電気椅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
電気椅子

電気椅子(でんきいす、: Electric chair)は死刑の執行具の一つであり、死刑における執行形態の一つ。電気椅子による執行は、被執行者に高電圧を加え死に至らしめる。現在使用されている地域はアメリカ合衆国の数州のみである。歴史的にはアメリカの植民地だったフィリピンでも1926年から1976年まで使用。

構造と執行方法[編集]

電気椅子の多くは木製であり、椅子の脚は床に固定されている。椅子には被執行者を固定する為に頭部用、胸部用、胴部用、両手用、及び両足首用に計7組の皮もしくはゴムのひもが取り付けられており、被執行者はこれで固定される。執行の際、被執行者にヘルメット状の1つ目の電極を後頭部に、2つ目の電極を足首に取り付け、被執行者で閉回路を作る。少なくとも2回の交流による電流衝撃が被執行者に数分間にわたり加えられる。初期に2000ボルト前後の電圧が皮膚の初期抵抗を破壊するため印加され、被執行者は気を失う。その後、電流を8アンペア前後に減少するように、電圧を降圧する。被執行者の体温は摂氏60度前後まで上昇する可能性があり、一般に電流内臓に深刻なダメージを与える。死刑執行がどのように行われるかにかかわらず、皮膚や髪の毛の一部は電流により焼かれる。初期の電流は被執行者に多くの生体機能の制御を失わせる。筋肉の動きや排便、排尿などの機能を失うため、死刑囚はおむつの着用を勧められる。執行後は医師による死亡確認が行われる。

電気椅子による死刑執行を行う死刑執行人を「州の電気技術者(State electricians)」と呼んでいる。 ニューヨーク州では保安官助手と兼任で行っていた。他の州でも公職にある人間が兼務で行っている。他の死刑執行法である絞首刑ガス室薬殺銃殺には専任の死刑執行人は居ないため、電気椅子だけがアメリカ史上、唯一の死刑執行人を必要とする死刑の方法である。

歴史[編集]

アメリカ合衆国各州における電気椅子の使用。
黄:二次的に使用、黄緑:過去に使用、青:不使用。
現在、電気椅子を唯一あるいは第一の死刑執行法としている州はない。

死刑執行の方法として電流を用いる概念は、歯科医アルフレッド・サウスウィックが考案した[1]。サウスウィックは、1881年に泥酔した男性が電線に触れて即死する様子を目撃して電撃も死刑に用いることが可能と判断し、椅子型電気処刑装置を考案した。1885年ニューヨーク州知事に就任したデイヴィッド・ヒルと協力して、当時広がっていた絞首刑の廃止論を背景に電撃による死刑執行を法定することに尽力した結果、ニューヨーク州絞首刑に代わるより人道的で新しい死刑執行方式を決定するための委員会を立ち上げ、サウスウィックも委員を務め、同委員会は1885年から1889年の間、電気処刑を死刑の有効な一形態にする事を推奨した。

最初の実用的な電気椅子はハロルド・P・ブラウンにより発明された。ブラウンはトーマス・エジソン感電死研究と電気椅子開発のために雇われて働き始め、ウェスティングハウス・エレクトリック社の交流を用いて設計した。エジソンとウェスティングハウスは、消費者らが犯罪者処刑と同種の電流の自宅使用を懸念すると危惧して電流戦争の一環として自身の電送系が選択されることを望んでおらず、一方でエジソンが開発していた直流送電はウェスティングハウスの交流送電に比較して送電距離が劣っていたことから、交流は直流より致死的[2]と印象付けるために交流を用いる電気椅子をエジソンが企画した。

