マンダロリアン (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Mandalorian
マンダロリアン
The Mandalorian.svg
ジャンル アクション
アドベンチャー
スペース・ウェスタン
原作 ジョージ・ルーカス
スター・ウォーズ
原案 ジョン・ファヴロー
脚本 ジョン・ファヴロー
出演者
作曲 ルドウィグ・ゴランソン
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 1
話数 8(各話リスト)
製作
製作総指揮
撮影監督 グリーグ・フレイザー
製作 ルーカスフィルム
放送
放送チャンネル Disney+
ディズニーデラックス(日本)
放送期間 2019年11月12日 - 放送中
テンプレートを表示

マンダロリアン』(The Mandalorian)は、2019年11月12日よりDisney+にて配信されている、アメリカ合衆国ルーカスフィルム(ウォルト・ディズニー・スタジオ)が製作するスペースオペラインターネットテレビシリーズである[1]

概要[編集]

シリーズは『スター・ウォーズ』の世界を舞台とし、『ジェダイの帰還』から5年後、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の25年前に始まる。銀河帝国の崩壊からファースト・オーダーの出現の間、新銀河共和国の手が行き届かない地で活動する孤独なマンダロリアンガンファイターが描かれる[2]

脚本・企画・ショーランナージョン・ファヴローが務め、エグゼクティブ・プロデューサーとしては他にデイヴ・フィローニ英語版キャスリーン・ケネディコリン・ウィルソンが参加する。出演はペドロ・パスカルジーナ・カラーノニック・ノルティジャンカルロ・エスポジートエミリー・スワローカール・ウェザースオミッド・アブタヒ英語版ヴェルナー・ヘルツォークらである。第1シーズンは8話からなる[3][4]。シーズン2の製作も決定している[5]

日本では、2019年12月26日からウォルト・ディズニー・ジャパンNTTドコモとの連携によって運営されている日本限定の動画配信サービスディズニーデラックス」で配信を開始した[6][7][8][9][10][11]

エピソード[編集]

