジデント ブラックベリー。マグノリアとリングアベルの上官であるが詳細は不明。
リーファ
イスタンタールに通うユウの後輩。3ツ星。魔王に関する研究をしている。最終的にはマルマールをこき使うようになった。
マルマール
イスタンタールに通う五ツ星の生徒。ただし、その星はどうも家柄によって得たものらしい。太った体格で横柄な性格であり、自分より格下のリーファをいびっている。
マーサ
イスタンタール寄宿舎の寮母
ダンザブロウ
ヨーコの兄。ハルトシルトの街でヨーコと再会し、エイミーが防ぐエイゼン大橋を渡るためにユウ達に協力する。エイミーが放つ銃弾を刀で斬る凄腕。ユノハナでヨーコが失踪した際は、ユウ達と共に源泉洞へ彼女を探しに行くが、そこで彼が妖狐がユウの記憶を元に作った幻であった事が明かされる。
サクラ
ユノハナ湯屋の仲居。おっとりとした口調でティズ一行を和ませてくれるが湯屋の業務をすべて一人でこなし、湯屋が湯船になってからもティズ一行とともに旅を続け操縦まで覚えた。
クサツ・アリマ
ユノハナ四代目当主。語尾に「でばす」が付く。西洋の甘いお菓子は苦手。
シルヴィ
前作でアニエスをかばって息絶えた水の巫女オリビアの後継者で巫女見習い。見習いながら水のクリスタルに結界を張ったり巫女としての資質は備わっている。極度の人見知り。5章で水のクリスタルの結界をアンネの策謀により解いてしまう。
ロータス
サジッタの里のエンジニア。族長の娘を嫁に娶るも先立たれてしまった。息子のプロキオンに対しては里の族長を継ぐ建前を支持しながらも、彼にいろんな世界を見て回って自分で自身の未来を決めて欲しい、という本心を持っている。主にイデアのせいでボロボロになった砂時計を「本当は溶接工の仕事なんだが。」といいつつ補修した。
アルタイル
声 - 小杉十郎太
ティズに憑依し、ユウ一行に度々助言する謎の人物。いつの間にかUの手帳の加筆に参加しており、名前が分かるまではそのペンの色からユウ達から「紫のペンの人」と呼ばれる。
その正体は大昔に光の大船でルクセンダルクにやってきた、妖狐に原死病の封印を依頼された2人の神界の人物の一人と思われる。次元管理局でバスターシップ、時空の羅針盤、月魔法などを発明。34歳で死去したが神界に残してきたベガへの思いを捨て切れず、魂となって神界の霊石に宿る。後にこの霊石はティズの蘇生に使われたため、彼は月の夜にティズの体を使えるようになった。
ベガとは左遷先の研究所の同僚でもあった。野菜嫌いだったため、野菜を食べさせようとしたベガが考案した「野菜ことわざ」を吹き込まれており、それを事ある毎に口にする。住んでいた惑星が滅ぶ為に月からルクセンダルクに向かう途中で、月でベガとはぐれてしまう。
ベガ
声 - 井上喜久子
アルタイルの想い人。スキー場リフトが止まってしまった時に一緒に乗り合わせたのが二人の馴れ初め。その時は無碍に断ったが、次第に惹かれあい結婚する。アルタイルがなけなしの給料を研究に注ぎ込むために結婚指輪が買えないほど生活は貧しかったが幸せな生活を送っていた。プロビデンスの話では、ルクセンダルクに向かう途中で何らかの理由で嘘の集合場所を教えられ、月に独り取り残されてしまった、とのこと。その怨念をプロビデンスに利用され、取り込まれて利用されていたが、最終的にはアルタイルへの愛が勝りプロビデンスから抜け出し二人揃って成仏した。ちなみに、各々の魔王とその迷宮は二人ののろけ話な過去がモチーフになっており、プロビデンスの居場所に至っては結婚式場がモチーフである。
冒険家と相棒
今作でも、とある場所で隠しボスとして戦うことが出来る。エンディングでは前作『BDFtS』で冒険者がノルエンデ渓谷でティズに会った際に服装が緑になっていた伏線(各地で公国のアスタリスク所持者を救命していた緑の服の人)の解明と冒険家の素性の一部が明らかになる。
本名はデネブ。女性で、アルタイルとベガの親友だったという。本作のオープニングとエンディングの語り手は彼女である。
ファンダル・ゼネオルシア
2400年前のゼネオルシア家の初代当主で正教騎士団初代三従士リーダー。ゼネオルシア家の繁栄の礎を築いたが、その言動は清廉潔白とは言いがたく、自らに反抗する者や気に食わない者、欲しい財産を持つ者を正教の名の下に粛清していた。彼が定めた家訓に歯向かった歴代のゼネオルシア家の人間は粛清され、墓に墓碑銘が刻まれていない。
彼が定めた家訓は、妖狐の原死病を自らの子孫に治させるためであった。
ちなみに名前のファンダルは創始者を意味する「founder」が由来。
グリード・ゼネオルシア
ゼネオルシア家の先代当主。ゼネオルシア霊廟の暗号化されたファンダルの遺訓を読み解き、妖狐の神殿に収められた財宝を目的に、ゼネオルシア家が負った妖狐の治療に20数年前に取り組む事を決めるが、妖狐を搬送したことが原死病のパンデミックの原因となる。ガテラティオでパンデミックを起こさぬように船員や妖狐を憑依させた娘や汚染された財宝諸共船を沈める非情な決断をしたが、寄港地での病気の発生や、汚染された船が海賊に奪われるなどの理由で結局パンデミックは起きてしまった。本人は正教を立て直すのに十分な大量の財宝とともに凱旋し、その後は原死病によって混乱と腐敗が多発した世界を武力で乗り切った。その過程で公国が正教に軍縮を求めた事に反発したバレストラ家らを討っている。
ちなみに名前のグリードは貪欲を意味する「greed」が由来。
プロビデンス
今作のラストボス。神界に存在し、ルクセンダルクへの侵攻を目論んでいる。
プレイヤーキャラを操って他のパーティーメンバーを攻撃させる、突然、プレイヤーにゲームのセーブデータを全消去させようとする(演出であり、全消去のコマンドを入力させられそうになった瞬間にユウがタイトル画面を破って「諦めないで」と励ます)等の第四の壁を破る言動を行う。

