テニスの王子様 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テニスの王子様 > テニスの王子様 (アニメ)
テニスの王子様
ジャンル テニス少年向けアニメ
アニメ
原作 許斐剛
監督 浜名孝行
シリーズ構成 十川誠志(1話 - 75話)
冨岡淳広(76話 - 101話)
前川淳(102話 - 178話)
キャラクターデザイン 石井明治
音楽 渡部チェル
アニメーション制作 トランス・アーツ
製作 テレビ東京NAS
放送局 テレビ東京ほか
放送期間 2001年10月10日 - 2005年3月30日
話数 全178話
アニメ:新テニスの王子様
原作 許斐剛
監督 山本秀世
シリーズ構成 広田光毅
キャラクターデザイン 石井明治、入江健司、渡辺淳
音楽 渡部チェル
アニメーション制作 Production I.GM.S.C
製作 新テニスの王子様プロジェクト
放送局 テレビ東京ほか
放送期間 2012年1月4日 - 3月28日
話数 全13話
映画:テニスの王子様 -二人のサムライThe First Game-
跡部からの贈り物 〜君に捧げるテニプリ祭り〜
監督 浜名孝行
制作 劇場版テニスの王子様製作委員会2005
封切日 2005年1月29日
上映時間 94分(65分+29分)
映画:テニスの王子様 英国式庭球城決戦!
監督 多田俊介
制作 劇場版テニスの王子様プロジェクト2011
封切日 2011年9月3日
上映時間 87分
OVA
原作 許斐剛
監督 多田俊介
キャラクターデザイン 石井明治
アニメーション制作 M.S.C
製作 テニスの王子様プロジェクト
発表期間 2006年3月24日 - 2011年10月26日
話数 全34話
OVA:新テニスの王子様
原作 許斐剛
監督 山本秀世
シリーズ構成 広田光毅
キャラクターデザイン 石井明治、入江健司、渡辺淳
音楽 渡部チェル
アニメーション制作 Production I.GM.S.C
製作 新テニスの王子様プロジェクト
発表期間 2014年10月29日 - 2015年6月26日
話数 全10話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

漫画『テニスの王子様』のアニメ作品について記述する。

概要[編集]

2001年10月10日から2005年3月30日までテレビ東京系列と各地区のUHF局で水曜19時00分から19時27分[1]にて放送された。全178話(また、テレビ岩手などの系列外各局でも放送され、計19局ネットとなった)。DVDビデオ全45巻。

何度となく当初の放送期間が延期されるが[2]、ジャンプ誌上の漫画の流れよりも早くなってしまい、アニメのストーリーが原作を追い越してしまった。途中にオリジナルストーリーを入れるなどして繋いでいたが、2005年3月30日をもって放送を終了。

続編として2006年3月24日から隔月発売でOVA化が決定した。

2011年9月に『新テニスの王子様』のテレビアニメ化が発表され、2012年1月4日から3月28日まで、テレビ東京系列で放送された。

尚、2013年9月21日のテニプリフェスタ2013にて、続編である2期の制作決定が発表された[3]。2期はOVAとなる[4]

作風[編集]

原作では出番の少なかった越前南次郎、竜崎桜乃、小坂田朋香、橘杏、月刊プロテニスの記者である井上守や芝砂織などがレギュラーキャラとなり、部活動以外の日常的なストーリーも盛りこまれている。 また、放送倫理等の見地より亜久津の喫煙、選手のユニホームの着方等が原作と一部異なる。 監督の浜名孝行いわくアニメで南次郎の出番が多いのは、番組開始前の話し合いからリョーマと手塚と南次郎、この3人の関係を中心にストーリーが進むという軸が決められていたからである。演出上のこだわりやポイントは「日常シーンはリアルな描写を中心に、試合は笑っちゃうくらいのド派手で漫画っぽいシーンを心がけている」と言う[5]

試合パートでは、バトルアニメさながらの演出が特徴。当初は原作に沿った試合が描かれていたが、2年目よりアニメオリジナルの演出が増加。物語後半には竜巻を巻き起こす突如異次元にワープする瞬間移動するなどバトルアニメの様相[6]を醸し出していた。この作品傾向は後の劇場版やOVAに受け継がれた。