直流送電を推進していたブラウンとエジソンは、交流電流は危険であり死刑執行に適する事実を示すため、交流電流と感電死の関連を印象づけるネガティブ・キャンペーンとしてメディアに向けて交流電流を用いた動物処刑を、ニュージャージー州にあるエジソンのウェストオレンジ研究室で1888年から数次公開した。用いられた動物は野犬野良猫が大半であったが、1903年に催された調教師3人を殺害した雌象トプシーの処刑イベントで「感電による死/感電による死刑 (electrocution)」という用語を生み出し、交流による人間の死刑執行を意味する動詞「ウェスティングハウスする (westinghouse)」を導入して普及を試みた。この催しは彼らの意図した効果をもたらし、交流の電気椅子は委員会により採択[3]されて電気処刑を許可する初めての法律が1889年1月1日に施行された。 1890年8月6日にニューヨーク州のオーバーン刑務所で、ウィリアム・ケムラーに初めて電気椅子による死刑が執行された。1回目は17秒間通電したが死に至らず、2回目は1分以上通電されたが発電機が電圧2000ボルトまで昇圧する間にうめき声が聞かれ、肉が焼ける匂いがたちこもり、囚人の頭部から煙が上がり、執行後に囚人の遺体から炎が上がったと、陰惨な状況が多数報道されている。電気椅子による女性への死刑は、1899年3月20日シンシン刑務所マーサ・プレイスが初めて執行された。

電気椅子処刑は1897年オハイオ州1900年にマサチューセッツ州、1906年にニュージャージー州、1908年にバージニア州、でそれぞれ採択されて以降次第にアメリカ合衆国内で絞首刑に代わる死刑執行の一般的な方法になり、より安楽な方法として薬物注射が1980年代中盤に広く普及するまで続いた。

1900年頃、ある囚人の発案により電気椅子の改良が行われた。従来は金属製の締め具で死刑囚を電気椅子に固定していたが、皮製の帯による固定に切り替えられ、拘束の効率と死刑囚の肉体が焼け焦げる問題が改善された。

1972年ファーマン対ジョージア州判決で死刑そのものが中断しかけるがまもなく再開し[4]1979年5月25日フロリダ州ジョン・スペンケリンク1966年以来の電気椅子で死刑された。現在も多くの州が死刑囚に電気死刑もしくは薬物注射の選択を許可しているが、これまで電気死刑を選択した死刑囚はアメリカ全土で5名である。

現状[編集]

2006年時点では殆どの州で電気椅子が廃止されており、残ったのはアラバマ州フロリダ州ネブラスカ州サウスカロライナ州ケンタッキー州テネシー州バージニア州のみであった。アラバマ州サウスカロライナ州バージニア州では、死刑執行の選択可能な一形態である。ネブラスカ州では当時唯一の死刑執行形態であったが、2008年に死刑制度ごと廃止された[5]ケンタッキー州テネシー州においても、1998年に州法で電気処刑を廃止[6]し、薬物注射に移行している。イリノイ州及びオクラホマ州でも通常は電気椅子は選択肢にならず、他の執行形態が違憲であると判断された時のみ使用を考慮される。フロリダ州でも薬物注射が規定であるが、特に希望があれば死刑囚が感電死を選ぶことができる。

衰退[編集]

アメリカにおける死刑執行の変遷グラフ
縦軸が死刑執行数、横軸は年次。黒い線が電気椅子による死刑執行数、緑の線が薬物注射による死刑執行数、紫の線が絞首による死刑執行数。
1920年代には電気椅子による死刑執行が絞首に変わり最も普及した方法となる。1980年代には薬物注射による死刑執行が、電気椅子にかわり普及した方法となっている。

アメリカにおいて、国会議員が自らが考えるより人道的な死刑の執行方法を模索するにつれて、電気椅子の使用は衰退した。1980年代、複数の電気死刑失敗事例の新聞報道が助けとなり、薬物注射が最も普及した死刑執行方法となっている。

フロリダ州において1999年7月8日に行われたある囚人の死刑執行において、その囚人は執行時に胸部と鼻から流血した。この執行の様子がアメリカのメディアにより報じられ、電気椅子による死刑執行が見直される機会となった。

アメリカにおいて被執行者が即死せず数回の電撃にさらされた数件の事例のために、電気椅子は批判された。これらの事例を多くの人が「残酷で異常な刑罰」と見た事により、この慣習の終焉を要請する声が高まった。

そのため、2008年2月に最後まで法定刑として電気椅子を残していたネブラスカ州の最高裁判所が電気椅子による死刑を「異常な刑罰」として違憲判決を出した為、ついに終焉を迎える事になった。