以降はサブシナリオで登場。

ドリームエナジー研究生
イスタンタールでディローザと共に新エネルギーの研究を行っているが成果を出すためには大量の純水が必要となるため苦慮している。ナダラケス遺跡に存在する水源珠の行方によって研究の成否が分岐する。
イヤルキー・ニナンネイ
イスタンタールを卒業後、ラクリーカ動力推進本部に就職した若者。学生時代は召喚魔法の研究を専攻し幻の召喚魔法『アマテラス』を探していたが、就職後の重労働に耐えかねメフィリアと共に瘴気の森へと逃げてしまう。ラクリーカに戻るか研究を続けるかの選択によって成長が分岐する。
カチョウ・ドマーリ
ラクリーカ動力推進本部次長。イヤルキーの上司で昔ながらの体育会系の職場しごきを行っていた。
老人と孫娘
長年続く内戦を避け、かつて住んでいた海岸の廃屋に移り住もうとやってきたが土地の明け渡しに巻き込まれる。土地を明け渡すか否かで2人の住処が分岐する。
配達の男
グラープ砦に向かった探検隊のために食料を配達しようとした矢先に怪我をしてイデア達に配達を依頼する。探検隊メンバー、チャプライの父親。
リゾット、パエリア、チャプライ
探検隊メンバー。食料分配の選択で展開が分岐する。いずれも料理の名前。
バハムート
オミノスの相棒。バハムートという名前のファイアドゴン。選択によって究極獣魔法フェムトフレアを覚える。
ホームズ
ハインケルとキキョウの親戚。警察と探偵の恵まれた血筋の一家に生まれるが才能は未だ目覚めず、とある発言で場を凍りつかせる。進路の選択によって展開が分岐する。
ワトスン
ホームズの親友でサポート役。ホームズ同様、恵まれた血筋の一家に生まれるが常にホームズ家のサポート役としての地位に甘んじていることにコンプレックスを持っている。変装の達人。
タバ・カラレ
故人。成金の資産家でかなり有名だったがシュタルクフォートを購入しようとした矢先に殺害された。
カネメアーテ
カラレ卿の夫人。分岐によっては殺害される。
ジーヌ・シー
シュタルクフォート一帯の地主。カラレ卿殺害現場にいたため事件に巻き込まれる。
ムリシッツ・ミタテ
カラレ卿のメインバンク、エイゼン銀行の担当者。カラレ卿殺害現場にいたため事件に巻き込まれる。
マルナゲータ・マカシタ
イスタンタール教育学部長。「お口チャック~!」が口癖。イデアをフロウエル教育長に抜擢し新学園を男女共学か別々かの選択を押し付けてダスク遺跡へ視察に向かう。
ツーン・ オスマシー
マルナゲータの秘書。マルナゲータに常に同行している。
ダンドリー・バッチシ
マルナゲータの秘書。有無を言わさぬ段取りの達人。
アラッテ・ネイジャージ
男女共学派の教師。元空挺騎士団でベアリングの部下だが名前を覚えてもらっていない。
ミニーメ・ノスカート
男女別々派の教師。元ブラッドローズ特務隊でエンフェリアの部下だが名前を覚えてもらっていない。
ウットリート3世
前作に登場した名作曲家、ウットリートの孫。会話が歌になってしまう癖がある。祖父の遺した楽曲をアレンジを許すかそのままにすべきか迷っている。
孤児
新生グランシップ共和国で暮らす。高福祉国家か減税最優先の選択によって境遇が分岐する。

