ジャレッド・レト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャレッド・レト
Jared Leto
Jared Leto
2016年
本名 Jared Joseph Bryant[1]
別名義 Bartholomew Cubbins
生年月日 (1971-12-26) 1971年12月26日(50歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ボージャーシティ
職業 俳優ミュージシャン
活動期間 1992年 -
主な作品
ファイト・クラブ
アメリカン・サイコ
レクイエム・フォー・ドリーム
パニック・ルーム
ミスター・ノーバディ
ダラス・バイヤーズクラブ
スーサイド・スクワッド
ブレードランナー 2049
ハウス・オブ・グッチ
モービウス
 
受賞
アカデミー賞
助演男優賞
2013年ダラス・バイヤーズクラブ
ニューヨーク映画批評家協会賞
助演男優賞
2013年『ダラス・バイヤーズクラブ』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
助演男優賞
2013年『ダラス・バイヤーズクラブ』
放送映画批評家協会賞
助演男優賞
2013年『ダラス・バイヤーズクラブ』
MTVムービー・アワード
最優秀スクリーン内変身賞
2014年『ダラス・バイヤーズクラブ』
ゴールデングローブ賞
助演男優賞
2013年『ダラス・バイヤーズクラブ』
ゴールデンラズベリー賞
最低助演男優賞
2021年ハウス・オブ・グッチ
全米映画俳優組合賞
助演男優賞
2013年『ダラス・バイヤーズクラブ』
その他の賞
テンプレートを表示

ジャレッド・レト(Jared Leto, 1971年12月26日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ボージャーシティ出身の俳優ミュージシャン。兄と組んだロックバンド「サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ」のボーカルも務める。

ジャレッド・レトーとも表記される。本名はジャレッド・ジョセフ・ブライアント(Jared Joseph Bryant)。1990年代に俳優デビューし、2013年公開映画『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞など主要な映画賞で助演男優賞を獲得。

略歴[編集]

ルイジアナ州ボージャーシティ生まれだが、子供の頃は母親や2歳上の兄とともにワイオミング、コロラド、ヴァージニア、ハイチなどを転々として育つ[2]ケージャン系米国人の母親は十代で二人の息子を生んでまもなく離婚、シングルマザーとなり高校も中退、別れた父親は別の女性と結婚したがその後自殺した[3]。ジャレッドと兄のシャノンは、母方の祖父が空軍兵士だったため引っ越しの多い幼少期を送った[3]。母親はヒッピーとなり、テレビもなく食糧配給券で食いつなぐ極貧生活をしていたが、1979年にヴァージニア州の眼科医と再婚、生活も安定し妹と弟も生まれたが1981年に再び離婚した[3][4]。義父・妹弟とは離れ離れとなったが、ジャレッドと兄はそのまま義父の姓レトを名乗っている[4][3]コロラド州で3年、ハイチの首都ポルトープランスで2年近く暮らしたのち、ヴァージニア州の田舎町オークトンの高校へ通い、母親の勧めでギターを学び始める[4]。母親はハイチで医療慈善団体で働いたのち、帰国後カメラマンとなり、2007年にアクセサリー会社を起業した[4][3]。兄のシャノンは高校中退、ドラッグ中毒など荒れた青春時代を送ったが、1998年にバンドデビューし、俳優業にも携わった[4]

ジャレッドは高校卒業後、絵画を学ぶためにフィラデルフィアUniversity of the Artsに入学するが、途中で俳優を志すようになりニューヨークのSchool of Visual Artsに移った[5]

1992年にロサンゼルスに移り、最初はミュージシャンを志すが、2年後にはテレビに出演するようになる。『アンジェラ 15歳の日々』で主人公が恋するイケメンの不良役で人気となったが、その後『シン・レッド・ライン』『ファイト・クラブ』といった映画に出演し、ダーレン・アロノフスキー監督の『レクイエム・フォー・ドリーム』では麻薬中毒に陥る主人公を演じて高い評価を得た。

2013年公開の映画『ダラス・バイヤーズクラブ』において、トランスジェンダーのHIV患者を演じるために30ポンドもの減量を行った[6]。その演技は絶賛され、2013年のハリウッド映画祭においてブレイクアウト演技賞を受賞した[7]のをはじめ、アカデミー助演男優賞ゴールデングローブ賞助演男優賞放送映画批評家協会賞助演男優賞、全米映画俳優組合賞助演男優賞を受賞した[8]