日常パートでは、アニメオリジナルストーリーを中心に、キャラクター性を最大限に生かした物語が展開された。当初はキャラクターの試合合間を描く程度だったが、こちらも物語の進行とともに増加していき、テニスの話題が全く出ない話やキャラクターのドタバタを描くに終始する話が展開[7]。最終的には「チビキャラの王子様」と呼ばれるデフォルメ化したキャラクターを使用したショートコントが登場。青春学園メンバーをひとつの家族に見立てたパラレル作品となっている[8]。原作漫画に数々の要素を加えた意欲的な作品となっている。

関連エピソード[編集]

青春学園レギュラーを演じる声優たちを中心に、原作者の主催する「寿司テニス部」が存在する。

テレビアニメ第1期[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 浜名孝行
  • シリーズ構成 - 十川誠志(1話 - 75話)、冨岡淳広(76話 - 101話)、前川淳(102話 - 178話)
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 石井明治
  • キャラクターデザイン補 - 高橋成之
  • 美術監督 - 川井憲
  • 撮影監督 - 橘高敬司、桑原賢治
  • 色彩設計 - 赤間三佐子
  • 編集 - 布地由美子、野尻由紀子
  • 音楽 - 渡部チェル
  • 音響監督 - 平光琢也
  • アニメーション制作 - トランス・アーツ
  • アニメーション制作協力 - Production I.G
  • アニメーションプロデューサー - 菅野和人
  • ラインコーディネーター(102話 - 178話) - すぎやまあつお、森田俊昭
  • プロデューサー - 具嶋朋子(1話 - 79話)→松山進(80話 - 178話)、すぎやまあつお(1話 - 101話)→高橋知子(102話 - 178話)
  • 製作 - テレビ東京、NAS

主題歌[編集]

オープニングテーマ
  1. future(2001年10月 - 2002年4月)第1話 - 第26話
    • 作詞 - 青木裕光 / 作曲 - UZA / 編曲 - ABS faces / 歌 - HIRO-X
  2. Driving Myself(2002年4月 - 2002年10月)第27話 - 第53話
    • 作詞 - Hassy / 作曲 - 渋谷郁央 / 編曲 - ABS faces / 歌 - HIRO-X
  3. Make You Free(2002年10月 - 2003年3月)第54話 - 第75話 [男性版と女性版を交互に放映]
    • 作詞 - 真琴 / 作曲 - 渋谷郁央 / 編曲 - 渋谷郁央、藤田宜久 / 歌 - Kimeru[男性版]、hisoca[女性版]
  4. LONG WAY(2003年4月 - 2003年10月)第76話 - 第101話
    • 作詞 - 野口圭 / 作曲・編曲 - 渋谷郁央 / 歌 - Ikuo
  5. FLY HIGH(2003年10月 - 2004年4月)第102話 - 第128話
  6. Shining/Paradise(2004年4月 - 12月)第129話 - 第165話 [ParadiseはShiningの曲調をアレンジ、歌詞も変えて154話から放映]
    • 作詞 - 鳥海雄介 / 作曲・編曲 - 島田充 / 歌 - 白井裕紀
  7. Dream Believer(2005年1月 - 3月30日)第166話 - 最終話
    • 作詞 - tangerine. / 作曲・編曲・歌 - 真崎修
エンディングテーマ
  1. You got game?(2001年10月 - 2002年4月)第1話 - 第26話
    • 作詞 - TSUTOMU / 作曲 - 藤田宜久 / 編曲・歌 - Kimeru
  2. Keep Your Style(2002年4月 - 2002年10月)第27話 - [Keep Your Styleとwalk onを適宜使い分け]
  3. walk on(2002年6月 - 2002年9月)第36話 -
    • 作詞 - 藤重政孝 / 作曲・編曲 - 石井妥師 / 歌 - 藤重政孝
  4. White Line(2002年10月 - 2003年3月)第54話 - 第75話
    • 作詞・作曲 - UZA / 編曲 - UZA、藤田宜久 / 歌 - 青酢
  5. 風の旅人(2003年4月 - 2003年10月)第76話 - 第101話
    • 作詞 - 大久保理、川野淳一郎 / 作曲 - 石井妥師 / 編曲 - 有賀啓雄 / 歌 - ふれあい
  6. SAKURA(2003年10月 - 2004年6月)第102話 - 第141話
    • 作詞・作曲 - 浜口祐夢 / 編曲 - 菊地圭介 / 歌 - 浜口祐夢
  7. Wonderful Days(2004年7月 - 12月)第142話 - 第165話 [第140話でキャラクターユニットによる歌を披露]
  8. LITTLE SKY(2005年1月 - 3月30日)第166話 - 最終話
    • 作詞 - 鳥海雄介 / 作曲・編曲・歌 - 福士健太郎