世界観[編集]

前作から引き続き登場する世界観の概要についてはブレイブリーデフォルト#世界観も参照のこと。

エタルニア地方[編集]

厳高地と呼ばれる高山に周りを囲まれた大陸。

正教首都 ガテラティオ
エタルニアで唯一の港町であり、クリスタル正教総本山、土の神殿と聖地を巡礼する街道の入り口に位置し古くから大いに栄えた都市。信仰に篤い各国の貴族や名家がこぞって別荘や屋敷を構えた。町の北方にそびえる信仰の門は聖地防衛のための重要な軍事施設であり、正教騎士団を擁している。エタルニア公国隆盛期は自ら正教騎士団を放棄し、かろうじて自治が認められていたが、その後、正教と公国の和平の機運が高まり、正教首都として正式に認められ、大聖堂の再建、正教騎士団の再結成とかつての勢いを取り戻しつつある。その大聖堂で和平調印式が執り行われるはずだった。
巡教の森
ガテラティオとエタルニアを結ぶ森。
氷結洞
エタルニア公国軍総司令部へと繋がる氷の洞窟。
新生グランシップ共和国
かつての沈みそうな国グランシップ。何者かと魔王の壮絶な遭遇戦でエタルニアの東に出来たクレーターに着水後、動かなくなった。
吸血鬼城
別名「真実の館」。前作ではキーストーンを入手しなければ入ることができなかったが今回はシナリオを進めることで入ることが可能。サブシナリオである人物と再会することになる。

ナダラケス地方[編集]

風が吹きすさぶ荒野。

魔法学園都市 イスタンタール
ラクリーカの宰相の提言によりナダラケス大陸に建設された学園都市。住民は学校の生徒や教員、職員などがほとんどで、商店も書店など学校に必要な物が中心となっている、学校のためにある街。特に魔法学が隆盛していることから、「魔法学園都市」の異名を持つ。世界中の学者や学生が集まり、日夜あらゆる学問について議論が交わされている。ここの大教授の手によって旧来とは異なる新体系の魔法の定義付けが行われた。
与えられた星の数による階級社会。星は基本的に習得した知識の深さに拠るが、多額の寄付をした家に贈られることもある。中には星の数そのものを目的にしてしまっている者もいる。
ナダラケス海蝕洞
ナダラケス地方のはるか南にある洞窟。

エイゼン地方[編集]

温泉郷 ユノハナ
エイゼン大陸の北東に位置し、数百年前に忽然と姿を消した“和の国”の文化様式を色濃く受け継ぐ街。カッカ火山の麓にある洞窟から湧き出る豊富な温泉を利用した一大観光地となっている。現在の当主であるアリマ氏の先祖がこの地で暴れ回るアカオニを退治して追い払ったのが始まりだとされ、以来、すでに4代を重ねるほどに歴史もあり、五本刀と呼ばれる強大な武力と、負傷兵を引き取るという戦時協定により、先の内戦でも戦禍にさらされることなく現在にいたっているという。
源泉洞
ユノハナの西にある温泉洞窟。源泉の効能により、フロアによって戦闘中様々な効果が起こる。
火の次元洞
前作の地底火山洞にあたる。ゲームクリア後に訪れることが出来る。

フロウエル地方[編集]

魔王封印地
フロウエル地方のはるか北にある大穴。魔王が封印されている。
サジッタの森
守護獣の亡骸がある不気味な樹上の奥に位置する森。
サジッタの隠れ里
山の山頂の村。周囲には中に浮く土地が存在する。里の伝承によると住民は月の民の末裔であり、魔王を倒す使命があるという。土地は飛行戦艦サジタリウスの成れの果てと云われている。魔王を倒す兵器を保持している。

ユルヤナ地方[編集]

カプカプの里
人里離れたうっそうとした森の中にひっそりとたたずむ謎の集落。「カプの協力者」から出荷されてくるカプカプは、この里で命が吹き込まれ、世界中に拡散してゆく。
山の次元洞
前作のキレート山にあたる。ゲームクリア後に訪れることが出来る。

カルディス地方[編集]

今作では何故か消失しており、終盤まで誰一人その存在に気付く事がない。
終わりの国 カルディスラ
カルディス大陸の南に位置する王国。前作の始まりの国から終わりの国へと変わっている。
神界への道
前作で塞がれた大穴に出現しており、黒い霧に覆われている。
砦の次元洞
前作のセントロ砦跡にあたる。ゲームクリア後に訪れることが出来る。

その他[編集]