通算
話数
タイトル [12]監督 [13]脚本 [14]放送日 [15]
1"マンダロリアン"
"Chapter 1: The Mandalorian"
デイブ・フィローニ英語版ジョン・ファヴロー2019年11月12日 (2019-11-12)
銀河帝国の崩壊から5年後の惑星ネヴァロで、"マンダロリアン"はグリーフ・カルガに斡旋されて、帝国とつながる謎のクライアントから名前の分からない50歳の"獲物"の殺害あるいは捕獲を依頼される。クライアントの仲間のドクター・パーシングは生きたまま連れ帰るよう念を押す。"マンダロリアン"は前金として受け取った神聖なるベスカー鋼をもってマンダロリアンのアーマラーのところに行き、鎧の肩当てを作らせる。"マンダロリアン"は"獲物"がいる惑星アルバラー7に行き、地元民アグノートの農民クイールの助けを得る。ドロイドの賞金稼ぎIG-11と組んで防御の固いキャンプに入り、"獲物"がヨーダと同じ種族の幼児ザ・チャイルドであることを知る。ザ・チャイルドを殺そうとしたIG-11を破壊する。
2"ザ・チャイルド"
"Chapter 2: The Child"
リック・ファミュイワジョン・ファヴロー2019年11月15日 (2019-11-15)
ザ・チャイルドを連れて船に戻る途中、"マンダロリアン"はトランドーシャンの賞金稼ぎの奇襲を撃退する。自船レイザー・クレストに戻ると、ジャワが部品を持ち去っている。"マンダロリアン"はジャワのサンドクローラーに乗り込むが振り落とされる。翌日、クイールの仲立ちでジャワと交渉して"卵"と交換に船の部品を取り戻す取引を結ぶ。"マンダロリアン"は洞窟に住む犀のごときマッドホーンと戦うが追いつめられる。だがザ・チャイルドがフォースを使ってマッドホーンを浮上させ、驚いた隙に"マンダロリアン"がマッドホーンを殺して"卵"を持ち帰る。船の部品を取り戻した"マンダロリアン"はクイールと共に船を修理し、ザ・チャイルドを連れて惑星を離れる。
3"罪"
"Chapter 3: The Sin"
デボラ・チョウ英語版ジョン・ファヴロー2019年11月22日 (2019-11-22)
"マンダロリアン"はネヴァロに戻ってザ・チャイルドをクライアントに渡し、賞金として大量のベスカー鋼を手に入れる。ザ・チャイルドをどうするのかと尋ねるが、賞金稼ぎギルドの規約を盾にされて回答は得られない。マンダロリアンたちの秘密の隠れ家に戻り、アーマラーにベスカー鋼を渡し、鎧の胸当てを作らせ、残ったベスカー鋼はマンダロリアンの未来のために寄付する。グリーフ・カルガから新しい仕事を受けるが、罪悪感からクライアントの基地に戻る。多くのストームトルーパーを倒し、ドクター・パーシングの実験室からザ・チャイルドを取り返す。船に戻る途中、グリーフ・カルガら多くの賞金稼ぎに襲われザ・チャイルドを返すよう求められるが拒否する。激しい戦いで追い詰められると、隠れ家から多数のマンダロリアンが援護に現れる。"マンダロリアン"はザ・チャイルドと共に船でネヴァロを離れる。
4"楽園"
"Chapter 4: Sanctuary"
ブライス・ダラス・ハワードジョン・ファヴロー2019年11月29日 (2019-11-29)
"マンダロリアン"はザ・チャイルドを連れ、身を隠すために人口の少ない惑星に来て、元反乱軍ショック・トルーパーのキャラ・デューンに会う。二人は戦い、キャラは惑星を離れるよう言う。"マンダロリアン"が出発の準備をしているところに村人が現れ、クラトゥイニアンの襲撃者から守ってくれるよう依頼する。"マンダロリアン"は宿と金を受け取って引き受け、キャラを仲間として雇う。ヘルメットについて聞かれ、子供のころから誰にも顔を見せていないと答える。"マンダロリアン"とキャラは襲撃者がAT-ST (全地形対応偵察トランスポート)を持っていることを知るが、村人は逃げようとしない。二人は村人を戦闘訓練し、AT-STに罠をしかける。襲撃があり、AT-STは破壊され、生き残った襲撃者は逃げる。"マンダロリアン"は村の子供たちと楽しそうに遊ぶザ・チャイルドを置いて、1人で惑星を離れようと考える。だがザ・チャイルドにロックされた追跡装置を持つギルドの賞金稼ぎが現れて、キャラに殺される。村も安全でないことを知った"マンダロリアン"はザ・チャイルドを連れて惑星を離れる。
5"ガンファイター"
"Chapter 5: The Gunslinger"
デイブ・フィローニデイブ・フィローニ2019年12月6日 (2019-12-06)
"マンダロリアン"はザ・チャイルドを求める賞金稼ぎの宇宙船を返り討ちにし、損傷した船の修理のためにタトゥイーンに降りてぺリ・モットーの修理工場に来る。修理費を稼ぐために酒場で仕事を探し、ギルドに加入しようとする若い賞金稼ぎのトロ・カリカンに出会う。"マンダロリアン"はカリカンを助けて危険な傭兵であるフェネック・シャンドを捕まえる。スピーダーの一機が壊れ、カリカンがシャンドを見張る間、"マンダロリアン"はデューバックを探しに行く。シャンドは"マンダロリアン"がギルドの裏切り者であり自分よりも価値があるとカリカンに教え、"マンダロリアン"を捕える手助けを申し出るが、カリカンに殺される。"マンダロリアン"は修理工場に行き、モットーとザ・チャイルドを人質にして自分を捕えようとするカリカンを殺す。カリカンの金で修理費を払い、宇宙船を離陸させる。謎の姿がシャンドの死体に近づく。
6未定
"Chapter 6: The Prisoner"
リック・ファミュイワクリストファー・ヨスト&リック・ファミュイワ2019年12月13日 (2019-12-13)
7未定
"Chapter 7: The Reckoning"
デボラ・チョウジョン・ファヴロー2019年12月18日 (2019-12-18)
8未定
"Chapter 8: Redemption"
タイカ・ワイティティジョン・ファヴロー2019年12月27日 (2019-12-27)