各話リスト[編集]

放送局[編集]

時差、週遅れ放送局も含む。

劇場版[編集]

劇場アニメ第1弾[編集]

二人のサムライ The First Game[編集]

劇場版 テニスの王子様
二人のサムライ The First Game
監督 浜名孝行
脚本 前川淳
出演者 皆川純子
音楽 渡部チェル
主題歌 SCRIPT青春グローリー
製作会社 劇場版テニスの王子様製作委員会
配給 松竹
公開 2005年1月29日
上映時間 65分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億6000万円[11]
次作 劇場版 テニスの王子様 英国式庭球城決戦!
テンプレートを表示

劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game』。2005年1月29日、テレビアニメ版とほぼ同様の製作スタッフにより劇場アニメ化。全国ロードショー。実製作を担当したのはProduction I.G。作中では越前リョーガが常にオレンジを持ち歩いており、テニスボールのメタファーでリョーマとリョーガの過去を結ぶアイテムとなっている。テニスシーンではオーラや炎の柱を吹き上げ、空を舞う戦いが繰り広げられた。その他にも不二の「羆落とし」、手塚の「手塚ゾーン」、リョーマの「サイクロンスマッシュ」など派手な演出が展開される。特に手塚ゾーンの恐竜が滅亡するシーンは『週刊少年ジャンプ』のアニメ記事において「これが本当にテニス!?」と紹介された。また、ゲスト声優として西岡徳馬山崎裕太インパルスが出演した。

キャッチコピーは「選ばれし者たちだけの銀幕(ステージ)! 今始まる、運命のファーストゲーム!!」。

あらすじ[編集]

青学テニス部は、テニス好きの大富豪桜吹雪彦麿の主催する豪華客船での船上パーティーのメインイベントとして企画されたエキシビジョンマッチに招かれて参加する。船上で越前リョーマは幼い頃に別れた義兄で桜吹雪チームを率いる越前リョーガと再会する。ところが船内には不審な様子があり、試合の実態は桜吹雪の企む賭テニスであった。青学メンバーは桜吹雪から八百長試合を持ちかけられ脅されるが、要求を退け当日午前の部では桜吹雪チームを撃退する。

ゲストキャラクター[編集]
スタッフ[編集]
  • 監督 - 浜名孝行
  • 脚本 - 前川淳
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 石井明治
  • キャラクターデザイン補佐 - 植田実
  • 絵コンテ - 布施木一喜、山崎浩司、浜名孝行
  • 演出 - 布施木一喜、山崎浩司
  • 作画監督 - 谷津美弥子、植田実
  • 美術監督 - 平田秀一
  • 撮影監督 - 江面久
  • 色彩設計 - 吉田小百合
  • 編集 - 植松淳一
  • 音楽 - 渡部チェル
  • 音響監督 - 平光琢也
  • プロデューサー - 高橋知子、松山進、川口徹
  • アニメーション制作 - Production I.G
  • 制作 - NAS
  • 配給 - 松竹
  • 製作 - 劇場版テニスの王子様製作委員会2005(NAS、松竹、集英社、テレビ東京、Production I.G)
主題歌[編集]
青春グローリー
作詞・作曲 - 佐々木收 / 編曲・歌 - SCRIPT

跡部からの贈り物[編集]

劇場版 テニスの王子様
跡部からの贈り物
〜君に捧げるテニプリ祭り〜
監督 浜名孝行
脚本 志茂文彦
出演者 諏訪部順一
音楽 渡部チェル
主題歌 青酢+キャップと瓶『DEPARTURES』
製作会社 劇場版テニスの王子様製作委員会
配給 松竹
公開 2005年1月29日
上映時間 29分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

劇場版 テニスの王子様 跡部からの贈り物 〜君に捧げるテニプリ祭り〜』。二人のサムライThe First Game 同時上映。

あらすじ[編集]