ムンフォルト
マグノリアの故郷である月面基地。魔王ディアマンテによって壊滅(アンネによると3日3晩火の海になった)したが、マグノリアの上官など生き残りがいる。
神界
作中世界から見たプレイヤーたちがいる現実世界のこと。ブレイブリーシリーズはこの世界からプレイヤーが主人公を操っているという設定で物語が進んでいる。
アルタイルたちが生きていた時代には環境汚染により、雨に濡れると危険なため雨の日は傘が必須だったという。

用語[編集]

前作から引き続き登場する用語の概要についてはブレイブリーデフォルト#用語も参照のこと。

グランツ帝国
皇帝オブリビオンが興した帝国。正教と公国の和平調印式の日に突如大空に出現した「浮遊城」を拠点にして数多くのアスタリスク所持者を従え、強力な兵力を有している。その圧倒的な軍事力を背景に、正教騎士団、公国軍の主力を瞬く間に壊滅に追いやり、法王アニエスを拉致し、世界中に戦禍を拡大している。浮遊城はカットされたダイアモンドのような形をしており、世界各地の上空に移動している。浮遊城の正体は月を壊滅させた魔王ディアマンテが化けた姿。ホーリーピラーの光を屈折させる事が出来、アンネはこれを利用して月を平行世界の彼方へ消し去ろうと目論んでいた。
魔王
作中の1年程前から何処からか現れた魔物の王と称される謎の巨大生物。正体は天界からの侵略の尖兵。
SP
サジッタの里の見解によると「時の流れのエネルギー」。砂時計やSP砲などを使って超常的な力に変換できる。砂時計を使用しない場合は専用の装置の中で眠りについている人から収集する。
砂時計
マグノリアが持ってきた、月の民の秘宝。時間を少しずつ蓄積し、その力を解放すれば本の短い間だけ時間を止めることが出来る。ブレイブリーセカンドの発動の他にも、シナリオ上重要なアイテム。
SP砲
SPを熱線に変換して射出する大砲。元は飛行戦艦サジタリウスの主砲であり、サジッタの隠れ里に存在する。サジッタの民の魔王対策の切り札。SPタンクにはアルタイルが隠しコマンドを仕込んでいた。
浮遊石
文字通り、宙に浮く石。暖めると浮力が増す。前作のエシャロット号はこれを動力源としていた。
時空の羅針盤
ホーリーピラーの力を使って任意の時代へタイムトラベルが出来る羅針盤。アルタイルが左遷先の研究所で作成した。移動先の指定は安易に変更できる。アルタイルによると、同一世界内で時間遡行を行うと元在った世界は消された上で新たに上書きされる、とのことだが、時間遡行後に、その時点では未来の時間軸である遡行前の世界の出来事を過去の記憶として認識している者(夢と誤認している者も含める)とそうでない者が出ており、その理由は作中では語られていない。
原死病
神界の病と作中世界の病が光の大船内の実験室で混ざり合った結果生まれた病。妖狐が身を挺して自らの身に封じたが、遺訓に従い彼女を治療しようとしたグリードが彼女を搬送した結果パンデミック(世界疫病)が発生。様々な生命に感染して殺し、前作の公国が誕生した発端などの、様々な災いの元となった。この時のパンデミックは猫には発症しなかったため、病原体が殺せる生命を大方殺した後に医療省がミネットの母が作った抗体からワクチンを作った事でこのパンデミックは収まったが、他の病原体と混ざるとまたパンデミックが起きるという。ワクチンが出来たのはブレイブが正教に反旗を翻した後だった。
次元管理官
作中でどういうものなのかは語られていないが、妖狐のサブシナリオでリングアベルが就いたと語られる役職。断片的に語られる情報からシリーズ内で語られるタイムトラベルや平行世界への干渉などに関わっていると思われる。
ブレイブリーソード
次元を切り裂く魔剣。手にしたいと願う者に、その者が一番大切なものを差し出せと迫る。エンディングでリングアベルがこの世界を訪れた理由の一つがこの剣の実在の確認だと言う事が語られる、と同時に「第三の鍵」とも言われている。

プロモーション[編集]

ブレイブリーセカンド 無料で遊べる三銃士編
2014年12月10日より配信されている無料体験版。
前作同様に体験版のみのオリジナルストーリーとなっており、クリアデータの一部を製品版へ引き継ぎ可能。
早期購入キャンペーン
店舗別予約キャンペーン

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Great Distance」[2]
歌 - ryo (supercell) feat.chelly
エンディングテーマ「Last Song」[2]
歌 - ryo (supercell) feat.chelly

関連商品[編集]

書籍関連
CD関連
  • BRAVELY SECOND END LAYER Original Soundtrack

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ファミ通 2016年1月28日号』 KADOKAWA2016年、8頁。
  2. ^ a b supercell・ryo、ニューシングルのボーカルはEGOIST・chelly”. 音楽ナタリー (2015年4月2日). 2015年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]