登場人物[編集]

メイン[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

リカーリング[編集]

ゲスト[編集]

製作[編集]

背景[編集]

『スター・ウォーズ』のテレビドラマの製作は2009年初頭に始まり、2012年までに50本以上の脚本が書かれたが、その複雑な内容のため実現にはあまりにも高額となることが予想された[16]。その当時のタイトルは『Star Wars: Underworld』であった[17]。2013年1月、2012年にルーカスフィルムウォルト・ディズニー・カンパニーに買収されたことを受けて当時のABCネットワーク社長のポール・リー英語版は「ルーカスフィルムと組んでぜひ何かやりたいと思っています。まだ何をやるかはわかりませんし、話し合いを始めてもいませんけれどね。実写シリーズを検討し、あらゆる要素を見据えて、正しい選択肢を見極めたいと思います。ルーカスフィルムの買収が完了するまでは議論できませんでしたが、すでに完了した今、やり取りのなかでこの話題が出てくるのは間違いないでしょう」と語った[18][19]。2014年6月、ボバ・フェットの登場を含めたシリーズの詳細が明かされた[20]

企画[編集]

2017年11月9日、ディズニーとルーカスフィルムは開設予定のディズニーのストリーミングサービス(当時まだ名称未定)向けに『スター・ウォーズ』の新作のテレビドラマを企画中であることを発表した。この発表は投資家向けの四半期決算発表の際にウォルト・ディズニー・カンパニー会長兼CEOのボブ・アイガーにより行われた[21][22]。2018年2月6日、投資家との別の財務報告電話会議でアイガーが複数の『スター・ウォーズ』のテレビドラマの企画があることを明かし、「私たちがディズニー直営のカスタマー・アプリ向けに企画する『スター・ウォーズ』のシリーズは1つだけではありません。私たちが伝えてきたように、企画中のもののうちの1つをまもなく公表できるでしょう。契約はまだ完全に済んでいないので詳細は明かせませんがね。あなたたちがテレビでも高レベルの才能を目にすることは、重要なことだろう」と語ったことが報じられた[23]

2018年3月8日、次のシリーズではジョン・ファヴローが脚本とエグゼクティブ・プロデューサーを務めることが発表された[24]。2018年5月、シリーズは『ジェダイの帰還』の3年後を舞台とし、第1シーズンの脚本の半分が出来上がったことが明かされた[25][26]。8月5日、シリーズの製作費は10話で1億ドルに及ぶと報じられた[27]。10月3日、タイトルの『The Mandalorian』と番組の内容が発表された[2][28]。その翌日、更なるエグゼクティブ・プロデューサーとしてデイヴ・フィローニ英語版キャスリーン・ケネディコリン・ウィルソンが参加し、またカレン・ギルクライストが共同エグゼクティブ・プロデューサーを務めることが明らかとなった。フィローニはシリーズ第1話の監督も務め、また他にタイカ・ワイティティブライス・ダラス・ハワードリック・ファミュイワデボラ・チョウ英語版も監督として参加する[29]。12月19日、ルドウィグ・ゴランソンがシリーズの音楽を作曲することが発表された[30]

キャスティング[編集]

2018年11月、ペドロ・パスカルジーナ・カラーノニック・ノルティの出演が発表された[31][32][33][34]。2018年12月12日、ジャンカルロ・エスポジートカール・ウェザースエミリー・スワローオミッド・アブタヒ英語版ヴェルナー・ヘルツォークがメインキャストに追加されたことが発表された[35]。2019年3月21日、タイカ・ワイティティが声の出演を務めることが明かされ、それは当初はバウンティハンター・ドロイドのIG-88と推測されたが[36]、後に新キャラクターのIG-11であることが報じられた[37]。2019年4月のスター・ウォーズ セレブレーションで上映された映像でビル・バー英語版マーク・ブーン・ジュニア英語版の出演が明らかとなった[38]