跡部が各校のテニス部を集めて大規模な学園祭風のパーティーを開く。実はこのパーティーにはある目的があったのだが…。

スタッフ[編集]
  • 監督・絵コンテ - 浜名孝行
  • 脚本 - 志茂文彦
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 石井明治
  • キャラクターデザイン補佐 - 高橋成之
  • 演出 - 高橋順
  • 作画監督 - 高橋成之、飯塚晴子
  • 美術監督 - 串田達也
  • 撮影監督 - 橘高敬司、桑原賢治
  • 色彩設計 - 赤間三佐子
  • 編集 - 植松淳一
  • 音楽 - 渡部チェル
  • 音響監督 - 平光琢也
  • プロデューサー - 高橋知子、松山進、川口徹、森田俊昭
  • アニメーション制作 - トランス・アーツ
  • アニメーション制作協力 - Production I.G
  • 制作 - NAS
  • 配給 - 松竹
  • 製作 - 劇場版テニスの王子様製作委員会2005(NAS、松竹、集英社、テレビ東京、Production I.G)
主題歌[編集]
「DEPARTURES」
作詞 - 斉藤真也 / 作曲 - 石井豊 / 編曲 - 福士健太郎 / 歌 - 青酢+キャップと瓶
挿入歌[編集]
「BRAND NEW DAY」
作詞・作曲 - 福士健太郎 / 編曲 - 守尾崇、福士健太郎 / 歌 - 3グァバトリオ

劇場アニメ第2弾[編集]

劇場版 テニスの王子様
英国式庭球城決戦!
監督 多田俊介
脚本 広田光毅
出演者 皆川純子
音楽 渡部チェル
主題歌 AAAI4U
製作会社 Production I.G
M.S.C
配給 松竹
公開 2011年9月3日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億5400万円[12]
前作 劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game
劇場版 テニスの王子様 跡部からの贈り物 〜君に捧げるテニプリ祭り〜
テンプレートを表示

劇場版 テニスの王子様 英国式庭球城決戦!』(げきじょうばん テニスのおうじさま えいこくしきていきゅうじょうけっせん)。『10周年記念プロジェクト』として、2011年9月3日に公開[13]。メインスタッフはOVA版とほぼ同様。実製作を担当するのはProduction I.GM.S.C

キャッチコピーは「こんなに熱くて、こんなに切ない テニプリ見たことない。

全国28スクリーンという小規模公開ながら、2011年9月3、4日の初日2日間で興収3,943万5,800円、動員2万8,227人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第12位となった。これはスクリーンアベレージの興行収入が140万8,421円と土日公開作品の中では第1位となる[14]。また10、20代の女性から圧倒的な人気を集め、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第1位と高評価されている[15]。前作同様ゲスト声優として早乙女太一大東俊介が出演した。

ゲストキャラクター[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 多田俊介
  • 脚本 - 広田光毅
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 石井明治
  • 絵コンテ - 多田俊介、山本秀世、寺岡巌
  • 演出 - 多田俊介、山本秀世、松澤建一、宇井良和
  • 作画監督 - 石井明治、高橋成之、中山由美
  • エフェクト作画監督 - 石田慶一
  • 美術監督 - 皆谷透
  • 色彩設計 - 津守裕子
  • 撮影監督 - ひらのりゅうじ
  • 編集 - 布地由美子、野尻由紀子
  • 音楽 - 渡部チェル
  • 音響監督 - 平光琢也
  • プロデューサー - 松下洋子
  • アニメーション制作 - Production I.G、M.S.C
  • 制作 - NAS
  • 配給 - 松竹
  • 製作 - 劇場版テニスの王子様プロジェクト2011(NAS、集英社、Production I.G、バンダイビジュアル、マーベラスエンターテイメント、テレビ東京)

主題歌[編集]

I4U
歌 - AAA

OVA[編集]

『全国大会篇』として2006年3月から隔月で全7巻で発売、2007年6月からは第2シリーズとなる『全国大会篇 Semifinal』が全3巻で発売され、2008年4月からは第3シリーズである『全国大会篇 Final』が全4巻で発売された。そして、2009年5月から外伝として第4シリーズの『ANOTHER STORY 〜過去と未来のメッセージ』が全2巻で発売となった。また、音声特典として他校キャラによるオーディオコメンタリーがついている。2011年8月からは同じく外伝として『ANOTHER STORY II 〜アノトキノボクラ』が全2巻で発売された。

アニマックスで2008年に全国大会篇Vol.1からVol.7が単発放送されたあと、同じくアニマックスで2009年3月からレギュラー放送された。

2010年1月10日から3月21日まで、NHK BS2で全国大会篇全13話が放送された。

2011年10月5日から12月28日まで、テレビ東京にて『テニスの王子様 ベストマッチ』として、全国大会篇Semifinalと全国大会篇Finalが放送された。

スタッフ(OVA)[編集]

主題歌(OVA)[編集]