2016年、『スーサイド・スクワッド』でジョーカー役を演じ話題となった[9]

2017年、マーチン・サントフリート英語版監督による映画 『アウトサイダー』で浅野忠信椎名桔平大森南朋忽那汐里HIROと共演。同作は2018年3月9日にNetflixで全世界向けに配信された。

2022年、『モービウス』で主演を務めた。この映画は「It's Morbin' time」というインターネット・ミームが大流行し、その盛り上がりもあって再上映までされた[10]

同じく2022年には、「Apple TV+」で独占配信された『WeCrashed 〜スタートアップ狂騒曲〜』というドラマで主演し、アン・ハサウェイと共演した[11]

人物[編集]

ベジタリアン[12]で映画の役作り(『チャプター27』)のために増量した時も肉は食べなかった。ちなみにその役作りの為の激太りで『ザ・ベストハウス123』(2009年1月28日放送)の「激やせ激太り自由自在!大変身を遂げたハリウッドスターBEST3」の3位に選ばれた。「第3位:ファンが失神!?イケメン俳優が見るも哀れな姿に!」で過激な増減量が紹介された。わずか2ヶ月間で30キロ増量という課題を与えられ、食事の回数を増やし、炭水化物中心の食事に。さらにアイスクリームを溶かし、それを飲んで常に胃を満腹にした[13]というのが紹介された。またレトはこの急激な体重増量が原因で一時痛風を患い、車椅子生活を送るはめになり[14]、その後、食事をハチミツレモンだけに限定し元の体重に戻ったという。

キャメロン・ディアス(元婚約者)やアシュリー・オルセンスカーレット・ヨハンソンと交際していたこともある。また、リンジー・ローハンと交際の噂もあった。

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1994 クレイジー・ウェディング
Cool and the Crazy
マイケル テレビ映画
1995 キルトに綴る愛
How to Make an American Quilt
ベック
1997 プリフォンテーン
Prefontaine
スティーブ・プリフォンテーン 森久保祥太郎
スイッチバック 追跡者
Switchback
レーン・ディクソン 宮本充
バジル
Basil
バジル
1998 ルール
Urban Legend
ポール・ガードナー 菊池正美
シン・レッド・ライン
Thin Red Line
ホワイト少尉 今井朋彦
1999 ブラック AND ホワイト
Black and White
ケイシー
ファイト・クラブ
Fight Club
エンジェル・フェイス 川島得愛(ソフト版)
堀川仁フジテレビ版)
17歳のカルテ
Girl, Interrupted
トビー・ジェイコブス 佐藤淳
2000 アメリカン・サイコ
American Psycho
ポール・アレン 高木渉(ソフト版)
中村だいぞうNetflix版)[15]
レクイエム・フォー・ドリーム
Requiem for a Dream
ハリー・ゴールドファーブ 佐久田修
サンセット・ストリップ
Sunset Strip
グレン
2002 パニック・ルーム
Panic Room
ジュニア 檀臣幸(ソフト版)[16]
高木渉(テレビ朝日版)
2004 アレキサンダー
Alexander
ヘファイスティオン 内田岳志
2005 ロード・オブ・ウォー
Lord of War
ヴィタリー・オルロフ 神奈延年
2007 チャプター27
Chapter 27
マーク・デイヴィッド・チャップマン 兼製作総指揮 阪口周平
ロンリーハート
Lonely Hearts
レイモンド・フェルナンデス 家中宏
2009 ミスター・ノーバディ
Mr. Nobody
ニモ・ノーバディ (吹き替え版なし)
2013 ダラス・バイヤーズクラブ
Dallas Buyers Club
レイヨン 第86回アカデミー賞助演男優賞受賞
第71回ゴールデングローブ賞助演男優賞受賞
第39回ロサンゼルス映画批評家協会賞助演男優賞受賞
第19回放送映画批評家協会賞助演男優賞受賞
第20回全米映画俳優組合賞助演男優賞受賞
小倉直寛
2016 スーサイド・スクワッド
Suicide Squad
ジョーカー 子安武人[17]
2017 ブレードランナー 2049
Blade Runner 2049
ニアンダー・ウォレス 桐本拓哉[18]
2018 アウトサイダー
The outsider
ニック・ローウェル 兼製作総指揮 (吹き替え版なし)
2019 A Day in the Life of America N/A 監督・製作 N/A
2021 リトル・シングス
The Little Things
アルバート・スパーマ 日本劇場未公開 阪口周平[19]
ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット
Zack Snyder's Justice League
ジョーカー 子安武人[20]
ハウス・オブ・グッチ
House of Gucci
パオロ・グッチ 桐本拓哉[21]
2022 モービウス
Morbius
マイケル・モービウス 兼製作総指揮 中村悠一[22]