撮影[編集]

シリーズの主要撮影は2018年10月の第1週のあいだに南カリフォルニアで始まった[39]。10月19日、ジョージ・ルーカスはファヴローのバースデー・サプライズとしてセットを訪問し[40]、後にルーカスが番組制作にある程度の関与をしたことが明らかとなった[41]。10月25日、カリフォルニア州マンハッタン・ビーチ英語版のスタジオにある『The Mandalorian』のセットから道具の窃盗があったことが報じられた[42][43]。シリーズの撮影は2019年2月27日に完了した[44]

マーケティング[編集]

2018年10月4日、シリーズの最初の宣材写真が公開された。それはライフルを持つマンダロリアンの写真であった[29]。約1週間後、ファヴローは自身の公式インスタグラム・アカウントで『スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル英語版ボバ・フェットが持っていたのと同じダブルバレルのライフルの写真を公開した[45][46]

2019年4月11日、第1話が2019年11月12日にDisney+で配信されることが発表された[1]。2019年4月14日、ファヴローとデイヴ・フィローニ英語版とキャスト陣はスター・ウォーズ・セレブレーションの『Mandalorian』パネルで映像を初公開された[47]。2019年8月23日、米国のアナハイムで開催されたディズニーファンイベント「D23 Expo 2019」において、予告編が初公開された[48]。2019年10月28日、第二弾予告編がStar Wars公式YouTubeチャンネルで公開された[49]

日本では2019年11月25日、公式動画サービス「ディズニーデラックス」にて12月より配信開始されることがウォルト・ディズニー・ジャパンから発表され、同年12月26日に第1話が配信開始となった[10][11]。第2話は2020年1月3日に配信。以降は毎週金曜日に1話ずつ、全8話配信する[11]