オープニングテーマ
  1. Flower-咲乱華-(Vol.1 - Vol.5)
  2. 抱えたキセキ(Vol.6 - Semifinal Vol.1)
    • 作詞 - 綿貫辰也 作曲・編曲 - Sly 歌 - 青酢
  3. 恋の激ダサ絶頂!(Semifinal Vol.2 - Semifinal Vol.3)
  4. ACROSS MY LINE(Final Vol.1 - Final Vol.3)
    • 作詞 - 鳥海雄介 作曲・編曲 - 大野宏明 歌 - 越前リョーマ(皆川純子
  5. brand-new HEAVEN(ANOTHER STORY Vol.1 - ANOTHER STORY Vol.2)
  6. アオゾラSTAGE(ANOTHER STORY II Vol.1 - ANOTHER STORY II Vol.2)
    • 作詞 - 井筒日美 / 作曲・編曲 - corin. / 歌 - by断ち切り隊
エンディングテーマ
  1. ハロー&グッバイ(Vol.1 - Vol.5)
  2. 不条理(Vol.6 - Vol.7)
  3. サンキュー!!(Semifinal Vol.1 - Semifinal Vol.3)
  4. や・き・に・く(Final Vol.0)
  5. Dear Prince〜テニスの王子様達へ〜(Final Vol.1 - Final Vol.3)
  6. 色褪せないあの空へ(ANOTHER STORY Vol.1〈前〉 - ANOTHER STORY Vol.2〈前〉)
  7. 坂道の果てへ(ANOTHER STORY Vol.1〈後〉)
  8. 終わらない愛(ANOTHER STORY Vol.2〈後〉)
    • 作詞 - 東山綾 / 作曲 - 池月源 / 編曲 - 竹中文一 / 歌 - 立海ヤング漢
  9. HIKARI(ANOTHER STORY II Vol.1 - ANOTHER STORY II Vol.2)

各話リスト(OVA)[編集]

巻数 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 発売日
全国大会篇
Vol.1 1 帰ってきた王子様 坂井史世 橘正紀 多田俊介 入江健司 2006年
3月24日
Vol.2 2 Hot&Cool 時村尚 佐藤雅弘 橋本昌和 宮脇千鶴 5月26日
3 The fourth counter 広田光毅 山本秀世 渡辺淳
Vol.3 4 菊丸ひとりぼっち 竹内利光 杉谷光一 飯塚晴子 7月28日
5 いちばん長い夏 時村尚 伊藤真朱 高橋成之
Vol.4 6 殺し屋と呼ばれる男 広田光毅 橘正紀 多田俊介 入江健司 9月22日
7 ビーチバレーの王子様!? 竹内利光 橋本昌和 宮脇千鶴
Vol.5 8 嵐の予感 坂井史世 山本秀世 渡辺淳 11月24日
9 折れない心 時村尚 山田健学 安藤貴史 浜森理宏
INVITATION INVITATION DVD
12月22日
Vol.6 10 短期決戦 竹内利光 杉谷光一 多田俊介 飯塚晴子 2007年
1月26日
11 手塚国光 坂井史世 橋本昌和 宮脇千鶴
Vol.7 12 ふたり 広田光毅 橘正紀 多田俊介 入江健司 3月23日
13 死闘・帝王VS王子様 時村尚 山本秀世 石井明治
全国大会篇 Semifinal
Vol.1 1 四天宝寺VS不動峰 坂井史世 山田健学 高島大輔 石井明治 6月22日
2 咆哮 時村尚 山本秀世 入江健司
Vol.2 3 お笑いテニスの恐怖 竹内利光 橋本昌和 9月25日
4 青学のお荷物 広田光毅 山本秀世 渡辺淳
FAN DISC White heat Remix
12月21日
Vol.3 5 二つの扉 時村尚 浜名孝行 多田俊介 石井明治 2008年
1月25日
6 一球勝負! 坂井史世 山本秀世 入江健司
全国大会篇 Final
Vol.0 0 焼肉の王子様 竹内利光 橋本昌和 誉田晶子 石井明治
渡辺淳
入江健司
4月25日
Vol.1 1 頂上対決! 広田光毅 山本秀世 渡辺淳 7月25日
2 オレたちのやりかた 坂井史世 山田勝久 高島大輔 澤田譲治
Vol.2 3 真昼に星は見えるか!? 時村尚 山本秀世 入江健司 10月24日
4 心をひとつに 竹内利光 浜名孝行 犬川犬夫 飯塚晴子
FAN DISC The Time Comes Around Remix
12月19日
Vol.3 5 最終決戦! 王子様VS神の子 坂井史世 山本秀世 多田俊介 渡辺淳 2009年
1月23日
6 Dear Prince〜テニスの王子様達へ〜 山本秀世 石井明治
ANOTHER STORY 〜過去と未来のメッセージ
Vol.1 1 ナニワの王子様 前篇 広田光毅 多田俊介 安藤貴史 石井明治 5月26日
2 風雲少年跡部 坂井史世 山本秀世 入江健司
Vol.2 3 ナニワの王子様 後篇 広田光毅 多田俊介 9月25日
4 立海烈伝〜王者に挑む反逆児〜 坂井史世 山本秀世 渡辺淳
FAN DISC 〜Message in a bottle〜 広田光毅 渡辺淳
鈴木健太郎
多田俊介 12月22日
ANOTHER STORY II 〜アノトキノボクラ
Vol.1 1 誕生! 部長 白石蔵ノ介 竹内利光 多田俊介 安藤貴史 沼津雅人 2011年
8月26日
2 青春学園七不思議 広田光毅 松澤健一 山崎展義
森田史
Vol.2 3 九州二翼 坂井史世 多田俊介 高島大輔 中山由美 10月26日
4 ジローの目覚め 広田光毅 松澤健一 石井明治
森田史