テレビ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1992-1993 Camp Wilder Dexter 計2話出演 N/A
1993 Almost Home Rick Aiken 計1話出演 N/A
1994-1995 アンジェラ 15歳の日々
My So-Called Life
ジョーダン・カタラーノ 計19話出演 若林久弥
2014-2015 Into the Wild 本人 計16話出演 N/A
2022 WeCrashed 〜スタートアップ狂騒曲〜
WeCrashed
アダム・ニューマン ミニシリーズ、計8話出演
兼製作総指揮
高橋広樹

出典[編集]

  1. ^ Jared Leto” (英語). EthniCelebs. 2014年3月3日閲覧。
  2. ^ Jared Leto Biography”. allstars-online.net. 2009年10月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e Suicide Squad actor Jared Leto and his interesting personal lifeBHW, June 7, 2017
  4. ^ a b c d e EXCLUSIVE - Food stamps, living in a truck with his 'dirt poor, vagabond, hippy single mom': The heartbreak and hardship behind Jared Leto's moving Oscar tribute to his motherDaily Mail, 4 March 2014
  5. ^ Jared Leto Bio”. tv.com. 2009年10月18日閲覧。
  6. ^ 'My organs shrank!' Jared Leto admits he 'didn't eat' to lose 30lbs for The Dallas Buyers Club as he shows off healthier frame”. 2013年10月9日閲覧。
  7. ^ Jared Leto to Receive Breakout Performance Honor at Hollywood Film Awards”. 2013年10月9日閲覧。
  8. ^ “第86回アカデミー賞助演男優賞はジャレッド・レト!”. ニュースウォーカー. (2014年3月3日). https://moviewalker.jp/news/article/44843/ 2014年3月3日閲覧。 
  9. ^ ‘Suicide Squad’ Cast Revealed: Jared Leto to Play the Joker, Will Smith is Deadshot”. Variety (2014年12月2日). 2022年7月3日閲覧。
  10. ^ 『モービウス』がネットミームとなったことをきっかけにアメリカで再上映されるも、興行成績は振るわず”. IGN (2022年6月7日). 2022年7月3日閲覧。
  11. ^ ドラマ『WeCrashed スタートアップ狂騒曲』感想(ネタバレ)”. シネマンドレイク (2022年5月9日). 2022年7月3日閲覧。
  12. ^ Peta 2 Vegetarian of the Year 2007 Voting
  13. ^ Jared Leto's Weird Weight Gain/Loss Regime - Starpulse Entertainment News Blog
  14. ^ Wheelchair-bound Jared Leto - Boston.com
  15. ^ 『アメリカン・サイコ』”. 株式会社 オフィスチャープ. 2021年2月17日閲覧。
  16. ^ パニック・ルーム”. ソニー・ピクチャーズ公式. 2021年7月7日閲覧。
  17. ^ スーサイド・スクワッド”. ふきカエル大作戦!! (2016年9月10日). 2021年2月17日閲覧。
  18. ^ ブレードランナー 2049”. ふきカエル大作戦!! (2017年10月21日). 2021年2月17日閲覧。
  19. ^ リトル・シングス”. ワーナー公式. 2021年7月7日閲覧。
  20. ^ ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2021年9月21日). 2021年9月25日閲覧。
  21. ^ ハウス・オブ・グッチ -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2022年5月10日). 2022年5月10日閲覧。
  22. ^ “モービウス -日本語吹き替え版”. (2022年4月1日). https://www.fukikaeru.com/?p=17902 2022年5月31日閲覧。 

外部リンク[編集]