ただし、2015年5月、テネシー州が電気椅子による死刑執行を承認した[7]。これは、欧州の医薬品メーカーが死刑制度に反対し、死刑執行につながる薬物の輸出を禁止したため、薬殺刑が困難になったためである[7]

ニックネーム[編集]

アメリカ各州に設置されている電気椅子には、ニックネームがつけられている。

  • オールドスパーキー - アラスカ州、フロリダ州、ジョージア州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、オハイオ州、ニューヨーク州、テキサス州
  • グルーサムガーティー - ルイジアナ州
  • イエローママ - アラバマ州
  • オールドスモーキー - ニュージャージー州(現在博物館展示)

映画またはドラマにおける電気椅子[編集]

『This Is America - Part 2』
1977年公開のアメリカのモンド映画。ヤラセを含む俗悪映画だが、一部に実際の電気処刑が収録されている。
ジャンク 死と惨劇
1979年公開のアメリカのドキュメント映画。特撮を用いた電気椅子処刑の再現シーンがあり、処刑の手順や受刑者の変化などを虚実交えて描いている。なお、本物の処刑シーンではないかとして物議を醸したが、1999年に監督が特撮であることを明かしている。
グリーンマイル
スティーヴン・キング原作の小説、およびそれを元にした映画。20世紀初頭のアメリカの死刑囚監房を舞台にしており、当時行われていた電気椅子による刑執行の主な手順や慣習が細かく描写されている。看守が仕掛けた悪戯が原因で電気椅子による死刑執行が残酷な結果になり、その様子を見た被害者遺族が騒然となる場面がある。

その他[編集]

  • 日本のテレビ番組では、バラエティ番組の罰ゲームなどにおいて、しびれを感じる程度の微弱な電流が流れる「安全な電気椅子」が用いられることがある。
  • ザ・ドリフターズの番組(8時だヨ!全員集合ドリフ大爆笑など)での死刑を題材としたコントでは、日本国内で一般的な絞首刑ではなく電気椅子が使われていた(但し、主に看守役(教誨師役もあった)のいかりや長介が囚人役のメンバーに口頭で電気椅子と伝えただけで、電気椅子そのものが登場したことはほとんどなかった)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Alfred P. Southwick, MDS, DDS: dental practitioner, educator and originator of electrical executions”. Journal of the History of Dentistry 48 (3): 117-22. (Nov 2000). http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=11806253&dopt=Abstract. 
  2. ^ 実際に商用電源で使われる50〜60Hz程度の交流電流は心室細動を起こしやすい。感電#人体に与える影響を参照
  3. ^ Mary Bellis (2005年). “Death and Money - The History of the Electric Chair”. About.com. 2006年4月13日閲覧。
  4. ^ 1972年アメリカ合衆国最高裁判所は三つの裁判で死刑制度に対して違憲判決を下した。死刑は憲法修正第8条に反する「残酷で異常な刑罰 (Cruel and unusual punishment)」にあたるとの判断である。これにより合衆国全土629名の死刑囚が減刑されるなど死刑制度が停止するが、1976年の合衆国最高裁判所によるグレッグ対ジョージア州判決で、死刑は「残酷で異常な刑罰」ではなく合憲との判決が下された。これにより、アメリカにおける死刑執行は再開した。
  5. ^ 2008年2月8日、ネブラスカ州最高裁判所は、電気椅子による死刑執行が残酷で異常な刑罰だとして、禁止を命じる決定をした。asahi.com[リンク切れ] - 米で当時唯一の電気いす死刑、最高裁「禁止」ネブラスカ州 国際
  6. ^ ただし該当法施行日以前に行われた犯罪は例外となる。
  7. ^ a b “米国、電気いすでの死刑執行 「残酷」か「妥当」か 薬物入手が困難になり、伝統的な措置に回帰か”. 産経新聞. (2016年1月12日). http://www.sankei.com/world/news/160112/wor1601120071-n1.html 2015年12月24日閲覧。 

関連項目[編集]