ペアプリDVD[編集]

セルDVDとして制作販売。全8巻。タイトルキャラクターのTVシリーズから各1話ずつ抜粋しナレーションを新録及び、ちびキャラ傑作選としてTVシリーズから1話再録。90秒のキャラクター紹介。新作ピクチャードラマを1話収録されている。

ピクチャードラマスタッフ[編集]

  • 監督 - 多田俊介
  • 脚本 - 竹内利光
  • 絵コンテ - 橋本昌和
  • 演出 - 鈴木健太郎
  • 作画監督 - 西畑あゆみ
  • アニメーション制作 - M.S.C
  • アニメーション制作協力 - Production I.G
  • 制作 - NAS

各話リスト(ペアプリDVD)[編集]

  1. 手塚国光×跡部景吾『手塚×跡部÷小春』 - 2010年6月25日
  2. 不二周助×不二裕太『不二兄弟の放課後』 - 2010年6月25日
  3. 亜久津仁×切原赤也『イニシャルA』 - 2010年8月27日
  4. 大石秀一郎×菊丸英二『カイ☆パラ』 - 2010年8月27日
  5. 千石清純×佐伯虎次郎『渚のモテモテウォッチング』 - 2010年10月27日
  6. 海堂薫×宍戸亮『お前の気持ちがわからない』 - 2010年10月27日
  7. 乾貞治×忍足侑士『どっちのメガネショー』 - 2010年12月22日
  8. 越前リョーマ×真田弦一郎『海原祭!』 - 2010年12月22日

ジャンプフェスタ[編集]

両作は2004年2月25日にDVD『テニスの王子様 DVD FAN DISC EXTRA Remix -Dream Session-』に収録。

2002年版[編集]

テニスの王子様 A DAY OF SURVIVAL MOUNTAIN 〜恐怖の強化トレーニング〜』は、『ジャンプフェスティバル2002』で上映。

スタッフ(JAF2002)[編集]

  • 監督・絵コンテ - 浜名孝行
  • 脚本 - 十川誠志
  • 演出 - 高橋順
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 石井明治
  • 作画監督 - 植田実
  • 美術監督 - 赤石聖子
  • 音楽 - 渡部チェル
  • 音響監督 - 平光琢也
  • プロデューサー - すぎやまあつお、高橋知子
  • 制作 - NAS
  • 製作・著作 - 集英社

2003年版[編集]

テニスの王子様 THE BAND OF PRINCES FILM KICK THE FUTURE!』は、『ジャンプフェスティバル2003』で上映。ミュージッククリップ風の内容。

スタッフ(JAF2003)[編集]

楽曲[編集]

「ロック☆54!? 〜ロックな人をさがしてみよう〜」
作詞・作曲 - UZA / 編曲 - 藤田宜久 / 歌 - 青学ユニット青酢&キャップと瓶
「BIRTHDAY 〜歩き始めた日〜」
作詞・作曲 - UZA / 編曲 - 佐々木章 / 歌 - 青学ユニット(青酢&キャップと瓶)

新テニスの王子様[編集]

