マキシマム・リスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マキシマム・リスク
Maximum Risk
監督 リンゴ・ラム
脚本 ラリー・ファーガソン
製作 モシェ・ディアマン
出演者 ジャン=クロード・ヴァン・ダム
音楽 ロバート・フォーク
撮影 アレクサンダー・グルジンスキー
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年9月13日
日本の旗 1997年5月24日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
テンプレートを表示

マキシマム・リスク』(原題:Maximum Risk)は、1996年ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のアメリカ映画

香港からリンゴ・ラム(林嶺東)監督を招いて撮らせたアクション映画

あらすじ[編集]

南仏のニース。刑事アランは、パートナーのセバスチャンに連れられてある男の殺害現場に向かう。行ってみると、男の顔はアランと瓜二つであった。殺害された男のホテルにあったIDを見ると、名前はミカエル、アランと全く同じ日に生まれていることが分かった。アランが母親に尋ねると、実はミカエルとアランは双子の兄弟で、ミカエルは幼い頃に養子に出されたことが分かった。

出生の秘密を探るため、また弟の仇を取るために、アランは弟を殺したマフィアと闘おうとするが……。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
アラン・モロー
ミカエル・スヴァロフ
ジャン=クロード・ヴァン・ダム 大塚芳忠 山寺宏一
アレックス ナターシャ・ヘンストリッジ 湯屋敦子 日野由利加
イワン ザック・グルニエ 銀河万丈 小川真司
セバスチャン ジャン=ユーグ・アングラード 家中宏 大滝寛
デイヴィス フランク・ヴァン・キーケン 石川禅 島田敏
ペルマン ポール・ベン=ヴィクター 島田敏 岩崎ひろし
ルーミス フランク・センガー 仲野裕 楠見尚己
キーロフ デイヴィッド・ヘンブレン 大木民夫 大塚周夫
シャンタール ステファーヌ・オードラン 石波義人 藤本譲
その他 野沢由香里
田中正彦
天田益男
伊藤栄次
安井邦彦
宝亀克寿
高瀬右光
水原リン
幸田夏穂
小野未喜
星野千寿子
大黒和広
翠準子
後藤哲夫
内田直哉
秋元羊介
小室正幸
塚田正昭
小野未喜
乃村健次
真山亜子
鈴木紀子
吉田孝
浜野ゆうき
演出 蕨南勝之 木村絵理子
翻訳 春山陽子 徐賀世子
調整 兼子芳博 荒井孝
プロデュース 吉岡美惠子
岩見純一
効果 リレーション
制作 ACクリエイト 東北新社
初回放送 2000年4月16日
日曜洋画劇場

ハリウッド特有の壁[編集]

リンゴ・ラムは2回ジャン=クロード・ヴァン・ダムとコンビを組むものの、水野晴郎によれば、実際はハリウッド映画界特有のシステムは彼に戸惑いと不満を与えたものだったため[要出典]体質が合わなかったと漏らした事もあったとされる。これはジョン・ウーツイ・ハークもほぼ同じ意見だったらしいが、特にラムにその傾向がかなり強かったらしく、香港では考えられないような高予算でラムにしてみれば有り余る大金が支払われる一方で制約等が比べ物にならない位キツく、本国に帰りその不満を爆発させるように撮った映画『高度戒備』(日本未公開)が本国香港では久々の傑作を撮ったとして好評だった。

その他[編集]

ジャン=ユーグ・アングラードはのちにこの映画に出演してしまったことを後悔する発言をしている[要出典]

外部リンク[編集]