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Mandalorian Will Premiere on Disney+ November 12”. io9.gizmodo.com (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  2. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2018年10月3日). “Jon Favreau Unveils Details For His Star Wars Live-Action Streaming Series The Mandalorian”. Deadline Hollywood. 2018年10月3日閲覧。
  3. ^ 'Star Wars' TV Show Books Taika Waititi, Bryce Dallas Howard as Directors”. The Hollywood Reporter (2018年10月4日). 2019年4月14日閲覧。
  4. ^ 'The Mandalorian': Jon Favreau Teases Disney+ Series at Star Wars Celebration”. The Hollywood Reporter (2019年4月14日). 2019年4月14日閲覧。
  5. ^ Harp, Justin (2019年11月14日). “The Mandalorian season 2 first-look photo unveiled as Disney teases Star Wars movie spin-off”. Digital Spy. 2019年11月14日閲覧。
  6. ^ クランクイン!は、映画、TVドラマ、海外ドラマ、アニメ、コミック、海外セレブ・ゴシップ、イベントの最新情報をお届けする総合エンタメニュースサイトです。インタビュー、コラム、特集、体験レポートなどのオリジナルコンテンツも満載。試写会やグッズのプレゼントもあります。” (日本語). クランクイン!- エンタメの「今」がわかる 映画&エンタメニュースサイト. 2019年11月26日閲覧。
  7. ^ 「ディズニーデラックス」でSW初の実写ドラマ『マンダロリアン』配信決定。ダウンロード機能追加も” (日本語). PHILE WEB. 2019年11月26日閲覧。
  8. ^ 株式会社インプレス (2019年11月25日). “SW初実写ドラマ「マンダロリアン」、Disney DELUXEで国内独占配信。700円引きキャンペーンも” (日本語). AV Watch. 2019年11月26日閲覧。
  9. ^ SW初の実写ドラマ「マンダロリアン」Disney DELUXEで12月26日から配信決定 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年11月26日閲覧。
  10. ^ a b スター・ウォーズ初の実写ドラマ「マンダロリアン」日本独占配信|ディズニーデラックス”. ディズニー公式. 2019年11月26日閲覧。
  11. ^ a b c 『マンダロリアン』主演俳優に重圧「誰も失望させたくない!」”. オリコン(2019年12月26日作成). 2019年12月26日閲覧。
  12. ^ Watch The Mandalorian on Disney+”. Disney Plus. 2019年11月18日閲覧。
  13. ^ Tyler, Jacob (2019年10月18日). “Star Wars: The Mandalorian: Season 1 Writers Comprise of Jon Favreau, Dave Filoni, Rick Famuyiwa, & Chris Yost”. GWW. 2019年10月23日閲覧。
  14. ^ The Mandalorian – Episodes”. Writers Guild of America West. 2019年11月1日閲覧。
  15. ^ The Mandalorian Project Fact Sheet”. 2019年10月23日閲覧。
  16. ^ Peaty, James (2012年6月3日). “Rick McCallum interview: Dennis Potter, Star Wars TV series, George Lucas & Red Tails”. Den of Geek. 2018年8月1日閲覧。
  17. ^ Collura, Scott (2012年1月9日). “Is This the Star Wars Live-Action Show's Title?”. IGN. 2017年3月2日閲覧。
  18. ^ Hibberd, James (2013年1月10日). “ABC to look at 'Star Wars' live-action TV series”. Entertainment Weekly. 2018年8月1日閲覧。
  19. ^ 『スター・ウォーズ』の実写TVシリーズに米ABCが興味シンシン”. 海外ドラマNAVI (2013年1月15日). 2019年4月27日閲覧。
  20. ^ Lyttelton, Oliver (2014年6月11日). “Cancelled 'Star Wars: Underworld' TV Series Would Have Featured Young Versions Of Han, Chewie & Lando”. IndieWire. 2018年8月1日閲覧。
  21. ^ 'Star Wars' Live-Action TV Series to Launch on Disney Streaming Service”. The Hollywood Reporter (2017年11月9日). 2018年8月1日閲覧。
  22. ^ New ‘Star Wars’ Trilogy in Works With Rian Johnson, TV Series Also Coming to Disney Streaming Service”. Variety (2017年11月9日). 2018年8月1日閲覧。
  23. ^ 'Star Wars' TV Series: Disney Developing "a Few" for Its Streaming Service”. The Hollywood Reporter (2018年2月6日). 2018年8月1日閲覧。
  24. ^ Breznican, Anthony (2018年3月8日). “'Iron Man' filmmaker Jon Favreau will create a live-action 'Star Wars' series”. Entertainment Weekly. 2018年8月1日閲覧。
  25. ^ Marnell, Blair (2018年5月11日). “Exclusive Details on Jon Favreau’s STAR WARS TV Series”. Nerdist. 2018年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月1日閲覧。
  26. ^ Evry, Max (2018年5月11日). “Jon Favreau Confirms Setting, Script Status of Star Wars Series”. ComingSoon.net. 2018年8月2日閲覧。