2012年1月から3月まで、テレビ東京ほかにて放送された。OVAはDVD&Blu-ray各巻に収録。

スタッフ(新)[編集]

  • 原作 - 許斐剛集英社ジャンプSQ.」連載)
  • 監督・絵コンテ - 山本秀世
  • シリーズ構成 - 広田光毅
  • キャラクターデザイン - 石井明治、入江健司、渡辺淳
  • 美術監督 - 沖吉真由美
  • 美術設定 - 川井憲
  • 色彩設計 - 津守裕子
  • 撮影監督 - 斉藤朋美
  • 編集 - 布施由美子、野尻由紀子
  • 音響監督 - 平光琢也
  • 音楽 - 渡部チェル
  • アニメーションプロデューサー - 松井正一
  • プロデューサー - 奈良初男、三浦直樹
  • アニメーション制作 - Production I.GM.S.C
  • 制作 - NAS
  • 製作 - 新テニスの王子様プロジェクト(NAS、Production I.G、バンダイビジュアルマーベラスAQL、テレビ東京、集英社)

主題歌(新)[編集]

オープニングテーマ「未来の僕らへ」
作詞 - 夏ノ芹子 / 作曲 - 河村佳希 / 編曲 - あおい吉勇 / 歌 - 藤澤ノリマサ
エンディングテーマ「ENJOY」
作詞 - 加藤碧、UZA / 作曲 - Rie / 編曲 - 水島康貴 / 歌 - 網球男児

各話リスト(新)[編集]

話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 放送日
1 王子様の帰還 広田光毅 多田俊介 入江健司 2012年
1月4日
2 地獄の番人 坂井史世 高橋順 渡辺淳 1月11日
3 同士討ち 竹内利光 齊藤淳一 西畑あゆみ 1月18日
4 部長の選択 時村尚 多田俊介 中西彩 1月25日
5 勝者そして敗者 広田光毅 喜多谷充 入江健司 2月1日
6 心の崖 竹内利光 齊藤淳一 飯飼一幸 2月8日
7 ゼロからのスタート 時村尚 前島健一 阿部千秋
泉保良輔
2月15日
8 スペシャルミッション 竹内利光 松澤建一 中西彩 2月22日
9 進化と変化 坂井史世 細田雅弘 山崎展義
小山知洋
2月29日
10 さらば 手塚国光 高島大輔 渡辺淳
飯飼一幸
3月7日
11 約束 齊藤淳一 石井明治 3月14日
12 革命の火蓋 広田光毅 布施康之 福永純一
ホンソクビョ
3月21日
13 輝ける君たちへ 山本秀世 入江健司
石井明治
3月28日
OVA(映像特典)
1 招聘前夜 広田光毅 松澤建一 石井明治 4月20日
2 神の子VS皇帝 坂井史世 渡辺淳
飯飼一幸
6月22日
3 伝説を継ぐ者たち 広田光毅 山本秀世 入江健司 8月24日
4 勝者の意味 坂井史世 布施康之 石井明治 10月26日
5 男たちの絆 前川淳 松澤建一 渡辺淳 12月21日
6 天使と聖書(バイブル) 山本秀世 入江健司 2013年
2月22日
7 ヒミツの王子様 竹内利光 石井明治 4月24日

放送局(新)[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2012年1月4日 - 3月28日 水曜 25:50 - 26:20 テレビ東京系列
愛知県 テレビ愛知 2012年1月5日 - 3月29日 木曜 25:30 - 26:00
大阪府 テレビ大阪 2012年1月6日 - 3月30日 金曜 26:10 - 26:40
北海道 テレビ北海道 2012年7月31日 - 8月17日 月曜 - 金曜 8:00 - 8:30 おはようまんが」枠内での放送
日本全域 AT-X 2012年1月13日 - 4月6日 金曜 10:30 - 11:00
アニメ専門CS放送 リピート放送あり
ニコニコ生放送 2012年1月29日 - 4月1日 日曜 24:30 - 25:00 ネット配信 第1話 - 第4話は23:30から4話連続放送
ニコニコチャンネル 2012年1月30日 - 4月2日 月曜 25:00 更新 第5話より最新話1週間限定配信
それ以外は第1話含めて有料配信
BSジャパン 2012年4月7日 - 6月30日 土曜 23:30 - 24:00 テレビ東京系列
BS放送
アニマックス 2013年8月6日 - 10月29日 火曜 19:30 - 20:00 アニメ専門BS/CS放送 リピート放送あり

