悪魔を憐れむ歌 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
悪魔を憐れむ歌
Fallen
監督 グレゴリー・ホブリット
脚本 ニコラス・カザン
製作 チャールズ・ローヴェン
ドーン・スティール
製作総指揮 イーラン・ダーショヴィッツ
ニコラス・カザン
ロバート・キャヴァロ
テッド・カーディラ
出演者 デンゼル・ワシントン
音楽 タン・ドゥン
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年1月16日
日本の旗 1998年7月11日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
アラム語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$25,188,006
テンプレートを表示

悪魔を憐れむ歌』(あくまをあわれむうた、原題:Fallen)は、1998年アメリカ映画

ストーリー[編集]

連続殺人犯のエドガー・リース(イライアス・コティーズ)は、フィラデルフィア警察のジョン・ホブズ刑事(デンゼル・ワシントン)によって逮捕され、裁判で死刑の判決を受けて処刑されることになる。

死刑執行の日、ホブズや上司のスタントン警部補などによる立ち会いのもとで電気椅子によるリースの処刑が行われたが、彼は処刑間際に謎の呪文を唱え、ローリング・ストーンズの「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」を陽気に歌い、「早く殺せ」などと死刑執行人たちを挑発していた。

その後、リースの歌の歌詞の言葉を裏付けるかのように、彼と同一の手口による連続殺人が発生し、さらにはホブズにその容疑がかけられてしまう。自分の無実を証明しようと調査したホブズは、一連の事件の背後にこの世の者ではない「悪魔」の存在があることを知る。

敵はさまざまな人間に乗り移りながら、確実にホブズに迫ってきていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
ジョン・ホブズ刑事 デンゼル・ワシントン 大塚芳忠 小山力也
ジョーンジー刑事 ジョン・グッドマン 茶風林 島香裕
スタントン警部補 ドナルド・サザーランド 池田勝 堀勝之祐
グレタ・ミラノ エンベス・デイヴィッツ 山像かおり 高島雅羅
ルー刑事 ジェームズ・ガンドルフィーニ 宝亀克寿 青野武
エドガー・リース イライアス・コティーズ 青山穣 谷口節
アート・ホブズ ガブリエル・カソーズ 荒川太朗 菅原淳一
サム・ホブズ マイケル・J・ペイガン 亀井芳子
チャールズ・オーラム ロバート・ジョイ 梅津秀行 島田敏
マイク レノ・ウィルソン 樫井笙人
ラウダーズ教授 クリスティン・オーバート 田原アルノ
チャールズを殺した人 フランク・メドラノ 秋元羊介
ローレンス ジェフ・ターナー 大川透 坂口賢一
ジェイ・レイノルズ グレアム・ベケット[1] 小島敏彦
  • フジテレビ版:初回放送2002年2月2日『ゴールデンシアター
    • 演出:鍛治谷功
    • 翻訳:栗原とみ子
    • 調整・効果:栗林秀年
    • プロデュース:山形淳二(フジテレビ)
    • 制作:ムービーテレビジョン
  • ジョンの苗字はビデオ版やDVD版の翻訳ではホブズだが、フジテレビ版の翻訳ではホッブスとなっている。

スタッフ[編集]

悪魔の視界[編集]

作中、悪魔の視界の映像化をどうするかという点に関し、監督のホブリットは撮影監督のサイジェルに相談し、エクタクロームという特殊フィルムを使用することで解決した。これは、独特の発色や質感を表現するスチール写真やファッション写真に使われていたものであるが、400フィートにおよぶフィルム撮影を行った。プロモーションビデオでは使われはじめていたそれを、本作は意識して最初に使った映画であるという[2]

脚注[編集]

  1. ^ カメオ出演
  2. ^ 監督やスタッフによるオーディオコメンタリーより。

外部リンク[編集]