  27. ^ Barnes, Brooks (2018年8月5日). “Disney’s Streaming Service Starts to Come Into Focus”. The New York Times. 2018年8月7日閲覧。
  28. ^ Holloway, Daniel (2018年10月3日). “‘Star Wars’: Jon Favreau Reveals TV Series Details”. Variety. 2018年10月3日閲覧。
  29. ^ a b Stedman, Alex (2018年10月4日). “Bryce Dallas Howard, Taika Waititi, and More to Direct 'Star Wars' Live-Action TV Series”. Variety. 2018年10月4日閲覧。
  30. ^ Breznican, Anthony (2018年12月19日). “'Black Panther' composer Ludwig Göransson will write music for 'The Mandalorian'”. Entertainment Weekly. 2018年12月19日閲覧。
  31. ^ Star Wars: Pedro Pascal to Lead The Mandalorian Series”. Variety (2018年11月13日). 2018年11月14日閲覧。
  32. ^ Boucher, Geoff (2018年11月13日). “The Mandalorian Targets Pedro Pascal For Title Role In Disney+ Series”. Deadline Hollywood. 2018年11月14日閲覧。
  33. ^ Star Wars: Gina Carano Joins 'The Mandalorian'”. The Hollywood Reporter (2018年11月14日). 2018年11月14日閲覧。
  34. ^ Kit, Borys (2018年11月30日). “'Star Wars': Nick Nolte Joins Pedro Pascal in 'The Mandalorian' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2018年11月30日閲覧。
  35. ^ Boucher, Geoff (2018年12月12日). “Star Wars: The Mandalorian Casting: Giancarlo Esposito, Carl Weathers and Werner Herzog Join Disney+ Series”. Deadline Hollywood. 2018年12月12日閲覧。
  36. ^ Stevens, Colin (2019年3月21日). “Star Wars: It Looks Like Taika Waititi Is IG-88 in The Mandalorian”. IGN. 2019年3月22日閲覧。
  37. ^ Breznican, Anthony (2019年4月14日). “The Mandalorian is described as Clint Eastwood in Star Wars”. Entertainment Weekly. 2019年4月15日閲覧。
  38. ^ Breznican, Anthony (2019年4月14日). “Here's what happened in the secret footage of The Mandalorian. Entertainment Weekly. https://ew.com/tv/2019/04/14/secret-footage-the-mandalorian/ 2019年4月16日閲覧。 
  39. ^ Sciretta, Peter (2018年10月4日). “The Mandalorian: Directors, First Photo, Details & More Revealed for Jon Favreau's Star Wars TV Series”. The Mandalorian/Film. 2018年10月5日閲覧。
  40. ^ Chitwood, Adam (2018年10月19日). “George Lucas Visits The Mandalorian Set in New Behind-the-Scenes Photo”. Collider. 2018年10月19日閲覧。
  41. ^ Chitwood, Adam (2019年4月18日). “'The Mandalorian' Actor Giancarlo Esposito Describes the New Technology Used on the 'Star Wars' Show”. Collider. 2019年4月22日閲覧。
  42. ^ Parker, Ryan (2018年10月25日). “Grand Theft Investigated at Studio Hosting Star Wars TV Show 'The Mandalorian'”. https://www.hollywoodreporter.com/news/grand-theft-investigated-at-studio-hosting-high-profile-projects-1154992 2018年10月26日閲覧。 
  43. ^ Agar, Chris (2018年10月25日). Star Wars: Police Investigating Theft On Mandalorian Set”. https://screenrant.com/star-wars-mandalorian-set-theft-investigation/ 2018年10月26日閲覧。 
  44. ^ Baysinger, Tim; Mass, Jennifer (2019年2月27日). The Mandalorian: Disney+ Wraps Filming on Jon Favreau's 'Star Wars' TV Show”. https://www.thewrap.com/the-mandalorian-disney-wraps-filming-on-jon-favreaus-star-wars-tv-show/ 2019年2月27日閲覧。 
  45. ^ Rosenberg, Adam (2018年10月13日). “Jon Favreau's upcoming 'Star Wars' TV series nods to the infamous 'Holiday Special'”. Mashable. 2018年10月15日閲覧。
  46. ^ Muncy, Julie (2018年10月13日). “The Rifle From The Mandalorian Is a Blast From Star Wars' Silliest Past”. io9. 2018年10月15日閲覧。
  47. ^ SWCC 2019: 9 THINGS WE LEARNED FROM THE MANDALORIAN PANEL”. Star Wars. 2019年4月27日閲覧。
  48. ^ スター・ウォーズ実写スピンオフ「マンダロリアン」予告編が初公開!”. シネマトゥデイ. 2019年11月10日閲覧。
  49. ^ 『スター・ウォーズ』実写ドラマ新映像!どう猛なクリーチャーが登場”. シネマトゥデイ. 2019年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]