新テニスの王子様 OVA[編集]

新テニスの王子様 OVA2 vs Genius10』は、2014年10月29日より発売のOVAシリーズ。全5巻各2話ずつ収録。映像特典として4コマアニメ『放課後の王子様』も収録。スタッフは新テレビシリーズと同様。

主題歌(OVA・新)[編集]

オープニングテーマ『革命への前奏曲(プレリュード)』
作詞 - 石川絵理 / 作曲 - 園田健太郎 / 編曲 - ROUND4 / 歌 - 跡部景吾
エンディングテーマ『Party Time』
作詞 - 沖田津永 / 作曲・編曲 - コモリタミノル
歌 - キャップと瓶(第1話)、氷帝エタニティ(第2話)、STONES(第3話)、プルタブと缶(第4話)、GIGS(第5話)、
立海ヤング漢(第6話)、網球男児(第7話)、by断ち切り隊(第8話)、青酢(第9話)、テニプリオールスターズ(第10話)

各話リスト(OVA・新)[編集]

巻数 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 発売日
Vol.1 第1話 革命への前奏曲(プレリュード) 広田光毅 山本秀世 山本秀世 石井明治 2014年
10月29日
第2話 激戦開始 竹内利光 徳本善信 高橋成之
Vol.2 第3話 鏡像と虚像 坂井史世 多田俊介 八木澤修平 12月25日
第4話 決戦前夜 前川淳 松澤建一 渡辺淳
Vol.3 第5話 最強のペア 坂井史世 山本秀世 石井明治 2015年
2月20日
第6話 裏切りと交渉 前川淳 徳本善信 入江健司
Vol.4 第7話 10球を抱いて眠れ 竹内利光 山本秀世 遠藤大輔 4月24日
第8話 皇帝と怪物 坂井史世 佐藤清光 翁長くみこ
Vol.5 第9話 覚悟 広田光毅 山本秀世 渡辺淳 6月26日
第10話 導かれし者たち 徳本善信 石井明治

テニスの王子様 BEST GAMES!![編集]

『テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚 vs 跡部』

劇場版プロジェクト第2弾[16]として2018年8月24日より劇場公開。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 水曜19時00分枠のアニメは1984年3月終了の『リトル・エル・シドの冒険』以来17年半ぶりである。
  2. ^ 当初の放送期間は1年であったが好評により1年単位で放送期間が延長していった。詳しくはテレビ東京公式サイトを参照
  3. ^ “『新テニスの王子様』続編制作決定! 「テニプリフェスタ2013」でサプライズ発表”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2013年9月21日). http://www.crank-in.net/game_animation/news/26869 2013年9月22日閲覧。 
  4. ^ 新テニスの王子様アニメ公式twitterより
  5. ^ 集英社「浜名孝行監督トークラリー」『テニスの王子様Animation Album SMASH!』2004年1月20日、122-123頁
  6. ^ 141話跡部×真田 頂上決戦!、158話念願の対決 リョーマVSケビン、170話さよなら王子様 他
  7. ^ 98話ビリヤードの王子様 、99話呪いのラケット、115話番外編ショートストーリー、161話走れ、桃!
  8. ^ 132話ゆかいなテニプリ一家/続・ゆかいなテニプリ一家、165話テニプリ一家ハワイに行く!?/テニプリ一家のクリスマス 他
  9. ^ テレビ放送では「青学VS王者立海大勝つのはおれだ!〈前編〉」
  10. ^ テレビ放送では「青学VS王者立海大勝つのはおれだ!〈後編〉」
  11. ^ 「2005年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2006年平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社2006年、 178頁。
  12. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 206頁
  13. ^ 公式サイト”. 2011年4月9日閲覧。
  14. ^ 『ハリポタ』が『パイレーツ』を抜いて本年度興収ナンバーワンに躍り出た!ネイチャードキュメント『ライフ』が初登場首位!シネマトゥデイ 2011年9月7日
  15. ^ 女性に大人気! 劇場版“テニプリ”に高い満足度
  16. ^ 第1弾は2017年12月より過去の劇場作品を上映する『応援上映』。

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 水曜19:00枠
(本作以降アニメ枠)
前番組 番組名 次番組
いい旅・夢気分
※19:00 - 20:00
【水曜20:00枠に移動】
テニスの王子様
テレビ東京 水曜25:50枠
テニスの王子様 ベストマッチ
新テニスの王子様